霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一五章 祝詞(のりと)〔一五四〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第60巻 真善美愛 亥の巻 篇:第4篇 善言美詞 よみ:ぜんげんびし
章:第15章 第60巻 よみ:のりと 通し章番号:1540
口述日: 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年8月12日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6015
愛善世界社版: 八幡書店版:第10輯 670頁 修補版: 校定版:239頁 普及版: 初版: ページ備考:
001   祝詞(のりと)
 
002掛巻(かけまく)(かしこ)大本大御神(おほもとおほみかみ)宇豆(うづ)大前(おほまへ)に、003(つつし)(ゐやま)(かしこ)(かしこ)みも(まを)さく。004大地(とよあしはら)千五百秋(ちいほあき)瑞穂(みづほ)(くに)は。005天地(あめつち)初発之時(なりいでしとき)より、006国之常立尊(くにのとこたちのみこと)堅磐(かきは)常磐(ときは)(しづま)居坐(ゐま)して。007(くに)本国(もとくに)浦安国(うらやすくに)愛給(めでたま)(まもり)(たま)ひて、008〓(うまら)委曲(つばら)(ひらき)(たま)ひし(くに)にし()れば。009皇大神(すめおほかみ)(あめ)石位(いはくら)(はな)ち、010(あめ)八重雲(やへくも)伊都(いづ)千別(ちわき)千別(ちわき)て、011天降(あまくだ)(たま)ひてより(うご)(こと)()(かは)(こと)()く。012(ひと)(こころ)(なほ)(ただ)しく、013山川(やまかは)(きよ)(さや)けく。014顕見(うつしき)蒼生(あをひとぐさ)(くひ)()くべき稲種(いなだね)は、015大御神(おほみかみ)大御言(おほみこと)()(あめ)邑君(むらぎみ)(さだめ)(たま)ひ。016(あめ)狭田(さだ)長田(ながた)()ゑしめ(たま)ひし(いね)を、017天津御饌(あまつみけ)遠御饌(とほみけ)赤丹(あかに)()聞食(きこしめし)(のり)(たま)(さづ)(たま)ひて。018大地主神(おほとこぬしのかみ)五百津斎鋤(いほついむすき)()りて、019高田(たかた)窪田(くぼた)(たがや)(たま)ひ、020水分神(みくまりのかみ)(みづ)()かしめ、021埴安神(はにやすのかみ)真埴(まはに)()やし。022大歳(おほとし)(かみ)(いなむし)(はら)ひ。023(あき)足穂(たりほ)八束穂(やつかほ)の、024重穂(いかしほ)(なし)(さきはへ)(たま)ひ。025夏冬(なつふゆ)(あつ)(さむ)さも(やは)らかに、026()しき(やまひ)(すくな)く。027(うち)()(しま)崎々(さきざき)028(かき)()(いそ)隈々(くまぐま)029常世乃波(とこよのなみ)重浪(しきなみ)(よせ)()て、030(いき)()(すみ)()(ひと)(ことごと)031(たか)きも(ひく)きも(おい)(わか)きも(うれ)しみ(たふと)み。032遠津御神(とほつみかみ)敷坐(しきま)(しま)八十島(やそしま)は。033(あめ)壁立(かべたつ)(きは)み、034(くに)退立(そぎたつ)(かぎ)り。035()(くに)(ひろ)(さか)しき(くに)(たひら)けく。036青雲(あをくも)(たなび)(きは)み、037白雲(しらくも)墜居(おりゐ)向伏(むかふす)(かぎ)り。038大野原(おほぬのはら)磐根(いはね)木根(きね)履佐久美(ふみさくみ)039(こま)(つめ)(いた)(とどま)(かぎ)り。040荷緒(にのを)結堅(ゆひかた)めて、041長道(ながぢ)(ひま)()立続(たちつづ)き。042青海原(あをみのはら)棹舵(さをかぢ)()さず、043(ふね)()(いた)らむ(かぎ)り。044真舵(まかぢ)繁貫(しじぬ)浮並(うけなら)べて、045遠近(をちこち)(くに)(ことごと)046(みみ)(おどろ)()(かがや)種々(くさぐさ)(うづ)(たから)を。047霜黒葛(しもくろかづら)()るや()るや川舟(かはふね)毛曾呂(もそろ)毛曾呂(もそろ)持渡(もちわた)()て、048百取(ももとり)(つくゑ)横山(よこやま)(ごと)置足(おきたら)はして。049皇大神(すめおほかみ)(たてまつ)り。050大御国中(おほみくぬち)敷施(しきほど)こし。051(まなび)(わざ)(すべて)(のり)に、052弥益(いやます)(ひら)()はりて。053(あめ)(した)四方(よも)(くに)は、054(かみ)御国(みくに)浦安国(うらやすくに)と。055(くに)富栄(とみさか)えて(みやこ)(ひな)恵良々々(ゑらゑら)(ゑら)(にぎ)はひ。056邂逅(わくらは)(みち)()(きたな)(こころ)()て、057射向(いむか)(まつ)(あだ)()(とき)は。