霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一〇章 変金(へんきん)〔一五一〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第59巻 真善美愛 戌の巻 篇:第2篇 厄気悋々 よみ:やっきりんりん
章:第10章 変金 よみ:へんきん 通し章番号:1510
口述日:1923(大正12)年04月02日(旧02月17日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年7月8日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第10輯 532頁 修補版: 校定版:139頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 キヨの関守(せきもり)キャプテンのチルテルと(つま)のチルナ(ひめ)との乱痴気(らんちき)(さわ)ぎを002(ひろ)庭園(ていゑん)(へだ)てて一切万事(いつさいばんじ)吾不関(われくわんせず)(えん)といふ態度(たいど)にて、003(こころ)(しづ)かに一絃琴(いちげんきん)()にし、004(ほそ)(うる)はしき(ごゑ)にて(うた)つてゐるのは初稚姫(はつわかひめ)であつた。
005初稚姫(はつわかひめ)(はな)(くれなゐ)()(みどり)
006(みどり)したたる黒髪(くろかみ)
007まだうら(わか)若草(わかぐさ)
008(つま)(みこと)のチルナ(ひめ)
009(をつと)()(うへ)気遣(きづか)ひて
010(あさ)(ゆふ)なに真心(まごころ)
011(つく)して(かみ)(いの)りまし
012(つま)(つと)めを委細(まつぶさ)
013(つつ)むことなく()げさせて
014(こころ)もキヨの関守(せきもり)
015(せき)とめかねしチルテルが
016(こひ)(くる)ひし(こころ)(おに)
017()(はら)はむと村肝(むらきも)
018(こころ)(くだ)かせ(たま)ふこそ
019()にも(あは)れの次第(しだい)なり
020(つま)(こころ)白浪(しらなみ)
021()せては(かへ)(いそ)(なみ)
022彼方(あなた)此方(こなた)()(めぐ)
023容貌(みめ)(うる)はしき女子(をみなご)
024()れば人妻(ひとづま)人娘(ひとむすめ)
025(おい)(わか)きの(へだ)てなく
026(こころ)(とろ)かす狒々猿(ひひざる)
027()きまはすこそ(うた)てけれ
028(わらは)此処(ここ)(きた)りしゆ
029(こころ)()まぬ(こと)(なが)
030これの家内(やぬち)立騒(たちさわ)
031(あら)(なみ)をば(しづ)めむと
032(かみ)(すく)ひの(ふね)()
033(おも)使命(しめい)()(なが)
034見捨(みす)てかねたる義侠心(ぎけふしん)
035主人(あるじ)(こころ)言霊(ことたま)
036(いづ)真水(まみづ)(くま)もなく
037(あら)(きよ)めて惟神(かむながら)
038(かみ)(こころ)(かへ)さむと
039人目(ひとめ)(しの)(ただ)一人(ひとり)
040(とき)()つほの浦凪(うらなぎ)
041立騒(たちさわ)ぐなる群千鳥(むらちどり)
042(はや)和鳥(なとり)になれかしと
043皇大神(すめおほかみ)御前(おんまへ)
044(こころ)(かぎ)(いの)るなり
045それに()けても三五(あななひ)
046(かみ)使(つかひ)宣伝使(せんでんし)
047(きよ)(こころ)玉国別(たまくにわけ)
048(かがみ)(きよ)真純彦(ますみひこ)
049(おも)ひは(むね)三千彦(みちひこ)
050(つま)とあれますデビス(ひめ)
051伊太彦(いたひこ)(つかさ)一行(いつかう)
052(つき)()りわたるキヨの(うみ)
053(わた)りて此処(ここ)()ますなる
054(かみ)御言(みこと)()けてより
055目無堅間(めなしかたま)(ふね)(やと)
056波路(なみぢ)(やす)(まも)りつつ
057(さき)(まは)つて(この)(やかた)
058(かみ)(つかさ)危難(きなん)をば
059(すく)ひて功績(いさを)をそれぞれに
060()げさせなむとの村肝(むらきも)
061(こころ)(くだ)(われ)こそは
062初稚姫(はつわかひめ)神柱(かむばしら)
