霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一三章 悪酔怪(あくすゐくわい)〔一四六三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第57巻 真善美愛 申の巻 篇:第2篇 顕幽両通 よみ:けんゆうりょうつう
章:第13章 第57巻 よみ:あくすいかい 通し章番号:1463
口述日:1923(大正12)年03月25日(旧02月9日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年5月24日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5713
愛善世界社版: 八幡書店版:第10輯 322頁 修補版: 校定版:179頁 普及版:83頁 初版: ページ備考:
001 ワックスは(ちち)(やまひ)旦夕(たんせき)(せま)り、002(うれ)しうもあり(かな)しうもあり、003大事(だいじ)(かか)()なして同時(どうじ)美人(びじん)芸者(げいしや)後連(あとづ)れに(もら)うたやうな、004悲喜(ひき)交々(こもごも)(てい)であつた。005其処(そこ)へ、006エキス、007ヘルマンの二人(ふたり)幾度(いくど)とやくなつて()て、008(かね)むし()り、009(いま)(また)大枚(たいまい)六百両(ろくぴやくりやう)強奪(がうだつ)して()()り、010三十日(さんじふにち)(のち)には(ふたた)無心(むしん)()ると下駄(げた)(あづ)けて(かへ)つたので、011(こころ)(こころ)ならず、012(なん)とかして強力(きやうりよく)なる団体(だんたい)(つく)り、013二人(ふたり)(がい)(まぬが)れむものと苦心(くしん)惨憺(さんたん)結果(けつくわ)014()智恵(ちゑ)(しぼ)()して悪酔怪(あくすゐくわい)なるものを()()したのである。015そして一方(いつぱう)にはアンブラック(がは)()()んだる、016三五教(あななひけう)三千彦(みちひこ)が、017スマートに(たす)けられ、018何処(どこ)かに姿(すがた)(かく)したと()(こと)()いて(こころ)(こころ)ならず、019(いま)(うち)強力(きようりよく)なる団体(だんたい)組織(そしき)し、020三千彦(みちひこ)威喝(ゐかつ)(また)自分(じぶん)悪事(あくじ)暴露(ばくろ)したる(とき)は、021この団体(だんたい)(ちから)(もつ)(ふせ)がむと千思万慮(せんしばんりよ)結果(けつくわ)022同志(どうし)糾合(きうがふ)して本会(ほんくわい)設立(せつりつ)したのである。023本会(ほんくわい)(てき)とする(ところ)三千彦(みちひこ)のみならず、024水平会(すいへいくわい)をも唯一(ゆゐいつ)(てき)見做(みな)し、025(よわ)きを(くじ)(つよ)きに(したが)ふと()ふ、026奇妙(きめう)奇天烈(きてれつ)結社(けつしや)である。
027 ワックスは創立委員長(さうりつゐゐんちやう)としてテルモン(ざん)議事堂(ぎじだう)(あつ)まり、028オークスを臨時(りんじ)痴爺(ちぢ)として開怪(かいくわい)()朗読(らうどく)せしめたのである。029(いま)()開怪(かいくわい)()縮辞(しゆくじ)030(ならび)挨拶(あいさつ)摘記(てきき)する(こと)にした。031アア(かな)はぬから(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
 
032  (よわ)きを(くじ)(つよ)きを(たす)く、033天晴男(てんせいだん)悪酔怪(あくすゐくわい)
034痴爺(ちぢ)縮辞(しゆくじ)怪長(くわいちやう)瞹擦(あいさつ)
035 (だい)テルモン(ごく)036悪酔怪(あくすゐくわい)037スマネーケン凡夫(ほんぶ)発怪色(はつくわいしき)は、038鬼報(きはう)(とほ)り、039二重惨(にぢうさん)(にち)午後(ごご)(いち)()より待合(まちあひ)(おい)開催(かいさい)されたが、040尾皮(をがは)怪長(くわいちやう)()041(ならび)痴爺(ちぢ)縮辞(しゆくじ)()(とほ)りであつた。
 
