霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第九章 三婚(みこん)〔一四一七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第55巻 真善美愛 午の巻 篇:第2篇 縁三寵望 よみ:えんさんちょうぼう
章:第9章 三婚 よみ:みこん 通し章番号:1417
口述日:1923(大正12)年03月03日(旧01月16日) 口述場所:竜宮館 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年3月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:111頁 八幡書店版:第10輯 74頁 修補版: 校定版:113頁 普及版:48頁 初版: ページ備考:
001 治国別(はるくにわけ)002松彦(まつひこ)003竜彦(たつひこ)祈願(きぐわん)()つて四人(よにん)負傷者(ふしやうしや)三日(みつか)(のち)全快(ぜんくわい)する(こと)()た。004テームス夫婦(ふうふ)治国別(はるくにわけ)一行(いつかう)神徳(しんとく)感謝(かんしや)(むすめ)本服祝(ほんぷくいはひ)をなさむと、005治国別(はるくにわけ)(はじ)番頭(ばんとう)下女(げぢよ)(はし)(いた)るまで祝宴(しゆくえん)(れつ)せしめた。006治国別(はるくにわけ)正座(しやうざ)(すわ)り、007左側(ひだりがは)上座(じやうざ)には松彦(まつひこ)008竜彦(たつひこ)009万公(まんこう)()()め、010右側(みぎがは)にはバラモン(ぐみ)六人(ろくにん)がズラリと(なら)んだ。
011 道晴別(みちはるわけ)012シーナ(およ)びスミエル、013スガールの病気全快組(びやうきぜんくわいぐみ)は、014治国別(はるくにわけ)(むか)()つて下座(げざ)(すわ)り、015テームス夫婦(ふうふ)(およ)びアヅモス、016アーシスと順序(じゆんじよ)(つく)り、017(いは)ひの(えん)(ひら)(こと)となつた。
018 (これ)より(さき)治国別(はるくにわけ)(ほか)一同(いちどう)神前(しんぜん)感謝(かんしや)祝詞(のりと)奏上(そうじやう)し、019鄭重(ていちよう)なる祭典(さいてん)(おこな)つた(こと)(ことわ)つて()く。020テームスは治国別(はるくにわけ)(むか)ひ、021さも(うれ)しげに両手(りやうて)をついて、
022テームス『治国別(はるくにわけ)宣伝使(せんでんし)(さま)023(なに)から御礼(おんれい)申上(まをしあ)げて(よろ)しきやら、024(あんま)有難(ありがた)くて言葉(ことば)()ませぬ』
025治国(はるくに)神様(かみさま)のお(かげ)によりまして、026道晴別(みちはるわけ)(たす)けて(いただ)き、027貴方(あなた)(がた)のお(ぢやう)さま、028番頭(ばんとう)さままで今日(こんにち)此処(ここ)御無事(ごぶじ)(かほ)()せて(いただ)(こと)になりましたのは、029(まつた)三五(あななひ)(をしへ)(まも)らせ(たま)大国常立大神(おほくにとこたちのおほかみ)(はじ)(たてまつ)り、030数多(あまた)神々様(かみがみさま)のお(かげ)(ござ)ります。031(けつ)して吾々(われわれ)(ちから)では(ござ)りませぬ。032御礼(おれい)()はれましては、033吾々(われわれ)神様(かみさま)神徳(しんとく)自己(じこ)のものとする(こと)になつて(こま)ります。034何卒(どうぞ)(れい)なんか()はない(やう)(ねが)ひます』
035テームス『ハイ、036神様(かみさま)有難(ありがた)(ござ)いました。037よくまア治国別(はるくにわけ)(さま)一行(いつかう)(からだ)(とほ)して、038吾々(われわれ)一家(いつか)御神徳(ごしんとく)をお(あた)(くだ)さいまして有難(ありがた)御礼(おんれい)申上(まをしあ)げます』
039ベリシナ『三五教(あななひけう)先生方(せんせいがた)御一同(ごいちどう)040(いま)主人(しゆじん)申上(まをしあ)げた(とほ)り、041(じつ)感謝(かんしや)()へませぬ。042二人(ふたり)(むすめ)もコレにてヤツと安心(あんしん)(いた)しました。043道晴別(みちはるわけ)(さま)御全快(ごぜんくわい)(あそ)ばしまして、044コンな(うれ)しい(こと)(ござ)りませぬ』
045(うれ)(なみだ)をハラハラと(なが)す。
