霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第七章 神船(しんせん)〔一四八二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第58巻 真善美愛 酉の巻 篇:第2篇 湖上神通 よみ:こじょうじんつう
章:第7章 神船 よみ:しんせん 通し章番号:1482
口述日:1923(大正12)年03月28日(旧02月12日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:85頁 八幡書店版:第10輯 402頁 修補版: 校定版:92頁 普及版:33頁 初版: ページ備考:
001 玉国別(たまくにわけ)一行(いつかう)はテルモン()(ほとり)()いた。002万波(まんぱ)洋々(やうやう)たる(むらさき)水面(すいめん)(あるひ)(たか)(あるひ)(ひく)く、003アンボイナが(つばさ)逆八(さかはち)()(ひろ)げて「大鳥(おほとり)(はね)(いそ)がぬ」と()ふやうな、004鷹揚(おうやう)ぶりを()滑走(くわつそう)して()る。005信天翁(あはうどり)006()(むれ)東西南北(とうざいなんぼく)(あるひ)百羽(ひやつぱ)007(あるひ)二百羽(にひやつぱ)密集(みつしふ)して(はね)(いそが)しさうに一直線(いつちよくせん)()んで()る。008水面(すいめん)(ない)だとは()へ、009()()大湖水(だいこすい)010(かす)かに()北風(きたかぜ)(あふ)られて七五三(しちごさん)(なみ)磯辺(いそべ)(つづみ)をうつて()る。011(とほ)()(はな)てば、012白砂(はくしや)青松(せいしよう)(はま)013(ひだり)(はう)(みぎ)(はう)輪廓(りんくわく)(ただ)しく(せん)(そろ)へて()りたてたやうに(なら)んで()壮絶(さうぜつ)快絶(くわいぜつ)014心胆(しんたん)(あら)ふが(ごと)く、015(ひと)(じま)諏訪(すは)(みづうみ)もかくやと(おも)(ばか)りであつた。016玉国別(たまくにわけ)万波(まんぱ)洋々(やうやう)たる湖面(こめん)(なが)めて、
017玉国別(たまくにわけ)()ちよする(なみ)(つづみ)()(きよ)
018(ひび)(わた)れり玉国別(たまくにわけ)(みみ)に。
019湖面(うなばら)(みぎ)(ひだり)()びかひつ
020(うを)(あさ)るか()(とり)幾群(いくむれ)
021三千彦(みちひこ)(みづうみ)岸辺(きしべ)(にほ)燕子花(かきつばた)
022()白浪(しらなみ)(まが)ふべらなり』
023真純彦(ますみひこ)大空(おほぞら)(うみ)(おもて)()みわたる
024(しほ)三千彦(みちひこ)(あは)(かがみ)か』
025伊太彦(いたひこ)見渡(みわた)せば(くも)(かすみ)白浪(しらなみ)
026彼方(あなた)()ゆる(うづ)松原(まつばら)
027デビス(ひめ)(みづ)(おも)(うか)びて(あそ)鴛鴦(をしどり)
028姿(すがた)(なが)めて(こころ)(とどろ)く』
029真純彦(ますみひこ)千代(ちよ)(まで)(ちぎ)言葉(ことば)口籠(くちごも)
030鴛鴦(をし)(つがひ)若夫婦(わかふうふ)かな』
031玉国別(たまくにわけ)斎苑館(いそやかた)()()でしより山野原(やまのはら)
032のみ(わた)りたる()には(めづら)し。
033この(うみ)(ひろ)(ふか)くて(きよ)らけき
034姿(すがた)(みづ)御霊(みたま)なるらむ。
035素盞嗚(すさのを)(かみ)(みこと)(いま)一度(いちど)
036これの景色(けしき)をお()にかけたし。
037村肝(むらきも)(こころ)のままになるならば
038この(みづうみ)家苞(いへづと)にせむ。
039皇神(すめかみ)(めぐみ)(ふか)八千尋(やちひろ)
040(そこ)ひも()れぬこれの(みづうみ)
041デビス(ひめ)如何(いか)にして(この)湖水(みづうみ)(わた)らむか
042(たよ)(ふね)なき今日(けふ)旅立(たびだち)
043真純彦(ますみひこ)(ただ)一人(ひとり)(たま)御船(みふね)(かか)へつつ
044()れます女神(めがみ)のデビス(ひめ)あはれ』
045デビス(ひめ)(この)(ふね)世人(よびと)()する(ふね)ならず
046(わが)()(きみ)専有物(せんいうぶつ)ぞや。
047(みづうみ)(ほとり)(あさ)烏貝(からすがひ)
048(ひろ)ひて(ふね)にかへむとぞ(おも)ふ』
