霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第七章 暗闇(くらがり)〔一四五七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第57巻 真善美愛 申の巻 篇:第1篇 照門山颪 よみ:てるもんざんおろし
章:第7章 第57巻 よみ:くらがり 通し章番号:1457
口述日:1923(大正12)年03月24日(旧02月8日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年5月24日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5707
愛善世界社版: 八幡書店版:第10輯 291頁 修補版: 校定版:94頁 普及版:43頁 初版: ページ備考:
001 ワックスは猛犬(まうけん)スマートに(くは)へられ、002(もん)(そと)(はこ)()され、003(しばら)くは()(とほ)くなり、004夏草(なつぐさ)(うへ)()(よこ)たへて(うめ)いて()た。005(かか)(ところ)へビルマは(つき)()鼻唄(はなうた)(うた)(なが)らやつて()た。006(たちま)一天(いつてん)()(くも)り、007大空(おほぞら)(すみ)(なが)した(ごと)く、008サツと月光(げつくわう)(つつ)んで仕舞(しま)つた。
009ビルマ『暗闇(くらがり)一滴(いつてき)
010(てん)()との(あひだ)
011ぼつたりと()ちると
012暗黒(あんこく)静寂(せいじやく)
013うろたへてやつて()
014
015ふくれ(あが)つた暗闇(くらやみ)(なか)
016(いらか)(なみ)はどよみ
017煙突(えんとつ)(はやし)黙立(もくりつ)
018四方(よも)山脈(さんみやく)横臥(わうぐわ)
019万物(ばんぶつ)
020(いま)
021暗灰色(あんくわいしよく)()けて()
022
023暗闇(くらやみ)(ひと)つの(かべ)から
024(すす)けた
025(あか)らんだ
026(つき)
027(かほ)をしかめた
028
029(つき)はユララユララと
030ゆらめきながら
031(けは)しい(くも)坂路(さかみち)
032(のぼ)(はじ)めた
033
034しばし
035やがて
036悪魔(あくま)(つばさ)をひろげて
037黒雲(くろくも)臥床(ふしど)
038(つき)()()めて(しま)ふと
039暗闇(くらやみ)がぬけ()ちた()(あひだ)から
040ゲラゲラと(わら)うて
041(いそ)いで()(なか)(もぐ)()んだ
042
043(あく)(あさ)
044生温(なまぬる)(あめ)
045しよぼしよぼと()つて()
046
047(つき)(おそ)ろし雲間(くもま)(かく)
048ワックス(つかさ)(くも)がくれ
049(くろ)(いぬ)()()んで()
050ウウ、ワンワン()(たけ)
051ワツと(おどろ)くワックスが
052(おび)(くは)へてトントンと
053(もん)(そと)へと(ひき)ずり()した
054その(おそ)ろしい権幕(けんまく)
055ビルマはビルビル(ふる)()
056オークスさまは()(いだ)
057睾丸(きんたま)(つぶ)したエルの(やつ)
058(くも)(かすみ)(かく)()
059さはさり(なが)らデビスのお(ひめ)さま
060どこの何処(いづこ)(くも)がくれ
061月雪花(つきゆきはな)にも(まが)うよな
062綺麗(きれい)綺麗(きれい)なお顔立(かほだち)
063一寸(ちよつと)()てさへ(ふる)ひつく
064(くも)がお(つき)(かく)すよに
065いづこの曲津(まがつ)がやつて()
066テルモン(やかた)蓮華花(れんげばな)
067何処(どこ)(かく)したか()らねども
068ワックスさまは()()める
