霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第九章 暗内(あんない)〔一五〇九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第59巻 真善美愛 戌の巻 篇:第2篇 厄気悋々 よみ:やっきりんりん
章:第9章 暗内 よみ:あんない 通し章番号:1509
口述日:1923(大正12)年04月01日(旧02月16日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年7月8日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第10輯 526頁 修補版: 校定版:123頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 玉国別(たまくにわけ)002真純彦(ますみひこ)長途(ちやうと)海路(うなぢ)草臥(くたび)れきつた(うへ)003振舞酒(ふるまひざけ)にグツタリ()ふて(その)()(つぶ)れた(やう)熟睡(じゆくすゐ)して(しま)つた。004()手洗(てうづ)使(つか)(くち)をすすぎ、005東天(とうてん)(はい)し、006()いで神殿(しんでん)(すす)祝詞(のりと)奏上(そうじやう)し、007(しば)らく休息(きうそく)して()る。008そこへバーチルは顔色(がんしよく)()へて()(きた)り、
009バーチル『もし先生様(せんせいさま)010大変(たいへん)(こと)出来(しゆつたい)(いた)しました。011(まこと)申訳(まをしわけ)のない(こと)(ござ)います』
012玉国(たまくに)大変(たいへん)とは何事(なにごと)(ござ)いますか』
013バーチル『はい、014(わたし)もグツタリと草臥(くたび)れて、015よく寝込(ねこ)んで(しま)ひましたので、016夜中(やちう)出来事(できごと)(すこ)しも(ぞん)じませぬが、017三千彦(みちひこ)(さま)018伊太彦(いたひこ)(さま)019デビス(ひめ)(さま)のお三方(さんかた)が、020何程(なにほど)そこらを(さが)しても行衛(ゆくゑ)(わか)りませぬ。021里人(さとびと)(はなし)によりますと022裏門口(うらもんぐち)(ひら)いてバラモンの軍人(ぐんじん)三人様(さんにんさま)をフン(じば)(かへ)つたとの(こと)023(じつ)申訳(まをしわけ)のない(こと)(いた)しました』
024玉国(たまくに)(なに)025三人(さんにん)がバラモン(ぐん)(さそ)はれたと、026やア、027それは大変(たいへん)だ。028真純彦(ますみひこ)029こりやかうしては()られまい。030(これ)から両人(りやうにん)がバラモンの関所(せきしよ)押掛(おしか)けて()つて様子(やうす)(さぐ)つて()ようぢやないか』
031真純(ますみ)如何(いか)にも大変(たいへん)(こと)出来(しゆつたい)(いた)しました。032さア(まゐ)りませう』
033バーチル『もし先生様(せんせいさま)034一寸(ちよつと)()(くだ)さいませ。035バラモンの関所(せきしよ)には一中隊(いつちうたい)勇猛(ゆうまう)なる兵士(へいし)(かか)へて(ござ)いますから、036二人様(ふたりさま)では険難(けんのん)(ござ)いませう。037(さいは)()うして村中(むらぢう)(もの)昼夜(ひるよる)(べつ)なく、038(いはひ)()()りますから039(この)(うち)から(つよ)(もの)(えら)むで数十人(すうじふにん)()れになつてはどうでせう。040(わたし)(いのち)(たす)けて(もら)つた御恩返(ごおんがへ)しに今度(こんど)(いのち)()てます。041何卒(どうぞ)さうなすつて(くだ)さいませぬか』
