霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一五章 糸瓜(へちま)〔一四六五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第57巻 真善美愛 申の巻 篇:第2篇 顕幽両通 よみ:けんゆうりょうつう
章:第15章 第57巻 よみ:へちま 通し章番号:1465
口述日:1923(大正12)年03月25日(旧02月9日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年5月24日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5715
愛善世界社版: 八幡書店版:第10輯 331頁 修補版: 校定版:202頁 普及版:95頁 初版: ページ備考:
001テルモン(ざん)夜嵐(よあらし)
002染黒(しぐろ)(かほ)(あふ)られて
003スタスタ(きた)二人(ふたり)()
004(はと)岩窟(いはや)入口(いりぐち)
005少時(しばし)(たたず)(いき)()らし
006(なか)様子(やうす)(うかが)へば
007押籠(おしこ)められしケリナ(ひめ)
008(すず)()るやうな(こゑ)をして
009(なに)述懐(じゆつくわい)(うた)()
010エキス、ヘルマン両人(りやうにん)
011(むね)ををどらし入口(いりぐち)
012鉄門(かなど)()をばよせ(なが)
013(かな)はぬ(こひ)()らずして
014(たづ)(きた)るぞ可笑(をか)しけれ
015岩窟(いはや)(そと)(ひと)ありと
016()らぬが(ほとけ)のケリナ(ひめ)
017(その)()不運(ふうん)(かこ)ちつつ
018湿(しめ)(がち)なる(うた)(ごゑ)
019秋野(あきの)にすだく(むし)()
020(ただし)(こま)(すず)()
021(まが)ふべらなる憂音(いうおん)
022(かた)(いだ)すぞ可憐(いぢら)しき。
023 二人(ふたり)(こゑ)(ひそ)(なが)ら、
024エキス『オイ、025ヘルマン、026ワックスの(やつ)027テルモン(ざん)(おく)悪酔怪(あくすゐくわい)演説(えんぜつ)(たた)つて()()せたのを(さいはひ)028貴様(きさま)(おれ)二人(ふたり)(さが)()し、029(ひめ)歓心(くわんしん)()(こひ)優勝者(いうしようしや)とならうぢやないか、030こんな機会(きくわい)(また)とあるものぢやない』
031ヘルマン『ウン、032それやさうだ。033六百両(ろくぴやくりやう)(かね)はぼつたくり、034(また)テルモン(ざん)(はな)(うた)はれた美人(びじん)(めと)(たの)しく(うれ)しく(くら)すのも(また)(おつ)ぢやないか。035(しか)しこれは()りて()知恵(ちゑ)では駄目(だめ)かも()れない。036()つかり肱鉄(ひぢてつ)をかまされては取返(とりかへ)しがつかぬからなア。037(なん)とかして知恵(ちゑ)(しぼ)()して、038(うま)くやらねばならぬ。039(あま)(ちか)くによつてケリナ(ひめ)さまの(みみ)(はい)つては大変(たいへん)だ。040四五間(しごけん)ここを(はな)れて(ゆつ)くり相談(さうだん)しようかい』
041エキス『ウン、042それが上分別(じやうふんべつ)だ』
043()(なが)ら、044四五間(しごけん)(かたはら)雑草(ざつさう)(なか)にドツカリと(こし)()ろし、
045エキス『オイ、046(あと)喧嘩(けんくわ)(さき)にして()くのだが、047(うま)()()つた(とき)には貴様(きさま)何方(どちら)()るのだ』
048ヘルマン『ウン、049(おれ)はデビス(ひめ)申受(まをしう)ける(つも)りだ』
050エキス『ヘン、051(ちつ)(つら)相談(さうだん)をして()よ。052デビス(ひめ)(をつと)になれば、053小国別(をくにわけ)(さま)御世継(およつぎ)だぞ。054貴様(きさま)のやうな野呂作(のろさく)がどうして左様(さやう)(こと)(つと)まらうかい』