069あれ(ほど)()れたお(ひめ)さま
070三五教(あななひけう)魔法使(まはふつかひ)
071みちみち(ひこ)(さら)はれて
072(ゆび)(くは)へてアングリと
073(さぞ)(いま)(ごろ)(くさ)(つゆ)
074(なみだ)湿(しめ)(こと)だらう
075とは()ふものの(おれ)だとて
076木石(ぼくせき)ならぬ(ひと)()
077(をとこ)(うま)れて()たからは
078あんなナイスと一夜(いちや)(まくら)
079(かは)してみたい()(おこ)
080ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
081月下氷人(むすぶのかみ)()(あは)
082(ひめ)所在(ありか)(たづ)()
083第一番(だいいちばん)功名(こうみやう)手柄(てがら)
084やらねばならぬ羽目(はめ)となり
085弥々(いよいよ)(やかた)()()して
086(つき)(ひかり)(たよ)りとし
087此処(ここ)(まで)やつて()たものの
088一寸先(いつすんさき)()えわかぬ
089真暗(まつくら)がりの馬場道(ばんばみち)
090アイタタツタ何者(なにもの)ぢや
091(いや)らしいものが(さは)つたぞ
092これやこれや其方(そち)化物(ばけもの)
093合点(がてん)のゆかぬ代物(しろもの)ぢや
094三五教(あななひけう)魔法使(まはふつかひ)
095こんな(ところ)化物(ばけもの)
096(あら)はし(おれ)肝玉(きもだま)
097()らうとしても駄目(だめ)だぞよ
098ウンウンウンウンそれや(なん)
099(きつね)(たぬき)(おほかみ)
100(ただし)天狗(てんぐ)古狸(ふるだぬき)
101(わけ)(わか)らぬ(うな)(ごゑ)
102()げようと()つても足許(あしもと)
103ハツキリ(わか)らぬ(この)場合(ばあひ)
104この怪物(くわいぶつ)正体(しやうたい)
105度胸(どきよう)()ゑて調(しら)べよか
106もしも(ひめ)さまであつたなら
107それこそ(おも)はぬ(まう)けもの
108アア惟神(かむながら)々々(かむながら)
109御霊(みたま)幸倍(さちはへ)ましませよ』
110(ふる)(ふる)(うた)つて()る。111(にはか)黒雲(くろくも)はパツと()れて皎々(かうかう)たる(なつ)(つき)四辺(あたり)(ひる)(ごと)(てら)した。112(くさ)()(つゆ)(たま)には月光(げつくわう)宿(やど)瑠璃(るり)(ごと)くに(ひか)つて()る。113ビルマは足許(あしもと)(くろ)(かげ)()(くび)(かたむ)(うかが)へば(まさ)しく人間(にんげん)(うな)(ごゑ)である。114怖々(こはごは)ながら(そば)()り『オーイオーイ』と(ふた)()(ゆす)つて()た。115(たふ)れた(かげ)はムクムクと()(あが)りビルマの(かほ)(のぞ)くやうにして凝視(みつ)めて()る。116ビルマは(つき)()()うて()たのでハツキリ(かほ)(わか)らなかつたが、117一方(いつぱう)(かほ)には月光(げつくわう)()けて(かほ)生地(きぢ)(まで)(わか)つてゐる。
118ビルマ『ヤアお(まへ)はワックスぢやないか。119随分(ずいぶん)(ひど)()()つたものだなア。120どこともなしに山犬(やまいぬ)がやつて()やがつてお(まへ)(くは)へて()(とき)(おそ)ろしさ、121友達(ともだち)難儀(なんぎ)見捨(みす)てる(わけ)にもゆかず、122オークス、123エルの(やつ)はビリビリ(ふる)つて()るなり、124剛胆不敵(がうたんふてき)(この)ビルマが(たす)けようと(おも)うてやつて()(ところ)125(まへ)()(あた)り、126どうも()まぬ(こと)をした。127どうだ、128どこも怪我(けが)()かつたか』
