霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二一章 嬉涙(うれしなみだ)〔一四二九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第55巻 真善美愛 午の巻 篇:第4篇 法念舞詩 よみ:ほうねんぶし
章:第21章 嬉涙 よみ:うれしなみだ 通し章番号:1429
口述日:1923(大正12)年03月05日(旧01月18日) 口述場所:竜宮館 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年3月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:271頁 八幡書店版:第10輯 132頁 修補版: 校定版:286頁 普及版:117頁 初版: ページ備考:
001 トマスは(ふたた)応接(おうせつ)()(あら)はれ(きた)り、
002トマス『ヤア、003万公別(まんこうわけ)さまを(はじ)御一同様(ごいちどうさま)(そろ)ひの(うへ)どうか左守(さもり)(へや)(まで)()しを(ねが)ひます。004左守様(さもりさま)大変(たいへん)御心配(ごしんぱい)(おこ)つて()(ところ)ですからどうか貴方方(あなたがた)御経歴話(ごけいれきばなし)でも()かして(いただ)けば幾分(いくぶん)かお()(まぎ)れるでせう。005さア案内(あんない)(いた)しませう。006どうかお()(くだ)さいませ』
007万公(まんこう)『よし、008左守(さもり)(おやぢ)009万公別(まんこうわけ)(やす)()ひやがつたな。010(みな)一緒(いつしよ)()いなんて、011よし、012()つてやらう。013サア案内(あんない)せい、014(みな)さま拙者(せつしや)(つづ)いてお(いで)なさいませ。015三夫婦(みめをと)(そろ)うてビクトリア(じやう)(おく)()(まで)016玉置(たまき)(むら)里庄(りせう)息子(むすこ)(とほ)ると()(こと)異数(いすう)(ござ)いますよ。017(これ)()ふのも矢張(やつぱり)万公別(まんこうわけ)余光(よくわう)ですからな』
018()(なが)ら、019トマスの(あと)()いて(なが)廊下(らうか)(くぐ)り、020左守司(さもりのかみ)居間(ゐま)(すす)()つた。021万公(まんこう)左守(さもり)(むか)ひ、
022『これはこれは左守(さもり)のキユービツト殿(どの)023(しばら)くお()にかかりませぬ。024吾々(われわれ)三夫婦(みめをと)(そろ)うて新婚旅行(しんこんりよかう)出掛(でか)け、025(たま)(みや)への参拝(さんぱい)(かへ)(みち)026一度(いちど)御挨拶(ごあいさつ)(あが)らないでは()まないと(おも)ひ、027門番(もんばん)がゴテつくのをやつと(くぐ)つて此処(ここ)(まで)(まゐ)りました。028随分(ずいぶん)貴方(あなた)(とし)()りましたねえ。029白髪(しらが)がどつさり()えたぢやありませぬか』
030左守(さもり)『ハハハハハ、031(みな)さま()くお(いで)なさいませ。032(とき)万公(まんこう)さま、033拙者(せつしや)白髪(しらが)二十年前(にじふねんまへ)から()えて()るのぢや、034(まへ)さま(いま)()がついたか。035そして何処(どこ)奉公(ほうこう)して()るか()らないが、036綺麗(きれい)(むすめ)さまのお(とも)して()るが、037身分相応(みぶんさうおう)()(こと)(かんが)へて(いま)(まで)のやうな野心(やしん)()さないやうにしなさい』
038 万公(まんこう)はスガールの(かた)()をかけ、
039『ヘヘヘヘヘ。040もし左守様(さもりさま)041ダイヤ(ひめ)(さま)とはどうで(ござ)いますな。042(わたし)女房(にようばう)は、043マアザツト(この)(とほ)りで(ござ)います』
044左守(さもり)『これこれ万公(まんこう)さま、045(また)してもお(まへ)さまは心得(こころえ)(わる)い。046主人(しゆじん)のお嬢様(ぢやうさま)(つか)まへて女房扱(にようばうあつか)ひをすると()(こと)がありますか。047(ちつ)心得(こころえ)なさい。048
049万公(まんこう)『ヘン、050()みまへんなア、051おいスガール、052左守様(さもりさま)(うたがひ)()れるやうにお(まへ)から()つて()れ。053本当(ほんたう)(たれ)(かれ)(おれ)(やす)()つて馬鹿(ばか)にして()るからな』
