霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第九章 湖月(こげつ)〔一四八四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第58巻 真善美愛 酉の巻 篇:第2篇 湖上神通 よみ:こじょうじんつう
章:第9章 第58巻 よみ:こげつ 通し章番号:1484
口述日:1923(大正12)年03月28日(旧02月12日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5809
愛善世界社版:112頁 八幡書店版:第10輯 411頁 修補版: 校定版:121頁 普及版:44頁 初版: ページ備考:
001(なみ)より()でて(なみ)()
002玉兎(ぎよくと)玉国別司(たまくにわけつかさ)
003初稚姫(はつわかひめ)(たまは)りし
004目無堅間(めなしかたま)(ふね)()
005(はて)しも()らぬ湖原(うなばら)
006五人(ごにん)(をとこ)(すく)ひつつ
007欵乃(ふなうた)(たか)(いさぎよ)
008(うた)ひて(すす)(なみ)(うへ)
009(ほし)(ひかり)はキラキラと
010(ふか)(しづ)める(うみ)(そこ)
011天津御空(あまつみそら)船底(せんてい)
012金砂(きんしや)銀砂(ぎんしや)(ちりば)めし
013(その)中間(ちうかん)(わた)()
014(あま)河原(かはら)南北(なんぽく)
015(きよ)(なが)れて(はて)もなく
016(あら)ふたやうな月影(つきかげ)
017湖底(うみぞこ)(ふか)くきらきらと
018銀竜(ぎんりう)(ごと)()らぎ()
019ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
020(かみ)()さしの宣伝使(せんでんし)
021浪音(なみおと)(きよ)音彦(おとひこ)
022玉国別(たまくにわけ)(はじ)めとし
023(ほし)御空(みそら)三千彦(みちひこ)
024姿(すがた)(うつ)真純空(ますみぞら)
025伊太彦(いたひこ)一枚(いちまい)(へだ)てたる
026千尋(ちひろ)(ふか)水地獄(みづぢごく)
027デビスの(ひめ)諸共(もろとも)
028(こゑ)(さはや)かに宣伝歌(せんでんか)
029(うた)(うた)ひて(すす)()
030(あま)川原(かはら)(さを)さして
031エデンの(かは)(ふね)()
032顕恩郷(てんおんきやう)(のぼ)るごと
033(こころ)(すず)しく(いさ)ましく
034(おも)はず()らず(すす)()
035(あせ)()(はら)(なつ)(かぜ)
036いやな(うしほ)(にほひ)なく
037()()(ごと)()(はら)
038マストは(ゆみ)(まが)りつつ
039(をり)から(おこ)荒浪(あらなみ)
040()()()()(いさ)ましさ
041(なが)らく陸路(くがぢ)(たび)()
042玉国別(たまくにわけ)一行(いつかう)
043(なん)とはなしに()(いさ)
044()()()えと元気(げんき)よく
045(おき)(かもめ)やアンボイナ
046()()景色(けしき)(ほめ)ながら
047天国(てんごく)浄土(じやうど)(のぼ)るごと
048(かぜ)(まか)して(はせ)()
049(あやふ)(いのち)(すく)はれし
050ダルとメートの両人(りやうにん)
051(やうや)元気(げんき)恢復(くわいふく)
052皺枯(しわが)(ごゑ)()()げて
053面白(おもしろ)さうに(うた)()
054メート『(わたし)(うま)れは(つき)(くに)
055テルモン(ざん)南麓(なんろく)
056首陀(しゆだ)(うま)れしメーテルの
057(わたし)一人(ひとり)息子(むすこ)です
058三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
059これの湖水(こすい)(わた)らむと
060いと(ねもごろ)にことわけて
061()らせたまひし(とき)もあれ
062(おきて)をやぶると()(なが)
063ダルと二人(ふたり)(ふね)()
064キヨの(みなと)にはるばると
065安着(あんちやく)したる(とき)もあれ
066バラモン(けう)目付役(めつけやく)
067カンナ、ヘールの両人(りやうにん)