049三千彦(みちひこ)『アンボイナ(つばさ)()りて易々(やすやす)
050(かみ)のまにまに(よぎ)()かまし』
051伊太彦(いたひこ)『いつ(まで)(こころ)(くる)しめ(なや)むとも
052(わた)(すべ)なし(とほ)浪路(なみぢ)を』
053 かく一行(いつかう)五人(ごにん)湖畔(こはん)()つて(くだ)らぬ(うた)()(なが)ら、054如何(いか)にしてこの湖水(こすい)(わた)らむかと(やや)当惑(たうわく)(てい)であつた。055かかる(ところ)一艘(いつさう)漁船(ぎよせん)056()()(ごと)(はし)(きた)る。057一行(いつかう)(すく)ひの(ふね)到来(たうらい)と、058(のぞ)みを(いだ)いて(ふね)此方(こなた)到着(たうちやく)するを()つて()た。059船頭(せんどう)は、060拍子(ひやうし)()けた(こゑ)で、
061船頭(せんどう)『オイ、062(まへ)(たち)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)()えるが、063(この)(みづうみ)(わた)(つも)りか。064ハルナの(みやこ)大黒主(おほくろぬし)神様(かみさま)から、065吾々(われわれ)沢山(たくさん)のお手当(てあて)(いただ)いて……三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)此処(ここ)()たならば(けつ)して(わた)してはならない……と(きび)しき命令(めいれい)()けて()るのだ。066(わた)()うても(わた)してやる(こと)出来(でき)ない。067ぢやと()ふて一枚(いちまい)(かみ)にも裏表(うらおもて)があるものだ。068(うみ)には(ふね)069(みづ)には空気(くうき)070(をとこ)には(をんな)だ、071(のみ)には(つち)072(すずり)には(すみ)(むかし)からちやんと(きま)つて()る。073(まへ)()やうによつては(わた)してやらぬ(こと)もない(こと)もない。074どうする()もりだ。075いつ(まで)溺死(できし)よけの石地蔵(いしぢざう)のやうに湖水(こすい)(なが)めて永久(えいきう)()つて()(つもり)か。076返答(へんたふ)()ければこの(ふね)(また)彼方(あつち)()つて()くから、077(なん)とか(かんが)へたがよからうぞ』
078伊太彦(いたひこ)『オイ船頭(せんどう)079そんな(こと)()つても要領(えうりやう)(わか)らぬぢやないか。080表向(おもてむき)(わた)(こと)出来(でき)ないが、081沢山(たくさん)(かね)()れたら、082(わた)さうと()ふのだらう、083そんなら(わか)つて()る。084幾何(いくら)でもやるから向岸(むかふぎし)(まで)(はや)(わた)して()れ』
085船頭(せんどう)(なん)()つてもこの湖水(こすい)南北(なんぽく)二百里(にひやくり)もあるのだから、086ちよつくら一寸(ちよつと)(わた)(わけ)には()かぬ。087前達(まへたち)()せた以上(いじやう)は、088(めし)()はしてやらねばならず、089何程(なにほど)(いそ)いでも十日(とをか)はかかるのだから、090余程(よつぽど)沢山(たくさん)(もら)はなければ()()はないのだ。091(あと)喧嘩(けんくわ)(さき)にして()かなくつては、092(むか)ふへ()いてから、093(たか)いの(やす)いのと()はれては(つま)ママ 詰?らぬからのう』
094玉国別(たまくにわけ)幾何(いくら)でもやるから、095(はや)(ふね)()して()れ』
096船頭(せんどう)『そんなら百両(ひやくりやう)()れますか、097五人(ごにん)さまと(いぬ)一匹(いつぴき)だから平均(へいきん)二十両(にじふりやう)にもなりませぬ。098(やす)いものでせう』
099玉国(たまくに)一両(いちりやう)()せばお(こめ)一石(いつこく)あるぢやないか、100百両(ひやくりやう)とはちと(たか)いぢやないか』
101船頭(せんどう)(たか)けりや()めとこかい、102左様(さやう)なら』
103(はや)くも()()いで()()(いきほひ)()せる。104デビス(ひめ)()げられては大変(たいへん)()(いら)ち、
105デビス『船頭(せんどう)さま、106(のぞ)(どほ)百両(ひやくりやう)()げます。107何卒(どうぞ)(はや)(むかふ)(わた)して(くだ)さい』
