霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第九章 婆娑(ばしや)〔一四五九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第57巻 真善美愛 申の巻 篇:第2篇 顕幽両通 よみ:けんゆうりょうつう
章:第9章 第57巻 よみ:ばしゃ 通し章番号:1459
口述日:1923(大正12)年03月25日(旧02月9日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年5月24日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5709
愛善世界社版: 八幡書店版:第10輯 302頁 修補版: 校定版:125頁 普及版:55頁 初版: ページ備考:
001 (しも)()たれて茶滓(ちやかす)のやうになつた(むく)()は、002(こがらし)()かれてハラハラと小鳥(ことり)(むれ)()つやうに四辺(あたり)()()つて()る。003()()羽衣(はごろも)()いだ(くり)(こずゑ)には成育(せいいく)()しき(むし)(つづ)つた毬栗(いがぐり)(ふた)()蜘蛛(くも)()(とも)中空(ちうくう)(ふる)つて()る。004(からす)皺嗄声(しわがれごゑ)()して岩窟(いはや)(ふもと)屑屋葺(くづやぶき)屋根(やね)にとまつて(かな)しげに()()てる。005どこともなしにボーンボーンと諸行無常(しよぎやうむじやう)()ぐる梵鐘(ぼんしよう)(きこ)えて()る。006鬼哭耿々(きこくしうしう)として寂寥(せきれう)()(せま)り、007()()()はぬガタガタ(ぶる)ひ、008(やぶ)障子(しやうじ)隙間(すきま)から(みみ)()すやうな(こがらし)がピウピウと()のやうに這入(はい)つて()る。009(くろ)ずんだ(やぶ)(だたみ)(ある)(たび)(ごと)(あし)にもつれつき、010幾度(いくたび)となく(ひと)(ころ)ばして(わら)つて()る。011霜柱(しもばしら)覚束(おぼつか)なげに一本橋(いつぽんばし)真白(まつしろ)けに()め、012川水(かはみづ)直濁(ひたにごり)(にご)り、013(いは)()んでは吠猛(ほえたけ)つて()る。014高姫(たかひめ)はシャルと(とも)(うら)岩山(いはやま)から小柴(こしば)()ちた、015(なかば)(みづ)(ふく)んだ枯枝(かれえだ)(ひろ)(きた)り、016(ふち)()けた囲爐裏(ゐろり)(くす)べ、017(みみ)()けた四角(しかく)湯釜(ゆがま)天釣(てんどり)()()げ、018真黒(まつくろ)けの(たけ)柄杓(ひしやく)()んでは()み、019()んでは()み、020(くすぶ)つた(かほ)をつき(あは)(なが)目玉(めだま)(ばか)りをキヨロづかせ、021(また)(あふ)(なが)ら、022(なに)かブツブツ不機嫌(ふきげん)(かほ)をして(ささや)いて()る。
023高姫(たかひめ)『これシャル、024(まへ)此処(ここ)()てから大分(だいぶ)日日(ひにち)()つたやうだが、025もう(ちつ)(この)生宮(いきみや)精神(せいしん)(わか)りさうなものぢやないか。026(あさ)から(ばん)(まで)灰猫(はひねこ)のやうに囲炉裏(ゐろり)(そば)にヘバリついて、027()ばかり餓鬼(がき)(やう)にガブガブ()んで()ないで、028(ちつ)(そと)()活動(くわつどう)しては如何(どう)だい。029第一霊国(だいいちれいごく)天人(てんにん)身魂(みたま)()出神(でのかみ)生宮(いきみや)亡者引(もさひき)をさして、030(まへ)灰猫爺(はひねこおやぢ)(やう)(くすぶ)つて()ても、031社会(しやくわい)(ため)貢献(こうけん)する(こと)出来(でき)ないぢやないか。032(ちつ)活動(くわつどう)して(もら)はなくては、033どうしてウラナイ(けう)のお(みち)(ひら)けますかい。034(まへ)サンも見掛(みかけ)によらぬどたふしものだなア』
