霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一二章 三狂(さんきやう)〔一四六二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第57巻 真善美愛 申の巻 篇:第2篇 顕幽両通 よみ:けんゆうりょうつう
章:第12章 第57巻 よみ:さんきょう 通し章番号:1462
口述日:1923(大正12)年03月25日(旧02月9日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年5月24日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5712
愛善世界社版: 八幡書店版:第10輯 317頁 修補版: 校定版:165頁 普及版:75頁 初版: ページ備考:
001 三千彦(みちひこ)はシャルと(とも)小声(こごゑ)にて宣伝歌(せんでんか)(うた)(なが)ら、002八衢街道(やちまたかいだう)とは()らず現界(げんかい)道路(だうろ)通過(つうくわ)する気分(きぶん)にて(すす)()く。003八衢(やちまた)関所(せきしよ)には(れい)(ごと)赤面(あかづら)004白面(しろづら)二人(ふたり)守衛(しゆゑい)儼然(げんぜん)(ひか)へて()る。005()れば一人(ひとり)(をとこ)赤面(あかづら)守衛(しゆゑい)何事(なにごと)調(しら)べられて()た。
006(あか)『その(はう)姓名(せいめい)(なん)(まを)すか』
007(をとこ)『ハイ、008(わたし)鰐口曲冬(わにぐちまがふゆ)(まを)します』
009(あか)(その)(はう)(なに)信仰(しんかう)()つてゐるか』
010曲冬(まがふゆ)『ハイ、011(べつ)にこれと()信仰(しんかう)(ござ)いませぬが、012神儒仏(しんじゆぶつ)三教(さんけう)(すこ)(ばか)(かぢ)つて()ります』
013(あか)(その)(うち)何教(なにけう)一番(いちばん)(まへ)(こころ)(てき)したか、014(いな)徹底(てつてい)して()たと(かんが)へたか』
015曲冬(まがふゆ)『ハイ、016(はじ)めは一生懸命(いつしやうけんめい)仏教(ぶつけう)研究(けんきう)(いた)しました。017さうした(ところ)何処(どこ)(ひと)()(とこ)がないので()めまして(ござ)います。018(えう)するに仏教(ぶつけう)百合根(ゆりね)(やう)なもので、019一枚(いちまい)々々(いちまい)(かは)()いて(おく)(ふか)(すす)みますと、020(なん)にも()くなつて(しま)ひます、021所謂(いはゆる)仏教(ぶつけう)()だと(おも)ひます。022能書(のうがき)(ばか)沢山(たくさん)(なら)()て、023まるで薬屋(くすりや)広告(くわうこく)()(やう)なものですからな。024売薬(ばいやく)広告(くわうこく)ならば「(この)(くすり)腹痛(はらいたみ)とか、025疝気(せんき)とか、026肺病(はいびやう)(もち)ゆべし。027(また)()何回(なんくわい)服用(ふくよう)とか、028()()めとか、029(みづ)にて()めとか、030食前(しよくぜん)がよいとか、031食後(しよくご)がよいとか、032大人(おとな)ならば何粒(なんつぶ)033小人(せうにん)ならば何粒(なんつぶ)034何才(なんさい)以下(いか)何粒(なんつぶ)」と御叮嚀(ごていねい)服用書(ふくようがき)()いて()ますが、035仏教(ぶつけう)経典(きやうてん)(ただ)観音(くわんおん)(ねん)じたら悪事(あくじ)災難(さいなん)(のが)れるとか、036阿弥陀(あみだ)(ねん)じたら極楽(ごくらく)にやると()いてあるのみで、037八万(はちまん)四千(よんせん)経巻(きやうくわん)何処(どこ)にも(その)用法(ようはふ)(しめ)してないので駄目(だめ)だと(おも)ひました』
