霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二章 道謡(だうえう)〔一四一〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第55巻 真善美愛 午の巻 篇:第1篇 奇縁万情 よみ:きえんばんじょう
章:第2章 第55巻 よみ:どうよう 通し章番号:1410
口述日:1923(大正12)年02月26日(旧01月11日) 口述場所:竜宮館 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年3月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5502
愛善世界社版:20頁 八幡書店版:第10輯 41頁 修補版: 校定版:20頁 普及版:8頁 初版: ページ備考:
001 鬼春別(おにはるわけ)ほか三人(さんにん)はチェニェクもホーレージ・キャップも取外(とりはづ)し、002クリーケース気分(きぶん)(はな)れて、003性来(しやうらい)本心(ほんしん)にシンブリ・フヰケーシャンし(なが)ら、004(うま)赤児(あかご)(やう)()になつて、005治国別(はるくにわけ)(とも)にゴロゴロした(いは)(いは)との(あひだ)(つた)うて、006(おも)(をとこ)(せな)()ひ、007一歩(ひとあし)々々(ひとあし)008三五教(あななひけう)祝詞(のりと)(わか)らぬ(ため)009バラモンの御経(おきやう)(とな)(なが)ら、010(あせ)をタラタラ(なが)して(くだ)()く。011鬼春別(おにはるわけ)(いま)(まで)のゼネラル生活(せいくわつ)()もやらず、012苦力(クーリー)(やう)御用(ごよう)志願(しぐわん)し、013せめてもの罪亡(つみほろ)ぼしと覚悟(かくご)をきわめ、014(こゑ)(かぎ)りに、
015東方(とうはう)には降三世明王(ごうさんぜみやうわう)016南方(なんぱう)には軍荼利夜叉明王(ぐんだりやしやみやうわう)017西方(さいはう)には大威徳明王(だいゐとくみやうわう)018北方(ほつぱう)には金剛夜叉明王(こんがうやしやみやうわう)019中央(ちうあう)には大日大聖不動明王(だいにちだいしやうふどうみやうわう)020唵呼嚕々々(おんころころ)021旋荼利摩登枳(せんだりまとうぎ)022唵阿毘羅吽見娑婆呵(おんあびらうんけんそはか)023吽多羅屯干𤚥(うんたらたかんまん)024見我身者(けんがしんじや)025発菩提心(ほつぼだいしん)026見我身者(けんがしんじや)027発菩提心(ほつぼだいしん)028聞我名者(もんがみやうじや)029断悪修善(だんあくしうぜん)030聴我説者(ちやうがせつしや)031得大智慧(とくだいちゑ)032知我心者(ちがしんしや)033即身成仏(そくしんじやうぶつ)034知我心者(ちがしんしや)035即身成仏(そくしんじやうぶつ)036阿褥多羅三貘三菩提心(あのくたらさんみやくさんぼだいしん)037帰命頂礼(きめうちやうらい)038修法加持(しうほふかぢ)039南無波羅門大尊天(なむばらもんだいそんてん)
040一生懸命(いつしやうけんめい)(いの)つてゐる。041久米彦(くめひこ)(まけ)(おと)らず、042鬼春別(おにはるわけ)(ひん)(なら)うて、043経文(きやうもん)(とな)へむとしたが、044(あま)りの(くる)しさに言句(げんく)つまり、045一生(いつしやう)肝玉(きもだま)()()して、046三五教(あななひけう)讃美歌(さんびか)(ひね)()(うた)つて()た。047不思議(ふしぎ)にも三五教(あななひけう)(うた)なれば、048(みづ)(なが)るる(ごと)く、049惟神的(かむながらてき)にほとばしり、050身体(からだ)苦痛(くつう)何時(いつ)しか(わす)れて(しま)つた。
051久米(くめ)(かみ)(おもて)(あらは)れて
052善神(ぜんしん)邪神(じやしん)立別(たてわ)ける
053(なに)猪口才(ちよこざい)三五(あななひ)
054(かみ)使(つかひ)如何(いか)にして
055神力(しんりき)無限(むげん)自在天(じざいてん)
056大国彦(おほくにひこ)(てき)()
057馬鹿(ばか)(つく)すも(ほど)がある
058(ただ)一息(ひといき)()()せて
059三五教(あななひけう)神柱(かむばしら)
060一泡(ひとあわ)()かしくれむずと
061はるばるハルナを立出(たちい)でて
062()()についで大野原(おほのはら)
