霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二章 煽動(せんどう)〔一四五二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第57巻 真善美愛 申の巻 篇:第1篇 照門山颪 よみ:てるもんざんおろし
章:第2章 煽動 よみ:せんどう 通し章番号:1452
口述日:1923(大正12)年03月24日(旧02月8日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年5月24日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第10輯 265頁 修補版: 校定版:22頁 普及版:9頁 初版: ページ備考:
001 テルモン(ざん)神館(かむやかた)(おく)()には、002小国別(をくにわけ)(やまひ)益々(ますます)(おも)く、003(めい)旦夕(たんせき)(せま)つて()た。004(やかた)(うち)(うへ)(した)へと(さわ)(まは)り、005小国姫(をくにひめ)006三千彦(みちひこ)(およ)家令(かれい)のオールスチンは、007二人(ふたり)看護婦(かんごふ)(とも)病床(びやうしやう)につききり、008()()(ひと)()(うへ)(あん)じ、009(むね)(をど)らせつつあつた。010三千彦(みちひこ)最早(もはや)是非(ぜひ)なしと(かみ)(むか)つて天国(てんごく)(すく)(たま)はむ(こと)祈願(きぐわん)した。011小国別(をくにわけ)顕幽(けんいう)弁別(べんべつ)のつかざる精神状態(せいしんじやうたい)となつた。012小国別(をくにわけ)(うれ)しさうな(かほ)して(そら)(なが)め、
013『アア貴方(あなた)はチヤンドラ・デーワブトラ(さま)月天子(ぐわつてんし))、014貴方(あなた)はスーラヤ(さま)日天子(につてんし))ようマア……只今(ただいま)(まゐ)ります。015(しか)(なが)らモウ一目(ひとめ)(わが)二人(ふたり)(むすめ)()ふまで御猶予(ごいうよ)(くだ)さいませ。016アア(なん)()ふマノーヂニヤスヷラ(楽音(がくおん))だらう。017女房(にようばう)にもあの(こゑ)()かしてやり()い。018これ小国姫(をくにひめ)019(まへ)はあのマノーヂニヤスヷラ(楽音(がくおん))が(きこ)えて()るか。020あの綺麗(きれい)なエンゼルが()につくか。021もしもしエンゼル(さま)022(しば)らく御猶予(ごいうよ)(ねが)ひます。023これが(この)()(わか)れで(ござ)いますから』
024(しき)りに()(あは)して()る。
025小国姫(をくにひめ)『モシ旦那様(だんなさま)026(しつか)りして(くだ)さいませ。027貴方(あなた)病気(びやうき)のために左様(さやう)幻覚(げんかく)(かん)じて()られるのでせう。028マノーヂニヤガンダルヷ((がく))の(こゑ)(きこ)えては()ないぢやありませぬか。029そしてエンゼルのお姿(すがた)(けつ)して()えませぬよ。030(しつか)りなさいませ。031(やが)姉妹(きやうだい)二人(ふたり)(かへ)つて(まゐ)りますから』
032 小国別(をくにわけ)女房(にようばう)(こゑ)(みみ)這入(はい)らぬと()えて、033(なほ)言葉(ことば)をつづけ、
034(なん)とマア(うつく)しい(はな)だこと、035もしエンゼル(さま)036(これ)はダリヤの(はな)(ござ)いますか。037エ、038(もも)(はな)039こんな(おほ)きな(もも)(はな)が、040どうして(また)()いたのでせう。041(なん)仰有(おつしや)います、042第一天国(だいいちてんごく)桃林(たうりん)(もも)(はな)043ヘー、044(うつく)しいもので(ござ)いますなア。045(わたし)046それへ(まゐ)るのですか。047いや有難(ありがた)(ござ)います』
