霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第五章 有升(あります)〔一五〇五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第59巻 真善美愛 戌の巻 篇:第1篇 毀誉の雲翳 よみ:きよのうんえい
章:第5章 有升 よみ:あります 通し章番号:1505
口述日:1923(大正12)年04月01日(旧02月16日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年7月8日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第10輯 508頁 修補版: 校定版:71頁 普及版: 初版: ページ備考:
001初稚(はつわか)『もしテクさまとやら、002キャプテン(さま)から(わらは)御用(ごよう)とは如何(いか)なる(こと)(ござ)いますか。003何卒(どうぞ)(すみやか)にお(つた)へを(ねが)ひます』
004テク『(わたし)はチツと酩酊(めいてい)(いた)して()りますから脱線(だつせん)するかも()れませぬ。005(まへ)(もつ)てお(ことわ)りして()きます。006あの……(ほか)でも(ござ)いませぬが……それそれ……さう短兵(たんぺい)(きふ)追撃(つゐげき)されては応戦(おうせん)の……余裕(よゆう)(ござ)いませぬ。007()美人(びじん)砲台(はうだい)の……沈黙(ちんもく)()つて(おもむろ)攻勢(こうせい)(むか)ひませう』
008(にはか)(だま)されて中尉(ちうゐ)称号(しやうがう)(もら)つた(うれ)しさに009(なん)でもかでも軍隊(ぐんたい)用語(ようご)使(つか)つて談判(だんぱん)をやらうと(かんが)へて()間抜(まぬ)野良(のら)だ。
010初稚(はつわか)砲台(はうだい)だの、011攻撃(こうげき)だの、012応戦(おうせん)だのと、0111随分(ずいぶん)殺伐(さつばつ)なお言葉(ことば)ですな。013どうか、014(すこ)しハンナリと仰有(おつしや)つて(いただ)()いもので(ござ)います』
015 テクは『()()け』の姿勢(しせい)をとり016一方(いつぱう)()(ちち)(あた)りに上向(うはむ)けに(ひろ)げて017弥宜(ねぎ)笏板(しやくいた)()つた(やう)なスタイルになつて、018(やや)()(なが)ら、
019テク『(わたし)中尉(ちうゐ)であります。020今日(こんにち)大尉(たいゐ)殿(どの)(めい)により021伝令(でんれい)(けん)斥候(せきこう)として(この)陣営(ぢんえい)特派(とくは)せられた(もの)であります。022その使命(しめい)(まを)すのは(ほか)でもありませぬ。023アヅモス(さん)南麓(なんろく)バーチルの陣営(ぢんえい)(おい)024兵士(へいし)凱旋祝賀会(がいせんしゆくがくわい)挙行(きよかう)されました。025それに()いて大隊長(だいたいちやう)殿(どの)(わたし)特使(とくし)として(この)営所(えいしよ)御派遣(ごはけん)になつたのであります。026酒宴(しゆえん)(せき)には(をとこ)ばかりでは、027どうも興味(きようみ)(うす)きを(もつ)て、028天下無双(てんかむさう)のナイス初稚姫(はつわかひめ)殿(どの)召集(せうしふ)(きた)れとの命令(めいれい)であります。029()はば(この)テクはキャプテンの軍使(ぐんし)であります。030(すみやか)軍律(ぐんりつ)(したが)ひ、031(いや)上官(じやうくわん)(めい)(したが)ひ、0311御出張(ごしゆつちやう)032(いや)御出陣(ごしゆつぢん)あり()きものであります』
