霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート実施中! こちらからどうぞ。〆切りは7月17日です。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

余白歌

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第55巻 真善美愛 午の巻 篇:余白歌 よみ:
章:第55巻 よみ:よはくか 通し章番号:
口述日: 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年3月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm558801
愛善世界社版: 八幡書店版: 修補版: 校定版: 普及版: 初版: ページ備考:
()(いし)火花(ひばな)(ごと)くすみやかに
(うつ)らう御代(みよ)()とも()れたき〈総説歌(初)〉
(うつ)()()のありさまを()るにつけ
(うで)言問(ことと)(むね)高鳴(たかな)〈総説歌(初)〉
人心神(ひとごころかみ)(こころ)にかなひなば
ひとり(ひら)けむ(はち)室屋(むろや)〈総説歌(初)〉
一人(ひとり)のみ只一人(ただひとり)のみ(いは)(うち)
()(なげ)きつつ幾夜(いくよ)(かさ)ぬる〈総説歌(初)〉
梓弓(あづさゆみ)はるみの(そら)玉照姫(たまてるひめ)
(つき)のかんばせ(あふ)山里(やまざと)〈第2章(初)〉

(かみ)(おもて)(あら)はれて   善悪正邪(ぜんあくせいじや)立別(たてわけ)
高天原(たかあまはら)より(くだ)()て    寒風(かんぷう)(すさ)荒野原(あれのはら)
神馬(しんめ)(むち)うち(すす)()く   仁義(じんぎ)(いくさ)(てき)はなし
(すす)めよ(すす)めいざ(すす)め    (かみ)(なんぢ)(とも)にあり
(かみ)(かな)ひし汝等(なんぢら)の    勇気(ゆうき)天地(てんち)充満(じうまん)
山河草木(さんかさうもく)ことごとく    なびき()すなり神軍(みいくさ)〈第6章(初)〉

人跡(じんせき)()えし深山(みやま)岩窟(がんくつ)
()める心地(ここち)御神(みかみ)(いの)〈第8章(初)〉

人の体
(ぶた)(ひつじ)(うし)(にく)     (とり)(ほふ)りて()(ひと)
動物界(どうぶつかい)より見る時は    (いづ)れも鬼と思ふべし
(しか)りといへども人間(にんげん)は   博愛(はくあい)慈善(じぜん)標榜(へうばう)
動植物(どうしよくぶつ)()らずして   水と塩とに生命(せいめい)
(たも)()らるるもので()い  動植物(どうしよくぶつ)()はざれば
(ひと)()()()られない  それゆゑ理論(りろん)理論(りろん)とし
身体保全(しんたいほぜん)趣旨(しゆし)より    やむを()ずして殺生(せつしゃう)する
万一(まんいつ)これを(つみ)とせば   (あめ)(した)なる人草(ひとぐさ)
人間廃業(にんげんはいげふ)(ほか)はない    ここに人間界(にんげんかい)弱点(じやくてん)
種々(しゆじゆ)思想(しさう)勃起(ぼっき)する〈第10章(初)〉

人の心
(ひと)(こころ)天地(あめつち)の     (かみ)(こころ)皆一(みなひと)
慾望(よくばう)感情(かんじやう)理窟(りくつ)など   (おこ)るは(こころ)大海(たいかい)
風吹き(すさ)びて波さわぎ   静かに浮ぶ天生(てんせい)
御舟(みふね)(やぶ)るは人心(ひとごろ)    (かみ)(たま)ひし(その)ままの
(もと)(こころ)神心(かみごころ)      (あい)(ぜん)との(とく)()
(しん)(しん)との光明(くわうみやう)に   (ひた)りて真誠(まこと)智慧(ちゑ)()
(てん)より()たる内覚(ないかく)の    (めぐ)みに()るぞ神心(かみごころ)
(まよ)はず(さわ)がず焦慮(せうりよ)せず   天授(てんじゆ)のままに()(しよ)する
(ひと)(まこと)(ひと)といひ    地上(ちじやう)()ける天人(てんにん)
(かみ)(くに)より(たた)へらる〈第10章(初)〉
()はたとへ万里(ばんり)(そと)におくとても
()御子(みこ)とます(きみ)(わす)れじ〈第12章(初)〉

○入蒙詩
天時地利得人和   今丈夫救民立覇
是宇宙神聖之命   義軍嚮所若竹破〈第14章(初)〉

(やま)()(うみ)()るるとも()(おも)
()(たましひ)(ひか)らざらめや〈第15章(初)〉
人類愛(じんるゐあい)その(ため)なればそくばくの
なやみ()たるとも(いと)はざるべし〈第15章(初)〉
(つき)今谷底深(いまたにそこふか)くひそみつつ
(もち)なす三五(さんご)明光(めいくわう)(たくは)〈第16章(初)〉

未決檻にて
人殺(ひとごろ)しなぞの重罪(ぢうざい)(をか)したる
(ひと)毎朝(まいあさ)廊下(らうか)()くかな〈第16章(初)〉
()(あら)(とら)はれ(びと)同行(どうかう)する
役所(やくしよ)(には)(あし)(おも)さよ〈第16章(初)〉
からかひを(なか)(くは)へて看守等(かんしゆら)
(われ)(むか)へつ(かみ)さまと()〈第16章(初)〉
(かぎ)りなき広野(ひろの)かけりし白竜(はくりう)
(せま)岩屋(いはや)(ひそ)今日(けふ)かな〈第18章(初)〉
白竜(はくりう)(ひそ)(うち)こそ(あめ)もなく
(かぜ)さへもなし惟神(かむながら)にて〈第18章(初)〉
一日(いちにち)(はや)白竜(はくりう)(はな)つべし
()のため(みち)のためと(おも)はば〈第18章(初)〉
瑞御霊(みづみたま)(かみ)使(つかひ)甲斐(かひ)もなし
(をしへ)御子(みこ)(すく)はるる()〈第19章(初)〉
()はたとへ根底(ねそこ)(なが)(しづ)むとも
(ゆめ)(わす)れじ(かみ)大道(おほぢ)〈第20章(初)〉
一日(いちにち)も早く天人界(てんにんかい)()
(みづ)御霊(みたま)力示顕(ちからみせ)たし〈第20章(初)〉
ただ一人蒙古(ひとりもうこ)()身在(みあ)りしなば
東亜(とうあ)経綸遂(けいりんと)()しならむに〈第22章(初)〉
(いま)しばししばしと指折(ゆびを)()(うち)
(われ)()すてて月日(つきひ)(はし)〈第22章(初)〉
瑞霊押込(みづみたまおしこ)みおきて(あめ)()
()()(ひと)(おろ)かなるかな〈第23章(初)〉
[この余白歌は八幡書店版霊界物語収録の余白歌を参考に作成しました]
   
オニド関連サイト最新更新情報
6/22【霊界物語ネット】霊界物語読者アンケートに、三鏡の目次を以前のように戻して欲しいという要望があったので戻してみました。三鏡のトップページに「水鏡」「月鏡」「玉鏡」全部の目次が表示されます。