054スガール『左守様(さもりさま)055(はじ)めてお()(かか)ります。056(わたくし)玉置(たまき)(むら)のテームスが妹娘(いもうとむすめ)スガールと(まを)すもので(ござ)います。057バラモン(ぐん)(とら)へられ猪倉山(ゐのくらやま)岩窟(がんくつ)(くる)しんで()ました(ところ)を、058治国別(はるくにわけ)(さま)一行(いつかう)がお(いで)なさつてお(たす)(くだ)さつたのです。059(なか)にもこの万公(まんこう)さまは(じつ)万公別(まんこうわけ)(さま)(まをし)まして治国別(はるくにわけ)(さま)のお師匠(ししやう)さまですが、060ワザとに部下(ぶか)()けて剽軽(へうきん)(こと)(ばか)()つてお(いで)なさるので(ござ)います。061(わたし)治国別(はるくにわけ)(さま)御媒酌(ごばいしやく)によつて万公別(まんこうわけ)宣伝使(せんでんし)夫婦(ふうふ)になり、062(たま)(みや)へお(れい)(まゐ)りましたその(かへ)りがけ、063(をつと)(とも)にお(うかが)ひしました。064何卒(どうぞ)見捨(みす)てなく今後(こんご)はお心易(こころやす)(ねが)ひます。065そして(この)(かた)はシーナさまと(まを)し、066スミエルと()(この)(あね)(をつと)(ござ)います。067一組(ひとくみ)はアーシスさま、068(たみ)さまと(まを)しましてこれも新夫婦(しんふうふ)(ござ)います』
069左守(さもり)『イヤ、070どうも見違(みちが)ひを(いた)して()りました。071万公別(まんこうわけ)宣伝使(せんでんし)さま、072よくマアお(たづ)(くだ)さいました。073(しか)折入(をりい)つてお(ねが)(まをし)()(こと)(ござ)いますが、074()いては(くだ)さいますまいか』
075万公(まんこう)刹帝利様(せつていりさま)御病気(ごびやうき)とダイヤ(さま)行衛(ゆくゑ)(わか)らないので御心配(ごしんぱい)なさつて()るのでせうがな』
076 左守(さもり)(おどろ)いて、
077左守(さもり)『ハイ、078(さつ)しの(とほ)りで(ござ)います。079どうしてマアそんな(こと)がお(わか)りになりましたか』
080万公(まんこう)(なん)()つても三五教(あななひけう)()つての大宣伝使(だいせんでんし)万公別(まんこうわけ)(ござ)います。081千里(せんり)先方(むかふ)(こと)でも()うして()つてチヤンと(わか)つて()るのですからなア。082(しか)(なが)(この)(こと)城下(じやうか)一寸(ちよつと)()いて()たのですよ。083アハハハハ、084本当(ほんたう)(こと)()へば薄紙(うすがみ)(かほ)()てて(もの)()(くらゐ)より(わか)りませぬわい』
085左守(さもり)冗談(じようだん)はさておいて、086万公別(まんこうわけ)さま刹帝利様(せつていりさま)御病気(ごびやうき)はどうお(かんが)へですか』
087万公(まんこう)『ヤア(じつ)(ところ)(たま)宮様(みやさま)参拝(さんぱい)(いた)祈願(きぐわん)最中(さいちう)隆靖彦(たかやすひこ)088隆光彦(たかてるひこ)()二人(ふたり)のエンゼルが拙者(せつしや)(まへ)(くだ)らせ(たま)ひ、089刹帝利様(せつていりさま)はベルツ、090シエールの怨霊(をんりやう)(なや)めて()るから(はや)(なんぢ)はホーフスに()り、091(たす)(まを)せ。092さうしてダイヤ(ひめ)(さま)両人(りやうにん)(ため)(くる)しめられお(いのち)(あやふ)(ところ)093四人(よにん)修験者(しうげんじや)(たす)けられ、094やがてお(かへ)りになるから御心配(ごしんぱい)なさらぬやう、095()らせ(まを)せ……」との(こと)(ござ)います。096(それ)(ゆゑ)失礼(しつれい)をも(かへり)みず六人連(ろくにんづ)れでお邪魔(じやま)(いた)したので(ござ)います』
097左守(さもり)成程(なるほど)タルマンの(うかが)ひにも左様(さやう)(こと)(まをし)()りました。098(それ)間違(まちが)ひは(ござ)いますまい。099ああ有難(ありがた)(ござ)いました。100何卒(どうぞ)直様(すぐさま)101御苦労様(ごくらうさま)ながら、102刹帝利様(せつていりさま)御病気(ごびやうき)平癒(へいゆ)のため御鎮魂(ごちんこん)をお(ねが)(まを)(わけ)には(まゐ)りますまいか』