042玉国(たまくに)『いや、043(けつ)して御心配(ごしんぱい)(くだ)さいますな。044(また)宣伝使(せんでんし)貴方(あなた)(がた)助力(じよりよく)によつて多数(たすう)(たの)むで押掛(おしか)けたと()はれては()みませぬ。045(また)一方(いつぱう)武器(ぶき)()つたもの、046里人(さとびと)怪我(けが)でもあつては()みませぬから047吾々(われわれ)両人(りやうにん)直接(ちよくせつ)出掛(でか)けませう』
048バーチル『さう仰有(おつしや)れば是非(ぜひ)(ござ)いませぬ。049(かは)りに(わたし)がお(とも)(いた)しませう』
050玉国(たまくに)『いや、051それには(およ)びませぬ。052(しか)(なが)(わづ)かに二人(ふたり)053(てき)(なか)(まゐ)るので(ござ)いますから054(これ)がお(かほ)見納(みをさ)めになるかも()れませぬ。055何卒(どうぞ)貴方(あなた)神様(かみさま)御心(みこころ)をよくお(さと)りなさつて、056(この)里人(さとびと)(みちび)可愛(かあい)がつておやりなさいませ』
057 かかる(ところ)へサーベル(ひめ)(ふすま)をソツと押開(おしひら)058(なみだ)(とも)(ころ)げる(やう)にして()(きた)り、
059サーベル『玉国別(たまくにわけ)(さま)060真純彦(ますみひこ)(さま)061大変(たいへん)(こと)出来(しゆつたい)(いた)しました。062何卒(どうぞ)神様(かみさま)御神徳(ごしんとく)によつて御三方(おさんかた)(すく)()し、063無事(ぶじ)にお(かへ)(くだ)さいませ。064(わらは)神様(かみさま)(ねん)無事(ぶじ)成功(せいこう)(いの)ります』
065玉国別(たまくにわけ)有難(ありがた)(きみ)(なさけ)厚衣(あつごろも)
066()(まと)ひつつ(すす)()くべし。
067真心(まごころ)(ふか)(つつ)みし衣手(ころもで)
068()ぎて(ほふ)らむ(しこ)(たぶれ)を』
069真純彦(ますみひこ)曲神(まがかみ)(くる)しめられし(わが)(とも)
070(たす)けに()かむ(かみ)のまにまに。
071大神(おほかみ)御前(みまへ)(ぬかづ)()(まを)
072(この)首途(かどいで)真幸(まさき)くあれよと』
073バーチル『真心(まごころ)()めて打出(うちだ)言霊(ことたま)
074刃向(はむか)(あだ)如何(いか)であるべき。
075さり(なが)(こころ)(くば)りて()でませよ
076(たく)みも(ふか)陥穽(おとしあな)あれば』
077サーベル(ひめ)玉国別(たまくにわけ)(かみ)(みこと)真純彦(ますみひこ)
078(あだ)(やかた)()(くば)りませ』
079玉国別(たまくにわけ)有難(ありがた)(かみ)(ささ)げし(わが)(いのち)
080よし()つるとも如何(いか)(おそ)れむ』
081真純彦(ますみひこ)皇神(すめかみ)(えにし)(いと)(むす)ばれし
082()ながら(いま)()けむとぞする』
083バーチル『(わが)(しもべ)アンチー()れて()でませよ
084(かれ)(ちから)(つよ)益良夫(ますらを)
085玉国別(たまくにわけ)(わが)(みち)(ひと)(たよ)らず(つゑ)につかず
086(ただ)真心(まごころ)(すす)むのみなり。
087折角(せつかく)思召(おぼしめし)をば()みするは
088(こころ)()まねど(ゆる)(たま)はれ。
089三千彦(みちひこ)(さぞ)今頃(いまごろ)仇人(あだびと)
090(いづ)言霊(ことたま)()()()るらむ』
091真純彦(ますみひこ)言霊(ことたま)(たたか)ひなれば(おそ)れまじ
092兇器(きようき)()ちし(てき)陣中(ぢんちう)も。
093曲神(まがかみ)(うつ)りきつたる仇人(あだびと)
094言向(ことむけ)(やは)()とはなりぬる』
095アンチー『神司(かむづかさ)()れを()()()でまして
096真心(まごころ)(かぎ)りを(つく)させ(たま)へ。
