霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三章 蜜議(みつぎ)〔一五〇三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第59巻 真善美愛 戌の巻 篇:第1篇 毀誉の雲翳 よみ:きよのうんえい
章:第3章 第59巻 よみ:みつぎ 通し章番号:1503
口述日:1923(大正12)年04月01日(旧02月16日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年7月8日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5903
愛善世界社版: 八幡書店版:第10輯 499頁 修補版: 校定版:44頁 普及版: 初版: ページ備考:
001三五教(あななひけう)生神(いきがみ)
002(その)()(たか)宣伝使(せんでんし)
003初稚姫(はつわかひめ)神司(かむつかさ)
004玉国別(たまくにわけ)一行(いつかう)
005危難(きなん)(すく)(まも)らむと
006猛犬(まうけん)スマート引連(ひきつ)れて
007キヨの(みづうみ)()(わた)
008バラモン(ぐん)関守(せきもり)
009チルテル(やかた)()ちよりて
010いと(うるは)しき(はな)()
011一絃琴(いちげんきん)(だん)じつつ
012(かみ)()さしの神業(かむわざ)
013(こころ)(つく)()(くだ)
014(つか)(たま)ふぞ(かしこ)けれ
015これの関所(せきしよ)(あづ)かりし
016チルテル(つかさ)初稚姫(はつわかひめ)
017(うづ)容姿(ようし)(たま)()かれ
018(つま)ある()をも(かへりみ)
019家敷(やしき)(うち)(とど)()
020(とき)(うかが)(この)(ひめ)
021(わが)()(した)(とき)()
022(こひ)野望(やばう)(たつ)せむと
023一絃琴(いちげんきん)(あた)へおき
024(しづか)一室(ひとま)(かく)しけり
025初稚姫(はつわかひめ)宣伝使(せんでんし)
026チルテル(つかさ)()ふがまま
027(はな)れの一間(ひとま)()(こも)
028(こころ)(ひそか)神言(かみごと)
029(とな)()げつつコードをば
030(だん)じて(うさ)(なぐさ)めつ
031(とき)(いた)るを()(たま)
032チルナの(ひめ)(わが)(つま)
033(こころ)(そこ)をはかり()
034悋気(りんき)(ほのほ)()やしつつ
035カンナ、ヘールの両人(りやうにん)
036(ひそ)かに(ちか)()びつけて
037(こころ)(たけ)()(あか)
038二人(ふたり)(をとこ)謀計(はかりごと)
039(さづ)けて(ひめ)(やかた)より
040放逐(はうちく)せむと(たく)らみつ
041(こころ)(くば)るぞいぢらしき
042カンナ、ヘールの両人(りやうにん)
043(こひ)(やつこ)となり()てて
044(ひめ)(やかた)(そば)(ちか)
045(すす)みて(あや)しき(うた)(うた)
046(をど)りつ()ひつ恋衣(こひぎぬ)
047青葉(あをば)(かぜ)(ひるがへ)
048(ここ)先途(せんど)()(くる)
049初稚姫(はつわかひめ)(まど)()
050サツと(ひら)きて(には)(おも)
051(なが)(たま)へば(いぶ)かしや
052チュウリック姿(すがた)両人(りやうにん)
053(こひ)(くる)うた(やぶ)(うた)
054面白(おもしろ)可笑(をか)しく(うた)ひつつ
055(かほ)(あか)らめて(なが)()
056初稚姫(はつわかひめ)(こゑ)をかけ
057二人(ふたり)(をとこ)()()れて
058()づから茶菓(さくわ)()(いだ)
059いと(ねもごろ)にあしらへば
060(あん)相違(さうゐ)両人(りやうにん)
061(めじり)をさげて(よだれ)()
062願望成就(ぐわんまうじやうじゆ)(とき)()ぬと
063(むね)(とどろ)かす可笑(をか)しさよ
064初稚姫(はつわかひめ)神司(かむつかさ)
065(こころ)(たま)もピカピカと
066(かがや)(たま)へば両人(りやうにん)
067()()(すべ)荒男(あらをとこ)
068ビリビリ(からだ)(ふる)はせて
069他人(たにん)(いへ)から()つて()
070(ちん)(ねこ)かと()ふやうな