035シャル『そりや(なに)をおつシャールのだ、036よう(かんが)へて御覧(ごらん)なさい。037()(にはか)陽気(やうき)(わる)くなり(よる)とも(ひる)とも(わか)らぬやうな()(なか)にどうして活動(くわつどう)出来(でき)ますか。038(そと)はビユウビユウと(こがらし)()き、039霜柱(しもばしら)()つて(からす)さへも(こは)さうに()いて()るぢやありませぬか。040()出神(でのかみ)生宮(いきみや)なら(ちつ)日輪様(にちりんさま)でも(のぼ)つて(もら)つて陽気(やうき)(あたた)かくなるやうにして(くだ)さい。041どれ(ほど)活動(くわつどう)しようと(おも)うても(からだ)(ちぢ)こまつて、042(さむ)うて(さび)しうて(なん)だか(おそ)ろしうて()(あし)()せないぢやありませぬか。043()出神(でのかみ)(さま)()加減(かげん)なものですよ。044これ(ほど)毎日(まいにち)日日(ひにち)(たの)むのに日一日(ひいちにち)(さむ)くなる(ばか)り、045こんな薄着(うすぎ)でどうして()()せませうか』
046高姫(たかひめ)『エエ(わけ)(わか)らぬトマ(すけ)だなア。047いつも()(とほ)苦労(くらう)(かたまり)(はな)()御教(みをしへ)だ。048(さむ)()をするのも(ひだる)()をするのも(くるし)()をするのも(みな)神様(かみさま)のお(めぐみ)だよ。049現世(げんせ)(かり)()()うて、050(かぎ)りがある。051どうせ一度(いちど)()なねばなりませぬよ。052()んでから、053エターナルに無上(むじやう)歓喜(くわんき)摂受(せつじゆ)し、054天国(てんごく)住民(ぢゆうみん)として(くら)さうと(おも)へば、055五十年(ごじふねん)百年(ひやくねん)(さむ)()をしたつて(ひだる)()をしたつて(やす)いものだ。056肉体(にくたい)(くる)しめて、057(みたま)(きた)()げ、058立派(りつぱ)立派(りつぱ)(かみ)生宮(いきみや)となるのだよ。059(この)高姫(たかひめ)(こと)(かんが)へて御覧(ごらん)なさい。060何程(なにほど)()出神(でのかみ)生宮(いきみや)()うたつて、061肉体(にくたい)()(かぎ)矢張(やつぱ)りお(まへ)サンと(おな)じやうに(さむ)(とき)には(さむ)い、062(ひだる)(とき)には(ひだる)いのだ。063結構(けつこう)()(みづ)とを(いただ)いて(のど)(かわ)けば(みづ)(いただ)(さむ)ければ()(いただ)いて(あたた)まる、064(なん)()勿体(もつたい)ない(こと)()ふのだえ。065()(みづ)とお(つち)との御恩(ごおん)(わす)れては人間(にんげん)(この)()()つてゆけないと何時(いつ)()ふぢやありませぬか。066(さて)(さて)(おぼ)えの(わる)健忘症(けんばうしやう)だなア、067(くる)しいのが結構(けつこう)だよ。068(くる)しみの(あと)には屹度(きつと)(たの)しみが()る、069(さむ)(ふゆ)(あと)には(はる)()る、070何程(なにほど)(ふゆ)(はる)にしようとしても、071それは天地(てんち)のお規則(きそく)だから、072人間(にんげん)左右(さいう)する(こと)出来(でき)ませぬぞや』
073シャル『(なに)(ほど)074()御恩(ごおん)仰有(おつしや)つても、075こう日月(じつげつ)(ひかり)もなく、076四面暗澹(しめんあんたん)として(やみ)(くだ)けたやうに、077(そら)から()ちて()ては()つから()(あたた)かうないぢやありませぬか。078此処(ここ)()は、079(なん)だか(みづ)(なか)()()つたやうに(ちから)がありませぬわ。080何程(なんぼ)()いても()いても(からだ)(あたた)まる(とこ)へはゆかず、081(けむ)たい(ばか)りで、082焚物(たきもの)(まで)(はら)()てて、083ブツブツ小言(こごと)()ひ、084シユンシユンと(なみだ)(まで)(こぼ)して()るぢありませぬか。085こんな()にあたつたところで燈明(とうみやう)()(しり)(あぶ)つて()るやうなものです。086(この)(ごろ)()老耄(おいぼれ)たのでせうか、087テント勢力(せいりよく)がありませぬわ』