063三千年(さんぜんねん)一度(いちど)()
064高天原(たかあまはら)最奥(さいあう)
065(かみ)御苑(みその)桃林(たうりん)
066(にほ)()めたる(もも)(はな)
067(ただ)一輪(いちりん)(わが)(たま)
068如何(いか)(この)()(をさ)めむと
069天津御神(あまつみかみ)国津神(くにつかみ)
070百八十柱(ももやそばしら)のエンゼルと
071(あさ)(ゆふ)なに(かた)らひて
072(やうや)(かみ)御心(みこころ)
073(あら)はす(とき)となりにけり
074あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
075恩頼(みたまのふゆ)(つつし)みて
076(あつ)感謝(かんしや)(たてまつ)
077朝日(あさひ)()(とも)(くも)(とも)
078(つき)()つとも()くる(とも)
079悪魔(あくま)はいかに(たけ)くとも
080(まこと)(ひと)つの三五(あななひ)
081(かみ)(つか)へし(わが)(たま)
082いかで(たゆ)まむ梓弓(あづさゆみ)
083()きて(かへ)らぬ(たましひ)
084(いはほ)射抜(いぬ)(わが)(おも)
085()げさせ(たま)へと()ぎまつる
086あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
087御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
088 ()かる(ところ)へ、089ヘールはスタスタと(あら)はれ(きた)り、090(あわ)ただしくつつ()(なが)ら、091(からだ)前後左右(ぜんごさいう)(ゆす)り、092(あし)をヂタヂタ()んで、
093ヘール『モシモシ、094(ひめ)さま、095そんな陽気(やうき)(こと)(ござ)いますか、096あれ(だけ)乱痴気(らんちき)(さわ)ぎが、097貴女(あなた)はお(みみ)這入(はい)りませぬか』
098初稚(はつわか)『ハイ、099(なに)かモメ(ごと)出来(でき)たので(ござ)いますか。100(わらは)一絃琴(いちげんきん)(たま)(うば)はれ、101平和(へいわ)(ゆめ)(むさぼ)つて()りましたから、102(なん)にも(ぞん)じませぬ。103(なん)だかお(やかた)(はう)104(すこ)(ばか)御夫婦(ごふうふ)がお(さけ)(うへ)でダンスでもやつて(ござ)つたやうですなア。105モウお(やす)みになりましたか』
106ヘール『エ、107(ひめ)さま、108そんな暢気(のんき)(こと)ですかいな、109大変(たいへん)(こと)(おこ)つたのですよ。110急性(きふせい)チルテル・ヘールニヤが勃発(ぼつぱつ)し、111医者(いしや)(くすり)よと大騒(おほさわ)ぎで(ござ)います』
112初稚(はつわか)『アヽ左様(さやう)(ござ)いましたか。113万金丹(まんきんたん)でもあげなさいましたら、114御気分(ごきぶん)()くなるでせう』
115ヘール『肝心(かんじん)万金丹(まんきんたん)をチルテルの大将(たいしやう)116チルナ(ひめ)さまに、117引張(ひつぱ)られたものですから、118(たちま)ちクルクルと白目(しろめ)()いて、119ピリピリピリ、120キヤー、121ウーン、122ドタンバタン、123ガチヤ ガチヤ ガチヤ、124ガラガラと人造地震(じんざうぢしん)突発(とつぱつ)(いた)しました。125何奴(どいつ)此奴(こいつ)卑怯(ひけふ)(やつ)(ばか)り、126(みな)安全地帯(あんぜんちたい)避難(ひなん)したと()え、127(この)ヘール一人(ひとり)が、128縦横無尽(じうわうむじん)看護卒(かんごそつ)(やく)(つと)め、129右往左往(うわうさわう)奔走(ほんそう)して()ります。130何卒(どうぞ)病人(びやうにん)看護(かんご)手伝(てつだ)つて(いただ)きたいものですなア。131(をとこ)(あら)くたい()看病(かんびやう)するより、132(をんな)(やさ)しい(やはら)かい手々(てて)看護(かんご)して(もら)(はう)が、133何程(なにほど)病人(びやうにん)慰安(ゐあん)になつて()いかも()れませぬ。134サア何卒(どうぞ)御願(おねがひ)(ござ)います。135(はや)くお世話(せわ)(ねが)ひませう。136貴方(あなた)だつて、137()()らずの(うち)()て、138かう鄭重(ていちよう)にお世話(せわ)になつて(ござ)るのだから、139チツとは義理(ぎり)人情(にんじやう)もお(わきま)へで(ござ)いませう』