038(あか)『お(まへ)霊界(れいかい)消息(せうそく)()らしたる仏教(ぶつけう)(たい)尊敬(そんけい)帰依(きえ)(こころ)()て、039なまじひに研究(けんきう)(など)(まを)してかかるから、040(なん)にも(つか)めないのだ。041霊界(れいかい)幽遠(いうゑん)微妙(びめう)なる真理(しんり)物質界(ぶつしつかい)法則(はふそく)基礎(きそ)として幾万年(いくまんねん)研究(けんきう)するとも解決(かいけつ)のつく道理(だうり)がない。042(しば)らく理智(りち)()て、043意志(いし)(もつぱ)らとして研究(けんきう)すれば(かみ)(あい)044(ほとけ)(ぜん)045(およ)(しん)(しん)との光明(くわうみやう)がさして()るのだ。046仏教(ぶつけう)がつまらない(など)(かん)ずるのは、047所謂(いはゆる)(まへ)精神(せいしん)がつまらないからだ。048(ほとけ)(きよ)きお姿(すがた)がお(まへ)(くも)つた(かがみ)(うつ)らないからだ』
049曲冬(まがふゆ)『さう(うけたま)はれば、050さうかも()れませぬが、051如何(どう)(わか)(にく)(ござ)います』
052(あか)人間(にんげん)分際(ぶんざい)として(ほとけ)御精神(ごせいしん)理解(りかい)しようとするのが間違(まちが)ひだ。053(ほとけ)慈悲(じひ)(その)ものだ、054至仁(しじん)至愛(しあい)意味(いみ)(わか)れば一切(いつさい)経文(きやうもん)(わか)つたのだ』
055曲冬(まがふゆ)『ア、056さうで(ござ)いましたか。057それは、058(えら)(かんが)(ちが)ひをして()りました。059(これ)から(ひと)研究(けんきう)をやつて()ませう』
060(あか)駄目(だめ)だ。061(ふた)()には研究(けんきう)々々(けんきう)口癖(くちぐせ)(やう)(まを)すが、062(まへ)()研究(けんきう)(いぬ)(やいと)だ。063ワンワン吠猛(ほえたけ)るばかりが(のう)だ。064()めたら()からう。065左様(さやう)心理状態(しんりじやうたい)では到底(たうてい)(ほとけ)御心(みこころ)(さと)(こと)出来(でき)ない。066それから(つぎ)(なに)信仰(しんかう)したのだ』
067曲冬(まがふゆ)『ハイ、068(べつ)信仰(しんかう)(いた)しませぬが、069ヤハリ聖書(せいしよ)研究(けんきう)(いた)しました』
070(あか)旧約(きうやく)か、071新約(しんやく)か』
072曲冬(まがふゆ)勿論(もちろん)旧約(きうやく)(ござ)います』
073(あか)(なに)()(ところ)があつたか』
074曲冬(まがふゆ)『ハイ、075()(ところ)()(ところ)(ござ)いませぬ。076これもヤツパリ(わたし)(しやう)()ひませぬので五里霧中(ごりむちゆう)逍遙(さまよ)(ところ)に、077或人(あるひと)(すす)めによつて三五教(あななひけう)(はい)つて、078()なり真面目(まじめ)研究(けんきう)して()(ところ)079どうも変性女子(へんじやうによし)言行(げんかう)()()はないので、080弊履(へいり)()つる(ごと)脱会(だつくわい)し、081(いま)懺悔生活(ざんげせいくわつ)(はい)つて()ります』
082(あか)『その(はう)霊界物語(れいかいものがたり)筆写(ひつしや)(まで)やつたぢやないか。083直接(ちよくせつ)教示(けうじ)()(なが)ら、084(わか)らぬとは()ても(こま)つた(めくら)だな。085矢張(やつぱり)研究的(けんきうてき)態度(たいど)(もつ)てかかつて()るからだ。086結構(けつこう)(かみ)(をしへ)筆写(ひつしや)(なが)ら、087ホンの機械(きかい)使(つか)はれたやうなものだ。088さうして幾分(いくぶん)(しん)ずる(ところ)があつたのか』
089曲冬(まがふゆ)『ハイ、090女子(によし)(はう)幾分(いくぶん)(しん)じて()りましたが、091(しか)しこれは()加減(かげん)なペテンだと(かんが)へて()りました。092それよりも変性男子(へんじやうなんし)神諭(しんゆ)(おも)きを()いて()つた(ところ)093(その)原書(げんしよ)()(あんま)文章(ぶんしやう)拙劣(せつれつ)なのに愛想(あいさう)をつかし、094信仰(しんかう)次第(しだい)()げて(しま)ひました』