088高姫(たかひめ)『コレ、089(なん)()勿体(もつたい)ない(こと)()ふのだい。090燈明(とうみやう)(しり)(あぶ)つたやうだなどとは怪体(けたい)(こと)()ふぢやないか。091(まへ)さまは(みたま)(わる)いから、092精霊(せいれい)(せき)八寒地獄(はつかんぢごく)()いて()るから、093それで(さむ)いのだよ。094(わたし)のやうに御神徳(ごしんとく)(いただ)きなさい。095精霊(せいれい)地獄(ぢごく)096肉体(にくたい)八衢(やちまた)彷徨(さまよ)うて()るやうな(こと)で、097どうして(かみ)生宮(いきみや)()へますか』
098シャル『(なん)だか()りませぬが、099高姫(たかひめ)さまの仰有(おつしや)(こと)(ちつ)とも(はら)這入(はい)りませぬがなア』
100高姫(たかひめ)(きま)つた(こと)だよ、101そこら(ぢう)泥坊(どろばう)(ある)いて()たやうな悪党者(あくたうもの)だから、102一旦(いつたん)()()んだ灰汁(あく)容易(ようい)()ちはせぬワイ。103誠水晶(まことすゐしやう)(かたまり)日本魂(やまとだましひ)結構(けつこう)結構(けつこう)生宮(いきみや)さまの身魂(みたま)と、104蛆虫(うじ)()いた(くそ)まぶれの身魂(みたま)とはどうしてもバツが()はないのは当然(たうぜん)だ。105(なに)()うても最奥第一霊国(さいあうだいいちれいごく)最下層地獄(さいかそうぢごく)(みたま)()いて()(もの)との応対(おうたい)だから、106(わし)()(こと)(わか)らぬのも無理(むり)はないが、107(しか)しこう(なが)らく(わし)(そば)()るのだから、108(すこ)しは身魂(みたま)(みが)けさうなものだが矢張(やつぱり)身魂(みたま)我羅苦多(がらくた)だから(ほね)()れる(こと)だよ。109毎日(まいにち)日日(ひにち)(まへ)一人(ひとり)にかかつて言霊(ことたま)原料(げんれう)()くなるほど()(さと)して()るのに、110()()(つゆ)(ほど)改心(かいしん)出来(でき)てゐないぢやないか、111(めくら)(つんぼ)()ふものは、112どうにもかうにも料理(れうり)仕様(しやう)()いものぢやなア。113天人(てんにん)(みたま)にこの高姫(たかひめ)一言(ひとこと)()うて(わか)(こと)を、114地獄霊(ぢごくみたま)のお(まへ)には数百万言(すうひやくまんげん)(つひや)さねばならぬのだから、115本当(ほんたう)厄介者(やつかいもの)引張(ひつぱり)()んだものだ。116(これ)でも神様(かみさま)至仁(しじん)至愛(しあい)だからトコトン改心(かいしん)させねばならぬ。117(まへ)さへ改心(かいしん)して()れたなら、118世界中(せかいぢう)一遍(いつぺん)改心(かいしん)すると底津岩根(そこついはね)大神様(おほかみさま)仰有(おつしや)るのだから何卒(どうぞ)()出神(でのかみ)()(あは)して(たの)むから、119()いて(くだ)さい。120(かみ)(ひと)一人(ひとり)改心(かいしん)させようと(おも)へば(ほね)()れるぞよ。121チト(かみ)(こころ)(さつ)して(くだ)されよ。122()出神(でのかみ)生宮(いきみや)(まを)した(こと)一分一厘(いちぶいちりん)毛筋(けすぢ)横巾(よこはば)(ほど)間違(まちが)ひは(ござ)らぬぞよ』
123シャル『高姫(たかひめ)さま貴女(あなた)仰有(おつしや)(こと)は、124(いち)から(じふ)(まで)間違(まちが)ひだらけぢやありませぬか。125(ひと)つだつて貴女(あなた)仰有(おつしや)つた(こと)的中(てきちう)した(こと)()いぢやありませぬか。126よう()(ほど)間違(まちが)つた(こと)()うて()いて、127自分(じぶん)から愛想(あいそ)()きない(こと)ですな。128……明日(あす)日輪(にちりん)さまを()してやらう、129()しこれが間違(まちが)つたら()出神(でのかみ)(この)()()らぬぞよ……と啖呵(たんか)()つて()きながら、130(その)()になるとザアザアと(あめ)()り、131そこらが真黒(まつくろ)けになつたぢやありませぬか。132(その)(とき)になつてお(まへ)さまは()んな(かほ)をなさるかと(かんが)へて()れば……アア()出神(でのかみ)(さま)御苦労様(ごくらうさま)(ござ)います。