071塩梅式(あんばいしき)(かしこ)まり
072(かほ)(あか)らめ(ひか)()る。
073初稚(はつわか)貴方(あなた)のチュウリックを(うかが)ひますれば074リュウチナントさまにユゥンケル(さま)のやうで(ござ)いますが、075(なん)凛々(りり)しい、076(をとこ)らしいお姿(すがた)(ござ)いますなア。077男子(だんし)はどうしても軍人(ぐんじん)(かぎ)ります。078(はな)()もある武士(もののふ)は、079文学(ぶんがく)にも通達(つうだつ)して()るもので(ござ)いますが、080唯今(ただいま)(うけたま)はれば、081貴方(あなた)(がた)文武両道(ぶんぶりやうだう)達人(たつじん)082(まこと)感心(かんしん)(いた)しました』
083カンナ『ヘエ、084滅相(めつさう)な。085さうお()めを(いただ)きましては(おそ)()ります。086(わたし)一介(いつかい)武弁(ぶべん)087文学趣味(ぶんがくしゆみ)一向(いつかう)()ちませぬ。088無味乾燥(むみかんさう)代物(しろもの)(ござ)いますよ』
089初稚(はつわか)『イヤどうしてどうして、090あれだけのお(うた)即席(そくせき)にお()めになるのは、091余程(よほど)文学(ぶんがく)素養(そやう)がなくては出来(でき)(わざ)ぢや(ござ)いませぬ。092貴方(あなた)(いま)軍人(ぐんじん)になつていらつしやいますが、093文科大学(ぶんくわだいがく)でも優等(いうとう)卒業(そつげふ)なさつたお(かた)(ござ)いませうねえ』
094カンナ『イヤ(おそ)()ります。095(じつ)赤門出(あかもんで)(ござ)いますが、096(かげ)銀時計(ぎんどけい)頂戴(ちやうだい)(いた)しま……せなんだ。097アハヽヽヽ』
098ヘール『拙者(せつしや)こそ、099文科大学(ぶんくわだいがく)出身(しゆつしん)のチヤキチヤキで(ござ)います。100随分(ずいぶん)(わたくし)経歴(けいれき)波瀾重畳(はらんちようでう)101(じつ)惨澹(さんたん)たる歴史(れきし)()むで()ります。102到底(たうてい)カンナ(くん)(ごと)きは(そば)へも()れないでせう』
103初稚(はつわか)『どうか(ひと)貴方(あなた)面白(おもしろ)来歴(らいれき)や、104(また)今後(こんご)御方針(ごはうしん)(とつく)()かして(いただ)()いもので(ござ)いますな』
105 ヘールは(ここ)ぞと()はぬ(ばか)り、106一歩(ひとあし)二歩(ふたあし)蹂寄(にじりよ)り、107自分(じぶん)文科大学(ぶんくわだいがく)出身(しゆつしん)だと(この)ナイスの(まへ)()つたのだから、108(ここ)でこそ文学者振(ぶんがくしやぶ)りを発揮(はつき)し、109流暢(りうちよう)()によりて自分(じぶん)来歴(らいれき)()べ、110(ひめ)(こころ)感動(かんどう)させ、111自分(じぶん)文才(ぶんさい)敬慕(けいぼ)せしむるが第一(だいいち)上手段(じやうしゆだん)心得(こころえ)112()白黒(しろくろ)させ(なが)(うた)(もつ)()来歴(らいれき)()(はじ)めた。
113ヘール『太陽(たいやう)天地開闢(てんちかいびやく)(むかし)より
114東天(とうてん)(かす)めて(のぼ)
115日々(ひび)西天(せいてん)()
116()西天(せいてん)(ぼつ)して
117(たちま)暗黒(あんこく)(やみ)(きた)
118(つき)(たちま)西天(せいてん)姿(すがた)(あら)はし
119照々(せうせう)として(てん)(ちう)
120(つき)()(からす)()いて(また)太陽(たいやう)東天(とうてん)(あら)はる
121満天(まんてん)星光(せいくわう)一時(いちじ)(かげ)(かく)
122銀河(ぎんが)東西(とうざい)(あら)はれ(あるひ)南北(なんぼく)(なが)
123(てん)蒼々(さうさう)として際限(さいげん)なく
124()浩々(こうこう)として窮極(きうきよく)する(ところ)なし
125(われ)天地(てんち)精気(せいき)()けて
126満目湘々(まんもくしやうしやう)たる世界(せかい)(せい)()
127嗚呼(ああ)(ひと)万物(ばんぶつ)霊長(れいちやう)天地(てんち)(はな)
128(たちま)(ちやう)じて(ひと)となり
129ハルナの(みやこ)(きふ)()ひて(のぼ)
130文明開化(ぶんめいかいくわ)空気(くうき)呼吸(こきふ)
