霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一五章 哀別(あいべつ)〔一四九〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第58巻 真善美愛 酉の巻 篇:第3篇 千波万波 よみ:せんぱばんぱ
章:第15章 第58巻 よみ:あいべつ 通し章番号:1490
口述日:1923(大正12)年03月29日(旧02月13日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5815
愛善世界社版:178頁 八幡書店版:第10輯 434頁 修補版: 校定版:190頁 普及版:71頁 初版: ページ備考:
001 玉国別(たまくにわけ)一行(いつかう)初稚丸(はつわかまる)猩々島(しやうじやうじま)磯辺(いそべ)につけ、002よくよく()れば、003(すぐ)れて(だい)なる猩々(しやうじやう)が、004人間(にんげん)とも(さる)とも()れぬ()()いて()る。005(そば)(ひげ)むしやむしやと()えた、006人間(にんげん)(さる)(わか)らぬ人間(にんげん)一人(ひとり)()つて()る。007伊太彦(いたひこ)(その)(をとこ)(むか)つて、
008伊太(いた)『オイ其処(そこ)()つて()るのは人間(にんげん)か、009人間(にんげん)ならものを()つて()れ』
010 バーチルは三年振(さんねんぶ)りで人間(にんげん)(かほ)()011人間(にんげん)(こゑ)()いて、012(なつか)しさ(うれ)しさに、013(なみだ)をハラハラと(なが)した。014そして、
015バーチル『ハイ(わたくし)人間(にんげん)です。016どうか(たす)けて(くだ)さい、017三年(さんねん)以前(いぜん)(この)(しま)漂着(へうちやく)し、018()(とほ)猩々(しやうじやう)(むれ)一緒(いつしよ)(さび)しい生活(せいくわつ)(おく)つて()りました』
019伊太(いた)『ヤア、020そいつは奇妙(きめう)(はなし)だ、021(ふか)様子(やうす)があるだらう。022()(かく)023とつくりと()かして(もら)はう。024もし先生(せんせい)025こいつは(ひと)上陸(じやうりく)して()ませう。026ひよつとしたら宝石(はうせき)(しま)かも()れませぬぞや』
027玉国(たまくに)『ウン、028()(かく)上陸(じやうりく)して、029様子(やうす)(さぐ)つて()よう。030サア(みな)さま一同(いちどう)上陸(じやうりく)しなさい』
031()(なが)ら、032ポイと()んで磯辺(いそばた)(くだ)つた。033(つづ)いて一同(いちどう)船頭(せんどう)(のこ)したまま、034(みな)好奇心(かうきしん)にかられて(あが)つて()た。035猩々(しやうじやう)沢山(たくさん)凛々(りり)しい(をとこ)がやつて()たので、036(やや)怯気(おぢけ)(しやう)じ、037猩々(しやうじやう)(わう)()()いて七八間(しちはちけん)(あと)退(しりぞ)き、038(くび)(かた)げて様子(やうす)(かんが)へて()る。039沢山(たくさん)小猿(こざる)一緒(いつしよ)(あつ)まつてキャキャ()(なが)(またた)きもせず、040(みつ)めて()る。
041玉国(たまくに)『アア、042(まへ)さまはどこの(ひと)ですか。043どうしてまアこんな(はな)(じま)猩々(しやうじやう)なんかと同棲(どうせい)して()たのです。044一通(ひととほ)(はな)して()(くだ)さい。045(わたし)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)046(ひと)(たす)けるのが(やく)です。047(けつ)して御案(おあん)じなさるやうな人間(にんげん)ぢや(ござ)いませぬ。048安心(あんしん)してお(はなし)(ねが)ひます』
