霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一一章 欵乃(ふなうた)〔一四八六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第58巻 真善美愛 酉の巻 篇:第3篇 千波万波 よみ:せんぱばんぱ
章:第11章 第58巻 よみ:ふなうた 通し章番号:1486
口述日:1923(大正12)年03月29日(旧02月13日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5811
愛善世界社版:136頁 八幡書店版:第10輯 419頁 修補版: 校定版:146頁 普及版:53頁 初版: ページ備考:
001 (やうや)くにして(つき)西(にし)波間(なみま)(しづ)み、002(ほし)次第々々(しだいしだい)(かく)れ、003(ひがし)波間(なみま)よりはカツと(あか)りがさして()た。004(くも)(なみ)か、005(てん)(うみ)か、006区別(くべつ)のつかぬ(はる)かの(そら)次第々々(しだいしだい)(あかね)さし、007湖上(こじやう)(わた)百鳥(ももどり)(こゑ)数千人(すうせんにん)楽隊(がくたい)一時(いちじ)(がく)(そう)する(ごと)頭上(づじやう)一面(いちめん)(きこ)えて()た。008(しろ)009(あを)010(くろ)011(みどり)012黄色(きいろ)013(あか)(など)色々(いろいろ)(はね)(ひるがへ)して前後左右(ぜんごさいう)()()水鳥(みづどり)(かげ)(じつ)壮観(さうくわん)であつた。
014 玉国別(たまくにわけ)舷頭(げんとう)()(あら)はれ、015(ひがし)(そら)(むか)つて拍手(はくしゆ)天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)し、016航路(かうろ)無事(ぶじ)祈願(きぐわん)した。017(つづ)いて三千彦(みちひこ)(その)(ほか)一同(いちどう)玉国別(たまくにわけ)(なら)つて東方(とうはう)(はい)した。018輪廓(りんくわく)のハツキリした巨大(きよだい)太陽(たいやう)湖水(こすい)(なか)から(のぞ)(はじ)めた。019(なつ)(あした)海上(かいじやう)(また)一入(ひとしほ)爽快(さうくわい)なものである。
020玉国別(たまくにわけ)(くも)(なみ)(あめ)(つち)とを(むす)びたる
021(とばり)()けて()かぶ()(かみ)
022今日(けふ)(また)これの海路(うなぢ)(さき)くあれと
023(こころ)(きよ)(いの)りけるかな。
024百鳥(ももどり)(なみ)(うへ)をば(すべ)りつつ
025(わが)()(ふね)(まも)るべらなり』
026三千彦(みちひこ)『テルモンの(みね)頂上(いただき)ほのぼのと
027(なみ)(うか)びて(あか)くなり()く』
028真純彦(ますみひこ)何一(なにひと)(まなこ)()らぬ湖原(うなばら)
029テルモンの(やま)姿(すがた)のみ()ゆ。
030テルモンの(やま)打仰(うちあふ)(おも)ふかな
031ケリナの(ひめ)如何(いか)()すかと』
032伊太彦(いたひこ)(また)しても(ひめ)(こと)のみ()にかかる
033教司(をしへつかさ)(こころ)(あや)しき』
034真純彦(ますみひこ)『いたいけな(をんな)(おも)誠心(まごころ)
035男子(をのこ)(なか)男子(をのこ)なるぞや』
036伊太彦(いたひこ)何事(なにごと)(をんな)ならでは()()けぬ
037()(ことわざ)()()けし(きみ)
038(をんな)のみ(この)()にゴラゴラ()るならば
039如何(いか)(さか)えむ天地(あめつち)(うち)
040三千彦(みちひこ)益良夫(ますらを)(おも)ひつめたる真心(まごころ)
041(かよ)はざらめや女心(をんなごころ)に』
042伊太彦(いたひこ)『よくもまア(のろ)けたものだ三千彦(みちひこ)
043目鼻(めはな)位置(ゐち)何時(いつ)(かは)りぬ』
044デビス(ひめ)益良夫(ますらを)(なか)(まじ)りて(ただ)一人(ひとり)
045(むね)(いた)めつ御後(みあと)(したが)ふ。
