霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一二章 素破抜(すつぱぬき)〔一四八七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第58巻 真善美愛 酉の巻 篇:第3篇 千波万波 よみ:せんぱばんぱ
章:第12章 素破抜 よみ:すっぱぬき 通し章番号:1487
口述日:1923(大正12)年03月29日(旧02月13日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:149頁 八幡書店版:第10輯 423頁 修補版: 校定版:160頁 普及版:57頁 初版: ページ備考:
001 南北(なんぽく)二百里(にひやくり)航路(かうろ)にはそろそろ退屈気分(たいくつきぶん)(ただよ)ひ、002いろいろと(あご)()雑談(ざつだん)(はじ)まつて()た。003彼方(あちら)にも此方(こちら)にも欠伸(あくび)(ふし)をつけたり放屁(はうひ)(きざ)んだり、004他愛(たあい)もなく(わら)(くる)ふて()る。005ダルは船中(せんちう)無聊(ぶれう)(なぐさ)むる()め、006(ほね)(かは)との餓鬼(がき)のやうな(からだ)前後左右(ぜんごさいう)(ゆす)阿保陀羅文句(あほだらもんく)(なら)べだした。
007ダル『カカポコカカポコ、008ポコポコポコ。009──エー(はばか)(なが)ら、010(ところ)何処(いづく)(たづ)ねましたら、011愛想(あいさう)もこそも(つき)(くに)012(ひと)()()曲津神(まがつかみ)八岐(やまた)大蛇(をろち)住家(すみか)なる、013大雲山(だいうんざん)岩窟(がんくつ)に、014後前(あとさき)バラバラ バラモンの、015(かみ)(まつ)つた(ほら)(なか)016(うち)はホラホラ(そと)はスブスブと、017焼野(やけの)(ねずみ)ぢやないけれど、018この()(みだ)すバラモンの、019ガラクタ(がみ)()をくんで、020彼方(あなた)此方(こなた)()(めぐ)り、021(ひと)女房(にようばう)誘拐(かどはか)し、022汗水(あせみづ)()らして(まう)けた(かね)を、023スツカリコンのコンコロコンと、024()つたくり、025六百六号(ろくぴやくろくがう)御開山(ごかいさん)026鼻落(はなお)(をんな)(うつつ)をぬかし、027(しまひ)(はて)にはフガフガフガと、028鼻声(はなごゑ)(まじ)りに、029痘痕(あばた)(つら)(さら)しつつ、030(ひと)には(きら)はれ(おに)悪魔(あくま)(いや)がられ、031一人(ひとり)よがりのヒヨツトコ(をとこ)032此処(ここ)にも一人(ひとり)三人(さんにん)は、033あるかも()れないバラモンの、034泥棒(どろばう)(あが)りの目付役(めつけやく)035おつとどつこい間違(まちが)つた。036泥棒(どろばう)やめて神様(かみさま)の、037(まこと)(をしへ)コツクリコツ帰順(きじゆん)をなされました。038それは(まこと)(まこと)御結構(ごけつこう)とは()ふものの行先(ゆくさき)が、039(わたし)(あん)じられてなりませぬ。040キヨの(みなと)()いたなら、041ウンバラサンバラ、042バラバラバラバラ バラモンの、043捕吏(とりて)(やつ)()がやつて()て、044玉国別(たまくにわけ)宣伝使(せんでんし)045(かみ)使(つかひ)(はじ)めとし、046(おれ)(たち)二人(ふたり)()んづかみ、047(むご)()()せて()れむずと、048(こころ)(おに)(つの)()やし、049()つて()るのに(ちが)ひない、050カカポコカカポコ、051ポコポコポコ。052(ひと)(こころ)(わか)らない、053改心(かいしん)したと()せかけて、054これの湖水(こすい)をまんまと(わた)り、055(きし)へヒヨツクリコと(のぼ)るや(いな)や、056(また)もや地金(ぢがね)(あら)はして、057目付(めつけ)(やく)()(まは)し、058(むつかし)(かほ)をして()るだらう。059何程(なにほど)改心(かいしん)したとても、060(かはら)黄金(こがね)になりはせぬ。