063(けは)しき(やま)()(のぼ)
064沼河(ぬまかは)数多(あまた)打渡(うちわた)
065浮木(うきき)(もり)(たむろ)して
066()れは片彦将軍(かたひこしやうぐん)
067馮河暴虎(ひようがばうこ)(いきほひ)
068河鹿峠(かじかたうげ)(のぼ)()
069(かみ)(まも)りし(この)(いくさ)
070いかでか(てき)(やぶ)れむや
071(すす)(すす)めと下知(げち)しつつ
072河鹿峠(かじかたうげ)八合目(はちがふめ)
073(すす)(をり)しも宣伝使(せんでんし)
074治国別(はるくにわけ)(あらは)れて
075生言霊(いくことたま)打出(うちいだ)
076(その)神力(しんりき)圧倒(あつたう)され
077全体(ぜんたい)くづれ逃出(にげいだ)
078(その)光景(くわうけい)(みぢ)めさよ
079おぢけついたる吾々(われわれ)
080(すす)みもならず退(しりぞ)くも
081(わが)神軍(しんぐん)体面(たいめん)
082(かかは)(きた)一大事(いちだいじ)
083(しばら)くここで痩我慢(やせがまん)
084()つて時節(じせつ)()つべしと
085鬼春別(おにはるわけ)将軍(しやうぐん)
086(はか)りて(きた)るビクトリア
087(かれ)居城(きよじやう)襲撃(しふげき)
088(かちどき)()げたる(その)(とき)
089天津乙女(あまつおとめ)天人(てんにん)
090(ただし)(かみ)御化身(ごけしん)
091譬方(たとへがた)なきヒルナ(ひめ)
092カルナの(ひめ)(りやう)ナイス
093駕籠(かご)(かつ)がれ()(きた)
094吾等(われら)二人(ふたり)をいろいろと
095(こひ)()()にあやなして
096(わが)全軍(ぜんぐん)(みだ)しけり
097(かみ)ならぬ()吾々(われわれ)
098(をんな)(おも)()(ゆる)
099いと残酷(ざんこく)(はぢ)をかき
100(をとこ)(かほ)(どろ)()
101(くや)しまぎれに猪倉(ゐのくら)
102(やま)岩窟(いはや)立籠(たてこも)
103玉木(たまき)(むら)のテームスが
104(やかた)美人(びじん)ありと()
105部下(ぶか)兵士(つはもの)(つか)はして
106()もなく(うば)(かへ)らせつ
107千変万化(せんぺんばんくわ)秘術(ひじゆつ)をば
108(つく)して(いど)(たたか)へど
109(てこ)でも(ぼう)でも(うご)かない
110意想外(いさうぐわい)なるスガール(ひめ)
111(きよ)(まこと)剛情(がうじやう)
112流石(さすが)吾等(われら)辟易(へきえき)
113(もち)あぐみたる(とき)もあれ
114道晴別(みちはるわけ)宣伝使(せんでんし)
115シーナと(とも)(あらは)れて
116言霊車(ことたまくるま)押出(おしだ)せば
117味方(みかた)一時(いちじ)(おどろ)いて
118一時(ひととき)のがれの窮策(きうさく)
119前後(あとさき)()ずにふん(じば)
120千尋(ちひろ)(ふか)陥穽(かんせい)
121押込(おしこ)みたるぞ(あさ)ましき
122(また)もや第二(だいに)候補者(こうほしや)
123あさりて(いくさ)無聊(ぶれう)をば
124(なぐさ)めやらむと(はか)(うち)
125(ふたた)(きこ)ゆる宣伝歌(せんでんか)
126(らい)(ごと)くに(ひび)()
127(わが)()()ぐふ曲神(まがかみ)
128(おどろ)(あわ)てふためきて
129肉体(にくたい)()すてて()(いだ)
130それより吾等(われら)(ゆめ)()
131(くも)()つたる(たましひ)
132(たちま)日月(じつげつ)(かがや)きて
133(わが)()愚眛(ぐまい)自覚(じかく)しぬ
134ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
135(たふと)(かみ)吾々(われわれ)
136(いま)()てさせ(たま)はぬと
137(さと)つた(とき)有難(ありがた)
138(あさひ)()(とも)(くも)(とも)
139(つき)()(とも)()くる(とも)
140仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)(とも)
141一旦(いつたん)(かみ)(したが)ひし
142(この)久米彦(くめひこ)はどこ(まで)
143前非(ぜんぴ)()いて三五(あななひ)
144(をしへ)(ため)()をつくし
145(こころ)(くだ)只管(ひたすら)