108船頭(せんどう)『ヤ有難(ありがた)い、109(まへ)神館(かむやかた)のお(ひめ)さまだな。110こんな()(をとこ)と、111どこかへ駆落(かけおち)をするのだらう。112百両(ひやくりやう)(やす)いものだ。113もう百両(ひやくりやう)()しなさい。114さうすれば、115(まへ)さまがこの(みづうみ)(わた)つて駆落(かけおち)をしたと()(こと)(かく)して()げる。116口止料(くちどめれう)として百両(ひやくりやう)(やす)いものだらう』
117デビス『エエ仕方(しかた)(ござ)いませぬ、118(のぞ)(どほ)()げるから(はや)()せて(くだ)さい』
119 船頭(せんどう)はニコニコし(なが)(ふね)横付(よこづけ)にした。120五人(ごにん)はスマートと(とも)(はや)くも()びのつた。
121 (をり)しもそよそよと()北風(きたかぜ)白帆(しらほ)をあげ、122少時(しばし)湖面(こめん)をスルスルと(すべ)つて()く。123船頭(せんどう)(とも)()()()(にぎ)りながら、124(かぜ)(やぶ)つた(ふと)(のど)から、125透通(すきとほ)るやうな(こゑ)()して欵乃(ふなうた)(うた)()した。
126此処(ここ)はアーエー
127天竺(あまぎ)のーテルモン湖水(こすい)
128(わた)るもー(うれ)しいーやあ、夫婦連(めをとづ)れエー
129(つき)のオーエー
130(くに)にはア、名所(めいしよ)がアー(ござ)るウー
131ハルナーアのーエー
132(みやこ)のオーー、(はす)(いけ)
133(なみ)はアー、うつうつー、(つづみ)のオー()
134(ただ)竜宮(りうぐう)のオー、乙姫(おとひめ)かアー』
135(うた)(なが)ら、136追々(おひおひ)(きし)(はな)れて、137(みなみ)(みなみ)へと一直線(いつちよくせん)(すす)んで()く。138次第々々(しだいしだい)()()老松(おいまつ)姿(すがた)(ちひ)さくなり、139テルモン(ざん)(いただ)きは(かへつ)(たか)()えて()た。140(この)(とき)(ふね)(そこ)より(あら)はれ()でた四人(よにん)荒男(あらをとこ)141(からだ)一面(いちめん)網襦袢(あみじゆばん)(あみ)ズボンを(ちやく)し、142大刀(だいたう)(ひつさ)げて五人(ごにん)(まへ)(すす)(きた)り、143(いや)らしき(ゑみ)(うか)()めつけて()る。144これはワックス、145エキス、146ヘルマン、147エルの四人(よにん)がこの湖上(こじやう)にて(うらみ)()らさむと、148故意(わざ)とに船頭(せんどう)沢山(たくさん)(かね)(あた)湖水(こすい)中央(まんなか)にて五人(ごにん)男女(なんによ)()(ころ)さむと(たく)んだ仕事(しごと)である。
149ワックス『ヤア(めづ)らしや三千彦(みちひこ)150(その)(ほか)三五教(あななひけう)魔法使(まはふづかひ)151(ならび)吾々(われわれ)(はぢ)()かしたデビス(ひめ)阿魔(あま)(ちよ)152よくまア吾々(われわれ)計略(けいりやく)()られよつたな。153最早(もはや)此処(ここ)(まで)()()した以上(いじやう)は、154如何(いか)神変不思議(しんぺんふしぎ)魔法(まはふ)使(つか)ふとも(のが)るる(こと)出来(でき)まい。155サア(これ)から吾々(われわれ)四人(よにん)(きさま)(たち)青竜刀(せいりようとう)(さび)となし()れむ。156(また)この犬畜生(いぬちくしやう)(みづうみ)(うへ)では如何(いかん)ともする(こと)出来(でき)まい。157(いづ)れも観念(くわんねん)(いた)したがよからう。158(この)船底(ふなぞこ)には数十人(すうじふにん)荒男(あらをとこ)(かく)してあれば、159ヂタバタ(いた)してももう駄目(だめ)だ。160デビス(ひめ)(いさぎよ)(この)(はう)(わた)して、161(その)(はう)はこの湖水(こすい)()()げて往生(わうじやう)いたすか。162()もなければ()(どく)ながら吾々(われわれ)(かたな)(さび)にして()れる。163ても、164さても鈍馬野郎(とんまやらう)だなア』
