霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第五章 鷹魅(ようみ)〔一四三五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第56巻 真善美愛 未の巻 篇:第1篇 自愛之柵 よみ:じあいのしがらみ
章:第5章 第56巻 よみ:ようみ 通し章番号:1435
口述日:1923(大正12)年03月14日(旧01月27日) 口述場所:竜宮館 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年5月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:56頁 八幡書店版:第10輯 166頁 修補版: 校定版:59頁 普及版:25頁 初版: ページ備考:
001(この)()(つく)りし元津祖(もとつおや)
002弥勒(みろく)(かみ)高姫(たかひめ)
003(にく)のお(みや)(うつ)りたる
004()出神(でのかみ)とこじつけて
005金剛不壊(こんがうふゑ)如意宝珠(によいほつしゆ)
006(その)(ほか)(もも)神宝(しんぱう)
007執着(しふちやく)(つよ)四方(よも)(くに)
008海洋万里(かいやうばんり)(なみ)(わた)
009(さわ)ぎまはりし(その)結果(けつくわ)
010仁慈無限(じんじむげん)瑞御霊(みづみたま)
011神素盞嗚(かむすさのを)大神(おほかみ)
012(みづ)()らさぬ執成(とりなし)
013(こころ)(そこ)から悔悟(くわいご)して
014(まこと)(みち)()(かへ)
015(しば)らく聖地(せいち)(あら)はれて
016(をしへ)(つた)()たりしが
017淡路(あはぢ)(さと)東助(とうすけ)
018昔馴染(むかしなじみ)()きしより
019(ふたた)(くる)心猿意馬(しんゑんいば)
020()()もなしに躍動(やくどう)
021生田(いくた)(もり)(あと)にして
022(なが)海山(うみやま)打渡(うちわた)
023(こころ)いそいそ斎苑館(いそやかた)
024ウブスナ(やま)聖場(せいぢやう)
025(まう)(きた)りて東助(とうすけ)
026()ぎし(むかし)物語(ものがたり)
027シツポリなして旧交(きうかう)
028回復(くわいふく)せむと恋愛(れんあい)
029(くも)(つつ)まれ村肝(むらきも)
030(こころ)(やみ)となりにけり
031信心(しんじん)堅固(けんご)東助(とうすけ)
032(こひ)(くる)へる高姫(たかひめ)
033(ただ)一瞥(いちべつ)もくれずして
034いと素気(すげ)なくも()ねつける
035(こころ)(くも)りし高姫(たかひめ)
036(いよいよ)自暴自棄(じばうじき)となり
037(また)もやもとの悪身魂(あくみたま)
038再発(さいはつ)なして河鹿山(かじかやま)
039(あらし)(おもて)(さら)しつつ
040(はぢ)名誉(めいよ)()らばこそ
041玉国別(たまくにわけ)(きづ)きたる
042(ほこら)(もり)立寄(たちよ)りて
043ここに教主(けうしゆ)となりすまし
044(やかた)主人(あるじ)珍彦(うづひこ)
045眼下(がんか)見下(みくだ)()たる(をり)
046大雲山(だいうんざん)(わだか)まる
047八岐大蛇(やまたをろち)片腕(かたうで)
048兇党界(きようたうかい)にて()(たか)
049妖幻坊(えうげんばう)(あやつ)られ
050斎苑(いそ)(やかた)時置師(ときおかし)
051杢助(もくすけ)総務(そうむ)誤解(ごかい)して
052うまく()()一旗(ひとはた)
053()げて聖地(せいち)立籠(たてこ)もる
054東野別(あづまのわけ)(むか)()
055(こひ)意趣(いしう)()らさむと
056(たく)()たりし(をり)もあれ
057初稚姫(はつわかひめ)(あら)はれて
058千変万化(せんぺんばんくわ)活動(くわつどう)
059居堪(ゐたま)りかねて妖幻坊(えうげんばう)
060高姫(たかひめ)諸共(もろとも)森林(しんりん)
061(くぐ)つてスタスタ()(いだ)
