霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一二章 照門颪(てるもんおろし)〔一四四二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第56巻 真善美愛 未の巻 篇:第3篇 月照荒野 よみ:げっしょうこうや
章:第12章 照門颪 よみ:てるもんおろし 通し章番号:1442
口述日:1923(大正12)年03月16日(旧01月29日) 口述場所:竜宮館 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年5月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:169頁 八幡書店版:第10輯 209頁 修補版: 校定版:178頁 普及版:83頁 初版: ページ備考:
001 求道居士(きうだうこじ)はケリナ(ひめ)(ともな)(なが)ら、002テルモン(ざん)小国別(をくにわけ)(やかた)()して(おく)()途々(みちみち)(うた)()したり。
003求道(きうだう)有為転変(うゐてんぺん)()(なら)
004とは()ふものの(ひと)()
005行末(ゆくすゑ)こそは不思議(ふしぎ)なれ
006三国一(さんごくいち)(つき)(くに)
007ハルナの(みやこ)程近(ほどちか)
008大国彦(おほくにひこ)()れませる
009大雲山(だいうんざん)立籠(たてこも)
010バラモン(けう)御教(みをしへ)
011(あさ)(ゆふ)なに信仰(しんかう)
012抜擢(ばつてき)されてバラモンの
013教司(をしへつかさ)()けられつ
014追々(おひおひ)功績(いさを)(あら)はして
015大黒主(おほくろぬし)御見出(おみだ)しに
016あづかり(つひ)にカーネルの
017(たふと)(しよく)(さづ)けられ
018神素盞嗚(かむすさのを)()れませる
019斎苑(いそ)(やかた)(ほふ)らむと
020大黒主(おほくろぬし)(めい)()
021鬼春別(おにはるわけ)久米彦(くめひこ)
022両将軍(りやうしやうぐん)扈従(こじゆう)して
023旗鼓(きこ)堂々(だうだう)(つき)(くに)
024(あと)(なが)めて(すす)()
025万里(ばんり)山野(さんや)跋渉(ばつせう)
026(ひづめ)(おと)(いさ)ましく
027浮木(うきき)(もり)(まで)進軍(しんぐん)
028片彦(かたひこ)久米彦(くめひこ)将軍(しやうぐん)
029隊伍(たいご)(ととの)河鹿山(かじかやま)
030(すす)(をり)しも三五(あななひ)
031治国別(はるくにわけ)言霊(ことたま)
032打破(うちやぶ)られて敗走(はいそう)
033浮木(うきき)陣屋(ぢんや)引返(ひつかへ)
034(また)もや(ここ)全軍(ぜんぐん)
035(ふた)つに()けてライオンの
036(ひろ)(なが)れを相渡(あひわた)
037ビクトル(さん)(たもと)にて
038(かり)陣屋(ぢんや)(つく)りつつ
039ビクトリア(じやう)(おびや)かし
040味方(みかた)軍勢(ぐんぜ)(おどろ)いて
041ゼネラル(さま)諸共(もろとも)
042総隊(そうたい)(くづ)()(いだ)
043(いくさ)(には)()(なが)
044(すすき)()にも()(おそ)
045(ふる)(ふる)ひて広野原(ひろのはら)
046(やうや)(わた)りシメヂ(ざか)
047(かべ)()(ごと)坂道(さかみち)
048(やうや)(くだ)猪倉(ゐのくら)
049難攻不落(なんこうふらく)山寨(さんさい)
050永久的(えいきうてき)陣営(ぢんえい)
051(かま)へて(とき)()(うち)
052(また)(きこ)ゆる宣伝歌(せんでんか)
053三五教(あななひけう)()(たか)
054神将軍(しんしやうぐん)(きこ)えたる
055治国別(はるくにわけ)一行(いつかう)
056(また)()められゼネラルは
057(もろ)くも(ここ)(かぶと)()
058バラモン(けう)軍職(ぐんしよく)
059(すて)(たちま)三五(あななひ)
060(をしへ)(みち)のピユリタンと
061(かは)らせ(たま)果敢(はか)なさよ
062吾等(われら)(とも)進退(しんたい)