133日輪様(にちりんさま)がお(あが)りなさらないのも御無理(ごむり)(ござ)いませぬ。134(この)高姫(たかひめ)(そば)には身魂(みたま)(くも)つたものがシヤツついて()るから、135仕様(しやう)(ござ)いませぬ……とか(なん)とか(うま)理窟(りくつ)をつけて()まし()んで(ござ)るのだから、136(わたし)愛想(あいそ)()きました。137よう(かんが)へて御覧(ごらん)なさい、138仮令(たとへ)(わたし)極悪人(ごくあくにん)であらうとも一人(ひとり)(ため)にお日様(ひいさま)()なかつたり、139(そら)(くも)つたりするやうな道理(だうり)がありますか、140万一(まんいち)(わたし)(くも)りがある(ため)天地(てんち)(くも)るのなら(わたし)一挙一動(いつきよいちどう)天地(てんち)感動(かんどう)して()るやうなもの、141そんな(えら)(もの)ぢやありますまい。142(まへ)さまは(わたし)悪口(わるくち)()(なが)(わたし)天地(てんち)(まれ)なる比類(たぐひ)()英雄(えいゆう)豪傑(がうけつ)にして(くだ)さつたやうなものだ。143其処辺(そこら)(てん)がどうしても(わたし)には合点(がつてん)がゆかないのですよ』
144高姫(たかひめ)『エエ(なに)をつべこべと(くだ)らぬ理窟(りくつ)()ふのだえ。145(まへ)因縁(いんねん)(わる)身魂(みたま)だからバラモン(けう)からは追出(おひだ)され小盗人(こぬすと)からは()()され、146しよう(こと)なしにこの高姫(たかひめ)(しり)(くら)ひついて()るのぢやないか。147(まへ)のやうな我羅苦多(がらくた)天地(てんち)(うご)かすやうな(ちから)はありさうな(こと)はない。148(しか)(なが)神様(かみさま)がお(まへ)世界悪(せかいあく)映象(えいぞう)として三五教(あななひけう)変性女子(へんじやうによし)のやうに(かた)()して(ござ)るのだから、149世界(せかい)悪身魂(あくみたま)がお(まへ)(うつ)り、150(まへ)悪身魂(あくみたま)世界(せかい)(うつ)るのだ。151それだからお(まへ)さへ改心(かいしん)して()れたら世界中(せかいぢう)改心(かいしん)(いた)すと()ふのだよ。152この()出神(でのかみ)(てん)(かま)へば()(かま)ふ、153(また)八衢(やちまた)(かま)(おほ)ミロク(さま)太柱(ふとばしら)だから、154零落(おちぶ)れて()ると(おも)うて(あなど)りて()ると、155スコタンを()(こと)出来(でき)ますぞや。156(さき)()()(くだ)され、157(さき)になりてから、158……アア高姫(たかひめ)さまは立派(りつぱ)なお(かた)だつた、159こんな(こと)なら、160口答(くちごたへ)(いた)さず、161(ちつ)(ばか)大事(だいじ)(うやま)うて()たらよかつた……と地団駄(ぢだんだ)()んでも(あと)(まつ)り、162何程(なにほど)其処(そこ)になりて……改心(かいしん)(いた)しますから(たす)けて(くだ)され……と()つても()出神(でのかみ)()りませぬぞや。163さうだから(いま)(うち)柔順(おとな)しう(いた)して素直(すなほ)になさるがお(ぬし)のお(とく)だ。164(この)()でさへも切替(きりかへ)があるのに(なに)をグヅグヅして(ござ)るのだ。165(はや)(こころ)切替(きりかへ)をなさらぬかいナ』
166シャル『高姫(たかひめ)さま本当(ほんたう)ですかいな。167そんな(こと)()つて大法螺(おほぼら)()くのぢやありませぬか、168(くち)から法螺(ほら)()き、169(しり)から喇叭(ラツパ)()くのは当世(たうせい)流行(りうかう)ものですからなア』
