霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート実施中! こちらからどうぞ。〆切りは7月17日です。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

余白歌

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第59巻 真善美愛 戌の巻 篇:余白歌 よみ:
章:第59巻 よみ:よはくか 通し章番号:
口述日: 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年7月8日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm598801
愛善世界社版: 八幡書店版: 修補版: 校定版: 普及版: 初版: ページ備考:
もろこしの山野(やまの)(いく)()みこえて
(かみ)(たちま)(くだ)りたまはむ〈総説歌(初)〉
天地(あめつち)(かみ)御業(みわざ)(つか)へむと
おもふの(あま)皆忘(みなわす)れけり〈総説歌(初)〉
回天(くわいてん)大業(たいげふ)()てて大陸(たいりく)
(をさ)(ひら)くと(いさ)御子等(みこたち)〈総説歌(初)〉
(いにしへ)(いま)()はらぬ人心(ひとごころ)
自愛(じあい)()ゆる暗世(やみよ)なるかも〈第2章(初)〉
()(うへ)(ぜん)といふもの(かげ)もなし
自己愛(じこあい)つよき(ひと)()なれば〈第4章(初)〉
(あい)といひ(ぜん)(とな)ふも()(なか)
自己愛(じこあい)とぐる(ため)(いつは)〈第4章(初)〉
数千年永(すうせんねんなが)歴史(れきし)をひもとけば
自愛(じあい)によゑる(ひと)(あし)あと〈第5章(初)〉
小雲川(こくもがは)並木(なみき)松ケ枝(まつがへ)魚躍(うおおど)
されど(なが)れは(しづか)なりけり〈第5章(初)〉
綾部不二(あやべふじ)(きよ)(すず)しく新緑(しんりよく)
(ころも)をまとひて小雲川(こくもがは)(しづ)〈第5章(初)〉
まだ()しき躑躅(つつじ)(はな)()()りぬ
(きた)らむ(なつ)(さか)()むとて〈第5章(初)〉
丸山(まるやま)樹々(きぎ)のみどりの色々(いろいろ)
(ひと)のながむる浮世(うきよ)なりけり〈第7章(初)〉
雲低(くもひく)松ケ枝(まつがえ)(たか)小雲川(こくもがは)
(なが)るる(かぜ)もいと(しづ)かにて〈第7章(初)〉
久々(ひさびさ)(あや)聖地(せいち)にかへり()れば
また亀岡(かめおか)(うと)まるるかな〈第10章(初)〉
いつまでもあやべに()よと子等(こら)はいふ
心二(こころふた)つになりし今日(けふ)かな〈第11章(初)〉
こんもりと(しげ)れる(あや)のその()れば
かへりたくなし天恩郷(てんおんきやう)〈第11章(初)〉
天国(てんごく)(のぼ)りて御園(みその)をながむれば
月照山(げつせうざん)(もの)(かず)かは〈第12章(初)〉
五月雨(さみだれ)躑躅(つつじ)(はな)のばらばらと
(あけ)にそめたり(には)(おもて)〈第12章(初)〉

  出放題
(こころ)()時計(とけい)
ほつ時計(とけい)()時計(とけい)
柱時計(はしらとけい)()時計(とけい)
大本(おほもと)(とき)(ちから)
自然(しぜん)謎時計(なぞとけい)(ゆき)時計(とけい)〈第14章(初)〉

(くも)ひくし(やま)(けむ)りてほととぎす
小雲川(こくもかは)水濁(みづにご)りて(あゆ)ふとる
祥雲閣(しやううんかく)(やま)(かは)とのあいつづみ
瑞祥(ずゐしやう)(くも)たなびきていらか()
雨後(うき)松梢(まつこずゑ)(つゆ)(つき)(たま)〈第17章(初)〉

()()れば()りてあとなし(ふぢ)(はな)
女院寺寂(によゐんでらさび)しく(ひか)杜若花(かきつばた)〈第19章(初)〉

婆痴(ばち)あたり(なつ)最中(さいちう)
(あせ)かいて(たか)(すみ)たき
()ばちにあたり貧乏(びんばふ)するのも
あたりまへ〈第21章(初)〉

天地(あめつち)(まこと)(みち)(さと)りなば
全大宇宙(ぜんだいうちう)はわがものとなる〈第23章(初)〉
(てん)()(まる)めむとして大王仁(おほおに)
全大宇宙(ぜんだいうちう)大活入(だいくわつい)れるも〈第24章(初)〉
日月(じつげつ)(めぐ)みをうけて委曲(まつぷさ)
()(あか)したる()物語(ものがたり)〈第25章(初)〉
いそのかみ(ふる)神代(かみよ)出来事(できごと)
今新(いまあたら)しく()(あか)すなり〈第25章(初)〉
千早振(ちはやふ)(かみ)(なら)ひて愛善(あいぜん)
(みち)につとむる(ひと)(かみ)なり〈第25章(初)〉
[この余白歌は八幡書店版霊界物語収録の余白歌を参考に作成しました]