042開怪(かいくわい)()
043隔靴(かくくわ)044(ならび)頭掻位(あたまかくゐ)臨場(りんぢやう)(かたじけ)なふし、045怪員(くわいゐん)笑死(しよし)出席(しゆつせき)()046(ここ)(だい)テルモン(ごく)047悪酔怪(あくすゐくわい)スマネーケン凡夫(ほんぶ)発怪式(はつくわいしき)狂行(きよかう)するに(いた)りたるは金睾(きんかう)とする(ところ)(なり)048(おも)ふに(わが)テルモン(ごく)一大蚊属国(いちだいかぞくこく)にして、049バラモン神祖(しんそ)以来(いらい)歴代(れきだい)(たう)()蛮民(ばんみん)撫育(ぶいく)し、050化身哀哭(けんしんあいこく)心情(しんじやう)発露(はつろ)上下不和(しやうかふわ)もつて(から)うじて国家(こくか)支持(しぢ)国威(こくゐ)中外(ちうぐわい)失墜(しつつゐ)し、051烈国(れつこく)平和(へいわ)攪乱(かくらん)をなす。052これ我国(わがくに)情弊(じやうへい)にして、053宇内(うだい)冠絶(くわんぜつ)する所以(ゆゑん)なり。054(しか)るにバラモン(ぐん)と、055三五軍(あななひぐん)との大戦(たいせん)以来(いらい)056死葬怪(しさうくわい)悪化(あくくわ)影響(えいきやう)()け、057仁義(じんぎ)道徳(だうとく)(やうや)(すた)れ、058(さか)んに弱肉強食(じやくにくきやうしよく)(おこな)はれ、059社会(しやくわい)秩序(ちつじよ)(まつた)紊乱(ぶんらん)せむとす。060(くは)ふるに物質的(ぶつしつてき)卑吝(ひりん)発達(はつたつ)学研的(がくけんてき)陋説(ろうせつ)横行(わうかう)とは(まさ)にテルモン(ごく)人民(じんみん)(をか)して(いま)(まさ)解乱(かいらん)せむとす。061(そと)国際状態(こくさいじやうたい)(あん)ずるに、062(その)実力的(じつりよくてき)圧迫(あつぱく)過重(くわぢゆう)()()るやの疑惧(ぎぐ)あり。063内憂外患(ないいうぐわいくわん)交々(こもごも)(いた)現状(げんじやう)上下(しやうか)三十五万年(さんじふごまんねん)(いま)(かつ)()ざる鬼期(きき)目睫(もくせふ)(あひだ)(ひか)へたるものと()ふべし。064(われ)065(とく)066(がく)あり、067()あり、068(ざい)あるなし。069(しか)栄位(えいゐ)(いう)すと(いへど)も、070バラモン神祖(しんそ)より享受(きやうじゆ)せるバラモン(だましひ)茫漠(ばうばく)として(そん)す。071(この)発露(はつろ)によりて、072金権(きんけん)(くつ)するの気骨(きこつ)(いう)す。073同情(どうじやう)()(なみだ)(いう)せず。074時勢(じせい)(がい)する熱血(ねつけつ)なく、075献身(けんしん)奉公(ほうこう)仁侠(じんけふ)(いう)せず、076(かく)(ごと)不正意(ふせいい)をもつて()つて時患(じくわん)救済(きうさい)すべからざる(とき)(きた)れるものと覚悟(かくご)す。077これ(だい)テルモン(ごく)078悪酔怪(あくすゐくわい)(うま)れたる所以(ゆゑん)なり。079スマネーケン同志(どうし)(これ)狂鳴(きやうめい)し、080(ちから)(わか)ち、081(こころ)(ふた)つにして奉公(ほうこう)(じつ)()げざらむとす。082(さいはひ)隔靴(かくくわ)(ならび)頭掻位(あたまかくゐ)御援助(ごゑんじよ)会員(くわいいん)一同(いちどう)御賛助(ごさんじよ)()て、083呱々(ここ)(こゑ)()ぐるを()たるは、084金塊(きんくわい)(きん)ずる(あた)はざる(ところ)なり。085(こひねが)はくは怪員(くわいゐん)諸氏(しよし)一層(いつそう)自製(じせい)発糞(はつぷん)もつて凡怪(ほんくわい)臭意(しゆい)086目的(もくてき)貫徹(くわんてつ)(つと)められむ(こと)鬼望(きばう)す。087(あへ)心情(しんじやう)披瀝(ひれき)して謝辞(しやじ)()べ、088開怪(かいくわい)()とす。
089  バラモン始終苦(しじうく)(ねん)(さん)(かつ)惨重惨(さんぢうさん)(にち)  拙立(せつりつ)異淫長(いいんちやう)ワックス
 
090痴爺(ちぢ)縮辞(しゆくじ)
