霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一七章 倉明(くらあき)〔一五一七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第59巻 真善美愛 戌の巻 篇:第3篇 地底の歓声 よみ:ちていのかんせい
章:第17章 第59巻 よみ:くらあき 通し章番号:1517
口述日:1923(大正12)年04月02日(旧02月17日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年7月8日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5917
愛善世界社版: 八幡書店版:第10輯 565頁 修補版: 校定版:238頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 第一(だいいち)倉庫(さうこ)(なか)には002カンナ、003チルナの両人(りやうにん)(たがひ)悲歎(ひたん)(なみだ)()(なが)004()果敢(はか)なみて述懐(じゆつくわい)(うた)つて()る。
 
005チルナ(ひめ)()(した)(わが)()(きみ)曲神(まがかみ)
006カンナ…………『(おそ)はれ(たま)ひし(こと)(かな)しさ。
007チルナ(ひめ)(くら)がりの(くら)(つれ)なく()()まれ
008カンナ…………『(かわ)(よし)なき(わが)(なみだ)かな。
009チルナ(ひめ)初稚(はつわか)(ひめ)(とな)ふる曲神(まがかみ)
010カンナ…………『(この)()(みだ)人鬼(ひとおに)ならめ。
011チルナ(ひめ)何時(いつ)()かこれの鉄門(かなど)(ひら)かれむ
012カンナ…………『(たよ)()()(もだ)(くる)しむ。
013チルナ(ひめ)()(かわ)(この)(くる)しみを如何(いか)にせむ
014カンナ…………『(つばき)さへ()二人(ふたり)()(うへ)
015チルナ(ひめ)(かな)しさは(なみだ)となりて(あふ)れけり
016カンナ…………『()荒波(あらなみ)()まれし()には。
017チルナ(ひめ)大空(おほぞら)月日(つきひ)(きよ)(かがや)けど
018カンナ…………『(こころ)(そら)黒雲(くろくも)(つつ)めり。
019チルナ(ひめ)如何(いか)にしてこれの鉄門(かなど)(ひら)かむと
020カンナ…………『あせれど最早(もはや)(ちから)()きぬる。
021チルナ(ひめ)(この)(うへ)(ただ)大神(おほかみ)()(まつ)
022カンナ…………『(すく)はるる(とき)()つばかりなり。
023チルナ(ひめ)恋雲(こひぐも)(ふか)(つつ)まれ()(ひかり)
024カンナ…………『(かく)して一人(ひとり)(われ)(くる)しむ。
025チルナ(ひめ)()(きみ)(をんな)(こころ)とられましぬ
026カンナ…………『(われ)(かは)らず(まよ)(くる)しむ。
027カンナ『デビス(ひめ)(めと)らむものと村肝(むらきも)
028チルナ(ひめ)………『(こころ)(くだ)きし(ひと)(あは)れさ。
029カンナ『太腿(ふともも)(かぶ)りつかれた(くる)しさを
030チルナ(ひめ)………『(おも)ひやるだに(なみだ)ぐまるる。
031カンナ『チルナ(ひめ)(やみ)(まぎ)れて(わが)(もも)
032チルナ(ひめ)………『獅噛(しが)みついたる(こと)(くる)しさ。
033カンナ『惟神(かむながら)(かみ)御前(みまへ)(つみ)()
034チルナ(ひめ)………『()びつ(うら)みつ()(わた)るかな。
035カンナ『バラモンの皇大神(すめおほかみ)(わが)()をば
036チルナ(ひめ)………『(すく)ひまさずやいとど(かな)しき。
037チルナ(ひめ)(つき)村雲(むらくも)(はな)には(あらし)
