霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二五章 三五神諭(おほもとしんゆ)その六〔一五五〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第60巻 真善美愛 亥の巻 篇:第5篇 金言玉辞 よみ:きんげんぎょくじ
章:第25章 第60巻 よみ:おおもとしんゆ 通し章番号:1550
口述日:1923(大正12)年04月27日(旧03月12日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年8月12日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6025
愛善世界社版: 八幡書店版:第10輯 714頁 修補版: 校定版:352頁 普及版: 初版: ページ備考:
001大正六年旧二月九日
 
002 (かみ)(くに)には、003()根本(こつぽん)大昔(おほむかし)から、004天地(てんち)先祖(せんぞ)仕組(しぐみ)(いた)してあるので、005二度目(にどめ)(あま)岩戸(いはと)(びらき)末代(まつだい)一度(いちど)より()られんのであるから、006(なに)()けても大謨(たいもう)(こと)であるぞよ。007肝腎(かんじん)(こと)は、008あとへ()はして009(なに)()らぬ(いや)(はう)(かみ)や、010下劣(げす)守護神(しゆごじん)大事(だいじ)仕組(しぐみ)()らずに、011利己主義(われよし)経綸(やりかた)012ここまでトントン拍子(びやうし)()()たなれど、013九分九厘(くぶくりん)といふ(とこ)往生(わうじやう)(いた)さなならん()になりたぞよ。
014 九分九厘(くぶくりん)御魂(みたま)015天地(てんち)御恩(ごおん)といふ(こと)(わか)りて()たなれば、016現世(このよ)()んな(むご)(こと)()りはせんなれど、017盲目(めくら)(つんぼ)(おな)(こと)で、018全然(さつぱり)暗黒界(くらやみ)であるぞよ。019(いま)守護神(しゆごじん)人民(じんみん)とは020岩戸(いはと)(びらき)手伝(てつだひ)(いた)すどころか、021(おほ)きな邪魔(じやま)(いた)すぞよ。022(あく)(はう)から()れば、023(まこと)(はう)(あく)()えて、024(あく)(はう)()()えるので、025何事(なにごと)(みな)逆様(さかさま)ばかりより出来(でき)んのであるぞよ。
026 (あく)守護神(しゆごじん)大本(おほもと)(なか)這入(はい)りて()て、027何彼(なにか)邪魔(じやま)(いた)すから、028()ゆるしは(ちつ)とも出来(でき)んから、029物事(ものごと)(おそ)くなりて、030世界中(せかいぢう)(くる)しみが(なが)うなると(まを)(こと)031毎度(まいど)筆先(ふでさき)()して()らしてあるぞよ。032大本(おほもと)には、033世界(せかい)(こと)(うつ)るから、034大本(おほもと)(なか)様子(やうす)()()りたら、035世界(せかい)(こと)見当(けんたう)が、036明白(ありやか)(わか)りて()るぞよ。037筆先(ふでさき)一度(いちど)()した(こと)は、038チト(はや)(おそ)しは()るなれど、039毛筋(けすぢ)(ちが)はん(こと)(ばか)りであるから、040(みな)()()るぞよ。041()(もと)(くに)(まを)しても、042(むご)(こと)()りて()るのを、043()りて()守護神(しゆごじん)も、0431人民(じんみん)も、044(まこと)になさけ()いほど(すくな)いから045(いま)世界(せかい)困難(こんなん)であるぞよ。046神国魂(みくにだましひ)(まを)して威張(ゐば)りて()れど、047神国魂(みくにだましひ)性来(しやうらい)はチツトも()いやうに(むご)(こと)になりて()るぞよ。