048小国姫(をくにひめ)『モシ三千彦(みちひこ)先生様(せんせいさま)049どうで(ござ)いませうか。050到底(たうてい)主人(しゆじん)生命(いのち)駄目(だめ)(ござ)いませうな。051せめてデビスやケリナの(かへ)つて()(まで)052(なん)とかして(いのち)をとり()めて(いただ)()いものです』
053三千彦(みちひこ)『お(よろこ)びなさいませ。054(けつ)して幻覚(げんかく)でも(なん)でもありませぬ。055貴方(あなた)()には(わか)らぬか()りませぬが、056あの(とほ)りチヤンドラデーワブトラ(さま)やスーラヤ(さま)がエンゼルとなつて天国(てんごく)(すく)ふべくお()えになつて()ます。057(いま)(ねがひ)(いた)しますから、058親娘(おやこ)対面(たいめん)()(まで)059天国行(てんごくゆき)猶予(いうよ)(ねが)ひませう』
060三千彦(みちひこ)拍手(かしはで)をうち、061(あま)数歌(かずうた)(うた)祈願(きぐわん)()めた。062月天子(ぐわつてんし)063日天子(につてんし)(りやう)エンゼルは三千彦(みちひこ)(こひ)()れ、064四辺(あたり)芳香(はうかう)()げ、065微妙(びめう)音楽(おんがく)につれて一先(ひとま)天上(てんじやう)(かへ)(たま)うた。066(ほとん)帰幽(きいう)して()小国別(をくにわけ)(ふたた)正気(しやうき)になり、067()(しづ)かに(ひら)ひて四辺(あたり)打眺(うちなが)め、
068『ア、069女房(にようばう)070そこに()たか。071貴方(あなた)三千彦(みちひこ)(さま)072ア、073大変(たいへん)(うつく)しいエンゼル(さま)結構(けつこう)(ところ)(みちび)かれて()(ところ)だつた。074(むすめ)()(かへ)つて()ぬかな』
075小国姫(をくにひめ)『ハイ、076()(かへ)りませぬが、077(やが)神様(かみさま)のお(かげ)無事(ぶじ)(かほ)()せるで(ござ)いませう。078御安心(ごあんしん)(くだ)さいませ』
079自分(じぶん)二人(ふたり)姉妹(きやうだい)(こと)(あん)(なが)故意(わざ)とに気楽(きらく)さうに()つてゐる。080小国別(をくにわけ)は『()ひたいものだな』と(しき)りに(あこが)(なが)らスヤスヤと(ねむ)りに()いた。081(この)(とき)(やかた)周囲(しうゐ)(あた)つて老若男女(らうにやくなんによ)(さけ)(ごゑ)(きこ)えて()た。082小国姫(をくにひめ)(をつと)看護(かんご)()(はな)されないので、083ソファーの(かたは)らに看護婦(かんごふ)(とも)(つき)きつて()る。084オールスチンは三千彦(みちひこ)(とも)玄関口(げんくわんぐち)(あら)はれ()れば赤鉢巻(あかはちまき)赤襷(あかたすき)(あら)くれ(をとこ)(さけ)()(つぶ)れてヒヨロヒヨロし(なが)雪崩(なだれ)(ごと)(おし)かけ(きた)り、085矢場(やには)にオールスチンを突飛(つきと)ばし、086(その)(うへ)をドカドカと()みにじり、087三千彦(みちひこ)()つて(たか)つて()をとり、088(あし)をとり、089凱歌(がいか)()げてドンドンドンとテルモン(ざん)山奥(やまおく)()して、090数十人(すうじふにん)荒男(あらをとこ)がワツショワツショと()(ごゑ)諸共(もろとも)(はこ)()く。091オールスチンの(せがれ)ワックスは、092驢馬(ろば)(またが)群衆(ぐんしう)指揮(しき)(なが)采配(さいはい)()つて()る。093目的物(もくてきぶつ)三千彦(みちひこ)(やうや)(さら)はれた。