霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二〇章 万面(まんめん)〔一四二八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第55巻 真善美愛 午の巻 篇:第4篇 法念舞詩 よみ:ほうねんぶし
章:第20章 第55巻 よみ:まんめん 通し章番号:1428
口述日:1923(大正12)年03月05日(旧01月18日) 口述場所:竜宮館 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年3月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5520
愛善世界社版:260頁 八幡書店版:第10輯 128頁 修補版: 校定版:274頁 普及版:112頁 初版: ページ備考:
001 ビクトリア(じやう)評議室(ひやうぎしつ)にはタルマンを(はじ)左守司(さもりのかみ)のキユービツト、002ハルナ、003右守司(うもりのかみ)のエクスが(くび)(あつ)めて秘々(ひそびそ)相談会(さうだんくわい)(はじ)めてゐる。
004左守(さもり)『タルマン殿(どの)005寸善尺魔(すんぜんしやくま)()(なか)(まを)してバラモン(ぐん)退却(たいきやく)(いた)し、006やれ一安心(ひとあんしん)(おも)()もなく(ふたた)右守司(うもりのかみ)のベルツ、007シエールが叛逆軍(はんぎやくぐん)取囲(とりかこ)まれ、008国家(こくか)(すで)(あやふ)(ところ)009(たふと)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)一行(いつかう)(たす)けられ、010これにてビクの国家(こくか)刹帝利家(せつていりけ)大磐石(だいばんじやく)(おも)(をり)011六人(ろくにん)王子女(わうしぢよ)(かへ)られて益々(ますます)万代不易(ばんだいふえき)(よろこ)んで()つた(ところ)012(この)(たび)刹帝利様(せつていりさま)(にはか)御病気(ごびやうき)013その(うへ)ダイヤ(ひめ)(さま)(また)もやお行衛(ゆくゑ)(わか)らなくなり(ふたた)城内(じやうない)黒雲(こくうん)(つつ)まれたも同然(どうぜん)014貴方(あなた)日夜(にちや)(たま)(みや)専仕(せんし)される以上(いじやう)は、015(この)御病気(ごびやうき)原因(げんいん)(ひめ)(さま)御行衛(おゆくゑ)がお(わか)りで(ござ)いませう。016(ひと)御意見(ごいけん)()かして(いただ)()いものですな』
017タルマン『何分(なにぶん)にも神徳(しんとく)()らぬ拙者(せつしや)(こと)なれば、018ハツキリした(こと)申上(まをしあ)()ねますが、019刹帝利様(せつていりさま)御病気(ごびやうき)生霊(いきりやう)(たた)りと(ぞん)じます』
020左守(さもり)(なに)021生霊(いきりやう)とは何者(なにもの)怨霊(をんりやう)(ござ)るかな』
022タルマン『(さつ)する(ところ)023前右守司(ぜんうもりのかみ)のベルツ、024シエールが怨霊(おんりやう)(さつ)します。025拙者(せつしや)神殿(しんでん)(おい)祈願(きぐわん)最中(さいちう)026(けぶり)(ごと)両人(りやうにん)(あら)はれ(おに)(やう)(かほ)をして刹帝利様(せつていりさま)()めつけて()りました。027屹度(きつと)彼奴(あいつ)生霊(いきりやう)間違(まちがひ)(ござ)いますまい』
028左守(さもり)『して、029その両人(りやうにん)所在(ありか)(わか)つて()りますかな』
030タルマン『ハイ、031何処(どこ)だかハツキリは(わか)りませぬが、032拙者(せつしや)霊眼(れいがん)(えい)じた(ところ)によれば、033沢山(たくさん)魔神(まがみ)誑惑(きやうわく)され、034深山(しんざん)谿谷(けいこく)()()大瀑布(だいばくふ)にうたれて刹帝利様(せつていりさま)呪詛(じゆそ)荒行(あらぎやう)(いた)して()(やう)(ござ)います』
035左守(さもり)『その地名(ちめい)(わか)りませぬか。036地名(ちめい)(わか)らねば、037せめて(この)城内(じやうない)から何方(どちら)(あた)ると()方角(はうがく)(ぐらゐ)(わか)るでせうな。038さうして(ひめ)(さま)行衛(ゆくゑ)はまだ見当(けんたう)がつきませぬか』