048 世界(せかい)(ひと)つに(まる)めて、049神国(しんこく)()(いた)すには、050(この)()(こしら)へた(てん)()との根本(こつぽん)(まこと)(をさ)める時節(じせつ)(まゐ)りて()たから、051明治(めいぢ)二十五年(にじふごねん)から(いま)(つづ)いて()らしてあるぞよ。052世界(せかい)今度(こんど)大戦争(おほいくさ)世界中(せかいぢう)人民(じんみん)改信(かいしん)(ため)であるぞよ。053まだまだ(これ)では改信(かいしん)出来(でき)ずに、054(かみ)(くに)()(かんが)へを(いた)して()るぞよ。055(かみ)(くに)(かみ)(まこと)守護(しゆご)(いた)してある(くに)であるから、056(なに)(ほど)邪神(あくがみ)神力(しんりき)沢山(たくさん)ありたとて、057知識(ちゑ)(がく)がありたとて、058神国(しんこく)には到底(とて)(かな)はん仕組(しぐみ)()(もと)から(いた)してあるから、059九分九厘(くぶくりん)(てのひら)(かへ)して、060万古末代(まんごまつだい)(つぶ)れぬ守護(しゆご)(いた)して061三千世界(さんぜんせかい)(まる)めて人民(じんみん)安心(あんしん)させ、062(まつ)()063仁愛神(みろく)()064神世(かみよ)といたして、065天地(てんち)御目(おめ)()ける時節(じせつ)(ちか)うなりたぞよ。066天地(てんち)(あひだ)一輪(いちりん)()(いた)(うめ)(はな)067三千世界(さんぜんせかい)(ひと)つに(まる)めて(ひと)つの(わう)(をさ)めるぞよ。068悪神(あくがみ)のしぐみは、069(いま)(まで)はトントン拍子(びやうし)()たなれど、070九分九厘(くぶくりん)でもう一足(ひとあし)(さき)へも()けず、071(あと)へも(もど)れず、072()きも(かへ)りも()らんといふのが、073(いま)(こと)であるぞよ。074(ここ)()りた(ところ)で、075悪神(あくがみ)(かしら)充分(じゆうぶん)改信(かいしん)(いた)して、076(ぜん)立返(たちかへ)りて、077(ぜん)(はたら)きをいたさんと、078世界中(せかいぢう)(なに)()らん人民(じんみん)が、079(この)(さき)でエライ(くる)しみを(いた)すぞよ。080()大本(おほもと)(なか)にも、081(あく)身魂(みたま)守護神(しゆごじん)()けて()()るが、082もう()けを(あら)はして、083(みな)()せてやるぞよ。
 
084
 
085大正七年旧正月十二日
 
086 三千世界(さんぜんせかい)一度(いちど)(ひら)(うめ)(はな)087艮金神(うしとらのこんじん)守護(しゆご)()になりたぞよ。088明治(めいぢ)二十五年(にじふごねん)から出口(でぐち)(なほ)()()(くち)()りて()らした(こと)の、089実地(じつち)(あら)はれる時節(じせつ)近寄(ちかよ)りて()たぞよ。090(いま)(まで)()悪神(あくがみ)覇張(はば)()091何事(なにごと)()寸法(すつぱふ)092利己主義(われよし)()(かた)で、093(この)()(みだ)して()たが、094モウ(これ)からは(むかし)(もと)生神(いきがみ)()(あら)はれて、095三千世界(さんぜんせかい)守護(かまふ)やうに時節(じせつ)(まゐ)りたから、096(おも)ひの(ちが)守護神(しゆごじん)人民(じんみん)大多数(たつぴつ)出来(でき)()るぞよ。097今度(こんど)二度目(にどめ)(あま)磐戸(いはと)(びら)きは、098(あく)身魂(みたま)毛筋(けすぢ)横巾(よこはば)でも(まじ)りてありたら成就(じやうじゆ)いたさぬ099大謨(たいもう)末代(まつだい)一度(いちど)より()られん神界(しんかい)経綸(しぐみ)であるから、100(ここ)まで悪神(あくがみ)覇張(はば)りた暗黒(くらがり)()101生粋(きつすゐ)水晶(すいしやう)()うな(あきら)かな、102何時(いつ)までも(かは)らぬ神世(かみよ)(いた)さねば()らぬから、103(かみ)中々(なかなか)(ほね)()れる(こと)であるぞよ。