046男子(をのこ)のみ如何(いか)(ちから)()すとても
047(をんな)()には(てき)(がた)けむ。
048(ただ)一目(ひとめ)(ひとみ)(きよ)射照(いて)らせば
049(はる)(こほり)(ひと)たまりなし』
050真純彦(ますみひこ)猛烈(まうれつ)二人(ふたり)(こひ)にせめられて
051(われ)言葉(ことば)もつまりけるかな。
052(あき)()(もの)さへ()へぬ(ふね)(うへ)
053(しほ)三千彦(みちひこ)(おも)ひやらるる』
054ヤッコス『皆様(みなさま)暢気(のんき)(こと)()()はし
055(わら)はせ(たま)()こそ(うら)めし。
056朝夕(あさゆふ)(こころ)(おに)()(なが)
057(あく)(おこな)()こそ(かな)しき。
058一日(いちにち)(こころ)(やす)けく(おく)りたる
059(とき)()かりし(ぞく)()(うへ)
060さり(なが)(かみ)(をしへ)()きしより
061(こころ)(やす)けくなりにけるかな』
062ハール『(われ)(また)(こころ)(おに)何処(どこ)へやら
063()()せたりし心地(ここち)こそすれ。
064(あし)(こと)なす(ほど)馬鹿(ばか)()にあろか
065()ても()めても(こころ)おぢおぢ。
066(いま)となり(まこと)(みち)(あぢ)はひを
067(さと)りけるかな(かみ)(めぐみ)に』
068サボール『()(ひと)懶怠漢(なまくらもの)よサボールと
069(そし)られ月日(つきひ)(おく)りたる(まが)
070曲神(まがかみ)(こころ)(そら)(つき)()りて
071(わが)()(ひろ)(やす)くなりける』
072メート『(おそ)ろしきメートの(たび)をなすのかと
073(おも)()もなく(すく)はれにける。
074冥土(めいど)()(かみ)(すく)はれ(これ)からは
075(まこと)(みち)にメートル()げむ』
076ダル『()(あし)痩衰(やせおとろ)へてダルの(われ)
077(かに)(かひ)にて露命(ろめい)つなぎつ。
078久振(ひさしぶ)りうましきパンを(あた)へられ
079蘇生(よみがへ)りけり餓鬼(がき)吾々(われわれ)
080玉国別(たまくにわけ)天地(あめつち)(かみ)(めぐ)みは(わだ)(はら)
081(ひろ)けき(なみ)(そこ)()られず。
082いざさらば(こころ)(こま)立直(たてなほ)
083(すす)みて()かむ(かみ)御国(みくに)へ』
084 デビス(ひめ)舷頭(げんとう)()湖面(こめん)風景(ふうけい)(なが)小声(こごゑ)になつて(うた)(はじ)めた。
085デビス(ひめ)久方(ひさかた)天津御空(あまつみそら)
086打仰(うちあふ)大海原(おほうなばら)
087打眺(うちなが)めよくよく()れば
088天地(あめつち)(かみ)功業(いさを)
089()のあたり(あら)はれましぬ
090あな(たふと)あな(かしこ)しや
091あなさやけ天津日影(あまつひかげ)
092海原(うなばら)()らして(のぼ)
093御光(みひかり)天地(あめつち)四方(よも)
094(くば)らせつ(もも)人草(ひとぐさ)
095(くさ)()片葉(かきは)(つゆ)
096(いた)(まで)宿(やど)らせ(たま)
097大稜威(おほみいづ)四海(しかい)(なみ)
098(おだや)かに(をさ)まりまして
099常磐木(ときはぎ)(まつ)(みどり)
100すくすくと生立(おひた)(しげ)
101(はる)()れば百花(ももばな)千花(ちばな)
102()(にほ)(かみ)御国(みくに)
103()のあたり(ひら)(すす)みて
104(いさ)ましや(なみ)()(ふね)
105すくすくと彼方(あなた)(きし)
106(わた)らひの(かみ)使(つかひ)
107宣伝使(せんでんし)真幸(まさき)くあれと
108()(まつ)朝日(あさひ)()るとも
109(くも)るとも(つき)()つとも
110()くるとも(ほし)(そら)より
111()つるとも(まこと)(ひと)つの
112三五(あななひ)(をしへ)(みち)
113()(すく)ふテルモン(ざん)
114神館(かむやかた)小国別(をくにわけ)
115(ちち)(まへ)(はは)御側(みそば)