033初稚(はつわか)『オホヽヽヽ、034テクさま、035貴方(あなた)どうも(かた)(こと)仰有(おつしや)いますな。036(わらは)はお(さけ)(きら)ひで(ござ)いますから037陣営(ぢんえい)(など)には到底(たうてい)(まゐ)(こと)出来(でき)ませぬ。038(また)陣中(ぢんちう)(をんな)(まゐ)りますと軍規(ぐんき)(みだ)れますから、039(これ)ばかりはお(ことわ)(まを)します』
040テク『これは()しからぬ。041拙者(せつしや)(なん)心得(こころえ)(ござ)る。042拙者(せつしや)憲兵中尉(けんぺいちうゐ)(ござ)るぞ。043チツと注意(ちうい)をして(もの)()つて(いただ)かないと(じつ)(こま)るのであります。044御命令(ごめいれい)違背(ゐはい)なさると軍律(ぐんりつ)(てら)し、045銃殺(じうさつ)(けい)(しよ)せらるるのであります。046ここは(とつくり)御勘考(ごかんかう)なさらねばならぬ(ところ)であります。047(じつ)(ところ)はキャプテン(さま)貴女(あなた)容色(ようしよく)属魂(ぞつこん)打込(うちこ)み、048(ほとん)(たま)()かし、049()(たて)(たま)らないと()今日(こんにち)戦況(せんきやう)であります。050どうしても落城(らくじやう)せなければ051臼砲(きうはう)なりと野砲(やはう)なりと発砲(はつぱう)して占領(せんりやう)して()いとの厳命(げんめい)であります。052さア(はや)軍門(ぐんもん)御出頭(ごしゆつとう)あらむ(こと)(ねが)ふあります』
053初稚(はつわか)『これは(また)迷惑(めいわく)(こと)(ござ)いますナ。054どうか左様(さやう)(こと)仰有(おつしや)らずにお(かへ)(くだ)さいませ。055貴方(あなた)はお(さけ)()して()らつしやいますから、056左様(さやう)(こと)(まを)されるのです。057(いやし)くも(ひと)(かしら)とならるべきキャプテン(さま)が、058(わらは)(ごと)女風情(をんなふぜい)陣中(ぢんちう)にお(まね)(あそ)ばす道理(だうり)(ござ)いませうか』
059テク『これはしたり、060(をんな)陣中(ぢんちう)()けないと()(こと)がありますか。061上野(かみづけ)形名(かたな)といふ軍人(ぐんじん)女房(にようばう)062陣中(ぢんちう)()つて(をつと)(さけ)(すす)め、063軍功(ぐんこう)()てさせたぢやありませぬか。064貴女(あなた)第二夫人(だいにふじん)(さま)065……(いや)第一夫人(だいいちふじん)候補者(こうほしや)かも()れませぬ。066さア何卒(どうぞ)(はや)(わたし)(たい)し、067よき報告(はうこく)(ねが)ひます。068(いや)(わたし)(とも)御出陣(おしゆつぢん)あらむ(こと)希望(きばう)する次第(しだい)であります』
069初稚(はつわか)(わらは)(なん)(おほ)せられましても陣中(ぢんちう)(あし)()れる(こと)は、070どうしても(こころ)(すす)まぬのであります。071(なん)(おほ)せられても()かないと()つたら()かない覚悟(かくご)であります』
072テク『もし、073(ひめ)さま、074(わたし)のお(かぶ)をとつちやいけませぬよ。075「アリマス」は軍人(ぐんじん)専用語(せんようご)ですからな』
076 チルナ(ひめ)今迄(いままで)木蔭(こかげ)()つて二人(ふたり)問答(もんだふ)()き、077自分(じぶん)(をつと)初稚姫(はつわかひめ)恋慕(れんぼ)してると()ふテクの報告(はうこく)()いて(ほとん)狂乱(きやうらん)(ごと)くなり、078樹蔭(こかげ)地団太(ぢだんだ)()んで()る。079その足音(あしおと)にカンナ、080ヘールの両人(りやうにん)はハツと()がつき、081()()つて()れば、082(なん)だかチルナ(ひめ)(やう)である。083カンナは小声(こごゑ)で、
