霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第五章 糞闘(ふんとう)〔一四五五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第57巻 真善美愛 申の巻 篇:第1篇 照門山颪 よみ:てるもんざんおろし
章:第5章 第57巻 よみ:ふんとう 通し章番号:1455
口述日:1923(大正12)年03月24日(旧02月8日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年5月24日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5705
愛善世界社版: 八幡書店版:第10輯 280頁 修補版: 校定版:62頁 普及版:28頁 初版: ページ備考:
001 (やかた)受付(うけつけ)(たま)りにはエル、002オークス、003ビルマの三人(さんにん)004(つくゑ)真中(まんなか)()いて胡床(あぐら)をかき(むし)のよい(ゆめ)()て、005(たがひ)泡沫(はうまつ)(ごと)出世譚(しゆつせばなし)(あらそ)うて()る。
006エル『おい、007オークス、008貴様(きさま)門番(もんばん)(くせ)にドカドカと受付(うけつけ)関所(せきしよ)突破(とつぱ)して(おく)()進入(しんにふ)して()つたと()えるが、009余程(よほど)奥様(おくさま)からお目玉(めだま)()つたと()え、010随分(ずいぶん)(つら)(ふく)らしてゐるぢやないか。011(おれ)(ふくろふ)化物(ばけもの)(おも)つたよ』
012オークス『ヘン、013門番(もんばん)門番(もんばん)て、014偉相(えらさう)()ふない。015睾丸潰(きんたまつぶ)しの大将(たいしやう)()016(おれ)(いま)(まで)門番(もんばん)オークスとはチト(ちが)ふのだ。017これから此館(ここ)家令職(かれいしよく)となり、018奥住(おくずま)ひとなつてオークス(づと)めをするのだから、019何事(なにごと)(この)(はう)吩咐(いひつけ)服従(ふくじゆう)するのだぞ。020なあビルマ、021(まへ)がよく()つてるだらう』
022ビルマ『さうだな。023マアマア(ゆめ)(なか)家令(かれい)(ぐらゐ)なものだらうかい。024こんな(ところ)で、025かれい026これ()うて()ると(ひと)()かれて、027サア(いま)()(とき)(すべ)ての計劃(けいくわく)画餅(ぐわへい)()するかも()れないぞ。028成功(せいこう)する(ひと)(だま)つて()るよ。029(だま)つてる(ひと)夜光(やくわう)(たま)をとると()つてな、030(なん)でもガラガラ()ふものぢやない。031沈黙(ちんもく)一等(いつとう)だ』
032オークス『馬鹿(ばか)()ふな。033(すで)(すで)奥様(おくさま)から証言(しようげん)()()るのだ。034(たれ)(なん)()つてもワックスさまを此館(ここ)主人(あるじ)となし、035デビス(ひめ)(さま)芽出(めで)たく合衾(がふきん)(しき)()げさせ、036(この)オークスが家令職(かれいしよく)となり、037(いもうと)のケリナ(ひめ)(やが)(かへ)らるると()(こと)だから、038ケリナ(ひめ)(をつと)となり、039教務(けうむ)040政務(せいむ)刷新(さつしん)し、041綱紀(かうき)振粛(しんしゆく)尭舜(げうしゆん)()()たすのだ。042(いま)(まで)のやうな老耄(おいぼれ)や、043狼狽者(あわてもの)睾丸潰(きんたまつぶ)しの受付(うけつけ)では駄目(だめ)だからな。044エツヘヘヘヘヘ』