068有無(うむ)()はせず引捉(ひつとら)
069キヨの関所(せきしよ)につれ()きて
070三千五百(さんぜんごひやく)(むち)をあて
071揚句(あげく)(はて)(ふね)()
072湖中(こちう)(うか)ぶツミの(しま)
073(おく)(とど)けて逸早(いちはや)
074()()(あと)()(なが)
075悲歎(ひたん)(なみだ)()れにける
076(いへ)(のこ)せし父母(ちちはは)
077如何(いか)(すご)させ(たま)ふらむ
078(ゆめ)になりともこの(さま)
079()らさむものと(おも)へども
080(つばさ)なき()如何(いか)にせむ
081(おと)づるよしも泣逆吃(ないじやくり)
082ダルと二人(ふたり)(いだ)()
083()果敢(はか)なみて(おそ)ろしき
084(いそ)()()(なみ)(おと)
085(たよ)りに月日(つきひ)(おく)りつつ
086磯辺(いそべ)(かに)(かひ)()
087(わずか)露命(ろめい)をつなぎつつ
088(すく)ひの(ふね)一日(いちにち)
089(はや)(きた)れと天地(あめつち)
090(かみ)(いの)りをかくる(をり)
091(ただよ)(きた)三人連(みたりづ)
092吾等(われら)姿(すがた)()るよりも
093(たた)(ころ)して三人(さんにん)
094餌食(ゑじき)になさむと(おそ)ろしき
095(その)(こと)()()くよりも
096(せま)岩窟(いはや)()()でて
097(てき)毒手(どくしゆ)(のが)れつつ
098さしも(けは)しき岩山(いはやま)
099(ましら)(ごと)()(のぼ)
100()ごろの(いし)()()つて
101人喰(ひとく)人種(じんしゆ)()(ころ)
102(わが)()危難(きなん)(のが)れむと
103(こころ)千々(ちぢ)(くだ)きつつ
104最早(もはや)三人(みたり)食人鬼(しよくじんき)
105(わが)なげ(おろ)岩片(がんぺん)
106()たれて(もろ)くも()()せしと
107(おも)ひて(うかが)(たち)よれば
108(あに)(はか)らむや三人(さんにん)
109岩窟(いはや)(なか)端坐(たんざ)して
110(しろ)(まなこ)()きながら
111吾等(われら)二人(ふたり)姿(すがた)をば
112()つけて(また)もや(ころ)さむと
113(ちから)(かぎ)りに()(きた)
114吾等(われら)二人(ふたり)大切(たいせつ)
115(いのち)()られちやならないと
116(いき)()()えに()(いだ)
117ピツタリと()まつた(せう)(いは)
118進退(しんたい)(ここ)(きは)まりて
119窮鼠(きうそ)(かへつ)(ねこ)()
120(いのち)(まと)逆襲(ぎやくしふ)
121(こま)()(なほ)(くる)しさよ
122(ここ)五人(ごにん)全身(ぜんしん)
123(ちから)()めて()()ひつ
124(つか)れて(たがひ)()(たふ)
125前後不覚(ぜんごふかく)になりにけり
126(とき)しもあれや三五(あななひ)
127(すく)ひの(みち)()(つた)
128仁慈(じんじ)無限(むげん)宣伝使(せんでんし)
129(あら)はれまして吾々(われわれ)
130危難(きなん)(すく)(たま)ひつつ
131(あぢ)よきパンを(あた)へまし
132安全(あんぜん)無事(ぶじ)(この)(ふね)
133(たす)けていとど親切(しんせつ)
134吾等(われら)住所(すみか)(おく)らむと
135()らせ(たま)ひし有難(ありがた)
136それに()(かへ)バラモンは
137ヤッコス、ハール、サボールの
138(なさけ)()らぬ人畜生(にんちくしやう)
139()(くら)はむと(つの)()
140(せま)(きた)るぞ(おそ)ろしき
141さはさりながら吾々(われわれ)
142(たふと)(かみ)御使(みつかひ)
143(まも)られ(ここ)にある(うへ)
144最早(もはや)(おそ)るる(こと)はなし
145バラモン(ぐん)三人(さんにん)
146(なれ)(こころ)(あらた)めて
147(まこと)(こころ)()(かへ)
148悪逆無道(あくぎやくぶだう)精神(せいしん)
149仁慈(じんじ)無限(むげん)神様(かみさま)
150ならひて(はら)(きよ)むべし
151(ひと)(かみ)()(かみ)(みや)
152(われ)(もと)よりバラモンの
153(をしへ)(みち)御子(みこ)なれど