055ヘルマン『マア何方(どちら)でもよいわ、056()らぬ(たぬき)皮算用(かはざんよう)して()(ところ)面白(おもしろ)くない。057それより姉妹(おとどい)のナイスに(えら)ましたらよいではないか、058それが一番(いちばん)公平(こうへい)だからなア』
059エキス『それも面白(おもしろ)からう、060(しか)先方(むかふ)(えら)ませるなら姉妹(おとどい)(とも)061(おれ)(はう)秋波(しうは)(おく)るに(きま)つて()る。062(その)(とき)には一寸(ちよつと)加減(かげん)()貴様(きさま)にお(ふる)(ゆづ)つてやらうか』
063ヘルマン『馬鹿(ばか)()ふな、064貴様(きさま)のやうな糸瓜(へちま)目鼻(めはな)をつけたやうな細長(ほそなが)(かほ)をしながら自惚(うぬぼ)れた(こと)()ふな』
065エキス『(おれ)糸瓜(へちま)なら貴様(きさま)南瓜(かぼちや)だ』
066ヘルマン『南瓜(かぼちや)糸瓜(へちま)もあつたものかい。067マア()()れ、068この南瓜(かぼちや)がどんな(こと)をするか、069(うた)にも()ふだらう、
 
070 今年(ことし)南瓜(かぼちや)(あた)(どし)
 
071糸瓜(へちま)(あた)(どし)とは開闢(かいびやく)以来(いらい)()いた(こと)はないわ、072エヘヘヘヘ』
073エキス『コリヤどて南瓜(かぼちや)074(なに)ごうたく()きやがるのだ。075マア()(かく)(おれ)年嵩(としかさ)だから長上(ちやうじやう)(うやま)礼儀(れいぎ)(したが)つて(おれ)(まか)して()いたらよからう。076()先方(せんぱう)意向(いかう)(わか)らぬのに喧嘩(けんくわ)したつて仕方(しかた)()いからのう』
077ヘルマン『ウンさうだ。078こんな(ところ)角目立(つのめだ)つて喧嘩(けんくわ)して()(ところ)面白(おもしろ)くない。079まづ第一(だいいち)ケリナ(ひめ)をチヨロまかし、080先方(むかふ)意志(いし)(まか)(こと)にしよう。081サアこれから岩窟(いはや)(まへ)()つて(うた)(うた)ひ、082ケリナさまに(おも)ひつかすのだ』
083二人(ふたり)足音(あしおと)(しの)ばせ岩窟(がんくつ)(そば)躙寄(にじりよ)り、
084エキス『悪者(わるもの)誘拐(かどはか)されて岩窟(いはやど)
085押込(おしこ)められし(きみ)ぞいとしき』
086ヘルマン『天照(あまてら)皇大神(すめおほかみ)岩窟(いはやど)
087一日(ひとひ)(はや)()()でませよ』
088エキス『手力男(たぢからを)(かみ)(みこと)(あら)はれて
089ケリナの(ひめ)岩戸(いはと)(ひら)かむ』
090ヘルマン『あなさやけあな面白(おもしろ)御姿(みすがた)
091(をが)(われ)こそ(たの)しかりけり』
092エキス『テルモンの(かみ)(やかた)にあれましし
093ケリナの(ひめ)姿(すがた)やさしき』
094ヘルマン『(この)(きみ)天下無双(てんかむさう)のナイスなり
095如何(いか)でかエキスに(なび)(たま)はむ』
096エキス『ヘルマンの(しこ)(つかさ)(えら)さうに
097ケリナの(ひめ)(した)()るかな』
098ヘルマン『こらエキス(あんま)(くち)()ぎるぞや
099如意(によい)宝珠(ほつしゆ)(たれ)(ぬす)んだ』
100エキス『如意宝珠(によいほつしゆ)(ぬす)んだ(やつ)はワックスよ
101エキスの(ため)(やかた)(をさ)まる』
102ヘルマン『馬鹿(ばか)()ふな宝珠(ほつしゆ)(たま)三五(あななひ)
103三千彦(みちひこ)(つかさ)手柄(てがら)ならずや』
104エキス『そんな(こと)、こんな(ところ)()馬鹿(ばか)
105(また)世界(せかい)一人(ひとり)あらうか』
106ヘルマン『(これ)はしたりケリナの(ひめ)(かく)れます
