霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第六章 満悦(まんえつ)〔一五三一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第60巻 真善美愛 亥の巻 篇:第1篇 天仁和楽 よみ:てんじんわらく
章:第6章 第60巻 よみ:まんえつ 通し章番号:1531
口述日:1923(大正12)年04月07日(旧02月22日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年8月12日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6006
愛善世界社版: 八幡書店版:第10輯 619頁 修補版: 校定版:70頁 普及版:60頁 初版: ページ備考:
001 大空(おほぞら)一点(いつてん)雲翳(うんえい)もなく002天津(あまつ)()(かみ)煌々(くわうくわう)としてアヅモス(さん)霊地(れいち)照臨(せうりん)したまひ、003(こずゑ)(わた)夏風(なつかぜ)颯々(さつさつ)として清涼(せいりやう)()をおくる。004中空(ちうくう)には無声(むせい)音楽(おんがく)(きこ)(わた)り、0041芳香(はうかう)(くん)じ、005地上(ちじやう)には、006諸々(もろもろ)楽器(がくき)一度(いちど)()(わた)(こゑ)007(こずゑ)には百鳥(ももどり)の、0071千代(ちよ)祥瑞(しやうずゐ)(さへづ)美声(びせい)008天地人(てんちじん)三才合一(さんさいがふいつ)のこの瑞祥(ずゐしやう)は、009神前(しんぜん)(そな)へまつれる曼陀羅華(まんだらげ)妙色(めうしき)(あら)はれて()る。010バラモン(ぐん)(なが)(つか)へ、011キャプテンの(しよく)にあつてキヨの関守(せきもり)()ね、012相当(さうたう)暴威(ばうゐ)(ふる)ひたるチルテルは、013(その)(つま)チルナ(ひめ)(はじ)め、014カンナ、015ヘール(その)()部下(ぶか)(ひき)ゐて大宮(おほみや)(まへ)(うやうや)しく拝礼(はいれい)し、016曼陀羅華(まんだらげ)()(ささ)げ、017(うた)(はじ)めた。
018チルテル『(てん)清浄(しやうじやう)()清浄(しやうじやう)
019六根清浄(ろくこんしやうじやう)懺悔(ざんげ)(はな)()()ちし
020今日(けふ)(よろこ)永久(とこしへ)
021(かみ)御前(みまへ)(つつし)みて
022(われ)(ひと)(とも)村肝(むらきも)
023(こころ)(かぎ)()(かぎ)
024感謝(かんしや)(なみだ)(むせ)かへる
025(あふ)いで(そら)(なが)むれば
026天津御空(あまつみそら)蒼々(あをあを)
027際限(さいげん)もなく(しづか)(ひろ)くいや(たか)
028()して地上(ちじやう)(なが)むれば
029牡丹(ぼたん)芍薬(しやくやく)、ダリヤを(はじ)
030(ところ)まんだら()(みだ)
031雑色微妙(ざつしきびめう)(てふ)()
032万木万草(ばんもくばんさう)いや(しげ)
033夏野(なつの)(あそ)(たはむ)るる
034(その)瑞祥(ずゐしやう)()のあたり
035(なが)むる(われ)こそ(うれ)しけれ
036この聖場(せいぢやう)群集(うごなは)
037(ひと)(おもて)(なが)むれば
038老若男女(らうにやくなんによ)(わか)ちなく
039(みな)(くれなゐ)(おも)()りて
040宛然(さながら)天女(てんによ)(ごと)くなり
041(てん)(つく)りし(この)天地(てんち)
042真善美愛(しんぜんびあい)実状(じつじやう)
043いと(ひろ)らかに(やす)らかに
044(しめ)させたまふ(たふと)さよ
045朝日(あさひ)(かがや)(つき)()
046(ほし)(きら)めく天津空(あまつそら)
047北極星座(ほつきよくせいざ)(うご)きなく
048七剣星(しちけんせい)(その)周囲(しうゐ)
