霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四章 木遣(きやり)〔一五二九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第60巻 真善美愛 亥の巻 篇:第1篇 天仁和楽 よみ:てんじんわらく
章:第4章 第60巻 よみ:きやり 通し章番号:1529
口述日:1923(大正12)年04月07日(旧02月22日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年8月12日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-05-10 17:31:56 OBC :rm6004
愛善世界社版: 八幡書店版:第10輯 612頁 修補版: 校定版:47頁 普及版:60頁 初版: ページ備考:
001霊山会場(れいざんゑぢやう)のスメール(さん)
002(てん)(ふう)じて鬱蒼(うつさう)
003()(なら)びたる老木(らうぼく)
004大峡(おほがひ)小峡(をがひ)(もと)めつつ
005(みや)(はしら)(つく)らむと
006玉国別(たまくにわけ)宣伝使(せんでんし)
007数多(あまた)信徒(まめひと)(ともな)ひて
008昼夜(ちうや)(わか)たず伐採(ばつさい)
009いそしみ(はげ)むぞ(いさ)ましき。
010 アンチーは采配(さいはい)()つて木遣歌(きやりうた)(うた)ひ、011彼方(あなた)此方(こなた)谷間(たにあひ)より、012作事場(さくじば)(むか)つて運搬(うんぱん)(はじ)めかけたり。
013(てん)清浄(しやうじやう)()清浄(しやうじやう)
014(ひと)(こころ)清浄(しやうじやう)
015猩々(しやうじやう)(みや)(つく)らむと
016スマの村人(むらびと)(うち)(そろ)
017御酒(みき)(こころ)()かませつ
018(あせ)(しぼ)りて()(はこ)
019ヨーイヨーイ ヨーイトセ
020此処(ここ)()()ふキヨの(うみ)
021(みなみ)(つら)なるアヅモスの
022(かみ)(つど)ひの霊場(れいぢやう)
023数千年(すうせんねん)(むかし)より
024()(ひび)きたるスメールの
025清浄無垢(しやうじやうむく)鎮守(ちんじゆ)なり
026(あさひ)(そら)煌々(きらきら)
027(かがや)(わた)西(にし)()
028(あさひ)直射(たださ)(かみ)(もり)
029夕日(ゆふひ)()()らす(うづ)(やま)
030(この)(いただき)一本(ひともと)
031世界(せかい)(まれ)(くす)()
032(まはり)三百三十(さんびやくさんじふ)(ぢやう)
033(みき)(たか)さは五百(ごひやく)(ぢやう)
034(こずゑ)四方(よも)(ひろ)がりて
035三百三十三(さんびやくさんじふさん)(たい)
036眷族様(けんぞくさま)御住所(おんすみか)
037ヨーイトセー ヨーイトセー
038(たか)(ふくろ)荒鷲(あらわし)
039(その)(ほか)(もも)鳥翼(とりつばさ)
040常磐堅磐(ときはかきは)()(なが)
041(たがひ)(むつ)(した)しみて
042()をば(をか)さず太平(たいへい)
043目出度(めでた)(しるし)(むかし)より
044(しめ)()たりし長閑(のど)けさよ
045ヨーイトセー ヨーイトセー
046バラモン(てん)(まつ)りたる
047猩々(しやうじやう)(みや)永年(ながとし)
048(あめ)(かぜ)とに(さら)されて
049(むね)(あめ)もり(うつばり)
050(ゆが)みて(はしら)(むし)がくひ
051()るも無残(むざん)有様(ありさま)
052(とき)(ちから)()らね(ども)
053荒廃(くわうはい)したるぞ(うた)てけれ
054バーチルさまが(あらた)めて
055(かみ)(をしへ)遵奉(じゆんぽう)
056(この)聖場(せいぢやう)目出度(めでた)くも
057三五教(あななひけう)(うづ)(みや)
058バラモン(けう)宮殿(きうでん)
059(あらた)建造(けんざう)ましまして
060三千世界(さんぜんせかい)鎮台(ちんだい)
061まつらせ(たま)ふぞ有難(ありがた)
062ヨーイトセー ヨーイトセー
063(あさひ)()(とも)(くも)(とも)
064(つき)()つとも()くる(とも)
065仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
066アヅモス(さん)霊場(れいぢやう)
067常磐堅磐(ときはかきは)(かは)らまじ
068(とほ)神代(かみよ)(むかし)より
069天足(あだる)(ひこ)胞場姫(えばひめ)
070(たま)御末裔(みすゑ)()れませる
071タクシャカ竜王(りうわう)出生地(しゆつしやうち)
072()るも(いかめ)九頭竜(くづりう)
073(その)猛勢(まうせい)()(ひと)
074(まなこ)(つぶ)(どく)()
075(ひと)(いのち)()(くら)