104 (むかし)のミロク(さま)純粋(きつすゐ)の、105何時(いつ)になりても(かは)らぬ(その)(まま)秘密(ひみつ)経綸(しぐみ)凝結(かたまり)で、106末代(まつだい)(うご)かん(いは)(まつ)仕組(しぐみ)107何神(どのかみ)にも(わか)らぬ(やう)()てある(ぜん)(ひと)つの(まこと)(みち)であるから、108途中(とちう)精神(こころ)(かは)るやうな身魂(みたま)では出来(でき)(いた)さず、109(わか)りもせぬぞよ。110(この)()(もと)創造(こしら)へて、111世界中(せかいぢう)一切(いつさい)(こと)112何一(なにひと)()らんといふ(こと)のない身魂(みたま)でないと、113今度(こんど)二度目(にどめ)(あま)岩戸(いはと)(びらき)は、114世界(せかい)創造(こしら)へるよりも、115何程(どれほど)(ほね)()れるか()れんぞよ。116(かぎ)()しの(つぶ)されぬ末代(まつだい)経綸(しぐみ)117(あま)岩戸(いはと)(びらき)といふことは、118(ここ)まで悪神(あくがみ)覇張(はば)りて、119(ひと)奸賢(わるが)しこう人民(じんみん)をいたして、120()()悪神(あくがみ)(ちから)(つよ)くして、121善神(ぜんのかみ)(みち)()てさせぬ()うに122体主霊従主義(あくばかり)(つらぬ)く、1221仕組(しぐみ)(いた)して()るから、123神国(しんこく)人民(じんみん)余程(よほど)(たま)(みが)いて、124水晶魂(すいしやうだま)(もと)(みが)いて(ひかり)()して()かねば、125万古末代(まんごまつだい)邪神(あくがみ)自由(じいう)()られて(しま)ふぞよ。
126 (むかし)から露国(ろこく)(あが)りて()りた悪神(あくがみ)頭目(かしら)が、127(ひと)(むか)ふの(くに)(わた)りて、1271人民(じんみん)(かしら)自由自在(じいうじざい)に、128(われ)思惑(おもわく)どほりに(あく)(はたら)き、129世界中(せかいぢう)大困難(だいこんなん)(かま)はず、130何処(どこ)までも()れて()れて()れまはして世界(せかい)(くる)しめ、131(また)露国(ろこく)自由(じいう)(いた)して(われ)手下(てした)()けて、132(いま)神国(しんこく)()()経綸(しぐみ)(いた)して()るが、133そんな(こと)にビクつく()うな守護神(しゆごじん)134人民(じんみん)でありたら135到底(たうてい)(つづ)きは(いた)さんぞよ。136(これ)から(かみ)(かげ)から手伝(てつだ)ふて軍隊(いくさ)神力(しんりき)()けて()るから、137今度(こんど)大丈夫(だいぢやうぶ)であれども、138(くに)(くに)同士(どうし)戦争(いくさ)到底(たうてい)(かな)はんと(まを)して、139()加減(かげん)(こと)仲直(なかなほ)りを(いた)して、140一腹(ひとはら)になつて、141今度(こんど)押詰(おしつ)めて()るから、142守護神(しゆごじん)人民(じんみん)腹帯(はらおび)(しめ)(かか)らな、143万古末代(まんごまつだい)取返(とりかへ)しの出来(でき)(こと)になるぞよ(まを)して、144明治(めいぢ)二十五年(にじふごねん)から145出口(でぐち)(なほ)()()(くち)()りて、146()らして()いた(こと)実地(じつち)が、147(せま)りて()たぞよ。