霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一六章 幽貝(いうかひ)〔一四二四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第55巻 真善美愛 午の巻 篇:第3篇 玉置長蛇 よみ:たまきちょうだ
章:第16章 第55巻 よみ:ゆうかい 通し章番号:1424
口述日:1923(大正12)年03月04日(旧01月17日) 口述場所:竜宮館 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年3月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5516
愛善世界社版:204頁 八幡書店版:第10輯 109頁 修補版: 校定版:215頁 普及版:91頁 初版: ページ備考:
001鬼春別(おにはるわけ)治道居士(ちだうこじ)
002道貫(だうくわん)素道(そだう)求道居士(きうだうこじ)
003(この)四柱(よはしら)修験者(しうげんじや)
004(きた)(もり)をば立出(たちい)でて
005ブーブーブーと法螺(ほら)(かひ)
006()()山野(さんや)木精(こだま)をば
007(ひび)かせ(なが)らスタスタと
008(つゑ)(ちから)(すす)()く。
009 治道居士(ちだうこじ)(きた)(もり)立出(たちい)で、010三人(さんにん)(とも)にシメジ(たうげ)南麓(なんろく)()いた。011これから(さき)非常(ひじやう)難所(なんしよ)処々(ところどころ)にある。012人通(ひとどほ)りさへなき(ひる)(なほ)(くら)樹木(じゆもく)(しげ)坂道(さかみち)(あへ)(あへ)(のぼ)(なが)足拍子(あしびやうし)をとり(うた)()く。
013猪倉山(ゐのくらやま)峰続(みねつづ)
014此処(ここ)()におふシメジ(ざか)
015(こま)(かよ)はぬ阪道(さかみち)
016(かみ)手綱(たづな)()かれつつ
017沙門(しやもん)姿(すがた)()()へて
018至善(しぜん)至上(しじやう)(かみ)(みち)
019(をさ)めて世人(よびと)(すく)はむと
020(こころ)(こま)鞭撻(むちう)つて
021吾々(われわれ)四人(よにん)(のぼ)()
022ハアハアハアハアきつい(さか)
023御一同(ごいちどう)()をつけ()されませ
024もしも転落(てんらく)した(とき)
025折角(せつかく)(かみ)(ゆる)された
026照国山(てるくにやま)荒行(あらぎやう)
027サツパリ駄目(だめ)になりまする
028ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
029昨日(きのふ)(かは)今日(けふ)(そら)
030ハアハアハアハア ウンウンウン
031()(さわ)がしき(せみ)(こゑ)
032そのひぐらし杣人(そまびと)
033容易(ようい)(わた)らぬ(この)(さか)
034(のぼ)るは(くる)しき(やう)なれど
035(やま)()みてし罪科(つみとが)
036(かみ)御水火(みいき)(はら)はれて
037(さか)(ひさ)しき天国(てんごく)
038(のぼ)りて()かむ首途(かどいで)
039(おも)ひまはせばハアハアハア
040何程(なにほど)(さか)(けは)しとも
041如何(いか)でか(ひる)まむ惟神(かむながら)
042(すす)めば(ひろ)平地(へいち)あり
043(この)難関(なんくわん)()()えて
044(はな)爛漫(らんまん)(ひら)きたる
045(かみ)御園(みその)(すす)みなば
046(いま)(しぼ)()汗脂(あせあぶら)
047()もなくここに()()られ
048(かみ)御国(みくに)のエンゼルと
049(この)()ながらに(まめ)やかに
050(つか)へて(かみ)(みち)のため
051世人(よびと)のために面白(おもしろ)
052(たふと)余生(よせい)(おく)()
053悪逆無道(あくぎやくぶだう)軍人(いくさびと)
054(いま)(こころ)(やは)らぎて