038()(すさ)むなる()(なか)
039(はな)(かざ)して永久(とこしへ)
040(この)()(やす)(わた)らむと
041(いの)りし(こと)(みづ)(あわ)
042初稚姫(はつわかひめ)()ふナイス
043(あら)はれ(きた)りて(わが)(つま)
044(きよ)(こころ)(にご)らせつ
045(こころ)にもなき枉業(まがわざ)
046(つく)させ(たま)(うら)めしさ
047(わが)()(きみ)はバラモンの
048キヨの関所(せきしよ)(あづか)りて
049ハルナの(みやこ)()()する
050三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
051一人(ひとり)(のこ)さず引捕(ひつと)らへ
052地底(ちてい)(ふか)穿(うが)ちたる
053その岩窟(がんくつ)()()みて
054(この)()(わざはひ)(はら)はむと
055誠心(まことごころ)(ささ)げつつ
056(あさ)(ゆふ)なに大神(おほかみ)
057感謝(かんしや)祈願(きぐわん)太祝詞(ふとのりと)
058()らせ(たま)ひし(をり)もあれ
059木花(このはな)()らす夜嵐(よあらし)
060()(まく)られて(いも)()
061(みち)(あやま)(たま)ひつつ
062(わらは)()をば(やかた)より
063追放(つゐはう)せむとなし(たま)
064その曲業(まがわざ)(かな)しけれ
065(わが)()(きみ)(まよ)ひをば
066()まし()れむと(こころ)にも
067なき(いつは)りを(かま)へつつ
068半狂乱(はんきやうらん)(よそほ)ひて
069戸障子(としやうじ)手道具(てだうぐ)(ことごと)
070打折(うちを)(くだ)警告(けいこく)
071(あた)へし(こと)(あだ)となり
072(たちま)手足(てあし)(しば)られて
073無慙(むざん)(くら)(くら)(なか)
074()()れられし(かな)しさよ
075これも(まつた)くリュウチナント
076カンナの(つかさ)待遇(もてな)しが
077面白(おもしろ)なかりし(その)(ため)
078一度(いちど)(うら)()たりしが
079カンナの(つかさ)(いま)ここに
080(われ)()(とも)(くる)しめる
081姿(すがた)()るより同情(どうじやう)
082(なみだ)()れて(わが)(うら)
083春野(はるの)(ゆき)()えにけり
084あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
085(かみ)(めぐ)みの(さち)はひて
086一日(ひとひ)(はや)片時(かたとき)
087(われ)()二人(ふたり)身魂(みたま)をば
088(ひろ)きに(すく)(たま)へかし
089(ひとへ)(ねが)(たてまつ)
090梵天(ぼんてん)帝釈(たいしやく)自在天(じざいてん)
091大国彦(おほくにひこ)大御神(おほみかみ)
092大国彦(おほくにひこ)神柱(かむばしら)
093御前(みまへ)(つつし)鹿児自物(かごじもの)
094(ひざ)折伏(をりふ)せて()(まつ)る。
095天地(あめつち)(かみ)()さずや()まさずや
096この()(ごと)(きこ)()さずや。
097村肝(むらきも)(こころ)(やみ)()(うち)()けて
098(すく)はせ(たま)大御神(おほみかみ)(たち)
099カンナ『バラモン(けう)神柱(かむばしら)
100ハルナの(みやこ)()れませる
101大黒主(おほくろぬし)命令(みこと)もて
102リュウチナントに(にん)ぜられ
103チルテル(つかさ)(したが)ひて
104(おの)(つと)めを忠実(ちうじつ)
105(つか)へまつりし(この)カンナ
106如何(いか)なる悪魔(あくま)(みい)りしか
107(おも)ひも()らぬ災難(さいなん)
108不遇(ふぐう)(かこ)今日(けふ)()