140初稚(はつわか)『それはお()(どく)(こと)(ござ)いますな。141(しか)(なが)(をんな)といふものは嫉妬深(しつとぶか)いもので(ござ)いますから、142奥様(おくさま)(ゆる)しがなくては、143旦那様(だんなさま)(だけ)(ゆる)しでは看病(かんびやう)をさして(いただ)(こと)出来(でき)ませぬ。144(をつと)病気(びやうき)奥様(おくさま)御看護(ごかんご)なさるのが当然(たうぜん)(ござ)います。145何卒(どうぞ)奥様(おくさま)のお(ゆる)しがあれば看護(かんご)さして(いただ)きますから、146一寸(ちよつと)奥様(おくさま)(うかが)つて()(くだ)さいませ』
147ヘール『あの(おく)ですか、148彼奴(あいつ)旦那様(だんなさま)睾丸(きんたま)(ねら)つて、149謀殺(ぼうさつ)未遂(みすゐ)犯人(はんにん)としてふん(じば)り、150暗室(あんしつ)監禁(かんきん)しておきました。151あんな(やつ)ア、152()なうが()うならうが、153チツとも(かま)うこたア(ござ)いませぬ。154随分(ずいぶん)悋気(りんき)(つよ)奥様(おくさま)で、155(まへ)さまもお(こま)りでしたらうが、156モウ御安心(ごあんしん)なさいませ。157旦那(だんな)さまと()(だけ)おいちやつき(あそ)ばさうが、158ゴテゴテいふものは(ござ)いませぬよ。159(はや)()ういふ(とき)親切(しんせつ)(つく)しておきなさると、160(あと)のお(ため)(ござ)いますよ』
161初稚(はつわか)(わらは)はその(やう)惨酷(ざんこく)なお(かた)人間(にんげん)だとは(おも)ひませぬワ。162チルテル(さま)には(なに)(わる)(もの)憑依(ひようい)してゐるのでせう、163さうでなければ(かみ)から(ゆる)された夫婦(ふうふ)(なか)164そんな(むご)たらしい(こと)をなさる(はず)がありますまい。165正真正銘(しやうしんしやうめい)のチルテル(さま)御病気(ごびやうき)ならば、166どこ(まで)仁慈無限(じんじむげん)神様(かみさま)御心(みこころ)()らひ、167()()にしても介抱(かいはう)さして(いただ)きますが、168悪魔(あくま)(とりこ)となり169()(たましひ)獣化(じうくわ)して(ござ)妖怪的(えうくわいてき)御主人(ごしゆじん)には、170(ひら)にお(ことわ)りを(まを)します。171ヘールさま、172貴方(あなた)(しつか)りなさいませ。173(めう)(もの)憑依(ひようい)して()りますよ』
174ヘール『(なん)()つても、175ウブな身魂(みたま)ですから、176(わたし)肉体(にくたい)目当(めあて)に、177イロイロの厄雑霊(やくざみたま)(さき)(あらそ)うてヘールかも()れませぬ。178(しか)(なが)らフエル(こと)もあり、179(また)曲津(まがつ)のヘール(こと)もあります。180丁度(ちやうど)キヨの(うみ)(なみ)()てゐるやうなものです。181(たか)くなつたり(ひく)くなつたり、182(ある)(とき)(すさ)むだり、183(ある)(とき)平静(へいせい)になつたり、184これが所謂(いはゆる)千変万化(せんぺんばんくわ)勇士(ゆうし)本能(ほんのう)185円転滑脱(ゑんてんくわつだつ)186あく(まで)融通(ゆうづう)()く、187(かみ)生宮(いきみや)ですからなア。188(その)御主人(ごしゆじん)たるチルテル(さま)一層(いつそう)(えら)(もの)ですよ。189さう貴女(あなた)のやうに単純(たんじゆん)御考(おかんが)へでは、190到底(たうてい)英雄(えいゆう)心事(しんじ)(わか)りませぬ。191旦那様(だんなさま)がウツツの(やう)になつて、192姫様(ひめさま)々々(ひめさま)連呼(れんこ)してゐらつしやいます。193(なに)()もあれ、194一足(ひとあし)(はこ)(くだ)さつたらどうですか。195(をんな)といふ(もの)はさう剛情(がうじやう)()るものぢやありませぬよ、196従順(じうじゆん)親切(しんせつ)なのが(をんな)美徳(びとく)ですからなア』
