霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一三章 兎耳(うさぎみみ)〔一四八八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第58巻 真善美愛 酉の巻 篇:第3篇 千波万波 よみ:せんぱばんぱ
章:第13章 兎耳 よみ:うさぎみみ 通し章番号:1488
口述日:1923(大正12)年03月29日(旧02月13日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:157頁 八幡書店版:第10輯 426頁 修補版: 校定版:168頁 普及版:61頁 初版: ページ備考:
001 ヤッコスは自分(じぶん)弁解(べんかい)()ね、002()つダルが自分(じぶん)内心(ないしん)素破(すつぱ)()いた(その)(うらみ)(むく)いむと、003下女(げぢよ)(なべ)(みみ)(つか)んだやうな調子(てうし)(かか)(なが)ら、004(うた)(ふし)につれ、005ダルの(くび)しやくりつつ(くさ)(いき)(かほ)遠慮会釈(ゑんりよゑしやく)もなく()きかけ呶鳴(どな)(はじ)めた。
006ヤッコス『エーエ、007(はばか)(なが)一寸(ちよつと)御免(ごめん)(かうむ)りまして、008三五教(あななひけう)神様(かみさま)の、009大神徳(だいしんとく)帰順(きじゆん)した、010ヤッコス(つかさ)一場(いちぢやう)の、011(きやう)文句(もんく)(とな)()げますならば、012チヤカポコ チヤカポコ ポコポコポコ』
013ダル『こりやこりや、014さう(みみ)をしやくつては(いた)いぢやないか、015(はな)さぬかい』
016ヤッコス『エー、017なかなかなかなか、018(この)(みみ)(はな)してなりませうか。019(がに)のやうに(あわ)をふくの、020目玉(めだま)一寸(いつすん)()()したのと、021善言美辞(ぜんげんびじ)神様(かみさま)の、022(をしへ)(ののし)()(なが)ら、023悪言暴語(あくげんばうご)のダルの(くち)024(ひと)(こら)してやらなけりや、025(わたし)(をとこ)()ちませぬ、026自分(じぶん)(こころ)()(くら)べ、027正真正銘(しやうしんしやうめい)正直(しやうぢき)の、028ヤッコスを(つか)まへて、029大勢(おほぜい)さまの()(まへ)で、030讒言(ざんげん)するとは(なん)(こと)031(けつ)して(ゆる)しはせぬほどに、032こりやこりや がりぼし(やせ)つぽし、033バツチヨ(がさ)のやうな(ざま)をして、034(ほね)(かは)とになり(なが)ら、035(あご)(たた)くも(ほど)がある、036貴様(きさま)(みみ)兎耳(うさぎみみ)037(にぎ)つた(うへ)中々(なかなか)に、038(はな)しはせぬぞこりやどうだ、039(まこと)()まぬ(こと)(ばか)り、040(まを)しましたと(みな)さまの、041(まへ)でお(わび)をすればよし、042性懲(しやうこり)もなく何時(いつ)(まで)も、043頑張(ぐわんば)()らす(その)(とき)は、044(おれ)承知(しようち)をせぬ(ほど)に、045サアサアどうだがりつぽし046貴様(きさま)目玉(めだま)(なん)(こと)047道案内(みちあんない)表札(へうさつ)を、048()てて()かねば(わか)らない、049目玉(めだま)(おく)()()んで、050おまけに白眼(しろめ)七八分(しちはちぶ)051これでも矢張(やはり)人間(にんげん)の、052(つら)ぢやと(おも)ふて()よるのか、053大化物(おほばけもの)馬鹿者(ばかもの)か、054合点(がつてん)のゆかぬ馬鹿者(ばかもの)ぢや、055貴様(きさま)(まゆ)(なん)(こと)056千切(ちぎ)千切(ちぎ)れのベラサク(まゆ)057毛虫(けむし)のとまつたやうぢやぞや、058(はな)(はしら)胡坐(あぐら)かき、059不整頓(ふせいとん)なる小鼻(こばな)()が、060眼鏡(めがね)のやうについて()る、061(くち)鰐口(わにぐち)()出歯(でば)で、062加之(おまけ)前歯(まへば)()げて()る、063(あご)(みじか)いこの(つら)は、064譬方(たとへがた)ない畜生面(ちくしやうづら)065こんな(くち)からベラベラと、066(なん)(まこと)喋舌(しやべら)りよか、067()(ほど)()らぬもあんまりぢや、068こりやこりやも(ひと)(ゆす)らうか、069(いた)いと()つても(おれ)(みみ)070(けつ)して(いた)くはない(ほど)に、071アハハハハツハ、072アハハハハ、073(あき)れて(もの)()はれない、074イヒヒヒヒツヒ、075イヒヒヒヒ。076(ゆが)(づら)陰気(いんき)(かほ)真中(まんなか)に、077(ゆが)んだ(はな)がドツカリと、078胡床(あぐら)をかいて()やがるわ、079ウフフフフツフ兎耳(うさぎみみ)080驢馬(ろば)土産(みやげ)にやつたなら、081(さだ)めし満足(まんぞく)するだらう、082エヘヘヘヘツヘ、083エヘヘヘヘ、084偉相(えらさう)(ぬか)(へら)(ぐち)085四角(しかく)(くち)不行儀(ふぎやうぎ)に、086(あつ)(くちびる)つき()して、087馬来人種(マレーじんしゆ)がやつて()て、088運上(うんじやう)とるやうな(めう)(くち)089オホホホホツホ、090オホホホホ、091おづおづ(いた)して(ふる)うてる、092(ほね)(かは)とのがり坊子(ばうし)093どこを()したらあんな(こと)094ようまあ(ぬか)せたものだなア、095貴様(きさま)(ひと)(わざはひ)を、096()せて(よろこ)曲津神(まがつかみ)097滅多(めつた)(こと)喋舌(しやべ)りよると、098(この)(まま)承知(しようち)しはせぬぞ、099(おれ)でも矢張(やつぱり)(かみ)()だ。100一時(いつとき)(くも)(つつ)まれて、101悪魔(あくま)(とりこ)となつたとて、102何時(いつ)(まで)それで()るものか、103馬鹿(ばか)にするのも(ほど)がある、104一度(いちど)(あご)(たた)いて()よれ、105(この)(まま)(ゆる)しはせぬ(ほど)に、106チヤカポコ チヤカポコ』
107ダル『こりや、108よい加減(かげん)(はな)さぬかい、109(みみ)千切(ちぎ)れるぢやないか。110肝腎要(かんじんかなめ)(たく)みを()(あて)られて(はら)()つのも(もつと)もだが、111貴様(きさま)(ここ)()改心(かいしん)のし(どき)だ。112これ(いた)いわい、113(なに)しやがるのだ、114(はな)さぬかい』
115ヤッコス『(はな)さぬ(はな)さぬ(はな)さぬぞ、116このヤッコスはどこ(まで)も、117(みみ)千切(ちぎれ)(ところ)(まで)118因縁(いんねん)()いて()かさねば、119どうしても(むね)(おさ)まらぬ、120これや これや どうだダルの(やつ)121(いま)(まで)(まをし)悪垂口(あくたれぐち)122(まこと)()まぬ(うそ)(ばか)り、123(まをし)ましたと()(なほ)し、124玉国別(たまくにわけ)(その)(ほか)の、125(かみ)(つかさ)(うたがひ)を、126()らして()れよ何処(どこ)(まで)も、127(おれ)(この)(みみ)(はな)さない、128(なん)だい(なみだ)()しやがつて、129貴様(きさま)卑怯(ひけふ)(やつ)だなア』