058万民(みたから)(こぞ)り、059御祖神(みおやのかみ)(つた)(たま)へる、060言霊(ことたま)真心(まごころ)振起(ふりおこ)し。061(いづ)雄健(をたけ)踏健(ふみたけ)び。062(いづ)嘖譲(ころび)(おこ)して、063(うみ)()かば水潜屍(みづくかばね)(やま)()かば草生屍(くさむすかばね)064大神(おほかみ)()にこそ()なめ(のど)には()なじ。065(かへりみ)()じと、066(いや)(すす)みに(すす)み、0661(いや)(せまり)(せま)り。067(やま)()ごとに追伏(おひふ)(かは)()ごとに追攘(おひはら)ひて言向(ことむ)(やは)し、068(うら)(やす)(うら)(たぬ)しきは、069(もはら)(あが)大神(おほかみ)(ひろ)(あつ)大御恵(おほみめぐみ)と、0691斎知(ゆし)厳知(いづし)070細螺(しただみ)伊這回(いはひもとほ)噞喁(あぎた)(いを)打仰(うちあふ)ぎ、071(ゐやまひ)(よろこび)(まつ)らくを、072真澄(ますみ)大御鏡(おほみかがみ)(おも)押霽(おしはる)して見行(みそなは)し。073相諾(あひうづな)(たま)ひて(かみ)御国(みくに)を。074堅磐(かきは)常磐(ときは)茂御代(いかしみよ)足御代(たらしみよ)(なし)(さきはへ)(たま)ひ。075官々(つかさつかさ)(つか)(まつ)人等(ひとたち)本末(もとすゑ)内外(うちと)(あやま)たず、076茂鉾(いかしほこ)(なか)執持(とりも)ちて愛善信真(まこと)政事(まつりごと)をなさしめ(たま)ひ。077飛騨人(ひだびと)()墨縄(すみなは)(ただ)一道(ひとすぢ)(まも)るべき。078三五(おほもと)(をしへ)(のり)随々(まにまに)079()(みち)(ただ)しき(みち)を、080弥遠(いやとほ)弥広(いやひろ)(ひろ)(みちび)かしめ(たま)ひ。081(をのこ)(をみな)(おい)(わか)きも。082相共(あひとも)於与豆礼(およつれ)妖言(まがこと)黐鳥(もちどり)(かか)(こと)()く。083(この)(みち)(した)(うべな)ひ、084()しき(こころ)()たしめず、085(まが)れる(こと)()さしめず。086(あやま)ちて(をか)さむ(こと)は、087神直日(かむなほひ)大直日(おほなほひ)見正(みなほ)聞治(ききなほ)()し。088百姓(おほみたから)(あめ)狭田(さだ)長田(ながた)()りて手肱(たなひぢ)水泡(みなわ)掻垂(かきた)り。089向股(むかもも)(ひぢ)掻寄(かきよ)せて、090取作(とりつく)らむ水田種子(たなつもの)は。091霖雨(ながめ)降頻(ふりし)(かは)()(あふ)れて(をか)(そこな)(こと)()く。092(あら)(かぜ)吹荒(ふきすさ)びて、093根掘(ねこじ)(たふ)朽損(くちそこな)(こと)なく。094()しき(むし)生出(わきいで)喰荒(くひあれ)しめむ(こと)()く。095負持(おひも)てる(くに)()の、096茂瑞穂(いかしみづほ)(みの)らしめ(たま)ひ。097()長人(ながひと)()遠人(とほひと)名告(なの)らひつつ。098千歳(ちとせ)万歳(よろづよ)生存(いきながら)へて。099()(ため)(ひと)(ため)(いみ)じき功績(いさを)()てむと(おも)人々(ひとびと)病煩(やみわづら)はむ(こと)あらば、100一日(ひとひ)片時(かたとき)()(すむや)けく。101惟神(かむながら)霊法(みのり)(いづ)御魂(みたま)寄賜(よせたま)ひ。102(しる)(しるし)(あら)はして(たちま)()えしめ(すくひ)(たす)けて。103(おの)手手(じし)(いへ)業務(なりはひ)(ゆる)(こと)なく(おこた)(こと)()く。104(いや)(つと)めに(つと)(しまり)て。105子孫(うみのこ)八十連(やそつづき)五十橿(いかし)八桑枝(やくはえ)(ごと)く。106茂木(むく)(さか)(さか)えしめ(たま)ひ、107()(まもり)()(まも)りに(まもり)(さきは)(たま)へと。108(かしこ)(かしこ)みも(まを)す。
109辞別(ことわ)けて(まを)さく。110(あさ)()()(つみ)(けがれ)(はら)(きよ)めて、111(をが)(つかへ)(まつ)らくを。112(あめ)斑駒(ふちこま)(みみ)弥高(いやたか)聞上(きこえあげ)(たま)ひて。113宣教師(をしへつかさ)(をしへ)(わざ)(おの)向々(むきむき)()らしめず、114(その)程々(ほどほど)功績(いさを)()てしめ(たま)ひ。115(こと)(これ)家内(やぬち)(はじ)めて、116三五教(おほもとくに)教信徒(まめひと)諸々(もろもろ)が。117(いへ)をも()をも(まも)(めぐ)まひ(さきはへ)(たま)へと。118鹿児自物(かごじもの)(ひざ)折伏(をりふ)せ、119宇自物(うじもの)頸根(うなね)突抜(つきぬ)()て、120(かしこ)(かしこ)みも祈願(こひのみ)(まつ)らくと(まを)す。
 
