霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一三章 案知(あんち)〔一五一三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第59巻 真善美愛 戌の巻 篇:第3篇 地底の歓声 よみ:ちていのかんせい
章:第13章 案知 よみ:あんち 通し章番号:1513
口述日:1923(大正12)年04月02日(旧02月17日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年7月8日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第10輯 547頁 修補版: 校定版:183頁 普及版: 初版: ページ備考:
001キヨの関所(せきしよ)(やかた)をば
002(さぐ)らむ(ため)にテクテクと
003玉国別(たまくにわけ)(いとま)()
004斥候隊(せきこうたい)心地(ここち)して
005チルテル(やかた)()てみれば
006肝腎要(かんじんかなめ)事務室(じむしつ)
007(ねこ)()一匹(いつぴき)()らばこそ
008天井(てんじやう)(ねずみ)がチウチウと
009ちちくり()うてゐる(こゑ)
010いと(さわ)がしく(きこ)ゆのみ
011遠慮(ゑんりよ)会釈(ゑしやく)荒男(あらをとこ)
012裏庭(うらには)(くぐ)初稚姫(はつわかひめ)
013居間(ゐま)目当(めあて)()()けば
014チルテル、ヘールの両人(りやうにん)
015(ころも)()ぎすて赤裸体(まつぱだか)
016(ふし)くれだつたり気張(きば)つたり
017山門(さんもん)(まも)仁王(にわう)さま
018虎搏撃攘(こはくげきじやう)真最中(まつさいちう)
019コラ面白(おもしろ)面白(おもしろ)
020団扇(うちわ)はなけれど(おれ)(いま)
021行司(ぎやうじ)をやつてつかはそと
022(いさ)(すす)むで(ちか)よれば
023初稚姫(はつわかひめ)(こゑ)をかけ
024(まへ)はテクさまリュウチナント
025行司(ぎやうじ)(わらは)(いた)します
026貴方(あなた)此処(ここ)(きぬ)()
027力比(ちからくら)べの()しがかり
028最後(さいご)勝利(しようり)()(かた)
029(わたし)はラブを(そそ)ぎます
030(ちから)(つよ)(をとこ)をば
031(わたし)(をつと)()つのだと
032梅花(ばいくわ)のやうな(くちびる)
033いと(あい)らしく(うご)かせて
034(ことば)(すず)しく()(わた)
035()くよりテクは雀躍(こをど)りし
036玉国別(たまくにわけ)斥候(せきこう)
037なりて(きた)りし()(わす)
038うつつになつて(きぬ)()
039いざ()勝負(しようぶ)()ちゐたる
040(とき)しもあれやチルテルは
041美事(みごと)にヘールを()げつけて
042()るも(おそ)ろし陥穽(かんせい)
043(ほり)()(をは)るをみるや(いな)
044よし()勝負(しようぶ)()()つて
045獅子(しし)奮迅(ふんじん)猪突主義(ちよとつしゆぎ)
046発揮(はつき)(なが)らくらひつく
047(からだ)(あせ)はぬらぬらと
048(うなぎ)(なまづ)()みついて
049(あらそ)ふごとき為体(ていたらく)
050()うては(はな)(はな)れては
051(また)取組(とりく)むでドスドスと
052(には)小砂(こずな)をへこませつ
053(ここ)先途(せんど)(たたか)へば
054初稚姫(はつわかひめ)()をあげて
055オホヽヽヽヽと(わら)ひつつ
056愛嬌(あいけう)()もる視線(しせん)をば
057二人(ふたり)頭上(づじやう)(あび)せかけ
058勝負(しようぶ)如何(いかに)()ちゐたる