107岩窟(いはや)(まへ)をうかと(わす)れて』
108エキス『それだからトンマ(をとこ)南瓜面(かぼちやづら)
109(わけ)糸瓜(へちま)もないと()ふのだ』
110ヘルマン『糸瓜野郎(へちまやらう)(あを)(かほ)して(なん)()
111(すりこぎ)のやうな(どたま)かかへて』
112エキス『()うなれば義理(ぎり)糸瓜(へちま)もあるものか
113サア()勝負(しようぶ)力比(ちからくら)べだ』
114ヘルマン『言論(げんろん)(たふと)ばれつる()(なか)
115直接行動(ちよくせつかうどう)野蛮(やばん)骨頂(こつちやう)
116エキス『馬鹿(ばか)()ふな最後(さいご)勝利(しようり)実力(じつりよく)
117見事(みごと)ケリナを()つて()せうぞ』
118ヘルマン『糸瓜野郎(へちまやらう)何程(なにほど)(ひめ)()れたとて
119先方(むかふ)がきかねば馬鹿(ばか)()るのみ』
120エキス『(この)(うへ)南瓜頭(かぼちやあたま)をかち()つて
121鬱憤(うつぷん)()らさにや(をとこ)()たぬ』
122ヘルマン『こりや糸瓜(へちま)南瓜(かぼちや)(うで)()つて()るか』
123エキス……『()つて()れやこそ喧嘩(けんくわ)するのだ』
124 たうとう(しまひ)には大喧嘩(おほげんくわ)となり、125ケリナ(ひめ)(こと)はそつちのけにして(なが)(をとこ)(みじか)(ふと)(をとこ)とが()んず()まれつ、126ウンウンキヤーキヤーと(わめ)きながら()むしつたり睾丸(きんたま)(つか)んだり、127一生懸命(いつしやうけんめい)格闘(かくとう)をして()る。128ケリナ(ひめ)二人(ふたり)問答(もんだふ)()いて自分(じぶん)(くる)しき岩窟内(がんくつない)にあるのもうち(わす)れ、129(おも)はず()らずホホホホホと(わら)ふ。130ケリナ(ひめ)(しづか)(うた)ふ。
131ケリナ(ひめ)人里(ひとざと)(はな)れしテルモンの
132深山(みやま)(おく)岩窟(がんくつ)
133(つれ)なき(をとこ)(さら)はれて
134不運(ふうん)(かこ)(わが)()にも
135(こころ)(なぐさ)(とき)()
136(あく)()けたる二人(ふたり)()
137(かみ)(やかた)御宝(みたから)
138(ぬす)(いだ)して父母(ちちはは)
139(くる)しめまつりワックスの
140悪魔(あくま)(とも)(おそ)ろしき
141(たく)みを(いた)馬鹿男(ばかをとこ)
142(わらは)色香(いろか)()(くら)
143岩窟(いはや)(まへ)(ふさ)がりて
144(たがひ)(こころ)黒幕(くろまく)
145(まく)()げたる(あさ)はかさ
146如何(いか)(くも)りし()(なか)
147(めくら)(つんぼ)()ふとても
148これ(ほど)馬鹿(ばか)()にあろか
149自分(じぶん)(たく)みを(わが)(まへ)
150(ひと)つも(のこ)らず(さら)()
151あた(けが)らはしき色恋(いろこひ)
152糸瓜(へちま)南瓜(かぼちや)のお(ばけ)()
153(ささや)(こゑ)(あは)れなり
154馬鹿(ばか)(あた)ふる(くすり)はないと
155()(ことわざ)()(あた)
156(なが)めし(わらは)可笑(をか)しさよ
157(あさひ)()るとも(くも)るとも
158(つき)()つとも()くるとも
159仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
160(わが)()(いのち)()するとも
161神力無双(しんりきむさう)求道(きうだう)さま
162二世(にせ)(をつと)村肝(むらきも)
163(こころ)(うち)(さだ)めてゆ
164何程(なにほど)綺麗(きれい)(をとこ)でも
165(わらは)()には鬼瓦(おにがはら)
166(かへり)みるだに(いや)らしき
167エキス、ヘルマン二人(ふたり)馬鹿(ばか)()
168(たがひ)(いのち)()(あひ)