094ワックスは()一安心(ひとあんしん)玄関口(げんくわんぐち)進入(しんにふ)()れば、095(ちち)のオールスチンが人事不省(じんじふせい)になつて(たふ)れてゐる。096矢場(やには)両眼(りやうがん)目隠(めかく)しを(ほどこ)し、097(みづ)(ふき)かけ()つけを()ませ、098(やうや)くにして蘇生(そせい)せしめた。099両眼(りやうがん)(ぬの)(くく)つて()いたのは(ちち)にワックスの姿(すがた)(さと)られぬための用意(ようい)であつた。100流石(さすが)悪人(あくにん)のワックスも(ちち)危難(きなん)()ては(すく)はずには()られなかつたからである。101ワックスは三千彦(みちひこ)悪友(あくいう)のエキス、102ヘルマンに(めい)山奥(やまおく)(らつ)()らしめ、103(つめ)たい岩窟(がんくつ)(なか)押込(おしこ)めて()いた。
104ワックス『サア、105(これ)からデビス(ひめ)生捕(いけどり)せねばならぬ。106さりとて(なん)とか群衆(ぐんしう)(たぶらか)さねば(この)目的(もくてき)(たつ)()ない』
107(ふたた)驢馬(ろば)引返(ひつかへ)十字街頭(じふじがいとう)()ち、108豆太鼓(まめだいこ)(たた)(なが)ら、109(また)もや辻説法(つじせつぽふ)(はじ)()した。
110ワックス『宮町(みやまち)老若男女(らうにやくなんによ)諸君(しよくん)よ、111諸君(しよくん)尽力(じんりよく)によつてテルモン(ざん)神館(かむやかた)(わざはひ)する三五教(あななひけう)悪宣伝使(あくせんでんし)三千彦(みちひこ)(やうや)くの(こと)生捕(いけど)りました。112彼奴(あいつ)(やかた)嬢様(ぢやうさま)デビス(ひめ)(ひそ)かに(しめ)(あは)(この)神館(かむやかた)横領(わうりやう)し、113あらゆる魔法(まはふ)使(つか)つて町民(ちやうみん)諸氏(しよし)(くる)しめる準備(じゆんび)(いた)して()りましたぞ。114(この)(たび)小国別(をくにわけ)(さま)御病気(ごびやうき)(まつた)三千彦(みちひこ)がなす(わざ)115大恩(だいおん)ある生神様(いきがみさま)御恩(ごおん)(はう)ずるは(いま)この(とき)(ござ)る。116何程(なにほど)デビス(ひめ)大切(たいせつ)なお(ぢやう)さまとは()へ、117バラモン(けう)教敵(けうてき)なる三五教(あななひけう)悪宣伝使(あくせんでんし)(じやう)(つう)じ、118(ちち)のお(やかた)占領(せんりやう)し、119町民(ちやうみん)(くるし)めむと(いた)さるる以上(いじやう)は、120一時(いちじ)改心(かいしん)出来(でき)るまでは吾々(われわれ)()(あづか)つて、121(やかた)(かへ)さないやうにせなくてはなりませぬ。122(いま)(こころ)(やかた)(かへ)られては大変(たいへん)(ござ)るぞ。123如意宝珠(によいほつしゆ)のお(やかた)(たから)三千彦(みちひこ)両人(りやうにん)(しめ)(あは)(うば)()つたに相違(さうゐ)(ござ)いませぬ。124それで(みな)さまの(ちから)をかつて、125デビス(ひめ)(いま)ここに(かへ)(きた)らば、126有無(うむ)()はせず、127テルモン(ざん)岩窟(がんくつ)()()(こと)(いた)しませう。128(これ)(けつ)してワックスの私言(しげん)では(ござ)いませぬ。129(やかた)小国姫(をくにひめ)御命令(ごめいれい)(ござ)いますぞ。130(みな)さま、131(よろ)しく(たの)みます』
132呶鳴(どな)りつけた。133(ねつ)しきつたる群衆(ぐんしう)馬鹿息子(ばかむすこ)のワックスが言葉(ことば)を、134さまで信用(しんよう)するものはないが、135群衆心理(ぐんしうしんり)()ふものは不思議(ふしぎ)なもので、136三千彦(みちひこ)捕虜(ほりよ)とした(いきほひ)(じやう)じ、137(いち)()()くワックスの言葉(ことば)鵜呑(うの)みにし、138第二(だいに)計画(けいくわく)としてデビス(ひめ)捕縛(ほばく)せむと宮町(みやまち)(あと)郊外(かうぐわい)まで()()した。