059チルテル、テクの両人(りやうにん)
060女帝(によてい)(まへ)晴勝負(はれしようぶ)
061世界(せかい)(いち)色男(いろをとこ)
062世界(せかい)(いち)のナイスをば
063女房(にようばう)になして()(なか)
064有情男子(うじやうだんし)(きも)ひしぎ
065(その)成功(せいこう)(ほこ)らむと
066(いのち)(まと)(いど)()
067新手(あらて)のテクは(やうや)くに
068相手(あひて)(まはし)をひき(にぎ)
069ヅドンと(ばか)()(うへ)
070岩石(がんせき)(おと)しに(なげ)()くる
071(いきおひ)(あま)つてコロコロと
072再度(ふたたび)三度(みたび)廻転(くわいてん)
073(あせ)のにじゆんだ肉体(にくたい)
074(たちま)(すな)祇園棒(ぎをんぼう)
075砂巻酢(すなまきずし)となり()へて
076千尋(ちひろ)(ふか)陥穽(かんせい)
077またたく(うち)()ちにけり
078(さすが)のテクも()をゆるし
079月桂冠(げつけいくわん)()たりとて
080(こころ)ホクホク()(うへ)
081(くろ)いお(しり)をドカとすゑ
082ハートに(なみ)()たせつつ
083四辺(あたり)()ればこはいかに
084バラモン(けう)のワックスや
085エキス、ヘルマン、エル四人(よにん)
086莞爾(にこにこ)(なが)()つてゐる
087初稚姫(はつわかひめ)(うれ)しげに
088テクに(むか)つて(こゑ)をかけ
089リュウチナントのテクさまえ
090(まへ)本当(ほんたう)(つよ)(ひと)
091サアサアこれから約束(やくそく)
092(わたし)女房(にようばう)になりまする
093握手(あくしゆ)(ひと)つと()(なが)
094(やさ)しき(しろ)()()せば
095握手(あくしゆ)(どころ)かキッスでも
096(なん)でも(かま)はぬ(いた)します
097エヘヽヽヽヽエヘヽヽヽ
098(よだれ)をタラタラ(なが)しつつ
099猿臂(ゑんぴ)()ばして()(ほそ)
100(しろ)(かひな)(にぎ)らむと
101なしたる刹那(せつな)初稚姫(はつわかひめ)
102無比(むひ)のナイスはテクの()
103()るより(はや)(しろ)()
104(あら)はし(たま)へばテクの(やつ)
105ハツと(あき)れて(その)(つら)
106見上(みあ)ぐる途端(とたん)にあら不思議(ふしぎ)
107()釣上(つりあが)口元(くちもと)
108(みみ)(まで)さけし(その)姿(すがた)
109(おどろ)後辺(しりへ)にドツと()
110(まなこ)キヨロキヨロ(ひか)らせば
111初稚姫(はつわかひめ)(たちま)ちに
112白狐(びやつこ)姿(すがた)還元(くわんげん)
113(はうき)のやうな()をふつて
114のそりのそりと(あゆ)()
115ワックス(はじ)三人(さんにん)
116(おどろ)狼狽(あはて)逃迷(にげまよ)
117四人(よにん)一度(いちど)陥穽(かんせい)
118バサリと()ちて(その)姿(すがた)
119地上(ちじやう)()えずなりにける
120テクは(ふたたび)仰天(ぎやうてん)
121(やうや)(こし)()(なが)
122(あし)もヒヨロ ヒヨロ バタバタと
123勝手門(かつてもん)をば(くぐ)()
124(しり)はし()つて一散(いつさん)
125玉国別(たまくにわけ)(かく)れたる
126タダスの(もり)(はし)()
127()(やうや)くに黄昏(たそがれ)
128(つき)御空(みそら)(かがや)けど
129(こずゑ)(しげ)みに(さへぎ)られ
130一寸先(いつすんさき)()()かぬ
131(やみ)(とばり)()りにけり
132真純(ますみ)(ひこ)(やみ)(もり)
133ブラリブラリと(すす)()
