霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一五章 和歌意(わかい)〔一五一五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第59巻 真善美愛 戌の巻 篇:第3篇 地底の歓声 よみ:ちていのかんせい
章:第15章 和歌意 よみ:わかい 通し章番号:1515
口述日:1923(大正12)年04月02日(旧02月17日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年7月8日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第10輯 557頁 修補版: 校定版:213頁 普及版: 初版: ページ備考:
001三千彦(みちひこ)伊太彦(いたひこ)デビス(ひめ)
002三人(みたり)(やかた)広庭(ひろには)
003(やみ)(まぎ)れて()(いだ)
004途端(とたん)地底(ちてい)岩窟(がんくつ)
005スツテンコロリと(すべ)()
006此処(ここ)一夜(いちや)()かしつつ
007無聊(むれう)(なぐさ)(その)(ため)
008伊太彦(いたひこ)(つかさ)(くち)()
009()でて胡床(あぐら)をかきながら
010思案(しあん)()るる(をり)もあれ
011ツルツルツルと(おち)(きた)
012一人(ひとり)(をとこ)()るよりも
013(おどろ)(なが)(むね)()
014新規(しんき)開業(かいげふ)旅人宿(りよにんやど)
015気転(きてん)()かす面白(おもしろ)
016(こひ)(あらそ)陥穽(かんせい)
017()(おと)されたヘール(つかさ)
018一目(ひとめ)()るより仰天(ぎやうてん)
019(まへ)はいづくの何者(なにもの)
020(いぶ)かしさよと(たづ)ぬれば
021伊太彦(いたひこ)(あたま)をかき(なが)
022(わたし)伊太屋(いたや)番頭(ばんとう)です
023何卒(なにとぞ)一夜(いちや)(わが)(たく)
024(とま)りなされて(くだ)さんせ
025一等(いつとう)二等(にとう)三等(さんとう)
026区別(くべつ)がついて()りますが
027貴方(あなた)人格(じんかく)調(しら)ぶれば
028(かね)()たない真裸体(まつぱだか)
029一等(いつとう)旅館(りよくわん)(かぎ)ります
030開業(かいげふ)早々(さうさう)何事(なにごと)
031準備(じゆんび)(ととの)ひおりませぬ
032(おに)(わらび)鉄拳(てつけん)
033(ひね)(もち)など沢山(たくさん)
034(あが)りなさつて(くだ)されや
035(ちや)(あつ)うなし微温(ぬる)うなし
036魔法瓶(まはふびん)から天然(てんねん)
037ちつと(くさ)いが幾何(いくら)でも
038ついで()げますサア(はや)
039(あし)(あら)つて(おく)()
040(とほ)りなされサア(はや)
041今日(けふ)目出度(めでた)開業日(かいげふび)
042ようまア(とま)つて(くだ)さつた
043(なん)ぢやかんぢやと揶揄(からか)へば
044(さすが)のヘールも(あき)れはて
045そんならお世話(せわ)になりませう
046何分(なにぶん)宜敷(よろし)(たの)むぞや
047始終食円(しじうくゑん)宿料(やどれう)
048約束(やくそく)(なが)(おく)()
049(とほ)れば下女(げぢよ)のデビスさま
050料理人(いたば)(まが)ひの三千彦(みちひこ)
051一間(いつけん)(ばか)相隔(あひへだ)
052行儀(ぎやうぎ)(ただ)しく(すわ)()
053ヘールは二人(ふたり)(こゑ)をかけ
054一等客(いつとうきやく)(まゐ)りました
055(はや)くお(ちや)でも()みなされ
056料理人(いたば)下女(げぢよ)(おく)()
057(ひる)最中(さいちう)にぬつけりと
058内証話(ないしやうばなし)をすると()
059不都合(ふつがふ)(こと)があるものか
060アハヽヽハツハ、アハヽヽヽ
061三人(さんにん)一度(いちど)(こゑ)()
062(わら)(きよう)ずる(とき)もあれ