046スミエル『三五教(あななひけう)先生様(せんせいさま)047悪神(わるがみ)のために()らへられ、048九死一生(きうしいつしやう)(ところ)御助(おたす)(くだ)さいまして、049御礼(おれい)申上様(まをしあげやう)(ござ)いませぬ。050(これ)(まつた)治国別(はるくにわけ)(さま)御一同(ごいちどう)御親切(ごしんせつ)のいたす(ところ)(ござ)います』
051スガール『(くら)岩窟内(がんくつない)(おし)こめられ、052(ふたた)(この)()(あか)りを()(こと)出来(でき)ないものと、053決死(けつし)覚悟(かくご)をいたして()りました(ところ)を、054神様(かみさま)御蔭(おかげ)(たす)けて(いただ)きました。055何卒(どうぞ)御緩(ごゆつく)御逗留(ごとうりう)(あそ)ばしまして、056結構(けつこう)御話(おはなし)御伝(おつた)(くだ)さいます(やう)(ひとへ)御願(おねが)(まを)します。057(それ)(つい)ても鬼春別(おにはるわけ)(さま)(ほか)御一同(ごいちどう)方々(かたがた)御苦労(ごくらう)をかけました(こと)有難(ありがた)御礼(おれい)(まを)します。058何卒(どうぞ)御一同様(ごいちどうさま)御緩(ごゆる)りと、059(なに)(ござ)いませぬが御酒(おさけ)()(あが)(くだ)さいませ』
060万公(まんこう)(なに)御馳走(ごちそう)差上(さしあ)げたいと(ぞん)じ、061種々(いろいろ)(いた)しましたが、062御存(ごぞん)じの(とほ)山間僻地(さんかんへきち)(こと)(ござ)いますから、063御口(おくち)()(やう)(もの)(ござ)いませぬ。064何卒(どうぞ)(ゆつく)御召上(おめしあが)りを(ねが)ひます。065(しうと)(しうとめ)(はじ)め、066(あね)のスミエル、067(ならび)にスガールに(かは)つて、068万公別(まんこうわけ)(つつし)んで御礼(おんれい)申上(まをしあ)げます。069惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)070惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
071治国(はるくに)『これはこれは若主人様(わかしゆじんさま)(ござ)いましたか。072イヤモウ大層(たいそう)御馳走(ごちそう)(いただ)きまして有難(ありがた)(ござ)います』
073 テームスは不思議(ふしぎ)(さう)(かほ)をして、074ベリシナを見返(みかへ)り、075小声(こごゑ)になつて、
076テームス『コレ、077ベリシナ、078(わし)()らぬ()にお(まへ)(この)宣伝使(せんでんし)婿(むこ)(もら)約束(やくそく)をしたのかい。079何故(なぜ)一口(ひとくち)(わし)()つて()れぬのか。080(わら)でつくねた(やう)(をとこ)でも、081矢張(やつぱり)一軒(いつけん)主人(しゆじん)だから、082何程(なにほど)結構(けつこう)宣伝使(せんでんし)でも主人(しゆじん)(わし)無断(むだん)()めるとは、083(ちつ)越権(ゑつけん)ぢやないか』
084ベリシナ『イエ(わたし)(なん)にも(ぞん)じませぬ。085大方(おほかた)貴方(あなた)御決(おき)めなさつただらうかと、086(いま)(いま)(まで)(おも)つて()りました』
087テームス『ハテナ、088モシ治国別(はるくにわけ)先生様(せんせいさま)089コリヤ()うした(わけ)(ござ)りませうかなア』
090治国(はるくに)『イヤ(わたし)もテント(ぞん)じませぬ。091万公別(まんこうわけ)大宣伝使(だいせんでんし)何時(いつ)()弟子(でし)吾々(われわれ)にも無断(むだん)御養子(ごやうし)になられましたかと(あや)しんで()つたのです』
092万公(まんこう)千早(ちはや)()(かみ)(むす)びし(えにし)なれば
093(ひと)()るべき事柄(ことがら)()し。
094(たま)()はふ(かみ)(をしへ)(したが)ひて
095スガール(ひめ)(やど)となりぬる』
096テームス『いぶかしや(かみ)言葉(ことば)()(なが)
097(おや)吾等(われら)()らぬ(あひだ)に』
098ベリシナ『何事(なにごと)もイドムの(かみ)(はか)らひに
099(むす)(たま)ひし(えにし)なるらむ。
100さり(なが)治国別(はるくにわけ)神司(かむつかさ)
101(この)(えにし)をば如何(いか)(おぼ)しめすか』
102万公(まんこう)何事(なにごと)(かみ)(こころ)(まか)すこそ
103(ひと)(ひと)たる(みち)とこそ()れ。
104(われ)とても(こころ)()まぬ(えにし)なれど
105(かみ)言葉(ことば)(そむ)かれもせず』
106松彦(まつひこ)面白(おもしろ)(ため)しもきかぬ(この)えにし
107媒介(なかだち)()今日(けふ)(おどろ)き』
108竜彦(たつひこ)(いま)()(をとこ)(をみな)(わか)ちなく