169(はじ)めて(くる)しむ可笑(をか)しさよ
170アア惟神(かむながら)々々(かむながら)
171(かみ)御霊(みたま)(さち)はひて
172一日(ひとひ)(はや)(わが)()をば
173(すく)はせ(たま)求道(きうだう)さま
174教司(をしへつかさ)()(うへ)
175(まも)らせ(たま)へと大神(おほかみ)
176御前(みまへ)(かしこ)()ぎまつる』
177 (そと)には、178エキス、179ヘルマンの二人(ふたり)血塗(ちみどろ)になつて(かほ)()むしられ、180(いき)()()えに格闘(かくとう)して()る。181其処(そこ)へスマートを()れてやつてきたのは、182三五教(あななひけう)三千彦(みちひこ)であつた。183スマートは矢場(やには)岩窟(がんくつ)入口(いりぐち)(ちか)より、184フンフンと鋭敏(えいびん)嗅覚(きうかく)(かぎ)つけ(なが)ら、185ケリナ(ひめ)()(こと)(たしか)めたものの(ごと)く、186(しき)りに()()つて、187ウーウーと(うな)()した。188三千彦(みちひこ)岩窟(がんくつ)入口(いりぐち)より(こゑ)をかけ、
189三千彦(みちひこ)(わたし)三五教(あななひけう)神司(かむつかさ)三千彦(みちひこ)(ござ)います。190先日(せんじつ)よりお(やかた)にお世話(せわ)になり貴女(あなた)のお行衛(ゆくゑ)(さが)して()りましたが、191(やうや)此処(ここ)にお(かく)れと判明(はんめい)し、192(むか)ひに(まゐ)りました。193(しばら)くお()(くだ)さい。194(いま)(この)入口(いりぐち)()()けますから』
195 ケリナ(ひめ)(しば)無言(むごん)(まま)(かんが)()んで()た。
196ケリナ(ひめ)『さしこもる岩窟(いはや)(なか)姫神(ひめがみ)
197如何(いか)でか(なび)かむ見知(みし)らぬ(ひと)に。
198(いま)(さき)(あや)しき(をとこ)(ただ)二人(ふたり)
199(きた)りて(われ)(さそ)はむとせし。
200()はたとへ岩窟(いはや)(なか)()つるとも
201(あだ)(をとこ)()をな(まか)さじ』
202三千彦(みちひこ)『これはしたりケリナの(ひめ)御言葉(おんことば)
203(かみ)使(つかひ)にかざり(ごと)なし。
204村肝(むらきも)(こころ)(しづ)めて()でませよ
205(かみ)のまにまに(われ)(きた)りぬ』
206ケリナ(ひめ)(なさ)けある(ひと)言葉(ことば)(したが)ひて
207岩窟(いはや)()でむ(はや)(ひら)きませ』
208 三千彦(みちひこ)四辺(あたり)岩片(がんぺん)()()るより(はや)錠前(ぢやうまへ)をへし()り、209(やうや)くにしてカツと(ひら)ひた。
210ケリナ(ひめ)『ヤア三千彦(みちひこ)(さま)とやら、211()くマア(たす)けに()(くだ)さいました。212(この)御恩(ごおん)(けつ)して(わす)れませぬ』
213三千彦(みちひこ)『サア(はや)(かへ)りませう。214御両親(ごりやうしん)がお()(かね)(ござ)います。215()いてはお姉様(あねさま)(たす)()さねばなりませず、216求道様(きうだうさま)(たす)()さねばなりませぬから、217サア(はや)()(くだ)さい』
218ケリナ(ひめ)『ハイ、219有難(ありがた)(ござ)いますが、220(あし)がワナワナ(いた)しまして(ちつ)とも()ちませぬので、221(こま)つて()ります』
222三千彦(みちひこ)『アアさうでせう。223()んな(ところ)()()められて()てはお(あし)(よわ)つたでせう。224サア(わたし)(せな)(おぶ)さつて(くだ)さい。225此処(ここ)()(いぬ)はスマートと(まを)しまして、226幾度(いくど)(わたし)(たす)けて()れた義犬(ぎけん)です。227これさへ()れば大丈夫(だいぢやうぶ)(ござ)います』