139 (をり)から大原野(だいげんや)中央(まんなか)宣伝歌(せんでんか)(うた)(なが)ら、140男女(なんによ)四人連(よにんづ)此方(こなた)(むか)つて(すす)()るものがあつた。
141エミシ『(かみ)(おもて)(あら)はれて
142善神(ぜんしん)邪神(じやしん)立分(たてわ)ける
143(この)()(つく)りし神直日(かむなほひ)
144(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
145(ただ)何事(なにごと)(ひと)()
146直日(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)
147()(あやま)ちは()(なほ)
148三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
149治国別(はるくにわけ)(たす)けられ
150バラモン(けう)のカーネルと
151(つか)(はべ)りし(この)エミシ
152現実界(げんじつかい)(よく)()
153一切万事(いつさいばんじ)神界(しんかい)
154()(たましひ)(まか)せつつ
155比丘(びく)姿(すがた)相成(あひな)りて
156山川(やまかは)(わた)野路(のぢ)()
157(かみ)(をしへ)遠近(をちこち)
158()(つた)()(をり)もあれ
159エルシナ(がは)激流(げきりう)
160()()(ただよ)人々(ひとびと)
161(いのち)(まと)(すく)()
162(あらた)()ればこは如何(いか)
163バラモン(けう)(つか)へたる
164ベル、ヘル、シャルの軍人(いくさびと)
165ケリナの(ひめ)四人連(よにんづ)
166やうやう三人(みたり)(いのち)をば
167()(かへ)しつつ川岸(かはぎし)
168(つた)うて()たる草野原(くさのはら)
169ベルとヘルとの両人(りやうにん)
170(にはか)悪心(あくしん)萌芽(はうが)して
171(われ)()二人(ふたり)(いのち)をば
172()らむとしたる浅間(あさま)しさ
173月照彦(つきてるひこ)神力(しんりき)
174()らされ悪魔(あくま)(たちま)ちに
175(くも)(かすみ)()げて()
176(あと)二人(ふたり)(いさ)()
177(つき)(ひかり)()()びて
178露野(つゆの)(わた)(すす)(をり)
179(みち)(かたへ)方岩(はこいは)
180(にはか)(うめ)(ひと)(こゑ)
181はて(いぶ)かしと(うかが)へば
182デビスの(ひめ)やベル、ヘルの
183三人(みたり)男女(なんによ)()るよりも
184二度(にど)ビツクリの二人(ふたり)()
185種々(いろいろ)雑多(ざつた)介抱(かいはう)して
186三人(みたり)(いのち)相救(あひすく)
187(よろこ)()もなくベルの(やつ)
188デビスの(ひめ)()につけし
189七宝(しつほう)(ことごと)掠奪(りやくだつ)
190草野(くさの)姿(すがた)(かく)しける
191アア如何(いか)にせむ曲神(まがかみ)
192(のろ)はれきつた盗人(ぬすびと)
193如何(いか)(まこと)()くとても
194(さと)(すべ)なき(あは)れさよ
195手負(てお)(たま)ひしデビス(ひめ)
196ヘルの背中(せなか)()はせつつ
197テルモン(ざん)神館(かむやかた)
198目当(めあて)(すす)野路(のぢ)(うへ)
199(まも)らせ(たま)惟神(かむながら)
200(かみ)御前(みまへ)()(まつ)
