霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一〇章 報恩(ほうおん)〔一四八五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第58巻 真善美愛 酉の巻 篇:第3篇 千波万波 よみ:せんぱばんぱ
章:第10章 第58巻 よみ:ほうおん 通し章番号:1485
口述日:1923(大正12)年03月29日(旧02月13日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5810
愛善世界社版:127頁 八幡書店版:第10輯 416頁 修補版: 校定版:137頁 普及版:49頁 初版: ページ備考:
001 玉国別(たまくにわけ)一行(いつかう)搭乗(たふじやう)した(ふね)(かり)初稚丸(はつわかまる)命名(めいめい)された。002その理由(りいう)初稚姫(はつわかひめ)危急(ききふ)場合(ばあひ)この堅牢(けんらう)なる(ふね)(あた)へられたからである。003(つき)()湖面(こめん)白帆(しらほ)をかかげ(みなみ)(みなみ)へと急速力(きふそくりよく)にて(かけ)つて()く。004前方(ぜんぱう)(あた)七八艘(しちはつさう)(ふね)単梯陣(たんていぢん)()つて初稚丸(はつわかまる)目蒐(めが)けて()()(きた)形勢(けいせい)()えて()た。005ヤッコスは(これ)()るより(はや)く、
006ヤッコス『もし、007御一同様(ごいちどうさま)008あの前方(ぜんぱう)(なら)んでゐます七八艘(しちはつさう)(ふね)(この)(うみ)陰顕出没(いんけんしゆつぼつ)して南北(なんぽく)往来(ゆきき)(ふね)(かす)める賊船(ぞくせん)(ござ)います。009(つか)まつては一大事(いちだいじ)ですから(なん)とか工夫(くふう)をせなくてはなりますまい。010(わたし)はこれから(へさき)(すこ)しく西南(せいなん)()けやうと(おも)ひますから(その)覚悟(かくご)()(くだ)さい。011西南(せいなん)(むか)ひますれば暗礁(あんせう)点綴(てんてつ)して容易(ようい)賊船(ぞくせん)()()ける(こと)出来(でき)ませぬ。012(しか)(わたし)表面(へうめん)バラモン(ぐん)(つか)目付頭(めつけがしら)(いた)して()りますが海賊(かいぞく)大親分(おほおやぶん)です。013船路(せんろ)様子(やうす)()つてるのは(わたし)(ばか)りです。014もしも強敵(きやうてき)出会(であ)つた(とき)は、015何時(いつ)(この)航路(かうろ)をとり()げます。016追駆(おつか)けて()(ふね)(かなら)ずその(へん)難船(なんせん)し、017(あるひ)沈没(ちんぼつ)するものです。018左様(さう)さして(いただ)いても(よろ)しいか』
019玉国(たまくに)船路(せんろ)勝手(かつて)()つてるお(まへ)何事(なにごと)一任(いちにん)する。020さア(はや)くその用意(ようい)をして()れ』
021ヤッコス『はい、022御恩(ごおん)(はう)(どき)(ござ)います。023(しか)らばこれから(わたし)(ふね)(あやつ)ります』
024()(にぎ)八人(はちにん)水夫(かこ)一生懸命(いつしやうけんめい)(かい)()がせ()()(ごと)(はし)()した。025賊船(ぞくせん)一生懸命(いつしやうけんめい)(へさき)(てん)初稚丸(はつわかまる)(あと)()ふて追駆(おつか)(きた)る。
026 ヤッコスは一生懸命(いつしやうけんめい)水夫(かこ)(はげ)まし、027()()ぐ。028(やうや)危険区域(きけんくゐき)(ふね)差蒐(さしかか)つた(とき)029賊船(ぞくせん)二三艘(にさんそう)(はや)くも舷々(げんげん)相摩(あひま)する(ところ)(まで)030(ちか)づいて()た。031さうして(いかり)初稚丸(はつわかまる)()げつけた。032初稚丸(はつわかまる)到頭(たうとう)おつつかれて(しま)つた。033グヅグヅして()()八艘(はつさう)(ふね)初稚丸(はつわかまる)周囲(しうゐ)船垣(ふながき)(つく)り、034各自(めいめい)(ゆみ)満月(まんげつ)(しぼ)つて威喝(ゐかつ)(こころ)みて()る。035ヤッコスは大声(おほごゑ)をあげ、
036ヤッコス『オイ、037貴様(きさま)(たち)賊船(ぞくせん)ではないか。038(おれ)(たれ)心得(こころえ)てる。039賊船頭(ぞくせんがしら)のヤッコスだぞ。040(おれ)(いま)大黒主(おほくろぬし)命令(めいれい)によつて三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)捕縛(ほばく)し、041キヨの(みなと)関所(せきしよ)(おく)途中(とちう)邪魔(じやま)をひろぐと容赦(ようしや)(いた)さぬぞ』
042 八艘(はつさう)(ふね)統率(とうそつ)して()海賊(かいぞく)のデブは舷頭(げんとう)()ち、