091(ここ)悪酔怪(あくすゐくわい)はスマネーケン凡夫(ほんぶ)拙立(せつりつ)()り、092凡日(ほんじつ)をもつて発怪式(はつくわいしき)()げられたり。093()(この)発怪式(はつくわいしき)(れつ)し、094一言(いちごん)縮意(しゆくい)(へう)し、095(あは)せて諸怪(しよくわい)()べる鬼怪(きくわい)()たるは(もつと)欣鬼(きんき)()へざる(ところ)なり。096(おも)ふに(わが)テルモン(ごく)大自在天(だいじざいてん)097大国彦命(おほくにひこのみこと)建国(けんこく)以来(いらい)三十五万年(さんじふごまんねん)連綿(れんめん)として万古不易(ばんこふえき)ならず。098世界(せかい)無比(むひ)動乱国(どうらんこく)として国光(こくくわう)宇内(うだい)失墜(しつつゐ)し、099国辱(こくじよく)海外(かいぐわい)発揚(はつやう)(いま)世界(せかい)最小(さいせう)弱国(じやくこく)(はん)(れつ)するに(いた)る。100(これ)(もと)より大自在天(だいじざいてん)神祖(しんそ)守護(しゆご)(あつ)からざる(ところ)にして、101国民(こくみん)上下(しやうか)不一致(ふいつち)哀哭(あいこく)死状(しじやう)偽勇(ぎゆう)彷徨(はうくわう)102死誠(しせい)とを(もつ)(わが)民族精神(みんぞくせいしん)となし、103不誠意(ふせいい)哭家(こくか)隆盛(りうせい)貢献(こうけん)せざりしもの(あづか)りて(ちから)ありと()はざるべからず。104(しか)るに今回(こんくわい)105河鹿峠(かじかたうげ)戦闘(せんとう)結果(けつくわ)として彼我(ひが)(とも)異常(いじやう)変革(へんかく)(てい)し、106死想怪(しさうくわい)(また)(いちぢる)しく混乱(こんらん)(はなはだ)しきは過劇(くわげき)なる死想(しさう)助長(じよちやう)し、107(わが)(くに)(また)(この)死想(しさう)大根元(だいこんげん)となれり。108(こと)理非曲直(りひきよくちよく)(もの)正邪(せいじや)善悪(ぜんあく)(きは)めずして附和雷同(ふわらいどう)し、109この国体(こくたい)相容(あひいる)(ところ)不完全(ふくわんぜん)なる死想(しさう)感染(かんせん)し、110(もつ)国家(こくか)社会(しやくわい)秩序(ちつじよ)(みだ)し、111バラモン国家(こくか)本義(ほんぎ)(わす)るべからず。112(こと)経済的(けいざいてき)変動(へんどう)労働問題(らうどうもんだい)惹起(じやくき)し、113労資(らうし)関係(くわんけい)紛糾(ふんきう)せしめ、114(その)協調(けふてう)(やぶ)り、115(したが)つて人心(じんしん)不安(ふあん)(おとしい)れむとする情勢(じやうせい)(てい)するに(いた)りしは、116(まこと)偉観(ゐくわん)とする(ところ)なり。117(この)(とき)(さい)憂国(いうこく)()相計(あひはか)り、118バラモン(こく)悪酔怪(あくすゐくわい)組織(そしき)し、119正義公道(せいぎこうだう)(たて)とし、120仁侠死誠(じんけふしせい)(ぬき)とし、121同身一体(どうしんいつたい)結束(けつそく)(かた)くし、122(もつ)時弊(じへい)救急(きうきふ)し、123万邦無比(ばんぱうむひ)動乱(どうらん)124(くに)毀損(きそん)する(ごと)き、125失態(しつたい)あるべからず。126狐狗狸眠副(こくりみんぷく)増進(ぞうしん)(はか)(こと)努力(どりよく)せざらむ(こと)()し、127(すで)死想団体(しさうだんたい)として無力(むりよく)なる地歩(ちほ)()むるに(いた)りしはバラモン(ごく)()慶賀(けいが)()へざる(ところ)なり。128由来(ゆらい)(わが)スマネーケンたる、129神代(かみよ)(おい)てバラモン(しん)()統治(とうち)し、130悪政(あくせい)()(たま)ひし以来(いらい)邪智(じやち)(ねん)(ふか)く、131加之(しかのみならず)テルモン山麓(さんろく)一角(いつかく)僻在(へきざい)するを(もつ)一般(いつぱん)民風(みんぷう)質素(しつそ)剛健(がうけん)ならず、132軽挙妄動(けいきよもうどう)(ふう)あり。