197初稚(はつわか)『さう、198たつて(おほ)せられますのなれば、199()(かく)(うかが)ひませう』
200ヘール『ヤ、201早速(さつそく)御承知(ごしようち)202旦那様(だんなさま)(さぞ)(よろこ)(あそ)ばす(こと)(ござ)いませう。203サア、204手々(てて)()つて()げませう』
205()だらけの(くろ)(かた)(まつ)()荒皮(あらかは)(やう)なガンザをニユツと突出(つきだ)した。206初稚姫(はつわかひめ)はゾツとし(なが)ら、
207初稚(はつわか)有難(ありがた)う、208(しか)(なが)らお(かげ)(あし)壮健(たつしや)(ござ)いますから、209(あと)()いて(まゐ)ります』
210ヘール『イヤイヤ(ひめ)(さま)211(この)屋敷(やしき)(なか)は、212彼方(あちら)にも此方(こちら)にも陥穽(おとしあな)(こしら)へてありますから、213(わたし)がお()()いて()げませぬと危険(きけん)です。214それだからお()()いて()げやうと(まを)すのです』
215初稚(はつわか)貴方(あなた)()(にぎ)つて(いただ)きますと、216(また)チルテルさまと睾丸圧搾戦(きんたまあつさくせん)勃発(ぼつぱつ)しますと、217(たがひ)迷惑(めいわく)ですワ。218(けつ)して陥穽(おとしあな)なんかはまるやうな(こと)(いた)しませぬ。219何卒(どうぞ)(さき)へお()(くだ)さいませ』
220ヘール『ハイ、221駄目(だめ)ですかなア、222どうも(わたし)(せつ)握手(あくしゆ)喝采(かつさい)して(くだ)さらぬと()えますワイ』
223初稚(はつわか)『ホヽヽヽヽ、224御冗談(ごじようだん)(ばか)仰有(おつしや)いますな。225旦那様(だんなさま)御苦(おくるし)みになつてゐられるぢやありませぬか』
226ヘール『ヘー、227(くるし)みはお(くるし)みです。228最早(もはや)チルテル・ヘールニヤも(ほと)んど全快(ぜんくわい)して(なん)ともないのでせうが、229(くる)しいといふのは……ヘン、230……どこやらの(ひと)()(たま)(うば)はれ、231煩悶苦悩病(はんもんくなうびやう)(おこ)つて(くる)しいのですから、232一寸(ちよつと)(なか)(あた)りをマッサージでもやつて(もら)へば、233(たちま)ちケロリと本復(ほんぷく)(うたがひ)なし、234(この)病気(びやうき)(なほ)すのは女神(めがみ)でなくては到底(たうてい)御利益(ごりやく)(あら)はれませぬワイ、235ウツフヽヽヽ』
236初稚(はつわか)『あれまア、237そんな(こと)だと(おも)つて()りました。238それならモウ安心(あんしん)(ござ)います。239何卒(どうぞ)チルテル(さま)(よろ)しう仰有(おつしや)つて(くだ)さいませ。240そして(わらは)居間(ゐま)へお(あそ)びにお(いで)(くだ)さるやうお(つた)(ねが)います。241左様(さやう)なら』
242(きびす)(かへ)243(もと)居間(ゐま)へサツサと(かへ)つて()く。244ヘールは(くち)をポカンとあけたまま、245(ひめ)後姿(うしろすがた)見送(みおく)り、
246『あゝ(なん)()いスタイルだなア。247牡丹(ぼたん)芍薬(しやくやく)蓮華(れんげ)(はな)か。248あのなんぞりとした(かた)具合(ぐあひ)から、249(あたま)格好(かつかう)250首筋(くびすぢ)様子(やうす)251()のスウツとした(ところ)252おいどの(ちひ)さい、253(あし)(ある)(やう)から、254手々(てて)振方(ふりかた)255(なん)とマア()いナイスだらう。256チルテルさまが女房(にようばう)(たた)()して本妻(ほんさい)()れやうとなさつたのも、257(けつ)して無理(むり)ではないワイ。258あゝ(なん)だか精神恍惚(せいしんくわうこつ)として夢路(ゆめぢ)辿(たど)るが(ごと)しだ。259あゝ(むね)(くる)しうなつて()た。260(なん)だか(おれ)にも恋愛嫉妬病(れんあいしつとびやう)勃発(ぼつぱつ)しさうだ。261(しか)(なが)到底(たうてい)(おれ)(ちから)では(そば)へもよりつくこたア出来(でき)やしないワ。262キャプテンだつて、263此奴(こいつ)駄目(だめ)かも()れぬぞ。264(なん)とマア崇高(けだか)姿(すがた)だらう。