062小北(こぎた)(やま)神殿(しんでん)
063夫婦気取(ふうふきどり)(すす)()
064(かみ)(ひかり)()らされて
065曲輪(まがわ)(たま)(おと)しつつ
066高姫(たかひめ)諸共(もろとも)()(いだ)
067妖幻坊(えうげんばう)杢助(もくすけ)
068高姫司(たかひめつかさ)諸共(もろとも)
069バラモン(ぐん)(たむろ)せし
070浮木(うきき)(もり)(あら)はれて
071あらゆる魔法(まはふ)(おこな)ひつ
072世人(よびと)(なや)()たる(をり)
073三五教(あななひけう)()(たか)
074天女(てんによ)(ひと)しき神司(かむつかさ)
075初稚姫(はつわかひめ)やスマートの
076(こゑ)(おどろ)妖幻坊(えうげんばう)
077黒雲(くろくも)(おこ)高姫(たかひめ)
078小脇(こわき)(かか)空中(くうちう)
079()()(をり)しもデカタンの
080大高原(だいかうげん)中央(まんなか)
081高姫司(たかひめつかさ)遺失(ゐしつ)して
082(くも)(かすみ)()げて()
083高姫(たかひめ)(そら)より墜落(つゐらく)
084人事不省(じんじふせい)(おちい)りて
085霊肉脱離(れいにくだつり)関門(くわんもん)
086(やうや)()えて遥々(はるばる)
087八衢関所(やちまたせきしよ)()()れば
088さも(いさ)ましき赤白(あかしろ)
089守衛(しゆゑい)行途(ゆくて)(さへぎ)られ
090三歳(みとせ)(あひだ)中有(ちうう)
091世界(せかい)()りて精霊(せいれい)
092(みが)(きよ)むる()となりぬ
093さは()(なが)高姫(たかひめ)
094身魂(みたま)地獄(ぢごく)(せき)()
095高天原(たかあまはら)霊光(れいくわう)
096(おそ)(をのの)()(きら)
097一歳(ひととせ)()ちし今日(けふ)()
098中有界(ちううかい)をブラブラと
099彷徨(さまよ)(めぐ)(まよ)()
100(もも)精霊(せいれい)相対(あひたい)
101現実界(げんじつかい)にありし(ごと)
102脱線(だつせん)だらけの宣伝(せんでん)
103つづけ()たるぞ(おろか)なれ
104エリシナ(だに)(かく)れたる
105ケリナの(ひめ)やバラモンの
106軍人(いくさびと)なるヘル、シャルや
107六造(ろくざう)四人(よにん)(みち)()
108(くさ)(かく)るる姿(すがた)をば
109目敏(めざと)(なが)立止(たちど)まり
110皺枯声(しわがれごゑ)張上(はりあ)げて
111日出神(ひのでのかみ)義理天上(ぎりてんじやう)
112弥勒(みろく)(かみ)御先達(おせんだつ)
113高姫司(たかひめつかさ)生宮(いきみや)
114汝等(なんぢら)四人(よにん)()をつける
115(はや)草原(くさはら)()()して
116(わが)生宮(いきみや)(まへ)()
117如何(いか)如何(いか)にと()()てる
118(その)スタイルぞ可笑(をか)しけれ
119ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
120(まよ)()つたる霊魂(たましひ)
121(かみ)(ちから)如何(いかん)とも
122(すく)はむ手段(てだて)もなかりけり。
123 高姫(たかひめ)(みち)()(なが)(くさ)(なか)(かく)れてゐる四人(よにん)男女(なんによ)(むか)(こゑ)(とが)らし(なが)ら、124言葉(ことば)尻口(しりくち)をピンとあげて口角(こうかく)(あわ)()ばし、125アトラスの(やう)(かほ)(まへ)にニユツと()(ふた)()ツつ(あご)をしやくり(かた)(ゆす)り、126(まね)(ねこ)(やう)()つきをして(ふた)()ツつ(くう)()(なが)ら、
127高姫(たかひめ)『これこれ、128何処(どこ)(かた)()らぬが(この)原野(げんや)(この)高姫(たかひめ)管轄区域(くわんかつくゐき)だ。129何故(なぜ)こんな(ところ)まで(だま)つて()たのだい。130まア、131ちつと此方(こちら)()なさい。132結構(けつこう)(はなし)をしてやらう。133エーエー、134辛気(しんき)(くさ)い。135(はや)()なさらんかいな。136蟋蟀(いとど)螽斯(ばつた)(やう)(くさ)(なか)何時(いつ)(まで)すつこんで()つても(らち)()きませぬぞや』
