霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二四章 隆光(りうくわう)〔一五二四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第59巻 真善美愛 戌の巻 篇:第4篇 六根猩々 よみ:ろっこんしょうじょう
章:第24章 隆光 よみ:りゅうこう 通し章番号:1524
口述日:1923(大正12)年04月03日(旧02月18日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年7月8日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第10輯 589頁 修補版: 校定版:316頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 アキスの(うた)
002金鳥(きんてう)銀鳥(ぎんてう)(つばさ)(ひろ)
003(なみ)(うへ)をば縦横(たてよこ)
004いと愉快(ゆくわい)げに(すべ)()
005天津御空(あまつみそら)にカンカンと
006(なつ)太陽(たいやう)()(わた)
007()りつけられた(あたま)には
008()んだお(さけ)逆上(ぎやくじやう)
009(ふね)諸共(もろとも)にフラフラと
010なんとも()れぬ上機嫌(じやうきげん)
011面白(おもしろ)可笑(をか)しくなつて()
012(ひと)(かは)()(けもの)やら
013(けもの)(かは)()人間(にんげん)
014二十(にじふ)(ふね)満載(まんさい)
015()くやら(わら)ふやら(ふる)ふやら
016千姿万態(せんしばんたい)(なみ)(うへ)
017()()(かぜ)(わが)(そで)
018オヂオヂし(なが)()いて()
019バラモン(けう)御連中(ごれんちう)
020半安半危(はんあんはんき)状態(じやうたい)
021伊太彦丸(いたひこまる)船底(せんてい)
022(うづくま)()密々(ひそびそ)
023前途(ぜんと)光明(くわうみやう)(たの)しみつ
024(ささや)(たま)(いぶ)かしさ
025仮令(たとへ)天地(てんち)(かへ)るとも
026(きよ)めの(うみ)(かわ)くとも
027海竜王(かいりうわう)(あら)はれて
028(ふね)諸共(もろとも)()()らふとも
029(なに)(おそ)れむ(かみ)(みち)
030天津御空(あまつみそら)()(かげ)
031波間(なみま)(くま)なく()らしまし
032()(たび)(ごと)にキラキラと
033魚鱗(ぎよりん)(ごと)(かがや)きぬ
034かかる目出度(めでた)太平(たいへい)
035大湖原(おほうなばら)(かぢ)をとり
036三百有余(さんびやくいうよ)(よろこ)びを
037()せて霊地(れいち)(かへ)()
038アキス、カールの両人(りやうにん)
039バーチル(やかた)番頭(ばんとう)さま
040主人(あるじ)所在(ありか)(たづ)ねつつ
041日日(ひにち)毎日(まいにち)()(くら)
042(かな)しく(さび)しく月日(つきひ)をば
043(おく)()たりし(とき)もあれ
044天地(てんち)(かみ)御恵(みめぐ)みに
045(あるじ)(きみ)はニコニコと
046(かみ)使(つかひ)(たす)けられ
047()年波(としなみ)(おだや)かに
048アンチーさまと諸共(もろとも)
049(かへ)()ませる(うれ)しさよ
050吾々(われわれ)二人(ふたり)磯端(いそばた)
051()(つな)()ひトントンと
052(つばめ)のダンスを(えん)じつつ
053(あるじ)(きみ)宣伝使(せんでんし)
054(たふと)一行(いつかう)(さき)()
055バーチル(やかた)へドシドシと
056凱歌(がいか)(そう)して(かへ)りけり
057その(うれ)しさは天地(あめつち)
058一度(いちど)(ひら)心地(ここち)して
059二十戸前(にじつとまへ)(くら)()
060(たくは)()きし酒樽(さかだる)
061里人(さとびと)ともに(かつ)()
062七日七夜(なぬかななよ)大酒宴(だいしゆえん)
063その最中(さいちう)にサーベルの
064(ひめ)(みこと)神懸(かむがかり)
065猩々(しやうじやう)(しま)(のこ)したる
066三百三十三柱(さんびやくさんじふみはしら)
067眷族(けんぞく)さまを(ねもご)ろに
068(むか)(かへ)れの御託宣(ごたくせん)
069(あるじ)(きみ)(めい)()
070伊太彦(いたひこ)(つかさ)(したが)ひて
071(うみ)()れたるアンチーと
072(なみ)押分(おしわ)(すす)()
073かかる(ためし)荒金(あらがね)
074地球(つち)(かた)まりし(むかし)より
075(ゆめ)にも()かぬ瑞祥(ずゐしやう)
076猩々姫(しやうじやうひめ)御眷族(ごけんぞく)
077一人(ひとり)(のこ)らず(この)(ふね)
078満載(まんさい)なして鞺々(とうとう)
079波間(なみま)()けて(かへ)()
080あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
081アヅモス(さん)森林(しんりん)
082(むかし)寂寥(せきれう)相反(あひはん)
083(あさ)(ゆふ)なにキヤツキヤツと
084(ましら)(こゑ)(にぎは)しく
085四辺(あたり)(ひび)(こと)だらう
086この(ふね)磯辺(いそべ)()くならば
087(さけ)()ひたる里人(さとびと)
088バーチルさまに(したが)ひて
089磯辺(いそべ)(ひと)(かき)をつき
090歓呼(くわんこ)(こゑ)中天(ちうてん)
091(ひび)(わた)りて吾々(われわれ)
092猩々隊(しやうじやうたい)(ねむご)ろに
093歓迎(くわんげい)なさる(こと)だらう
094(おも)へば(おも)へば(いさ)ましや
095(かみ)御為(おんため)()(ため)
096(まこと)(ひら)宣伝使(せんでんし)
097蒼生(あをひとぐさ)()ふも(さら)
098(なみ)(うか)べる(はな)(じま)
099(ひと)なき(しま)(あら)はれし
100猩々(しやうじやう)(むれ)(まで)(すく)()
101その功績(いさをし)(たふと)けれ
102(ひと)(かみ)()(かみ)(みや)
103(かみ)(ひと)しき身魂(みたま)ぞと
104(ほこ)りはすれど内実(ないじつ)
105(とら)(おほかみ)棲処(すみか)ぞや
106猩々隊(しやうじやうたい)一行(いつかう)
107(たふと)(かみ)眷族(けんぞく)
108なりてそれぞれ神業(しんげふ)
109(つか)へて(けが)れし()(ひと)
110(もも)(わざはひ)(はら)ひまし
111(かみ)(つく)りし天地(あめつち)
112いと(やす)らけく(たひ)らけく
113(まも)らむ(ため)御使(おんつかひ)
114(おも)へば(おも)へば有難(ありがた)
115猩々(しやうじやう)さまの万歳(ばんざい)
116(つつし)三唱(さんしやう)(たてまつ)
117万歳(ばんざい)々々(ばんざい)万々歳(ばんばんざい)
118猩々(しやうじやう)(しま)(むかし)物語(ものがたり)
119(やうや)(しる)北村(きたむら)(ふで)。 北村隆光
120(りうりう)(のぼ)朝日(あさひ)(ひかり)をば
121(あかり)となして物語(ものがたり)する。
122大正一二・四・三 旧二・一八 於皆生温泉浜屋 北村隆光録)