131文科大学(ぶんくわだいがく)(もん)出入(しゆつにふ)
132優秀(いうしう)(ほまれ)(にな)ふて郷関(きやうくわん)(にしき)(かざ)
133(とき)しもあれバラモン(ぐん)大元帥(だいげんすゐ)
134大黒主(おほくろぬし)(かみ)神意(しんい)によつて
135人生(じんせい)最勝(さいしよう)最貴(さいき)軍人(ぐんじん)となり
136(あした)(つき)()(ゆふべ)(ほし)(いただ)きて軍務(ぐんむ)鞅掌(おうしやう)
137(あるひ)河海(かかい)(わた)浩然(こうぜん)()(やしな)ふて神軍(しんぐん)(したが)
138長駆千里(ちやうくせんり)イヅミの(くに)
139(やうや)くつきしキヨの(みなと)
140()(なか)下級武官(かきふぶくわん)(はし)
141前途(ぜんと)洋々(やうやう)として(きは)まりなく
142登竜(とうりう)(のぞ)みあり
143(われ)(いま)(ここ)(ひつ)(とど)めて生霊(せいれい)愛護(あいご)
144窈窕嬋妍(ようてうせんけん)たる美人(びじん)(てん)より(くだ)つて(この)(やかた)()
145(いづく)んぞ()らむ意中(いちう)(ひと)
146(わが)眼前(がんぜん)顕現(けんげん)
147人間(にんげん)万事(ばんじ)塞翁(さいおう)(うま)
148小官(せうくわん)(あに)(かろ)んずべけむや
149(ねが)はくは(わが)肚裡(とり)(つつ)める
150雄図(ゆうと)看取(かんしゆ)したまひて
151鴛鴦(ゑんあう)(ちぎり)(むす)ばせたまはむ(こと)
152バラモン神明(しんめい)(まへ)拝跪(はいき)して
153帰命頂礼(きめうちやうらい)祈願(きぐわん)(たてまつ)る』
154初稚(はつわか)『オホヽヽヽ。155(さすが)文科大学(ぶんくわだいがく)出身(しゆつしん)(だけ)あつて、156どこともなしに余韻(よゐん)嫋々(じやうじやう)たる詩歌(しか)(ござ)います。157(わらは)文学(ぶんがく)大変(たいへん)()きで(ござ)います。158本当(ほんたう)春陽(しゆんやう)()(ただよ)ひますなア』
159ヘール『エヘヽヽヽ。160イヤもうお(はづ)かしう(ござ)います。161イヤ、162カンナ(くん)163リュウチナント殿(どの)164(きみ)(ひと)脳髄(なうずゐ)(そこ)をたたいて、165(ここ)(ひと)(ひめ)(さま)御清聴(ごせいちやう)(わづら)はしたらどうだ』
166カンナ『(ひめ)(さま)167これから(わたくし)が、168(すこ)(ばか)詩吟(しぎん)をやります。169何卒(どうぞ)審判(しんぱん)貴女(あなた)にお(ねが)(いた)します』
170初稚(はつわか)『ハイ、171左様(さやう)ならば、172(わたくし)臨時審判長(りんじしんぱんちやう)となつて(うかが)ひませう。173(さだ)めて優秀(いうしう)詩歌(しか)()かれる(こと)だと、174(いま)から期待(きたい)して()ります』
175カンナ『(しか)らば御免(ごめん)(かうむ)つて一首(いつしゆ)(ぎん)じて()ませう。176オイ、177ヘールさま、178(しつか)()いて()れたまへ』
179カンナ『()()(くも)(あめ)()
180(つき)()()()(ひか)
181大空(おほぞら)(わた)()(かげ)
182(つき)姿(すがた)(いま)此処(ここ)
183()れます(ひめ)(くら)ぶれば
184比例(たとへ)にならぬ心地(ここち)する
185(この)(ひめ)(さま)顔色(かんばせ)
186()()(かみ)御姿(おんすがた)
187(こころ)(そこ)瑞御霊(みづみたま)
188三五(さんご)(つき)()(わた)
189御頭(おかしら)()ればキラキラと
190(ほし)(ごと)くに宝玉(はうぎよく)
191(かがや)(わた)(あざや)かさ
192(ひと)天地(てんち)御霊物(みたまもの)
193宇宙(うちう)縮図(しゆくづ)()きつれど
194(いま)(まで)名実(めいじつ)相叶(あひかな)
195縮図(しゆくづ)(なが)めた(こと)はない
196初稚姫(はつわかひめ)御姿(おんすがた)
197天津御国(あまつみくに)天人(てんにん)
198(ただ)しは竜宮(りうぐう)乙姫(おとひめ)
199(からだ)一面(いちめん)ピカピカと
200内部(ないぶ)外部(ぐわいぶ)(へだ)てなく
201(かがや)きたまふ水晶玉(すゐしやうだま)