076(その)悪業(あくごふ)(きた)めむと
077高天原(たかあまはら)()れませる
078月照彦(つきてるひこ)のエンゼルが
079(いづ)言霊(ことたま)(うち)(いだ)
080(この)霊場(れいぢやう)(いは)()
081(ふう)じおきしと(つた)へたる
082世界(せかい)名高(なだか)地点(ちてん)なり
083十万年(じふまんねん)(その)(あひだ)
084(こころ)(きた)(たま)()
085清浄無垢(しやうじやうむく)霊身(れいしん)
086(たち)(なほ)りたる(あかつき)
087(また)もエンゼル(あら)はれて
088タクシャカ竜王(りうわう)(すく)()
089五風十雨(ごふうじふう)調節(てうせつ)
090(まも)らせ(たま)御誓(おんちか)
091(この)竜王(りうわう)永久(とこしへ)
092地底(ちてい)(ひそ)()(かぎ)
093荒風(あらかぜ)すさび大雨(おほあめ)
094十日(とをか)二十日(はつか)(ふり)しきり
095地上(ちじやう)()める人畜(じんちく)
096草木(くさき)片葉(かきは)(いた)(まで)
097(この)(くるし)みは()えざらむ
098ヨーイトセー ヨーイトセ
099三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
100月照彦(つきてるひこ)(なが)れをば
101()ませ(たま)へる玉国別(たまくにわけ)
102地上(ちじやう)のエンゼル(いま)此処(ここ)
103(あら)はれませしを(さいはひ)
104天地(てんち)(きよ)()ますてふ
105天津祝詞(あまつのりと)神言(かみごと)
106宇宙(うちう)神霊(しんれい)奏上(そうじやう)
107千代(ちよ)八千代(やちよ)(ふう)じたる
108これの竜王(りうわう)(すみやか)
109(すく)はせ(たま)へば国人(くにびと)
110いかに(よろこ)(こと)ならむ
111五穀(ごこく)(みの)(くさ)()
112(はな)色香(いろか)(うるは)しく
113(みの)りも(こと)(ゆた)やかに
114地上(ちじやう)生物(せいぶつ)一切(いつさい)
115鼓腹(こふく)撃壌(げきじやう)神国(しんこく)
116真善美愛(しんぜんびあい)祥徴(しやうちよう)
117堅磐常磐(かきはときは)(たの)しまむ
118あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
119御霊(みたま)恩頼(ふゆ)()(まつ)
120ヨーイトセー ヨーイトセ
121三千世界(さんぜんせかい)(うめ)(はな)
122一度(いちど)(ひら)蓮華花(はちすばな)
123スメール(さん)(きこ)えたる
124自転倒島(おのころじま)高原地(かうげんち)
125天教山(てんけうざん)()れませる
126木花姫(このはなひめ)御守護(おんまもり)
127いよいよ(ここ)(あら)はれて
128(やみ)(つつ)みしスマの(さと)
129芽出度(めでた)日出(ひので)御代(みよ)となり
130(かみ)(ひかり)朝夕(あさゆふ)
131(えら)(たの)しむ()とならむ
132(いさ)めよ(いさ)里人(さとびと)
133ヨーイトセー ヨーイトセ
134幾千年(いくせんねん)荒金(あらがね)
135(つち)(うづ)もれ(いし)となる
136(この)(くすのき)良材(りやうざい)
137(かみ)御代(みよ)をば永久(とこしへ)
138不変不動(ふへんふどう)(たてまつ)
139(いづ)(めぐみ)祥徴(しやうちよう)
140(この)(くすのき)重量(ぢうりやう)
141(ほか)(すぐ)れて雄々(をを)しきは
142万古不動(ばんこふどう)(かみ)()
143これ(また)(うづ)祥徴(しやうちよう)
144(おも)へば(おも)へば有難(ありがた)
145村人(むらびと)(いさ)みて()いてくれ
146ヨーイトセー ヨーイトセ
147(この)大木(たいぼく)引出(ひきいだ)
148御用(ごよう)(つか)ふる(ひと)びとは
149(かみ)(めぐみ)(ふか)くして
150身体(からだ)一所(ひととこ)怪我(けが)もせず
151(また)草臥(くたび)れぬ不思議(ふしぎ)さよ
152(かみ)(まも)りは()のあたり
153(よろこ)(いさ)みて()いてくれ
154ヨーイトセー ヨーイトセ
155(この)宮柱(みやばしら)いや(ふと)
156(くも)をつき()()つならば
157千木(ちぎ)勝男木(かつをぎ)はキラキラと
158黄金(こがね)(ひかり)(かがや)きて
159(つき)御国(みくに)やフサの(くに)
160カラもヤマトも一時(いちどき)
161月日(つきひ)(ごと)くに(かがや)かむ
162あゝ(いさ)ましや(いさ)ましや
163爺々(ぢぢ)婆々(ばば)(まご)()れて
164()()についで()寄進(きしん)
165(よる)(やす)まぬ()寄進(きしん)
166(ひと)(こころ)昼夜(ひるよる)
167区別(くべつ)()らぬ天界(てんかい)
168(はな)()(はる)(ごと)くなり
