霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一〇章 鬼涙(おになみだ)〔一四一八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第55巻 真善美愛 午の巻 篇:第2篇 縁三寵望 よみ:えんさんちょうぼう
章:第10章 鬼涙 よみ:おになみだ 通し章番号:1418
口述日:1923(大正12)年03月03日(旧01月16日) 口述場所:竜宮館 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年3月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:124頁 八幡書店版:第10輯 78頁 修補版: 校定版:126頁 普及版:53頁 初版: ページ備考:
001 アーシスは治国別(はるくにわけ)(うた)(たい)し、002自分(じぶん)とお(たみ)との結婚(けつこん)承諾(しようだく)したりとの()(うた)(もつ)(こた)へたりける。003(その)(うた)
004科戸(しなど)(かぜ)もフサの(くに)
005猪倉山(ゐのくらやま)山麓(さんろく)
006(むら)がり()てる玉置郷(たまききやう)
007テームス(やかた)使(つか)はれて
008(あさ)(ゆふ)なに家政(かせい)をば
009統轄(とうかつ)したるアーシスは
010(いや)しき首陀(しゆだ)(たね)ならず
011由緒(ゆいしよ)(ふか)きビクの(くに)
012左守(さもり)(かみ)のキユービツトが
013(その)落胤(らくいん)(きこ)えたる
014(この)()(しの)独身者(ひとりもの)
015治国別(はるくにわけ)宣伝使(せんでんし)
016(かみ)御言(みこと)(かうむ)りて
017ビクの(くに)をば知召(しろしめ)
018刹帝利様(せつていりさま)左守司(さもりがみ)
019(ちち)危難(きなん)(すく)ひまし
020(かみ)宮居(みやゐ)()(たま)
021(また)もや此処(ここ)(あら)はれて
022スミエル(ぢやう)やスガール(ぢやう)
023道晴別(みちはるわけ)やシーナ(まで)
024(すく)はせ(たま)ひし有難(ありがた)
025(あさひ)()(とも)(くも)(とも)
026(つき)()(とも)()くる(とも)
027(ほし)(そら)より()つるとも
028テームス一家(いつけ)(すく)はれし
029(この)高恩(かうおん)何時(いつ)()
030(わす)るる(こと)のあるべきぞ
031(いや)しき下女(げぢよ)()()みし
032(たみ)(かた)系統(けいとう)
033矢張(やつぱ)りビクの(くに)(うま)
034左守司(さもりのかみ)家系(かけい)より
035(すぐ)れて(たか)(ひと)()
036(うま)()でたる(うづ)御子(みこ)
037チヌの(さと)なる卓助(たくすけ)
038里子(さとご)となりて()(おく)
039果敢(はか)なき()にも荒風(あらかぜ)
040()(すさ)()両親(りやうしん)
041最早(もはや)あの()(ひと)となり
042よるべ(なぎさ)捨小舟(すてをぶね)
043彼方此方(あなたこなた)彷徨(さまよ)ひて
044(なや)みの()ては(いま)(ここ)
045テームス(やかた)下女(げぢよ)(まで)
046なり(さが)りたる(いた)ましさ
047(たみ)素性(すじやう)()るものは
048アーシス一人(ひとり)(のぞ)いては
049(いま)(まで)(たれ)もあらざりし
050かくも(たふと)(ひと)()
051(うま)れましたるお(たみ)さま
052如何(いか)なる(かみ)取持(とりもち)
053()れと妹背(いもせ)(ちぎり)をば
054(むす)ばせ(たま)(こと)となり
055首陀(しゆだ)(やかた)合衾(がふきん)
056いよいよ(しき)()げむとは
057(おも)ひもよらぬ二人仲(ふたりなか)
058ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
059イドムの(かみ)(あら)はれて
060治国別(はるくにわけ)(かか)りまし
061吾等(われら)素性(すじやう)委曲(まつぶさ)
062()かさせ(たま)ひし(たふと)さよ
063さはさり(なが)吾々(われわれ)