130 (そば)()()た、131メートは(たま)()ね、132(また)(うしろ)から、133ヤッコスの両方(りやうはう)(みみ)をグツと(にぎ)り、
134メート『こりやこりや悪漢(わるもの)ヤッコスよ、135乱暴(らんばう)(こと)(いた)すなよ、136(わが)()(つめ)つて(ひと)(いた)さを()れと()(こと)は、137(むかし)聖者(せいじや)御教(みをしへ)だ、138(おれ)貴様(きさま)両耳(りやうみみ)を、139(にぎ)つて(おも)()らしてやる、140これやこれや(いた)いか(いた)いだらう、141貴様(きさま)がダルの耳朶(みみたぶ)を、142(あやま)()つて(はな)(まで)143(この)(みみ)はどうしても(はな)さない、144(いた)いか(いた)いかこれやどうだ、145貴様(きさま)(みみ)驢馬(ろば)(みみ)146内耳(うちみみ)外耳(そとみみ)もむしやむしやと、147(けもの)のやうな()()へて、148気分(きぶん)のよくない手触(てざは)りだ、149胡麻煎頭(ごまいりあたま)()(なが)ら、150(くち)(さき)にて胡麻(ごま)()り、151一時逃(いちじのが)れに(うま)(こと)152(ぬか)した(ところ)神様(かみさま)は、153(こころ)(そこ)(まで)御承知(ごしようち)だぞ』
154 ヤッコスはメートに(せな)から(みみ)(ちから)一杯(いつぱい)(にぎ)られ(あたま)をしやくられ、155(なみだ)(なが)(なが)(なほ)執念深(しふねんぶか)く、156ダルの両耳(りやうみみ)(にぎ)つて(はな)さない。157()るに見兼(みかね)て、158ハールは(また)両耳(りやうみみ)(つか)もうとする。159伊太彦(いたひこ)大喝(だいかつ)一声(いつせい)
160伊太(いた)『こりやこりや、161ヤッコス、162(なに)乱暴(らんばう)(こと)をするのだ、163さう(みみ)(つか)まなくても(はなし)出来(でき)るぢやないか、164サア(はや)(はな)さないか』
165 ヤッコスは不承無精(ふしようぶしよう)に『ハイ』と()つたきりダルの(みみ)(はな)した。
166ダル『アハハハハハ、167(ざま)()い、168(いた)からう。169オイ、170メート(しつか)引張(ひつぱ)つてやつて()れ、171大分(だいぶん)此奴(こいつ)(みみ)金挺(かなてこ)だから、172少々(せうせう)(かた)(ぱう)(ぐらゐ)ちぎつたつて、173神経(しんけい)(かよ)つて()ないから、174(いた)がる気遣(きづか)ひは()からうよ』
175メート『よし、176(まへ)命令(めいれい)だ、177どうしても(はな)すものか、178もう()うなれば(かに)()(はさ)まれたも同様(どうやう)だ。179(すつぽん)()まれたも同様(どうやう)だ、180千切(ちぎ)れる(ところ)まで(はな)すものか』
181ヤッコス『アイタタタタ、182これメート、183(おれ)(はな)したのだから、184貴様(きさま)(はな)して()れ』
185メート『(いた)むやうに()つぱつて()るのだ。186()宣伝使(せんでんし)命令(めいれい)(くだ)らないから命令(めいれい)(くだ)るまで、187がりぼし()()()つてやる』
188()(なが)引張(ひつぱ)る。189(その)(たび)(ごと)(ふな)(どろ)()うたやうに、190パクパクと歯並(はなみ)(わる)(くち)開閉(かいへい)して()る。
191伊太(いた)『オイ、192メート、193もうよい加減(かげん)(はな)してやれ、194此奴(こいつ)(わが)()()らずぢやない、195(みみ)()らずだから、196(ひと)(みみ)(すぐ)(ねら)ふのだ。197(みみ)ばかりかと(おも)へば睾丸(きんたま)(ねら)ひだ。198(みな)よく()をつけたらよからうぞ』