043デブ『あ、044親方(おやかた)(ござ)いましたか。045えらい失礼(しつれい)(いた)しました。046貴方(あなた)のお乗込(のりこみ)御用船(ごようせん)とは()らず、047よい獲物(えもの)(あら)はれたと、048全隊(ぜんたい)引率(ひきつ)れて、049ここ(まで)おつ()けて()ました。050(まこと)()まない(こと)(いた)しました。051何卒(どうぞ)(ゆる)しを(ねが)ひます』
052ヤッコス『今後(こんご)(かなら)心得(こころえ)たが()からう。053(その)(はう)安閑(あんかん)として(この)湖上(こじやう)悪性商売(あくしやうしやうばい)出来(でき)るのも(みな)(この)ヤッコスがバラモン(ぐん)目付頭(めつけがしら)になつてる余徳(よとく)ぢやないか。054(おれ)(ひと)(かぶり)()らうものなら、055(たちま)数千人(すうせんにん)軍隊(ぐんたい)(もつ)貴様(きさま)(たち)捕縛(ほばく)し、056(かつ)貴様(きさま)()住宅(ぢうたく)(みな)()つてるから、057妻子(さいし)眷族(けんぞく)召捕(めしと)つて(おも)成敗(せいばい)()はされるのだ。058それよりもこれから(きた)(きた)へと(すす)んで、059三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)七八十人(しちはちじふにん)やつて()るから、060それを捕縛(ほばく)すべく(すす)んだが()からう。061それを(うま)くやつたならば、062(その)(はう)(のぞ)次第(しだい)褒美(ほうび)を、063関所(せきしよ)役人(やくにん)執持(とりも)つて(もら)つてやらう。064さア()け。065(あと)()(やつ)(みんな)弱虫(よわむし)(ばか)りだ。066一番(いちばん)(つよ)(やつ)はここに五六人(ごろくにん)ふん(じば)つて()れて()たのだ。067グヅグヅしてゐると(かげ)見失(みうしな)ふかも()れぬぞ。068(はや)(ふね)引返(ひつかへ)し、069真北(まきた)(むか)つて(すす)んだが()からう』
070デブ『はい、071承知(しようち)(いた)しました。072何分(なにぶん)(よろ)しう(ねが)ひます。073さア(みな)(もの)074(へさき)(きた)()け、075急速力(きふそくりよく)()()せ』
076命令(めいれい)した。077(たちま)八艘(はつさう)(ふね)船首(せんしゆ)(きた)()一生懸命(いつしやうけんめい)にグイグイと(かい)(おと)(にぎは)しく(とり)()(ごと)(いきほひ)(とほ)ざかり()く。
078ヤッコス『アハハハハハ、079もし、080玉国別(たまくにわけ)宣伝使(せんでんし)(さま)081悪人(あくにん)()んな(とき)には()()ふもので(ござ)いませうがな。082(わたし)昨日(きのふ)(まで)のヤッコスであればここで()んな謀反(むほん)(おこ)すか(わか)らないのですが、083貴方(あなた)(がた)仁慈(じんじ)無限(むげん)のお(こころ)(かん)じ、084(いま)(まで)やつて()(こと)(おそ)ろしくなりまして、085今日(けふ)(やうや)人間(にんげん)らしい気分(きぶん)になりました。086神様(かみさま)(をしへ)()いたものが(うそ)(いつは)りを(まを)すのは(まこと)()まぬ(こと)とは(ぞん)(なが)ら、087(この)場合(ばあひ)臨機応変(りんきおうへん)処置(しよち)()らなくてはならぬと(ぞん)じ、088(こころ)にもなき(いつは)りを(まを)しました。089何卒(なにとぞ)神様(かみさま)にお(わび)貴方様(あなたさま)からして(くだ)さいます(やう)(ねがひ)(いた)します』
090真心(まごころ)(おもて)(あら)はして(たの)()る。
091玉国(たまくに)『ハハハハハやア感心(かんしん)だ。092人喰人種(ひとくひじんしゆ)(にはか)如来様(によらいさま)になつたのだな。093それではダル、094メート(さま)も、095もはや()はれる心配(しんぱい)もないから(いま)(まで)(うら)みをスツクリ(うみ)(なが)して(おな)(ふね)一蓮托生(いちれんたくしやう)096和気(わき)靄々(あいあい)打解(うちとけ)(この)(うみ)(わた)らうぢやないか』
097 バラモン(ぐみ)098(ならび)にメート、099ダルの両人(りやうにん)は『ハイ』と(うれ)しげに差俯向(さしうつむ)(なみだ)さへ(にじ)ませて()る。
100 ヤッコスは()(あやつ)(なが)(うた)(はじ)めた。101一同(いちどう)(ふなばた)(たた)いて賑々(にぎにぎ)しく(これ)()した。102その(こゑ)水面(すいめん)(ひび)(わた)海底(かいてい)竜神(りうじん)(おどろ)かす(ばか)りに(おも)はれた。
103ヤッコス『テルモン湖水(こすい)(むかし)から
104(おに)悪魔(あくま)()ばれつつ
105往来(ゆきき)(ふね)引捕(ひつと)らへ
106(たから)(うば)(きぬ)()
107(たふと)(ひと)(いのち)まで
108とりて(その)()(おく)りたる
109悪逆無道(あくぎやくぶだう)のヤッコスも