095(あか)馬鹿(ばか)だな。096(かみ)(をしへ)文章(ぶんしやう)巧拙(かうせつ)によるものでないぞ。097文章(ぶんしやう)なんかは枝葉(しえう)問題(もんだい)だ、098その言葉(ことば)(なか)包含(はうがん)する密意(みつい)(あぢは)ふのだ。099()はあれども節穴(ふしあな)同然(どうぜん)100(みみ)はあれども木耳(きくらげ)同然(どうぜん)101(した)はあれども(かず)()同然(どうぜん)102(はな)はあれども節瘤(ふしこぶた)同然(どうぜん)103そんな(こと)三五教(あななひけう)()いの、104(わる)いの、105男子(なんし)がどうの、106女子(によし)がどうのと()資格(しかく)があるか。107よくも慢心(まんしん)したものだのう』
108曲冬(まがふゆ)(べつ)慢心(まんしん)はして()りませぬ。109世界(せかい)人間(にんげん)宣伝(せんでん)しようと(おも)へば信仰(しんかう)信仰(しんかう)ですが充分(じうぶん)研究(けんきう)()げ、110これなら社会(しやくわい)(ほどこ)して差支(さしつかへ)ないと()(ところ)まで調(しら)()げねば社会(しやくわい)害毒(がいどく)(なが)しますからな。111()はば社会(しやくわい)(ため)忠実(ちうじつ)なる研究(けんきう)ですよ』
112(あか)『お(まへ)()我執(がしふ)我見(がけん)がとれぬからいけない。113異見外道(いけんげだう)114自然外道(しぜんげだう)115断見外道(だんけんげだう)()ふものだ。116そんな態度(たいど)では何処(どこ)(まで)神様(かみさま)真理(しんり)(さと)らして(くだ)さらぬぞ。117神様(かみさま)(おろか)なるもの、118(よわ)きもの、119(ちひ)さきものをして(まこと)(みち)(さと)させ(たま)ふのだ。120(けつ)して研究的(けんきうてき)態度(たいど)()(やう)慢心者(まんしんもの)には、121密意(みつい)はお(しめ)しなさらぬ。122(まへ)大学(だいがく)卒業(そつげふ)して一廉(ひとかど)学者(がくしや)(つも)りで()るが、123(その)学問(がくもん)八衢(やちまた)地獄(ぢごく)では一文(いちもん)価値(かち)もない。124いや(かへつ)(さまた)げとなり苦悩(くなう)(いん)となるものだ。125(まへ)両親(りやうしん)(こま)つた(こと)をしたものだな』
126曲冬(まがふゆ)『お(まへ)門番(もんばん)(くせ)文士(ぶんし)(むか)つて(えら)さうに()ひますが、127日進月歩(につしんげつぽ)文明(ぶんめい)()(なか)(がく)排斥(はいせき)するとは(もつ)ての(ほか)ぢやありませぬか。128国民(こくみん)(のこ)らず無学者(むがくしや)であつたなら(みな)(ほか)文明国(ぶんめいこく)()られて(しま)ふぢやありませぬか。129人文(じんぶん)発達(はつたつ)(はか)り、130国威(こくゐ)宣揚(せんやう)企図(きと)する(ため)には、131どうしても大学(だいがく)程度(ていど)学問(がくもん)がなければ駄目(だめ)ですよ。132(まへ)(たち)(わづ)小学(せうがく)卒業(そつげふ)した(くらゐ)だから世間(せけん)(こと)徹底(てつてい)して()ない。133それだからポリス代用(だいよう)門衛(もんゑい)をして()るのだ。134到底(たうてい)拙者(せつしや)論説(ろんせつ)楯突(たてつ)(こと)出来(でき)ますまい。135何科(なにとが)あつて調(しら)べらるるか()らぬが、136もつと(しつか)りした(わか)(かた)()んで()(くだ)さい。137知識(ちしき)階段(かいだん)(ちが)うてるからお(まへ)さまには(わか)りますまい』