039タルマン『ハイ、040(なん)でも(ひめ)(さま)もその(たき)へソツと刹帝利様(せつていりさま)御病気(ごびやうき)(なほ)さむため荒行(あらぎやう)においでになつた(ところ)041ベルツ、042シエールの両人(りやうにん)左右(さいう)より(ひめ)(さま)打殺(うちころ)さむと大刀(だいたう)(ふる)つて()めかけてゐる。043(ひめ)(さま)大木(たいぼく)(みき)(たて)にとり飛鳥(ひてう)(ごと)(ふせ)(たたか)うてゐなさる場面(ばめん)霊眼(れいがん)(えい)じました。044(しか)(なが)地名(ちめい)方角(はうがく)はまだ(わか)りませぬ。045ああ()()(とき)治国別(はるくにわけ)(さま)か、046弟子(でし)一人(ひとり)でも()(くだ)さつたらハツキリ(わか)るであらうに、047……ああ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)048(こころ)(くも)りたるタルマンに、049何卒(なにとぞ)々々(なにとぞ)霊眼(れいがん)(ひら)かせ(くだ)さいまして、050ハツキリした(こと)をお()らせ(くだ)さいます(やう)051三五(あななひ)大神様(おほかみさま)052(つつし)(かしこ)みお(ねが)(まを)します』
053両手(りやうて)(あは)せて祈願(きぐわん)して()る。054(しか)如何(どう)しても地名(ちめい)方角(はうがく)はタルマンの霊力(れいりよく)では感知(かんち)する(こと)出来(でき)なかつた。
055左守(さもり)『はて、056(こま)つた(こと)だ。057如何(どう)したら王様(わうさま)御病気(ごびやうき)全快(ぜんくわい)(いた)し、058(ひめ)(さま)無事(ぶじ)にお(かへ)(くだ)さるであらう』
059ハルナ『皆様(みなさま)060これから吾々(われわれ)一同(いちどう)(たま)(みや)参拝(さんぱい)(いた)し、061()(かく)無事(ぶじ)(ひめ)(さま)がお(かへ)りになる(やう)062刹帝利様(せつていりさま)御全快(ごぜんくわい)(あそ)ばす(やう)063一生懸命(いつしやうけんめい)(ねが)はうぢやありませぬか』
064左守(さもり)『ヤ、065それは(まこと)結構(けつこう)(ござ)る。066第一(だいいち)左守(さもり)067右守(うもり)(いのち)神様(かみさま)(ささ)げて、068刹帝利様(せつていりさま)御病気(ごびやうき)平癒(へいゆ)(いの)らねばなるまい。069(これ)(しん)たるものの(みち)だ。070さア右守殿(うもりどの)071貴方(あなた)用意(ようい)なされ』
072右守(うもり)『ハイ、073承知(しようち)(いた)しました。074(わたくし)(かんが)へでは、075王様(わうさま)御病気(ごびやうき)()ならず御全快(ごぜんくわい)(あそ)ばし、076(ひめ)(さま)近日(きんじつ)無事(ぶじ)にお(かへ)(あそ)ばす(やう)気分(きぶん)(いた)します。077(しか)(なが)左守様(さもりさま)御老体(ごらうたい)078ハルナ(さま)御名代(ごみやうだい)としてお(まゐ)りになれば(よろ)しからう。079貴方(あなた)はビクトリア()柱石(ちうせき)080王様(わうさま)のお(そば)をお(はな)れになつてはいけませぬ。081吾々(われわれ)三人(さんにん)参拝(さんぱい)(いた)御祈願(ごきぐわん)()らす(こと)(いた)しませう』
082左守(さもり)(しか)らば拙者(せつしや)王様(わうさま)のお(そば)(まも)つて()りませう。083御苦労(ごくらう)(なが)(はや)(たま)(みや)御参詣(ごさんけい)(ねが)ひます』
084 タルマンは『(かしこ)まりました』とハルナ、085右守(うもり)(とも)(いそ)(たま)(みや)参拝(さんぱい)出掛(でか)けた。
086 (あと)左守(さもり)(ただ)一人(ひとり)双手(もろて)()んで思案(しあん)にくれてゐる。
087 そこへ(あわ)ただしく受付(うけつけ)のトマスは、088(ふすま)をソツと(ひら)両手(りやうて)をつき(なが)ら、