109自由自在(じいうじざい)にえにしを(むす)ぶ。
110()くの(ごと)(みだ)()てたる()(さま)
111イドムの(かみ)如何(いか)(おぼ)すか』
112万公(まんこう)(うる)はしき(わが)()(きみ)惟神(かむながら)
113(かみ)にしませば(ゆる)(たま)はむ』
114テームス『治国別(はるくにわけ)(かみ)(つかさ)(この)えにし
115如何(いか)になさむか(をし)へたまはれ』
116治国別(はるくにわけ)千早(ちはや)()
117(とほ)神代(かみよ)(むかし)より
118男女(をのこをみな)(とつ)ぎの(みち)
119(ひら)(たま)ひし神柱(かむばしら)
120神伊邪那岐(かむいざなぎ)大神(おほかみ)
121筑紫(つくし)日向(ひむか)立花(たちばな)
122小戸(をど)青木ケ原(あはぎがはら)にまし
123(みま)(けが)れを(きよ)めつつ
124自転倒島(おのころじま)天降(あも)りまし
125夫婦(めをと)(みち)(ひら)きてゆ
126海河山野(うみかはやまの)(もも)(かみ)
127数多(あまた)()みまし葦原(あしはら)
128千五百(ちいほ)(あき)瑞穂国(みづほのくに)
129完全(うまら)委曲(つばら)(ひら)(をさ)めて
130百人(ももびと)千人(ちびと)万人(よろづひと)
131()()(うへ)()(ふや)
132(うづ)神事(かむごと)()(たま)
133(その)(よろこ)びの()(あた)
134(うれ)ひに(しづ)みし(この)(やかた)
135(あら)はれ(きた)目出度(めでた)さよ
136男女(をのこをみな)(とつ)ぎの(みち)
137(あめ)にます(かみ)八百万(やほよろづ)
138(くに)にます(かみ)八百万(やほよろづ)
139(かみ)のよさしの(その)(まま)
140(さだ)まるものと()るからは
141(かなら)(こころ)(わづら)はし(たま)(なか)
142シーナの(きみ)(いへ)()
143(なが)(この)()(つか)へまし
144いとまめまめしくも朝夕(あさゆふ)
145(こころ)(くば)()(くだ)
146(つか)(たま)ひし信徒(まめひと)
147(そもそ)(この)()(さか)えをば
148(いの)(たま)はば第一(だいいち)
149(あね)御子(おんこ)とあれませる
150スミエル(ひめ)娶合(めあは)して
151(みづ)()らさぬ(いも)()
152(えにし)(むす)ばせ(たま)ふべし
153(つぎ)(うま)れしスガール(ひめ)
154万公別(まんこうわけ)宣伝使(せんでんし)
155生命(いのち)(おや)にましませば
156これと妹背(いもせ)(ちぎり)をば
157(むす)ばせ(たま)へば天地(あめつち)
158(かみ)(こころ)(かな)ふらむ
159(また)アーシスの(いへ)()
160容貌(みめ)(うる)はしきお(たみ)(かた)
161妹背(いもせ)(ちぎ)永久(とこしへ)
162(むす)ばせ(たま)ひて三五(あななひ)
163(うづ)(をしへ)朝夕(あさゆふ)
164(きよ)(まも)りて大神(おほかみ)
165御前(みまへ)(つか)(たま)ひなば
166玉置(たまき)(むら)のテームスが
167家門(いへかど)(たか)()(さか)
168()みの()八十連(やそつづ)
169五十橿(いかし)八桑枝(やくはえ)(ごと)
170茂木栄(むくさか)(さか)えまさむ
171テームス、ベリシナ二柱(ふたはしら)
172万公別(まんこうわけ)やシーナさま
173アーシス(つかさ)(はじ)めとし
174スミエル(ひめ)や、スガール(ひめ)
175(たみ)御方(おかた)千早(ちはや)()
176(かみ)(をしへ)(したが)ひて
177此処(ここ)目出度(めでたく)(いも)()
178(えにし)(むす)ばせ(たま)ふべし
179ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
180(たふと)(かみ)御前(おんまへ)
181斎苑(いそ)(やかた)(つか)へたる
182治国別(はるくにわけ)神司(かむつかさ)
183赤心(まごころ)()めて(すす)(まつ)
184朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
185(つき)()つとも()くるとも
186仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
187印度(ツキ)(うみ)はあするとも
188これの(えにし)詳細(まつぶさ)
189(むす)()へたる(うへ)からは
190千代(ちよ)八千代(やちよ)(かは)りなく
191(たま)()生命(いのち)(なが)
192何時(いつ)(まで)
