霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一四章 春陽(しゆんよう)〔一四二二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第55巻 真善美愛 午の巻 篇:第3篇 玉置長蛇 よみ:たまきちょうだ
章:第14章 第55巻 よみ:しゅんよう 通し章番号:1422
口述日:1923(大正12)年03月04日(旧01月17日) 口述場所:竜宮館 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年3月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-05-14 19:19:02 OBC :rm5514
愛善世界社版:181頁 八幡書店版:第10輯 100頁 修補版: 校定版:186頁 普及版:80頁 初版: ページ備考:
001 万公(まんこう)神殿(しんでん)参拝(さんぱい)(をは)り、002一同(いちどう)打解(うちと)けて談話(だんわ)せる居間(ゐま)神懸(かむがか)りとなつて(あら)はれ(きた)(うた)(はじ)めた。
 
003万公(まんこう)謡曲調(えうきよくてう))『(この)()(つく)(たま)ひたる、004 千早振(ちはやぶ)(たふと)(かみ)()れまして、005 (かみ)善悪正邪(ぜんあくせいじや)をば、006 立別(たてわ)(たま)人々(ひとびと)の、007 (こころ)にかかる村雲(むらくも)を、008 伊吹(いぶき)(はら)ひて天国(てんごく)を、009 (この)()(うへ)建設(けんせつ)し、010 堅磐常磐(かきはときは)五六七(みろく)()011 いや永久(とこしへ)(さか)えゆく、012 (まつ)神世(かみよ)をたてむとて、013 天教山(てんけうざん)()れませる、014 木花姫(このはなひめ)神柱(かむばしら)015 コーカス(ざん)()れませる、016 日出別(ひのでのわけ)やウブスナの、017 (うづ)(やかた)永久(とこしへ)に、018 (をしへ)(まも)らせ(たま)ひつる、019 八島主(やしまのぬし)(はじ)めとし、020 自転倒島(おのころじま)(いた)りては、021 桶伏山(をけぶせやま)聖場(せいぢやう)に、022 (にしき)(みや)太柱(ふとばしら)023 (ふと)しき()てて皇神(すめかみ)を、024 (いつ)かひ(まつ)朝夕(あさゆふ)に、025 赤心(まごころ)()めて(つか)へます、026 玉照彦(たまてるひこ)神柱(かむばしら)027 (みづ)(みたま)(あら)はれ(たま)ひ、028 玉照姫(たまてるひめ)神柱(かむばしら)029 (いづ)(みたま)(あら)はれ(たま)ひ、030 暗夜(やみよ)()らす英子姫(ひでこひめ)031 紫姫(むらさきひめ)諸共(もろとも)に、032 (この)()悪魔(あくま)竜国別(たつくにわけ)や、033 (その)(ほか)(もも)(つかさ)たち、034 神政(しんせい)成就(じやうじゆ)聖場(せいぢやう)と、035 (さだ)めて(うづ)御教(みをしへ)を、036 四方(よも)(ひら)かせ(たま)ひつつ、037 神素盞嗚(かむすさのを)大神(おほかみ)の、038 御言(みこと)(かしこ)万寿山(まんじゆざん)039 霊鷲山(りやうしうざん)やエルサレム、040 黄金山(わうごんざん)神柱(かむばしら)041 (ふと)しく()てて現身(うつそみ)の、042 暗世(やみよ)永遠(とは)()らさむと、043 (つと)(たま)ふぞ有難(ありがた)き、044 ウブスナ(やま)斎苑館(いそやかた)045 八島主(やしまのぬし)部下(ぶか)となり、046 (つき)御国(みくに)(わだか)まる、047 八岐大蛇(やまたをろち)醜鬼(しこおに)を、048 言向和(ことむけやは)三五(あななひ)の、049 (まこと)(ひと)つの御教(みをしへ)を、050 (もつ)世人(よびと)(すく)はむと、051 松彦(まつひこ)052竜彦(たつひこ)053万公(まんこう)を、054 (したが)へまして河鹿山(かじかやま)055 (はげ)しき野分(のわき)()かれつつ、056 (ほこら)(もり)山口(やまぐち)(もり)057 (こがらし)(すさ)荒野(あれの)(わた)り、058 野中(のなか)(もり)浮木(うきき)(もり)059 バラモン(けう)のゼネラルと、060 威勢(ゐせい)(かがや)くランチ片彦将軍(かたひこしやうぐん)を、061 (まこと)(みち)言向(ことむ)けて、062 苦集滅道(くしふめつだう)()(あか)し、063 道法礼節(だうほふれいせつ)(あきら)かに、064 (をし)(たま)ひて弟子(みこ)となし、065 (なほ)(すす)んでライオンの、066 (きよ)水瀬(みなせ)横切(よこぎ)りつ、067 ビクトリア(じやう)刹帝利(せつていり)068 左守(さもり)(かみ)危難(きなん)をば、069 (すく)(たま)ひて漸々(やうやう)に、070 (こま)(ひづめ)(なら)べつつ、071 シメジ(たうげ)()()えて、072 玉置(たまき)(むら)のテームス(やかた)073 (つき)()夜半(よは)()でまして、074 猪倉山(ゐのくらやま)(とら)はれし、075 (この)()(むすめ)スミエルや、076 スガール(ひめ)(すく)はむと、077 (いさ)(すす)んで()(たま)ふ、078 谷川(たにがは)(わた)(いは)()え、079 (やうや)鬼春別将軍(おにはるわけしやうぐん)の、080 (たむろ)(たま)巌窟(がんくつ)に、081 (しの)()りつつゼネラルや、082 カーネル(はじ)(その)(ほか)の、083 (もも)(つかさ)言向(ことむ)けて、084 道晴別(みちはるわけ)やシーナの(つかさ)085 二人(ふたり)(むすめ)(すく)ひまし、086 (かみ)(ちから)(まも)られて、087 (この)()(かへ)(たま)ひける、088 万公別(まんこうわけ)(この)(いへ)に、089 (すす)()たるや(たちま)ちに、090 わが()(かへ)りし心地(ここち)して、091 (おや)(ゆる)しもなき(まま)に、092 主人気取(しゆじんきど)りと早変(はやがは)り、093 家内(かない)上下(かみしも)(くま)もなく、094 巡視(じゆんし)()へし(とき)もあれ、095 (この)()主人(しゆじん)テームスは、096 四人(よにん)負傷者(ふしやうしや)全快(ぜんくわい)を、097 (よろこ)(たま)()(きみ)に、098 感謝(かんしや)のためと海川(うみかは)や、099 山野(さんや)()でて(もと)めたる、100 美味(うま)しき(もの)歓待(もてな)して、101 感謝(かんしや)(まこと)(つく)しつつ、102 鬼春別(おにはるわけ)久米彦(くめひこ)将軍(しやうぐん)が、103 (この)()()るに仰天(ぎやうてん)し、104 (こころ)(そこ)より憎悪(ぞうを)して、105 一時(いちじ)(はや)()(ぱら)ひ、106 後日(ごじつ)(なん)(のが)れむと、107 (はか)(たま)ひし(とき)もあれ、108 鬼春別(おにはるわけ)熱烈(ねつれつ)な、109 読経(どきやう)威力(ゐりよく)()たれまし、110 霊肉(れいにく)(たちま)脱離(だつり)して、111 ()るも(おそ)ろし地獄道(ぢごくだう)112 (さみ)しき(たび)()でましぬ、113 ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)114 これが見捨(みすて)()かれうか、115 一度(ひとたび)(いき)吹返(ふきかへ)し、116 霊肉(れいにく)(とも)改良(かいりやう)し、117 未来(みらい)(きよ)天国(てんごく)の、118 いや永久(とこしへ)(はな)()き、119 果物(くだもの)(みの)楽園(らくゑん)に、120 (すく)はにや()かぬと三五(あななひ)の、121 (かみ)(はしら)治国別(はるくにわけ)が、122 赤心(まごころ)こめて大前(おほまへ)(いの)らせ(たま)へばアラ不思議(ふしぎ)123 神徳(しんとく)(たちま)顕現(けんげん)し、124 万公別(まんこうわけ)鬼春別(おにはるわけ)の、125 (みたま)(まも)精霊(せいれい)は、126 