049バーチル『ハイ、050有難(ありがた)(ござ)います。051(わたくし)はイヅミの(くに)052スマの(さと)首陀(しゆだ)で、053バーチルと(まを)百姓(ひやくしやう)(ござ)いますが、054大変(たいへん)(れふ)()きな(ところ)より、055()模様(もやう)(うみ)(をか)して(しもべ)(とも)三年(さんねん)以前(いぜん)湖中(こちう)(とほ)(すなどり)をやつて()りますと、056(にはか)暴風(しけ)()船体(せんたい)(なみ)にのまれ、057(わたくし)はお(かげ)(この)(しま)につき、058猩々(しやうじやう)(わう)(たす)けられ今日(けふ)(まで)(いのち)(たも)つて(まゐ)りました。059(さぞ)国元(くにもと)には女房(にようばう)心配(しんぱい)して()(こと)(ござ)いませう。060何卒(どうぞ)(たす)けをお(ねが)(いた)します』
061玉国(たまくに)成程(なるほど)それは御難儀(ごなんぎ)でしたらう。062もう()うなる(うへ)御心配(ごしんぱい)なさるな。063(この)(ふね)貴方(あなた)(すく)ふて(かへ)りませう』
064バーチル『ハイ、065何分(なにぶん)宜敷(よろし)くお(ねが)(まをし)ます。066三年(さんねん)以来(いらい)(この)(しま)猩々(しやうじやう)(たす)けられ食物(しよくもつ)不自由(ふじゆう)(いた)しませぬが、067(なに)()ふても相手(あひて)畜生(ちくしやう)(こと)068言葉(ことば)(つう)じないので(こま)りました』
069 かく(はな)(をり)070猩々(しやうじやう)(わう)(あか)(ばう)()いて(その)()(あら)はれ(きた)り、071()(ゆびさ)しては(わか)らぬ(こと)をキャキャと(さけ)んで()る。072伊太彦(いたひこ)はつくづくと(その)()()て、
073伊太(いた)『アア(この)()人間(にんげん)(さる)との混血児(あひのこ)ぢやな。074ハハア(めう)(こと)があるものだ。075()しバーチルさま、076こりやお(まへ)さまと猩々(しやうじやう)さまとの(なか)出来(でき)(かすがひ)ぢやなからうなア』
077バーチル『ハイ、078(じつ)にお(はづ)かしい(こと)(ござ)いますが、079あの猩々(しやうじやう)(わう)夫婦(ふうふ)になつたお(かげ)で、080今日(けふ)(まで)(いのち)(たも)てたので(ござ)います。081因果(いんぐわ)(たね)宿(やど)つてあのやうな()出来(でき)ました。082(じつ)(こま)つたもので(ござ)います。083畜生(ちくしやう)(はら)出来(でき)たとは()(なが)(わたくし)(じつ)未練(みれん)(のこ)ります。084(しか)しあんなものを()れて(かへ)(わけ)にも(まゐ)りませず、085(また)猩々(しやうじやう)女房(にようばう)()れて(かへ)(わけ)にも(まゐ)りませぬ。086(じつ)畜生(ちくしやう)()ひながら親切(しんせつ)なもので(ござ)います。087(くに)(かへ)りたいは山々(やまやま)(ござ)いますが、088()()へばお(わら)ひなさるか()れませぬが、089(じつ)にあの猩々(しやうじやう)可愛(かあい)さうです』
090玉国(たまくに)(じつ)にお(さつ)(まを)します。091こりや可愛(かあい)さうな(こと)だ。092バーチルさまを()れて(かへ)れば(いへ)(おく)さまはお(よろこ)びなさるだらうが、093第二夫人(だいにふじん)猩々姫(しやうじやうひめ)(こころ)(さつ)せらるる。094(なん)とかして()れて(かへ)(わけ)には(まゐ)りますまいかな』
095バーチル『ハイ有難(ありがた)(ござ)いますが、096(しか)猩々(しやうじやう)(けつ)して(この)(しま)(はな)れは(いた)しませぬ。097あれだけ沢山(たくさん)猩々(しやうじやう)が、098時々(ときどき)(あら)はれる大蛇(をろち)にも()まれず、099ああして()るのはあの(わう)があるからで(ござ)います。100あの猩々(しやうじやう)()れて(かへ)れば眷族(けんぞく)見殺(みごろし)にせねばなりませぬ。101(また)猩々(しやうじやう)自分(じぶん)眷族(けんぞく)見殺(みごろし)にして吾々(われわれ)()いては(まゐ)りますまい、102(じつ)(なさけ)(ぶか)動物(どうぶつ)ですから』
