霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三章 瑞祥(ずゐしやう)〔一五二八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第60巻 真善美愛 亥の巻 篇:第1篇 天仁和楽 よみ:てんじんわらく
章:第3章 第60巻 よみ:ずいしょう 通し章番号:1528
口述日:1923(大正12)年04月05日(旧02月20日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年8月12日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6003
愛善世界社版: 八幡書店版:第10輯 610頁 修補版: 校定版:38頁 普及版:60頁 初版: ページ備考:
001三千世界(さんぜんせかい)(うめ)(はな)
002(はちす)(はな)一時(いちどき)
003(ひら)いて(かを)()となりぬ
004(いづ)(みたま)大御神(おほみかみ)
005(みづ)(みたま)大御神(おほみかみ)
006須弥仙山(しゆみせんざん)(いただき)
007(あら)はれまして大宇宙(だいうちう)
008一切万事(いつさいばんじ)()べたまふ
009マイトレーヤ(弥勒)の()となりぬ
010(そもそも)須弥(しゆみ)(いただき)
011梵語(ぼんご)のメールクータなり
012妙高山(めうかうざん)翻訳(ほんやく)
013(また)もスメールと(とな)ふなり
014(その)東方(とうはう)黄金(わうごん)
015(たから)(ぞう)南方(なんぱう)
016玻璃(はり)西方(せいはう)瑞御霊(みづみたま)
017白銀宝珠(はくぎんほつしゆ)所成(しよじやう)せり
018北方(ほくぽう)瑪瑙(めなう)(たから)()
019連山(れんざん)群峰(ぐんぽう)(あつ)しつつ
020大海中(おほわだなか)突出(とつしゆつ)
021(くも)()()(その)(たか)
022三百三十六(さんびやくさんじふろく)()あり
023天地(てんち)(つく)りたまひたる
024元津柱(もとつはしら)大神(おほかみ)
025常磐堅磐(ときはかきは)御住所(みあらか)
026(てん)(ひと)(とも)尊敬(そんけい)
027安明(あんめい)妙光(めうくわう)金剛山(こんがうざん)
028好光山(かうくわうざん)(とな)へらる
029(これ)をば翻訳(ほんやく)する(とき)
030霊山会場(れいざんゑぢやう)蓮華台(れんげだい)
031(きよ)丘陵(きうりよう)意味(いみ)となる
032アヅモス(さん)三五(あななひ)
033(たふと)(かみ)(まつ)りてゆ
034須弥仙山(しゆみせんざん)(とな)へられ
035(もも)(かみ)(たち)(いさ)みたち
036(つど)ひたまへる霊場(れいぢやう)
037(さだ)まりたるぞ(たふと)けれ
038(かみ)(めぐみ)(よく)したる
039(この)里人(さとびと)村肝(むらきも)
040(こころ)清浄潔白(しやうじやうけつぱく)
041(にご)(けが)れの(あと)もなく
042霊耳(れいじ)(ひら)きて天人(てんにん)
043(あら)はれ(きた)(まひ)(あそ)
044三千世界(さんぜんせかい)(こゑ)()
045象馬牛車(ざうめぎうしや)鐘鈴(しようれい)
046微妙(びめう)(がく)(みみ)()ませ
047琴瑟簫笛(きんしつせうてき)(いさ)ましく
048(きよ)(すず)しき(うた)(こゑ)
049百人(ももひと)(たち)歓声(くわんせい)
050天地(てんち)()るぐ(ばか)りなり
051数多(あまた)のエンゼル(くだ)()
052(がく)をば(そう)玄妙(げんめう)
053唱歌(しやうか)(こゑ)()(わた)
054老若男女(らうにやくなんによ)()ふも(さら)
055海川山野(うみかはやまぬ)谷々(たにだに)
056(そら)(かけ)りゆく祥鳥(しやうてう)
057迦陵頻伽(かりようびんが)鳳凰(ほうわう)孔雀(くじやく)
058(つる)(わし)(たか)(うぐひす)
059(その)啼声(なきごゑ)天地(あめつち)
060親和(しんわ)(きた)天国(てんごく)
061地上(ちじやう)()てし(ごと)くなり
062地獄(ぢごく)(おこ)大苦悶(だいくもん)
063阿鼻叫喚(あびけうくわん)(こゑ)もなく
064餓鬼(がき)飢渇(きかつ)(さけ)びなく
065飲食(おんじき)(もと)むる(こゑ)もせず
066(まが)阿修羅(あしゆら)大海(だいかい)
067(ほとり)()みて(おのづか)
068(ささや)(のろ)(かげ)()
069(みな)一切(いつさい)(かみ)(のり)
070(よろこ)(いさ)みて聴聞(ちやうもん)
071(ひと)(けもの)(わか)ちなく
072(よろこ)(いさ)むぞ(たふと)けれ。
073あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
074真善美愛(しんぜんびあい)神心(かみごころ)
075(いよいよ)(ここ)顕現(けんげん)
076天地(てんち)(とどろ)音彦(おとひこ)
077玉国別(たまくにわけ)神徳(しんとく)
078三千世界(さんぜんせかい)天使(エンゼル)ぞと
079(あふ)がぬ(もの)こそなかりけり
080朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