089トマス『左守様(さもりさま)申上(まをしあ)げます。090(ただ)(いま)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)のお(とも)をして()られた万公(まんこう)さまが、091六人連(ろくにんづ)れで(たま)(みや)御参拝(ごさんぱい)になり、092左守様(さもりさま)一度(いちど)()にかかり()いと()つてお()しになりました。093如何(どう)(いた)したら(よろ)しう(ござ)りませうかな』
094左守(さもり)『ウン、095三五教(あななひけう)万公(まんこう)さまが()えたか。096ヤ、097それは有難(ありがた)い。098(しか)(なが)治国別(はるくにわけ)(さま)御出(おい)でにはなつてゐないか。099治国別(はるくにわけ)(さま)松彦(まつひこ)100竜彦(たつひこ)(さま)ならば()()場合(ばあひ)(たす)けて(くだ)さるであらうが万公(まんこう)さまでは(こころ)(もと)ない。101そして(その)()れと(まを)すのは()んなお(かた)かな』
102トマス『ハイ、103(をとこ)三人(さんにん)104(をんな)三人(さんにん)105どうも三夫婦(みめをと)らしう(ござ)います。
106島田(しまだ)(つぶ)して丸髷(まるまげ)()うて
107(ぬし)二人(ふたり)宮詣(みやまゐ)
108()(やう)陽気(やうき)様子(やうす)(ござ)いますよ』
109左守(さもり)『その三人(さんにん)(をとこ)()ふのは治国別(はるくにわけ)さまか、110竜彦(たつひこ)さまの(うち)であらう。111モシ、112さうであつたならば万公(まんこう)さまはどうも八釜(やかま)しくて(こま)るから……治国別(はるくにわけ)さまか竜彦(たつひこ)さまに、113一寸(ちよつと)()にかかりたいと(まを)して()れ。114そして(ほか)のお(かた)応接間(おうせつま)にお(ちや)でも()して大切(たいせつ)()たして()くのだ』
115トマス『ハイ、116承知(しようち)(いた)しました。117直様(すぐさま)治国別(はるくにわけ)(さま)()んで(まゐ)りませう』
118(いそ)(この)()()つて玄関口(げんくわんぐち)(あら)はれ、
119トマス『さア、120(みな)さま、121()(どお)(ござ)いました。122何卒(どうぞ)応接間(おうせつま)(はう)へお(とほ)(くだ)さい。123(しば)らくして左守(さもり)がお()にかかります。124(とき)治国別(はるくにわけ)(さま)か、125竜彦(たつひこ)宣伝使(せんでんし)此処(ここ)(まじ)つて()られますかな。126()ツから万公(まんこう)さまでは八釜(やかま)しくて……一寸(ちよつと)取込(とりこ)んでゐるから都合(つがふ)(わる)い……と左守様(さもりさま)()つて()られました。127何卒(どうぞ)万公(まんこう)さまは此処(ここ)御婦人(ごふじん)(かた)一緒(いつしよ)()つてゐて(くだ)さい。128さアお二人(ふたり)(うち)何方(どなた)でも(よろ)しい、129一人(ひとり)さま、130左守(さもり)居間(ゐま)()つて(くだ)さいませ』
131シーナ『拙者(せつしや)玉置村(たまきむら)(もの)でシーナと(まを)すもの、132(じつ)治国別(はるくにわけ)(さま)媒酌(ばいしやく)によつて里庄(りしやう)(むすめ)スミエル(ひめ)結婚式(けつこんしき)()げ、133今日(けふ)(たま)宮様(みやさま)礼詣(れいまゐ)りを(いた)したので(ござ)います』
134トマス『ヘー、135それは、136マアマアお目出度(めでた)(ござ)います。137一寸(ちよつと)新婚旅行(しんこんりよかう)とお洒落遊(しやれあそ)ばした(ところ)ですな。138アハ……も一人(ひとり)のお(かた)139貴方(あなた)宣伝使(せんでんし)ぢや(ござ)いませぬか』
140アーシス『ハイ、141拙者(せつしや)矢張(やは)玉置(たまき)(むら)(もの)でアーシスと(まを)します。142一度(いちど)左守様(さもりさま)にお()にかかり()いと(ぞん)じ、143今度(こんど)女房(にようばう)()つたお(れい)(たま)宮様(みやさま)参拝(さんぱい)(いた)し、144一寸(ちよつと)御面倒(ごめんだう)(いた)しました』
145トマス『ハハア、146それはお目出度(めでた)う、147新夫新婦(しんぷしんぷ)二組(ふたくみ)もお(そろ)ひになつたのですな。148ヤ、149万公(まんこう)さま、150(まへ)さまは到頭(たうとう)治国別(はるくにわけ)(さま)(ひま)()され、151どつかの(うち)奉公(ほうこう)でもしてゐると()えますな』