138(あか)馬鹿(ばか)()ふな、139此処(ここ)霊界(れいかい)八衢(やちまた)だ。140博士(はかせ)学士(がくし)(みな)()()(ところ)だ。141無学(むがく)でどうして(この)門番(もんばん)(つと)まるか。142(まへ)(たち)自然界(しぜんかい)(くだ)らぬ学説(がくせつ)心身(しんしん)(とろ)かし、143虚偽(きよぎ)(もつ)真理(しんり)となし優勝劣敗(いうしようれつぱい)弱肉強食(じやくにくきやうしよく)制度(せいど)(もつ)最善(さいぜん)方法(はうはふ)(かんが)へてる亡者(まうじや)だから到底(たうてい)真理(しんり)蘊奥(うんのう)(わか)らないのだ。144(まへ)のやうなものが霊界(れいかい)()ると(わけ)(わか)らぬ理窟(りくつ)()つて精霊(せいれい)(けが)すから、145ここで現界(げんかい)研究(けんきう)して()(くだ)らぬ学術(がくじゆつ)(みな)剥奪(はくだつ)してやらう』
146曲冬(まがふゆ)『コレ(あか)さま、147(まへ)発狂(はつきやう)してるのか、148(ただし)(さけ)()うて()るのかい。149ここを霊界(れいかい)八衢(やちまた)(など)と、150それは(なに)()ふのかい。151霊界(れいかい)八衢(やちまた)地獄(ぢごく)があつて(たま)りますかい、152人間(にんげん)子孫(しそん)(のこ)して()ねば、153それ(まで)のものだ。154チツト哲学的(てつがくてき)知識(ちしき)(やしな)うて()きなさい。155社会(しやくわい)落伍者(らくごしや)となつて(つひ)門番(もんばん)(つと)まらなくなりますよ』
156(あか)門番(もんばん)が、157それ(ほど)158(その)(はう)(いや)しいと(おも)ふのか。159便所(べんじよ)掃除(さうぢ)塵捨場(ごみすてば)掃除(さうぢ)如何(どう)だ。160それの(はう)矢張(やつぱり)(たふと)いのか』
161曲冬(まがふゆ)『さうですとも、162大慈(だいじ)大悲(だいひ)(こころ)(もつ)(ひと)(いや)がる(こと)(よろこ)んでするのが、163人間(にんげん)人格(じんかく)向上(かうじやう)する所以(ゆゑん)です。164便所(べんじよ)掃除(さうぢ)する(もの)(ごみ)掃除(さうぢ)する(もの)()ければ、165()(なか)尿糞塵(ししふんぢん)泥濘混濁世界(でいねいこんだくせかい)となるぢやありませぬか。166それで(わたし)(たち)伊吹戸主(いぶきどぬし)神様(かみさま)御用(ごよう)をして()るのだ。167(きたな)いものを(うつく)しうする(くらゐ)神聖(しんせい)仕事(しごと)はありますまい。168(わたし)(いや)しい仕事(しごと)とも(きたな)商売(しやうばい)とも(おも)つて()りませぬ』
169(あか)『ア、170さうか、171それではお(まへ)(もつと)(あい)する(ところ)へやつてやらう。172地獄(ぢごく)には塵捨場(ごみすてば)もあれば堆糞(たいふん)(つか)沢山(たくさん)にある。173娑婆(しやば)亡者(まうじや)がやつて()腐肉(ふにく)(はへ)(たか)(やう)(よろこ)んで()いで()る。174現世(げんせ)にある(とき)所主(しよしゆ)(あい)によつて身魂相応(みたまさうおう)(ところ)()つたが()からう。175(よる)もなく(ふゆ)もなき天国(てんごく)(おい)て、176(すべ)ての(かみ)御用(ごよう)(つか)へまつり無限(むげん)歓喜(くわんき)(よく)するよりも、177(その)(はう)臭気(しうき)紛々(ふんぷん)たる地獄道(ぢごくだう)()くのが得心(とくしん)だらう。178サア遠慮(ゑんりよ)()らぬ、179トツトと()つたが()からうぞ』
180曲冬(まがふゆ)『はてな、181さうすると此処(ここ)矢張(やつぱり)霊界(れいかい)ですかな』
182(あか)(きま)つた(こと)だ。183霊界(れいかい)現界(げんかい)(わか)らぬ(やう)亡者(まうじや)如何(どう)なるものか。184それだから(こころ)(めくら)()ふのだ』
185曲冬(まがふゆ)(しか)らばどうか天国(てんごく)へやつて(いただ)()いものです』