170高姫(たかひめ)『それはお(まへ)(あく)水晶(すいしやう)(かがみ)(この)生宮(いきみや)(うつ)つて()るのだよ。171……(ひと)(こと)だと(おも)うて()ると(みな)(わが)(こと)だぞよ……と変性男子(へんじやうなんし)のお(ふで)()()るぢやありませぬか、172(いぬ)(さかな)(くわ)へて一本橋(いつぽんばし)(うへ)(わた)ると、173(みづ)(そこ)にも(また)一匹(いつぴき)(いぬ)()(さかな)(くわ)(さかさ)()てつて(ある)いて()るのを()て……此奴(こいつ)()しからぬ(やつ)だ、174(あし)(てん)にし背中(せなか)()にして(ある)いて()る。175(ひと)(しか)つてやれ……と、176ワンと()うた途端(とたん)(くち)(くわ)へて()(さかな)がバツサリと(みづ)(なか)()ちたと()(はなし)があるだらう。177恰度(ちやうど)(まへ)さまは(はし)(うへ)(いぬ)だ。178水晶(すいしやう)水鏡(みづかがみ)179(すなは)高姫(たかひめ)(みたま)にお(まへ)(みにく)(みたま)(うつ)つて何事(なにごと)逆様(さかさま)()られるのだぞよ。180蟇蛙(ひきがへる)(あぶら)()(とき)には四方(しはう)八方(はつぱう)ガラスを()てた(はこ)()れて()くと、181四方(しはう)八方(はつぱう)自分(じぶん)(みにく)姿(すがた)(うつ)るので、182自分(じぶん)(かたき)(おも)ひ、183彼方(あつち)()(あた)り、184此方(こつち)()びつき、185(しまひ)(はて)にはすつかり(つか)れて(あぶら)()してカンピンタンになつて()ぬものだ。186この高姫(たかひめ)(わる)()えるのは(つま)りお(まへ)さまの(みたま)(わる)いのだ。
187()(むか)(ひと)姿(すがた)(かがみ)なり
188(おの)(こころ)(うつ)してや()む。
189()道歌(だうか)(かんが)へて御覧(ごらん)なさい、190(みな)(ひと)(わる)()えるのは自分(じぶん)(わる)いからぢやぞえ。191ても()ても犬蛙人種(いぬかわづ)()ふものは仕方(しかた)のないものだなア』
192シャル『高姫(たかひめ)さま、193善言美辞(ぜんげんびじ)(をしへ)だと何時(いつ)仰有(おつしや)るが、194随分(ずゐぶん)悪言暴語(あくげんばうご)放出(はうしゆつ)なさるぢやありませぬか。195それでは(かみ)資格(しかく)はゼロですよ』
196高姫(たかひめ)『それは(また)(なん)()(わか)らぬ(こと)()ふのだえ、197最前(さいぜん)からあれ(ほど)(かがみ)(たとへ)()いて説明(せつめい)してやつたぢやないか。198エエ(どん)身魂(みたま)(こま)つたものだなア。199高姫(たかひめ)悪言暴語(あくげんばうご)するのはお(まへ)さまの(みたま)(うつ)つて()るのだ。200いやお(まへ)さまのためだ。201(この)高姫(たかひめ)半鐘(はんしよう)のやうなものだ。202(やはら)かく()てば(やはら)かく(ひび)く、203(つよ)()てば(つよ)(ひび)く、204(たか)()てば(たか)(ひび)く、205(ひく)()てば(ひく)()()るのだ。206(まへ)さまが(くだ)らぬ(くち)(たた)くからこんな言葉(ことば)()るのだよ。207(まへ)さまがモ(ちつ)素直(すなほ)になり、208長上(ちやうじやう)(うやま)ひ、209もつと(やさ)しき言葉(ことば)使(つか)へば(やさ)しくなるのだ、210……(この)(かみ)(したが)つて()れば(まこと)(やさ)しき(かみ)であるなれど、211敵対心(てきたいごころ)(かみ)(まへ)()()よれ、212(おに)(じや)相好(さうがう)になるぞや……』
213シャル『モシ高姫(たかひめ)さま、214それや現界(げんかい)理窟(りくつ)ぢやありませぬか、215至仁(しじん)至愛(しあい)(おほ)ミロク(さま)なら、216悪人(あくにん)()れば(なほ)可愛(かあい)がり、217善人(ぜんにん)()れば(また)可愛(かあい)がり、218(けつ)して憎悪(ぞうを)(ねん)をお()ちなさらないのが神様(かみさま)でせう。219(おのれ)(てき)する(もの)(たい)して鬼畜(きちく)(さう)(あら)はし、220(おのれ)(したが)(もの)には柔和(にうわ)(さう)(あら)はすと()ふのなら、221(まへ)さまを尊敬(そんけい)することが出来(でき)ませぬわ。222()んな(わる)(もの)でも此方(こつち)親切(しんせつ)にしてやれば(よろこ)んで(したが)ひ、223キツト恩返(おんがへ)しをするものです。224(おのれ)(したが)ふものを(あい)し、225(てき)するものを(にく)むのなら、226それは自愛(じあい)であつて、227八衢人足(やちまたにんそく)や、228地獄界(ぢごくかい)邪気(じやき)のする(わざ)でせう。229神様(かみさま)(けつ)して憤慨(ふんがい)したり憎悪(ぞうを)したりなさるものぢやありませぬぞ。230神様(かみさま)がもし憎悪(ぞうを)(ねん)(おこ)したりなさるとすれば、231(かみ)自体(じたい)(すで)(ほろ)ぶぢやありませぬか』
