霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二二章 五葉松(ごえふまつ)〔一五二二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第59巻 真善美愛 戌の巻 篇:第4篇 六根猩々 よみ:ろっこんしょうじょう
章:第22章 五葉松 よみ:ごようまつ 通し章番号:1522
口述日:1923(大正12)年04月03日(旧02月18日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年7月8日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第10輯 583頁 修補版: 校定版:297頁 普及版: 初版: ページ備考:
001伊太彦(いたひこ)(つかさ)(したが)ひて
002猩々(しやうじやう)(むか)ひの副官(ふくくわん)
003(えら)()されたアンチーは
004船頭(せんとう)()ちて(いさ)ましく
005凱旋歌(がいせんか)をば(うた)()
006数多(あまた)猩々(しやうじやう)(いさ)()
007一声(ひとこゑ)々々(ひとこゑ)()()つて
008キヤツキヤツキヤツとなきながら
009拍子(ひやうし)()るぞ面白(おもしろ)き。
010 アンチーは(うた)(はじ)めた。011(その)(うた)
012猩々(しやうじやう)(しま)()()れば
013この(みづうみ)(そこ)(ふか)
014(ひそ)みし海竜王(さあがらりうわう)
015猩々王(しやうじやうわう)帰幽(きいう)をば
016見済(みすま)(うみ)より(をど)()
017(しま)(かた)めと(きこ)えたる
018大岩山(おほいはやま)(わだか)まり
019(なが)(くび)をば()()ろし
020(おほ)きな(くち)をパツとあけ
021毒焔(どくえん)()いて(この)(しま)
022(あつ)まり()たる猩々(しやうじやう)
023(ただ)一匹(いつぴき)(のこ)さずに
024丸呑(まるの)みなして(わが)(はら)
025(こや)さむとする(おそ)ろしさ
026(かか)(ところ)三五(あななひ)
027(かみ)使(つかひ)伊太彦(いたひこ)
028二十(にじふ)(ふね)()きつれて
029(あら)はれ(たま)数歌(かずうた)
030(こゑ)(すず)しく()りつれば
031(さすが)海竜王(さあがらりうわう)
032進退(しんたい)(ここ)(きは)まりて
033(からだ)一面(いちめん)焦熱(せうねつ)
034(なや)みにたへずペラペラと
035紅蓮(ぐれん)(した)()(いだ)
036グレングレンとのた()つて
037(くる)しみ(もだ)湖原(うなばら)
038()()(のが)れし可笑(をか)しさよ
039キヤツキヤツキヤツキヤツ キヤツキヤツキヤツ
040ドンドコ ドンドコ ドコドコドン
041バーチルさまと諸共(もろとも)
042湖水(こすい)(うを)(あさ)らむと
043三年前(さんねんまへ)(やかた)をば
044そつと()()(おそ)ろしき
045大海風(だいかいふう)出会(でつくは)して
046(ふね)諸共(もろとも)水中(すいちう)
047(しづ)みて(くる)しみ(もだ)へつつ
048(かみ)(めぐみ)(すく)はれし
049(こと)(おも)へば(いま)(はや)
050地獄(ぢごく)()でて天国(てんごく)
051(のぼ)りし(ごと)心地(ここち)なり
052キヤツキヤツキヤツキヤツ キヤツキヤツキヤツ
053ドンドコ ドンドコ ドコドコドン
054()めよ()()めどつさり()めよ
055二十戸前(にじつとまへ)(さけ)(くら)
056(たくは)へおいた(この)(さけ)
057猩々(しやうじやう)さまに()ます(ため)
058バーチルさまはお(まへ)()
059身魂(みたま)(おや)である(ほど)
060猩々姫(しやうじやうひめ)はお屋敷(やしき)
061サーベル(ひめ)憑依(のりうつ)
062二重生活(にぢうせいくわつ)して(ござ)
063三百三十三人(さんびやくさんじふさんにん)
064猩々無垢(しやうじやうむく)のお(きやく)さま
065(けつ)して心配(しんぱい)()りませぬ
066(まへ)(ちち)(はは)さまの
067常磐堅磐(ときはかきは)()れませる
068アヅモス(さん)南麓(なんろく)
069(ひろ)(やかた)(かへ)るのだ
070(よろこ)(いさ)猩々(しやうじやう)
071キヤツキヤツキヤツキヤツ キヤツキヤツキヤツ
072ドンドコ ドンドコ ドコドコドン
073これだけ沢山(たくさん)船客(せんきやく)
074あつても人語(じんご)(はつ)せない
075キヤツキヤ連中(れんちう)(ばつか)りで
076(なん)だか気乗(きのり)(いた)さない
077さはさりながら天地(あめつち)
078(あひだ)()きとし()けるもの
079(いづ)れも(かみ)()御霊(みたま)
080言葉(ことば)かよはぬ外国(ぐわいこく)
081(ひと)()せたと(あきら)めりや
082それで(こころ)()むなれど
083(あたま)(おほ)割合(わりあひ)
084(はなし)相手(あひて)がやつと()
085あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
086常夜(とこよ)(やみ)現世(うつしよ)
087(よろづ)(まが)のさやぎたて