148邪神(あくがみ)(あく)(つよ)いから、149ドコ(まで)執念深(しつこ)目的(もくてき)()(まで)()(とほ)すなれど、150九分九厘(くぶくりん)()(とこ)まで()(をり)に、151三千年(さんぜんねん)(かみ)経綸(しぐみ)(おく)()()して、152邪神(あくがみ)往生(わうじやう)いたさすので()るから、153大丈夫(だいぢやうぶ)であれども、154罪穢(めぐり)(ふか)(とこ)には罪穢(めぐり)借銭(しやくせん)()しが()るから155(いま)(うち)改信(かいしん)(いた)さんと、156神国(しんこく)にも(きび)しい懲罰(いましめ)天地(てんち)から()るぞよ。157霊主体従主義(ひのもと)()(かた)で、158末代(まつだい)()()つか、159体主霊従(みのもと)施政方針(やりかた)()末代(まつだい)(つづ)()160今度(こんど)(ぜん)(あく)との力量(ちから)(くら)べであるから、161()ちた(はう)末代(まつだい)(したが)うて()ねばならぬぞよ。162それで神界(しんかい)(ここ)まで(ねり)(ねり)たので()るぞよ。
163 この(さき)(ぜん)(ひと)つの(まこと)(みち)立貫(たてぬ)かねば、164斯世(このよ)安住(おい)(もら)へんやうに(きび)しく()るから、165(ここ)まで(なが)らく()()かしたので()るぞよ。166(ぜん)(あく)との境界(さかひ)大峠(おほたうげ)であるから、167(ここ)まで充分(じゆうぶん)()らねば、168(あく)性来(しやうらい)には()けんから、1681(いま)(いま)まで()りたのであるが、169チツトは(はら)()()りて()身魂(みたま)()るであらう。170(ここ)まで()()かしても(わか)らん()うな身魂(みたま)は、171(てい)()覚悟(かくご)をいたさんと、172(これ)(まで)のやうな(こころ)()りたなら、173(また)天地(てんち)(けが)して(しま)ふから、174(ぜん)心底(しん)から(したが)身魂(みたま)()いと、175(いま)(まで)()うな(こころ)人民(じんみん)()りたら総損害(そうぞこなひ)になりて、176(ひと)(おく)れるから、177艮金神(うしとらのこんじん)(たす)けて()(こと)出来(でき)ず、178(てん)御三体(ごさんたい)大神様(おほかみさま)申訳(まをしわけ)()いやうな(こと)になりて()るから、179()むを()()(どく)でも180モウ経綸(しぐみ)どほりに(いた)すぞよ。181(あま)岩戸(いはと)(びらき)段々(だんだん)近寄(ちかよ)りたから、182(これ)までの()うな(こと)には()かんから、183(いち)(ばち)かと()(こと)を、184(あく)(かしら)()いて()せて()くが()いぞ。185(いま)番頭(ばんとう)のフナフナ(ごし)では、186()ても(こは)がりて、187コンナ(こと)()いて()せて()るだけの度胸(どきよう)はありは(いた)すまいなれど、188(かみ)(まを)すやうに(いた)したら間違(まちがひ)()いぞよ。189(いち)番頭(ばんとう)守護神(しゆごじん)改信(かいしん)出来(でき)たら、190肉体(にくたい)(どう)()わるなれど、191到底(たうてい)六ケ敷(むつかし)いから、192(いま)番頭(ばんとう)取替(とりか)へられるぞよ。193モウ(あく)(かしら)(ねん)()きであるから、194(わる)(かしら)から取払(とりはら)ひに(いた)すぞよ。195何事(なにごと)時節(じせつ)一度(いちど)(まゐ)りて()て、196世界中(せかいぢう)困難(こんなん)到来(たうらい)すると()(こと)が、197毎度(まいど)(まを)して()らした(こと)実地(じつち)になりて、198一度(いちど)(ひら)(うめ)(はな)199追々(おひおひ)(わか)らなんだ(こと)明白(ありやか)(わか)りて()て、200キリキリ(まひ)(いた)さな()らん、201()()(ねむ)られん()うな(こと)()ると(まを)して()いたが、202一度(いちど)筆先(ふでさき)()した(こと)(みな)()()るぞよ。