061身魂(みたま)(わる)曲津神(まがつかみ)062(なに)()ふやら蜜柑(みかん)やら、063金柑(きんかん)(ます)(はか)るやら、064(だいだい)だいの厄介物(やくかいもの)よ、065これを(おも)へば()つかりと、066(ぬく)(ゆめ)みてネーブルと、067()ふよな(わけ)には(まゐ)らない。068(つみ)(しま)へとやつて()て、069(かに)(かひ)をば(あさ)りつつ、070()()(なみ)にも()(おそ)れ、071(はら)はペコペコ胃袋(ゐぶくろ)を、072充実(じゆうじつ)させむと(あな)さがし、073岩窟(いはや)(くち)へとやつて()て、074(おれ)()両腕(りやううで)引掴(ひつつか)み、075バラバラバラと()()いて、076(あたま)からかぶらうとした(やつ)は、077矢張(やつぱ)(おに)性来(しやうらい)だ。078これを(おも)へば(おそ)ろしや、079チヤカポコチヤカポコ、080ポコポコポコ。081これこれ(まを)(みな)さまよ、082随分(ずいぶん)用心(ようじん)なさいませ、083(とら)(おほかみ)(ふね)()せ、084虎穴(こけつ)()つてやすやすと、085(ねむ)つて()るよな剣呑(けんのん)さ、086それより一層(いつそう)(いま)此処(ここ)で、087同盟軍(どうめいぐん)組織(そしき)して、088改心(かいしん)したと()せかけて、089(ねこ)(かぶ)つて()(たぬき)090成敗(せいばい)したらどうでしよか、091(あと)後悔(こうくわい)()()はぬ、092こんな(やつ)()(いのち)をば、093(たす)けた(ところ)()(ため)に、094(ひと)つもなるでは()らうまい、095(こめ)(たか)うなる(ばか)り、096製糞機械(せいふんきかい)がウヨウヨと、097(から)時節(じせつ)迂路(うろ)づいて、098コソコソコソと(くら)いとこ、099(あな)のありかを(かぎ)つけて、100スパイの(やく)をする餓鬼(がき)は、101人間姿(にんげんすがた)犬畜生(いぬちくしやう)102(あだ)()つなら(いま)ぢやぞや、103チヤカポコチヤカポコ、104ポコポコポコ、105(ほね)(かは)とになり()てた、106ばつちよ(がさ)()たよな(おれ)(たち)の、107(にく)でも(たた)いて(くら)はうと、108(たく)んだ餓鬼(がき)(おそ)ろしい、109因縁(いんねん)(わる)(うま)れつき、110可愛(かあい)さうだと(おも)へども、111(わが)()可愛(かあい)(おも)ふたら、112(てき)をムザムザ(ゆる)せない、113悪人輩(あくにんばら)(たひら)げて、114根底(ねそこ)(くに)()ひやれば、115キツと世界(せかい)(ため)となる、116杢平(もくべい)(すけ)も、117田吾作(たごさく)(よろこ)んで、118(まへ)世界(せかい)(すく)(ぬし)119(えら)手柄(てがら)をして()れた、120(もち)でもついて(いは)はうと、121近所合壁(きんじよがつぺき)()(つど)へ、122疳瘡(かんさう)痒癬(ひぜん)親方(おやかた)を、123ようま(ころ)して(くだ)さつた、124なぞと()()()()つて、125(をど)(くる)ふに(ちが)ひない、126ああ面白(おもしろ)面白(おもしろ)い、127バラモン(ぐん)目付役(めつけやく)128ヤッコス、129ハール、130サボールの、131贋改心(にせかいしん)御大将(おんたいしやう)132(ここ)本音(ほんね)()くがよい、133海賊船(かいぞくせん)出会(であ)つた(とき)134(まへ)視線(しせん)(なん)となく、135奇妙(きめう)奇怪(きくわい)にキラキラと、136(ひか)つて()たのを一寸(ちよつと)()た。