064()()てられし日蔭者(ひかげもの)
065二人(ふたり)(ちち)()しませど
066名乗(なの)らむ(すべ)もなくばかり
067(かこ)(くら)した(くる)しさも
068(いま)(やうや)(うす)らぎて
069(あかつき)()ぐる(とり)(こゑ)
070(あさひ)間近(まぢか)心地(ここち)せり
071ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
072皇大神(すめおほかみ)治国(はるくに)
073(わけ)(つかさ)御前(おんまへ)
074(かしこ)(かしこ)真心(まごころ)
075(ささ)げて感謝(かんしや)(たてまつ)る』
076 お(たみ)(うた)ふ。
077(たみ)(かみ)(めぐみ)足乳根(たらちね)
078(ちち)(はは)とはあり(なが)
079()()(くも)(へだ)てられ
080名乗(なのり)もならぬ()因果(いんぐわ)
081雲井(くもゐ)(たか)刹帝利(せつていり)
082ビクトリア(わう)(うづ)()
083(うま)()でたる(わが)()なれ(ども)
084(きさい)(みや)御憤(おんいきどほ)
085いと(はげ)しくましましければ
086(はは)皐月(さつき)諸共(もろとも)
087フサの御国(みくに)山野里(やまのさと)
088チヌの(むら)なる卓助(たくすけ)
089(やかた)母子(おやこ)(あづ)けられ
090(かな)しき浮世(うきよ)(おく)りしも
091(つき)村雲(むらくも)(はな)には(あらし)
092()(すさ)ぶなる()(なか)
093ためしに()れず(やしな)ひの
094(ちち)(この)()(はや)()
095(はは)(わらは)味気(あぢき)なき月日(つきひ)
096(やま)(ほとり)(おく)(をり)しも
097バラモン(けう)軍人(いくさびと)
098夜陰(やいん)(じやう)じて()(きた)
099雨戸(あまど)蹴立(けた)てて(をど)()
100(わらは)(はは)()(ちが)
101(かちどき)あげて()(かへ)りしが
102()いさらばひし母上(ははうへ)
103()るよりも
104(なさけ)()らぬ悪神(あくがみ)
105(くや)しや(こひ)しき母上(ははうへ)
106野中(のなか)井戸(ゐど)蹴落(けお)として
107(たま)()(いのち)(うば)ひし(うら)めしさ
108(わらは)(あと)(のこ)されて
109彼方(あなた)(いへ)三日(みか)四日(よつか)
110(なが)きは五日(いつか)彷徨(さまよ)ひつ
111どこの(いへ)でも()()され
112漸々(やうやう)ここにテームスの
113主人(あるじ)(きみ)(たす)けられ
114水仕奉公(みづしぼうこう)(はげ)(をり)
115(あめ)八重雲(やへぐも)かき()けて
116(くだ)りましたる(かみ)(をしへ)(つかさ)たち
117主人(あるじ)(いへ)愛娘(まなむすめ)
118スミエル(ひめ)やスガール(ひめ)
119(すく)ひやらむと雄健(をたけ)びし
120魔神(まがみ)のたけぶ猪倉山(ゐのくらやま)()(のぼ)
121()()きませし(その)(あと)
122(わらは)両手(りやうて)(あは)しつつ
123(かちどき)あげて(かへ)ります
124生日(いくひ)()()()(をり)もあれ
125(いくさ)(きみ)引率(ひきつ)れて
126四人(よたり)(ひと)(たす)けつつ
127(かへ)らせ(たま)ひし(うれ)しさよ
128(かみ)(つかさ)(その)(なか)
129(こひ)(こころ)(こが)したる
130万公別(まんこうわけ)神司(かむづかさ)
131(かみ)仕組(しぐみ)()らね(ども)
132(たちま)主人(しゆじん)となりすまし
133(うへ)から(した)まで()()けて
134(かまど)(した)(なべ)(ふた)
135彼方此方(あなたこなた)拭掃除(ふきさうぢ)
136()()くわざ(まで)(ねもごろ)
137(をし)(たま)ひし有難(ありがた)
138うるさい(こと)はなけれ(ども)
139(なん)だか()らぬがゴテゴテと
140()はるる(たび)()()ちて
141(つひ)には(おも)はぬ灰神楽(はひかぐら)
142どこも彼処(かしこ)(どろ)(うみ)
143(あし)()場所(ばしよ)もなき(まで)
144(よご)れたるこそ是非(ぜひ)なけれ