165 玉国別(たまくにわけ)平然(へいぜん)として(すこし)(さわ)がず、166(あま)数歌(かずうた)奏上(そうじやう)(はじ)めた。167如何(いかが)はしけむ、168(にはか)暴風(ばうふう)()(きた)り、169山岳(さんがく)のやうな(なみ)(たけ)(くる)ひ、170(ふね)()()()らすが(ごと)く、171前後左右(ぜんごさいう)動揺(どうえう)(はじ)めた。172(さすが)のワックス以下(いか)悪人(あくにん)()置所(おきどころ)なき(ふね)動揺(どうえう)につれて(みぎ)にコロコロ、173(ひだり)にコロコロ、174きねぐそを(ぬか)にまぶしたやうにごろつき(はじ)めた。175(さすが)玉国別(たまくにわけ)(あま)(はげ)しき(ふね)動揺(どうえう)(まなこ)(くら)みむかづきさうになつて()た。176敵味方(てきみかた)区別(くべつ)なく一生懸命(いつしやうけんめい)(かな)はぬ(とき)神頼(かみだの)み、177(くち)(おく)にて(いの)つて()る。178船頭(せんどう)(ふね)動揺(どうえう)した(はづみ)()つか(はね)られ、179もんどり()つて荒狂(あれくる)荒浪(あらなみ)(なか)にドンブと(ばか)()げつけられ、180(いし)地蔵(ぢざう)()()んだやうに、181ブルブルとも(なん)とも()はずに湖底(こてい)(ふか)(しづ)んで仕舞(しま)つた。182(かか)(ところ)一艘(いつさう)(ふね)183七八人(しちはちにん)若者(わかもの)一生懸命(いつしやうけんめい)(かい)()ぎながら、184此方(こなた)目蒐(めが)けて馳来(はせきた)る。185()れば三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)初稚姫(はつわかひめ)が、186()くあらむ(こと)予期(よき)し、187島陰(しまかげ)(かく)れて()つて()たのである。188初稚姫(はつわかひめ)舷頭(げんとう)()(あら)はれ、
189初稚(はつわか)玉国別(たまくにわけ)さま、190御一同(ごいちどう)さま、191サア(はや)(この)(ふね)にお()(くだ)さい、192(この)(ふね)なれば如何(いか)なる荒浪(あらなみ)大丈夫(だいぢやうぶ)です』
193 一同(いちどう)は、194(すく)ひの(ふね)拍手(はくしゆ)感謝(かんしや)(なが)手早(てばや)()(うつ)つた。195八人(はちにん)水夫(かこ)荒浪(あらなみ)()()り、196驀地(まつしぐら)にすうすうと(すす)()く。197スマートはザンブと(ばか)()()んだ。198初稚姫(はつわかひめ)(また)ザンブと(ばか)()()み、199スマートに(またが)湖面(こめん)(およ)()した。200(たちま)荒波(あらなみ)(おさ)まり、201(あぶら)(なが)したる(ごと)(かがみ)(みづうみ)(くわ)して仕舞(しま)つた。202初稚姫(はつわかひめ)()()(ごと)くスマートに(またが)り、203()()(その)姿(すがた)一行(いつかう)視線(しせん)(はな)れて仕舞(しま)つた。204ワックスの()つて()大船(おほふね)肝腎(かんじん)船頭(せんどう)(うしな)ひ、205()(あやつ)(こと)()らず、206()がみをしながら水面(すいめん)にキリキリ(まひ)をひをやつて()る。207三千彦(みちひこ)208伊太彦(いたひこ)(ふなばた)(たた)愉快(ゆくわい)げに(うた)(なが)(へさき)(みなみ)()微風(びふう)()(はら)ませ(はし)()く。
209三千彦(みちひこ)此処(ここ)()()ふテルモン()
210東西(とうざい)百里(ひやくり)南北(なんぽく)
211二百里(にひやくり)ありと()(およ)
212(かみ)使(つかひ)宣伝使(せんでんし)
213テルモン(やかた)(あと)にして
214足許(あしもと)(すべ)坂道(さかみち)
215(やうや)(くだ)()()れば
216金波(きんぱ)銀波(ぎんぱ)(ただよ)へる
217大海原(おほうなばら)右左(みぎひだり)
218パインの(はやし)()(なら)
219金砂(きんしや)銀砂(ぎんしや)日光(につくわう)
220(かがや)きわたる(うるは)しさ
221(しづ)かな(なみ)(ふなばた)
222()()(きた)(つづみ)()
223ああ天国(てんごく)楽園(らくゑん)
224(たとへ)がたなき風景(ふうけい)
225()()(ほど)なく一艘(いつさう)
226老朽船(らうきうせん)(あら)はれて
227吾等(われら)一行(いつかう)()せながら
228(みなみ)(みなみ)へと(すす)(をり)
229(たちま)ちワックス船底(せんてい)より
230(あら)はれ(きた)大刀(だいたう)
231()()吾等(われら)一行(いつかう)
232(ちから)(かぎ)りに脅迫(けふはく)
233暴逆無道(ばうぎやくぶだう)()(くだ)
234(こひ)(うらみ)()らさむと
235(みづうみ)(ごと)巻舌(まきじた)
236(なら)べてゴロつく(をり)もあれ