110バラモン(ぐん)(いきほひ)
111辟易(へきえき)してゆ黄白(くわうはく)
112数多(あまた)(さん)じて賄賂(わいろ)とし
113キヨの(みなと)関守(せきもり)
114うまく取入(とりい)りバラモンの
115目付頭(めつけがしら)(えら)まれて
116(ひそ)かに海賊(かいぞく)使役(しえき)しつ
117(あく)虚偽(きよぎ)とに()(おく)
118(この)ヤッコスも天命(てんめい)()
119勝手(かつて)(おぼ)えし海原(うなばら)
120(にはか)暴風(しけ)進路(しんろ)をば
121(あやま)暗礁(あんせう)()()
122木端微塵(こつぱみぢん)(ふね)(くだ)
123ここに五人(ごにん)真裸体(まつぱだか)
124(なみ)(くぐ)りて(やうや)くに
125水泳(すいえい)()けた三人(さんにん)
126(ひと)(おそ)れて()りつかぬ
127荒波(あらなみ)(くる)ふツミ(じま)
128(いのち)からがら(およ)ぎつき
129(うゑ)(せま)りて罪人(つみびと)
130(ほふ)(ころ)して(くら)はむと
131(ちから)(かぎ)りに格闘(かくとう)
132(たがひ)(からだ)(つか)()
133(いき)()えむとする(とき)
134仁慈(じんじ)無限(むげん)三五(あななひ)
135(をしへ)(みち)宣伝使(せんでんし)
136(あら)はれまして吾々(われわれ)
137(あやふ)(いのち)(すく)ひまし
138(きよ)(をしへ)諄々(じゆんじゆん)
139()(たま)ひたる有難(ありがた)
140流石(さすが)無道(ぶだう)吾々(われわれ)
141(かみ)御声(みこゑ)()()まし
142有難涙(ありがたなみだ)にくれ(なが)
143初稚丸(はつわかまる)()せられて
144キヨの(みなと)(かへ)らむと
145(なみ)(ただよ)(をり)もあれ
146前方(ぜんぱう)(うか)八艘(はつさう)
147(ふね)(まさ)しく(わが)部下(ぶか)
148デブの(ひき)ゆる賊船(ぞくせん)
149()るより(はや)進路(しんろ)をば
150(てん)じて湖中(こちう)危険地(きけんち)
151(きこ)えし(なだ)()(むか)
152(うみ)()れたる賊船(ぞくせん)
153()()(ごと)くおツついて
154(おも)ひも()らぬ獲物(えもの)ぞと
155四方(しはう)八方(はつぱう)取囲(とりかこ)
156(うみ)より(ふか)恩人(おんじん)
157(いのち)(すく)高恩(かうおん)
158(むく)ひまつるは(この)(とき)
159(さいは)部下(ぶか)のデブ以下(いか)
160(おど)文句(もんく)(いつはり)
161(なら)べて(やうや)()()らし
162(はじ)めて(むね)もサヤサヤと
163()(わた)りたる(つき)(そら)
164()にも芽出度(めでた)次第(しだい)なり
165ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
166御霊(みたま)(さち)(はへ)ましまして
167暗礁(あんせう)点綴(てんてつ)する(うみ)
168無事(ぶじ)彼岸(ひがん)(たつ)せしめ
169吾等(われら)一行(いつかう)をやすやすと
170キヨの(みなと)()かしめよ
171(おも)へば(おも)へば(むかし)より
172(かみ)(こころ)露知(つゆし)らず
173(ぜん)(しん)とに(せな)()
174(あく)虚偽(きよぎ)とに一心(いつしん)
175(こころ)(くも)らせ()たるこそ
176()にも(おろか)(いた)りぞと
177(かへり)みすれば(さき)()
178いと(おそ)ろしくなりにけり
179(この)()(つく)りし神直日(かむなほひ)
180(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
181(ただ)何事(なにごと)(ひと)()
182直日(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)
183三五教(あななひけう)大御神(おほみかみ)
184(いま)まで(をか)せし()(つみ)
185(ゆる)させ(たま)へと()(まつ)
186朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
187(つき)()つとも()くるとも
188これの湖水(こすい)(かわ)くとも
189仮令(たとへ)(いのち)()するとも
190一旦(いつたん)(かみ)真心(まごころ)
191(ささ)(まつ)りしヤッコスは
192如何(いか)でか(まが)(おぼ)れむや
193(あは)れみ(たま)惟神(かむながら)
194皇大神(すめおほかみ)御前(おんまへ)
195(かしこ)(かしこ)()(まつ)る』
196 ()(うた)(なが)(やうや)くに船首(せんしゆ)(ふたた)西南(せいなん)(てん)潮流(てうりう)にのつて(つき)海面(かいめん)(すべ)()く。
197大正一二・三・二九 旧二・一三 於皆生温泉浜屋 北村隆光録)