154三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
155(わが)()一夜(ひとや)(とま)らせて
156(まこと)(みち)(つた)へてゆ
157(ここ)(こころ)(あらた)めて
158御船(みふね)(いだ)湖原(うなばら)
159(とほ)(おく)りてキヨ(みなと)
160(おも)はぬ(ひと)()つけられ
161()(わざはひ)となり()てて
162人喰鬼(ひとくひおに)()むと()
163浪風(なみかぜ)(あら)浮島(うきしま)
164(なが)され()たるぞ(かな)しけれ
165仁慈(じんじ)無限(むげん)大神(おほかみ)
166(うづ)使(つかひ)(つか)はして
167(いよいよ)吾等(われら)(すく)ひまし
168湖路(うなぢ)(まも)(たま)ひつつ
169(おく)らせ(たま)有難(ありがた)
170仮令(たとへ)天地(てんち)(かは)るとも
171バラモン(けう)御教(みをしへ)
172孫子(まごこ)(つた)へて(まも)らない
173玉国別(たまくにわけ)宣伝使(せんでんし)
174(その)(ほか)(もも)(つかさ)(たち)
175吾等(われら)(あは)れみ(たま)へかし
176皇大神(すめおほかみ)御前(おんまへ)
177赤心(まごころ)(ささ)両人(りやうにん)
178(つつし)(ゐやま)()ぎまつる』
179 バラモン(ぐん)捕手(とりて)180ヤッコスは(ふなばた)()つてそろそろ(うた)()した。
181ヤッコス『バラモン(ぐん)(つか)へたる
182(われ)はヤッコス目付役(めつけやく)
183四人(よにん)部下(ぶか)()()れて
184テルモン湖上(こじやう)()(わた)
185ニコラス大尉(たいゐ)(あと)()
186三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
187(もし)湖水(こすい)(わた)りなば
188引捉(ひつつか)まへて(こら)せよと
189大黒主(おほくろぬし)(めい)()
190(ふね)真帆(まほ)をば(はら)ませて
191(きた)(きた)へと(すす)(をり)
192(にはか)颶風(しけ)出会(でつくは)
193(ふね)暗礁(あんせう)()()げて
194船体(せんたい)(たちま)粉微塵(こなみぢん)
195衣類(いるゐ)()ぎすて(から)うじて
196荒浪(あらなみ)(たけ)(つみ)(しま)
197(いのち)辛々(からがら)(およぎ)つき
198(しよく)(もと)めて遠近(をちこち)
199彷徨(さまよ)(まは)れど(なみ)(あら)
200(ひと)つの餌食(ゑじき)()かりしゆ
201三人(みたり)磯辺(いそべ)をぶらぶらと
202(あし)もとぼとぼ(あゆ)みつつ
203岩蔭(いはかげ)さして(たち)よれば
204(ほね)(かは)との二人(ふたり)()
205人喰人種(ひとくひじんしゆ)にあらねども
206(うゑ)たる(とき)には是非(ぜひ)もなし
207(こころ)(おに)()(なほ)
208二人(ふたり)(をとこ)()(ころ)
209一時(いちじ)(うゑ)(しの)がむと
210(こころ)にもなき悪逆(あくぎやく)
211(たく)みたるこそうたてけれ
212(うま)れついての(おに)でない
213仁義(じんぎ)道徳(だうとく)一通(ひととほ)
214(なら)(おぼ)へた(ひと)()
215さはさりながらやむを()
216小人(せうにん)下司(げす)(つね)として
217(きう)すれや(らん)すといふ(たとへ)
218(こころ)ならずも悪業(あくごふ)
219(たく)みたるこそ是非(ぜひ)もなき
220優勝劣敗(いうしようれつぱい)弱肉強食(じやくにくきやうしよく)
221世界(せかい)(なら)ふて果敢(はか)なくも
222皇大神(すめおほかみ)御教(みをしへ)
223(わす)れたるこそ(くる)しけれ
224三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
225(こころ)(きよ)玉国(たまくに)
226(わけ)(みこと)(あら)はれて
227(かたき)(ねら)吾々(われわれ)
228(すく)はせ(たま)ひし有難(ありがた)
229(あめ)(した)には(てき)なしと
230(をし)へられたる(こと)()
231(いま)()(あた)(さと)りけり