097よしやよし(いのち)(てき)(わた)すとも
098いかで()いなむ()てし(この)()は』
099玉国別(たまくにわけ)(たま)()(いのち)()へて(うれ)しきは
100(なれ)(こころ)(まこと)なりけり』
101 ()(たがひ)(うた)取交(とりかは)し、102玉国別(たまくにわけ)103真純彦(ますみひこ)(いま)宣伝使(せんでんし)(ふく)()ぎ、104バーチルの(あた)へたる衣服(いふく)着替(きか)(なが)立出(たちい)でむとする(ところ)へ、105泥酔者(よひどれ)のテクはツカツカと(あら)はれ(きた)り、
106テク『ヘー、107御免(ごめん)なさいませ。108(わたし)今日(けふ)(まで)はバラモン(けう)目付役(めつけやく)(した)(はたら)くスパイで(ござ)いました。109一方(いつぱう)には海賊(かいぞく)張本人(ちやうほんにん)ヤッコスと兄弟分(きやうだいぶん)となり、110種々(いろいろ)雑多(ざつた)と、111よくない(こと)(ばか)りやつて()ましたが、112玉国別(たまくにわけ)(さま)(なん)とも()れぬ般若湯(はんにやたう)(いただ)き、113それから(こころ)(ひそ)(おに)(わたし)身内(しんない)から逐転(ちくてん)しまして、114(いま)(まつた)人間心(にんげんごころ)立帰(たちかへ)りました。115()きましてはチルテルの(やしき)には沢山(たくさん)陥穽(おとしあな)(ござ)いますれば116(この)テクが御案内(ごあんない)(いた)しませう。117うつかり()かうものなら118えらい()()ひます。119その秘密(ひみつ)()つてるのは(ほか)には(ござ)いませぬ。120関所(せきしよ)(まも)つてる軍人(ぐんじん)(ほか)(たれ)()りませぬから121(あぶな)(ござ)います』
122玉国(たまくに)『おう、123(まへ)はテクさまだつたな。124や、125有難(ありがた)う、126それ(ほど)沢山(たくさん)陥穽(おとしあな)(こしら)へてあるかな』
127テク『ヘーヘー、128彼方(あちら)にも此方(こちら)にも陥穽(おとしあな)(ばか)りで(ござ)います。129あんな(ところ)()ちたが最後(さいご)130(あが)(こと)出来(でき)ませぬ。131さうして此頃(このごろ)(なん)とも()れぬ(うつく)しい(をんな)(かた)離家(はなれ)(ただ)一人(ひとり)()られます。132さうして(その)()初稚姫(はつわかひめ)(さま)だとか()(こと)(ござ)います。133関守(せきもり)のキャプテンがその(をんな)(うつつ)()かし、134それが(ため)夫婦喧嘩(ふうふげんくわ)がおつ(ぱじ)まり、135いや、1351もう136内部(ないぶ)醜態(しうたい)()つたら(はなし)になりませぬ』
137玉国(たまくに)『なに、138初稚姫(はつわかひめ)(さま)(ござ)ると()ふのか。139どんな年格好(としかつかう)なお(かた)だ』
140テク『はい、141明瞭(はつきり)(わか)りませぬが142一寸(ちよつと)()(ところ)では十七八才(じふしちはつさい)かと(おも)ひます。143(しか)何処(どこ)ともなく十五六才(じふごろくさい)(をさな)(ところ)(ござ)いますし、144体中(からだぢう)宝石(はうせき)(もつ)(かざ)つて()られます。145それはそれは綺麗(きれい)なお(かた)ですよ』
146玉国(たまくに)『はてな、147初稚姫(はつわかひめ)(さま)は、148そんな宝石(はうせき)(など)()(かざ)(やう)なお(かた)ぢやないと()いて()る。149大方(おほかた)同名異人(どうめいいじん)だらう。150なア真純彦(ますみひこ)
151真純(ますみ)『そら、152さうで(ござ)いませう。153世間(せけん)(おな)()何程(いくら)(ござ)いますからな』
154玉国(たまくに)『あ、155そんなら屋敷(やしき)案内(あんない)をお(ねが)ひしようかな』
