霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

(じよ)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第59巻 真善美愛 戌の巻 篇:前付 よみ:
章: よみ:じょ 通し章番号:
口述日:1923(大正12)年04月01日(旧02月16日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年7月8日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第10輯 483頁 修補版: 校定版:前付 1頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 天気(てんき)清朗(せいらう)一点(いつてん)(そら)には雲影(うんえい)()002日本(にほん)最初(さいしよ)山嶺(さんれい)(とな)へられたる伯耆大山(はうきだいせん)は、003白雪(はくせつ)頭巾(づきん)(いただ)高麗山(からやま)(あつ)して(そび)()ち、004神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)005八岐大蛇(やまたをろち)憑依(ひようい)せる印度(ツキ)(くに)ハルナの(みやこ)暴威(ばうゐ)(ふる)ひて、006天下(てんか)体主霊従的(たいしゆれいじうてき)混乱(こんらん)せしめつつありしその曲業(まがわざ)悔悟(くわいご)せしめ、007地上(ちじやう)天国(てんごく)建設(けんせつ)せむと、008数多(あまた)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)派遣(はけん)009(いづ)言霊(ことたま)(もつ)言向和(ことむけやは)さむと()たまひし(とき)010大黒主(おほくろぬし)(かぜ)(くら)つて印度(ツキ)(みやこ)九十五種(くじふごしゆ)外道(げだう)引率(いんそつ)し、011(とほ)(うみ)(わた)りて淤能碁呂嶋(おのころじま)(かなめ)なるこの大山(だいせん)姿(すがた)(かく)し、012暴風雨(ばうふうう)(おこ)妖邪(えうじや)()放射(はうしや)して人畜(じんちく)(くる)しめたるを、013大神(おほかみ)(みづか)数多(あまた)天使(てんし)宣伝使(せんでんし)(ひき)ゐて(やす)(きた)りまし、014天下(てんか)災害(さいがい)(のぞ)き、015(あめ)叢雲(むらくも)(つるぎ)()016(これ)高天原(たかあまはら)()します天照大御神(あまてらすおほみかみ)(たてまつ)り、017清浄(せいじやう)無垢(むく)大精神(だいせいしん)018大神(おほかみ)(ならび)天神(てんじん)地祇(ちぎ)八百万神(やほよろづのかみ)(およ)天下万民(てんかばんみん)(まへ)(あら)はし(たま)ひし019霊界物語(れいかいものがたり)()つて(もつと)由緒(ゆいしよ)(ふか)神山(しんざん)朝夕(てうせき)()ちながめ、020ノアの方舟(はこぶね)なす口述台(こうじゆつだい)(よこた)はりつつ、021四月(しぐわつ)一日(いちじつ)より本日(ほんじつ)正午(しやうご)にかけ、022真善美愛(しんぜんびあい)(いぬ)(まき)五十九巻(ごじふくくわん))を編著(へんちよ)(をは)りたり。
023 白砂(はくしや)青松(せいしよう)海岸(かいがん)四五(しご)信徒(しんと)(とも)逍遥(せうえう)しつつ、024松露(しようろ)(たま)(ひろ)(ひろ)ひホテルの二階(にかい)(かへ)り、025大山(だいせん)霊峯(れいほう)差向(さしむか)026(たがひ)黙々(もくもく)として(にら)()ひつつ(したた)(をは)りぬ。
027   大正十二年四月三日
0271皆生(かいけ)温泉