045エル『イツヒヒヒヒヒアイタタタタ(あんま)りしようもない(こと)(ぬか)すので、046可笑(をか)しうて睾丸(きんたま)(ひび)いて睾丸(きんたま)(いた)くて(ろく)(わら)ふことも出来(でき)やせないわ。047貴様(きさま)()(なが)いので、048そんな(ゆめ)でも()たのだらう。049それよりも(はや)門番(もんばん)神妙(しんめう)(つと)めぬかい。050旦那様(だんなさま)何時(いつ)()れぬ(やう)御病気(ごびやうき)(おこ)つてるのに、051ウカウカして()(とき)ぢやないぞ』
052オークス『おい、053エル、054旦那様(だんなさま)(すで)御帰幽(ごきいう)になつたと()つて()れて(ある)いたぢやないか。055随分(ずいぶん)いい狼狽者(あわてもの)だな』
056エル『(きま)つた(こと)だ。057(なん)でも手廻(てまは)しよくして()かねば間尺(ましやく)(あは)ぬぢやないか。058病人(びやうにん)ぢやなくても年寄(としより)(さき)()ぬのは当然(あたりまへ)だ。059何時(いつ)(まで)旦那様(だんなさま)()きて()ると(おも)へば何時(なんどき)アフンとせなくちやならぬか(わか)らぬから、060一寸(ちよつと)町民(ちやうみん)()()ますために布令(ふれ)()し、061予行演習(よかうえんしふ)をやつたのだ。062英雄(えいゆう)心事(しんじ)門番(もんばん)(わか)つて(たま)るかい。063エヘン、064イヒン、065アイタタタタどうも睾丸(きんたま)(やつ)066もの()ひやがつて仕方(しかた)がないわ』
067オークス『おい、068エル、069ここは(ひと)真面目(まじめ)になつて()いて()れ。070本当(ほんたう)(おれ)今日(けふ)から家令職(かれいしよく)だぞ。071そしてワックス(さま)当館(たうやかた)御世継(およつぎ)だ。072それから()のビルマが受付(うけつけ)(すわ)り、073(まへ)(しばら)睾丸(きんたま)(なほ)(まで)(ひま)(たまは)つて休養(きうやう)するのだな。074(おれ)家令(かれい)になつた(うへ)は、075滅多(めつた)受付(うけつけ)より(した)(やく)はささぬから、076柔順(おとな)しく(ひか)へたが()からう』
077エル『(おれ)()んでも受付(うけつけ)()めぬのだ。078何程(なにほど)貴様(きさま)家令(かれい)になつた(ところ)で、079(おれ)受付(うけつけ)はハルナの(みやこ)大黒主(おほくろぬし)(さま)から、080命令(めいれい)()けてゐるのだから、081(おれ)地位(ちゐ)到底(たうてい)(うご)かすことは出来(でき)まい。082そんな(こと)()はずに門番(もんばん)でも神妙(しんめう)(つと)めたが()からうぞ』
083オークス『よし、084そんなら(おれ)受付(うけつけ)免職(めんしよく)させて()せよう。085貴様(きさま)受付(うけつけ)であり(なが)門外(もんぐわい)()()し、086()んでも(ござ)らぬ旦那様(だんなさま)をお(かく)れになつたと()(ある)き、087町内(ちやうない)(さわ)がした大罪人(だいざいにん)だ。088これを大黒主(おほくろぬし)(さま)上申(じやうしん)しようものなら、089それこそ免職(めんしよく)(よひ)(くち)090貴様(きさま)(かさ)(だい)()んで(しま)ふのだ。091どうだ、092それでも(くる)しうないのか』
093エル『マママママ()つて()れ。094それやさうぢやけれど、095(じつ)(ところ)(ゆめ)()()つたのだ。096(ゆめ)でした(こと)仕方(しかた)がないぢやないか』
097オークス『(なに)098(ゆめ)()たと、099貴様(きさま)はさうすると怠慢(たいまん)(つみ)(まぬが)るる(こと)出来(でき)ない。100(あさ)から(ばん)まで平家蟹(へいけがに)のやうに()(たま)をツン()して、101役目(やくめ)大切(たいせつ)受付(うけつけ)(まも)つて()らねばならぬ役目(やくめ)でありながら、102(ひる)(うち)からサボタージュをやつて昼寝(ひるね)をやつて()つたのだな。103益々(ますます)()しからぬ。104おいビルマ、105貴様(きさま)証拠人(しようこにん)だ。106ここで(ひと)上申書(じやうしんしよ)()くから、107(まへ)証拠人(しようこにん)になつて()れ』