156テク『いや早速(さつそく)御承知(ごしようち)157有難(ありがた)(ござ)います。158大抵(たいてい)(とこ)(みな)(わたし)()つて()りますから、159(わたし)(あと)()いて()(くだ)さいますれば160メツタに不調法(ぶてうはふ)はさせませぬ。161そして()(をんな)一度(いちど)()ひになれば真偽(しんぎ)(わか)るでせう。162大方(おほかた)貴方(あなた)のお弟子(でし)陥穽(おとしあな)()()みなさつたかも()れませぬ。163うつかりして()ると(いのち)(あや)しう(ござ)います。164沢山(たくさん)兵士(へいし)()つて(うへ)から(いし)()()むのですから、165(たま)つたものぢやありませぬわ』
166バーチル『テクさま、167(まへ)さまはアキスから()けば(うち)番頭(ばんとう)になつたと()つて()られたさうだが168本当(ほんたう)番頭(ばんとう)になつて()れますか。169アンチーも(しばら)(やす)まして(くだ)さいと()つてるから、170(まへ)さまが番頭頭(ばんとうがしら)になつて(くだ)さらば大変(たいへん)都合(つがふ)(よろ)しいがな』
171テク『承知(しようち)(いた)しやした。172貴方(あなた)からお言葉(ことば)のかからぬ(うち)から(すで)番頭(ばんとう)一人(ひとり)(きめ)()りますから173(なん)異議(いぎ)(ござ)いませう。174もとは悪人(あくにん)(ござ)りましたが175神様(かみさま)(ひかり)()らされて最早(もはや)(あく)(おそろ)しくなり、176その罪亡(つみほろぼ)しに(ひと)つでも善事(ぜんじ)(おこな)()いと決心(けつしん)をして()りますから177何卒(どうぞ)(よろ)しくお(ねが)(まを)します。178サア玉国別(たまくにわけ)(さま)179真純彦(ますみひこ)(さま)180(まゐ)りませう』
181アンチー『是非(ぜひ)とも(わたし)をお(とも)(ねが)ひます』
182玉国(たまくに)『それ(ほど)(おほ)せらるるなれば御同行(ごどうかう)(ねが)ひませう』
183とバーチル夫婦(ふうふ)(いとま)()げ、184裏口(うらぐち)より一行(いつかう)四人(よにん)キヨの関守(せきもり)チルテルが(やかた)()して(すす)()く。185テクは先頭(せんとう)()ちヤッコス(をどり)をし(なが)186(こころ)イソイソ(うた)(はじ)めた。
187テク『バラモン(けう)のキャプテンが
188部下(ぶか)使(つか)はれ(いぬ)となり
189彼方(かなた)此方(こなた)湖辺(うみべ)をば
190(たづ)ねまはりて三五(あななひ)
191(かみ)(つかさ)信徒(まめひと)
192一人(ひとり)(のこ)さずフン(じば)
193キヨの関所(せきしよ)()()きて
194褒美(はうび)(かね)沢山(どつさり)
195(いただ)()きなお(さけ)をば
196()んで浮世(うきよ)面白(おもしろ)
197(くら)さむものと(こころ)をば
198(おに)大蛇(をろち)変化(へんげ)させ
199(あく)(みち)のみ辿(たど)りたる
200悪党無頼(あくたうぶらい)(この)テクも
201玉国別(たまくにわけ)神様(かみさま)
202(あつ)(こころ)感服(かんぷく)
203(まよ)ひの(ゆめ)()()てて
204バーチルさまの(いへ)()
205(つか)ふる()とはなりにけり
206バラモン(けう)関守(せきもり)
207如何(いか)(ほど)神力(しんりき)あるとても
208如何(いか)(およ)ばむ三五(あななひ)
209(まこと)(ひと)つの言霊(ことたま)
210(てき)する(こと)出来(でき)よまい
211屋敷(やしき)(なか)沢山(たくさん)
212陥穽(おとしあな)をば穿(うが)ちつつ
213三五教(あななひけう)やウラル(けう)
214(みち)(をしへ)のピュリタンを
