霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

総説(そうせつ)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第60巻 真善美愛 亥の巻 篇:前付 よみ:
章:第60巻 よみ:そうせつ 通し章番号:
口述日:1923(大正12)年04月05日(旧02月20日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年8月12日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-05-09 14:41:02 OBC :rm600002
愛善世界社版: 八幡書店版:第10輯 597頁 修補版: 校定版:3頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 古人(こじん)()ふ、002善願(ぜんぐわん)あれば(てん)(かなら)(これ)(たす)く』と。003瑞月(ずゐげつ)神明(しんめい)随々(まにまに)病躯(びやうく)()つて(やうや)神示(しんじ)物語(ものがたり)004原稿用紙(げんかうようし)七万(しちまん)五千(ごせん)(まい)005(やく)八百五十万(はつぴやくごじふまん)(げん)006頁数(ページすう)二万四千(にまんよんせん)007(やく)九箇月(きうかげつ)着手日数(ちやくしゆにつすう)(えう)して、008(ここ)にいよいよ六十巻(ろくじつくわん)口述(こうじゆつ)編著(へんちよ)しました。009()かる阿房多羅(あはうだら)(なが)物語(ものがたり)()いて010識者(しきしや)より冗長粗漫(じようちやうそまん)文章(ぶんしやう)だと失笑(しつせう)さるる(おそ)()きには(あら)ざれども、011今日(こんにち)大多数(だいたすう)人々(ひとびと)古人(こじん)()して頭悩(づなう)活動力(くわつどうりよく)(もつと)(おと)り、012容易(ようい)深遠(しんゑん)なる教義(けうぎ)真解(しんかい)すること(あた)はず、013()何事(なにごと)上走(うはばし)りにて誤解(ごかい)(やす)く、014(ため)三五教(あななひけう)真相(しんさう)大精神(だいせいしん)曲解(きよくかい)015(つひ)には(いま)はしき大本事件(おほもとじけん)喚起(くわんき)するに(いた)つたのは、016(かへ)(がへ)すも遺憾(ゐかん)(いた)りであります。
017 上根(じやうこん)(ひと)一言(ひとこと)()いて(その)真相(しんさう)了解(れうかい)し、018至仁(しじん)至愛(しあい)(かみ)大精神(だいせいしん)大経綸(だいけいりん)正覚(しやうかく)すと(いへど)も、019中根(ちうこん)下根(げこん)人々(ひとびと)(たい)しては到底(たうてい)高遠微妙(かうゑんびめう)なる文章(ぶんしやう)言語(げんご)にては(かい)()ない而己(のみ)ならず、020(かへつ)神意(しんい)誤解(ごかい)し、021大道(だいだう)汚濁(をぢよく)する(おそれ)がある。022(ゆゑ)瑞月(ずゐげつ)現代(げんだい)多数(たすう)人々(ひとびと)(ため)多大(ただい)努力(どりよく)日子(につし)(つひや)したのであります。
023 現代(げんだい)(いにしへ)(ことな)つて何事(なにごと)大仕掛(おほじかけ)になつて()024(さら)益々(ますます)(おほ)きく()らむとしつつあるが(ゆゑ)に、025非常(ひじやう)(その)間口(まぐち)(ひろ)くて、026奥行(おくゆき)(あさ)人間(にんげん)(おほ)(あら)はれるのは()むを()ない。027(ゆゑ)今後(こんご)人々(ひとびと)(たい)して徹底(てつてい)せしめむとするには028不断(ふだん)根気(こんき)(なに)よりも大切(たいせつ)である。029たとへ百年(ひやくねん)(かか)らうが(かみ)大御心(おほみこころ)万人(ばんにん)徹底(てつてい)させなくては()かない決心(けつしん)である。