203()(ねん)()して()くぞよ。204(ねん)(ねん)()して、205クドイと()はれて(また)(ねん)()してあるから、206モウ(これ)からは神界(かみ)事情(こと)()(わか)(やう)一度(いちど)()りて()るから、207(まこと)()いと、208(この)(さき)(まこと)(ひと)つの(ぜん)(みち)(こしら)へて()るから、209一日(いちにち)(はや)(ぜん)(みち)立復(たちかへ)りて、210神国魂(みくにだましひ)()(なほ)して(くだ)されよ。211(あく)()(よはひ)(みじか)いから、212体主霊従(あく)身魂(みたま)大変(たいへん)(くるし)(こと)出来(でき)るから、213明治(めいぢ)二十五年(にじふごねん)から(おこ)られる(ほど)(まを)して()りたぞよ。214人民(じんみん)(をとこ)(をんな)腹帯(はらおび)(しつか)()めて(かか)らんと、215一旦(いつたん)(こば)れん()うな混雑(こんざつ)になるぞよ。
216 明治(めいぢ)二十五年(にじふごねん)から(くど)いと(まを)して(おこ)られもつて、217(いま)岩戸(いはと)(びらき)筆先(ふでさき)()かして()るぞよ。218何時(いつ)までも(おな)(こと)間々(あひだあひだ)細々(こまごま)()(わか)(やう)219抜目(ぬけめ)()(やう)()らしたなれど、220ソンナ(こと)()るものかと(まを)して、221(いま)(うたが)うて()人民(じんみん)(ばか)り、222実地(じつち)()()青白(あを)(かほ)をして、223(こし)()けて(あし)()たず、224(あご)(はづ)れて(あし)(うへ)()り、225(あたま)(した)()りて、226ソコラ(ぢう)をヌタクラな()らん(こと)()()るぞよと()らして()るが、227モウ(ちか)うなりて()たぞよ。228(あく)(のぼ)るのは(はや)いなれど、229(くだ)るのも(また)(はや)いぞよ。230(ぜん)(わか)るのは手間(てま)()るなれど、231(ぜん)(みち)(ひら)けたのは、232万古末代(まんごまつだい)(さか)えであるから、233(ここ)まで悪開(わるびら)けに(ひら)けた世界(せかい)を、234根本(こつぽん)からあらためて、235今後(このさき)体主霊従主義(あく)といふ(やう)(みぐる)しき()()()うに(いた)すのであるから、236(これ)ほど大望(たいもう)(こと)末代(まつだい)一度(いちど)ほか()られんのであるから、237(かみ)中々(なかなか)(ほね)()れるぞよ。238是程(これほど)世界中(せかいぢう)(くも)()りて()()(なか)を、239水晶(すいしやう)(いた)すのであるから、240(ほね)()れるのも当然(あたりまへ)であるぞよ。241()極悪(ごくあく)()岩戸(いはと)(ひら)いて、242末代(まつだい)口舌(くぜつ)のないやうに、243大神様(おほかみさま)(ぜん)(ひと)つの()に、2431立直(たてなほ)しをいたさねば、244世界(せかい)苦舌(くぜつ)()えんから、245人民(じんみん)(こころ)(わる)なる(ばか)り、246何時(いつ)になりても(くに)()()(ばか)りで、247(をさ)まりは(いた)さんぞよ。
248 (かみ)(くに)(もと)霊主体従(ひのもと)であるから、249(まこと)(おだや)かにありたなれど、250()逆様(さかさま)(かへ)りて(いま)状態(ありさま)であるぞよ。251薩張(さつぱ)上下(うへした)()(かへ)りて(しま)ふて、252神国(しんこく)悪神(あくがみ)(わた)りて()て、253(うへ)から(した)まで(みぐる)しさと()ふものは、254天地(てんち)(まこと)(かみ)からは、255()()けて()(こと)出来(でき)んぞよ。