084カンナ『もし、085(おく)さまぢや(ござ)いませぬか』
086チルナ『お(まへ)087(いま)(はなし)()いたか。088旦那様(だんなさま)があの(をんな)属魂(ぞつこん)()れて(ござ)ると()(こと)だから、089(わたし)吩咐(いひつ)けたやうに何故(なぜ)(はや)要領(えうりやう)()(しま)はないのか』
090カンナ『ヘー、091要領(えうりやう)()たいのは山々(やまやま)(ござ)いますが、092そうチヤク チヤクと空腹(ひだるばら)にお茶漬(ちやづけ)()つた(やう)には()きませぬからな』
093チルナ『エー、094ぢれつたい。095グヅグヅして()るとどんな(こと)出来(でき)るか()れぬぢやないか。096荒男(あらをとこ)二人(ふたり)()つて、097あんな阿魔女(あまつちよ)を、098どうする(こと)出来(でき)ぬとは腑甲斐(ふがひ)ないものだな。099さア(はや)肝玉(きもだま)()して(なん)とかなさらぬかいな』
100ヘール『奥様(おくさま)101もしも、102やり(そこ)なつたら、103貴女(あなた)(あと)引受(ひきう)けて(くだ)さるかな』
104チルナ『そんな心配(しんぱい)()りませぬ。105(なん)でもかでも(つよ)()きさへすれば106()んな(こと)でも成功(せいこう)しますよ。107グヅグヅしてると108あの(をんな)()れて()つて旦那様(だんなさま)につき(あは)すかも()れないわ。109エー、110(くや)しや、111残念(ざんねん)や、112口惜(くちを)しやな。113(をとこ)二人(ふたり)()つて114あれ(くらゐ)(をんな)如何(どう)する(こと)出来(でき)ぬのかいな』
115カンナ『(おく)さま、116そこ(まで)仰有(おつしや)るのなら(ひと)つやつて()ませう。117(しか)一寸(ちよつと)手荒(てあら)(こと)をして同情心(どうじやうしん)(うしな)つては駄目(だめ)ですから、118ここで(ひと)(うた)でも(うた)つて(こころ)(うご)かし目的(もくてき)(たつ)して()ませう。119もし(おく)さま、120貴女(あなた)(ひと)(つく)(ごゑ)をして応援(おうゑん)して(くだ)さい』
121チルナ『さア(はや)くやつて御覧(ごらん)122いかなかつたら(わたし)応援(おうゑん)するから』
123カンナ『バラモンの(いくさ)(つかさ)ここにあり
124いざ言問(ことと)はむ初稚姫(はつわかひめ)に』
125ヘール『(ひめ)(さま)(なれ)(まよ)ひて(しの)()
126男心(をとこごころ)見捨(みす)(たま)ふな』
127チルナ『チルテルの(こころ)(きたな)武士(もののふ)
128()(まか)しなば()(わら)はれむ。
129チルテルの(いくさ)(きみ)()(まれ)
130チルナの(ひめ)(ひか)へますぞや。
131(わが)(こひ)大海原(おほうなばら)(わた)(ふね)
132(なみ)(しの)ぎて神島(かみじま)()く。
133初稚(はつわか)(ひめ)(みこと)逸早(いちはや)
134(やかた)()ちて(つき)()でませ』
135 初稚姫(はつわかひめ)(なか)より、
136初稚姫(はつわかひめ)(つき)(くに)ハルナの(みやこ)(かみ)()すと
137(した)ひて(すす)(われ)なりにけり。
138さり(なが)らイヅミの(くに)(いま)(しば)
139(あし)(とど)めて()をや(やす)めむ』
140チルナ『(この)(さと)(あし)(とど)めて()ますなら
141カンナ、ヘールに()(まか)しませ』
142初稚姫(はつわかひめ)()(ひと)如何(いか)二人(ふたり)(つか)ふべき
143(わらは)(かみ)にのみぞ(つか)ふる
144チルテルの(いくさ)(きみ)(かしこ)しと