116相離(あひはな)千里(せんり)(うみ)
117()()えて万里(ばんり)(たび)
118()でて()(われ)(をんな)
119()なれども男子(をのこ)(なか)
120男子(をのこ)なる玉国別(たまくにわけ)
121神司(かむつかさ)(こころ)(そら)
122真純彦(ますみひこ)(よろこ)(むね)
123三千彦(みちひこ)(わが)()(きみ)
124(したが)ひて(まが)征途(せいと)
125(のぼ)()(わが)()(うへ)
126(たの)しけれ(この)()(つく)
127(たま)ひたる国治立(くにはるたち)
128大御神(おほみかみ)豊国主(とよくにぬし)
129神柱(かむばしら)神素盞嗚(かむすさのを)
130瑞御霊(みづみたま)斎苑(いそ)(やかた)
131コーカスの(うづ)聖地(せいち)
132()れまして天ケ下(あめがした)なる
133諸々(もろもろ)(すく)(たす)けて
134(かみ)()無限(むげん)歓喜(くわんき)
135(あた)へむと(きよ)(こころ)
136(くば)りまし(もも)(つかさ)
137()(たま)魔神(まがみ)(たけ)
138葦原(あしはら)(しま)八十島(やそしま)
139八十(やそ)(くに)(いや)永久(とこしへ)
140(をさ)めむと仁慈(みろく)(こころ)
141(あら)はして(はげ)(たま)ふぞ
142(かしこ)けれ(はげ)(たま)ふぞ
143(かしこ)けれ
144ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
145御霊(みたま)(さち)はひましませよ
146ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
147御霊(みたま)恩頼(ふゆ)()ぎまつる』
148 船頭(せんどう)のイールは()(あやつ)(なが)(こゑ)(すず)しく(うた)(はじ)めた。
149イール『北見(きたみ)(はま)立出(たちい)でて
150(みなみ)をさして(すす)()
151()()(かぜ)はそよそよと
152(あせ)にじんだ(かほ)(あら)
153極楽浄土(ごくらくじやうど)天国(てんごく)
154(なみ)(たひら)(やす)らかに
155船底(ふなぞこ)(しづか)(つづみ)()
156(なみ)から()でて(なみ)()
157月日(つきひ)(かげ)(きよ)らかに
158(よる)(ひる)との(へだ)てなく
159(ひか)りを()げる(うみ)(おも)
160(くも)(そら)()(この)(ふね)
161(あま)川原(かはら)打渡(うちわた)
162目無堅間(めなしかたま)(かみ)(ふね)
163(とり)中空(ちうくう)(うれ)しげに
164チンチンチユンチユン()(わた)
165(なみ)はドンドン(つづみ)()
166(あま)川原(かはら)(ふね)(うか)
167棚織姫(たなばたひめ)()(わた)
168ここは竜宮(りうぐう)(なみ)(うへ)
169乙姫(おとひめ)さまも(さぞ)(さぞ)
170(そら)(あふ)いで()(ふね)
171(ゑみ)(たた)へて()(ござ)らう
172千尋(ちひろ)(うみ)(わた)()
173天津御空(あまつみそら)中空(ちうくう)
174月日(つきひ)(ほし)(した)()
175(つき)波間(なみま)(かがや)(たま)
176(うみ)(そこ)には(ほし)(かげ)
177(あま)川原(かはら)(よこた)はる
178(そら)()(わた)(たま)(ふね)
179如何(いか)荒波(あらなみ)(たけ)るとも
180(かみ)(まも)りの(この)(ふね)
181(いづ)御霊(みたま)(すく)(ぶね)
182(みづ)御霊(みたま)(まも)(ぶね)
183千里(せんり)(なみ)打渡(うちわた)
184(こころ)やすやすキヨ(みなと)
185(みづ)(むらさき)()(あを)
186(はな)()(にほ)(くに)()く』
187 (こゑ)もなだらかに(うみ)()れたる調子(てうし)(うた)(なが)()(あやつ)(すす)()く。
188大正一二・三・二九 旧二・一三 於皆生温泉浜屋 北村隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)