108ビルマ『そら、109(おれ)証拠人(しようこにん)にならぬ(こと)はないが、110(ちやう)事勿(ことなか)れと()つてエルの(こと)上申(じやうしん)すると、111それが(ひと)つの(ひつ)かかりとなり、112(しまひ)には貴様(きさま)(おれ)との……それ……窃盗(せつたう)事件(じけん)発覚(はつかく)するぢやないか。113ここはお(たがひ)辛抱(しんばう)したが()からうぞ』
114オークス『(なに)115何時(いつ)(おれ)窃盗(せつたう)した。116馬鹿(ばか)(こと)()ふな』
117ビルマ『セツトウと()ふのは盗人(ぬすびと)(こと)ぢやない。118去年(きよねん)(ふゆ)119テルモン(ざん)谷間(たにあひ)(ゆき)(かた)めて(ほら)穿(うが)ち、120そこで(あそ)んだ(こと)があるだらう。121それを雪洞(せつとう)()ふのだ。122それでも矢張(やつぱり)サボになるからのう』
123オークス『(なに)124俺等(おれたち)門番(もんばん)だから、125立派(りつぱ)(もん)(つく)らうと(おも)つて、126(ゆき)雛型(ひながた)(つく)つて(その)(した)(とほ)つたのだから、127()はば職務(しよくむ)忠実(ちうじつ)になるのだ。128そんな(こと)(なに)129(つみ)にならう』
130(うま)二人(ふたり)()つて窃盗(せつたう)事件(じけん)誤魔化(ごまくわ)して(しま)つた。
131エル『ヒヒヒヒ、132アイタタタタ(なん)だか()らぬが、133二人(ふたり)とも()(すべ)つた(こと)(うま)()りつけたやうな気分(きぶん)がしてならぬわ。134此奴(こいつ)(さぐ)つて()れば(なに)かあるに相違(さうゐ)ない。135香爐(かうろ)金銀(きんぎん)水壺(みづつぼ)を、136あの(さわ)ぎに(みな)(ぬす)んで(しま)つたと()うてるからにやお前等(まへたち)が、137よもや……ではあるまいかの』
138オークス『馬鹿(ばか)()ふな。139(おれ)旦那様(だんなさま)御病気(ごびやうき)について、140門番(もんばん)(やす)んで(いま)(いま)まで(おく)御用(ごよう)をして()つたのだから、141そんな(こと)(ちつ)とも()らないわ。142大方(おほかた)三五教(あななひけう)魔法使(まはふつかひ)()つて()んだのだらう』
143ビルマ『オイ両人(りやうにん)144こんな(はなし)()めにして、145()(かく)旦那様(だんなさま)何時(いつ)国替(くにが)へになるやら(わか)らぬなり、146家令(かれい)(また)何時(いつ)()ぬか()れぬ場合(ばあひ)だ。147ここで(おれ)(たち)三人(さんにん)同盟(どうめい)して(ひと)出世(しゆつせ)(もん)(ひら)かうぢやないか。148何時(いつ)(まで)門番(もんばん)受付(うけつけ)では面白(おもしろ)うないからのう。149(さいは)(とし)(わか)独身者(ひとりもの)だから、150家令(かれい)息子(むすこ)のワックスの馬鹿(ばか)此館(ここ)養子(やうし)にするのは勿体(もつたい)ない。151一層(いつそ)(こと)152(おれ)(たち)三人(さんにん)で、153此館(ここ)のお世継(よつぎ)と、154家令(かれい)と、155受付(うけつけ)(けん)内事頭(ないじがしら)()つの(やく)占領(せんりやう)する(こと)にしようぢやないか』
156エル『ウン、157そりや面白(おもしろ)からう。158(しか)(なが)(おく)さまが(うん)()つて()れるだらうかな』
159オツクス『そこはそれ、160弱味(よわみ)につけ()(かぜ)(かみ)さまだ。161(この)(たふと)霊地(れいち)三五教(あななひけう)魔法使(まはふつかひ)をソツと引張(ひつぱ)()んだと()ふ、162(おく)さまに弱点(じやくてん)があるのだから、163屹度(きつと)(おれ)(たち)意見(いけん)採用(さいよう)するにきまつてる。164()採用(さいよう)せなけりや()破滅(はめつ)だからな』