232吾等(われら)(これ)より(つつし)みて
233残虐無道(ざんぎやくぶだう)行動(かうどう)
234(あらた)(かみ)御為(おんため)
235(まこと)(つく)()(ひと)
236(すく)ひて(ひと)(うま)れたる
237(その)天分(てんぶん)(つく)すべし
238三五教(あななひけう)神司(かむづかさ)
239吾等(われら)(こころ)(あはれ)みて
240(たふと)(きみ)御伴(おんとも)
241使(つか)はせ(たま)惟神(かむながら)
242(かみ)(ちか)ひて()ぎまつる
243朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
244(つき)()(ほし)()するとも
245仮令(たとへ)(いのち)()つるとも
246(ふか)(めぐみ)(かうむ)りし
247(つかさ)(きみ)高恩(かうおん)
248子孫(しそん)(つた)へて(わす)るまじ
249(この)()(つく)りし神直日(かむなほひ)
250(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
251(すべ)ての(つみ)(ことごと)
252()(なほ)します三五(あななひ)
253(たふと)(かみ)御心(おんこころ)
254(ふか)くも感謝(かんしや)(たてまつ)
255ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
256御霊(みたま)(さち)(はへ)ましませよ』
257 ハールは(また)(うた)ふ、
258ハール『一切万事(いつさいばんじ)経緯(いきさつ)
259目付頭(めつけがしら)のヤッコスが
260概略(がいりやく)(ここ)()べました
261(わたし)(もと)はウラル(けう)
262信者(しんじや)(はし)(くは)はりて
263(かみ)(をしへ)(あが)めつつ
264(その)()(おく)()たりしが
265何分(なにぶん)(さけ)()(くづ)
266二世(にせ)(ちぎ)つた女房(にようばう)
267夜脱(よぬ)けせられて是非(ぜひ)もなく
268彼方(あなた)此方(こなた)彷徨(さまよ)ひつ
269(こころ)()()(ひが)()
270もう(この)(うへ)盗人(ぬすびと)
271(むれ)(くは)はり(なが)からぬ
272浮世(うきよ)(ふと)(くら)さむと
273(こころ)(おに)()(なほ)
274思案(しあん)()るる(をり)もあれ
275バラモン(けう)のヤッコスが
276(なさけ)言葉(ことば)(ほだ)されて
277(ここ)目付(めつけ)(やく)となり
278一年前(いちねんまへ)から忠実(ちうじつ)
279目付(めつけ)(やく)(つと)めつつ
280(この)湖原(うなばら)()(きた)
281三五教(あななひけう)(つかさ)をば
282一人(ひとり)(のこ)らず引捉(ひつとら)
283(わが)()出世(しゆつせ)(ほこ)らむと
284(おも)()たるぞ果敢(はか)なけれ
285まだ(さいはひ)一人(いちにん)
286三五教(あななひけう)信者(しんじや)をも
287(かみ)(つかさ)(つか)まへず
288(つみ)(かさ)ねし(こと)なきは
289せめては(わたし)(むね)やすめ
290三五教(あななひけう)神司(かむづかさ)
291(わたし)唯今(ただいま)()べました
292やうな身分(みぶん)(ござ)います
293如何(いか)なる(つみ)がありとても
294(ひろ)(こころ)()(なほ)
295(ゆる)させ(たま)へどこ(まで)
296御伴(みとも)使(つか)(たま)へかし
297(かみ)かけ(ねん)(たてまつ)
298ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
299御霊(みたま)(さち)(はへ)ましませよ』
300述懐(じゆつくわい)(うた)(うた)ふ。301かかる(ところ)七八艘(しちはつさう)海賊船(かいぞくせん)302(ふね)行手(ゆくて)横梯陣(わうていぢん)()り、303前途(ぜんと)壅塞(ようそく)し、304手具脛(てぐすね)()いて()()るものの(ごと)くであつた。305ああ玉国別(たまくにわけ)一行(いつかう)如何(いか)なる運命(うんめい)遭遇(さうぐう)するであらうか。
306大正一二・三・二八 旧二・一二 於皆生温泉浜屋 加藤明子録)