055大慈(だいじ)大悲(だいひ)弥勒神(みろくしん)
056(めぐみ)(つゆ)(かがぶ)りつ
057ビクの神国(みくに)()して()
058ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
059(かみ)(めぐみ)(ふか)くして
060(わが)()(みち)(まが)もなく
061()しき(けもの)(わざはひ)
062あらずに(すす)ませ(たま)へかし
063(こま)()きつれて(この)(さか)
064(くだ)りし(とき)のハアハアハア
065(わが)(いきほひ)(くら)ぶれば
066(いま)天地(てんち)相違(さうゐ)あり
067悪鬼(あくき)羅刹(らせつ)(たちま)ちに
068仁慈無限(じんじむげん)のエンゼルと
069変化(へんくわ)したるも三五(あななひ)
070(かみ)(つかさ)御賜物(みたまもの)
071(あふ)げば(たか)久方(ひさかた)
072天津御空(あまつみそら)()(わた)
073月日(つきひ)(めぐみ)いと(きよ)
074四方(よも)草木(くさき)はスクスクと
075(しげ)(さか)えて天国(てんごく)
076姿(すがた)(うつ)(たの)しさよ
077ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
078(かみ)のまにまに(すす)()
079いづくの(そら)(いた)るとも
080如何(いか)でか(おそ)れむ敷島(しきしま)
081大和心(やまとごころ)()(かぎ)
082(こころ)()をも筑紫潟(つくしがた)
083高砂島(たかさごじま)()(まで)
084(すす)みて()かむ(かみ)(みち)
085(まも)らせ(たま)惟神(かむながら)
086ウントコドツコイ ドツコイシヨ
087天地(てんち)(ぬし)(あれ)ませる
088皇大神(すめおほかみ)御前(おんまへ)
089(つつし)(かしこ)()(まつ)る』
090 エミシの求道居士(きうだうこじ)(あせ)をタラタラ(なが)(なが)一行(いつかう)(さき)()つて元気(げんき)よく(うた)(なが)(のぼ)()く。
091求道(きうだう)(はる)(はな)()(とり)(うた)
092草木(くさき)(すゑ)青々(あをあを)
093(しげ)(さか)ゆる(なつ)()
094いつしか()えて(あき)(かぜ)
095木枯(こがらし)(すさ)(ふゆ)(そら)
096満天(まんてん)(たちま)雪雲(ゆきぐも)
097(つつ)まれ月日(つきひ)(かく)せども
098(やが)一陽来復(いちやうらいふく)
099(ふたた)(はる)()(とき)
100(また)もや山野(さんや)爛漫(らんまん)
101いと(うる)はしき(はな)()
102()有様(ありさま)(なが)むれば
103これの地上(ちじやう)(うま)れたる
104(ひと)身魂(みたま)何時(いつ)しかに
105(うつ)(かは)らぬ(こと)やある
106バラモン(ぐん)のカーネルと
107数多(あまた)軍兵(ぐんぴやう)指揮(しき)なして
108威張(ゐば)()らした(この)エミシ
109(いま)(まつた)くハアハアハア
110(かみ)(をしへ)()()まし
111執着心(しふちやくしん)放擲(はうてき)
112現幽神界(げんいうしんかい)一体(いつたい)
113(すく)ひの(みち)(すす)()
114至善(しぜん)至上(しじやう)御教(みをしへ)
115体得(たいとく)したる(うれ)しさよ
116朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
117(つき)()つとも()くるとも
118地異(ちい)天変(てんぺん)(おこ)るとも
119(かみ)(まか)せし(この)(からだ)
120如何(いか)でか初心(しよしん)をドツコイシヨ
121(ひるがへ)さむや惟神(かむながら)
122(かみ)(まか)せし(この)(からだ)
123照国山(てるくにやま)谷間(たにあひ)
124百日(ももか)百夜(ももよ)(ぎやう)(をさ)
125(かみ)御徳(みとく)()()けて