103万公(まんこう)拙者(せつしや)(べつ)刹帝利様(せつていりさま)のお居間(ゐま)(まゐ)らずとも万公別(まんこうわけ)(この)(しろ)()るや(いな)神徳(しんとく)(おそ)二人(ふたり)怨霊(をんりやう)(くも)(かすみ)()()せました。104やがてニコニコとして此処(ここ)にお(いで)になるでせう。105(また)ダイヤ(ひめ)(さま)修験者(しうげんじや)(おく)られて此処(ここ)へお(かへ)りなさりませうから、106()(ゆつく)落付(おちつ)きなさいませ』
107左守(さもり)『ハイ有難(ありがた)(ござ)います。108それで一寸(ちよつと)安心(あんしん)(いた)しました。109(とき)にアーシスさまとやら貴方(あなた)はどこともなしに(せがれ)のハルナに()()るやうだが、110貴方(あなた)()(たち)()かして(もら)(こと)出来(でき)ますまいかな』
111アーシス『ハイ』
112()つたきり、113(はや)くも(なみだ)をハラハラと(なが)して()る。
114万公(まんこう)『エエ アーシスさま()(よわ)い、115(なに)()いて()るのだ。116何故(なぜ)堂々(だうだう)とお名乗(なの)りなさらぬか』
117アーシス『ハイ、118それでも(なん)だか()ひかねます』
119万公(まんこう)『モシ左守(さもり)さま、120貴方(あなた)のお()さまと()ふのはハルナさま(ただ)一人(ひとり)ですか』
121左守(さもり)『ハイ、122まアまア一人(ひとり)(ござ)います』
123万公(まんこう)『まアまア一人(ひとり)とは、124チツと瞹昧(あいまい)ぢやありませぬか。125奥様(おくさま)()(ぬす)んで、126下女(げぢよ)部屋(へや)へ○○して(はら)(ふく)らせた(こと)はありませぬか』
127左守(さもり)『ハイ何分(なにぶん)(わか)(とき)にはいろいろの不仕鱈(ふしだら)(こと)(ござ)いました。128(あま)(はづ)かしうてお(はなし)出来(でき)ませぬ』
129万公(まんこう)『もし貴方(あなた)落胤(おとしだね)(いま)無事(ぶじ)()きて()られたら貴方(あなた)(よろこ)んで面会(めんくわい)しますか。130イヤ親子(おやこ)名乗(なの)りをしますか。131先決問題(せんけつもんだい)として()いて()きたいものです』
132左守(さもり)女房(にようばう)には死別(しにわか)れ、133(この)(とほ)(とし)()り、134一人(ひとり)(せがれ)のハルナに女房(にようばう)をもたせ、135(いま)では一寸(ちよつと)一安心(ひとあんしん)したものの、136ハルナの(あに)(あた)る、137モンテスと()(せがれ)があつた(はず)(ござ)います。138世間(せけん)手前(てまへ)139(ある)田舎(いなか)(かね)をつけて()にやつた(ところ)140不幸(ふかう)(せがれ)両親(りやうしん)()くなり、141何処(どこ)()つたか(わか)らぬと()(うはさ)()いて()りますが、142(いま)となつて(おも)へば(じつ)残念(ざんねん)(こと)をしました。143()(とし)()つて何時(いつ)天国参(てんごくまゐ)りをするか(わか)らぬ()(うへ)144せめて生前(せいぜん)一度(いちど)(その)(せがれ)()()いと神様(かみさま)(ねん)じて()ります。145どうか貴方(あなた)御神力(ごしんりき)(せがれ)所在(ありか)()(いただ)(わけ)には(まゐ)りますまいかなア』
146鼻汁(はな)(すす)りながらグタリと(しほ)れる。
147万公(まんこう)『もし左守(さもり)さま、148貴方(あなた)御賢息(ごけんそく)モンテス(さま)立派(りつぱ)(おく)さまを()つて、149立派(りつぱ)(くら)して()られますよ。150その(また)(おく)さまが一通(ひととほ)りの(ひと)ではありませぬ。151提灯(ちやうちん)釣鐘(つりがね)」と()ふやうな、152身分(みぶん)から()へば懸隔(けんかく)のある御夫婦(ごふうふ)(ござ)います』
153左守(さもり)(なに)154(せがれ)立派(りつぱ)(くら)して()りますか、155それは有難(ありがた)(こと)(ござ)います。156さうして何処(どこ)()りますかな』
157万公(まんこう)『ハイ只今(ただいま)所在(ありか)はビクの(くに)158ビクトリア城内(じやうない)159左守(さもり)室内(しつない)に、160(たみ)(かた)()奥様(おくさま)万公別(まんこうわけ)(したが)ひお(いで)になつて()ります。161それ、162このお(かた)ですよ』
163とアーシスを(ゆび)ざす。164左守(さもり)はアーシスの(かほ)熟視(じゆくし)(なが)ら、
165『アーお(まへ)(せがれ)であつたか。166どこともなしにハルナに()()ると(おも)うて最前(さいぜん)から不審(ふしん)(いだ)いて()たのだ。167まア無事(ぶじ)()てくれたか。168さうしてお(まへ)(よめ)()ふのはどのお(かた)か』
