霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二一章 言触(ことぶれ)〔一四七一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第57巻 真善美愛 申の巻 篇:第3篇 天上天下 よみ:てんじょうてんか
章:第21章 第57巻 よみ:ことぶれ 通し章番号:1471
口述日:1923(大正12)年03月26日(旧02月10日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年5月24日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5721
愛善世界社版: 八幡書店版:第10輯 352頁 修補版: 校定版:266頁 普及版:120頁 初版: ページ備考:
001 ワックスは(おどろ)(わが)()馳帰(はせかへ)()れば(ちち)のオールスチンは(やまひ)益々(ますます)(おも)く、002(ほとん)(むし)(いき)になつて()た。003流石(さすが)のワックスも(おどろ)いて(ちち)病床(びやうしやう)()()り、004(なみだ)(こゑ)(しぼ)(なが)ら、
005ワックス『お父様(とうさま)006如何(いかが)(ござ)います。007(くる)しう(ござ)いますか』
008とツヒになく(やさ)しく(たづ)ねる。009オールスチンはクワツと()(みひら)き、010ニタリと(わら)つた(まま)瞑目(めいもく)して(しま)つた。
011ワックス『アーア到頭(とうとう)大切(たいせつ)大切(たいせつ)のお(とう)さまはなくなつて(しま)つた。012アアどうしようかな。013おい、014オークス、015ビルマ、016一度(いちど)どうかして(よみがへ)つて(もら)(みち)はあるまいかな。017コラ看護婦(かんごふ)018貴様(きさま)(たち)二人(ふたり)()いて()つて(なに)して()た。019親爺(おやぢ)()ぬやうな看護(かんご)(たの)みはせぬぞ、020病気(びやうき)(なほ)(ため)021(たか)(かね)()して(やと)うて()たのだ。022(おれ)不在(るす)()(なに)(わる)(こと)したのだらう。023トツトと()()け』
024とソロソロ地金(ぢがね)()しワヤな(こと)()()した。025看護婦(かんごふ)(あき)れて(かへ)言葉(ことば)もなく、026(つら)(ふく)らし(なが)自分(じぶん)持物(もちもの)()りまつべて()(かへ)らうとする。
027ワックス『コリヤ一寸(ちよつと)()て、028その荷物(にもつ)税関(ぜいくわん)調(しら)べてやらう。029親爺(おやぢ)小判(こばん)をソファーの(した)から引張(ひつぱ)()して()めて()るのだらう』
030看護婦(かんごふ)『ホホホそんな(やす)人間(にんげん)(おも)つて(もら)ひますと片腹(かたはら)(いた)(ござ)います。031(しか)(この)トランクは(わたし)(もの)ですから指一本(ゆびいつぽん)()へるなら()へて御覧(ごらん)なさい』
032ワックス『ヨシ、033みん(ごと)調(しら)べてやらう。034大泥棒(おほどろぼう)()が』
035()(なが)二人(ふたり)看護婦(かんごふ)のトランクを無理(むり)捻開(ねぢあ)けた。036(たちま)(しろ)(けむり)シユーシユーと(おと)()てて(たち)あがり、037(なか)よりデビス(ひめ)038ケリナ(ひめ)二人(ふたり)がニコニコしながら()(あら)はれた。039ワックスはアツと(おどろ)(こし)()かし『バ……化物(ばけもの)』と()んだきり、040(のど)がつまり(くち)をワナワナさせ(ふる)うて()る。041オークス、042ビルマは(その)(あひだ)にソファーを()()け、043(たたみ)をめくり、044オールスチンの(かく)して()いた金銀(きんぎん)小玉(こだま)引張(ひつぱり)()し、045看護婦(かんごふ)のトランクに()()み、046(たふ)れて()るワックスの(まへ)()せびらかし、
047オークス『もし、048ワックス(さま)049これ(だけ)戦利品(せんりひん)(ござ)いましたよ。050(あと)にはもう(ひと)つも(のこ)つて()りませぬ。051ビルマと両人(りやうにん)有難(ありがた)頂戴(ちやうだい)(いた)します。052(まへ)さまはお(ばけ)(ひめ)(さま)仲良(なかよ)(くら)しなさい。053(まへ)さまの(こし)三日(みつか)四日(よつか)にや()ちますまいから、054これから両人(りやうにん)聖地(せいち)逐電(ちくでん)(いた)し、055ハルナの(みやこ)()つて栄耀(えいえう)栄華(えいぐわ)(くら)します、056アバよ、057ウツフフフフフフ』
058(あご)をしやくり嘲笑(てうせう)しながらスタスタと(おもて)()()す。059二人(ふたり)看護婦(かんごふ)姿(すがた)何処(どこ)()つたか皆目(かいもく)()えなかつた。060ワックスは無念(むねん)をこらへ歯切(はぎ)りを()んで()()二人(ふたり)(あと)(うら)めしげに見送(みおく)つて()た。061狼狽者(あわてもの)のエルはトランクの(なか)から美人(びじん)()たのと、062オールスチンの絶命(ことぎ)れたのを()逸早(いちはや)()()し、063(ふたた)十字街頭(じふじがいとう)()(あら)はれ、064大音声(だいおんじやう)()()げて言触(ことぶれ)(はじ)()した。
065エル『ドンドコ ドンドコ ドンドコドン
066ヤア大変(たいへん)ぢやア大変(たいへん)ぢやア
067(てん)()となり()(てん)となる