063(おな)じうせむとカーネルの
064(しよく)をば()めて修験者(しゆげんじや)
065()求道(きうだう)(あらた)めて
066ビクの御国(みくに)清滝(きよたき)
067(みたま)(あら)ひビクトルの
068下津岩根(したついはね)宮柱(みやばしら)
069(ふと)しく()てて永久(とこしへ)
070(しづ)まり()ます大神(おほかみ)
071御前(みまへ)日毎(ひごと)(まう)でつつ
072治道(ちだう)道貫(だうくわん)素道居士(そだうこじ)
073三人(みたり)(ゆる)しを()(なが)
074フサの(くに)をば横断(わうだん)
075猛獣(まうじう)毒蛇(どくじや)(すさ)()
076(かみ)(ひかり)(つゑ)となし
077夜路(よぢ)(つゆ)をば()(なが)
078エルシナ(がは)(ふもと)まで
079(きた)(をり)しも大空(おほぞら)
080(つき)(やうや)(うす)らぎて
081(たちま)(きこ)ゆる(とり)(こゑ)
082(かは)水瀬(みなせ)のはやる(おと)
083たよりに(つた)(くだ)(をり)
084(ふち)()かんだ四人(よにん)姿(すがた)
085見逃(みの)がしならずと(きぬ)()
086法螺(ほら)(くち)(くは)へつつ
087ザンブと(ばか)飛込(とびこ)んで
088四人(よにん)男女(なんによ)空砂(からずな)
089(うへ)(すく)ひて耳元(みみもと)
090大法螺貝(おほほらがひ)吹立(ふきた)つる
091(かみ)(めぐみ)(たちま)ちに
092シヤール一人(ひとり)(のぞ)(ほか)
093三人(みたり)(いき)()(かへ)
094やつと(むね)をば()(おろ)
095三人(みたり)男女(なんによ)皇神(すめかみ)
096御教(みのり)完全(うまら)(さと)しつつ
097大岩谷(おほいはだに)(ふもと)まで
098(きた)りて(いき)(やす)めつつ
099十字(じふじ)秘法(ひはふ)数歌(かずうた)
100功力(くりき)(つた)へゐたる(をり)
101悪逆無道(あくぎやくぶだう)のベルの(やつ)
102わが(ふところ)金子(かね)ありと
103(はや)くも(さと)悪心(あくしん)
104(おこ)して()らむと()(きた)
105ヘルとベルとは(はじ)めより
106わが(ふところ)(ねら)ひつつ
107八百長喧嘩(やほちやうげんくわ)徐々(そろそろ)
108真面目(しんめんもく)にやり(いだ)
109ベルの(つかさ)逸早(いちはや)
110(この)()(あと)()げて()
111さはさり(なが)らヘルの(やつ)
112(いろ)(よく)とに(こころ)をば
113(くも)らせ吾等(われら)(あと)()
114ケリナの(ひめ)(おく)らむと
115草野(くさの)()けて(すす)()
116()黄昏(たそがれ)になりぬれば
117ポプラの(かげ)立寄(たちよ)りて
118(いき)(やす)むる(をり)もあれ
119(また)もや(きた)(くろ)(かげ)
120これぞ(まさ)しくベルの(やつ)
121ヘルと二人(ふたり)()(あは)
122()(ふところ)(ねら)はむと
123(きた)りしものと(さと)りしゆ
124いろいろ雑多(ざつた)真道(まさみち)
125()(さと)せども如何(いか)にせむ
126地獄(ぢごく)(さかひ)()()てし
127二人(ふたり)(みたま)()(まで)
128(あく)(たく)みを()げなむと
129(たちま)棍棒(こんぼう)()(かざ)
130()脳天(なうてん)(うち)すゑぬ
131(なに)かは(もつ)(たま)るべき
132(たちま)ちウンと昏倒(こんたう)
133夢路(ゆめぢ)辿(たど)(をり)もあれ
134高天原(たかあまはら)霊国(れいごく)
135領有(うしは)(たま)ふエンゼルが
136(はと)(ごと)くに(くだ)りまし
137吾等(われら)二人(ふたり)危難(きなん)をば
138(すく)(たま)ひし有難(ありがた)
139ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
140(かみ)(めぐみ)()(あた)
141()けたる吾々(われわれ)両人(りやうにん)
142仮令(たとへ)如何(いか)なる(なや)みにも
143(たゆ)まず(くつ)せず(みち)(ため)