137あの八艘(はつそう)賊船(ぞくせん)は、138初稚丸(はつわかまる)安々(やすやす)と、139キヨ(みなと)()いた(とき)140関守(せきもり)さまと(はら)(あは)せ、141(さき)(かへ)つて()つて()て、142苦労(くらう)もなしに吾々(われわれ)を、143一網打尽(いちまうだじん)にふん(じば)り、144(うま)目的(もくてき)達成(たつせい)し、145ハルナの(みやこ)鬼神(おにがみ)の、146(まへ)手柄(てがら)()てやうと、147(ふか)(たく)んで(ござ)ろがな、148そんな(たく)みの(わか)らない、149玉国別(たまくにわけ)神司(かむつかさ)150(かみ)使(つかひ)ぢやない(ほど)に、151改心(かいしん)するのがお()(とく)152ダルに的切(てつき)図星(づぼし)をば、153()されて(むね)(いた)からう、154仮令(たとへ)天地(てんち)(かは)るとも、155ダルの言葉(ことば)(かは)らない、156(おれ)(まなこ)(にら)んだら、157(けつ)して間違(まちが)()(ほど)に、158コラコラどうだバラモンの、159悪逆無道(あくぎやくぶだう)目付役(めつけやく)160もう()うなつた(うへ)からは、161(まへ)(こころ)黒幕(くろまく)を、162薩張(さつぱり)こんと()ちあけて、163(こころ)(そこ)のどん(ぞこ)の、164(くら)(あな)(まで)()()いた。165これに間違(まちが)ひあるまいぞ、166これこれ(みな)さまこのダルが、167(まを)言葉(ことば)(うたが)はず、168(かた)(しん)じて(くだ)さんせ、169(わたし)観相(くわんそう)(めう)()た、170イヅミの(くに)()(たか)い、171ダルのシヤンクと()(をとこ)172天眼力(てんがんりき)調(しら)べました、173この大湖(おほうみ)中央(まんなか)で、174(ひと)つの成敗(せいばい)なされませ、175(あと)後悔(こうくわい)せぬやうに、176()()御覧(ごらん)それ御覧(ごらん)177(こころ)(いろ)(あら)はれた、178(あを)(かほ)してビリビリと、179手足(てあし)はワナワナ(ふる)()す、180これが(はづ)れぬ証拠(しようこ)です、181ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)182(かな)はぬからとて(なみだ)ぐみ、183(たま)中空(ちうくう)()()つて、184(がに)のやうに目玉(めだま)(まで)185一寸先(いつすんさき)へつん()てる、186さても愚僧(ぐそう)三千世界(さんぜんせかい)遍歴(へんれき)し、187数千万(すうせんまん)人相(にんさう)を、188()調(しら)べたる経験上(けいけんじやう)189どうしても此奴(こいつ)悪人(あくにん)だ、190(しば)をかぶらにや(なほ)らない、191地獄(ぢごく)(せき)をおいて()る、192奸怪変化(えうくわいへんげ)容器(いれもの)だ、193ああ惟神(かむながら)194あのまア目玉(めだま)()()やう、195アハハハハツハ、196アハハハハ。197(あき)れて(もの)()はれない、198(あたま)()いて俯向(うつむ)いて、199(あを)(かほ)して(あわ)()く、200イヒヒヒヒツヒイヒヒヒヒ。201種々(いろいろ)雑多(ざつた)言葉(ことば)(かま)(いつは)(なら)べて肝腎要(かんじんかなめ)(いのち)をば、202(しば)しながらへ、203(くが)(のぼ)つた(その)(うへ)で、204以心伝心(いしんでんしん)関守(せきもり)と、205異様(いやう)(まなこ)交換(かうくわん)し、206威張(ゐば)()らしてインチキに、207かけて吾等(われら)(しば)らむと、208(たく)(こころ)顔色(かほいろ)に、209すつかり()えて()りますぞ、210ウフフフフツフ、211ウフフフフ。212うかうか(いた)して()りたなら、213(うご)きの()れぬ(こと)になる、214(うま)言葉(ことば)(なら)べたて、215(うま)(しる)をば(しぼ)らうと、216(うま)(たく)んだ大泥棒(おほどろばう)217バラモン(けう)目付役(めつけやく)218ヤッコス、219ハール、220サボールの、221迂散(うさん)(かほ)()なされや、222うるさい(やつ)()つたものだ。223エヘヘヘヘツヘ、224エヘヘヘヘ。225えぐいと()つてもこれ(くらゐ)226えぐたらしい、227餓鬼(がき)どもが(また)世界(せかい)()りませうか、228遠慮会釈(ゑんりよゑしやく)はいらないで、229(いま)から師弟(してい)(えん)()り、230えたい()れぬ餓鬼(がき)(ども)を、231(ひと)成敗(せいばい)なされませ、232オホホホホツホ、233オホホホホ。