134(この)(とき)先方(むかふ)より()(きた)
135一人(ひとり)(をとこ)(たちま)ちに
136真純(ますみ)(ひこ)胸板(むないた)
137ドンと(あたま)()ちつけて
138アツと(ばか)りに打倒(うちたふ)
139ウンウン キヤアキヤア(うな)りゐる
140真純(ますみ)(ひこ)(あやし)みて
141玉国別(たまくにわけ)をソツと()
142火打(ひうち)(とり)()()(てん)
143よくよく()ればこは如何(いか)
144斥候主任(せきこうしゆにん)のテクの(やつ)
145ポカンと(くち)をあけ(なが)
146(そら)(あふ)いで(たふ)れゐる
147(その)スタイルは池鮒(いけふな)
148(どろ)()ひたる(ごと)くなり
149アツパ アツパと(くち)あけて
150()をキヨロつかせ(なが)めゐる。
151 真純彦(ますみひこ)はいろいろ介抱(かいはう)をし、152テクを()(おこ)し、153背中(せなか)()つたり()でたりし(なが)ら、
154真純(ますみ)『オイ、155テク、156(しつか)りせむかい。157(てき)様子(やうす)()うだ。158三千彦(みちひこ)所在(ありか)(わか)つたか。159サア(はや)報告(はうこく)せよ』
160 テクは(いき)(くる)しげに()(あが)り、161(つち)(うへ)両手(りやうて)()いて、
162テク『ヘー、163どうも大変(たいへん)(ござ)います。164()れは()れは()(した)開山(かいさん)世界一(せかいいち)大角力(おほすまふ)(はじ)まつてをりました。165(わたし)(その)角力(すまふ)参加(さんか)して大勝利(だいしようり)()ました。166そして、167キヽキツネのニヨニヨ(によ)(ばう)褒美(はうび)(もら)いました』
168真純(ますみ)『オイ、169テク、170(しつか)りせぬかい。171偵察(ていさつ)()うだつたい。172(この)(なが)()(いま)(まで)173(おれ)(たち)()つてゐたのぢやないか、174(なに)をして()つたのだ。175サア詳細(つぶさ)注進(ちうしん)せい』
176テク『イヤもう、177化物屋敷(ばけものやしき)探険(たんけん)には、178流石(さすが)のテクもテクずりました。179角力取(すまふとり)(あな)へおちたり、180(きつね)(あら)はれたり、181バラモンのワックスが見物(けんぶつ)()()たり、182それはそれは(たい)した人気(にんき)(ござ)いましたよ。183折角(せつかく)184(いのち)カラガラ大勝利(だいしようり)()て、185初稚姫(はつわかひめ)といふ古今無双(ここんむさう)のナイスを女房(にようばう)()つたと(おも)へば、186キヽ(きつね)になつて、187のそりのそりと()()しました。188イヤもう、189(こは)いの(こは)くないのつて、190(くち)でいふやうな(こと)ぢやありませぬワ。191(さけ)(よひ)(なに)も、192一度(いちど)何処(どつか)へか逐転(ちくてん)して(しま)ひました。193あゝあ、194あゝ(くる)しい。195こんな(おそ)ろしい(くる)しい(こと)は、196(うま)れてからまだありませぬワ。197モシ玉国別(たまくにわけ)先生(せんせい)198あんな(ところ)()くが最後(さいご)199陥穽(おとしあな)(おと)されますよ。200そして彼処(あこ)(やつ)ア、201人間(にんげん)(おも)うてたら(だま)されますよ。202(みな)(きつね)になりますよ。203あんな危険(きけん)(ところ)へは()(くだ)さりますな。204御身(おんみ)大切(たいせつ)(ござ)いますから……』
205真純(ますみ)『オイテク、206一向(いつかう)要領(えうりやう)()ぬぢやないか、207モツと明瞭(はつきり)報告(はうこく)せないか』