237(にはか)()()湖嵐(うなあらし)
238前後左右(ぜんごさいう)()きまくり
239小山(こやま)のやうな(なみ)()
240(またた)(うち)船体(せんたい)
241(かぜ)()()()(ごと)
242(あやふ)刻々(こくこく)(まし)(きた)
243()(あやつ)りし船頭(せんどう)
244()()ばされて無慙(むざん)にも
245(うみ)藻屑(もくづ)となり()てぬ
246(さすが)無道(ぶだう)のワックスや
247(その)()三人(みたり)悪漢(わるもの)
248(はげ)しき颶風(ぐふう)(てき)しかね
249(みぎ)(ひだり)にヨロヨロと
250(ころ)(まは)りしおかしさよ
251(わが)()(きみ)(はじめ)とし
252吾等(われら)一行(いつかう)船体(せんたい)
253()られて(くる)しむ(とき)もあれ
254左手(ゆんで)(うか)(しま)(かげ)
255(あら)はれ(きた)一艘(いつさう)
256(ふね)此方(こなた)(りう)(ごと)
257(すす)(きた)るぞ不思議(ふしぎ)なれ
258吾等(われら)愁眉(しうび)(ひら)きつつ
259こは何人(なにびと)(ふね)なると
260(ひとみ)()ゑてよく()れば
261(あに)(はか)らむや三五(あななひ)
262(をしへ)(みち)()(たか)
263初稚姫(はつわかひめ)御姿(おんすがた)
264吾等(われら)危難(きなん)(すく)はむと
265目無堅間(めなしかたま)御船(みふね)をば
266用意(ようい)(あそ)ばし(たま)ひしと
267()くより(うれ)しさ(かぎ)りなく
268感謝(かんしや)(なみだ)()めあへず
269ヒラリと(ふね)()()れば
270(いま)(まで)吾等(われら)(たす)けたる
271(かみ)(つかさ)のスマートは
272ザンブと(ばか)(なみ)(うへ)
273()(をど)らして()()みぬ
274あはやと(おも)(ひま)もなく
275初稚姫(はつわかひめ)(たちま)ちに
276(その)()湖面(こめん)()げながら
277スマートの(せな)(またが)りて
278()()(ごと)()でたまふ
279ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
280(かみ)変化(へんげ)神人(しんじん)
281(ただ)しは(まこと)三五(あななひ)
282初稚姫(はつわかひめ)のお姿(すがた)
283合点(がてん)()かぬ御救(おんすく)
284(うれ)しく感謝(かんしや)(たてまつ)
285(あと)()(かへ)(なが)むれば
286(いま)(まで)()()しぼろ(ふね)
287肝腎要(かんじんかなめ)船頭(せんどう)
288(なみ)()まれて操縦(さうじう)
289機関(きくわん)(うしな)(なみ)(うへ)
290クルクルクルと回転(くわいてん)
291(すす)みなやむぞ可笑(をか)しけれ
292(あさひ)()るとも(くも)るとも
293(つき)()つとも()くるとも
294仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
295如何(いか)なる(あらし)()くとても
296(まこと)(ひと)つの三五(あななひ)
297(かみ)(まか)せし吾々(われわれ)
298まさかの(とき)(たす)(ぶね)
299(てん)より(くだ)(たま)ふなり
300ああ(たふと)しや有難(ありがた)
301(かみ)(なんぢ)(とも)にあり
302(ひと)(かみ)()(かみ)(みや)
303(おそ)るるためしは()らないと
304(さと)(たま)ひし三五(あななひ)
305(をしへ)今更(いまさら)()(あた)
306()るぞ(うれ)しき(うみ)(うへ)
307千尋(ちひろ)(ふか)御恵(おんめぐみ)
308(かなら)(わす)れまつらむや
309弘誓(ぐぜい)(ふね)()()げて
310(すず)しき(かぜ)()かれつつ
311(なつ)(なかば)()(なが)
312ハルナの(みやこ)(すす)()
313ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
314御霊(みたま)幸倍(さちはへ)ましませよ』
315(うた)(なが)意気(いき)揚々(やうやう)として際限(さいげん)もなき湖水(こすい)(すす)()く。316ああ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
317大正一二・三・二八 旧二・一二 於皆生温泉浜屋 加藤明子録)