165エル『成程(なるほど)166そりや妙案(めうあん)だ。167そんなら(おれ)此館(ここ)養子(やうし)になるから、168貴様(きさま)(たち)両人(りやうにん)家令(かれい)(なら)びに内事係(ないじがかり)(けん)受付(うけつけ)としてやらう。169門番(もんばん)分際(ぶんざい)として異数(いすう)抜擢(ばつてき)だらう』
170オークス『馬鹿(ばか)()ふな。171(おれ)はデビス(ひめ)さまの(をつと)となり当家(たうけ)のお世継(よつぎ)だ。172(まへ)(たち)二人(ふたり)(くじ)でもして家令(かれい)受付(うけつけ)とをやつたが()からう。173家令職(かれいしよく)受付(うけつけ)とは大変(たいへん)段階(だんかい)がある。174(もし)受付(うけつけ)となつたものは、175(いもうと)さまが(かへ)られたら受付(うけつけ)女房(にようばう)にする。176世継(よつぎ)はどうしても(あね)さまの婿(むこ)(かぎ)つてる。177家令(かれい)役柄(やくがら)(うへ)だから(ひめ)(さま)(もら)はずに辛抱(しんばう)するのだ。178さうすりや不公平(ふこうへい)()いだらう』
179エル『(とき)綿屋(わたや)老爺(おやぢ)(はなし)()けば、180高倉(たかくら)とか、181(あさひ)とか()三五教(あななひけう)化狐(ばけきつね)が、182二人(ふたり)(ひめ)(さま)()けて狸坊主(たぬきばうず)一緒(いつしよ)にパインの(もり)(つか)まへられたと()(こと)だが、183実際(じつさい)そんな(こと)があるだらうか。184(おれ)不思議(ふしぎ)(たま)らぬのだ。185(なか)にはコソコソ(はなし)をしてる(やつ)があつて、186あれは(きつね)ぢやない本真物(ほんまもの)(ひめ)(さま)()つてるものもあるが、187あれが本真物(ほんまもの)ならばワックスが(かく)しよつた岩窟(いはや)(たす)けに()つて、188(ひめ)さまの(こひ)独占(どくせん)するのも一興(いつきよう)だがな』
189オークス『馬鹿(ばか)()ふな。190彼奴(あいつ)(きつね)にきまつてる。191(いぬ)()まれよつて首筋(くびすぢ)(みみ)()まれたり、192狸坊主(たぬきばうず)(まで)首筋(くびすぢ)()まれたと()つて、193(むらさき)になつてはれ(あが)つて()つた、194(なん)本真物(ほんまもの)でも、195あの御面相(ごめんさう)では御免(ごめん)だ』
196ビルマ『おい、197エル、198貴様(きさま)睾丸(きんたま)(つぶ)されて綿屋(わたや)離室(はなれ)にスツ()んで()(なが)ら、199どうしてそんな(こと)()()いたのだ。200チツト可笑(をか)しいぢやないか』
201エル『(なに)202(おれ)だつて(をんな)()いちやジツとして()いて()れないので、203「ワツシヨワツシヨ」と門前(かどさき)(かつ)いで()くのを、204門口(かどぐち)()()し、205トツクリ()(ところ)(ひめ)(さま)()()るが、206(なん)となしに険相(けんさう)(かほ)して()るので、207(きつね)のお()けかと(おも)つて()たのだ。208どうも人間(にんげん)()真偽(しんぎ)(わか)らぬが、209マア百人(ひやくにん)(もの)七十人(しちじふにん)(まで)がお()けと()ふのだから、210大勢(おほぜい)()(はう)本当(ほんたう)だらうかい』
211オークス『サア、212無駄話(むだばなし)はどうでも()いが、213()()(ばや)約束(やくそく)()めて()かうぢやないか。214(おれ)此館(ここ)御養子(ごやうし)にきめて()いて、215家令職(かれいしよく)受付(うけつけ)との、216これから約束(やくそく)だ。217どうぢや家令職(かれいしよく)になれば(ひめ)(さま)はもらへぬなり、218(ひく)(やく)受付(うけつけ)になればケリナ(ひめ)女房(にようばう)(もら)へるのだ。219(くらゐ)をとるか、220(いろ)をとるか、221()(ところ)だ』