049(あさ)(ゆふ)なに(たわ)みなく
050(めぐ)るが(ごと)里人(さとびと)
051これの宮居(みやゐ)(あつ)まりて
052(ゑら)(たの)しみ(みや)()
053(まは)りて(あそ)目出(めで)たさよ
054ハルナの(みやこ)()れませる
055大黒主(おほくろぬし)神司(かむづかさ)
056いかに(こころ)(くば)りまし
057(かみ)御国(みくに)()(うへ)
058(いや)永久(とこしへ)(きづ)かむと
059(あせ)らせ(たま)へど如何(いか)にして
060三五教(あななひけう)(まも)ります
061(かみ)(いさを)(およ)ばむや
062(とほ)(ちか)きの(へだ)てなく
063(かみ)御稜威(みいづ)()(した)
064(あつ)まり(きた)(ひと)(かず)
065百千万(ももちよろづ)はまだ(おろ)
066追々(おひおひ)()()(うしほ)(いきほ)
067(また)霊界(れいかい)調(しら)ぶれば
068天男(てんなん)天女(てんによ)(はじ)めとし
069(よろづ)(ひと)神霊(しんれい)
070(とり)(けだもの)(むし)けらの
071御霊(みたま)(さき)(あらそ)ひて
072(われ)もわしもと(つど)()
073(その)光景(くわうけい)高天原(たかあまはら)
074(あま)岩戸(いはと)(ひら)けし(ごと)
075あな面白(おもしろ)やあなさやけをけ
076目出度(めでた)(うれ)しさ(むね)にみち
077()もたなしらに神業(かむわざ)
078(つか)へまつるぞ有難(ありがた)
079あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
080大国治立大御神(おほくにはるたちおほみかみ)
081御伴(みとも)(かみ)(つか)へます
082大国彦(おほくにひこ)大神(おほかみ)
083御前(みまへ)(つつし)(かしこ)みて
084バラモン(ぐん)のキャプテンが
085(ここ)赤心(まごころ)披瀝(ひれき)して
086(かしこ)(かしこ)()ぎまつる
087三千世界(さんぜんせかい)(うめ)(はな)
088一度(いちど)(ひら)曼陀羅華(まんだらげ)
089常世(とこよ)(はる)光景(くわうけい)
090(をろが)(ひと)こそ目出度(めでた)けれ
091朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
092(つき)()つとも()くるとも
093仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
094テルモン(ざん)(うみ)となり
095キヨメの(うみ)(やま)となり
096アヅモス(さん)聖場(せいぢやう)
097雲間(くもま)(たか)()()でて
098(たか)(けは)しくなるとても
099(かみ)(ちか)ひし(この)(からだ)
100如何(いか)でか(こころ)()へざらむ
101(めぐ)ませたまへ大御神(おほみかみ)
102(したが)ひたまふ千万(ちよろづ)
103(つかさ)(かみ)御前(おんまへ)
104(かしこ)(かしこ)()ぎまつる
105(かしこ)(かしこ)()ぎまつる』
106 アキスは(また)(うた)()した。
107アキス『バーチル(やかた)幼少(えうせう)より
108(いへ)(やつこ)(つか)へたる
109(あま)岩戸(いはと)もはやアキス
110猩々姫(しやうじやうひめ)御言(みこと)もて
111伊太彦(いたひこ)(つかさ)付添(つきそ)ひつ
112千里(せんり)(なみ)()(わた)
113(てん)にも()にもかけがへの
114()御子(みこ)数多(あまた)(むか)へたる
115猩々(しやうじやう)小父(をぢ)(いま)此処(ここ)
116三百三十三(さんびやくさんじふさん)(たい)
117御霊(みたま)(かは)()(まつ)
118(ちち)(みこと)(はし)なくも
119バーチクさまに(たま)()
120()しき(いのち)(うば)はれて