103伊太(いた)三年(さんねん)畜生(ちくしやう)とは()(なが)夫婦(ふうふ)となつて(くら)して()たとすれば、104さうも未練(みれん)(のこ)るものかな。105アアてもさても人間(にんげん)心理状態(しんりじやうたい)()ふものは(わか)らぬものだなア』
106玉国(たまくに)人間(にんげん)であらうが(けだもの)であらうが、107(けつ)して愛情(あいじやう)(かは)りはない。108(まし)人間(にんげん)()(やつ)(すこ)しく()()はねば女房(にようばう)()()したり、109(をつと)()てたりするものだが、110畜生(ちくしやう)(その)(てん)になれば(えら)いものだ。111(そら)()(とり)さへも一方(いつぱう)(ひと)()られるとか、112(また)()んで仕舞(しま)ふとかすれば、113(かり)にも二度目(にどめ)(をす)()つたり、114(めす)()つたりしないものだ。115これを(おも)へば、116人間(にんげん)(とり)(けだもの)(おと)つて()るやうだ』
117伊太(いた)成程(なるほど)感心(かんしん)なものですな。118これ三千彦(みちひこ)さま、119(まへ)さまも(いま)先生(せんせい)のお(はなし)(はら)()れて、120(けつ)してデビス(ひめ)()したりしてはなりませぬぞや。121(また)仮令(たとへ)(おく)さまが()くなつても、122二度目(にどめ)(おく)さまは()たないやうになさいませ。123(おく)さまも(おく)さまですよ、124どんな(こと)があつても(けつ)して二度目(にどめ)(をつと)()つたり、125(しり)をふつてはなりませぬぞや』
126三千(みち)『ハハハ。127(なに)から(なに)(まで)有難(ありがた)(ござ)います。128(けつ)して(おほせ)(そむ)くやうな(こと)(いた)しませぬから、129御安心(ごあんしん)(くだ)さいませ』
130伊太(いた)本当(ほんたう)だよ、131(けつ)して伊太彦(いたひこ)(はなし)(かる)()いてはなりませぬぞや。132いやもう、133(いま)(はなし)(じつ)(なみだ)(こぼ)れました』
134玉国(たまくに)『どうも、135何時(いつ)(まで)(くや)んで()(ところ)仕方(しかた)がない、136()(かく)バーチルさま(この)(ふね)にお()りなさい。137一先(ひとま)(かへ)つて(おく)さまに安心(あんしん)させたが(よろ)しからう』
138バーチル『ハイ、139有難(ありがた)(ござ)います。140何卒(どうぞ)(よろ)しく(ねが)ひます』
141 子猿(こざる)はキャッキャッと()(なが)ら、142追々(おひおひ)(ちか)よつて()る。143バラモン(ぐみ)のヤッコス、144ハール、145サボールの三人(さんにん)小猿(こざる)(むれ)面白(おもしろ)がつて()つかけ(なが)ら、146()(まは)つて()る。147(その)(あひだ)(ふね)三人(さんにん)(のこ)して、148磯辺(いそばた)七八間(しちはちけん)(ばか)(はな)れた。149猩々(しやうじやう)(わう)悲鳴(ひめい)()げて磯辺(いそばた)(たたず)み、150(あか)(ばう)をつき()し、151バーチルの(かほ)(なが)めて(なみだ)をハラハラと(なが)し、152(くち)には()はねど、153(この)()貴方(あなた)154可愛(かあい)(ござ)いませぬか。155(つま)見捨(みす)てて(かへ)るとは惨酷(ざんこく)では(ござ)いませぬか』との表情(へうじやう)(しめ)し、156地団駄(ぢだんだ)()んで()る。157時々(ときどき)小猿(こざる)(また)から()()(さま)()せて脅喝(けふかつ)(こころ)みた。158(しか)一同(いちどう)(こころ)(おに)にして、159()むを()今日(けふ)場合(ばあひ)(ふね)()(はじ)めた。160猩々王(しやうじやうわう)は、161()()自分(じぶん)()(のど)()めて(ころ)し、162自分(じぶん)藤蔓(ふぢかづら)(おも)(いし)(くく)りつけ、163ドンブと(ばか)海中(かいちう)()(とう)じて仕舞(しま)つた。