186(あか)『マアここで(ある)一定(いつてい)時間(じかん)()なくては、187(まへ)(やう)(けが)れた(たましひ)(すぐ)天国(てんごく)にやる(こと)出来(でき)ない。188()外部的(ぐわいぶてき)要素(えうそ)をスツカリ()らなくてはならぬ。189現世(げんせ)(おい)(こころ)にもない(こと)()つたり、190阿諛(おべつか)使(つか)つたり、191(からだ)(やつ)したり、192種々(いろいろ)とやつて()(その)外念(ぐわいねん)をスツカリ()(はづ)し、193第二(だいに)内部(ないぶ)状態(じやうたい)()り、194内的(ないてき)生涯(しやうがい)関門(くわんもん)()えるのだ。195内的(ないてき)とは意志(いし)想念(さうねん)だ。196(はた)してその意志(いし)(ぜん)であり(しん)であらば天国(てんごく)(のぼ)(こと)出来(でき)るであらう。197(しか)(なが)内的(ないてき)状態(じやうたい)になつてからエンゼルの(をしへ)()き、198(その)(をしへ)(みみ)這入(はい)(やう)ならば天国(てんごく)()資格(しかく)具備(ぐび)してるなり、199如何(どう)しても(みみ)這入(はい)らねば地獄(ぢごく)()きだ。200(これ)第三状態(だいさんじやうたい)()つて精霊(せいれい)去就(きよしう)(けつ)する(とき)だ』
201曲冬(まがふゆ)『ヘー、202随分(ずいぶん)(むつかし)いものですな。203矢張(やつぱり)天国(てんごく)地獄(ぢごく)もあるものですかな』
204 ()(はな)(ところ)高姫(たかひめ)皺嗄声(しわがれごゑ)()()(なが)ら、
205高姫(たかひめ)『オーイ、206三千彦(みちひこ)207シャル、208()つた()つた。209()()(こと)がある』
210天塩昆布(てしほこぶ)(やう)になつた(おび)引摺(ひきず)(なが)(はし)(きた)り、
211高姫(たかひめ)『こら、212シャル、213(おん)()らず()214(わし)(この)三千彦(みちひこ)極道(ごくだう)引倒(ひきたふ)され、215(くる)しんでゐる()悪口(あくこう)をついて()げて()たぢやないか。216コレコレお役人(やくにん)さま、217此奴(こいつ)悪党者(あくたうもの)(ござ)います。218義理天上(ぎりてんじやう)直接(ちよくせつ)成敗(せいばい)する(ところ)なれど神界(しんかい)御用(ごよう)(いそが)しいから、219(まへ)さまに(まか)すから(きび)しく(あぶら)をとつてやつて(くだ)さいや』
220(あか)『ヤ、221(まへ)高姫(たかひめ)ぢやないか。222霊界(れいかい)()(まで)(はし)やいで()るのか。223モウいい加減(かげん)外部的(ぐわいぶてき)状態(じやうたい)から(はな)れたら如何(どう)だ。224一年(いちねん)にもなるのに(なん)渋太(しぶと)(やつ)だな』
225高姫(たかひめ)『ヘン、226よう仰有(おつしや)りますワイ。227一年(いちねん)にならうと二年(にねん)にならうとお(かま)御免(ごめん)だ。228いつやらも杢助(もくすけ)さまを(かく)しやがつて、229量見(れうけん)せぬのだが(なに)()つても大慈(だいじ)大悲(だいひ)大弥勒(おほみろく)さまの生宮(いきみや)だから、230大目(おほめ)()()るのだ。231グヅグヅ(まを)すと(この)生宮(いきみや)承知(しようち)(いた)さんぞや』
232(あか)(しろ)さま、233(この)()アさまは、234邪魔(じやま)になつて仕方(しかた)がないから何処(どこ)かへ()()して(くだ)さい』
235高姫(たかひめ)『ヘン、236邪魔(じやま)になりますかな。237そりや、238さうでせう。239(まこと)(かみ)言葉(ことば)悪人(あくにん)(みみ)には、240きつう(こた)へませう。241()(どく)(さま)(なが)(この)生宮(いきみや)世界(せかい)万民(ばんみん)救済(きうさい)(ため)242チツトお(みみ)(いた)うても()()()はして(もら)ひませう。243弥勒様(みろくさま)因縁(いんねん)()つて()ますか、244一厘(いちりん)仕組(しぐみ)(わか)りますか、245エー、246よもや(わか)りますまい。247ヘン、248一厘(いちりん)仕組(しぐみ)(わか)らぬ(くせ)(えら)さうに()ふものぢやないわ』