133産業怪(さんげふくわい)葬儀(さうぎ)(ごと)(また)(おほ)顕現(けんげん)し、134勃発(ぼつぱつ)し、135(やや)もすれば近時(きんじ)()風潮(ふうてう)(さか)らひ、136頓幸微風(とんかうびふう)137道義観念(だうぎくわんねん)(とう)漸次(ぜんじ)廃頽(はいたい)傾向(けいかう)(しめ)したるは(じつ)(わが)国体(こくたい)(ため)金睾(きんかう)とする(ところ)なり。138(いま)同憂(どういう)()相鳩合(あひきうがふ)しバラモン(ごく)139悪酔怪(あくすゐくわい)スマネーケン凡夫(ほんぶ)葬説(さうせつ)して天下惑乱(てんかわくらん)主義(しゆぎ)綱領(かうりやう)(たい)し、140(おほい)濁世害民(ぢよくせがいみん)(じつ)をあげむとす。141(まこと)時期(じき)(てき)したる愚挙(ぐきよ)にして、142(その)効果(かうくわ)(けだ)甚大(じんだい)なるものあるべしと(しん)ず。143(こひねが)はくは怪淫(くわいいん)妾窘(しよくん)(その)責任(せきにん)(ぢう)()(だい)なるを(おも)ひ、144自重自愛(じちようじあい)145(いやし)くも本怪(ほんくわい)臭意(しゆい)(はん)する(こと)なく、146不同心(ふどうしん)147不協力(ふけふりよく)148不確乎(ふかくこ)149不不抜(ふふばつ)精神(せいしん)をもつて凡怪(ほんくわい)目的(もくてき)達成(たつせい)し、150幽醜(いうしう)鼻下(びか)()ぐる(こと)災前(さいぜん)努力(どりよく)(いた)し、151もつて国家(こくか)貢献(こうけん)せざらむ(こと)(のぞ)む。152(をは)りに凡怪(ほんくわい)不健全(ふけんぜん)なる不発達(ふはつたつ)怪淫(くわいいん)妾窘(しよくん)不健康(ふけんかう)(いの)る。153(いささ)蕪辞(ぶじ)()べて縮辞(しゆくじ)となす。
154バラモン(こく)始終苦(しじふく)(ねん)(さん)(かつ)惨重惨(さんぢうさん)(にち)
155スマネーケン痴爺(ちぢ) 重死位(ぢうしゐ)窘惨倒(くんさんたふ) 田柄屁(たからべ)(うなる)
 
156 ワックスは、157(しき)無事(ぶじ)(をは)一場(いちぢやう)演説(えんぜつ)(こころ)みた。
158ワックス『(みな)さま今日(こんにち)御多忙中(ごたばうちう)(かか)はらず賑々(にぎにぎ)しく御来会(ごらいくわい)(くだ)さいまして、159発起者(ほつきしや)()()恐悦(きようえつ)至極(しごく)(ぞん)じます。160(つい)ては、161開怪(かいくわい)()()べました(とほ)り、162(だい)バラモン(ごく)主義(しゆぎ)主張(しゆちやう)(のつと)り、163弱肉強食(じやくにくきやうしよく)真理(しんり)(みと)め、164(よわ)きを(くじ)き、165(つよ)きに(したが)時代(じだい)思想(しさう)遺憾(ゐかん)なく発揮(はつき)したもので(ござ)います。166(たと)へば此処(ここ)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)一人(ひとり)(あら)はれたと(いた)しますれば、167それは(はた)して強者(きやうしや)(ござ)いませうか。168何事(なにごと)多数決(たすうけつ)(たふと)()(なか)169吾々(われわれ)会員(くわいゐん)無慮(むりよ)数百名(すうひやくめい)170(てき)(ただ)一人(ひとり)(ござ)います。171如何(いか)(つよ)いと()うても多数(たすう)には()てませぬ。172(それ)(ゆゑ)三千彦(みちひこ)宣伝使(せんでんし)弱者(じやくしや)(ござ)います。173(ゆゑ)宮町(みやまち)町民(ちやうみん)(ため)手足(てあし)(しば)られ、174アンブラック(がは)()()まれたのはバラモン(ごく)伝統(でんとう)教義(けうぎ)として(もつと)(たふと)ぶべき行為(かうゐ)(おも)ひます。175(しか)るに(また)(かれ)三千彦(みちひこ)四足(よつあし)(いのち)(すく)はれ、176(この)テルモン(ざん)(いづ)れにか潜伏(せんぷく)(いた)して()形跡(けいせき)がありますれば、177本会(ほんくわい)規則(きそく)により、178()つけ次第(しだい)容赦(ようしや)なく(しば)りつけ、179今回(こんくわい)(いし)(くく)りつけ()()まれたいもので(ござ)います。