201(この)()(つく)りし神直日(かむなほひ)
202(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
203(ただ)何事(なにごと)(ひと)()
204直日(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)
205()(あやまち)()(なほ)
206(かみ)(われ)()(とも)にあり
207如何(いか)なる(まが)()()とも
208(まこと)(ひと)つの大道(おほみち)
209さやる(すべ)なき曲津神(まがつかみ)
210一日(ひとひ)(はや)(たましひ)
211(あら)(きよ)めて大神(おほかみ)
212(まこと)(みち)(かへ)れかし
213アア惟神(かむながら)々々(かむながら)
214御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
215 ヘルはデビス(ひめ)()()(なが)(いき)(くる)しげに一歩(ひとあし)々々(ひとあし)拍子(ひやうし)をとつて(うた)()した。
216『ウントコドツコイ ドツコイシヨ
217(あく)(むく)いは()のあたり
218バラモン(ぐん)解散(かいさん)
219同時(どうじ)(こころ)(ねぢ)()
220(たちま)魔道(まだう)逆転(ぎやくてん)
221覆面(ふくめん)頭巾(づきん)怪装(くわいさう)
222旅人(りよじん)(かす)(ふところ)
223(たから)(うば)追剥(おひはぎ)
224一度(いちど)はなりし果敢(はか)なさよ
225ベルとシャルとの悪友(あくいう)
226(そその)かされて(たちま)ちに
227(おも)ひもよらぬ泥坊(どろばう)
228仲間(なかま)となりて()(ひと)
229(ころも)()がせ(かね)()
230挙句(あげく)(はて)(いのち)まで
231()りて露命(ろめい)(つな)ぎつつ
232エルシナ(がは)(たもと)まで
233(しの)(しの)びに()()れば
234ザンブと()ちし水煙(みづけむり)
235如何(いか)なる(ひと)投身(みなげ)ぞや
236(いのち)(たす)けにやなるまいと
237()(をど)らして深淵(ふかぶち)
238()()二人(ふたり)(すく)()
239(また)もやベルの悪人(あくにん)
240つまらぬ(こと)(あらそ)ひつ
241(ふたた)(ふち)転落(てんらく)
242(たま)中空(ちうくう)()()して
243八衢街道(やちまたかいだう)(たび)をなし
244(やみ)(まよ)へる(とき)もあれ
245(たちま)(きこ)ゆる法螺(ほら)(こゑ)
246高姫館(たかひめやかた)危難(きなん)をば
247求道居士(きうだうこじ)(すく)はれて
248(ふたた)(この)()(ひと)となり
249(かみ)(めぐ)みを(よろこ)びつ
250居士(こじ)御後(みあと)(したが)ひて
251エルシナ(だに)山口(やまぐち)
252()かかる(をり)しも一万両(いちまんりやう)
253所持(しよぢ)(たま)ふと()くよりも
254(こころ)(おに)(たちま)ちに
255(つの)()()てて(くる)()
256ベルと二人(ふたり)(しめ)()
257如何(いか)にもなしてこの(かね)
258(うば)はむものと四苦八苦(しくはつく)
259(つひ)には(かみ)(おどか)され
260(いのち)からがら(やま)()
261不動(ふどう)(たき)()()きて
262(あや)しき姿(すがた)(おどろ)きつ
263(ふる)(をのの)(をり)もあれ
264(あや)しの姿(すがた)滝壺(たきつぼ)
265(のぼ)りてトボトボ山坂(やまさか)
266()()(くぐ)(かへ)()
267()()()るる月影(つきかげ)
268(ひかり)(まばゆ)宝石(ほうせき)
269(ほし)(ごと)くにピカピカと