249(あか)(しろ)さま、250(はや)何処(どこ)かへやつて(くだ)さい』
251(しろ)『コレコレ高姫(たかひめ)さま、252ここは八衢(やちまた)だからお(まへ)(はや)何処(どこ)かへ()つて(くだ)さい。253職務(しよくむ)邪魔(じやま)になりますからな』
254高姫(たかひめ)『コウリヤ白狐(しろぎつね)255(まへ)赤狐(あかぎつね)()(こと)()いて(この)()出神(でのかみ)放出(ほりだ)さうとするのか。256ハテ(わる)量見(れうけん)だぞえ。257よう(かんが)へて御覧(ごらん)なさい。258天地(てんち)(あひだ)何一(なにひと)弥勒様(みろくさま)のお(かま)ひなさらぬ(ところ)はないぞえ。259(つち)とお(みづ)とお()御恩(ごおん)()つてますか。260その(もと)(つか)んだ底津岩根(そこついはね)大弥勒(おほみろく)さまを(なん)心得(こころえ)(ござ)る。261()ても()ても(めくら)(ほど)(こま)つた(もの)()いワイ。262最前(さいぜん)から怪体(けたい)(をとこ)()つて()ると(おも)つたが、263(まへ)はアブナイ(けう)菊石彦(みつちやひこ)だな。264(さき)(ほど)(おほ)きに(はばか)りさま、265ヨー()(たふ)して(くだ)さつた。266コレコレ(あか)(しろ)267()出神(でのかみ)吩咐(いひつ)ける。268(この)菊石彦(みつちやひこ)(この)生宮(いきみや)引倒(ひきたふ)した悪人(あくにん)だから(ひと)つきつい制敗(せいばい)()はしなさい。269屹度(きつと)申付(まをしつ)けて()きますぞや』
270 (しろ)守衛(しゆゑい)()むを()ず、271棕櫚箒(しゆろばうき)(もつ)てシャル、272高姫(たかひめ)両人(りやうにん)(むか)つて掃出(はきだ)した。273二人(ふたり)(おどろ)いて(くも)(かすみ)(みなみ)()して()げて()く。
274三千彦(みちひこ)『モシ、275門番様(もんばんさま)276ここは実際(じつさい)霊界(れいかい)(ござ)いますか』
277(あか)『ハイ、278さうです。279貴方(あなた)はアンブラック(がは)悪者(わるもの)(しば)られ()()まれなさつた一刹那(いちせつな)280気絶(きぜつ)なさつた(ため)281精霊(せいれい)此処(ここ)遊行(いうかう)して()たのですよ。282(かみ)化身(けしん)のスマートと()義犬(ぎけん)矢場(やには)(かは)()()み、283貴方(あなた)死骸(しがい)(くわ)へて(つつみ)引上(ひきあ)げ、284(いましめ)()いて(いま)一生懸命(いつしやうけんめい)貴方(あなた)肉体(にくたい)(たい)介抱(かいはう)をして()ります。285(やが)てスマートが(むか)へに()るでせうから一緒(いつしよ)にお(かへ)りなさい。286まだ此処(ここ)()(とき)ではありませぬ。287そしてテルモン(ざん)悪者(わるもの)跳梁(はびこ)つて()ますから充分(じうぶん)注意(ちうい)して(のぞ)まねばなりますまい』
288三千彦(みちひこ)『さう(うけたまは)らば(かす)かに記憶(きおく)(うか)んで()ます。289矢張(やつぱり)(わたし)溺死(できし)したのですかいな。290霊界(れいかい)()(ところ)現界(げんかい)(すこ)しも(たが)はない(ところ)ですな。291(ひと)不思議(ふしぎ)なのは、292あの高姫(たかひめ)さまは(いのち)がなくなつたと()いて()りましたのに随分(ずいぶん)えらい脱線振(だつせんぶ)り、293あの(かた)矢張(やつぱり)霊界(れいかい)()られるのですかな』