109あるにあられぬ(なや)みなり
110チルテルキャプテンに(たの)まれて
111チルナの(ひめ)御前(おんまへ)
112(こころ)にあらぬ(いつは)りを
113()()うしくも(なら)()
114(きよ)(こころ)(くも)らせて
115(ひめ)(わざはひ)(まね)きたる
116その罪悪(ざいあく)(かへり)みて
117いと(おそ)ろしくなりにけり
118(やみ)(なか)とは()(なが)
119(わが)太腿(ふともも)峻烈(しゆんれつ)
120()()(たま)ひし(その)(いた)
121無念(むねん)歯噛(はが)みなし(なが)
122(うら)みを()らし()れむずと
123(こぶし)(かた)めて(ふた)()
124(たふと)(おもて)(なぐ)りしは
125(くや)むで(かへ)らぬ過失(あやまち)
126(こと)(おこ)りは(この)カンナ
127(もの)黒白(あやめ)(わか)らずに
128(よく)(まよ)ひし(その)(ため)
129(ゆる)させ(たま)へチルナ(ひめ)
130(ひと)(かみ)()(かみ)(みや)
131もとより(おに)()でもない
132大蛇(をろち)(はら)(うま)れたる
133(じや)でもなければ(まが)でない
134(いづ)れも(かみ)分霊(わけみたま)
135水晶魂(すいしやうだま)持主(もちぬし)
136さはさり(なが)大空(おほぞら)
137月日(つきひ)(しば)黒雲(くろくも)
138(つつ)まれ姿(すがた)(かく)(ごと)
139(わが)(たましひ)何時(いつ)しかに
140悪魔(あくま)(とりこ)となり()てて
141(おも)はぬ不覚(ふかく)をとりました
142かうなり()くも(おの)()
143(をか)せし(つみ)(むく)ひぞや
144チルテルさまや(ひめ)(さま)
145最早(もは)(すこ)しも(うら)まない
146梵天(ぼんてん)帝釈(たいしやく)自在天(じざいてん)
147二人(ふたり)(なや)みを逸早(いちはや)
148(すく)はせ(たま)惟神(かむながら)
149黒白(あやめ)()かぬ(やみ)(なか)
150双手(もろて)(あは)真心(まごころ)
151(ささ)げて(いの)(たてまつ)る』
152 ()(うた)(をり)しも(にはか)四辺(あたり)(さわ)がしく、153数十人(すうじふにん)足音(あしおと)(きこ)えて()た。154二人(ふたり)(みみ)をすまして何者(なにもの)襲来(しふらい)なるかと(しば)様子(やうす)(うかが)つて()た。155(たちま)ち、1551ガチヤリと()(ひら)(おと)156()れば初稚姫(はつわかひめ)(はじ)めチルテル(その)(ほか)沢山(たくさん)宣伝使(せんでんし)兵士(へいし)()つて()る。157チルナ(ひめ)矢庭(やには)(くら)()()し、158初稚姫(はつわかひめ)目蒐(めが)けて夜叉(やしや)(ごと)()びついた。159初稚姫(はつわかひめ)はヒラリと(たい)(かは)し、
160初稚姫(はつわかひめ)三五(あななひ)(まこと)(みち)(つた)()
161(われ)初稚姫(はつわかひめ)(かみ)ぞや。
162チルナ(ひめ)(わらは)姿(すがた)見誤(みあやま)
163(うら)(たま)ふか(こころ)もとなや』
164チルナ(ひめ)『よく()れば何処(どこ)とはなしに御姿(おんすがた)
165(かは)らせ(たま)ひぬ(ゆる)させ(たま)へ』
166チルテル『いと()やの(つま)(みこと)(こころ)せよ
167(われ)初稚姫(はつわかひめ)(すく)はれしぞや』
168チルナ(ひめ)()(きみ)刃向(はむか)ひまつりし(わが)(つみ)
169(ゆる)(たま)はれ(かみ)(こころ)に』
170チルテル『(わが)(むね)(すぐ)へる(まが)(いざな)はれ
171(おも)はぬ(つみ)(をか)しけるかな。
172今日(けふ)よりは(こころ)(こま)()(なほ)
173チルナの(ひめ)(あつ)(めで)なむ』