030 現代(げんだい)人々(ひとびと)(ただ)一人(ひとり)自分(じぶん)口述(こうじゆつ)した物語(ものがたり)(もち)ゐて()れず、031(また)了解(れうかい)して()れなくても(かま)はない、032自分(じぶん)だけ(ただ)一人(ひとり)(これ)(しん)じて大神(おほかみ)大精神(だいせいしん)幾分(いくぶん)なりとも実行(じつかう)し、033(ただ)しき信仰(しんかう)(もと)人間(にんげん)として()きて()(かんが)へである。034現代人(げんだいじん)(うち)には(かく)(ごと)世間(せけん)行事(ぎやうじ)悪化(あくくわ)獣化(じうくわ)するのを()ては、035……自分(じぶん)一人(ひとり)心身(しんしん)(ただ)しくし(かみ)示教(じけう)(しん)じる(こと)出来(でき)ようか……と(おも)つたり()つたりして()人々(ひとびと)(かんが)へは(あま)りの狼狽(らうばい)である。036今日(こんにち)社会(しやくわい)にコウ()狼狽(うろた)へた人々(ひとびと)(おほ)いことは如何(いか)にしても(なげか)はしいことである。037(くに)滅亡(めつぼう)する(とき)は「一人(いちにん)義人(ぎじん)あるなし。038(また)識者(しきしや)なるもの一人(いちにん)もある()し」といふ極端(きよくたん)まで()くものだが、039(くに)一人(ひとり)にても、040義人(ぎじん)(しん)識者(しきしや)のある(かぎ)り、041(けつ)して(その)(くに)(ほろ)ぶるものでは()い。042神諭(しんゆ)にも「(まこと)義人(もの)三人(さんにん)あれば弥勒神政(みろくしんせい)(かなら)成就(じやうじゆ)すべし」と(しめ)してある。043今日(こんにち)はお(たがひ)最後(さいご)一人(いちにん)(もつ)(にん)じ、044せめて自分(じぶん)だけでも(ただ)しき信仰(しんかう)()き、045(きよ)人間(にんげん)として()()(みち)()めに(つく)さむとする(おな)(こころ)人々(ひとびと)(とも)に、046この(せい)なる団体(だんたい)擁護(えうご)開展(かいてん)047(もつ)()世界(せかい)をして真善美愛(しんぜんびあい)楽土(らくど)(くわ)せしめ、048国祖(こくそ)神慮(しんりよ)(かな)(まつ)らむことを希望(きばう)し、049あらゆる迫害(はくがい)()へ、050()(しの)(もつ)()千載一遇(せんざいいちぐう)神業(しんげふ)奉仕(ほうし)せむと(ほつ)し、051最後(さいご)一人(いちにん)となるも(けつ)して絶望(ぜつばう)せず、052狼狽(らうばい)せず、053平静(へいせい)生命(せいめい)ある(きよ)希望(きばう)(いだ)いて天下(てんか)(ため)(つく)さむとするものである。054(ゆゑ)吾人(ごじん)世俗(せぞく)所在(あらゆる)非難(ひなん)攻撃(こうげき)にも(くつ)せず、055山鳥(やまどり)()のしだり()長々(ながなが)しくも(たゆ)まず(くつ)せず、056口述(こうじゆつ)(つづ)けて後世(こうせい)軌範(きはん)とせむことを希求(ききう)しつつあるのである。
057 この()(つく)りし神直日(かむなほひ)058(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)059(ただ)何事(なにごと)(ひと)()は、060直日(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)()(あやま)ちは()(なほ)せ。061吾人(ごじん)日夜(にちや)この神示(しんじ)(たて)として062ヒシヒシと(おし)()()たる激浪(げきらう)怒濤(どたう)()びながら、063善言美詞(ぜんげんびじ)言霊(ことたま)武器(ぶき)(もつ)(すべ)ての外道(げだう)言向和(ことむけやは)覚悟(かくご)である。064(なに)(ほど)多勢(たぜい)(てき)(いへど)(おどろ)くには(およ)ばない。065(ただ)一言(ひとこと)善辞(ぜんじ)066(すなは)言霊(ことたま)善用(ぜんよう)()りて強敵(きやうてき)(たちま)(くわ)して(つよ)味方(みかた)となり、067(また)多数(たすう)味方(みかた)(いへど)も、068(ただ)(ひと)つの悪言暴語(あくげんばうご)()つて(ただ)ちに怨敵(をんてき)となる。069言霊(ことたま)(もつと)(つつし)むべきを明示(めいじ)したのは070本書(ほんしよ)霊界物語(れいかいものがたり)(つう)じての大眼目(だいがんもく)であります。071読者(どくしや)(さいはひ)本書(ほんしよ)()つて言霊(ことたま)活用(くわつよう)(あぢは)ひたまふことあらば072瑞月(ずゐげつ)微衷(びちう)(むく)はれたりといふべきであります。073アヽ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
074   大正十二年四月
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)