081(つき)()つとも()くるとも
082清浄無垢(しやうじやうむく)御霊(みたま)をば
083(てら)して(わた)()(なか)
084如何(いか)でか(まが)(おそ)はむや
085アヅモス(さん)聖場(せいぢやう)
086須弥仙山(しゆみせんざん)光景(くわうけい)
087完全(うまら)委曲(つばら)現出(げんしゆつ)
088三千世界(さんぜんせかい)(しづ)めぞと
089八千万劫(はちせんまんごふ)(すゑ)(まで)
090()(かがや)くぞ目出度(めでた)けれ
091あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
092(かみ)御言(みこと)(かうむ)りて
093須弥仙山(しゆみせんざん)(たと)ふべき
094蓮華台上(れんげだいじやう)存在地(そんざいち)
095(あや)聖地(せいち)(あと)にして
096神洲(しんしう)最初(さいしよ)鎮台(ちんだい)
097()(つた)へたる大山(だいせん)
098(すく)ひの(ふね)()りながら
099(なが)めて(ここ)(とほ)()
100生物語(いくものがたり)()べて()く。
101(とき)しもあれや聖地(せいち)より
102(この)()(どろ)(きよ)むてふ
103二代(にだい)澄子(すみこ)仁斎(じんさい)()
104木花姫(このはなひめ)御再来(ごさいらい)
105御霊(みたま)(まも)(にく)(みや)
106千代(ちよ)(かた)めの経綸(けいりん)
107遙々(はるばる)(きた)松林(まつばやし)
108(なか)()ちたる温泉場(をんせんば)
109浜屋(はまや)二階(にかい)対坐(たいざ)して
110役員(やくゐん)信徒(しんと)諸々(もろもろ)
111三月三日(さんぐわつみつか)瑞御霊(みづみたま)
112五月五日(ごぐわついつか)厳御霊(いづみたま)
113三五(さんご)(つき)(ひかり)をば
114いと円満(ゑんまん)(てら)さむと
115(たがひ)(まこと)(かた)()
116(ちか)ひを()てし目出度(めでた)さよ
117堅磐常磐(かきはときは)(いや)加藤(かとう)
118いや(あき)らけく日月(じつげつ)
119(めぐみ)(いは)(かみ)(ふみ)
120(うつ)すも(たふと)加藤(かとう)明子(はるこ)
121(まつ)千年(ちとせ)はまだ(おろ)
122万年筆(まんねんひつ)(すこや)かに
123紫檀(したん)(つくゑ)()()かひ
124千秋万歳(せんしうばんざい)(しる)()
125あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
126(かみ)(めぐみ)(たふと)さよ。
127朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
128(つき)()つとも()くるとも
129仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
130(ほし)(そら)より()つるとも
131日本海(につぽんかい)()るるとも
132(かみ)(つた)へし(この)聖書(せいしよ)
133千代(ちよ)八千代(やちよ)(うご)かまじ
134(いづ)御霊(みたま)命令(みこと)もて
135(そら)()(わた)方舟(はこぶね)
136心臓(ハート)(つづみ)()たせつつ
137科戸(しなど)(かみ)水分(みくまり)
138(かみ)(すさみ)のダンスをば
139面白(おもしろ)(うれ)しく(なが)めつつ
140(こころ)(きよ)(たひら)けく
141(かみ)のまにまに(すす)()く。
142
143スメールの(やま)(ふもと)二柱(ふたはしら)
144(なら)びて()をば(ひら)今日(けふ)かな。
145()(ひと)(みな)()かすてふ温泉場(をんせんば)
146(すく)ひの(ふね)(さをさ)(すす)む。
147天地(あめつち)真純(ますみ)(ひこ)物語(ものがた)
148(この)()澄子(すみこ)(つかさ)(きた)れる。
149マイトレーヤ御代(みよ)(はや)かれと松村(まつむら)松村真澄
150真澄(ますみ)(ひこ)()(さか)えつつ。
151ミロクの()一日(ひとひ)(はや)北村(きたむら)北村隆光
152月日(つきひ)(たか)(ひかり)()ちつつ。
153いとた()(ふぢ)御山(みやま)神霊(かむみたま)加藤明子
154(あか)したまひぬ常闇(とこやみ)()を。
155()(すく)(かみ)出口(でぐち)瑞月(ずゐげつ)出口瑞月
156真純(ますみ)(そら)(かがや)(わた)る。
157マハースターマブラーブタ(大勢至)マンヂュシュリ(文珠師利)
158アバローキテーシュヷラ(観世音)(たふと)き。
159スーラヤ(日天子)やチャンドラデーワブトラ(月天子)やサマンタガン
160(まも)らせ(たま)(みづ)御霊(みたま)を。
161ダルタラーストラ・マハーラーヂャ(東方持国天王)ヸルーダカ(南方増長天王)
162ヸルーバークサ(西方広目天王)ヷイスラワナ(北方多聞天王)
163 (まも)らせ(たま)へこれの(をしへ)を。
164大正一二・四・五 旧二・二〇 於皆生温泉浜屋 加藤明子録)
 
165附記(ふき)
166 本日(ほんじつ)暴風雨(ばうふうう)(はげ)しく怒濤(どたう)(こゑ)(さまた)げられ(これ)にて口述(こうじゆつ)中止(ちうし)せり。