169ヨーイトセー ヨーイトセ』
170伊太彦(いたひこ)天津御空(あまつみそら)摩訶(まか)不思議(ふしぎ)
171微妙(びめう)音楽(おんがく)(きこ)()
172高天原(たかあまはら)霊国(れいごく)
173(たのし)(ふか)天国(てんごく)
174エンゼル天人(てんにん)(あら)はれて
175高天原(たかあまはら)()(うへ)
176(きづ)(つか)ふる(この)神業(みわざ)
177(たす)けむ(ため)羽衣(はごろも)
178(そで)をば微風(びふう)(ひるがへ)
179寿(ことほ)(いは)(たま)ふなり
180地上(ちじやう)()める人々(ひとびと)
181善言美詞(ぜんげんびし)言霊(ことたま)
182(すく)はれ(まが)(かげ)もなく
183(こころ)(ひと)()(ひと)
184(ただ)何事(なにごと)皇神(すめかみ)
185(こころ)のままに勤勉(いそし)みて
186世界(せかい)(かがや)(かみ)(みや)
187(その)御普請(ごふしん)(つか)へゆく
188浄行毘舎(じやうぎやうびしや)首陀(しゆだ)(その)()
189(いや)しき十二(じふに)姓族(しやうぞく)
190種々(いろいろ)差別(さべつ)撤廃(てつぱい)
191水平線上(すゐへいせんじやう)相立(あひた)つて
192三五教(あななひけう)やバラモンの
193(かみ)(おん)(ため)()(ため)
194赤心(まごころ)(つく)目出度(めでた)さよ
195かかる(ためし)(むかし)より
196(ゆめ)にも()かぬ太平(たいへい)
197なみなみならぬ慶事(けいじ)なり
198青人草(あをひとぐさ)()ふも(さら)
199(この)霊場(れいぢやう)永久(とこしへ)
200()みなれたりし猩々姫(しやうじやうひめ)
201(その)(ほか)(もも)御子(みこ)(たち)
202天国(てんごく)浄土(じやうど)(はる)()
203目出度(めでた)(もと)棲処(すみか)へと
204無事(ぶじ)(かへ)りし(よろこ)びは
205天地(てんち)(ひら)けし(はじ)めより
206(ためし)()らぬ次第(しだい)なり
207産土山(うぶすなやま)(たち)()でて
208(きよ)(こころ)玉国別(たまくにわけ)
209(うづ)(つかさ)(したが)ひて
210(やうや)此処(ここ)(つき)(くに)
211(おと)名高(なだか)きアヅモスの
212聖地(せいち)(きた)未曾有(みぞいう)
213大神業(だいしんげふ)奉仕(ほうし)する
214(わが)(たましひ)(よろこ)びは
215(ひでり)稲田(いなだ)夕立(ゆふだち)
216(ふり)(そそ)ぎたる(ごと)くなり
217ヨーイヨーイ ヨーイトセ
218(ちから)(そろ)(こゑ)(あは)
219ヨイヨイヨイと()いとくれ
220古今(ここん)未曾有(みぞう)神業(しんげふ)
221誠心(まことごころ)(あら)はして
222(つか)へまつれる人々(ひとびと)
223(かみ)(めぐみ)(さきは)ひて
224()壮健(すこやか)(その)(いへ)
225(つき)(かさ)ねてよく(さか)
226御子(みこ)(まご)曾孫(ひまご)つぎつぎに
227父祖(ふそ)神業(しんげふ)(よろこ)びて
228いや永久(とこしへ)神徳(しんとく)
229(たふと)みまつり(すゑ)()
230(かた)(ぐさ)にとなすならむ
231(いさ)めよ(いさ)(みな)(いさ)
232天地(てんち)(かは)功績(いさをし)
233(みな)平等(べうどう)(たて)(くら)
234アヅモス(さん)聖場(せいぢやう)
235真善美愛(しんぜんびあい)根本(こんぽん)
236(つく)らせ(たま)惟神(かむながら)
237(かみ)(ちか)ひて伊太彦(いたひこ)
238(この)スマ(びと)諸々(もろもろ)
239(かは)りて(ねが)(たてまつ)
240ヨーイトセー ヨーイトセ』
241 大小無数(だいせうむすう)(くす)242(ひのき)243(けやき)244(まつ)245(すぎ)246(なら)(とう)良材(りやうざい)一ケ月(いつかげつ)ならずして作事場(さくじば)無事(ぶじ)(もち)(はこ)ばれた。247(しか)して(ただ)一人(ひとり)のカスリ(きず)()うた(もの)(あら)はれなかつたのは248(まつた)(かみ)(ふか)御守(おんまも)りと一同(いちどう)感謝(かんしや)(ねん)()られ、249(ねこ)杓子(しやくし)脛腰(すねこし)()(もの)は、250寝食(しんしよく)(わす)れ、2501熱狂(ねつきやう)して、251宮普請(みやぶしん)にのみ心力(しんりき)傾注(けいちう)した。252諸人(もろびと)丹精(たんせい)によつて、253荘厳(さうごん)なる宮殿(きうでん)東西(とうざい)(なら)んで254南向(みなみむき)千木(ちぎ)(たか)()(あが)つた。255あゝ惟神(かむながら)(たま)()はへませ。
256大正一二・四・七 旧二・二二 於皆生温泉浜屋 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。