180拙者(せつしや)(ごと)きはテルモン(ざん)神館(かむやかた)(おい)ては家令(かれい)(せがれ)として(もつと)(つよ)きもので(ござ)います。181その(もつと)(つよ)(もの)(たい)してエキス、182ヘルマンなどの弱者(じやくしや)折々(をりをり)(かね)無心(むしん)(まゐ)り、183駄々(だだ)()ねまする(ゆゑ)184もし今後(こんご)そんな(こと)(いた)した(とき)には会長(くわいちやう)(わたし)から、185会員(くわいゐん)諸君(しよくん)通知(つうち)(はつ)しますから(みな)さま悪酔怪(あくすゐくわい)設立(せつりつ)趣旨(しゆし)(したが)つて(すみやか)にお(かけ)つけ(くだ)さらむ(こと)悪酔怪(あくすゐくわい)規則(きそく)によつてお(ねが)ひして()きます』
186 エキスは(この)(とき)群衆(ぐんしう)(なか)より、187怒髪(どはつ)(てん)()いて(あら)はれ(きた)()()になつて、
188エキス『(みな)さま、189(いま)ワックス殿(どの)()べられました(とほ)り、190(よわ)きを(くじ)(つよ)きに(したが)ふが本会(ほんくわい)趣旨(しゆし)たる(こと)御存(ごぞん)じでせう。191一人(ひとり)(をとこ)二人(ふたり)(をとこ)脅迫(けふはく)され、192(いのち)よりも大事(だいじ)六百両(ろくぴやくりやう)(かね)をおつ()()し、193(いのち)(たす)けて(もら)うたものがありとすれば、194(みな)さまどちらが(つよ)いと(おも)はれますか、195(また)二人(ふたり)一人(ひとり)とは、196何方(どちら)(つよ)いと(おも)ひますか。197本会(ほんくわい)主義(しゆぎ)精神(せいしん)(もとづ)いて拙者(せつしや)()両人(りやうにん)強者(きやうしや)なる(こと)(みと)め、198拙者(せつしや)()二人(ふたり)がワックスの(やかた)押寄(おしよ)せたる(とき)は、199何卒(なにとぞ)御援助(ごゑんじよ)(ねが)ひます。200()のワックスと()(やつ)は、201宮町(みやまち)町民(ちやうみん)馬鹿(ばか)(いた)して()人犬(にんげん)(ござ)いますから、202(みな)さま御用心(ごようじん)なさいませ。203家々(いへいへ)大切(たいせつ)(たから)をあの騒動(さうだう)(まぎ)(ぬす)ませたのはワックスで(ござ)いますよ。204(その)窃盗(せつとう)(しよう)(あた)つた強者(きやうしや)此処(ここ)二人(ふたり)(ばか)(かほ)(なら)べて()られます。205これは皆様(みなさま)御判断(ごはんだん)(まか)(こと)(いた)しませう』
206 聴衆(ちやうしう)(なか)より、
207『オイ、208エキス、209それや本当(ほんたう)か、210よもや(うそ)ではあるまいな』
211エキス『滅相(めつさう)な、212何程(なにほど)悪酔怪(あくすゐくわい)だと()つて、213そんな()()いた(うそ)(まを)されませうか。214(たから)泥坊(どろばう)(まつた)くワックス以下(いか)両人(りやうにん)仕事(しごと)(ござ)います。215そして(その)(ぬす)まれた(しな)はテルモン(ざん)(はと)岩窟(いはや)にすつかり(かく)して(ござ)いますから、216(うそ)(おも)はれるなら(みな)さま()つて調(しら)べて御覧(ごらん)なさい』
217 ワックスは(ふた)(みつ)咳払(せきばら)ひをしながら、
218ワックス『(みな)さま、219エキスの言葉(ことば)(だま)されてはなりませぬ。220現在(げんざい)(たから)(かく)場所(ばしよ)()つて()以上(いじやう)221御本人(ごほんにん)(ぬす)んだに相違(さうゐ)(ござ)いませぬ。222本人(ほんにん)(ぬす)まぬのに()つて()(はず)がありますまい』
223 悪酔怪(あくすゐくわい)(しよう)する一同(いちどう)(たちま)総立(さうだち)となり、
224一同(いちどう)『ワックスを(なぐ)れ、225エキスを(ころ)せ』
226(たけ)(くる)うた。