193堅磐常磐(かきはときは)(さか)えかし
194ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
195(かみ)御前(みまへ)赤心(まごころ)
196()らして(ちか)(たてまつ)る』
197 スミエルは(うれ)しさうな(かがや)いた(かほ)をしながら、
198スミエル『三千世界(さんぜんせかい)(うめ)(はな)
199一度(いちど)(ひら)常磐木(ときはぎ)
200(まつ)神代(かみよ)(めぐ)()
201常世(とこよ)(はる)となりにけり
202玉置(たまき)(むら)のテームスが
203(いへ)(うま)れしスミエルは
204祖先(そせん)(いへ)(まも)るため
205(いへ)()とますシーナさま
206わが()(きみ)(さだ)めつつ
207(ちち)(やかた)(まも)りなば
208(いへ)はますます()(さか)
209子孫(しそん)はますます繁栄(はんゑい)して
210テームス(つかさ)()(うち)
211(たちま)天国浄土(てんごくじやうど)をば
212(ひら)かむものと(おも)ひつめ
213(あさ)(ゆふ)なに神様(かみさま)
214(いの)りし甲斐(かひ)(あら)はれて
215三五教(あななひけう)神司(かむつかさ)
216治国別(はるくにわけ)御媒介(おとりもち)
217()有難(ありがた)今宵(こよひ)かな
218頑固一途(ぐわんこいちづ)父母(ちちはは)
219(わらは)二人(ふたり)生命(いのち)をば
220(たす)(たま)ひし恩人(おんじん)
221言葉(ことば)如何(いか)(そむ)くべき
222治国別(はるくにわけ)御言葉(みことば)
223金勝要(きんかつかね)大御神(おほみかみ)
224イドムの(かみ)(みことのり)
225(こころ)(しづ)(つつし)みて
226(きよ)(たふと)御言葉(みことば)
227(したが)(たま)足乳根(たらちね)
228いとも(こひ)しき父母(ちちはは)
229(かみ)御前(みまへ)にスミエルが
230頸根突抜(うなねつきぬ)赤心(まごころ)
231あかして(ねが)(たてまつ)
232ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
233御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
234テームス『三五(あななひ)(かみ)(つかさ)(こと)()
235いかで(そむ)かむ吾等(われら)夫婦(ふうふ)は』
236ベリシナ『有難(ありがた)生命(いのち)(たま)(すく)ひます
237教司(をしへつかさ)(うづ)御言葉(みことば)
238 スガールは(また)(うた)ふ、
239スガール『治国別(はるくにわけ)宣伝使(せんでんし)
240常磐(ときは)(まつ)松彦(まつひこ)
241(きよ)(をしへ)竜彦(たつひこ)
242(かみ)(つかさ)御媒介(おとりもち)
243(うべな)(たま)ひし足乳根(たらちね)
244(ちち)(はは)との御光(みひか)りは
245吾等(われら)()らす真寸鏡(ますかがみ)
246()有難(ありがた)(かぎ)りなり
247万公別(まんこうわけ)神司(かむづかさ)
248()らはぬ吾等(われら)(あはれ)みて
249千代(ちよ)八千代(やちよ)永久(とこしへ)
250妹背(いもせ)(みち)(むす)びまし
251(ちち)のまします(この)(やかた)
252(かた)(まも)らせ(たま)へかし
253(わらは)(をんな)()なれども
254(こころ)はかたき(くす)(みき)
255(あさ)(ゆふ)なに大神(おほかみ)
256(いの)りて(たふと)父母(ちちはは)
257赤心(まごころ)(もつ)てよく(つか)
258(あに)(きみ)をば(うやま)ひて
259日々(ひび)(つと)めをいそしみつ
260(しもべ)(はし)(いた)るまで
261(こころ)(つく)してよく(つと)
262(かみ)(ゆる)せし(えにし)をば
263(よろこ)(つか)(まも)るべし
264ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
265イドムの(かみ)御前(おんまへ)
266(つつし)感謝(かんしや)(たてまつ)る』
267万公(まんこう)『スガールの(ひめ)(みこと)赤心(まごころ)
268(うれ)しみ(まつ)万公別司(まんこうわけつかさ)
269(いま)よりは(ちち)(はは)とを(うやま)ひつ
270(なれ)(みこと)(いつくし)むべし。
271治国別(はるくにわけ)(かみ)(みこと)()(きみ)
272(むく)(すべ)なき今日(けふ)(うれ)しさ』
273大正一二・三・三 旧一・一六 於竜宮館 外山豊二録)