228(せな)()()す。229ケリナ(ひめ)大舟(おほぶね)()つたやうに安心(あんしん)して素直(すなほ)三千彦(みちひこ)(せな)背負(せお)はれ、230(やうや)くにして(くるし)岩窟(がんくつ)()た。231(ほし)(ひかり)金砂(きんしや)銀砂(ぎんしや)(ちりば)めた(ごと)く、232満天(まんてん)(かがや)いて()る。
233ケリナ(ひめ)『モシ三千彦(みちひこ)(さま)234此処(ここ)悪漢(わるもの)二人(ふたり)(たほ)れて()ますが、235この(まま)見逃(みのが)して()いても宜敷(よろし)いでせうか』
236三千彦(みちひこ)成程(なるほど)(あま)貴女(あなた)(はう)()()られて()ましたので悪漢(わるもの)仕末(しまつ)(わす)れて()ました。237サア(ひめ)(さま)238一寸(ちよつと)()りて()(くだ)さい。239(しばら)貴女(あなた)旧宅(きうたく)()()めて()きませう、240アハハハハハ』
241ケリナ(ひめ)『オホホホホホ、242三千彦(みちひこ)(さま)243随分(ずいぶん)()からぬ(やつ)ですから、244改心(かいしん)する(まで)大事(だいじ)()()んで()いて(くだ)さいませ』
245 三千彦(みちひこ)は『宜敷(よろし)い』と()(なが)二人(ふたり)(あし)剛力(がうりき)(まか)せて左右(さいう)()片足(かたあし)づつ(にぎ)り、246芝草(しばくさ)(うへ)(ひき)ずり(きた)り。247(ねこ)でも()きずるやうにポイと()()み、248入口(いりぐち)()カチリ()め、249丁寧(ていねい)突張(つつぱり)をかひ、
250三千彦(みちひこ)『オイ金剛不壊(こんがうふゑ)(たま)大盗人(おほぬすと)251エキス、252ヘルマンの両人(りやうにん)(しばら)此処(ここ)楽隠居(らくいんきよ)でもして()るがよからう。253改心(かいしん)出来(でき)たら(また)()してやらうまいものでもない。254(おれ)悪酔怪員(あくすゐくわいゐん)でないから、255(よわ)(をんな)(たす)け、256(あく)(つよ)(やつ)()らしてやるのだ。257()うなるのも(みな)()から()(さび)だと(おも)うて観念(くわんねん)したがよからう』
258エキス『モシモシ三千彦(みちひこ)(さま)259何卒(どうぞ)吾等(われら)二人(ふたり)(たす)けて(くだ)さいませ。260(その)(かは)りワックスを此処(ここ)(つか)まへて()()れるやうに(いた)しますから、261(じつ)(ところ)はワックスの命令(めいれい)によつて(ぬす)んだので(ござ)います。262張本人(ちやうほんにん)はワックスで(ござ)います』
263三千彦(みちひこ)『アハハハハハ、264マア()(どく)だけれど(ちつ)御休息(ごきうそく)なさいませ。265サア(ひめ)(さま)(かへ)りませう』
266()()ひ、267スマートに道案内(みちあんない)されて、268デビス(ひめ)()()められた岩窟(がんくつ)()して(すす)()く。269二人(ふたり)入口(いりぐち)()無性(むしやう)矢鱈(やたら)(たた)き、
270両人(りやうにん)(たす)けて()れエ(たす)けて()れエ、271(この)()(かみ)(ほとけ)()いものか。272エエ残念(ざんねん)口惜(くちを)しやなア』
273身勝手(みがつて)(こと)(ばか)愚痴(ぐち)つて()る。274岩窟(がんくつ)(おく)(はう)から『ケラ ケラ ケラ』と(いや)らしい、275()()のよだつやうな(わら)(ごゑ)(きこ)えて()た。
276大正一二・三・二五 旧二・九 於皆生温泉浜屋 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/24【霊界物語ネット】『出口王仁三郎全集』の「第二篇 皇道我観」(第一~第十章)を校正しました。
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。