208テク『ヘーヘー、209要領(えうりやう)()ないのは当然(たうぜん)ですよ。210(わたし)要領(えうりやう)得損(えそこな)つたのですからなア。211……本当(ほんたう)本当(ほんたう)に、212古今独歩(ここんどつぽ)213珍無類(ちんむるゐ)奇妙(きめう)奇天烈(きてれつ)な、2131()()つて()ましたワイ』
214真純(ますみ)三千彦(みちひこ)消息(せうそく)(わか)つたか』
215テク『(あま)(こは)くつて、216()(くら)み、217みち(ひこ)川彦(かはひこ)(なに)(わか)りませぬ。218これ(だけ)(くら)いと、219(ひと)(ゆき)(あた)つても、220()れないのですから、221どしてみち(ひこ)(わか)りませうかい。222あゝあ ホンニホンニうすい()()うたものだ』
223真純(ますみ)(こま)つた(やつ)だなア。224(なん)(ため)使(つかひ)だ。225チツと(しつか)りせぬかい』
226玉国(たまくに)『オイ、227テク、228(すこ)()落付(おちつ)けて(ゆつく)りと(はな)してくれ。229(まへ)言葉(ことば)ではチツとも要領(えうりやう)(わか)らぬからのう』
230 テクは(しばら)休息(きうそく)した(うへ)231(やかた)(おもて)より(すす)()つて、232裏庭(うらには)()れば角力(すまふ)(はじ)まりかけてゐた(こと)や、233自分(じぶん)角力(すまふ)()つて()つた(こと)234初稚姫(はつわかひめ)(おも)つた(をんな)(おほ)きな白狐(びやつこ)であつた(こと)などを細々(こまごま)復命(ふくめい)した。235そして三千彦(みちひこ)(ほか)二人(ふたり)行衛(ゆくゑ)(わか)らなかつたが、236大方(おほかた)陥穽(おとしあな)()ちてゐるだらう……と心配(しんぱい)(さう)(こた)へた。237玉国別(たまくにわけ)(しばら)(くび)(かたむ)思案(しあん)()れてゐた。
238真純(ますみ)『モシ先生(せんせい)239どう(いた)しませうか、240三千彦(みちひこ)以下(いか)二人(ふたり)を、241(この)(まま)放任(はうにん)する(わけ)にも()かず、242ぢやと()つて、243(この)(くら)いのにうつかり()かうものなら、244(また)もや陥穽(おとしあな)突込(つつこ)まれちや大変(たいへん)ですからなア』
245アンチー『モシ、246先生様(せんせいさま)247そんな御心配(ごしんぱい)()りませぬ。248(わたし)御恩報(ごおんはう)じに()ぶみを(いた)しますから、249何卒(どうぞ)(あと)から足跡(あしあと)()んで()(くだ)さい。250()(わたし)()()むだら、251そこを(とほ)らない(やう)にして(くだ)されば、252それで安心(あんしん)でせう。253サア(まゐ)りませう。254グヅグヅして()つては255三千彦(みちひこ)(さま)御夫婦(ごふうふ)(はじ)伊太彦(いたひこ)さまが()うなるか()れませぬ。256あの(やかた)には沢山(たくさん)兵士(へいし)()るといふ(こと)ですからなア』
257玉国(たまくに)()(かく)充分(じうぶん)注意(ちうい)をして(すす)(こと)にせう。258オイ、259テク、260(まへ)はモウ、261バーチルさまの(やかた)(かへ)り、262番頭(ばんとう)さまの(やく)忠実(ちうじつ)(つと)めたがよからう。263狼狽者(あわてもの)()れて()くと、264(かへつ)作戦(さくせん)計画(けいくわく)齟齬(そご)(きた)すからなア』
265テク『滅相(めつさう)もない、266どこ(まで)もお(とも)(いた)します、267大抵(たいてい)(ところ)勝手(かつて)()つてゐます。268滅多(めつた)()()(やう)なこた(いた)しませぬ。269何程(なにほど)(くら)くても、270(そら)さへ()れば(こずゑ)調子(てうし)で、271此処(ここ)何処(どこ)(ぐらい)(こと)(わか)つてゐますからなア』