137 四人(よにん)怖々(こはごは)(くさ)()けガサガサと高姫(たかひめ)二三間(にさんげん)手前(てまへ)まで(あら)はれて()た。138さうして不思議(ふしぎ)(さう)(やや)俯向(うつむき)気味(きみ)になつて高姫(たかひめ)(かほ)をチラチラと(ぬす)(やう)()てゐた。
139高姫(たかひめ)『これ(みな)さま、140(まへ)がここへ()途中(とちう)(ひと)つの(いへ)があつただらう。141何故(なぜ)そこを(だま)つて(とほ)つて()たのだい。142(この)高姫(たかひめ)はもとは三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)143(いま)はウラナイ(けう)のエンゼルだぞえ。144(てん)弥勒様(みろくさま)根本(こつぽん)根本(こつぽん)大柱(おほはしら)大弥勒様(おほみろくさま)で、145義理天上(ぎりてんじやう)日出神(ひのでのかみ)生宮(いきみや)(ござ)るぞや。146あんまり現界(げんかい)人間(にんげん)身魂(みたま)(くも)つてゐるので、147どうぞ(たす)けて天国(てんごく)へやつてやり()いと(おも)つて化身(けしん)(はふ)使(つか)ひ、148高姫(たかひめ)肉宮(にくみや)使(つか)つて(この)大野ケ原(おほのがはら)往来(ゆきき)する人民(じんみん)片端(かたつぱし)から()(つか)まへて、149(まこと)(をしへ)()かしてゐるのだ。150さア(はや)()()なさい』
151六造(ろくざう)『お(まへ)さまは(おと)名高(なだか)高姫(たかひめ)さまで(ござ)いましたか。152()(うけたま)はつてゐましたが、153()にかかるのは(はじ)めてです』
154高姫(たかひめ)『うん、155さうかな。156(わし)()(なん)()つても宇宙根本(うちうこつぽん)大神様(おほかみさま)生宮(いきみや)だから津々浦々(つつうらうら)(まで)(ひび)いてゐる(はず)だ。157三人(さんにん)のお(かた)158前等(まへたち)(わし)()()いて()つただらうな』
159ヘル『ハイ、160()つから()いた(こと)(ござ)いませぬ。161(わたし)初稚姫(はつわかひめ)さまだとか、162清照姫(きよてるひめ)とか()立派(りつぱ)(かた)()()いて()ますが、163高姫(たかひめ)さまと()()今日(こんにち)(はじ)めてです』
164高姫(たかひめ)『さうかいな。165(なん)とまア(おく)(みみ)だこと。166天地(てんち)(あひだ)義理天上(ぎりてんじやう)日出神(ひのでのかみ)生宮(いきみや)()()らぬものは一人(ひとり)()(はず)だが、167矢張(やつぱり)身魂(みたま)因縁(いんねん)がないと、168(かみなり)(やう)(こゑ)()ばつても(みみ)這入(はい)らぬと()えるわい。169さア此処(ここ)()ふたを(さいは)ひ、170高姫(たかひめ)姿(すがた)拝見(はいけん)しお(こゑ)をよく()いておきなさい。171(けつ)して高姫(たかひめ)()ふのぢやありませぬぞや。172底津磐根(そこついはね)根本(こつぽん)大弥勒様(おほみろくさま)仰有(おつしや)るのだから(あだ)()いては(ばち)(あた)りますぞえ』
173ヘル『(なん)だか()りませぬが、174貴方(あなた)のお(こゑ)()くと(あたま)(いた)くなりますわ。175(かほ)()ても気分(きぶん)がよく(ござ)いませぬわい』
176高姫(たかひめ)『そら、177さうだらう。178霊国(れいごく)天国(てんごく)()ねた天人(てんにん)身魂(みたま)だから、179身魂(みたま)(くも)つた(あく)守護神(しゆごじん)高姫(たかひめ)光明(くわうみやう)()らされて、180()(くら)善言美詞(ぜんげんびし)言霊(ことたま)にあてられて、181(みみ)()(あたま)(いた)むのだよ。182チツと(しつか)りしなさらんか。183(いま)ここで取違(とりちが)ひしたら、184万劫末代(まんごふまつだい)(うか)ばれませぬぞや』