146(まこと)(つと)めに(つか)ふべし
147()第一(だいいち)吾々(われわれ)
148(かみ)帰順(きじゆん)首途(かどいで)
149シーナの(つかさ)(せな)()
150(この)急阪(きふはん)(くだ)りつつ
151()かれる(みち)ぢやなけれ(ども)
152(なべ)をかぶつてテームスの
153(やかた)(すす)(いま)(まで)
154(もも)(つみ)をば謝罪(しやざい)して
155三五教(あななひけう)信徒(まめひと)
156(つか)(まつ)らむ惟神(かむながら)
157(ゆる)させ(たま)大御神(おほみかみ)
158国治立(くにはるたち)大前(おほまへ)
159(つつし)(うやま)()ぎまつる』
160述懐(じゆつくわい)(うた)(なが)(くだ)()く。161松彦(まつひこ)先頭(せんとう)()ち、162(こころ)(しづか)小声(こごゑ)(うた)(なが)(くだ)()く。
163松彦(まつひこ)(おと)名高(なだか)猪倉(ゐのくら)
164(やま)(とりで)三五(あななひ)
165(をしへ)(つかさ)四人連(よにんづれ)
166スミエル、スガール両人(りやうにん)
167(すく)はむ(ため)()でませし
168道晴別(みちはるわけ)宣伝使(せんでんし)
169シーナの(つかさ)(すく)はむと
170玉木(たまき)(むら)のテームスが
171依頼(いらい)()けて(のぼ)()
172バラモン(けう)軍人(いくさびと)
173三千余騎(さんぜんよき)立籠(たてこも)
174天地(てんち)(ふる)(いきほひ)
175おめず(おそ)れず惟神(かむながら)
176(かみ)のまにまに()でゆけば
177無人(むじん)野辺(のべ)をゆく(ごと)
178(あし)安々(やすやす)()(かる)
179(こと)なく岩窟(いはや)立向(たちむか)
180(おも)ひもよらぬゼネラルが
181(きよ)(こころ)御光(みひかり)
182吾等(われら)(むね)()(わた)
183(てき)味方(みかた)(へだ)てをば
184科戸(しなど)(かぜ)吹払(ふきはら)
185(うらみ)(なつ)山路(やまみち)
186(かみ)(めぐみ)(つゆ)()
187(くだ)りて(きた)(いさ)ましさ
188ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
189猪倉山(ゐのくらやま)谷水(たにみづ)
190いや永久(とこしへ)淙々(そうそう)
191飛沫(ひまつ)をとばし水晶(すいしやう)
192(たま)岩間(いはま)にかざしつつ
193自然(しぜん)音楽(おんがく)相奏(あひかな)
194吾等(われら)一行(いつかう)凱旋(がいせん)
195宛然(さながら)(しゆく)する(ごと)くなり
196木々(きぎ)(こずゑ)青々(あをあを)
197天津御風(あまつみかぜ)()かれつつ
198(きよ)音楽(おんがく)合唱(がつしやう)
199彼方此方(あなたこなた)()(わた)
200山時鳥(やまほととぎす)(こゑ)(きよ)
201()さへも()れぬ諸鳥(もろどり)
202歓喜(くわんき)(こゑ)()()げて
203(あま)岩戸(いはと)御前(おんまへ)
204(がく)奏上(そうじやう)したる(ごと)
205(いさ)みの(こゑ)遠近(をちこち)
206(みみ)をすまして(きこ)()
207天国(てんごく)浄土(じやうど)真相(しんさう)
208(いま)()のあたりみる心地(ここち)
209げにも(たの)しき次第(しだい)なり
210ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
211(かみ)(めぐみ)(つつ)まれて
212四人(よにん)(なん)(すく)ひつつ
213玉木(たまき)(むら)()して()
214今日(けふ)旅路(たびぢ)(たの)しさよ
215ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
216(かみ)御前(みまへ)成功(せいこう)
217(つつし)感謝(かんしや)(たてまつ)る』
218 万公(まんこう)一行(いつかう)最後(さいご)より、219山道(やまみち)(くだ)(なが)ら、220(うた)()したり。
221万公(まんこう)猪倉山(ゐのくらやま)岩窟(がんくつ)
222()(きこ)えたる大魔窟(だいまくつ)
223(おに)()みしと()(ひと)
224(おそ)れてよらぬも無理(むり)ならず
225鬼雲彦(おにくもひこ)大棟梁(だいとうりやう)
226大黒主(おほくろぬし)(つか)へたる