174チルナ(ひめ)有難(ありがた)()()(ごと)()(うへ)
175仮令(たとへ)()すとも(うら)まざらまし』
176カンナ『チルテルの(つかさ)(きよ)(ゆる)しませ
177(つみ)(おぼ)れし(わが)(たましひ)を』
178玉国別(たまくにわけ)皇神(すめかみ)(めぐ)みの(つゆ)(うるほ)ひて
179(われ)(ひと)ともに(いさ)みけるかな』
180三千彦(みちひこ)日影(ひかげ)なき地底(ちてい)(ほら)(おと)されて
181(こころ)(くだ)きし(こと)果敢(はか)なさ。
182初稚姫(はつわかひめ)(かみ)(みこと)があれまして
183吾等(われら)(いのち)(すく)(たま)ひぬ。
184何時(いつ)()(この)御恵(みめぐみ)(わす)るべき
185弥勒(みろく)御世(みよ)(すゑ)(すゑ)まで』
186ワックス『テルモンの(かみ)(やかた)色々(いろいろ)
187(まが)(たく)みたる(われ)はワックス。
188(いま)こそは誠心(まことごころ)(かへ)りけり
189(ゆる)させ(たま)三千彦(みちひこ)(きみ)
190三千彦(みちひこ)村肝(むらきも)(こころ)(はな)()きぬれば
191()(にく)むべき(ひと)はあらまし』
192ヘルマン『如何(いか)にして(おの)(をか)せし罪科(つみとが)
193()びむと(おも)(こころ)(くる)しさ。
194デビス(ひめ)(きよ)身魂(みたま)(くも)らせし
195(われ)(この)()魔神(まがみ)なりしか』
196エキス『五百笞(いほむち)(いまし)()けて遙々(はるばる)
197(きた)りて此処(ここ)(ゆめ)()めけり』
198エル『三千彦(みちひこ)(あつ)(なさけ)御計(おはか)らひ
199(あだ)(かへ)せし(わが)()(うた)てさ。
200三千彦(みちひこ)(なさ)けの(たらひ)なかりせば
201(わが)身体(からたま)如何(いか)(たも)たむ。
202海山(うみやま)(めぐ)みを()けし()ながらに
203(あだ)(ねら)ひし(こと)(くる)しさ』
204イク『初稚姫(はつわかひめ)(かみ)(みこと)(あと)になり
205(さき)になりつつ(すす)()にけり』
206サール『キヨ(みなと)関守館(せきもりやかた)(たづ)()
207(おも)はぬ(ひと)(めぐ)()ひしよ』
208テク『いざさらばバーチル(ぬし)(やかた)へと
209(いそ)いで()かむ(みな)(ひと)(たち)
210チルテル『(いま)(しば)(やかた)(なか)(かた)づけて
211(のち)()くべし(さき)()でませ』
212初稚姫(はつわかひめ)『いざさらば(われ)はこれより皇神(すめかみ)
213()りのまにまに(わか)()かなむ』
214玉国別(たまくにわけ)(いま)(しば)()たせ(たま)へよ初稚姫(はつわかひめ)
215(きみ)(めぐ)みに(むく)(すべ)なき』
216初稚姫(はつわかひめ)玉国別(たまくにわけ)(かみ)(みこと)真心(まごころ)
217(ちから)となして(すす)()くべし』
218 ()(うた)(なが)一同(いちどう)目礼(もくれい)し、219スマートを(したが)足許(あしもと)(はや)(やかた)(もん)()づるや、220(たちま)姿(すがた)(かすみ)()えさせ(たま)ふた。221初稚姫(はつわかひめ)はスマートの(せな)(またが)()()(くぐ)つてハルナの(みやこ)へと(いそ)がれたのである。222イク、223サールの両人(りやうにん)折角(せつかく)()つついた(ひめ)(さま)見捨(みす)てられては大変(たいへん)と、224両人(りやうにん)()(もの)()(あへ)ず、225トントントンと地響(ぢひび)()たせ226水晶(すいしやう)宝玉(はうぎよく)片手(かたて)(かた)(にぎ)(なが)()つて()く。
227大正一二・四・二 旧二・一七 於皆生温泉浜屋 北村隆光録)
228(昭和九・一二・一 王仁校正)