265温和(をんわ)にして威厳(ゐげん)あり、266(あたか)天女(てんによ)(ごと)し。267あゝ男子(だんし)現世(げんせい)(しやう)()けて、268(かく)(ごと)美人(びじん)(こん)すること(あた)はずば、269(むし)(くび)()つて(その)(めい)()たむのみだ。270エヘヽヽヽ、271(なん)だか体中(からだぢう)(なみ)()つて()よつたやうだ。272(おれ)(からだ)鋭利(えいり)刃物(はもの)一寸(いつすん)(きざ)みにザクザクと何者(なにもの)かが(きざ)()したやうだ。273ても()ても(くる)しいものだなア。274あゝあ キャプテンに報告(はうこく)もならず、275(ひめ)(さま)居間(ゐま)(うかが)(わけ)にも()かず、276ホンに(こま)つた(こと)だワイ。277……
278(さぎ)(からす)()うたが無理(むり)
279一羽(いちは)(とり)(にはとり)
280(あふひ)(はな)でも(あか)()
281(ゆき)といふ()(すみ)()く。
282ヤ、283()(こと)(おも)()した。284何程(なにほど)(おれ)がヒヨツトコでも、285(ゆき)といふ()(すみ)()以上(いじやう)は、286あのナイスをウンと()はせない道理(だうり)があらうか。287あんな(あを)(みき)()をした(あふひ)からも288真赤(まつか)(はな)()(ためし)もある。289()()つても、290(いろ)(くろ)(やつ)(いろ)(しろ)(やつ)とが対抗(たいかう)するのだ。291(しろ)(いし)同士(どうし)到底(たうてい)(もの)にならぬ。292ウンさうだ。293おかめに美男(びなん)294ヒヨツトコに美女(びぢよ)といふ(ためし)もある。295ヒヨツトしたら(あつら)(むき)かも()れぬぞ。296あのキャプテンは(つら)青白(あをじろ)(うへ)()がスラリと(たか)くて、297どこ(とも)なしに気障(きざ)(をとこ)だ。298(おれ)のやうな(ふし)くれだつた力瘤(ちからこぶ)だらけの強者(きやうしや)は、299(かへつ)(やさ)しいナイスが(この)むものだ。300ヨーシ、301(おれ)(こひ)(ため)にはユゥンケルの(しよく)(ぼう)にふつても(かま)はぬ、302ユゥンケルが(なん)だい。303仮令(たとへ)リューチナントになつた(ところ)()れたものだ。304キャプテン、305カーネル、306ゼネラル、307そんな(もの)(なん)になる。308ウン ヨシ、309(これ)から(こひ)勇者(ゆうしや)となつて、310天下(てんか)男子(だんし)(その)驍名(げうめい)(ほこ)つてやらう。311地獄(ぢごく)(うへ)一足飛(いつそくとび)だ。312人間(にんげん)一生(いつしやう)一度(いちど)(あぶ)ない(つな)(わた)つてみなくちやならないワ。313(をとこ)(だん)一字(いちじ)肝心(かんじん)だと()いてゐる。314エーエやつつけやうかな。
315(わが)(こひ)細谷川(ほそたにがは)丸木橋(まるきばし)
316(わた)るにやこはし(わた)らねば
317 ()いたお(かた)にや()はれない。…………
318とか(なん)とか、319(たれ)かが仰有(おつしや)いましたかネだ。320サア、321ここで(ひと)(こま)立直(たてなほ)し、322キャプテンに叛旗(はんき)(かか)げ、323初稚砲台(はつわかほうだい)(むか)つて、324獅子(しし)奮迅(ふんじん)勇気(ゆうき)(もつ)て、325短兵(たんぺい)(きふ)()めよせくれむ。326国家(こくか)興亡(こうばう)(この)瞬間(しゆんかん)にあり、327汝等(なんぢら)兵員(へいゐん)一同(いちどう)328()れ、3281奮励努力(ふんれいどりよく)せよ。329(いな)副守護神(ふくしゆごじん)一統(いつとう)330奮励努力(ふんれいどりよく)せよ。331超弩級艦(てうどきふかん)一隻(いつせき)332(まさ)(この)港口(こうこう)にあり、333閉塞隊(へいそくたい)用意(ようい)あつて(しか)るべし』
334(ひと)(はしや)(なが)ら、335肩肱(かたひぢ)(いか)らし、336一足(ひとあし)々々(ひとあし)(ちから)()大手(おほで)をふつて、337芝居(しばゐ)光秀(みつひで)花道(はなみち)から(あら)はれて()(とき)のやうなスタイルで、338ヂリリ ヂリリと(すす)()く。
339大正一二・四・二 旧二・一七 於皆生温泉浜屋 松村真澄録)