185ヘル『ヘイヘイ、186(かしこ)まりました。187(また)御縁(ごえん)(ござ)いましたらお世話(せわ)になりやせう』
188高姫(たかひめ)『ホホホホホ(わけ)(わか)らぬ癲狂(てんきやう)痴呆(ちはう)だこと。189あああ大慈(だいじ)大悲(だいひ)根本(こつぽん)大弥勒(おほみろく)さまも、190こんな没分暁漢(わからずや)済度(さいど)なさらなならぬのか、191ホンにおいとしいわいのう、192オーンオーンオーン、193(しか)(なが)(この)(をとこ)はヘルとか()いたが、194余程(よほど)馬鹿(ばか)(やつ)()える。195おい、196そこに()る、197一人(ひとり)(をとこ)198(まへ)高姫(たかひめ)()(ぐらゐ)()いてゐるだらうな』
199シャル『ハイ、200()いて()りますが、201(わたし)()いてる高姫(たかひめ)貴女(あなた)では(ござ)いますまい。202世界(せかい)(おな)()沢山(たくさん)(ござ)いますからな』
203高姫(たかひめ)『お(まへ)()いてる高姫(たかひめ)()ふのは如何(どん)性質(せいしつ)(ひと)だ。204一寸(ちよつと)()つて御覧(ごらん)なさい』
205シャル『ヘイ、206吾々(われわれ)親方(おやかた)にして()(やう)なお(かた)ですわ。207(なん)でも三五教(あななひけう)とやらに這入(はい)つて金剛不壊(こんがうふゑ)如意宝珠(によいほつしゆ)(うつつ)()かし大勢(おほぜい)(もの)(きら)はれ、208()()(かみ)とか糞出(くそで)(かみ)とか()つて(みづか)()(ある)き、209(しま)ひの(はて)には(ばば)(くせ)(こひ)()ち、210妖幻坊(えうげんばう)()古狸(ふるだぬき)につままれて何処(どこ)かへ(さら)はれて()つたと()(こと)です。211その高姫(たかひめ)なら()いてゐますが随分(ずゐぶん)(わたし)(むら)では(わる)(ばば)だと()評判(ひやうばん)()つて()りますよ』
212高姫(たかひめ)『さうかな。213矢張(やつぱり)(わし)()()(ばば)があると()えるワイ。214(あんま)(わし)()(たか)いものだから悪神(あくがみ)(あら)はれて高姫(たかひめ)()(かた)り、215三五教(あななひけう)這入(はい)つて、216(また)もや日出神(ひのでのかみ)()(かた)り、217色々(いろいろ)(こと)(いた)したのだらう。218どうも油断(ゆだん)のならぬ時節(じせつ)だ。219(しか)(わし)(おな)高姫(たかひめ)でも、220そんな(もの)とは(ちが)ひますぞや。221(つき)(すつぽん)222(ゆき)(すみ)223(おな)じものと()られましては……ヘン……(この)高姫(たかひめ)()つから引合(ひきあ)ひませんわい。224オホホホホホ』
225シャル『(わたし)(いま)()うして泥坊商売(どろばうしやうばい)(かは)りましたが、226(いま)(まで)はバラモン(けう)軍人(ぐんじん)鬼春別(おにはるわけ)部下(ぶか)(つか)へたものです。227その(とき)三五教(あななひけう)幹部連(かんぶれん)人相書(にんさうがき)絵姿(ゑすがた)(まは)つて()ましたが、228妖幻坊(えうげんばう)(だま)されたと()高姫(たかひめ)に、229(まへ)さまそつくりですよ。230よもや(その)高姫(たかひめ)では(ござ)いますまいな。231彼奴(あいつ)()(こと)なら(くち)(こころ)裏表(うらおもて)だから(けつ)して()いてはならないと、232バラモン(けう)()ふに(およ)ばず三五教(あななひけう)のピユリタンでさへも()つて()ますよ』
233高姫(たかひめ)『ホホホホホ、234盗人(ぬすびと)分際(ぶんざい)として高姫(たかひめ)真偽(しんぎ)(わか)つて(たま)らうか。235あの高姫(たかひめ)()(やつ)(じつ)(ところ)はバラモン(けう)()つた蜈蚣姫(むかでひめ)()ふのだよ。236それが(わし)()(かた)つて、237あんな(こと)をやつたのだ。238三五教(あななひけう)(やつ)馬鹿(ばか)だから、239あまり御光(ごくわう)(つよ)いので見分(みわ)けがつかず贋者(にせもの)(つか)んで()つたのだ。240(なに)()もあれ、241この高姫(たかひめ)(かく)()(まで)いらつしやい。242(けつ)して利益(ため)にならぬ(こと)()はぬ。243(みんな)天国(てんごく)(たす)けてやるのだからな』