088(いは)()()()()(さわ)
089(くさ)片葉(かきは)言問(ことと)ひて
090普通選挙(ふつうせんきよ)ぢや社会主義(しやくわいしゆぎ)
091四民平等(しみんべうどう)なにかにと
092(さわ)(まは)つて(をさ)まらぬ
093(その)惨状(さんじやう)(くら)ぶれば
094キヤツキヤツキヤツキヤツと()(ばか)
095自分(じぶん)意見(いけん)主張(しゆちやう)せぬ
096(かた)制統(せいとう)(やす)いもの
097キヤツキヤツキヤツキヤツ キヤツキヤツキヤツ
098ドンドコ ドンドコ ドコドコドン
099三五教(あななひけう)筆先(ふでさき)
100(まこと)神徳(しんとく)(そな)はらば
101(ひと)(だま)つて(うつ)むいて
102小理窟(こりくつ)()はず神徳(しんとく)
103(いただ)くものだと()ふてある
104これを(おも)へば猩々(しやうじやう)さま
105天地(てんち)(かみ)御恵(みめぐみ)
106(みたま)()けて(ござ)るのか
107ほんに秩序(ちつじよ)(ととの)うた
108猩々(しやうじやう)(むれ)(なが)むれば
109人間界(にんげんかい)(いや)になる
110人間(にんげん)なればよいけれど
111(ひと)(かは)()(おほかみ)
112(きつね)(たぬき)化物(ばけもの)
113(くら)して()るかと(おも)ふたら
114ほんに(おそ)ろしうなつて()
115あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
116(ひと)(かみ)()(かみ)(みや)
117(てん)はいつ(まで)(もの)()はず
118()はどこ(まで)言問(ことと)はぬ
119(ひと)天地(てんち)神倣(かむなら)
120(くだ)らぬ(こと)喋舌(しやべる)より
121(こころ)神徳(しんとく)(いただ)いて
122いつも(しつか)(くち)をつめ
123(ひと)(そしり)蔭言(かげごと)
124(けつ)して()ふべきものでない
125()はぬは()ふにいや(まさ)
126言葉(ことば)()らぬ猩々(しやうじやう)
127やつぱり天地(てんち)御恵(みめぐみ)
128生活(せいくわつ)するを(うかが)へば
129言葉(ことば)必要(ひつえう)()いだらう
130(かみ)(たま)ひし真善美(しんぜんび)
131善言美詞(みやびことば)(ほか)にして
132(ひと)(いか)らせ(うら)ませる
133(いや)()言葉(ことば)()はぬもの
134猩々(しやうじやう)さまがよい(かがみ)
135ほんとに(かん)()りました
136キヤツキヤツキヤツキヤツ キヤツキヤツキヤツ
137ドンドコ ドンドコ ドコドコドン
138(わたし)もこれからスマの(さと)
139無事(ぶじ)(かへ)つた(こと)ならば
140(うま)赤子(あかご)になりかはり
141無言(むごん)(ぎやう)(いた)しませう
142あゝ(いさ)ましや(いさ)ましや
143(なみ)もをさまる(うみ)(うへ)
144(かぜ)(すず)しき(うみ)(うへ)
145百鳥(ひやくてう)(つばさ)()(ひろ)
146いと(たの)しげに()(あそ)
147(かみ)御国(みくに)(うみ)(うへ)
148大小無数(だいせうむすう)魚族(うろくづ)
149(われ)()(ふね)(おく)りつつ
150ピンピンシヤンシヤン(はね)(まは)
151無事泰平(ぶじたいへい)(ことほ)ぎて
152(われ)()一行(いつかう)(おく)るなり
153あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
154(かみ)(めぐみ)有難(ありがた)
155キヤツキヤツキヤツキヤツ キヤツキヤツキヤツ
156ドンドコ ドンドコ ドコドコドン』
157
158(もの)()ふまい(もの)()ふた(ゆゑ)
159 (ちち)長良(ながら)人柱(ひとばしら)
160  (きじ)()かねば()たりよまい。
161(うた)(うた)ふなら(こころよ)(うた)
162 (うた)天地(てんち)(かみ)(こゑ)
163(ふね)(なら)べて猩々ケ島(しやうじやうがしま)
164 (すす)むアンチーの()冥加(みやうが)
165五十九(ごじふく)(まき)真善美愛(しんぜんびあい)
166 猩々(しやうじやう)潔白(けつぱく)物語(ものがた)り。
167霊界(れいかい)のありのままをば委細(まつぶさ)
168 ()いて(をし)ゆる(かみ)(のり)
169(もの)()はにや(とほ)神世(かみよ)有様(ありさま)
170 (いま)世人(よびと)()らされぬ。
171加藤(かとう)明子(はるこ)(くち)(とが)らし万年筆(まんねんひつ)
172 首筋(くびすぢ)(つか)むでかきなぐる。
173大山(だいせん)(ゆき)(ころも)をはぎながら
174 高麗(から)(みね)をば瞰下(かんか)する。
175一点(いつてん)(くも)りさへなき弥生空(やよひぞら)
176 (ふね)()しつつ(そら)()く。
177方舟(はこぶね)口述台(こうじゆつだい)(また)御名(みな)
178 (とこ)(かざ)りし五葉(ごよ)(まつ)
179千年(せんねん)(よはひ)(たも)てる五葉(ごよ)(まつ)
180 万年筆(まんねんひつ)(はり)のやうに
181  (いつ)御霊(みたま)()(しげ)る。
182大正一二・四・三 旧二・一八 於皆生温泉浜屋 加藤明子録)
183(昭和九・一二・一 王仁校正)