121   三五教(あななひけう)本部(ほんぶ)大祭(たいさい)祝詞(のりと)
 
122(これ)神殿(かむどの)()(まつ)(いつき)(まつ)る、123掛巻(かけま)くも(あや)(かしこ)き、124三五皇大御神(おほもとすめおほみかみ)宇豆(うづ)大前(おほまへ)に、125斎主(いはひぬし)(某)(つつし)(ゐやま)(かしこ)(かしこ)みも(まを)さく、126八十日日(やそかひ)()れども、127今日(けふ)生日(いくひ)足日(たるひ)(えら)(さだ)めて、128皇道(かむながら)三五(おほもと)御教(みをしへ)(かしこ)(かたじけな)み、129千々(ちぢ)一重(ひとへ)(むく)(まつ)らむと、130毎年(としごと)(ためし)任々(まにまに)131(はる)(あき))の大御祭(おほみまつり)(つか)(まつ)らむとして、132奥山(おくやま)五百枝(いほえ)真栄木(まさかき)木棉(ゆふ)取垂(とりし)で、133御食(みけ)高杯(たかつき)盛足(もりた)らはして、134御酒(みき)(みか)()高知(たかし)(みか)(はら)()(なら)べて、135(もちひ)(かがみ)八十比良加(やそひらか)()(かさ)ね、136御水(みもひ)堅塩(きたし)窪手(くぼて)盛満(もりみ)たして137山野(やまぬ)(もの)甘菜(あまな)辛菜(からな)種々(くさぐさ)果実(このみ)138海川(うみかは)(もの)(はた)広物(ひろもの)139(はた)狭物(さもの)140奥津藻菜(おくつもは)141辺津藻菜(へつもは)(いた)(まで)142百取(ももとり)机代(つくゑしろ)(もり)(たか)()して称言(たたへごと)()(まつ)らくを、143(たひら)けく(やす)らけく聞食(きこしめ)相諾(あひうづな)(たま)ひて、144天皇(すめらみこと)大御寿(おほみいのち)手長(たなが)大御寿(おほみいのち)堅磐(かきは)常磐(ときは)に、145天津日継(あまつひつぎ)天地(あめつち)(むた)(いや)遠永(とほなが)(さか)()さしめ(たま)ひ、146(なほ)(ただ)しく(ひと)(うつ)りて(をし)(たま)(さと)(たま)へる、147三五皇大御神(おほもとすめおほみかみ)御教(みをしへ)は、148()(ひと)()きの(たが)()く、149()(ひと)()きの(あやまち)あらしめず、150皇道(かむながら)三五(おほもと)信徒等(まめひとたち)(おい)(わかき)も、151(きよ)(あか)(まこと)(みち)をのみ(うべな)ひて、152()しき(いや)しき邪道(よこさのみち)(まど)(こと)なく()(こと)なく、153(かみ)(ゐやま)(きみ)(たふと)み、154親子(おやこ)夫婦(めをと)兄弟(はらから)朋友(ともがき)(おこな)(ただ)しく(うる)はしく、155(おの)向々(むきむき)()らしめず、156(いへ)(なりはひ)弥締(いやしま)りに(しま)(いや)(つと)めに(つと)めて、157子孫(うみのこ)八十続(やそつづき)(いた)(まで)五十橿(いかし)八桑枝(やくはえ)(ごと)茂久栄(むくさか)立栄(たちさか)えしめ(たま)ひ、158邂逅(わくらは)病疾(やみわづ)らはむ(こと)あらば、159一日(ひとひ)片時(かたとき)()(すむや)けく神随(かむながら)神法(みのり)伊豆(いづ)神霊(みたま)(かかぶ)らしめ(たま)ひ、160恩頼(みたまのふゆ)(あふ)がしめ(たま)ひ、161()(まもり)()(まもり)守護(まもり)(さきは)(たま)へと祈願(こひのみ)(まを)(こと)(さま)(きこ)()相諾(あひうづな)(たま)へと、162鹿児自物(かごじもの)(ひざ)折伏(をりふ)鵜自物(うじもの)頸根(うなね)突抜(つきぬ)きて(かしこ)(かしこ)みも(まを)す。
 