152万公(まんこう)『エエ八釜(やかま)しく()ふな。153(これ)でも三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)万公別(まんこうわけ)だ。154治国別(はるくにわけ)(さま)から(この)(たび)(あらた)万公別(まんこうわけ)宣伝使(せんでんし)()(いただ)いたのだ。155神徳無限(しんとくむげん)神司(かむつかさ)だ。156()()んでゐる(こと)があるとは一体(いつたい)何事(なにごと)()らぬが、157(この)宣伝使(せんでんし)御相談(ごさうだん)あれば直様(すぐさま)解決(かいけつ)をつけて()げると、158左守様(さもりさま)にさう仰有(おつしや)るがよからう』
159トマス『ヘー相変(あひかは)らず大変(たいへん)馬力(ばりき)ですな。160左守様(さもりさま)(なん)仰有(おつしや)るか()りませぬが、161一寸(ちよつと)(おく)(つた)へて()ます。162暫時(しばらく)()つて(くだ)さいませ』
163(はや)くも(この)()()つて左守(さもり)居間(ゐま)引返(ひつかへ)した。
164トマス『左守様(さもりさま)165一寸(ちよつと)調(しら)べて(まゐ)りましたが、166玉置村(たまきむら)若夫婦(わかふうふ)新婚旅行(しんこんりよかう)()ね、167(たま)宮様(みやさま)参拝(さんぱい)(いた)(かへ)(みち)168万公(まんこう)さまに()れられて、169(たづ)ねをしたのだと()つて()ます。170そして万公(まんこう)さまは治国別(はるくにわけ)(さま)から(あらた)宣伝使号(せんでんしがう)(いただ)万公別(まんこうわけ)となり、171無限(むげん)神力(しんりき)(あた)へられたと()つて()られますが、172此方(こちら)へお(とほ)(まを)しませうか』
173左守(さもり)今日(こんにち)場合(ばあひ)174誰彼(たれかれ)容赦(ようしや)はない。175万公別(まんこうわけ)なんて法螺(ほら)()いて()るのだらう。176(しか)(なが)万公(まんこう)のチヨカさまも三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)(とも)(ある)いて()つたのだから、177何処(どこ)かに見込(みこみ)があるだらう。178()(かく)(ひざ)とも談合(だんがふ)」と()(こと)がある。179(はや)此方(こちら)へお()(くだ)さいと()つて御案内(ごあんない)して()い。180さうして(ほか)のお(きやく)さまは珈琲(コーヒー)でも()して鄭重(ていちやう)(よう)()むまで()つて(いただ)くのだ。181失策(ておち)のない(やう)にして()くのだぞ』
182トマス『ハイ、183そんな(こと)抜目(ぬけめ)(ござ)いませうか。184直様(すぐさま)()んで(まゐ)ります。185エーエ』
186()(なが)(ふすま)をピシヤリと()め、
187トマス『エーエ、188(いそが)しい(こと)だ。189()(ちや)()つたり、190()(ちや)()つたり、191キリキリ()ひだ。192(これ)だから、193すまじきものは宮仕(みやづか)へと()ふのだ。194ぢやと()うて(ほか)(なに)もこれと()芸能(げいのう)はなし、195()玄関番(げんくわんばん)辛抱(しんばう)するより仕方(しかた)がないな』
196一人(ひとり)(つぶや)(なが)応接室(おうせつしつ)(あわ)ただしく()(きた)り、
197トマス『イヤ、198(みな)さま、199()たせ(まを)しました。200何卒(どうぞ)珈琲(コーヒー)なつとドサリ(あが)つて、201……五人(ごにん)(かた)此処(ここ)()つて()(くだ)さい。202……万公別(まんこうわけ)なんて、203()加減(かげん)法螺(ほら)()いてゐるのだらう。204あの万公(まんこう)(すず)(やう)八釜(やかま)しくて、205おまけにデレ(すけ)仕方(しかた)()(やつ)だけど、206治国別(はるくにわけ)(さま)丁稚役(でつちやく)をしてゐたのだから(すこ)しは霊術(れいじゆつ)()いて()るだらう。207(ひざ)とも談合(だんがふ)だ。208空腹(ひもじ)(とき)には不味(まづい)ものなし、209万公(まんこう)でも()いから()んで()い……と仰有(おつしや)いました。210さア万公別(まんこうわけ)さま、211このトマスに()いて左守(さもり)居間(ゐま)(まで)()しを(ねが)ひます』