164 (この)惨状(さんじやう)()て、165玉国別(たまくにわけ)一行(いつかう)悲歎(ひたん)(なみだ)()れた。166ヤッコス、167ハール、168サボールの三人(さんにん)(ふね)()たのを()(おどろ)磯辺(いそばた)(あわ)ただしく()(きた)り、
169三人(さんにん)『オーイ オーイ()つた()つた、170俺達(おれたち)三人(さんにん)此処(ここ)(のこ)つて()るぢやないか。171(その)(ふね)(かへ)せ』
172地団駄(ぢだんだ)()んで(さけ)んで()る。173メート、174ダルの二人(ふたり)は、175舷頭(げんとう)()(めう)恰好(かつかう)して(あご)をしやくり、176幾度(いくたび)となく拳骨(げんこつ)(くう)()(なが)ら、
177『イヒヒヒ、178ウフフフ。179オーイ三人(さんにん)悪人(あくにん)()180貴様(きさま)はキヨの(みなと)俺達(おれたち)一同(いちどう)捕縛(ほばく)する計略(けいりやく)をやつて()るやうだが、181そんな(こと)はちやんと三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)御存(ごぞん)じだ。182(それ)だから貴様(きさま)()三人(さんにん)此処(ここ)()()りにしてお(かへ)(あそ)ばすのだ。183まア猿島(さるじま)(わう)となり、184(さる)夫婦(めをと)となり子孫(しそん)繁栄(はんゑい)(みち)(かう)じたらよからう。185アバヨ、186()(どく)(さま)187御悠(ごゆつく)りと、188左様(さやう)なら』
189所有(あらゆる)嘲笑(てうせう)をなし、190三人(さんにん)磯辺(いそばた)()つて()るのに素知(そし)らぬ(かほ)をしながら、191(をり)から()()る、192微風(びふう)()()げて西南(せいなん)(はう)さして(すべ)()く。
193 船頭(せんどう)()をゆるやかに(あやつ)(なが)(すず)しい(こゑ)(うた)()した。
194船頭(せんどう)『ヤンサモンサで(おき)()(ふね)
195女郎(ぢよらう)(まね)けば()んと(いそ)による、
196ヤンサ、女郎(ぢよらう)(まね)くとも
197(いそ)にども()るな
198ナント女郎(ぢよらう)化物(ばけもの)昼狐(ひるぎつね)
199ヤンサヨー
200泥坊(どろばう)泥坊(どろばう)三人連(さんにんづれ)
201(こゑ)()らして(まね)くとも
202ヤンサー、(いそ)には()るな
203彼奴(あいつ)盗人(ぬすびと)昼狐(ひるぎつね)
204キヨの(みなと)についたなら
205ヤンサー、エンサー
206ヤンヤーノヤー
207目付(めつけ)奴等(やつら)(しめ)()
208数百(すうひやく)手下(てした)()()れて
209ヤンサー コレワイサー
210玉国別(たまくにわけ)宣伝使(せんでんし)
211(その)(ほか)一同(いちどう)生神(いきがみ)
212一網打尽(いちまうだじん)にして()りよと
213手具脛(てぐすね)()いて()つて()
214(その)()()つて(たま)らうか
215ヤンサ、エーンサーノ
216エンヤラヤー
217猩々(しやうじやう)(しま)にと蟄居(ちつきよ)して
218猩々姫(しやうじやうひめ)をば(よめ)()
219結構(けつこう)()だらけ()()んで
220キヤツキヤツと()いて(くら)しやんせ
221これが(この)()懲戒(みせしめ)
222ほんにお(まへ)(えら)(やつ)
223猩々(しやうじやう)(しま)(わう)となり
224治外法権(ちぐわいはふけん)生涯(しやうがい)
225(おく)らしやんせよいつ(まで)
226これもお(まへ)さまの()(さび)
227折角(せつかく)(いのち)(たす)けられ
228ヤンサ、エンサ
229エンヤラサー
230(こころ)(そこ)悪企(わるだく)
231それを(さと)つた宣伝使(せんでんし)
232(おれ)()もすつかり()つて()
233ほんに貴様(きさま)()(どく)ぢや
234(つき)()()涼風(すずかぜ)()
235(なみ)(しづか)にさやさやと
236面白(おもしろ)おかしく(いさぎよ)
237キヨの(みなと)にや()かないで
238イヅミの(くに)のスマの(うら)
239バラモン(けう)目付(めつけ)()
240(はな)をあかして