144世人(よびと)()めに真心(まごころ)
145()らむ(かぎ)りを(つく)しつつ
146(すす)まにやならぬ両人(りやうにん)
147(まも)らせ(たま)惟神(かむながら)
148皇大神(すめおほかみ)御前(おんまへ)
149(かしこ)(かしこ)()(まつ)
150(あさひ)()るとも(くも)るとも
151(つき)()つとも()くるとも
152(ほし)(てん)より()つるとも
153印度(いんど)(うみ)はあするとも
154(この)大恩(だいおん)何時(いつ)()
155(むく)(まつ)らで()くべきぞ
156(おも)へば(おも)へば有難(ありがた)
157(めぐみ)(つゆ)天地(あめつち)
158()(たら)ひたる(かみ)()
159草野(くさの)(すゑ)()(つゆ)
160一々(いちいち)(つき)御光(みひかり)
161宿(やど)(たま)ひて瑠璃光(るりくわう)
162(ごと)(ひか)らせ(たま)ふなり
163ああ天国(てんごく)楽園(らくゑん)
164際限(さいげん)もなき広野原(ひろのはら)
165(すす)()()(たの)しけれ』
166ケリナ『わが足乳根(たらちね)父母(ちちはは)
167(つき)(みやこ)()れませる
168バラモン(けう)太柱(ふとばしら)
169大黒主(おほくろぬし)部下(ぶか)となり
170仁慈無限(じんじむげん)御教(みをしへ)
171テルモン(ざん)山腹(さんぷく)
172大宮柱(おほみやばしら)太知(ふとし)りて
173(しづ)まりゐます皇神(すめかみ)
174(あさ)(ゆふ)なに(つか)へつつ
175四方(よも)国人(くにびと)(ことごと)
176(かみ)(をしへ)(なび)かせつ
177(をしへ)(ひら)(たま)ひしが
178ウラルの(をしへ)神司(かむづかさ)
179数多(あまた)手下(てした)引率(ひきつ)れて
180得物(えもの)(たづ)さへ堂々(だうだう)
181(いきほひ)(たけ)(せま)()
182(その)(いきほひ)辟易(へきえき)
183()足乳根(たらちね)逸早(いちはや)
184(やかた)()ててテルモンの
185高嶺(たかね)(わた)森林(しんりん)
186(しば)(なん)をば()(たま)
187(この)(とき)信者(しんじや)()れませる
188鎌彦司(かまひこつかさ)(あら)はれて
189神変不思議(しんぺんふしぎ)神力(しんりき)
190(あら)はし(たま)()(きた)
191ウラルの(をしへ)司等(つかさら)
192一人(ひとり)(のこ)らず退(しりぞ)けて
193(なん)をば(すく)(たま)ひしゆ
194()足乳根(たらちね)(やうや)くに
195(もと)(やかた)(かへ)りまし
196(かみ)(をしへ)詳細(まつぶさ)
197(ひら)かせ(たま)(をり)もあれ
198(やかた)(なん)(すく)ひたる
199鎌彦司(かまひこつかさ)(わらは)をば
200ラブし(たま)ひて朝夕(あさゆふ)
201()ひよりたまひし果敢(はかな)さよ
202(わらは)(もと)より鎌彦(かまひこ)
203(すこ)しも(こころ)はなけれ(ども)
204度重(たびかさ)なれば何時(いつ)となく
205(をとこ)(なさ)けを(した)()
206(つひ)には(わり)なき(なか)となり
207(ちち)(はは)との()(しの)
208月夜(つきよ)(うら)(やみ)()
209指折(ゆびを)(かぞ)()(くら)
210(あや)しき(なか)とはなりにけり
211さはさり(なが)足乳根(たらちね)
212()両親(りやうしん)(かうべ)をば
213左右(さいう)にふりて両人(りやうにん)
214(こひ)(ゆる)させ(たま)()
215気色(けはひ)なければ()むを()
216夜陰(やいん)(まぎ)れて両人(りやうにん)
217()()をとつて()(いだ)
218エリシナ(だに)山奥(やまおく)
219(かたち)ばかりの草庵(さうあん)
220(むす)びて(くら)(をり)もあれ
221()()(きみ)鎌彦(かまひこ)
222(にはか)駱駝(らくだ)(ひき)つれて
223(わらは)(いへ)(のこ)しつつ
224何処(いづく)ともなく()でましぬ
225深山(みやま)(おく)(ただ)一人(ひとり)
226果実(このみ)(くら)(いも)()