256斯世(このよ)結構(けつこう)(まを)して(おほ)きな取違(とりちが)ひを()()りて、257()いと()(こと)(わる)いと()(こと)も、258可非(よしあし)(わか)らん見苦(みぐる)しき()が、259一旦(いつたん)()()ると(まを)(こと)は、260地球(せかい)創造(こしら)へる(をり)から()(わか)りて()るので、261(ほか)身魂(みたま)では()()もせず(わか)りも(いた)さんぞよ。262一輪(いちりん)火水(ひみづ)言霊(ことたま))の経綸(しぐみ)がいたして()りて(さき)()()いて()るから、263(ここ)まで(つら)(こと)(こば)()めて()られたのであるぞよ。264今度(こんど)二度目(にどめ)岩戸(いはと)(びら)きは、265知識(ちゑ)でも(がく)でも機械(きかい)でも、266世界中(せかいぢう)大戦(おほたたか)ひには、267手柄(てがら)出来(でき)んぞよ。268(なに)(ほど)(あく)(かしら)でも269到底(とても)(これ)からの()(いま)(まで)行方(やりかた)では()かんと()(こと)()()いて、270綾部(あやべ)大本(おほもと)(いま)(うち)(ねが)ひに()守護神(しゆごじん)でありたら、271(ぜん)(ひと)つの(みち)乗替(のりか)へさして、272末代(まつだい)()(かま)はして、273毛筋(けすぢ)横巾(よこはば)(あく)性来(しやうらい)(まじ)りの()結構(けつこう)神代(かみよ)(たす)けて()るから、274(はや)改信(かいしん)なされよ。275(なに)(ほど)()()りて()ても276時節(じせつ)には(かな)はんぞよ。
277 善一筋(ぜんひとすぢ)純粋(きつすゐ)末代(まつだい)()()てて()結構(けつこう)仕組(しぐみ)(わか)()(まゐ)りて()たから、278(ここ)までに()らしても279()(いま)()つて(うたが)うて()守護神(しゆごじん)人民(じんみん)(ばか)りで、280可憐相(かわいさう)なものなれど、281モウ(かみ)からは人民(じんみん)()らせ(やう)()いから、282何時(いつ)までも邪魔(じやま)(いた)極悪(ごくあく)(かしら)から(たひら)げると()(こと)を、283(なが)らく筆先(ふでさき)()らしてある(とほ)りに、284時節(じせつ)(せま)りて()るぞよ。285(あま)何時(いつ)までも高上(たかあが)りをして()ると、286時分(じぶん)()ぎた色花(いろばな)(しほ)れる(ごと)く、287今日(けふ)()にも()(ひら)(かへ)るぞよ。288(いま)(うち)発根(ほつごん)からの改信(かいしん)一等(いつとう)であるぞよ。289(うたが)うて()りて何事(なにごと)出来(しゆつたい)しても(かみ)はモウ()らんぞよ。
290 (あく)(れい)抽抜(ひきぬ)いて(もと)水晶(すいしやう)(みたま)入替(いれか)へて()ると(まを)して、291(ここ)まで()らして()るなれど、292(あま)世界(せかい)霊魂(みたま)悪渋(わるしぶ)とうて()()はんから、293(みな)霊魂(みたま)(わる)シブトい性来(しやうらい)()()りて()るから、294()()かした(くらゐ)()()うな(やさ)しい霊魂(みたま)はありはせんぞよ。295(いま)人民(じんみん)(あく)のやり(かた)()()えるのであるから、296(なに)(ほど)()()かしても()きはせぬぞよ。297(こま)つたものであるぞよ。298(これ)ほど()(くに)()いと(こころ)(ぢよう)(おろ)して(しま)ふて()るから、299(なに)(ほど)実地(じつち)(こと)()()かしても、300逆様(さかさま)(ばか)りに()るから、301(たす)けてやり(やう)()いぞよ。302()れもモチト(さき)()りたら、303(おほ)きな取違(とりちが)ひを(いた)して()りたと()(こと)が、304(うへ)へあがりて()()いて()りた(かみ)自然的(ぬしがで)(わか)りて()るぞよ。305(いま)(まで)(やう)自分好(われよ)しの目的(やりかた)は、306トントン拍子(びやうし)には()かぬ()うになるぞよ。