063(また)もや()()荒男(あらをとこ)
064よくよく()ればチルテルの
065(この)()(あるじ)キャプテンが
066(まなこ)(いか)らし(にら)()
067その面貌(めんばう)(すさま)じさ。
068ヘール『ヤア、069チルテルさま、070(わたし)(あと)()つかけて、071よう()(くだ)さいました。072これが(をんな)だと、073(まこと)都合(つがふ)がよからうになア、074エヘヽヽヽ』
075チルテル『そこに()(をんな)はデビスぢやないか、076あれ(ほど)(きび)しく(しば)()げて、077土蔵(どざう)(なか)(つな)いでおいたに、078どうして此処(ここ)()()たのか』
079デビス『オホヽヽヽヽ。080貴方(あなた)関守(せきもり)のキャプテンさまぢやありませぬか。081(この)(あひだ)(えら)いお世話(せわ)になりましたなア。082(わらは)寝床(ねどこ)にわざわざお(いで)(くだ)さいまして083神輿(みこし)(なん)かのやうにワツシヨ ワツシヨと()つぎ084御丁寧(ごていねい)にお(くら)(なか)にお()(くだ)さいまして有難(ありがた)(ござ)います。085(しか)しリュウチナントのカンナ(さま)がお(いで)(くだ)さいまして、086「どうか(この)(くら)(わたし)住宅(ぢうたく)にしたいから(はや)退()いて(くだ)さい」と家主(やぬし)から()()てを()ひましたので087()むを()ず、0871(この)岩窟(がんくつ)ホテルに移転(いてん)し、088やつと開業(かいげふ)した(ところ)です』
089チルテル『ナニ、090カンナと()()はつた。091ハテ合点(がてん)()かぬ(こと)()ふものぢやなア。092イヤ三千彦(みちひこ)もそこに()るぢやないか、093(この)(はう)家敷(やしき)夜中(やちう)(しの)()み、094(なに)()からぬ(こと)(たく)095(その)天罰(てんばつ)でこの陥穽(おとしあな)(すべ)()ちたのだらうがな』
096三千彦(みちひこ)『アハヽヽヽ、097オイ、098チルテルさま、099女房(にようばう)(えら)いお世話(せわ)になりました。100有難(ありがた)(ござ)います。101(しか)貴方(あなた)はどうして此処(ここ)へお(いで)になりました』
102チルテル『これは拙者(せつしや)管轄内(くわんかつない)だから、103一寸(ちよつと)巡検(じゆんけん)()たのだ。104それが(なん)(いた)した』
105ヘール『ハヽヽヽヽ。106(うま)(こと)仰有(おつしや)いますわい、107これ三千彦(みちひこ)さま、108(じつ)初稚姫(はつわかひめ)さまの色香(いろか)(まよ)ひ、109(はな)(した)(なが)うして吾々(われわれ)両人(りやうにん)口説(くど)()てた(ところ)110初稚姫(はつわかひめ)さまは、111角力(すまふ)をとつて(かつ)(ひと)女房(にようばう)にならうと()つたのです。112さうした(ところ)1121(うん)(わる)くも(あし)()(はづ)113真先(まつさき)(わたし)()()むで仕舞(しま)つたのです。114(あと)ではテクとこの大将(たいしやう)勝負(しようぶ)する(こと)になつて()ましたが115矢張(やつぱり)(まけ)たと()えてこの岩窟(がんくつ)()ちて()たのです。116このキヨの関所守(せきしよもり)117この岩窟(いはや)一度(いちど)でもおち()むで()たら免職(めんしよく)になるのですから118今日(けふ)のチルテルは最早(もはや)119キャプテンではありませぬ。120ユゥンケル(ぐらゐ)なら(ぼう)()つても宜敷(よろし)いが、121折角(せつかく)(ここ)(まで)()()げたキャプテンの職名(しよくめい)(ぼう)()るのは(いささ)かお()(どく)ですわい、122ウフヽヽヽ。123もし三千彦(みちひこ)さま、124もう()うなれば、125吾々(われわれ)はバラモンの軍人(ぐんじん)でも(なん)でもありませぬ、126何卒(どうぞ)四海同胞(しかいどうはう)精神(せいしん)をもつて可愛(かあい)がつて(くだ)さい。127貴方(あなた)(おく)さまを(かつ)()したのは吾々(われわれ)ぢやありませぬ。128(みな)このチルテルが兵士(へいし)()れて()つて(ぬす)()したのですよ。129さうして初稚姫(はつわかひめ)(さま)自分(じぶん)(つま)となし、130リュウチナントのカンナさまに(くち)ふさぎのため、131デビスさまを(あて)がうためにあんな(こと)をやつたのですよ。132御迷惑(ごめいわく)はお(さつ)(いた)します』