126世人(よびと)(すく)比丘(びく)となり
127月照彦(つきてるひこ)大神(おほかみ)
128(まも)らせ(たま)(つき)(くに)
129いや永久(とこしへ)(ひら)くべし
130ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
131御霊(みたま)(さちは)ひましませよ』
132 かく(うた)(なが)らシメジ(たうげ)頂上(ちやうじやう)(たつ)した。133(かぜ)(さら)されて洒落(しやれ)きつた面白(おもしろ)(まつ)()六七本(ろくしちほん)(なら)んでゐる。134四人(よにん)(まつ)()腰打掛(こしうちか)(あせ)(ぬぐ)(なが)少時(しばし)(いき)(やす)めてゐる。
135治道(ちだう)見渡(みわた)せば四方(よも)山々(やまやま)青葉(あをば)して
136(こころ)(きよ)()(わた)るなり』
137道貫(だうくわん)『ライオンの(かは)(なが)れは弥遠(いやとほ)
138(おび)(ごと)くに()えにけるかな』
139素道(そだう)見渡(みわた)せば何処(いづこ)(おな)天国(てんごく)
140姿(すがた)なるらむ青々(あをあを)として』
141求道(きうだう)大空(おほぞら)大地(だいち)(うへ)青々(あをあを)
142(あや)(かざ)して(ちり)もとどめず。
143(とし)()いし(まつ)木蔭(こかげ)(やす)らひて
144(あせ)()(はら)(みね)夏風(なつかぜ)
145治道(ちだう)()(かぜ)天津神国(あまつみくに)神人(かみびと)
146御水火(みいき)なるらむいとも(すず)しき』
147素道(そだう)(くる)しみて(やうや)くここに(のぼ)()れば
148(すず)しき(かぜ)(われ)()ちぬる』
149道貫(だうくわん)『いざさらば(この)阪道(さかみち)(くだ)るべし
150つづかせ(たま)神司(かむつかさ)(たち)
151求道(きうだう)『これよりは(いよいよ)(くだ)(ざか)となる
152されど身魂(みたま)神国(みくに)(のぼ)る』
153 かく(うた)(なが)ら、154四人(よにん)(あやふ)阪道(さかみち)一歩(ひとあし)々々(ひとあし)注意(ちうい)しつつ(くだ)()く。
155 道貫(だうくわん)(また)(うた)ふ。
156道貫(だうくわん)『バラモン(けう)久米彦(くめひこ)
157()(うた)はれし将軍(しやうぐん)
158時世時節(ときよじせつ)(ちから)にて
159(こころ)(こま)()(なほ)
160(みづか)鞭撻(むちう)膝栗毛(ひざくりげ)
161ビクビクビクとビクの(くに)
162比丘(びく)姿(すがた)()(やつ)
163(こころ)(かがみ)照国(てるくに)
164(やま)谷間(たにま)立向(たちむか)
165谷間(たにま)()ちる岩清水(いはしみづ)
166(つづみ)(たき)()()たせ
167(けが)()てたる垢離(くり)をとり
168霊肉(れいにく)ともに清浄(しやうじやう)
169立直(たちなほ)したるその(うへ)
170ビクトル(さん)神殿(しんでん)
171参拝(さんぱい)なして(いま)(まで)
172(おか)せし(つみ)(ことごと)
173(あやま)()びてビクトリア
174(わう)御前(みまへ)参向(さんかう)
175()ぎにし(はる)無礼(ぶれい)をば
176拝謝(はいしや)しまつり三五(あななひ)
177(まこと)(みち)(をし)()
178(つか)へまつらむ(わが)(こころ)
179(まも)らせ(たま)惟神(かむながら)
180国治立(くにはるたち)大神(おほかみ)
181御前(みまへ)(つつし)()(まつ)
182朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
183(つき)()つとも()くるとも
184仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
185(まこと)(ちから)()(すく)
186(いま)まで(あく)(つく)したる
187(こころ)(くら)久米彦(くめひこ)
188(たちま)日出(ひので)守護(しゆご)となり