145折角(せつかく)(こころ)(つく)()(つく)
146(やうや)()えた(めし)さへも
147(のど)(とほ)らぬ(はひ)まぶれ
148ハツと(かほ)をば(あか)らめて
149(むね)(いた)むる(をり)もあれ
150アヅモス(つかさ)(あら)はれて
151(また)いろいろと御教訓(ごけうくん)
152(むし)居所(ゐどころ)(わる)かりしか
153フエル(やつこ)(はか)らひて
154栄螺(さざえ)(ごと)(こぶし)(かた)
155(ところ)かまはず()()
156(さいな)()たる(をり)もあれ
157アーシス(つかさ)(たちま)ちに
158(この)()(あら)はれ(きた)りまし
159()(くる)ひゐたる両人(りやうにん)
160()もなくグツと(おさ)へつけ
161(すく)(たま)ひし有難(ありがた)
162(なさけ)(ひと)(ため)ならずと
163()(ことわざ)()のあたり
164()れより(わらは)はアーシスの
165(つかさ)(たふと)(うやま)ひて
166()()であらば(わが)(つま)
167(つか)へむものと村肝(むらきも)
168(むね)をば()がす(をり)もあれ
169今日(けふ)(うれ)しき三五(あななひ)
170(かみ)(つかさ)治国別(はるくにわけ)
171(たふと)(きよ)(みことの)
172妹背(いもせ)(みち)(ちぎ)れよと
173(をし)(たま)ひし(こと)()
174(つつし)(かしこ)(うべな)ひて
175いとしき(つかさ)のアーシスと
176(ここ)目出(めで)たく婚姻(こんいん)
177儀式(みのり)(むす)(こと)(よし)
178(たしか)(うべな)(たてまつ)
179ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
180(かみ)大国治立(おほくにはるたち)大神(おほかみ)(はじ)めとし
181(えにし)(むす)びの神柱(かむばしら)
182金勝要(きんかつかね)大御神(おほみかみ)
183イドムの(かみ)()れませる
184神素盞嗚(かむすさのを)大神(おほかみ)
185(うづ)(めぐみ)(つつし)みて
186感謝(かんしや)(ことば)(たてまつ)
187ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
188御霊(みたま)恩頼(ふゆ)(たま)へかし』
189 鬼春別(おにはるわけ)一杯(いつぱい)機嫌(きげん)になつて、190(いま)(まで)遠慮(ゑんりよ)してゐた(こころ)(やや)(ふと)くなつたと()え、191銅羅声(どらごゑ)張上(はりあ)げて(うた)(はじ)めたり。
192()れは大国彦(おほくにひこ)(かみ)
193大国別(おほくにわけ)(つか)へたる
194バラモン(けう)大棟梁(だいとうりやう)
195大黒主(おほくろぬし)部下(ぶか)となり
196三五教(あななひけう)本陣(ほんぢん)
197()(きこ)えたる斎苑館(いそやかた)
198(ただ)一戦(いつせん)(ほふ)らむと
199数多(あまた)軍兵(ぐんぴよう)引率(いんそつ)
200山野(さんや)(わた)谷川(たにがは)
201()えて(やうや)枯尾花(かれをばな)
202(しげ)()ひたる浮木(うきき)(さと)
203(ひろ)陣屋(ぢんや)(つく)りつつ
204久米彦(くめひこ)片彦将軍(かたひこしやうぐん)
205先鋒(せんぽう)()てて戦況(せんきやう)
206(うかが)ひゐたる(をり)もあれ
207治国別(はるくにわけ)神司(かむづかさ)
208(いづ)御水火(みいき)打出(うちいだ)
209(その)言霊(ことたま)(きも)()たれ
210(もろ)くも(やぶ)()(かへ)
211(その)(あさ)ましき(ざま)()
212とても(かな)はぬ(この)(いくさ)
213(すす)みもならず退(しりぞ)きも
214ならぬ(くる)しき破目(はめ)となり
215三千余騎(さんぜんよき)(したが)へて
216浮木(うきき)陣屋(ぢんや)()(わか)
217ライオン(がは)横切(よこぎ)りて
218(ふる)(たふと)きビクの(くに)
219ビクトル(さん)(ふもと)にて
220(また)陣屋(ぢんや)(かま)へつつ
221(いくさ)(すす)むる(をり)もあれ
222魔性(ましやう)(をんな)(あざむ)かれ
223(とほ)()()大原野(だいげんや)