241吃驚(びつくり)さしてやらう
242エンサ、エンサノ
243エンヤラヤー』
244()をふり(あし)をふり三人(さんにん)嘲弄(てうろう)(なが)ら、245追々(おひおひ)(しま)(とほ)ざかり()く。
246バーチル『久方(ひさかた)天津御空(あまつみそら)(すく)(がみ)
247天降(あもり)ましたる今日(けふ)(うれ)しき。
248さりながら三年(みとせ)(あひだ)(わが)(つま)
249(いつくしみ)たる(ひめ)こそ(あは)れ。
250猩々(しやうじやう)(ひめ)宿(やど)りし(わが)(たね)
251見殺(みごろし)にする(こころ)(くる)しさ。
252(つま)となり(をつと)となるも(さき)()
253(ふか)(えにし)白浪(しらなみ)(うへ)
254白浪(しらなみ)(うへ)()(わた)(この)(ふね)
255(もも)(あは)れを()せて(はし)れる。
256()(ひと)もなき荒島(あらしま)(のこ)されし
257三人男(みたりをとこ)(こころ)しのばゆ。
258村肝(むらきも)(こころ)(おに)にせめられて
259かく(あさ)ましき()とぞなりしか』
260真純彦(ますみひこ)大空(おほぞら)(みづ)(そこ)ひもすみ(わた)
261さはさり(なが)(こころ)(かな)しき。
262猩々(しやうじやう)(あはれ)最後(さいご)()るにつけ
263(こら)()ねたる(わが)(なみだ)かな』
264メート『三人(さんにん)悪漢(わるもの)どもを(しま)におき
265(かへ)りて()かむ(われ)(うれ)しき。
266ヤッコスは(さぞ)今頃(いまごろ)磯辺(いそばた)
267(わが)(ふね)(なが)()きくづれ()む』
268ダル『何事(なにごと)(こころ)(つみ)()きし(たね)
269猩々(しやうじやう)(しま)()えしなるらむ。
270少々(せうせう)(あやま)ちなれば()(かく)
271(そら)(おそ)ろしき曲神(まがかみ)(つみ)
272三千彦(みちひこ)(かな)しさは(なみだ)(つぼ)三千彦(みちひこ)
273()むすべもなき今日(けふ)(あは)れさ』
274デビス(ひめ)三柱(みはしら)(しこ)(つかさ)皇神(すめかみ)
275(あつ)(まも)りに(やす)()むらむ』
276玉国別(たまくにわけ)『スマの(うら)(なみ)()(ぎは)につきし(うへ)
277態人(わざびと)をもて(むか)(たす)けむ』
278(おのおの)述懐(じゆつくわい)()(なが)ら、279潮流(てうりう)()つて湖上(こじやう)(みぎ)(ひだり)(すべ)()く。280(はる)前方(ぜんぱう)(あた)つて(かすみ)のやうに(うか)びたる(ちひ)さき島影(しまかげ)()についた。281イールは目敏(めざと)(これ)()て、
282イール『ああ仕舞(しま)つた、283たうとう()(うみ)(ふね)(なが)()みました。284あれへ(まは)れば三四十里(さんしじふり)(まは)(みち)(ござ)いますが、285この(みづうみ)はもうあの潮流(てうりう)()つたが最後(さいご)286方向(はうかう)(てん)ずる(こと)出来(でき)ませぬ。287(しか)(なが)暗礁(あんせう)のない(かぎ)滅多(めつた)危険(きけん)(こと)(ござ)いませぬ。288(みな)さま御安心(ごあんしん)(くだ)さいませ。289スマの(みなと)()かうと(おも)へば余程(よほど)(まは)りですが、290これも()(ゆき)だと(あきら)めて(くだ)さい』
291玉国(たまくに)(なに)かの神様(かみさま)御都合(ごつがふ)だらう。292(なみ)のまにまに(まか)して、293充分(じゆうぶん)()をつけてやつて()れ。294(また)大変(たいへん)獲物(えもの)があるかも()れないから』
295イール『ハイ、296有難(ありがた)う、297それで(わたし)安心(あんしん)(いた)しました』
298鉢巻(はちまき)をしながら、299八人(はちにん)水夫(かこ)指揮(しき)し、300一生懸命(いつしやうけんめい)301真裸体(まつぱだか)となつて()(はじ)めた。302(ふね)蜒々(えんえん)として(なみ)のまにまに(ただよ)()く。
303大正一二・三・二九 旧二・一三 於皆生温泉浜屋 加藤明子録)