145()けども如何(いか)()(まか)すべき。
146若草(わかぐさ)(つま)()たせるチルテルの
147(きみ)(つか)へて(たま)るべきかは。
148チルテルの(あつ)(なさけ)(ほだ)されて
149(しば)(いき)をば(やす)()るのみ』
150テク『初稚姫(はつわかひめ)(かみ)(みこと)はキャプテンの
151第二夫人(だいにふじん)(きま)つてあります。
152どうしても(いや)()ふなら引張(ひつぱ)つて
153陣屋(ぢんや)(すす)覚悟(かくご)あります。
154さア(はや)()かねば(さけ)()めまする
155(さけ)(さかな)使(つか)ふあります。
156キャプテンの(きよ)男子(おのこ)振棄(ふりす)てて
157カンナにつけば()(けづ)られむ。
158カンナてふ(やつ)(ひと)をば(けづ)()
159(おに)(やう)なる(をとこ)あります。
160ヘールとはカンナをかけて(けづ)(やう)
161一枚(いちまい)一枚(いちまい)ヘール恋衣(こひぎぬ)
162カンナ『もう自暴自棄(やけ)勇猛心(ゆうまうしん)発揮(はつき)して
163()るか()るかをやつて()ませう。
164おい、そこだ、テクの(やつ)めがやつて()
165(こひ)邪魔(じやま)する(つら)(にく)さよ。
166(この)(うへ)直接行動(ちよくせつかうどう)(うで)づくだ
167初稚姫(はつわかひめ)(かた)げて退()かむ。
168肱鉄(ひぢてつ)をうまい辞令(じれい)誤魔化(ごまくわ)され
169(をとこ)(かほ)何処(どこ)()たうか』
170初稚(はつわか)『テクさま、171何卒(どうぞ)あの(とほ)(そと)皆様(みなさま)種々(いろいろ)仰有(おつしや)つて()ますから172(わらは)大変(たいへん)迷惑(めいわく)(いた)します。173何卒(どうぞ)(かへ)つて(くだ)さい。174そしてキャプテン(さま)御用(ごよう)がおありなさるのなら175(かへ)つて(ゆつく)りお()ひしませう。176(また)(さけ)相手(あひて)(およ)ばず(なが)(つと)めさして(いただ)きますと、177何卒(どうぞ)そこは(よろ)しく()つて(くだ)さいませ』
178テク『それでも旦那様(だんなさま)大変(たいへん)()れて()らつしやるのだもの、179(わたし)だつて貴女(あなた)()(いただ)かなくては中尉(ちうゐ)もゼロになりますからな。180(わたし)中尉(ちうゐ)にして(くだ)さるのなら181何卒(どうぞ)(はや)()(くだ)さい。182(これ)(わたし)一生(いつしやう)のお(ねが)ひであります』
183 テクは自暴自棄糞(やけくそ)になり(おほ)きな(こゑ)(うた)()した。
184テク『駄目(だめ)駄目(だめ)(みな)駄目(だめ)
185こんな綺麗(きれい)(つら)をして
186バラモン(ぐん)のキャプテンが
187言葉(ことば)さへも()ねつける
188容色(きりやう)がよいとて自慢(じまん)すな
189(まへ)(やう)阿魔女(あまつちよ)
190世界(せかい)にや沢山(たくさん)ある(ほど)
191慢心(まんしん)するのも(ほど)がある
192青瓢箪(あをべうたん)()(はな)
193つけたる(やう)なスタイルで
194猪口才(ちよこざい)千万(せんばん)美人面(びじんづら)
195愛想(あいそ)欲得(こそ)もつき()てた
196(そと)(ござ)るはカンナさま
197(こひ)(くる)ふたヘールさま
198(おも)()つたが(よろ)しかろ
199こんな(わか)らぬスベタ女郎(めろ)
200何程(なにほど)口説(くど)いて()(とこ)
201テツキリ駄目(だめ)(ござ)るぞや
202(おれ)折角(せつかく)キャプテンに
203憲兵中尉(けんぺいちうゐ)職名(しよくめい)
204(いただ)(なが)らムザムザと
205(かへ)さにやならぬ破目(はめ)となり