189(わが)精霊(せいれい)天国(てんごく)
190(のぼ)りて(かみ)栄光(えいくわう)
191(つか)ふる()とはなりにけり
192ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
193(かみ)(めぐ)みを(つつし)みて
194(よろこ)感謝(かんしや)(たてまつ)る』
195 素道(そだう)(さか)(くだ)(やうや)平地(へいち)()いて元気(げんき)恢復(くわいふく)し、196人並(ひとなみ)(うた)はねばならぬと(おも)つたか、197(めう)皺枯(しわが)(ごゑ)()して一歩(ひとあし)々々(ひとあし)拍子(ひやうし)をとり(うた)(はじ)めたり。
198三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
199治国別(はるくにわけ)(たす)けられ
200(まこと)(みち)(さと)りてゆ
201(いま)(まで)つづけし罪業(ざいごふ)
202いと(おそ)ろしくなり(きた)
203死後(しご)生涯(しやうがい)ある(こと)
204(おも)へば(みじか)現世(げんせ)にて
205(ちひ)さき(よく)()(まよ)
206名利(めいり)奴隷(どれい)となるよりも
207一切万事(いつさいばんじ)執着(しふちやく)
208(きぬ)()()てて比丘(びく)となり
209(うま)赤児(あかご)となり(かは)
210(この)()()てし修験者(しうげんじや)
211本来(ほんらい)(この)()無東西(むとうざい)
212何処有南北(かしようなんぼく)是宇宙(これうちう)
213色即是空(しきそくぜくう)()(なら)
214空即是色(くうそくぜしき)真諦(しんたい)
215(やうや)(さと)吾々(われわれ)
216(つるぎ)()てて言霊(ことたま)
217(かみ)()さしの御剣(みつるぎ)
218()(なほ)したる(うれ)しさよ
219ブーブーブーと法螺(ほら)(かひ)
220()()らし()(うれ)しさは
221(この)()()きて人欲(にんよく)
222(とら)はれ()たる(ひと)()
223転迷開悟(てんめいかいご)(こゑ)()いて
224()()ましたる(とき)(こゑ)
225そも法螺貝(ほらがひ)()(やつ)
226(いき)たる(とき)(こゑ)もなし
227()んで死骸(しがい)となりし(とき)
228生言霊(いくことたま)(いき)により
229(だい)なる(こゑ)()()げて
230(とほ)(ちか)きの山彦(やまびこ)
231(おどろ)かし()健気(けなげ)さよ
232(われ)現世(げんせ)()まひては
233いとも(ちひ)さきものにして
234()ばはる(くに)四方(よも)(くに)
235(とどろ)(すべ)もなけれども
236(この)()()りて霊界(れいかい)
237復活(ふくくわつ)したる(その)(とき)
238(この)法螺貝(ほらがひ)ぢやなけれども
239(その)言霊(ことたま)弥高(いやたか)
240高天原(たかあまはら)()(わた)
241中有界(ちううかい)地獄界(ぢごくかい)
242彷徨(さまよ)(くる)しむ身魂(みたま)をば
243いとも(たふと)天国(てんごく)
244(みちび)(さと)瑞祥(ずゐしやう)
245(よろこ)(いさ)()()てる
246プープープープー プツプツプツ
247ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
248御霊(みたま)(さちは)ひましませよ』
249 かく(うた)(なが)四人(よにん)(れつ)(ただ)しうしてビクの(くに)へは立寄(たちよ)らず、250(ただ)ちに荊棘(けいきよく)(しげ)山道(やまみち)()けて照国山(てるくにやま)谷間(たにま)251(きよ)めの(たき)(むか)つて一目散(いちもくさん)(すす)()く。
 
252 ()んでから(いか)(こゑ)()法螺(ほら)(かひ)
253 改心(かいしん)言霊(ことたま)()法螺(ほら)(かひ)
 
254大正一二・三・四 旧一・一七 於竜宮館 北村隆光録)