133デビス(ひめ)(わが)()をば(かつ)()したる(その)(ひと)
134(いま)()(とけ)(むか)()ふかな。
135何事(なにごと)(みな)神様(かみさま)のお仕組(しぐみ)
136(さと)れる()には(うらみ)だになし』
137チルテル『(こひ)()(しこ)魔神(まがみ)(くら)まされ
138(おも)はぬ(つみ)(かさ)ねけるかな。
139(この)(うへ)(こころ)(つみ)委細(まつぶさ)
140(きみ)御前(みまへ)にさらけて(わび)む』
141デビス(ひめ)赤心(まごころ)(いま)()せざる(きみ)こそは
142(かみ)(すく)ひの門口(かど)()るなり』
143チルテル『有難(ありがた)(なれ)言葉(ことば)皇神(すめかみ)
144(ふか)(なさけ)(なみだ)ぐまるる。
145仇人(あだびと)(にく)みたまはず(ねもごろ)
146いたはりたまふ(きみ)(かみ)なり』
147ヘール『キャプテンの(くち)(くるま)()せられな
148(くる)しさ(ゆゑ)(すさ)みなりせば。
149(また)しても十八番(じふはちばん)(おく)()
150()した(をとこ)(にく)らしきかな。
151チルテルはいとしき(つま)()(いだ)
152(あだ)(をんな)(めと)らむとせり。
153(われ)()(つま)()たざるセリバシー
154(あは)れみたまへ無垢(むく)(からだ)を』
155チルテル『横町(よこちやう)床屋(とこや)(かか)(めじり)さげ
156はぢかれたりし(とき)のをかしさ。
157多福(たふく)肱鉄砲(ひぢてつぼう)()はされて
158めそめそ()きしヘールぞ可笑(をか)しき』
159ヘール『(ひと)()大勢(おほぜい)(まへ)素破抜(すつばぬ)
160()曲神(まがつみ)(うつは)なるらむ』
161チルテル『曲神(まがかみ)(まこと)(かみ)()らねども
162ありし(まこと)(われ)()ふなり』
163三千彦(みちひこ)面白(おもしろ)(ひと)(なさけ)(から)日本(やまと)
164いづくの(はて)(かは)らざりけり。
165伊太彦(いたひこ)如何(いか)になしけむ姿(すがた)をも
166(いま)だにみせず(こころ)もとなや』
167ヘール『(くち)()伊太屋(いたや)番頭(ばんとう)(をさ)まりて
168帳面(ちやうめん)片手(かたて)算盤(そろばん)()たせり。
169面白(おもしろ)(をとこ)もあればあるものよ
170岩窟(いはや)におちて宿屋(やどや)気取(きど)れる』
171三千彦(みちひこ)(この)(うへ)(こころ)(かき)()(はら)
172(たす)()ひつつ(かみ)(みち)()かむ』
173チルテル『有難(ありがた)(まこと)(みち)()(つた)
174(きみ)(こころ)()けへだてなき』
175ヘール『バラモンのこれが(つかさ)であつたなら
176こんな(わけ)にはとても()くまい』
177デビス(ひめ)(いにしへ)(えにし)(いと)(つな)がれて
178(むつ)()ふたる今日(けふ)(ゆか)しき』
179チルテル『(この)(うへ)(こころ)(きよ)めて三五(あななひ)
180(かみ)大道(おほぢ)(すす)()くべし』
181三千彦(みちひこ)『バラモンの(かみ)(をしへ)()てずして
182(わが)三五(あななひ)(みち)(まも)れよ』
183 ()四人(よにん)()()け、184(たがひ)意見(いけん)交換(かうくわん)して185兄弟(きやうだい)(ごと)く、1851(むつ)()(こと)となつた。186あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
187大正一二・四・二 旧二・一七 於皆生温泉浜屋 加藤明子録)
188(昭和九・一一・三〇 王仁校正)