222ビルマ『そんなら(おれ)受付(うけつけ)になるわ』
223エル『馬鹿(ばか)()ふな。224受付(うけつけ)(おれ)持前(もちまへ)だ。225天下御免(てんかごめん)受付(うけつけ)だ。226受付(うけつけ)(おれ)にきまつてる。227ヘン()みませぬな』
228オークス『オイ、229両人(りやうにん)230(ひめ)(さま)実際(じつさい)()きて(ござ)るか(ござ)らぬか(わか)らぬのだ。231万一(まんいち)(この)()()きて(ござ)らぬとすれば矢張(やつぱり)家令(かれい)になつた(はう)(とく)だぞ』
232エル『そんなら、233(おも)ひきつて(おれ)家令(かれい)になるわ。234ビルマ、235(まへ)236受付(うけつけ)になつて()れ』
237ビルマ『馬鹿(ばか)()ふな、238(たれ)受付(うけつけ)なんかするものかい。239適材適所(てきざいてきしよ)()つて、240此館(ここ)家令(かれい)貴様(きさま)のやうな狼狽者(あわてもの)では到底(たうてい)(つと)まりつこはない。241ビルマに(かぎ)つてるワイ』
242エル『(しか)し、243さうするとワックスさまのやり()()いぢやないか』
244オークス『(なに)245ワックスなんか、246彼奴(あいつ)悪事(あくじ)素破抜(すつぱぬ)いてやれば、247文句(もんく)なしに(いのち)()しさに()ぐるにきまつてる。248三人(さんにん)でさへも配置(はいち)(こま)つてるのに、249彼奴(あいつ)()()(たま)らうかい。250彼奴(あいつ)勘定外(かんぢやうぐわい)だ。251彼奴(あいつ)老爺(おやぢ)近々(ちかぢか)()んで(しま)ふから、252さうすりや門番(もんばん)(はし)にでも使(つか)つてやるのだな。253エツヘヘヘヘヘヘ』
254 ()何時(いつ)()にか(はなし)()()つて大声(おほごゑ)(さへづ)つて()る。255最前(さいぜん)からワックスは(かべ)(みみ)をあてて(からだ)(かく)し、256三人(さんにん)(はなし)()いて()たが(ごふ)()いて(たま)らぬので、257ソツと大便所(だいべんじよ)()長柄杓(ながびしやく)(きたな)いものを()つて()て、258自分(じぶん)(かほ)(かく)(なが)三人(さんにん)(まへ)(あら)はれ、259バツと(かほ)にふりかけ、260()()途端(とたん)(たたみ)(やぶ)れに(あし)()つかけ、261スツテンドウと(たふ)れて(しま)つた。262(たふ)れた拍子(ひやうし)()()(へだ)てた(しきゐ)(たか)(はな)()ち、263ウンと(いき)をつめ、264ビクともせず(くる)しんで()る。
265 三人(さんにん)不意(ふい)(くさ)(もの)(かほ)一面(いちめん)にかけられ、266(かほ)をハンカチーフにて(おさ)(なが)ら、267炊事場(すゐじば)(はう)(あら)ひに()かうと(はし)つた途端(とたん)に、268ワックスの(からだ)(つまづ)きバタリと(たふ)れた。269(つぎ)から(つぎ)から四人(よにん)(くそ)まぶれになつて()つくり(かへ)り、270ウンウン(うめ)いて()る。271(この)物音(ものおと)小国姫(をくにひめ)(この)()(はし)(きた)()れば、272(なん)とも()へぬ(くさ)(にほひ)がプンプンと(はな)をつく。273(ひめ)(はな)(つま)(なが)近寄(ちかよ)()れば、274(くそ)まぶれの長柄杓(ながびしやく)一本(いつぽん)と、275四人(よにん)(をとこ)(くそ)まぶれになつて、276其処(そこ)(たふ)()たり。
277小国姫(をくにひめ)糞度胸(くそどきよう)()ゑた(をとこ)(くそ)まぶれ
278(あし)(つまづ)いて苦楚(くそ)()めけり。
