霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

序文(じよぶん)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第60巻 真善美愛 亥の巻 篇:前付 よみ:
章:序文 よみ:じょぶん 通し章番号:
口述日:1923(大正12)年04月05日(旧02月20日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年8月12日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第10輯 595頁 修補版: 校定版:前付 1頁 普及版:60頁 初版: ページ備考:
派生[?]この文献を底本として書かれたと思われる文献です。[×閉じる]出口王仁三郎全集 > 第二巻 宗教・教育編 > 【宗教編】第六篇 宗教雑感 > 第十二章 大乗と小乗
001 (すべ)教法(けうはふ)には大乗(だいじやう)小乗(せうじやう)区別(くべつ)がある。002一般民衆(いつぱんみんしう)理解(りかい)(やす)説示(せつじ)するを小乗(せうじやう)()つて、003卑近(ひきん)(れい)()いたり、004何人(なにびと)にも(かい)(やす)言語(げんご)(もつ)(しめ)すの(るゐ)をいふ。005多数(たすう)一般(いつぱん)人々(ひとびと)(たい)して(かみ)(をしへ)()(とき)006どうしても小乗(せうじやう)でなければ駄目(だめ)である。007哲学的(てつがくてき)思索(しさく)(ふけ)つて()るやうな所謂(いはゆる)知識階級(ちしきかいきふ)(たい)しては、008(また)小乗(せうじやう)では馬鹿(ばか)にして(みみ)(かたむ)けないものである。009何事(なにごと)難解的(なんかいてき)経典(きやうてん)(もつ)て、010唯一成道(ゆゐいつじやうだう)大法(たいはふ)心得(こころえ)()自称(じしよう)先覚者(せんかくしや)には、011霊界(れいかい)事情(じじやう)容易(ようい)には(かい)されない。012自然界(しぜんかい)(まつた)相反(あいはん)する(ところ)神霊界(しんれいかい)消息(せうそく)(たい)して、013科学(くわがく)基礎(きそ)とせなくては駄目(だめ)だと思惟(しゐ)して()知識階級(ちしきかいきふ)人々(ひとびと)は、014(いづ)れも九十五種(くじふごしゆ)外道(げだう)全部(ぜんぶ)完備(くわんび)して()ると()つても()(くらゐ)なものである。015大乗(だいじやう)(きは)めむとして不知不識(しらずしらず)(あひだ)外道(げだう)陥落(かんらく)(いち)()らず()()らず、016(つひ)には昏迷(こんめい)愚痴(ぐち)とのみを取得(しゆとく)するに(いた)る。
017 (すべ)天国(てんごく)(のぼ)るものは018小乗(せうじやう)()いて、019(ただ)ちに神霊界(しんれいかい)消息(せうそく)感知(かんち)()神的(しんてき)知識者(ちしきしや)である。020現界(げんかい)にあつて学者(がくしや)()はるる人々(ひとびと)神的(しんてき)知識(ちしき)なるものを()(とき)は、021(けつ)して神霊界(しんれいかい)(うかが)(こと)出来(でき)ない。022(すべ)大乗(だいじやう)教議(けうぎ)なるものは、023上根者(じやうこんしや)024宣伝使(せんでんし)(など)所業(しよげふ)教理(けうり)であつて、025一般(いつぱん)学者(がくしや)到底(たうてい)感得(かんとく)(あた)はざる神秘(しんぴ)である。026大乗(だいじやう)とは(いち)法大(はふだい)027()心大(しんだい)028(さん)解大(げだい)029(よん)浄大(じやうだい)030()荘厳大(さうごんだい)031(ろく)時大(じだい)032(しち)具足大(ぐそくだい)033以上(いじやう)七大乗(しちだいじやう)(かみ)(えら)まれたる神知識(しんちしき)所有者(しよいうしや)でなければ、034到底(たうてい)今日(こんにち)勃興(ぼつこう)しつつある学者(がくしや)(かん)科学的(くわがくてき)研究(けんきう)態度(たいど)にては、035仮令(たとへ)数百年(すうひやくねん)()るとも(その)真相(しんさう)(きは)むる(こと)不可能事(ふかのうじ)である。036(かみ)(しん)ぜず、037その存在(そんざい)(みと)めず、038(かみ)(あい)せざるものは(けつ)してその関門(くわんもん)さへも(うかが)ふことは(ゆる)されない。039(しか)して大乗(だいじやう)()()はず、040小乗(せうじやう)馬鹿(ばか)にして(みみ)(かたむ)けず、041暗中摸索(あんちうもさく)境涯(きやうがい)(まよ)ふものは、042科学(くわがく)本能(ほんのう)主義(しゆぎ)学者(がくしや)通常(つうじやう)辿(たど)(ところ)経路(けいろ)である。043(これ)神諭(しんゆ)には途中(とちう)鼻高(はなだか)(とな)へられてゐる。044(かみ)(ほか)にして霊界(れいかい)()らむと如何(いか)焦慮(せうりよ)するとも、045(けつ)してそのアナンタニルデーシャ・ブラテスターナ(無量義処(むりやうぎしよ))に(たつ)することは出来(でき)ない。046カルバシャーヤ(劫濁(ごふぢよく))クレーシャガシャーヤ(煩悩濁(ぼんなうぢよく))サッドワカシャーヤ(衆生濁(しゆじやうぢよく))ドルスチカシャーヤ(見濁(けんぢよく))アーユシカシャーヤ(命濁(みやうぢよく))の五濁(ごぢよく)(きよ)()り、047清浄(せいじやう)無垢(むく)赤子(あかご)心境(しんきやう)()ちて048(はじ)めて神霊界(しんれいかい)真義(しんぎ)()()くることが出来(でき)るものである。049この物語(ものがたり)(また)神示(しんじ)所作(しよさ)なれば050五濁(ごぢよく)除去(ぢよきよ)し、0501(もつ)(これ)(むか)(とき)は、051神命垂示(しんめいすゐじ)のマハービジニヤーナーヒアー(大通智勝(だいつうちしよう))を感受(かんじゆ)し、052マハービューバ(大荘厳(だいさうごん))の神理(しんり)(あぢ)はひ、053神霊(しんれい)のラトナーヷ・バーサ(宝音(はうおん))に(せつ)し、054無等々正覚(むとうとうしやうかく)()人生(じんせい)本分(ほんぶん)(まつた)ふし、055不老不死(ふらうふし)天国(てんごく)生涯(しやうがい)()(なが)(たの)しむ(こと)出来(でき)案内書(あんないしよ)となるのであります。
056 アヽ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
057   大正十二年四月