テームス(つかさ)(あと)()ひ、127 根底(ねそこ)(くに)()()きて、128 (すく)(かへ)りし(うれ)しさよ、129 朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも、130 (つき)()つとも()くるとも、131 仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも、132 三五教(あななひけう)(まも)ります、133 (かみ)(めぐみ)永久(えいきう)ルビ「えいきう」はママに、134 いや永久(とこしへ)(わす)れまじ、135 そもテームスの家筋(いへすぢ)は、136 (もと)(たふと)刹帝利(せつていり)137 ヒルナの(くに)にときめきて、138 数多(あまた)(たみ)(したが)へつ、139 武勇(ぶゆう)(ほこ)りし(いへ)なれど、140 (たみ)(うらみ)(かさ)なりて、141 ヒルナの(くに)(たちま)ちに、142 根本的(こんぽんてき)転覆(てんぷく)し、143 生命(いのち)辛々(からがら)フサの(くに)144 玉置(たまき)(むら)(あら)はれて、145 (ここ)里庄(りしやう)となりすまし、146 ()(きた)りしも十五代(じふごだい)147 (また)もや(たみ)怨恨(えんこん)を、148 (かさ)(かさ)ねて遠祖(とほつおや)149 世々(よよ)祖等(おやたち)諸共(もろとも)に、150 (つみ)重荷(おもに)地獄道(ぢごくだう)151 根底(ねそこ)(くに)()()きて、152 悪鬼(あくき)(むれ)()()みつ、153 (くる)しき月日(つきひ)(おく)るこそ、154 ()にも悲惨(ひさん)(きは)みなり、155 さはさり(なが)今日(けふ)よりは、156 主人(しゆじん)のテームス逸早(いちはや)く、157 悔改(くいあらた)めて()(すく)ふ、158 三五教(あななひけう)大道(おほみち)に、159 (つか)(たま)ひし(うへ)からは、160 如何(いか)なる祖先(そせん)罪科(つみとが)も、161 朝日(あさひ)(つゆ)()ゆる(ごと)162 (なつ)日向(ひなた)(さら)されし、163 (こほり)(ごと)()()きて、164 遠津御祖(とほつみおや)()ふも(さら)165 子孫(しそん)(すゑ)(いた)(まで)166 (この)()(なが)らに天国(てんごく)の、167 (きよ)生涯(しやうがい)(おく)りつつ、168 世人(よびと)(すく)生神(いきがみ)と、169 ()りて(ほまれ)万代(よろづよ)に、170 (つた)へむ今日(けふ)端緒(いとぐち)を、171 (よろこ)(いは)大神(おほかみ)の、172 御前(みまへ)感謝(かんしや)(たてまつ)る、173 ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)174 (みたま)幸倍(さちはへ)ましませよ』
 
175 治国別(はるくにわけ)音吐朗々(おんとらうらう)として宣伝歌(せんでんか)(うた)ふ。
 
176治国別(はるくにわけ)謡曲調(えうきよくてう))『千早振(ちはやぶ)る、177 (かみ)(つく)りし(かみ)(くに)178 すみきり(まも)(かみ)(くに)179 高天原(たかあまはら)天国(てんごく)を、180 (この)()(うへ)(うつ)しまし、181 (てん)(きらめ)(ほし)(ごと)182 (ひと)をば地上(ちじやう)()(おと)し、183 (はま)真砂(まさご)(かず)(ごと)184 山川(やまかは)草木(くさき)(とり)(けもの)185 うろくづ(むし)まで()ませつつ、186 (あめ)(つち)との神業(かむわざ)に、187 (つか)へしめむと(かみ)水火(いき)188 (あた)へて(くだ)らせ(たま)ひたる、189 (ひと)(かみ)()(かみ)(みや)190 ()かる(たふと)(ひと)()に、191 如何(いか)でか(まが)(ひそ)()き、192 体主霊従(たいしゆれいじう)小欲(せうよく)に、193 五感(ごかん)(くも)らせたればこそ、194 天国(てんごく)浄土(じやうど)(かへ)るべき、195 (きよ)身魂(みたま)堕落(だらく)して、196 中有界(ちううかい)地獄道(ぢごくだう)197 (たと)(がた)なき醜穢(しうゑ)なる、198 餓鬼(がき)畜生(ちくしやう)魔道(まだう)へと、199 (あやま)()()くものなれば、200 (ひと)生命(いのち)()るうちに、201 ()(あらた)めて天地(あめつち)の、202 (かみ)(こころ)をよく(さと)り、203 利己一偏(りこいつぺん)自愛心(じあいしん)204 弊履(へいり)(ごと)(うち)すてて、205 至仁(しじん)至愛(しあい)神徳(しんとく)を、206 ()(そな)へつつ現世(うつしよ)の、207 (ひかり)ともなり(しほ)ともなり、208 (けが)れを(きよ)()()らし、209 天地(てんち)(はな)(うた)はれて、210 (この)()(なか)面白(おもしろ)く、211 (わた)()くべき(もの)なるぞ、212 さはさり(なが)(ひと)()は、213 如何(いか)なる智徳(ちとく)ありとても、214 (かみ)(をしへ)(はな)れなば、215 (ぜん)(へん)じて(あく)となり、216 (さいはひ)(へん)じて災禍(わざはひ)と、217 (たちま)(かは)浅間(あさま)しさ、218 (ただ)(ひと)()天地(あめつち)の、219 (かみ)(をしへ)第一(だいいち)に、220 (まも)りて(もも)事業(なりはひ)に、221 いそしみ(つか)現世(うつしよ)に、222 ありては(くに)(たて)となり、223 神霊界(しんれいかい)(いた)りては、224 天津御国(あまつみくに)良民(りやうみん)と、225 なりて神業(しんげふ)(つか)ふべく、226 (いま)より(かみ)大道(おほみち)を、227 ()(はづ)さずに(すす)むべし、228 (かみ)吾等(われら)(とも)()り、229 (かみ)(なんぢ)(とも)()す、230 (かみ)()けたる(この)身魂(みたま)231 如何(いか)()てさせ(たま)ふべき、232 テームス(つかさ)(はじ)めとし、233 (もも)人々(ひとびと)皇神(すめかみ)の、234 (あい)(ぜん)との(とく)により、235 (こころ)(きよ)()(きよ)め、236 (しん)(しん)との光明(くわうみやう)に、237 (かがや)(わた)りて村肝(むらきも)の、238 (こころ)(そら)日月(じつげつ)の、239 (ひかり)()らさせ(たま)ふべし、240 ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)241 (かみ)御前(みまへ)三五(あななひ)の、242 治国別(はるくにわけ)神司(かむづかさ)243 (つつし)(うやま)()(つた)ふ』
 
244(うた)(をは)り、245(なほ)諄々(じゆんじゆん)として現界(げんかい)246神界(しんかい)247幽界(いうかい)(しよ)するの(みち)()き、248(をは)つて大神(おほかみ)御前(みまへ)感謝(かんしや)祝詞(のりと)奏上(そうじやう)した。249(これ)よりテームス夫婦(ふうふ)(こころ)(そこ)より(かみ)恩恵(おんけい)(さと)り、250広大(くわうだい)なる邸宅(ていたく)開放(かいはう)して、251立派(りつぱ)なる社殿(しやでん)(つく)り、252三五教(あななひけう)大神(おほかみ)鎮祭(ちんさい)し、253万公別(まんこうわけ)をして神教(しんけう)宣伝(せんでん)せしむる(こと)となつた。254()して万公(まんこう)はスガール(ひめ)(つま)となし、255テームス()世継(よつぎ)となり、256シーナは(あね)のスミエルと(とも)分家(ぶんけ)して(これ)()み、257アーシス、258(たみ)(また)治国別(はるくにわけ)媒介(ばいかい)()つて夫婦(ふうふ)となり、259玉置(たまき)(むら)(はな)(うた)はれ、260三五(あななひ)(をしへ)四方(よも)宣伝(せんでん)し、261神業(しんげふ)参加(さんか)した。
262大正一二・三・四 旧一・一七 於竜宮館 外山豊二録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)