199メート『そんなら(はな)してやりませうか。200大分(だいぶ)(みみ)が、201伊太彦(いたひこ)さまだと()えますわい、202アハハハハハ』
203伊太(いた)(はた)()()もいたいたしい、204まア見直(みなほ)()(なほ)して(ゆる)してやるがよからう』
205メート『ヤッコスが(みみ)引張(ひつぱ)られ(かほ)しかめ
206ああ伊太彦(いたひこ)(すく)はれにける。
207伊太々々(いたいた)伊太彦(いたひこ)さまのお(なさけ)
208(まも)りて(みみ)(はな)(をし)さよ』
209(うた)(をは)つて(みみ)をパツと(はな)した。
210 ヤッコスの(みみ)はメートの(かた)(つめ)(ふか)這入(はい)()んだと()えて、211()をぼとりぼとりと()らしながら、212残念(ざんねん)さうにメートの横顔(よこがほ)()めつけて()る。
213伊太彦(いたひこ)『ヤッコスに(みみ)つかまれたダルさまは
214()(くち)(はな)(まで)ゆがめつるかも。
215渋面(じうめん)(つく)つて(なみだ)ぽろぽろと
216腮辺(しへん)にダルの(かほ)(あはれ)さ。
217(うしろ)から(ふた)つの(みみ)()()られ
218メート(はな)とをむけむけとする』
219メート『(この)(をとこ)メートの(たび)(おく)らむと
220(おも)矢先(やさき)伊太彦(いたひこ)(こゑ)
221伊太彦(いたひこ)(つる)一声(ひとこゑ)(こば)まれず
222無念(むねん)ながらも(みみ)(はな)しけり』
223ヤッコス『(ひと)(みみ)(つか)んで()ても(いた)くなし
224されどヤッコス(みみ)(いた)かり。
225神経(しんけい)(かよ)はぬ(みみ)(ちから)(かぎ)
226ダルを()けども(いた)くなかりし。
227(わが)(みみ)(ぬく)血潮(ちしほ)(かよ)つて()
228()かれた(とき)(みみ)(いた)さよ』
229 (みみ)喧嘩(けんくわ)(やうや)()んだ。230ダル、231ヤッコス両人(りやうにん)は、232不機嫌(ふきげん)(かほ)して(だま)()んで仕舞(しま)つた。233船頭(せんどう)のイールは、234(ひろ)湖原(うなばら)(かぜ)(さら)された流暢(りうちやう)(こゑ)(うた)()した。
235イール『ダルとヤッコス二人(ふたり)喧嘩(けんくわ)
236耳兎(みみづく)(うさぎ)のゆがみ()
237(なみ)はどんどん()()(きた)
238(みみ)鼓膜(こまく)をひびかせて
239()くも(おそ)ろしヤッコスの(たく)
240ばらすダルさまは面白(おもしろ)
241(いた)(いた)いと(たがひ)(みみ)
242()いて(くる)しむ(なみ)(うへ)
243(みみ)(いた)いよな小言(こごと)()いて
244(また)もや(いた)(ほど)(みみ)ひかれ
245()(はな)(くち)(みみ)眉毛(まゆげ)のおきば
246(なら)()てたる面黒(おもくろ)
247(かほ)はお(さる)(こころ)(おに)
248やがて(からす)婿(むこ)にとる
249(なが)船路(ふなぢ)(すべ)りて()けば
250(ふね)(うち)にもおとし(あな)
251(ひと)(おとし)自分(じぶん)(のぞ)
252(たて)(よこ)との悪企(わるだく)
253百里(ひやくり)二百里(にひやくり)(とほ)くはないが
254(かみ)御国(みくに)(ちか)くない
255西(にし)照国(てるくに)(ひがし)木国(きくに)
256(きた)はテルモン(みなみ)はイヅミ
257(なか)(ただよ)ふキヨの(うみ)
258(うた)(なが)ら、259()(かへ)るやうな、260(あつ)(なみ)()けて()く。
261大正一二・三・二九 旧二・一三 於皆生温泉浜屋 加藤明子録)