霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

余白歌

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第56巻 真善美愛 未の巻 篇:余白歌 よみ:
章:第56巻 よみ:よはくか 通し章番号:
口述日: 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年5月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm568801
愛善世界社版: 八幡書店版: 修補版: 校定版: 普及版: 初版: ページ備考:
  霊国(れいごく)の面影
天恩郷(てんおんきやう)
万寿苑(まんじゆゑん)松樹(しようじゆ)
絶頂(ぜつちやう)()てる銀杏(いてふ)大木(たいぼく)
(かぜ)にゆすられて
自然(しぜん)音楽(おんがく)(そう)
舞踏(ぶたふ)(えん)
タワタワと
(とり)七八羽(しちはちは)
(かぜ)波路(なみぢ)
悠然(いうぜん)として
()(わた)
(はる)(はじ)めの(そら)
あやなしてゐる〈序文(初)〉

一茎(ひとくき)(あし)にも涙滲(なみだにじ)()
自然(しぜん)憧憬(どうけい)する(わが)(こころ)〈総説(初)〉
大地(たいち)をば(ふたた)()まじと(さだ)めてし
いたづきの()(かみ)蘇生(そせい)〈総説(初)〉
一茎(ひとくき)(くさ)にも(かみ)宝体(はうたい)
()るぞ(うれ)しき大本(おほもと)(のり)〈総説(初)〉
一石(いつこく)(みづ)天使(てんし)音楽(おんがく)
舞踊(ぶよう)()たり(かみ)()(われ)〈総説(初)〉
()める時悲(ときかなし)める時吾魂(ときわがたま)
根底(ねそこ)鬼声(きせい)(ふる)ひをののく〈総説(初)〉
(つち)のごと(こほり)(ごと)(ひや)やかな
無宗教者(むしゆうけうしや)のあはれ霊魂(れいこん)〈総説(初)〉
純一(じゆんいつ)()ける(かみ)さへ種々(もろもろ)
(さう)(あら)はし(たま)()(なか)〈総説(初)〉
月星(つきほし)皆打(みなう)()され(あかつき)
(そら)憤怒(ふんぬ)太陽輝(たいやうかがや)〈総説(初)〉
太陽(たいやう)(いか)るが(ごと)憂愁(いうしう)
(しづ)める()をば(にら)ませたまふ〈第1章(初)〉
憂愁(いうしう)(しづ)()てたる(わが)(たま)
(つき)(かげ)のみひとり()らせる〈第1章(初)〉
闇黒(あんこく)(ふくろ)のやうな天地(あめつち)
(むも)(なや)みぬ神忘(かみわす)れたる(よひ)〈第1章(初)〉
闇黒(あんこく)(よる)戸張(とばり)(つつ)まれて
(おに)のささやき()くぞ(さび)しき〈第3章(初)〉
(すず)()虚空(こくう)(あゆ)(しやう)()
地上(ちじやう)(なが)()てなき(くに)(うつ)()〈第3章(初)〉
()(みづ)光明(くわうみやう)(なが)真白(ましろ)なる
水泡(みなわ)(とも)にいづれへか()〈第3章(初)〉
(みみ)()きし(かみ)御声(みこゑ)()のあたり
()()今日(けふ)(ゆふ)(うれ)しき〈第4章(初)〉
時分をば見出(みい)だしたる恐ろしき
姿(すがた)(むね)懺悔火(ざんげくわ)()かる〈第4章(初)〉
(おろ)かさと(よわ)きにをののくその(ほか)
(われ)(をし)ふる導師(だうし)なきかな〈第4章(初)〉
人中(ひとなか)説法(せつぽふ)せよと()めらるる
その惨憺(さんたん)()へも()りたき〈第5章(初)〉
円相(ゑんさう)(ひか)りに憧憬(あこが)()るといふ
(ひと)こそ()()導師(だうし)なりけり〈第5章(初)〉
()(たま)のあら浪風(なみかぜ)(やは)()めて
妻子(つまこ)(とも)神祭(かみまつ)りしぬ〈第5章(初)〉
(さび)しさに(なや)みし(われ)法悦(ほふえつ)
(あめ)にうるほひて祖霊(みたま)(をが)〈第5章(初)〉
産土(うぶすな)(かみ)(まう)でて故郷(ふるさと)
(はは)にし()へば子供心地(こどもここち)〈第5章(初)〉
(こい)しがる汝に送りし文のまた
(かヘ)()ずとも(うら)みも()せず〈第5章(初)〉
(きみ)まさぬ(さび)しき夜半(よは)只一人(ただひとり)
雌猫(めねこ)(せな)()でて(ねむ)りぬ〈第5章(初)〉
窓近(まどちか)来鳴(きな)(うぐひす)(こころ)あらば
()()(ひと)()げよくはしく〈第5章(初)〉
陽炎(かげろふ)のもえ()野辺(のべ)一本(ひともと)
(さくら)老木(おいき)(はる)をうたへる〈第6章(初)〉
日々(にちにち)二円(にゑん)(かね)(めぐ)(たま)
野原(のはら)夕陽(ゆふひ)(むね)にかがやく〈第8章(初)〉
終日(ひねもす)(あせ)(しぼ)りし(だい)()
()(もと)めたる(こめ)のうまさよ〈第8章(初)〉
(あせ)しぼり(はたら)きて()(むぎ)(めし)
妻子(つまこ)とともに舌鼓(したつづみ)()〈第12章(初)〉

若き日を偲びて
(こめ)かひて(ちち)(かへ)るを()ちわびつ
(なみだ)ながらに(ねむ)るいとし()〈第13章(初)〉
三銭(さんせん)稲荷鮓(いなりずし)をば(うれ)しげに
寝床(ねどこ)にて()()()いぢらし〈第13章(初)〉
森厳(しんごん)神秘(しんぴ)()める三五教(あなないきやう)
詩的(してき)仏教(ぶつけう)真髄(しんずゐ)(ひと)しき〈第14章(初)〉
全心(ぜんしん)頭陀袋(づだぶくろ)とし人々(ひとびと)
(こと)葉貰(はもら)歩行(ある)くは文士(ぶんし)〈第14章(初)〉
()(ひと)言葉(ことば)(むね)(たくは)へて
まさかの(とき)使(つか)宣伝使(せんでんし)〈第14章(初)〉
(ねつ)()(するど)(ほのほ)(やひば)もて
()(ひら)きゆく大和魂(やまとだましひ)〈第16章(初)〉
これは霜雪(しもゆき)にやあるとよく()れば
あしたの芝生剣(しばふつるぎ)かざせり〈第16章(初)〉
鼻垂男(はなたれを)もの()(はな)鼻毛(ひげ)()かれ〈第17章(初)〉
百花壇(ひやくくわだん)(つく)(をとこ)鼻赤(はなあか)〈第17章(初)〉
献労(けんらう)(うで)はシコタマ(めし)()
亀城趾(きじやうし)万代不動(ばんだいふどう)(いし)たたみ
小説(しやうせつ)謀叛人(むほんにん)かと下女(げぢよ)由井(ゆゐ)
()にやけて光照殿(くわうせうでん)基礎工事(きそこうじ)
亀城趾(きじやうし)(かめ)甲型(かふがた)(いし)()
宣伝使(せんでんし)採用(さいよう)されたと宣伝(せんでん)
名物(めいぶつ)のツツジは汽車(きしや)久留米籠(くるめかご)
天恩(てんおん)(さと)にサツキも花咲(はなさ)かせ(サツキは光秀の母)〈第18章(初)〉
[この余白歌は八幡書店版霊界物語収録の余白歌を参考に作成しました]