227 (この)(さわ)ぎにワックス、228エキス、229オークス、230ビルマは(ほそ)くなつて、231テルモン(ざん)山奥(やまおく)()して一散(いつさん)駆出(かけだ)した。232そこへ、233エルが睾丸(きんたま)(おさ)(なが)らエチエチと演壇(えんだん)(のぼ)(きた)大喝一声(たいかついつせい)
234エル『皆様(みなさま)(しづ)まりなさいませ、235貴方方(あなたがた)悪酔怪員(あくすゐくわいゐん)ぢやありませぬか。236ワックス(さま)(はじ)(その)(ほか)方々(かたがた)がどうしてそんな(こと)をなさいませう。237発会式(はつくわいしき)余興(よきよう)(みな)さま(がた)肝玉(きもだま)(ため)さむと(おも)故意(わざ)とにあんな(こと)()うて喧嘩(けんくわ)をして()せられたのです。238(みな)さまこれから鉢巻(はちまき)をして腹帯(はらおび)()め、239(よわ)きを(くじ)(つよ)きに(したが)ふの大精神(だいせいしん)になつて(もら)はなくてはなりませぬ。240(いま)のワックス、241エキスの(あらそ)ひは八百長(やほちやう)ですから、242本当(ほんたう)にしてはなりませぬ。243それよりもバラモン(けう)聖地(せいち)に、244幾度(いくたび)となく()()(きた)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)(ふせ)ぐために、245貴方方(あなたがた)のお(ちから)(たの)まねばなりませぬ。246(その)(ため)本会(ほんくわい)組織(そしき)したので(ござ)います。247水平会(すゐへいくわい)などを相手(あひて)にするのが目的(もくてき)ぢやありませぬ。248(みな)さまは非常(ひじやう)特権(とくけん)(あた)へられて()(こと)()つて()ますか』
249 群衆(ぐんしう)(なか)より、
250『その特権(とくけん)とは(なん)だ。251詳細(しやうさい)説明(せつめい)(ねが)ふ』
252エル『(その)特権(とくけん)(まを)すのは表面(へうめん)には(まを)されませぬが、253(つき)(くに)254ハルナの(みやこ)大黒主(おほくろぬし)(さま)より、255烏鷺(うろ)勝負(しようぶ)黙認(もくにん)()()るので(ござ)います。256それ(ゆゑ)昼間(ひるま)褞袍(どてら)()てウロウロ(いた)し、257ウロをうつて()ても()()(ふう)をするから(それ)第一(だいいち)特権(とくけん)です。258(みな)さま(これ)から悪酔怪(あくすゐくわい)万歳(ばんざい)三唱(さんしやう)し、259悪酔踊(あくすゐをど)りでも(さか)んにやつて本会(ほんくわい)創立(さうりつ)(こころ)から(しゆく)して(くだ)さいませ。260(さけ)弱者(じやくしや)から徴発(ちようはつ)して()たのが沢山(たくさん)(ござ)いますから』
261一同(いちどう)『ウロー、262ウロー』
263()(なが)ら、264(あら)くれ(をとこ)が、265毛脛(けずね)()して縦横(たてよこ)十文字(じふもんじ)(をど)(くる)ひ、266議事堂(ぎじだう)(たちま)(ゆか)墜落(つゐらく)し、267数百(すうひやく)(ねずみ)(おどろ)いて一生懸命(いつしやうけんめい)戸外(こぐわい)()()し、
268『クウクウクウ チウチウチウチウ』
269()(なが)強者(きやうしや)(てき)(がた)(よわ)()つて(くさむら)(なか)(いのち)からがら()げて()く。270嗚呼(ああ)(かな)はぬから(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
271(よわ)きをば(たす)(つよ)きを(くじ)くとは
272表面(へうめん)ばかり(おに)念仏(ねんぶつ)
273その(じつ)弱身(よわみ)につけ()(かぜ)(かみ)
274(つよ)奴等(やつら)()()偽侠(ぎけふ)よ。
275大正一二・三・二五 旧二・九 於皆生温泉浜屋 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/24【霊界物語ネット】『出口王仁三郎全集』の「第二篇 皇道我観」(第一~第十章)を校正しました。
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。