279(ばば)()(くそ)にまぶれた糞奴(くそやつこ)
280(くさ)(やつ)には(あき)()てたり。
281物臭(ものくさ)(たく)(いた)した天罰(てんばつ)
282(をとこ)(しやく)(たふ)れしならむ。
283オークスの(こころ)(きたな)門番(もんばん)
284今日(けふ)大糞(おほくそ)(かぶ)りけるかな。
285睾丸(きんたま)(うし)()まれて(また)ここで
286(くそ)(かぶ)せられ()エル馬鹿者(ばかもの)
287ワックスか(また)(くそ)かは()らねども
288どちらにしても(くさ)(やつ)かな』
289ワックス『糞奴(くそやつこ)三人(さんにん)(そろ)(その)(なか)
290(くそ)まぶしたり糞婆(くそばば)(いへ)で』
291小国姫(をくにひめ)『ワックスよ、(われ)(むか)つて糞婆(くそばば)
292()つた言葉(ことば)(わす)れずに()よ。
293いろいろと(くさ)思案(しあん)(めぐ)らして
294(くそ)()めたる(いま)天罰(てんばつ)
295オークス『テルモンの(やかた)家令(かれい)となる()には
296(くそ)苦労(くらう)(なん)のものかは』
297小国姫(をくにひめ)『いろいろと(くさ)(やつ)めが()()うて
298これの(やかた)(くそ)まき()らす。
299これよりはハルナの(みやこ)神柱(かむばしら)
300大黒主(おほくろぬし)申上(まをしあ)げなむ。
301何事(なにごと)(みな)三千彦(みちひこ)神司(かむづかさ)
302(さと)(たま)ひぬ汝等(なれら)(たく)みを。
303(ひと)(いへ)(なや)みにつけ()糞思案(くそじあん)
304(めぐ)らし(わが)()()つる馬鹿者(ばかもの)
305オークス『三千彦(みちひこ)三五教(あななひけう)魔法使(まはふつかひ)
306(つぶ)さに()げむ大黒主(おほくろぬし)へ。
307大黒主(おほくろぬし)(この)有様(ありさま)()きまさば
308小国姫(をくにのひめ)()(をは)りぞや』
309 かかる(ところ)へエキス、310ヘルマンの両人(りやうにん)(あわただ)しく(はし)(きた)り、311プンプン(にほ)臭気(しうき)(はな)(つま)(なが)ら、
312エキス『モシ奥様(おくさま)313ワックス(その)()連中(れんぢう)ぢや(ござ)いませぬか。314貴女(あなた)四人(よにん)(もの)陰謀(いんぼう)露顕(ろけん)(おそ)れて(くそ)()びせ()(たふ)し、315(いのち)をとらうとなさつたのですか、316こりや()しからぬ。317モウ()うなつては御主人様(ごしゆじんさま)だとて容赦(ようしや)(いた)しませぬぞ。318さあワックスさま(しつか)りなさいませ。319(これ)からハルナの(みやこ)早馬使(はやうまづかひ)()貴方等(あなたがた)(かたき)()つて()げませう』
320()(なが)(しり)ひつからげ、321エキス、322ヘルマン両人(りやうにん)表門(おもてもん)さして(くも)(かすみ)()()したり。323四人(よにん)はヤツと()(あが)り、324(たがひ)(からだ)洗濯(せんたく)(をは)り、325一間(ひとま)()つて(いま)(まで)喧嘩(けんくわ)(しばら)(よこ)()き、326(ふたた)野心(やしん)(みた)すべく秘密相談会(ひみつさうだんくわい)(ひら)(こと)となつた。327小国姫(をくにひめ)(をつと)病気(びやうき)気遣(きづか)匆々(さうさう)(この)()()つて(おく)()()(かく)しけり。
328大正一二・三・二四 旧二・八 於皆生温泉浜屋 北村隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/24【霊界物語ネット】『出口王仁三郎全集』の「第二篇 皇道我観」(第一~第十章)を校正しました。
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。