244シャル『オイ、245ヘルにケリナに、246六公(ろくこう)247如何(どう)しようかな。248(ひと)(この)(ばば)アの(はなし)()いてやらうか』
249六造(ろくざう)『うん』
250高姫(たかひめ)『エー、251そりや(なに)()ふのだ。252(この)(ばば)(はなし)()いてやらうも、253(くそ)もあつたものかい。254底津磐根(そこついはね)弥勒様(みろくさま)生宮(いきみや)だ。255(なん)()つても(たす)けにや()かぬ、256さア()なされ()なされ。257これ、258其処(そこ)(わか)いお女中(ぢよちう)259(まへ)一寸(ちよつと)()(とこ)仲々(なかなか)()()いて()る。260(こと)(しな)とによつたら(わし)脇立(わきだち)使(つか)つてやらうまいものでもない。261(なに)せよ、262(くも)りきつた(みたま)(すぐ)天国(てんごく)()くと()ふのは(あんま)()()すぎる。263中途(ちうと)墜落(おち)(やう)(こと)をしてはならず、264苦労(くらう)(はな)()()(なか)だから……天国紫微宮(てんごくしびきう)から人間(にんげん)姿(すがた)となつて(くだ)つて()たのだ。265そして苦労(くらう)手本(てほん)()せて(みな)改心(かいしん)させる(やく)だぞえ。266(まへ)()()苦労(くらう)をしなさい』
267ケリナ『ハイ、268有難(ありがた)(ござ)います。269(じつ)(ところ)八衢(やちまた)関所(せきしよ)(まで)(まゐ)りました(ところ)270まだ生命(いのち)現世(げんせ)(のこ)つて()るから(かへ)れ、271仰有(おつしや)つたから(かへ)つて()たのです。272最早(もはや)此処(ここ)現界(げんかい)(ござ)いますか』
273高姫(たかひめ)『きまつた(こと)だよ。274此処(ここ)現界(げんかい)現界(げんかい)275大現界(おほげんかい)だ。276現幽神(げんいうしん)三界(さんかい)(すく)(ぬし)だから()現界(げんかい)人間(にんげん)から(たす)けてやるのだよ』
277ヘル『あああ、278(なに)(なん)だか(わけ)(わか)らなくなつて()た。279(しか)しさう()くと現界(げんかい)(やう)にもあるし、280(ひと)(こころ)(そこ)疑念(ぎねん)(のこ)つて()る。281こんな道端(みちばた)()つて()(ところ)仕方(しかた)()い。282()づお()アの(あと)()いて(なん)でも()いから(さぐ)らして(もら)(こと)にしようかい。283のう二男一女(になんいちによ)御連中(ごれんちう)
284高姫(たかひめ)(さぐ)らして(もら)ふなんて、285そりや(なに)()ふのだい。286(かみ)(をしへ)正真一方(しやうじきいつぱう)だ。287水晶(すいしやう)(やう)につきぬけて()るのだぞえ。288スパイか(なん)ぞの(やう)(さぐ)るなんて、289(こころ)(きたな)(こと)()ふのぢやありませぬわい。290さアさア()なさい』
291()ばたきし(なが)欣々(いそいそ)(ひがし)()して小径(こみち)(あゆ)()した。292四人(よにん)()(かく)293(ばあ)さまの(やかた)()つて休息(きうそく)せむと(おも)(あし)引摺(ひきず)(なが)()いて()く。
294 谷川(たにがは)(ほとり)(かや)()いた二間作(ふたまづく)りの(ささや)かな(いへ)()つて()た。295これが高姫(たかひめ)中有界(ちううかい)()ける住家(すみか)である。296ヒヨヒヨした(いた)一枚橋(いちまいばし)(あやふ)(わた)(なが)(やうや)くにして四人(よにん)高姫(たかひめ)(やかた)にやつと()いた。
297大正一二・三・一四 旧一・二七 於竜宮館 北村隆光録)