129ワックス『ウン有難(ありがた)う、130よう()()れた。131友達(ともだち)なればこそ()()れたのだなア。132山犬(やまいぬ)()()此処(ここ)(まで)(おれ)(くは)()み、133最後(さいご)になつて()()()りやがつた(とき)には()がマクマクして(こは)かつたよ。134(しか)(なが)親友(しんいう)なればこそお(まへ)()()れたのだ。135この(まま)()つて()けば(おれ)(いのち)()くなつたかも()れない。136アア有難(ありがた)い、137(れい)(まを)す、138屹度(きつと)(おれ)目的(もくてき)(たつ)したならお(まへ)家令(かれい)にしてやるから(たの)しんで()つて()れ』
139ビルマ『(なん)(にはか)雲行(くもゆき)(かは)つたものですな。140いつも(わたし)門番(もんばん)門番(もんばん)()(つけ)になさいましたが、141今日(けふ)(かぎ)つて親友(しんいう)だと()つて(くだ)さつた。142アア有難(ありがた)い、143幾久(いくひさ)しう親友(しんいう)として御交際(ごかうさい)(ねが)ひますよ。144いつもなら吾々(われわれ)塵埃(ちりあくた)(ごと)振向(ふりむ)いても(くだ)さらぬのだが、145矢張(やつぱ)(かな)はぬ(とき)神頼(かみだの)み、146こんな(とき)()(もら)うと(うれ)しいと()えますな。147(しか)斯様(かやう)(ところ)()ると(たれ)()つかるかも(わか)りませぬ。148サア一時(いちじ)(はや)貴方(あなた)のお(やかた)(まで)(おく)つて()げませう』
149ワックス『(いへ)(かへ)(どこ)か、150(まへ)(なん)(おも)ふかも()れぬが、151(また)しても三五教(あななひけう)魔法使(まはふつかひ)(やかた)(なか)(もぐ)()んで()るやうだ。152さうでなければあの(いぬ)()()(はず)がない。153サア(これ)から、154人気(にんき)()つたを(さいは)ひ、155(かね)太鼓(たいこ)(たた)いて辻説法(つじせつぽふ)(はじ)め、156あの三千彦(みちひこ)門外(もんぐわい)(おび)()し、157やつつけねば陰謀(いんぼう)露見(ろけん)して吾等(われら)(かさ)(だい)()ぶかも()れぬ。158(すこ)(こし)(いた)くとも辛抱(しんばう)して今晩(こんばん)大活動(だいくわつどう)をやるのだな。159アイタタツタ。160山犬(やまいぬ)(やつ)161ひどくやつ()けやがつた。162おい、163ビルマ、164何処(どこ)かで驢馬(ろば)でも()(ぱり)()して()()れ。165そして(かね)太鼓(たいこ)(さが)して()つて()い。166(てん)(のぼ)るか地獄(ぢごく)()ちるかと()境目(さかひめ)だからな』
167ビルマ『三千彦(みちひこ)魔法使(まはふつかひ)岩窟(がんくつ)(なか)()()めて、168二人(ふたり)番卒(ばんそつ)がつけてある(うへ)は、169滅多(めつた)(やかた)(うち)(かへ)つて()(はず)がありますまい。170(まへ)さま山犬(やまいぬ)()られて()(くる)うたのではありますまいか』
171ワックス『エ、172馬鹿(ばか)()ふな、173その(くらゐ)(こと)()(くる)ふものか、174サア(こと)(おく)れては一大事(いちだいじ)だ、175(はや)(はや)く』
176()()てる、177ビルマは一目散(いちもくさん)()()し、178驢馬(ろば)(またが)一頭(いつとう)()()(きた)り、179ワックスを(たす)()せ、180自分(じぶん)豆太鼓(まめだいこ)摺鉦(すりがね)()()らしながら、181宮町(みやまち)四辻(よつつじ)(むか)つて()()し、
 
182 トントンチンチン トンチンチン
183 チントン チントン チントントン
 