227(やうや)(うゑ)(しの)ぎつつ
228(かな)しき月日(つきひ)(おく)ること
229(はや)一年(ひととせ)(およ)べども
230(つま)便(たよ)りは()(ばか)
231(そで)をば()らす(くさ)(つゆ)
232(ころも)(やぶ)(にく)()
233()(かげ)()(さま)となり
234(さび)しき浮世(うきよ)果敢(はかな)みて
235冥途(めいど)(たび)()さむかと
236(いほり)(あと)(よる)(みち)
237エルシナ(がは)川岸(かはぎし)
238(たたず)(むね)(おさ)へつつ
239少時(しばし)思案(しあん)()れけるが
240何処(いづく)ともなく()(みみ)
241()ねよ()ねよと(をし)()
242(しこ)曲津(まがつ)()らね(ども)
243切迫(せつぱ)(つま)つた(この)場合(ばあひ)
244()ぬより(ほか)(みち)()しと
245(こころ)(さだ)めて()()めば
246千尋(ちひろ)(そこ)(あを)(ふち)
247(いき)(くる)しくなりければ
248(ふたた)娑婆(しやば)(こひ)しうなり
249一度(いちど)生命(いのち)(たも)たむと
250(あせ)れど(せん)なし(をんな)()
251弊衣(へいい)(みづ)(ふく)みしゆ
252()(まま)ならず(もだ)()
253(とき)しもあれや何物(なにもの)
254()()()るる(もの)ありと
255矢庭(やには)にしかと(いだ)()
256(うき)(しづ)みつ(あらそ)へば
257何時(いつ)しか(いき)()()てて
258前後不覚(ぜんごふかく)となりにけり
259()かる(ところ)へヘル(つかさ)
260(あら)はれ(きた)両人(りやうにん)
261(すく)(たす)けて森林(しんりん)
262(なか)(ともな)(いたは)りつ
263種々(いろいろ)雑多(ざつた)介抱(かいはう)
264(ふたた)正気(しやうき)(ふく)しける
265悪逆非道(あくぎやくひだう)一人(いちにん)
266(わらは)姿(すがた)()るよりも
267あやしき(まなこ)(ひか)らせて
268(みみ)(けが)るる口説言(くどきごと)
269三人(みたり)(をとこ)()()をば
270(つま)になさむと(あらそ)ひつ
271パインの(かげ)()みついて
272()んづ(ころ)んづ(また)(もと)
273青淵(あをぶち)目蒐(めが)けて()()みぬ
274(わらは)(たす)けし恩人(おんじん)
275生命(いのち)(たす)けにやなるまいと
276()()(わす)れて()()めば
277(また)もや(おぼ)れて人心(ひとごころ)
278()()とこそはなりにけり
279これより一行(いつかう)四人連(よにんづ)
280青野ケ原(あをのがはら)打渡(うちわた)
281当途(あてど)もなしに(すす)()
282(たちま)関所(せきしよ)()(あた)
283容子(ようす)()けば霊界(れいかい)
284八衢(やちまた)関所(せきしよ)()きしより
285吾等(われら)一行(いつかう)(おどろ)いて
286(ふたた)(もと)(みち)をとり
287(かへ)らむとする(をり)もあれ
288(さけ)()ふたる六造(ろくざう)
289(また)もや途中(とちう)(ふさ)がりて
290(なん)ぢやかんぢやと口説(くどき)()
291こりや(たま)らんと(おも)(をり)
292(むか)ふの(かた)より足早(あしばや)
293(はし)(きた)れる婆々(ばばア)あり
294一行(いつかう)五人(ごにん)(あや)しみて
295(みち)(かた)への草原(くさはら)
296()(かく)したる(とき)もあれ
297婆々(ばばア)はツツと立止(たちどま)
298不思議(ふしぎ)()つきで(まね)きつつ
299日出神(ひのでのかみ)義理天上(ぎりてんじやう)
300底津岩根(そこついはね)太柱(ふとばしら)
301みろくの(かみ)生宮(いきみや)
302これからお前等(まへら)一同(いちどう)
303天国(てんごく)浄土(じやうど)真相(しんさう)
304(さと)してやるから()いて()
305なぞと言葉(ことば)(なめ)らかに
306いと熱心(ねつしん)()きつける
307(なに)()もあれ()()むと
308婆々(ばばア)(あと)(したが)ひて