169アーシス『アアお(とう)さまで(ござ)いましたか。170何卒(どうぞ)一度(いちど)()(かか)()いと、171()ても()めても(わす)れる(ひま)(ござ)いませなんだ。172されど(いや)しき首陀(しゆだ)()ちて()()(うへ)173到底(たうてい)(たふと)左守様(さもりさま)御面会(ごめんくわい)(かな)ふまいと(あきら)めて()りました』
174男泣(をとこなき)()く。175左守(さもり)両眼(りやうがん)(そで)()て、176夕立(ゆふだち)(ごと)(なみだ)(ぬぐ)ひながら(うれ)しさ(あま)つて一言(ひとこと)(はつ)()ず、177アーシスの身体(からだ)()きつき嘘唏泣(しやくりな)きして()る。
178 お(たみ)両人(りやうにん)(せな)両手(りやうて)()でながら、
179(たみ)『お(とう)さま、180旦那様(だんなさま)181何卒(どうぞ)(いさぎ)ようして(くだ)さいませ。182(わたくし)(まで)(かな)しくなりますからな』
183左守(さもり)『アーお(まへ)(せがれ)(よめ)であつたか、184()()()れた。185まアまア綺麗(きれい)(をんな)だな。186(せがれ)(さぞ)(よろこ)んで()るだらう。187(わし)(うれ)しい……』
188(また)もや両眼(りやうがん)(なみだ)(たた)へて()きじやくる。
189万公(まんこう)『エー()つともない、190チツと(しつか)りなさいませ。191万公(まんこう)(まで)(かな)しくなつて()ました。192もしもし左守(さもり)さま、193(この)(たみ)さまは誰人(どなた)(むすめ)だと(かんが)へて()なさるか。194勿体(もつたい)なくも刹帝利様(せつていりさま)落胤(おとしご)玉手姫(たまてひめ)(さま)(ござ)いますぞ。195チヌの(むら)卓助(たくすけ)(うち)へお(くだ)しになつた王女様(わうぢよさま)で、196(いま)はお(たみ)名乗(なの)つて()られます』
197 左守(さもり)はこれを()くより(おどろ)いて五足(いつあし)六足(むあし)退(しりぞ)き、198両手(りやうて)をつかへ(たたみ)(かしら)()げ、
199『ハハア貴女様(あなたさま)王女様(わうぢよさま)(ござ)いましたか。200(ぞん)ぜぬ(こと)とて御無礼(ごぶれい)(いた)しました。201ああ勿体(もつたい)ない。202(いや)しき吾々(われわれ)(せがれ)女房(にようばう)とおなり(くだ)され、203冥加(みやうが)()きはせぬかと心配(しんぱい)(ござ)います。204何卒(どうぞ)(ゆる)(くだ)さいませ』
205(たみ)『お(とう)さま、206(なに)仰有(おつしや)います。207そんな(こと)()うて(くだ)さると(わたくし)(くる)しう(ござ)います。208何卒(どうぞ)209「お(たみ)(たみ)」と()()けにして(くだ)さいませ』
210万公(まんこう)『サアサア親子(おやこ)名乗(なのり)()んだ(うへ)(なみだ)禁物(きんもつ)だ、211()つと(うた)でと(うた)ひませう』
212 ()()(ところ)へ、213カルナ(ひめ)(ふすま)をそつと()(ひら)叮嚀(ていねい)辞儀(じぎ)をしながら、
214『お客様(きやくさま)215よくお(いで)(くだ)さいました。216何卒(どうぞ)御悠(ごゆつく)りと御休息(ごきうそく)(ねが)ひます。217(とき)にお父上様(ちちうへさま)218刹帝利様(せつていりさま)(にはか)御気分(ごきぶん)がよくなり、219御元気(おげんき)におなりなさいました。220左守(さもり)心配(しんぱい)して()るだらうから、221(はや)()らせて()い」との(きみ)(おほ)せ、222何卒(どうぞ)(よろこ)(くだ)さいませ』
223左守(さもり)(なに)224刹帝利様(せつていりさま)御病気(ごびやうき)御快癒(ごくわいゆ)なされたとな。225ああ有難(ありがた)有難(ありがた)い、226これと()ふのも(まつた)三五教(あななひけう)神様(かみさま)御守護(ごしゆご)227ああ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)228惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
229(うれ)(なみだ)(また)()(くも)る、230カルナは早々(さうさう)(この)()()()刹帝利(せつていり)居間(ゐま)(いそ)()く。
231大正一二・三・五 旧一・一八 於竜宮館 加藤明子録)