184夜中(よなか)飴屋式(あめやしき)(はや)()てた。185杢平(もくべい)186八平(はちべい)187田吾作(たごさく)もこの(こゑ)(ゆめ)(やぶ)られて(あわ)てて戸外(こぐわい)()()した。188ワックスは馬上(ばじやう)より大声(おほごゑ)()()げ、
189『ヤアヤア宮町(みやまち)連中殿(れんちうどの)190(また)もや三五教(あななひけう)魔法使(まはふづかひ)がお(やかた)(あら)はれた。191サア戸毎(こごと)(たた)(おこ)脛腰(すねこし)()つものは拙者(せつしや)(したが)つて(やかた)表門(おもてもん)()しかけられよ、192(とき)(おく)れては一大事(いちだいじ)193魔法使(まはふづかひ)先度(せんど)のやうに(たから)(うば)()り、194(しま)ひには(いのち)(まで)()つて仕舞(しま)ひますぞ。195悪魔(あくま)(ほろ)ぼすは(いま)(この)(とき)
196呶鳴(どな)()てた。197(つぎ)から(つぎ)へと慌者(あわてもの)()(ある)き、198(またた)(うち)二三百(にさんびやく)老若男女(らうにやくなんによ)四辻(よつつじ)(あつ)まつて()た。199ビルマは馬上(ばじやう)より、
 
200 ドンドコ ドンドコ ドコドコドン
201 チヤンチキ チヤンチキ チヤンチキチン
 
202(はや)()(なが)先頭(せんとう)()つて(すす)む。203ワックスは馬上(ばじやう)から進軍(しんぐん)(うた)(うた)(はじ)めた。
204ワックス『()()()()(おに)()
205テルモン(ざん)神館(かむやかた)
206小国別(をくにわけ)(おく)()
207()てよ()()(いま)()てよ
208(やかた)大事(だいじ)()ふも(さら)
209汝等(なんぢら)一同(いちどう)難儀(なんぎ)だぞ
210ドンドコ ドンドコ ドコドコドン
211チヤンチキ チヤンチキ チヤンチキチン
212各自(めいめい)(いへ)重宝(ぢゆうはう)
213戸毎(こごと)(ぬす)んだ泥坊(どろばう)
214三五教(あななひけう)魔法使(まはふつかひ)
215三千彦(みちひこ)(つかさ)()(おに)
216(ころ)せよ(ころ)せよ()(ころ)
217これを見逃(みのが)()いたなら
218(かみ)(やかた)()ふも(さら)
219前等(まへら)一同(いちどう)()(をは)
220(いのち)()るか()られるか
221千騎一騎(せんきいつき)正念場(しやうねんば)
222ドンドコ ドンドコ ドコドコドン
223チヤンチキ チヤンチキ チヤンチキチン』
224 (うた)拍子(ひやうし)につれて数多(あまた)老若男女(らうにやくなんによ)月光(げつくわう)()びながら(やかた)表門(おもてもん)()して()()せた。225この物音(ものおと)小国姫(をくにひめ)226三千彦(みちひこ)不審(ふしん)(おこ)し、227三千彦(みちひこ)小国姫(をくにひめ)病人(びやうにん)看護(かんご)をさせ()き、228自分(じぶん)(ただ)一人(ひとり)門外(もんぐわい)()()した。229ワックスは三千彦(みちひこ)姿(すがた)()るより、
230ワックス『ヤアヤア(みな)(もの)231(いま)其処(そこ)(あら)はれた(やつ)町民(ちやうみん)(あだ)232大泥坊(おほどうばう)魔法使(まはふつかひ)だ、233それ()がすな』
234下知(げち)すれば、235(なに)()らぬ老若男女(らうにやくなんによ)蚯蚓(みみず)(あり)(あつ)まつたやうに四方(しはう)から木片(きぎれ)をもつて()(たた)き、236()つて(たか)つてふん(じば)り、237ワツシヨワツシヨと(こゑ)(そろ)へてアンブラック(がは)水瀬(みなせ)にザンブと(ばか)()()んで仕舞(しま)つた。238アア三千彦(みちひこ)運命(うんめい)はどうなるであらうか。
239大正一二・三・二四 旧二・八 於伯耆皆生温泉浜屋 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)