309(かは)(へだ)てて岩山(いはやま)
310(しづ)伏屋(ふせや)()いて()
311ウラナイ(けう)旗頭(はたがしら)
312高姫(たかひめ)さまが住家(すみか)ぞと
313()いて(おどろ)(むね)(うち)
314さあらぬ(かほ)(よそほ)ひて
315様子(やうす)(うかが)()たりしが
316(たちま)(きこ)ゆる法螺(ほら)(こゑ)
317三五教(あななひけう)修験者(しゆげんじや)
318求道居士(きうだうこじ)(あら)はれて
319吾等(われら)一同(いちどう)危難(きなん)をば
320(すく)はせ(たま)ふと()(うち)
321(にはか)(きこ)ゆる(みづ)(おと)
322小鳥(ことり)(こゑ)(さはや)かに
323(みみ)()るよと()るうちに
324(ふたた)(いき)吹返(ふきかへ)
325(また)もや(すく)()げられて
326(やうや)此処(ここ)(まで)(かへ)りけり
327ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
328(たふと)(かみ)御恵(みめぐみ)
329(まも)らせ(たま)ひて(みち)(うへ)
330(つつ)(くま)なく足乳根(たらちね)
331()ますわが()(すみやか)
332(かへ)させ(たま)惟神(かむながら)
333(かみ)御前(みまへ)()(まつ)る』
334(うた)ひつつ求道居士(きうだうこじ)(あと)(したが)つて、335夜道(よみち)辿(たど)るのは、336ケリナ(ひめ)であつた。
337 (たちま)(きこ)ゆる猛獣(まうじう)(うな)(ごゑ)338前後左右(ぜんごさいう)より一斉(いつせい)山彦(やまびこ)(とどろ)かして(きこ)()る。339求道居士(きうだうこじ)(あま)数歌(かずうた)(うた)()げ、
340真観清浄観(しんくわんしやうじやうくわん)
341広大智慧観(くわうだいちゑくわん)
342悲観及慈観(ひくわんぎうじくわん)
343常願常瞻仰(じやうぐわんじやうせんがう)
344無垢清浄光(むくしやうじやうくわう)
345慧日破諸闇(ゑにちはしよあん)
346能伏災風火(のうぶくさいふうくわ)
347普明照世間(ふみやうせうせけん)
348悲体戒雷震(ひたいかいらいしん)
349慈意妙大雲(じいめうたいうん)
350澍甘露法雨(じゆかんろほふう)
351滅除煩悩炎(めつぢよぼんなうゑん)
352諍訟経官処(じようしようきやうくわんしよ)
353怖畏軍陣中(ふゐぐんぢんちう)
354念彼観音力(ねんぴくわんのんりき)
355衆怨悉退散(しうをんしつたいさん)
356妙音観世音(めうおんくわんぜおん)
357梵音海潮音(ぼんのんかいてうおん)
358勝彼世間音(しようひせけんおん)
359是故須常念(ぜこしゆじやうねん)
360念々勿生疑(ねんねんもつしやうぎ)
361観世音浄聖(くわんぜおんじやうしやう)
362於苦悩死厄(おくなうしやく)
363能為作依怙(のうゐさえこ)
364具一切功徳(ぐいつさいくどく)
365慈眼視衆生(じがんししうじやう)
366福聚海無量(ふくじゆかいむりやう)
367是故応頂礼(ぜこおうちやうらい)
368(ねん)(なが)ら、369(まけ)(おと)らず、370(ちから)一杯(いつぱい)法螺貝(ほらがひ)()()てた。371法螺貝(ほらがひ)(こゑ)山野(さんや)邪気(じやき)(はら)ふものである。372ケリナ(ひめ)猛獣(まうじう)(こゑ)戦慄(せんりつ)し、373求道居士(きうだうこじ)(こし)(くら)ひつき、374()(ごゑ)になつて居士(こじ)(したが)経文(きやうもん)誦唱(じゆしやう)して()る。375(しばら)くにしてさしも(はげ)しき猛獣(まうじう)(うな)(ごゑ)はピタリと()まつた。376(てん)(ふう)じて()(くも)(にはか)()つて(なつ)(つき)(あら)()した(やう)に、377中天(ちうてん)(ひく)(かがや)(はじ)めた。378(これ)よりケリナ(ひめ)(なん)となく求道居士(きうだうこじ)尊信愛慕(そんしんあいぼ)するの(ねん)益々(ますます)(ふか)くなり、379ハートに折々(をりをり)(なみ)()たせ(むね)()がすに(いた)りたり。
380大正一二・三・一六 旧一・二九 於竜宮館二階 外山豊二録)