121(あと)(のこ)りし(はは)()
122周章(うろた)(さわ)()(あし)
123()(すべ)もなき(かな)しさに
124浜辺(はまべ)(ふね)()(あつ)
125夜陰(やいん)(じやう)じて湖原(うなばら)
126(おそ)(なが)らに()げて()
127サーガラ竜王(りうわう)棲所(すみか)ぞと
128(おそ)れられたる浮島(うきしま)
129()れぬ艪櫂(ろかい)(あやつ)りて
130(いのち)辛々(からがら)辿(たど)りつき
131(わづか)(いのち)(ささ)へつつ
132(かな)しき月日(つきひ)(おく)(をり)
133(この)()(すく)厳御霊(いづみたま)
134(みづ)御霊(みたま)(ひら)きたる
135三五教(あななひけう)神司(かむづかさ)
136数多(あまた)(あら)はれましまして
137(ちち)(みこと)(あが)めたる
138バーチルさまを(ふね)()
139(いそ)(はな)れて(かへ)ります
140(こひ)しき(はは)(この)(さま)
141()るより(なげ)かせたまひつつ
142二人(ふたり)(なか)(うま)れたる
143人獣合一(にんじうがふいつ)(うづ)()
144(のど)()(ころ)(はは)()
145湖底(うなぞこ)(ふか)(かく)れましぬ
146(あと)(のこ)りし一同(いちどう)
147()()(ごと)(さわ)()
148()べどかへせど(この)()へは
149(ふたた)(かへ)(たま)はざる
150悲運(ひうん)(なげ)()たりしが
151(かぜ)便(たより)白浪(しらなみ)
152彼方(かなた)()ゆる(ふね)(かげ)
153(なみ)蹴立(けた)てて()(きた)
154これぞ(まつた)(わが)(ちち)
155(こころ)(づく)しの御船(みふね)ぞと
156()()一同(いちどう)磯端(いそばた)
157(かき)(つく)つて(なが)()
158仁慈(じんじ)(かみ)(つか)へたる
159伊太彦(いたひこ)(つかさ)悠々(いういう)
160数多(あまた)(ふね)()()れて
161(われ)()一同(いちどう)をバーチルの
162(やかた)(むか)(かへ)らむと
163手真似(てまね)をもつて(しめ)します
164(その)(うれ)しさは如何(いか)(ばか)
165(てん)にも(のぼ)心地(ここち)して
166(さき)(あらそ)(すく)ひの(ふね)
167()(をど)らして()()めば
168(おもひ)()らぬ般若湯(はんにやたう)
169いと(かんば)しき(その)(かをり)
170(たる)(かがみ)()()けて
171(われ)()(ねぎら)ひたまひつつ
172(しづか)(なみ)真帆(まほ)()
173湖中(こちう)()める魚族(うろくづ)
174前後左右(ぜんごさいう)(まも)られて
175スマの(みなと)安着(あんちやく)
176(ちち)(やかた)()(かへ)
177(たの)しき月日(つきひ)(おく)りつつ
178(また)もや(もと)棲処(すみか)へと
179(かへ)(きた)りし(うれ)しさよ
180あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
181(かみ)宮居(みやゐ)もいと(きよ)
182いと(うるは)しく()(をは)
183(いづ)御霊(みたま)大御神(おほみかみ)
184バラモン帝釈(たいしやく)自在天(じざいてん)
185(いや)永久(とこしへ)(しづ)まりて
186イヅミの(くに)国人(くにびと)
187(まも)らせたまふ()となりぬ
188(われ)()一同(いちどう)眷族(けんぞく)
189清浄無垢(しやうじやうむく)(たましひ)
190(ささ)げて(つか)(たてまつ)
191アヅモス(さん)森林(しんりん)
192千代(ちよ)棲処(すみか)相定(あひさだ)
193常世(とこよ)(はる)(たの)しまむ
194あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
195(かみ)聖地(せいち)をおそれみて