163   本部(ほんぶ)大神(おほかみ)月次祭(つきなみさい)祝詞(のりと)
 
164(これ)神床(かむどこ)(いつ)(まつ)()(まつ)る、165掛巻(かけまく)(あや)(かしこ)三五皇大御神(おほもとすめおほみかみ)宇豆(うづ)大前(おほまへ)に、166斎主(いはひぬし)(某)(つつし)(ゐやま)ひも(まを)さく。167今日(けふ)はしも月毎(つきごと)御祭(みまつり)(つか)(まつ)るとして、168御食(みけ)高杯(たかつき)盛足(もりた)らはし、169御酒(みき)(みか)()高知(たかし)(みか)(はら)()(なら)べて、170(もちひ)(かがみ)八十比良加(やそひらか)()(かさ)ね、171山野(やまぬ)(もの)甘菜(あまな)辛菜(からな)種々(くさぐさ)果実(このみ)172海川(うみかは)(もの)(はた)広物(ひろもの)(はた)狭物(さもの)173奥津藻菜(おくつもは)辺津藻菜(へつもは)174御水(みもひ)堅塩(きたし)(いた)(まで)175横山(よこやま)(ごと)()()らはして、176称言(たたへごと)()(まつ)らくを(たひら)けく(やす)らけく聞食(きこしめ)して、177現御神(あきつみかみ)大八洲国(おほやしまくに)知食(しろしめ)天皇(すめらみこと)大御代(おほみよ)を、178手長(たなが)大御代(おほみよ)堅磐(かきは)常磐(ときは)に、179天地(あめつち)(むた)弥遠永(いやとほなが)(さか)()さしめ(たま)ひ、180三五皇大御神(おほもとすめおほみかみ)御教(みをしへ)は、181()(ひと)(とき)(たがひ)なく、182()(ひと)(きき)(あやまち)あらしめず、183皇道(かむながら)三五(おほもと)信徒等(まめひとたち)184(おの)(おの)(きよ)(あか)(まこと)(みち)をのみ(うべな)ひて、185()しき(いや)しき邪道(よこさのみち)(まど)(こと)なく()(こと)なく、186(かみ)(ゐやま)(きみ)(たふと)み、187親子(おやこ)夫婦(めをと)兄弟(はらから)朋友(ともがき)(おこな)(ただ)しく(うる)はしく、188(おの)向々(むきむき)あらしめず、189(いへ)(なりはひ)弥締(いやしま)りに(しま)(いや)(つと)めに(つと)めて、190子孫(うみのこ)八十続(やそつづき)(いた)(まで)191五十橿(いかし)八桑枝(やくはえ)(ごと)茂久栄(むくさか)立栄(たちさか)えしめ(たま)ひ、192()(まもり)()(まもり)(まも)(さきは)(たま)へと、193祈願(こひのみ)(まを)(こと)(さま)()こし(めし)相諾(あひうづな)(たま)へと、194鹿児自物(かごじもの)(ひざ)折伏(をりふ)鵜自物(うじもの)頸根(うなね)突抜(つきぬ)きて、195(かしこ)(かしこ)みも(まを)す。
 
196   各家(かくけ)神床(かむどこ)遷座祭(せんざさい)祝詞(のりと)
 
197掛巻(かけまく)(かしこ)三五皇大御神(おほもとすめおほみかみ)大前(おほまへ)に(某)由麻波利(ゆまはり)清麻波里(きよまはり)198(かしこ)(かしこ)みも(まを)さく。199八十日日(やそかひ)()れども今日(けふ)生日(いくひ)足日(たるひ)(えら)(さだ)めて、200此回(こたび)(あらた)設備(とりまかな)へる神殿(みあらか)(うつ)(まつ)()(まつ)り、201御祭(みまつり)(つか)(まつ)らむとす。202(かれ)御酒(みき)御饌(みけ)海川山野(うみかはやまぬの)種々(くさぐさ)(もの)を、203(たひ)らかに(やす)らかに聞食(きこしめ)して、204家長(いへをさ)(はじ)諸人(もろびと)(あやまち)(をか)しけむ(つみ)(けがれ)()らむをば、205神直日(かむなほひ)大直日(おほなほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)しまして、206大神(おほかみ)御心(みこころ)(やす)(おだひ)(しづま)()して、207(いや)遠永(とほなが)(まも)(さきは)(たま)へと(かしこ)(かしこ)みも(まを)す。
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/24【霊界物語ネット】『出口王仁三郎全集』の「第二篇 皇道我観」(第一~第十章)を校正しました。
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。