212万公(まんこう)(なん)だ、213川獺(とます)(やう)(かほ)しやがつて失敬(しつけい)ぢやないか。214今日(こんにち)万公(まんこう)さまは玉置(たまき)(むら)里庄(りしやう)テームス()若旦那(わかだんな)だぞ。215これ()い、216(この)(やう)なナイスを女房(にようばう)()つて新婚旅行(しんこんりよかう)()ね、217(たま)(みや)参拝(さんぱい)をしたのだ。218チツと(けな)るい(こと)はないか。219エー、220ダイヤ(ひめ)何方(どちら)(うつく)しいと()えるか、221ヒヒヒヒヒ』
222トマス『エヘヘヘヘヘ(いぬ)(ある)けば(ぼう)(あた)るとか()つて、223到頭(たうとう)治国別(はるくにわけ)さまに(ひま)()され玉置(たまき)(むら)里庄(りしやう)(うち)門掃男(かどはきをとこ)となり、224(ぢやう)さまのお(とも)をして(まゐ)つて()たのだな。225(まへ)のスタイルでそんなナイスが女房(にようばう)()てるものかい。226(とほ)(ところ)(わか)らぬと()つて、227(この)トマスが一目(ひとめ)チヤンと()たら(けつ)して、228はづれツこは()いワイ。229ウツフフフフ』
230万公(まんこう)『エー、231馬鹿(ばか)にすない。232左守(さもり)(やつ)233ダイヤ(ひめ)(おれ)との縁談(えんだん)をチヤチヤ()れやがつたものだから(この)(おやぢ)234仕方(しかた)()(やつ)だ……と(じつ)(ところ)(うら)んでゐたのだ。235そした(ところ)236(この)(とほ)古今無双(ここんむさう)のナイスが……ヘヘヘ(この)万公(まんこう)さまに(くび)ツたけラバーしたものだから、237(いや)でもない縁談(えんだん)を……(おれ)もチツとはスヰートハートして()たものだから両方(りやうはう)からピツタリと意思投合(いしとうがふ)結果(けつくわ)粗末(そまつ)(なが)ら……ヘン……合衾(がふきん)(しき)()新婚旅行(しんこんりよかう)洒落(しやれ)てゐるのだよ。238万公別(まんこうわけ)腕前(うでまへ)には如何(どう)だ、239(かはうそ)のトマス、240感服(かんぷく)しただらう』
241スガール『もし、242万公別(まんこうわけ)さま、243そんな(こと)()つて(くだ)さいますな。244(わたし)(はづか)しう(ござ)いますわ』
245万公(まんこう)(なに)(はづか)しい。246天下(てんか)()れての夫婦(ふうふ)ぢやないか。247エヘヘヘヘヘ、248これから左守司(さもりのかみ)にアフンとさしてやるのだ。249ああ愉快(ゆくわい)々々(ゆくわい)
250トマス『(この)様子(やうす)では、251一度(いちど)左守様(さもりさま)(うかが)つて()なくちや直様(すぐさま)(あわ)(まを)(わけ)には()きませぬワイ。252一遍(いつぺん)(うかが)つて()るまで一寸(ちよつと)此処(ここ)()つてゐて(くだ)さいや。253そして御主人(ごしゆじん)のお(ぢやう)さまを大切(たいせつ)(まも)つてゐて(くだ)さいや。254うかうかすると「(この)下男(げなん)()()かぬ」と()つて(また)()()されますよ』
255()(なが)ら、256(また)もや左守司(さもりのかみ)居間(ゐま)(くびす)(かへ)(いそ)()く。
257万公(まんこう)『ハハハハハ、258スガールの美貌(びばう)(きも)(つぶ)(たましひ)有頂天(うちやうてん)にして()やがるワイ。259さア()れからが三段目(さんだんめ)だ。260オイ、261スガール、262今日(けふ)(おれ)(をとこ)左守(さもり)(まへ)()つて()せるのだから、263(まへ)(つら)からうがチツと意茶(いちや)ついて()せて()れぬと(こま)るよ。264(をつと)(つま)(たい)する一生(いつしやう)(ねがひ)だからな』
265スガール『ホホホホホ、
266キツと引締(ひきし)三筋(みすぢ)(いと)
267(ぬし)のお()きに紫檀竿(したんざを)
268()いて()はうと()いて()はうと万公(まんこう)さまのお勝手(かつて)ですわ』
269万公(まんこう)『ヘヘヘヘヘそれでこそ三国一(さんごくいち)花嫁(はなよめ)だ。270万公別(まんこうわけ)271万歳(ばんざい)
272大正一二・三・五 旧一・一八 於竜宮館 北村隆光録)