196里人(さとびと)男女(なんによ)(わか)ちなく
197(この)森林(しんりん)永久(とは)()
198(われ)()兄弟(おとどい)よく(あい)
199(けつ)して(ころ)(こと)(なか)
200()しも(あやま)ちある(とき)
201(たちま)(かみ)相祈(あひいの)
202(いまし)(くだ)()(ひと)
203(まなこ)(きび)しくさますべし
204(つつし)みたまへ里人(さとびと)
205バラモン(けう)(いくさ)(きみ)
206猩々彦(しやうじやうひこ)猩々姫(しやうじやうひめ)
207水火(いき)より()でし吾々(われわれ)一同(いちどう)
208(ここ)言挙(ことあ)(たてまつ)
209あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
210御霊(みたま)(さち)(はへ)ましませよ』
211玉国別(たまくにわけ)久方(ひさかた)天津御空(あまつみそら)()(うへ)
212すみ(わた)りたる今日(けふ)目出度(めでた)き』
213真純彦(ますみひこ)()(あふ)ぐますみの(そら)(ちり)もなし
214田鶴(たづ)()(あそ)(かげ)のみぞ()ゆ』
215三千彦(みちひこ)大神(おほかみ)(うづ)(めぐみ)天地(あめつち)
216いや三千彦(みちひこ)今日(けふ)(うれ)しさ』
217伊太彦(いたひこ)『アヅモスの(やま)(のぼ)りて四方(よも)()
218()(わが)(こころ)(ひろ)(やす)けし』
219デビス(ひめ)(つき)()大空(おほぞら)(たか)くテルモンの
220(やかた)(あと)にデビス(ひめ)かな』
221バーチル『(ひと)となり(また)猩々(しやうじやう)となりかはり
222清浄無垢(しやうじやうむく)(かみ)(つか)へむ』
223サーベル(ひめ)(つき)()(なみ)より()でて(なみ)()
224(かみ)(めぐみ)(ふか)(みづうみ)
225テク『(いま)(まで)(こころ)(くも)りし(われ)なれど
226()(わた)りけり(かみ)(をしへ)に』
227アンチー『大神(おほかみ)(ひろ)(めぐみ)(はな)(じま)
228(うき)三歳(みとせ)今日(けふ)(われ)かな』
229アキス『(はる)()(なつ)大空(おほぞら)()(わた)
230(あき)()(わた)(われ)(たましひ)
231カール『磯端(いそばた)(あるじ)(きみ)()()びし
232カール(つかさ)今日(けふ)(よろこ)び』
233チルテル『(はな)()(つき)御空(みそら)(てる)(くに)
234すましてすまむスマの関守(せきもり)
235チルナ(ひめ)曼陀羅(まんだら)(はな)はいつ(まで)チルナ(ひめ)
236(はや)()()(ちり)(あくた)は』
237カンナ『惟神(かむながら)(かみ)(ひかり)(つよ)くして
238常夜(とこよ)(やみ)()(わた)りけり』
239ヘール『テルモンの(やま)(かす)みて()えねども
240()のあたり()(かみ)御恵(みめぐみ)
241 ()(たがひ)遷宮式(せんぐうしき)祭典(さいてん)(しゆく)(をは)つて242道々(みちみち)口々(くちぐち)(うた)(うた)ひながら、243広大(くわうだい)なるバーチルの(やかた)()して(かへ)()く。244(やうや)()西山(せいざん)(うすづ)きて黄昏(たそがれ)空気(くうき)四辺(あたり)(あつ)した。245満天(まんてん)(たちま)金銀(きんぎん)星光(せいくわう)恆河(こうが)(すな)(ごと)(あら)はれて、246一行(いつかう)歓喜(くわんき)姿(すがた)黙々(もくもく)として瞰下(かんか)して()る。247アヅモス(さん)峰続(みねつづ)き、248ハールナ(さん)中腹(ちうふく)にある寺院(じゐん)梵鐘(ぼんしよう)は、249ボーンボーンと(ゆふ)べの空気(くうき)(あつ)して(ひび)(きた)る。
250大正一二・四・七 旧二・二二 於皆生温泉浜屋 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)