068ドンドコ ドンドコ ドンドコドン
069ワックスさまの親爺(おやぢ)さま
070(かみ)(やかた)家老職(からうしよく)
071オールスチンが(めい)()きて
072極楽(ごくらく)(まゐ)りを(いた)したぞ
073ドンドコ ドンドコ ドンドコドン
074(みな)さま(はや)()けつけて
075葬式(さうしき)万端(ばんたん)手伝(てつだ)うて
076野辺(のべ)(おく)りをするが()
077悪酔怪(あくすゐくわい)会長(くわいちやう)さま
078ワックスさまは(こし)()かし
079アフンとばかり(くち)()けて
080ものをも()はず(たふ)れてる
081ドンドコ ドンドコ ドンドコドン
082それにまだまだ不思議(ふしぎ)なは
083二人(ふたり)看護婦(かんごふ)(たちま)ちに
084(くも)(かすみ)()()せた
085不思議(ふしぎ)(おも)最中(さいちう)
086ワックスさまがパツと()けた
087トランクの(なか)からシユーシユーと
088(しろ)(けぶり)()(のぼ)
089ドンドコ ドンドコ ドンドコドン
090あらマア不思議(ふしぎ)摩訶(まか)不思議(ふしぎ)
091(かみ)(やかた)にあれませる
092デビスの(ひめ)やケリナ(ひめ)
093ニコニコし(なが)(あら)はれた
094ドンドコ ドンドコ ドンドコドン
095これもヤツパリ三五(あななひ)
096魔法使(まはふづかひ)仕業(しわざ)だと
097(おも)へば(にはか)(こは)くなり
098家令(かれい)()んだ報告(はうこく)
099ワックスさまの(こし)()かし
100化女(ばけをんな)出現(しゆつげん)
101報告(はうこく)がてらにやつて()
102ドンドコ ドンドコ ドンドコドン
103今度(こんど)(うそ)では()(ほど)
104本真(ほんま)本真(ほんま)()んだのだ
105ソファーの(した)にドツサリと
106(きん)(ぎん)との小玉(こだま)()
107目玉(めだま)()いて(うな)つてる
108()()れるなら(いま)だぞや
109(すべ)(この)()財産(ざいさん)
110人一代(ひといちだい)()(こと)
111親爺(おやぢ)(せがれ)(わた)さずに
112(のこ)して()んだ(たから)なら
113(たれ)(ひろ)うても(おな)(こと)
114これは天下(てんか)所有品(しよいうひん)
115(かね)()しい代物(しろもの)
116一時(いちじ)(はや)()んで()
117(おも)存分(ぞんぶん)引掴(ひつつか)
118栄耀(えいえう)栄華(えいぐわ)()らさんせ
119ドンドコ ドンドコ ドンドコドン
120執念(しふねん)かかつた金銀(きんぎん)
121(おれ)(ひろ)はうと(おも)はない
122さはさり(なが)黄金(わうごん)
123もの()時節(じせつ)(みな)さまよ
124ドンドコ ドンドコ ドンドコドン
125強欲爺(がうよくぢぢ)葬礼(さうれい)
126(おもて)にかこつけドシドシと
127遠慮会釈(ゑんりよゑしやく)()らぬ(ゆゑ)
128()しかけ()きて(たから)をば
129各自(めんめ)にせしめた(はう)がよい
130ワックスさまの腰抜(こしぬ)けが
131もとへ(もど)らぬ(その)(さき)
132(はや)()つたら()(どく)ぢや
133一歩先(ひとあしさき)()(もの)
134どうしてもお神徳(かげ)(おほ)いぞや
135ドンドコ ドンドコ ドンドコドン
136ア、エーエエエ エーエエエ
137()ても果敢(はか)ない人間(にんげん)(いのち)
138(よく)(かは)をば引張(ひつぱ)つて
139小国別(をくにのわけ)のお(やかた)
140家令(かれい)(つと)めチヨコ チヨコと
141上前(うはまへ)はねて()()いた
142(つみ)(けがれ)凝固(かたま)つた
143(きん)(ぎん)とを沢山(たくさん)
144(のこ)して()んだ気味(きみ)()
145(あく)はどうしても(なが)つづき
146(いた)さぬものだと今更(いまさら)
147(この)エルさまは(さと)りました
148オールスチンの親爺(おやぢ)()
149何時(いつ)(えら)さうに俺様(おれさま)
150エルよエルよと()()てに
151こき使(つか)ひやがつた(その)(むく)
152(いま)()のあたり面白(おもしろ)
153ドンドコ ドンドコ ドンドコドン
154(ひと)はどうしても生前(せいぜん)
155(ぜん)(おこな)(ほどこ)しを
156やつて()かねば(つま)らない
157今度(こんど)家令(かれい)()手本(てほん)
158(みな)さま(しつか)りなさいませ
159ドンドコ ドンドコ ドンドコドン
160サアサア(わたし)御案内(ごあんない)
161(みな)さま()いて(ござ)いませ
162ドンドコ ドンドコ ドンドコドン』
163豆太鼓(まめだいこ)(たた)(なが)()()した。164(よく)()()群衆(ぐんしう)()第一(だいいち)金銀(きんぎん)小玉(こだま)(ひと)つなりとも拾得(しふとく)し、165(その)葬式(さうしき)(くは)はり、166故人(こじん)(れい)(なぐさ)めむものと、167()(あつ)(なつ)()(よく)(かは)引張(ひつぱ)つて、168(あせ)をタラタラ(しぼ)(なが)(はし)()く。
169大正一二・三・二六 旧二・一〇 於皆生温泉浜屋 北村隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/24【霊界物語ネット】『出口王仁三郎全集』の「第二篇 皇道我観」(第一~第十章)を校正しました。
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。