206むかついてむかついて(たま)らぬが
207さうかと()つて(この)阿魔(あま)
208どうする(わけ)にも()きはせぬ
209あれ(ほど)チルテル・キャプテンが
210(うつつ)()かし目尻(めじり)()
211()ても()めても姫々(ひめひめ)
212大切(だいじ)大切(だいじ)(おく)さまを
213邪魔者(じやまもの)(あつかひ)になし(なが)
214(さけ)場席(ばせき)引張(ひつぱ)つて
215男前(をとこまへ)をば(ほこ)らむと
216なさつて(ござ)るがお(いと)しい
217あんな(をつと)()女房(にようばう)
218(さぞ)(こころ)()めるだろ
219チルナの(ひめ)のお(こころ)
220()(どく)さまになつて()
221(をんな)魔物(まもの)()(こと)
222(かね)(ひと)から()いて()
223(をんな)(すず)しい(まる)()
224一目(ひとめ)(にら)めば鉄城(てつじやう)
225ガタガタガタと(くつが)へし
226(やま)田地(でんぢ)家倉(いへくら)
227メチヤ メチヤ メチヤにして(しま)
228こんな(をんな)()()たら
229バラモン(けう)のキャプテンも
230(さけ)(ころ)した(どぢやう)(やう)
231グニヤ グニヤ グニヤと相好(さうがう)
232(くづ)して(こし)()かしつつ
233肝腎要(かんじんかなめ)軍務(ぐんむ)をば
234(わす)れて(つひ)には免職(めんしよく)
235悲運(ひうん)()ちねばならうまい
236(おも)へば(おも)へばお()(どく)
237(この)テクさまも(この)使命(しめい)
238スツカリ(おも)()つたぞや
239(ついで)にスパイの職掌(しよくしやう)
240返上(へんじやう)(いた)してバーチルの
241(いへ)番頭(ばんとう)となり()まし
242(あさ)から(ばん)まで甘酒(うまざけ)
243(おも)ふがままに()(たふ)
244(みじか)浮世(うきよ)面白(おもしろ)
245()めよ(さわ)げよ一寸先(いつすんさき)(やみ)
246(をど)(くる)ふて(くら)しませう
247(なに)よりかより(さけ)(あぢ)
248美人(びじん)(ごと)きは吾々(われわれ)
249(けつ)して(もの)(かず)でない
250あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
251(かん)して()んだ(さけ)(あぢ)
252冷酒鯛汁(れいしゆたいじう)(わが)()には
253これに(まさ)つた(たのし)みは
254三千世界(さんぜんせかい)にありませぬ
255初稚姫(はつわかひめ)阿魔女(あまつちよ)さま
256左様(さやう)なら御免(ごめん)(かうむ)つて
257キャプテン(さま)何事(なにごと)
258(かさ)(かさ)をばかけ(なが)
259(わる)注進(ちうしん)(つかまつ)
260カンナ、ヘールの両人(りやうにん)
261(うつつ)をぬかして(やに)(さが)
262どうしてもこしてもキャプテンの
263(そば)には()んでも()かないと
264駄々(だだ)をば()ねて()()ない
265尻太(しぶと)(をんな)詳細(まつぶさ)
266注進(ちうしん)するが(よろ)しいか
267よくよく思案(しあん)するがよい
268もうかうなれば自暴自棄酒(やけざけ)
269さア燗酒(かんざけ)燗酒(かんざけ)
270そろそろ(よひ)()めかけた
271一刻(いつこく)(はや)(かへ)つて(さけ)()もう
272(みな)さまお(さけ)左様(さやう)なら』
273(たたみ)(ざは)りも荒々(あらあら)しく腹立(はらた)(まぎ)れに四股(しこ)()みならし、274(やみ)(まぎ)れて(かへ)()く。
275大正一二・四・一 旧二・一六 於皆生温泉浜屋 北村隆光録)