224シメジ(たうげ)乗越(のりこ)えて
225猪倉山(ゐのくらやま)岩窟(がんくつ)
226(しろ)(かま)へて遠近(をちこち)
227(くに)(したが)(なび)かせつ
228バラモン(こく)建設(けんせつ)
229一旗(ひとはた)()げむと(おも)(をり)
230(こころ)(まが)(さそ)はれて
231テームス(やかた)二人(ふたり)(むすめ)
232家来(けらい)(もの)()ひつけて
233(さら)(かへ)らせいろいろと
234(おど)しつすかしつ掛合(かけあ)へど
235気丈(きぢやう)(をんな)どこ(まで)
236(みさを)(けが)さぬけなげさに
237(した)()きつつ久米彦(くめひこ)
238執念深(しふねんぶか)くも(わが)(もの)
239なさむとあせり一室(いつしつ)
240しまひおきたる(とき)もあれ
241道晴別(みちはるわけ)神司(かむづかさ)
242シーナを(したが)()(きた)
243言霊車(ことたまぐるま)押出(おしだ)せば
244流石(さすが)勇士(ゆうし)(おどろ)いて
245右往左往(うわうさわう)散乱(さんらん)
246周章狼狽(しうしやうらうばい)(その)()ては
247一先(ひとま)四人(よにん)岩窟(がんくつ)
248千尋(ちひろ)(そこ)()(おと)
249()ふにいはれぬ無礼(ぶれい)をば
250(くは)へし(こと)(はづ)かしさ
251治国別(はるくにわけ)一行(いつかう)
252またも()められ吾々(われわれ)
253執着心(しふちやくしん)(ゆめ)()
254三千余騎(さんぜんよき)兵士(つはもの)
255(またた)(うち)解散(かいさん)
256四人(よにん)真人(まびと)(おく)りつつ
257(やうや)此処(ここ)()()れば
258豈計(あにはか)らむやフエル、ベツトの両人(りやうにん)
259御庫(みくら)(なか)押込(おしこ)まれ
260(くるし)みゐたるぞ不思議(ふしぎ)なれ
261悪虐(あくぎやく)無道(ぶだう)将軍(しやうぐん)
262(かみ)(ひかり)(てら)されて
263(いま)(まこと)(ひと)となり
264(この)()(あだ)せし()(なが)らも
265治国別(はるくにわけ)御影(おかげ)にて
266目出(めで)たき今日(けふ)宴席(えんせき)
267(はぢ)(しの)びて(つらな)るも
268(えにし)(いと)のどこ(まで)
269(むす)ぼれゐたる(ため)ならむ
270ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
271直日(なほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)
272()(なほ)されてテームスよ
273ベリシナ(ひめ)二人(ふたり)姫御子(ひめみこ)
274(なれ)(くは)へし(さいな)みの
275(つみ)(ゆる)させ(たま)へかし
276(あさひ)はてる(とも)(くも)るとも
277(つき)()つとも()くる(とも)
278一旦(いつたん)(かみ)目醒(めざ)めたる
279鬼春別(おにはるわけ)はどこ(まで)
280(まこと)(ため)()(つく)
281世人(よびと)(すく)真心(まごころ)
282(かへ)りてテームス夫婦(ふうふ)()(さち)
283(あさ)(ゆふ)なに(いの)るべし
284(ゆる)させ(たま)惟神(かむながら)
285(かみ)(ちか)ひて()びまつる』
286(うた)(をは)り、287一同(いちどう)(むか)つて(うやうや)しく感謝(かんしや)した。288されど疑深(うたがひぶか)きテームス夫婦(ふうふ)は、289鬼春別(おにはるわけ)(こころ)(そこ)よりの悔悟(くわいご)謝罪(しやざい)(しん)ずる(こと)出来(でき)なかつた。290それ(ゆゑ)夫婦(ふうふ)(この)(うた)(たい)しても、291一言(いちごん)(こたへ)さへせなかつた。292(この)(ほか)久米彦(くめひこ)293スパール、294エミシなどの(うた)沢山(たくさん)あれ(ども)295(あま)(なが)ければ()れにて言霊車(ことたまぐるま)停止(ていし)する。296ああ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
297大正一二・三・三 旧一・一六 於竜宮館 松村真澄録)