202金銀(きんぎん)瑪瑙(めなう)玻璃(はり)珊瑚(さんご)
203瑠璃(るり)(いろ)なす御頭(おんつむり)
204硨磲(しやこ)(かふがひ)かざしつつ
205イヅミの(くに)(あら)はれて
206これの(やかた)(くだ)りまし
207衆生済度(しゆじやうさいど)御誓(おんちか)
208三十三相(さんじふさんさう)(そな)はりし
209観音(くわんおん)勢至(せいし)妙音菩薩(めうおんぼさつ)
210(いま)()(あた)()(をが)
211(こころ)(やみ)もスクスクと
212()(わた)りたる(たふと)さよ
213恋路(こひぢ)(まよ)ふヘールさま
214得意(とくい)文学(ぶんがく)(ひね)()
215(しち)(むつかし)(うた)をよみ
216アツと()はせて(ひめ)(さま)
217御心(みこころ)(うご)かし(たてまつ)
218(のぞ)みを()げむと(いら)てども
219如何(いか)(うご)かむ千引岩(ちびきいは)
220()せども()けども吾々(われわれ)
221(よわ)(ちから)(およ)ぶべき
222あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
223(かみ)御霊(みたま)(さち)はいて
224もしも(えにし)のあるなれば
225これのナイスと永久(とこしへ)
226鴛鴦(をし)(ちぎり)(むす)ばせて
227(かみ)御為(おんため)()(ため)
228(まこと)(をしへ)四方(よも)(くに)
229(ひら)かせ(たま)自在天(じざいてん)
230大国彦(おほくにひこ)御前(おんまへ)
231リュウチナントと(つか)へたる
232カンナの(つかさ)村肝(むらきも)
233(こころ)(きよ)めて()ぎまつる
234あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
235御霊(みたま)(さち)はへましませよ
236此処(ここ)()()ふバラモンの
237キヨの関守(せきもり)神司(かむつかさ)
238いや永久(とこしへ)(しづ)まりて
239三五教(あななひけう)やウラル(けう)
240(その)(ほか)(もも)醜道(しこみち)
241()()(つた)人々(ひとびと)
242(こころ)(くも)らす曲神(まがかみ)
243(とら)へて(こら)大聖場(だいせいぢやう)
244(それ)(つかさ)()けられし
245チルテル大尉(たいゐ)副官(ふくくわん)
246(つか)へまつりし(この)カンナ
247一日(ひとひ)(はや)(わが)(おも)
248()げさせ(たま)へと()ぎまつる。
249朝日子(あさひこ)()(さか)えます(ひめ)姿(すがた)
250天津乙女(あまつをとめ)(まさ)りぬるかな。
251如何(いか)にして(こころ)(たけ)(かた)らむと
252(おも)へどひとり口籠(くちごも)るかも』
253ヘール『何事(なにごと)(かみ)のまにまに(すす)むべし
254(この)(みち)のみは詮術(せんすべ)もなければ』
255初稚(はつわか)(なさ)けある武士(もののふ)(たち)物申(ものまう)
256(わが)()()にも(たの)しかりけり。
257(ねが)はくば(かみ)御為(おんため)()(ため)
258(こころ)あはせて(つか)へむとぞ(おも)ふ』
259カンナ『(なん)となくまだもの()らぬ心地(ここち)すれ
260(ひめ)御心(みこころ)(はか)りかぬれば』
261ヘール『恋衣(こひごろも)()むと(おも)はば現身(うつそみ)
262(あか)(あら)ひて(きよ)くなれなれ。
263村肝(むらきも)(こころ)(かみ)(みが)きなば
264天津乙女(あまつをとめ)如何(いか)(きら)はむ』
265初稚姫(はつわかひめ)陸奥(みちのく)蓬ケ原(よもぎがはら)をかきわけて
266(しほ)れぬ(はな)手折(たを)りませ(きみ)
267カンナ『手折(たを)らむと(おも)(こころ)(せつ)なさを
268()()りたまへ(うづ)淑人(よきひと)
269 かく(たがひ)(うた)をもつて(こころ)(さぐ)()ひつつ、270(なつ)(なが)()()らぬ()(くら)してしまつた。271チルナ(ひめ)二人(ふたり)成功(せいこう)(あん)(わづら)ひつつ、272足音(あしおと)(しの)ばせ(まど)(そと)()ちよつて、273(いき)(ひそ)めて()()たり。
274大正一二・四・一 旧二・一六 於皆生温泉浜屋 加藤明子録)