215否応(いやおう)()はさずフン(じば)
216(みな)(ことごと)陥穽(かんせい)
217(おと)して(よろこ)悪神(あくがみ)
218(しこ)(うつは)となり()てし
219チルテル(つかさ)()(おに)
220(おも)(まは)せば(おそろ)しや
221かかる悪魔(あくま)逸早(いちはや)
222(ほろ)ぼし(つく)()(ひと)
223災難(なやみ)(はや)(すく)はねば
224イヅミの(くに)人々(ひとびと)
225(まくら)(たか)(ねむ)れない
226(われ)(もと)より悪人(あくにん)
227(たね)ではなけれど()むを()
228バラモン(けう)勢力(せいりよく)
229刃向(はむか)(その)()不幸(ふかう)をば
230(まね)かむ(こと)(おそ)れてゆ
231(こころ)にもなき間諜(いぬ)となり
232(わが)良心(りやうしん)(せめ)られて
233(くる)しき月日(つきひ)(おく)りつつ
234せつなき(おも)ひを()さむとて
235(あさ)から(ばん)まで(さけ)()
236浮世(うきよ)(なか)夢現(ゆめうつつ)
237三分五厘(さんぶごりん)(くら)さむと
238(かね)さへあれば自棄酒(やけざけ)
239(あふ)つて(すご)浅間(あさま)しさ
240あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
241(かみ)(めぐ)みの(さちは)ひて
242(いよいよ)今日(けふ)三五(あななひ)
243(うず)(つかさ)先走(さきばし)
244(いま)(まで)(をか)せし罪科(つみとが)
245(つぐな)ひまつる(いま)(とき)
246皇大神(すめおほかみ)大神(おほかみ)
247テクの(こころ)(あは)れみて
248今度(こんど)御用(ごよう)(つつが)なく
249()げさせ(たま)惟神(かむながら)
250仮令(たとへ)天地(てんち)(かは)るとも
251一旦(いつたん)(かみ)御前(おんまへ)
252(つみ)()いたる(この)テクは
253(きたな)(こころ)(つゆ)()たじ
254(てき)如何(いか)なる謀計(ぼうけい)
255(めぐ)らし(われ)()()むるとも
256(なに)(おそ)れむ神心(かみごころ)
257(ふる)(おこ)して何処(どこ)(まで)
258(かみ)御為(おんため)()(ため)
259悪魔(あくま)(すぐ)ひしチルテルの
260(しこ)(つかさ)(こら)しめて
261世人(よびと)(ため)(わざはい)
262(のぞ)かせ(たま)惟神(かむながら)
263御伴(みとも)(つか)へし(この)テクが
264真心(まごころ)(ささ)げて()(まつ)
265あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
266御霊(みたま)(さちは)ひましませよ』
267 アンチーは(また)(うた)ふ。
268アンチー『三年(さんねん)()りに(わが)主人(あるじ)
269バーチルさまに(めぐ)()
270(よろこ)(いさ)()もあらず
271(いのち)(おや)神司(かむづかさ)
272(あやふ)(てき)(やかた)へと
273()でます(きみ)(あん)じつつ
274主人(あるじ)(きみ)(ゆる)()
275(とも)(つか)(すす)()
276如何(いか)なる(まが)(たく)みをも
277如何(いか)(おそ)れむ敷島(しきしま)
278大和男子(やまとをのこ)(たましひ)
279(あら)はしまつりて高恩(かうおん)
280万分一(まんぶんいち)(むく)ふべし
281キヨの(みなと)(とほ)けれど
282勝手(かつて)(おぼ)えし()(みち)
283(すす)むで()けば一時(ひととき)
284(うち)には容易(たやす)(たつ)すべし
285さはさり(なが)真昼中(まひるなか)
286(てき)(やかた)(すす)()
287これが第一(だいいち)険難(けんのん)