234(おそ)ろし(たく)みを(いだ)いてる、235(おに)大蛇(をろち)曲神(まがかみ)の、236(ばけ)(ひと)しき横道(わうど)もの、237(こころ)(そこ)(あら)はれて、238(おも)へば(おも)へばお()(どく)239(おそ)()つたかバラモンの、240海賊(かいぞく)(あが)りの目付役(めつけやく)241(おれ)言葉(ことば)(ちが)ふたら、242(まへ)(まへ)(しり)まくり、243犬蹲(いぬつくばひ)になつてやろ、244カカカカカツカ、245カカカカカ。246(かな)はぬ(とき)神頼(かみだの)み、247(かに)のやうなる(あわ)()ひて、248(かな)しみ(なげ)いて()(とこ)で、249もう勘忍(かんにん)出来(でき)ないで、250観念(くわんねん)するのが第一(だいいち)だ、251チヤカポコチヤカポコ、252ポコポコポコ、253()()(さき)はあるけれど、254(いただ)くお(かね)愛想(あいそ)だけ、255(この)(さき)(きこ)うと(おも)ふたら、256(かね)沢山(どつさり)(くだ)しやんせ、257肝腎要(かんじんかなめ)正念場(しやうねんば)258供養(くやう)(ため)にダルさまが、259ゆるゆる(まを)()べませう、260カカポコ カカポコ ポコポコポコ』
261 ダルに()()()かれて、262ヤッコス(ほか)二人(ふたり)顔色(がんしよく)()へ、263(かた)(いき)をして船底(ふなぞこ)(ちひ)さくなつて(しやがん)()る、264伊太彦(いたひこ)三人(さんにん)(まへ)(すす)()り、
265伊太(いた)『オイ、266ヤッコス、267前達(まへたち)(なに)さう(ふさ)いで()るのだ。268滑稽(こつけい)(まじ)りの阿呆陀羅(あほだら)がお前達(まへたち)気分(きぶん)(わる)いのか、269(たれ)があんな(こと)本当(ほんたう)にするものか、270間違(まちが)つて、271よしやお前達(まへたち)がダルの()つた(とほ)りの悪人(あくにん)であつたにせよ、272(ひど)(こと)はしないよ。273そんな(こと)をする(くらゐ)なら、274(つみ)(しま)(のこ)して()くのだ。275吾々(われわれ)紳士的(しんしてき)態度(たいど)()るものだ。276(けつ)して卑怯(ひけふ)(こと)はしないよ。277(それ)よりも(うた)でも(うた)つて機嫌(きげん)(なほ)したまへ。278玉国別(たまくにわけ)先生(せんせい)だつて(ちつ)とも()にかけて(ござ)るやうな(かた)ではないからなア』
279ヤッコス『ハイ有難(ありがた)(ござ)います。280それを(うけたま)はつて安心(あんしん)(いた)しました。281ダルの(やつ)どこ(まで)(わたし)(うら)んであんな讒言(ざんげん)するのです。282何卒(どうぞ)御推量(ごすいりやう)(くだ)さいませ』
283伊太(いた)『ヨシヨシ、284(たれ)()れもみんな、285(こころ)(めくら)()ないから、286(はら)のどん(ぞこ)(まで)(わか)つて()るのだ。287仮令(たとへ)(かり)にお(まへ)がダルの()つたやうな(こと)(たく)んで()つたつて、288そんな(こと)にびくつくやうなものは一人(ひとり)()ないのだから、289安心(あんしん)したがよからう。290(まへ)(ひと)(うた)でも(うた)つて船中(せんちう)無聊(ぶれう)(なぐさ)めたらどうだ』
291ヤッコス『ハイ、292有難(ありがた)(ござ)います。293そんならお言葉(ことば)(あま)(なが)航路(かうろ)(ござ)いますから、294不調法(ぶてうはふ)ながら(うた)はして(いただ)きませう』
295伊太(いた)『ヨシヨシ、296(なん)でも(かま)はぬ、297(ひと)機嫌(きげん)(なほ)して(うた)つてくれ』
298ヤッコス『ハイ有難(ありがた)う、299御免(ごめん)(くだ)さい』
300()(なが)ら、301ダルの(まへ)にツカツカと(すす)み、302ダルが左右(さいう)(みみ)自分(じぶん)両手(りやうて)でグツと(にぎ)り、303(かほ)(まへ)()()して、304一口(ひとくち)(うた)つては、305(くび)をしやくり、306一口(ひとくち)(うた)つては(くび)をしやくり(なが)弁解的(べんかいてき)阿呆駄羅経(あほうだらきやう)(しやべ)()した。
307大正一二・三・二九 旧二・一三 於皆生温泉浜屋 加藤明子録)