272アンチー『(しか)らば(わたし)先頭(せんとう)(つかまつ)りませう。273あの屋敷(やしき)(わたし)も、274三年(さんねん)以前(いぜん)にチヨコ チヨコいつた(こと)があります。275……オイ、276テクさま、277(まへ)一番(いちばん)(あと)から先生(せんせい)(まも)つてついて()い、278……
279(やみ)(とばり)(おろ)されて
280一寸先(いつすんさき)()えず(とも)
281(こころ)(そら)日月(じつげつ)
282(かがみ)(ごと)(かがや)けり
283玉国別(たまくにわけ)神司(かむづかさ)
284真純(ますみ)(ひこ)(したが)ひて
285(われ)()二人(ふたり)(いさ)ましく
286バラモン(けう)悪神(あくがみ)
287(しこ)(やかた)()して()
288(なに)(ほど)(くら)いと()つたとて
289(もと)より(めくら)でないものは
290(やみ)になれたら(あか)くなる
291(ただ)(おそ)るるは足許(あしもと)
292百足(むかで)(まむし)(やから)のみ
293それの危難(きなん)(のが)れるは
294三五教(あななひけう)神様(かみさま)
295(をし)(たま)ひし数歌(かずうた)
296(ひと)(ふた)()()(いつ)()
297(なな)()(ここの)(たり)(もも)()
298(よろづ)(とな)(すす)むなら
299如何(いか)なる(まが)(おそ)るべき
300(かへつ)先方(むかふ)(をのの)きて
301(くも)(かすみ)()げるだらう
302三千彦(みちひこ)さまのお()(うへ)
303デビスの(ひめ)伊太彦(いたひこ)
304(なや)みを(あん)(わづら)ひつ
305(こころ)(こま)のはやるまに
306(かみ)(ひかり)()()びて
307(てき)(やかた)(すす)()
308あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
309御霊(みたま)(さち)はひましまして
310玉国別(たまくにわけ)(はじ)めとし
311(われ)()一行(いつかう)(つつが)なく
312三千彦(みちひこ)(さま)一行(いつかう)
313(すく)はせ(たま)へと()ぎまつる
314(にはか)番頭(ばんとう)のテクさまが
315真昼(まひる)(うち)偵察(ていさつ)
316()かけなされて(あわ)をふき
317大化物(おほばけもの)昼狐(ひるぎつね)
318得体(えたい)()れぬ怪物(くわいぶつ)
319(きも)()られて(かへ)()
320(その)光景(くわうけい)可笑(をか)しさよ
321(この)アンチーはどこ(まで)
322(きつね)(たぬき)にや(おそ)れない
323無人(むじん)(しま)三歳(みとせ)ぶり
324大蛇(をろち)(たか)相棲居(あひずまゐ)
325一旦(いつたん)(おに)境遇(きやうぐう)
326(なり)さがりたる経験上(けいけんじやう)
327(なに)(ほど)悪魔(あくま)()()(とも)
328(けつ)して(おそ)るるものでない
329玉国別(たまくにわけ)()(きみ)
330真純(ますみ)(ひこ)神司(かむづかさ)
331(こころ)(たひら)(やす)らかに
332アンチーの(あと)目当(めあて)とし
333(すす)ませ(たま)惟神(かむながら)
334(かみ)(まも)りで安全(あんぜん)
335場所(ばしよ)案内(あんない)(いた)します』
336 かく小声(こごゑ)(うた)(なが)ら、337チルテル(やかた)裏門(うらもん)から足元(あしもと)()()(なが)ら、338アンチー、339テクは後先(あとさき)()つて(すす)()る。
340大正一二・四・二 旧二・一七 於皆生温泉浜屋 松村真澄録)