288日暮(ひぐ)れを()つてボツボツと
289(すみ)から(すみ)まで探索(たんさく)
290三千彦(みちひこ)さまの所在(ありか)をば
291(さが)(もと)めた(その)(うへ)
292あらむ(かぎ)りのベストをば
293(つく)すもあまり(おそ)からじ
294玉国別(たまくにわけ)宣伝使(せんでんし)
295真純(ますみ)(ひこ)神司(かむづかさ)
296新番頭(しんばんとう)のテクさまよ
297貴方(あなた)御意見(ごいけん)詳細(まつぶ)さに
298()らせなさつて(くだ)されや
299(てき)にも(ふか)(たく)みあり
300軽々(かるがる)しくも(すす)みなば
301(ほぞ)()むとも(およ)ぶなき
302大失敗(だいしつぱい)(まね)くべし
303(かへり)(たま)神司(かむづかさ)
304(この)アンチーは意外(いぐわい)にも
305卑怯(ひけふ)(をとこ)(みな)さまは
306思召(おぼしめ)すかは()らねども
307注意(ちうい)(うへ)注意(ちうい)して
308()かねばならぬ(てき)(なか)
309あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
310(いづ)れにしても大神(おほかみ)
311(ちから)(たよ)(すす)むべし
312玉国別(たまくにわけ)御前(おんまへ)
313(あらた)(うかが)(たてまつ)る』
314(うた)(をは)り、315玉国別(たまくにわけ)意見(いけん)(もと)めた。316玉国別(たまくにわけ)はアンチーの言葉(ことば)一理(いちり)ありとなし、317途上(とじやう)(たたず)みて(しば)思案(しあん)(めぐ)らして()る。318テクは無雑作(むざふさ)(くち)(ひら)いて、
319テク『もし、320皆様(みなさま)321(わたし)(さいは)種々(いろいろ)関係上(くわんけいじやう)チルテルに接近(せつきん)せなくてはなりませぬ。322それについては色々(いろいろ)とチルテルの(はら)(さぐ)り、323(また)(てき)様子(やうす)三千彦(みちひこ)(さま)以下(いか)所在(ありか)探索(たんさく)するに余程(よほど)便宜(べんぎ)()つて()りますから、324貴方(あなた)(しば)らく(この)密林(みつりん)()()るる(まで)御休息(ごきうそく)(ねが)ひ、325(わたし)一応(いちおう)取調(とりしら)べた(うへ)326()()れてからお出掛(でか)けになつた(はう)がよからうと(ぞん)じますが327貴方(あなた)(がた)のお(かんがへ)如何(いかが)(ござ)いませうか』
328玉国(たまくに)成程(なるほど)329(かへ)つて夜分(やぶん)(はう)()いかも()れない。330御神諭(ごしんゆ)にも「(いま)(まで)()(くれ)(わる)いと(まを)したが331(これ)からは()(くれ)(はじ)めた(こと)何事(なにごと)もよい」とお(しめ)しになつて()る。332そんならテクさま、333御苦労(ごくらう)(なが)らチルテルの(やかた)(まかり)()し、334(あた)(かぎ)りの偵察(ていさつ)をして(くだ)さい。335それまで()森蔭(もりかげ)祈願(きぐわん)をして()つて()りませう』
336テク『いや、337早速(さつそく)御同意(ごどうい)338有難(ありがた)(ござ)います。339それなら(この)テクがうまく様子(やうす)(さぐ)つて(まゐ)ります。340何卒(どうぞ)(この)(もり)(おく)(ゆつく)りと休息(きうそく)をして()つて()(くだ)さい。341左様(さやう)なら』
342()(なが)(しり)引紮(ひつから)343トントントンと夏草(なつくさ)(しげ)(ほそ)野道(のみち)()()した。344三人(さんにん)(もり)木蔭(こかげ)(こし)(おろ)し、345(とき)(いた)るを()つて()る。
346大正一二・四・一 旧二・一六 於皆生温泉浜屋 北村隆光録)