232高姫(たかひめ)『エエ、233第一霊国(だいいちれいごく)天人(てんにん)(まを)(こと)がお前等(まへら)(わか)るものか、234(ちつ)修業(しうげふ)なされ。235(うつは)(おほ)きくなつたら(この)高姫(たかひめ)(まを)(こと)明白(はつきり)(わか)るだらう。236(それ)よりも(はや)四辻(よつつじ)()旅人(たびびと)引張(ひつぱ)つて()なさい。237こう毎日(まいにち)日日(ひにち)結構(けつこう)光陰(くわういん)空費(くうひ)して()ては、238天地(てんち)神様(かみさま)勿体(もつたい)ない、239一人(ひとり)でも改心(かいしん)さしてウラナイ(けう)信者(しんじや)(こしら)へねば、240天地(てんち)神様(かみさま)()まない。241(まへ)(この)()(うま)れて()甲斐(かひ)があるまい。242サア、243トツトと四辻(よつつじ)(まで)()つて()なさい』
244シャル『高姫(たかひめ)さま貴女(あなた)一緒(いつしよ)()(くだ)さらぬか。245(また)文治別(あやはるわけ)とか()ふエンゼルがやつて()たら(こま)りますからなア』
246高姫(たかひめ)『エエ(なん)()()(よわ)(こと)()ふのだい。247文治別(あやはるわけ)なんて、248あんな(もの)千人(せんにん)万人(まんにん)(たば)()うて()(とこ)が、249こたへるやうな生宮(いきみや)ぢやありませぬぞや』
250シャル『ハハハハハ、251どこ(まで)我執(がしふ)(ねん)(つよ)(ひと)ですなア。252(やま)()え、253(たに)()荊棘掻(いばらがき)をしながら、254のたくつて()げたぢやありませぬか。255なぜ(それ)(ほど)(えら)いお(かた)なら、256あのエンゼルを此処(ここ)にじつとして()(へこ)ませてやらぬのですか』
257高姫(たかひめ)『エエ(わか)らぬ(をとこ)だなア。258国治立尊(くにはるたちのみこと)(さま)さへも謙譲(けんじやう)(とく)(まも)悪神(あくがみ)()(ゆづ)つて(うしとら)退却(たいきやく)なさつたぢやないか、259そこが神様(かみさま)(たふと)(とこ)だよ。260(この)生宮(いきみや)変性男子(へんじやうなんし)系統(ひつぽう)ぢやから、261謙譲(けんじやう)(とく)(まも)つてエンゼルに(はな)()たせて()げてやつたのだよ。262救世主(きうせいしゆ)仁慈(じんじ)無限(むげん)精神(せいしん)小盗人(こぬすと)(あが)りのお(まへ)(わか)らうか。263(もの)()へば(くちびる)(さむ)(あき)(かぜ)」と、264可惜(あたら)(くち)(かぜ)()かすより、265ここは(ひと)沈黙(ちんもく)(まも)らう。266サア(はや)四辻(よつつじ)()つて()なさい』
267シャル『エ仕方(しかた)がありませぬ、268そんなら(しばら)()つて(まゐ)ります。269アア(さむ)(こと)だなア。270こんな(こと)なら高姫(たかひめ)さまの(そば)()るのぢやなかつたに。271今更(いまさら)ベル、272ヘルの仲間(なかま)逆転(ぎやくてん)すると()うても()せても()れまい。273毎日(まいにち)日日(ひにち)亡者引(もさひき)をやつては()()ばされ、274()(まか)されて(たま)つたものぢやないわ』
275とブツブツ小言(こごと)()(なが)ら、276霜柱(しもばしら)()いた一本橋(いつぽんばし)(こは)さうに(また)げながら()でて()く。
277大正一二・三・二五 旧二・九 於皆生温泉浜屋 加藤明子録)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら
オニド関連サイト最新更新情報
9/15【霊界物語ネット】王仁文庫の第三篇「瑞能神歌」を掲載しました。