227鬼将軍(おにしやうぐん)(きこ)えたる
228鬼春別(おにはるわけ)陣取(ぢんど)つて
229(おに)大蛇(をろち)曲津見(まがつみ)
230八岐大蛇(やまたをろち)のする(やう)
231(ひと)(むすめ)誘拐(かどわか)
232(さけ)(さかな)朝夕(あさゆふ)
233(そな)へむものと(たく)みたる
234(その)計略(けいりやく)曝露(ばくろ)して
235三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
236治国別(はるくにわけ)一行(いつかう)
237案内(あない)もなしに(あな)(なか)
238穴面白(あなおもしろ)面白(おもしろ)
239あんな(ねら)うた蛇蛙(へびがへる)
240(いま)()まむとする(とき)
241ヌツと(あら)はれ万公司(まんこうし)
242捻鉢巻(ねぢはちまき)もいかめしく
243ドンドンドンとつめよつて
244鬼春別(おにはるわけ)のゼネラルの
245(きも)(ひや)した健気(けなげ)さよ
246ああ(いさ)ましや(いさ)ましや
247これから万公神司(まんこうかむつかさ)
248玉木(たまき)(さと)立向(たちむか)
249手柄話(てがらばなし)打明(うちあ)けて
250テームス夫婦(ふうふ)(おどろ)かせ
251(その)軍功(ぐんこう)(ほこ)りつつ
252金鵄勲章(きんしくんしやう)代用(だいよう)
253スガール(ひめ)頂戴(ちやうだい)
254夫婦(ふうふ)()()(とり)かはし
255御伴(みとも)(やく)辞職(じしよく)して
256玉木(たまき)(むら)里庄(りしやう)とし
257(かたはら)(かみ)(ねん)じつつ
258(やす)一生(いつしやう)(おく)らむと
259期待(きたい)したりし(わが)(ねがひ)
260(やうや)成就(じやうじゆ)(あかつき)
261(むか)つて()たか有難(ありがた)
262(かみ)御為(おんため)(みち)(ため)
263(きく)(やつ)(おも)()
264(また)もやダイヤを(あきら)めて
265三遍(さんべん)(じや)()のスガール(ひめ)
266如何(いか)無情(むじやう)()(きみ)
267今度(こんど)()いてくれるだろ
268万公(まんこう)(やう)人格者(じんかくしや)
269(かみ)(つかさ)()(おも)
270霊相応(みたまさうおう)といふことを
271(かんが)(あそ)ばし治国(はるくに)
272(わが)()(きみ)(あらた)めて
273(この)縁談(えんだん)斡旋(あつせん)
274すすめて(くだ)さい(たの)みます
275(あさひ)()(とも)(くも)(とも)
276(つき)()(とも)()くるとも
277仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
278(この)(こと)()いて(くだ)さらば
279霊相応(みたまさうおう)(はたら)きを
280(いた)してお()にかけませう
281ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
282キツと願望成就(ぐわんまうじやうじゆ)して
283里庄(りしやう)(うち)婿(むこ)となり
284()末代(まつだい)(かがや)かし
285村人達(むらびとたち)三五(あななひ)
286(まこと)(みち)(すく)ひやり
287三五教(あななひけう)神徳(しんとく)
288堅磐常磐(かきはときは)にあらはさむ
289(ゆる)させ(たま)()(きみ)
290金勝要(きんかつかね)大御神(おほみかみ)
291イドムの(かみ)御前(おんまへ)
292(いま)から(ねが)ひおきまする』
293自分勝手(じぶんかつて)脱線歌(だつせんか)(うた)(なが)ら、294山路(やまみち)(くだ)()く。295道晴別(みちはるわけ)296シーナ、297スミエル、298スガールは万公(まんこう)(うた)()いて()()し、299(せな)()はれ(なが)負傷(ふしやう)()(わす)れて、300『アハハハ、301オホホホ』と(わら)()した。302(しか)(なが)万公(まんこう)(この)(ほか)のいろいろ面白(おもしろ)き、303間断(かんだん)なき(うた)に、304一同(いちどう)面白(おもしろ)可笑(をか)しく(わら)ひに(まぎ)れ、305いつとはなしに玉木(たまき)(むら)のテームスが門前(もんぜん)無事(ぶじ)(かへ)ることを()た。
306大正一二・二・二六 旧一・一一 於竜宮館 松村真澄録)