294(あか)『まだ現界(げんかい)三十年(さんじふねん)(ばか)生命(せいめい)(のこ)つて()りますが(あんま)現界(げんかい)邪魔(じやま)をするので、295時置師神(ときおかしのかみ)(さま)がお(いで)になり、296伊吹戸主(いぶきどぬし)大神(おほかみ)にお(ねが)(あそ)ばして、297三年(さんねん)(あひだ)中有界(ちううかい)(はな)つてあるので(ござ)います。298三年(さんねん)すれば屹度(きつと)(ほか)肉体(にくたい)(かか)つて(ふたた)現界(げんかい)活動(くわつどう)するでせう。299(いま)精神(せいしん)現界(げんかい)()かれちや、300やりきれませぬから、301あと二年(にねん)(あひだ)充分(じうぶん)修業(しうげふ)をさして現界(げんかい)(かへ)(つも)りです』
302三千彦(みちひこ)成程(なるほど)303(なに)から(なに)まで、304神様(かみさま)のなさる(こと)はよく()(わた)つたものですな。305(しか)(なが)三年(さんねん)(のち)には高姫(たかひめ)肉体(にくたい)最早(もはや)駄目(だめ)でせう』
306(あか)三年(さんねん)(のち)生命(いのち)()きて霊界(れいかい)()肉体(にくたい)がありますから、307(その)肉体(にくたい)高姫(たかひめ)精霊(せいれい)宿(やど)らせ、308(のこ)三十年(さんじふねん)現界(げんかい)活動(くわつどう)させる手筈(てはず)となつて()ります』
309三千彦(みちひこ)『ア、310さうですか。311三年先(さんねんさき)になれば(たれ)かの肉体(にくたい)(うつ)つて脱線的(だつせんてき)布教(ふけう)をやるのですな、312(こま)つたものですな』
313(あか)『もう(すで)一年(いちねん)経過(けいくわ)したのだから、314(あと)二年(にねん)ですよ。315あの我執(がしふ)我見(がけん)(この)二年(にねん)(あひだ)(なん)とか改良(かいりやう)せねばならぬのですから、316霊界(れいかい)(おい)ても大変(たいへん)手古摺(てこず)つて()ます。317(いま)岩山(いはやま)(ふもと)(ちひ)さき(いへ)()てて一人暮(ひとりぐら)しをして()ますが、318マア一人(ひとり)(くら)して()れば(あま)(がい)がないから大神様(おほかみさま)大目(おほめ)()(ござ)るのですよ。319エンゼルが()つても()らず(ぐち)(ばか)りたたいて、320受付(うけつ)けぬから(こま)つたものです。321人間(にんげん)精霊(せいれい)も、322あれ()我執(がしふ)(かた)まつて(しま)つては仕方(しかた)()いものですワイ』
323 ()(はな)(とき)しも(みなみ)(はう)より(ちう)()んで(はし)()一頭(いつとう)猛犬(まうけん)324『ウーウー、325ウワツ ウワツ』と二声(ふたこゑ)三声(みこゑ)(たか)(さけ)んだ。326(この)(こゑ)にハツと()がつき四辺(あたり)()れば(いま)(まで)八衢(やちまた)光景(くわうけい)(かげ)もなく()()せ、327アンブラック(がは)(どて)青芝(あをしば)(うへ)(よこ)たはつて()た。328(そば)には猛犬(まうけん)スマートが行儀(ぎやうぎ)よく(すわ)つて(うれ)しげに三千彦(みちひこ)(かほ)(なが)()()つて()る。329テルモン(ざん)(はう)(なが)むれば黒煙(こくえん)濛々(もうもう)として()(のぼ)黒雲(くろくも)(ごと)(そら)(ふう)じて()る。330(つき)黒煙(こくえん)(あひだ)隠顕(いんけん)出没(しゆつぼつ)しつつ足早(あしばや)(はし)(ごと)()えて()る。
331大正一二・三・二五 旧二・九 於皆生温泉浜屋 北村隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/24【霊界物語ネット】『出口王仁三郎全集』の「第二篇 皇道我観」(第一~第十章)を校正しました。
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。