270(かがや)きわたる(ひと)(かほ)
271これ見逃(みのが)してなるものか
272(おれ)につづけと()(なが)
273ベルは一歩前(ひとあしさき)()
274(くら)谷間(たにま)(くぐ)()
275(つき)(しら)みし山口(やまぐち)
276(くさ)茫々(ばうばう)()(しげ)
277(なか)目立(めだ)ちていと(ひろ)
278(いはほ)(そば)()()れば
279以前(いぜん)(をんな)方岩(はこいは)
280(うへ)安坐(あんざ)月光(げつくわう)
281(むか)つて(なに)(いの)()
282(すき)(うかが)ひベルの(やつ)
283猿臂(ゑんぴ)()ばして宝玉(ほうぎよく)
284(ひかり)(ねら)つてムシらむと
285()びかかりたる一刹那(いつせつな)
286ズドンと(ばか)二三間(にさんげん)
287()()されたる浅間(あさま)しさ
288(これ)()るよりウントコシヨ
289四辺(あたり)(しろ)(ひか)りたる
290枯木杭(かれぼくくひ)(ひろ)()
291無性(むしやう)矢鱈(やたら)にウントコシヨ
292(ほね)(くだ)けと(をんな)をば
293()あてにウンと打下(うちおろ)
294キヤツと一声(ひとこゑ)断末魔(だんまつま)
295やれ安心(あんしん)(むね)()
296ベルに(みづ)をば(あた)へつつ
297種々(いろいろ)雑多(ざつた)介抱(かいはう)して
298(やうや)(いき)()(かへ)
299(また)もや(たから)奪合(とりあ)ひに
300一悶錯(ひともんさく)をおツ(ぱじ)
301二人(ふたり)(いき)絶々(たえだえ)
302(つゆ)おく(くさ)(たふ)れけり
303かかる(ところ)三五(あななひ)
304(をしへ)(みち)求道居士(きうだうこじ)
305ケリナの(ひめ)諸共(もろとも)
306(あら)はれまして吾々(われわれ)
307(いのち)(すく)(たま)ひてゆ
308ここに(こころ)をとり(なほ)
309罪亡(つみほろ)ぼしの(その)()めに
310デビスの(ひめ)(せな)()
311(おも)たき(あし)引摺(ひきず)りつ
312テルモン(ざん)神館(かむやかた)
313小国別(をくにのわけ)御前(おんまへ)
314(わび)(かたがた)(すす)()
315(わが)()(うへ)果敢(はか)なけれ
316アア惟神(かむながら)々々(かむながら)
317御霊(みたま)(さち)はひましまして
318ヘルが(おか)せし罪科(つみとが)
319一日(ひとひ)(はや)(ゆる)しまし
320()きては(かみ)御用(ごよう)()
321()しては(たふと)天国(てんごく)
322(きよ)生涯(しやうがい)(おく)るべく
323(まも)らせ(たま)惟神(かむながら)
324天地(てんち)()ぶる大神(おほかみ)
325御前(みまへ)(かしこ)()ぎまつる』
326(うた)(なが)らテルモン(ざん)中腹(ちうふく)327宮町(みやまち)()して爪先上(つまさきあが)りの原野(げんや)(かへ)()る。328種々(いろいろ)雑多(ざつた)(はた)()てた宮町(みやまち)老若男女(らうにやくなんによ)はワックスを隊長(たいちやう)とし、329デビス(ひめ)()(かく)生捕(いけど)らむものと、330町内(ちやうない)(くま)なく(さが)し、331(つひ)郊外(かうぐわい)にまで(あら)はれて()た。332求道居士(きうだうこじ)一行(いつかう)は、333そんな変事(へんじ)(おこ)つてゐるとは(ゆめ)にも()らず、334悠々(いういう)として宣伝歌(せんでんか)(うた)ひながら、335(みち)(かたへ)のパインの(もり)少時(しばし)(いき)(やす)めて()た。336群衆(ぐんしう)喊声(かんせい)時々刻々(じじこくこく)(たか)まり(きた)る。
337大正一二・三・二四 旧二・八 於皆生温泉浜屋 北村隆光録)