307世界(せかい)人民(じんみん)(しつか)(いた)さんと、308(いま)大変(たいへん)(こと)になりて()るから、309(いづ)れの(くに)(あぶ)ないと(まを)して、310彼方(あちら)此方(こちら)へと狼狽(うろた)へまはりて、311()(とこ)(まよ)ふぞよ。312神道(しんだう)守護(しゆご)(いた)(まこと)(ところ)は、313綾部(あやべ)大本(おほもと)より(ほか)には()いぞよ。314綾部(あやべ)三千年(さんぜんねん)(あま)りて、315(むかし)からの(かみ)経綸(しぐみ)(いた)してある結構(けつこう)(とこ)であるから、316大本(おほもと)(をしへ)()いて()守護神(しゆごじん)余程(よほど)シツカリいたして()らんと、317油断(ゆだん)()りたら318肝腎(かんじん)経綸(しぐみ)他国(よそ)から()りに()るぞよ。319何程(なにほど)()らうと(いた)しても(かみ)()らしは(いた)さんなれど、320物事(ものごと)(おく)れるだけ世界(せかい)困難(こんなん)(なが)びくから、321充分(じゆうぶん)覚悟(かくご)をいたして322正勝(まさか)(とき)御用(ごよう)(つと)めて(くだ)されよ。323三千世界(さんぜんせかい)(かがみ)()大本(おほもと)であるぞよ。324(いま)人民(じんみん)(かみ)がいつまで()ふて()かしても、325(ひと)(おど)(くらゐ)にほか()()らんから、326一度(いちど)にバタツイても()()はんぞよ。327(にはか)信心(しんじん)(やく)()たぬから、328(つね)から信心(しんじん)いたせと(まを)して(ここ)まで()()けてあるぞよ。329(ぜん)()(かた)(あく)()(かた)とを末代(まつだい)()いて(のこ)綾部(あやべ)大本(おほもと)であるから、330変性男子(へんじやうなんし)()いた筆先(ふでさき)を、331坤金神(ひつじさるのこんじん)変性女子(へんじやうによし)(あら)はれて()いて()かして、332守護神(しゆごじん)人民(じんみん)改信(かいしん)(いた)さす御役(おやく)であるから、333世界(せかい)人民(じんみん)よ、334(まこと)(こと)()()くば綾部(あやべ)大本(おほもと)(まゐ)りて()て、335細々(こまごま)()かして(もら)ふたら、336世界(せかい)(こと)心相応(こころしだい)(わか)りて()337世界(せかい)何事(なにごと)ありても(おどろ)きは(いた)さんやうになるぞよ。
338 (むかし)からの極悪神(ごくあくがみ)(かしら)339神国(しんこく)人民(じんみん)一人(ひとり)()いやうに(いた)仕組(しぐみ)()()るなれど、340神国(しんこく)にも根本(こつぽん)から(うご)かぬ経綸(しぐみ)(いた)して()るから、341(くに)(ちひ)さいし、342人民(じんみん)(すくな)いなれど、343初発(しよつぱつ)から一厘(いちりん)九分九厘(くぶくりん)との大戦(おほたたか)ひで()ると(まを)して、344何時(いつ)までも(おな)じやうな(こと)()かして()(とほ)り、345(くち)()はしてある(こと)がドチラの(くに)にもあるから、346神力(しんりき)学力(がくりき)との力比(ちからくら)べの大戦(おほたたか)ひであるから、347(まけ)(はう)(したが)はねば()らんと(まを)して、348筆先(ふでさき)()してある(とほ)り、3481実地(じつち)実現(なり)()るから、349(この)(さき)(かみ)から不許(ならん)(まを)(こと)(いた)したり、350(われ)一力(いちりき)()らうと(おも)ふても、351()薩張(さつぱ)(かは)りて(しま)ふから、352(これ)までの(こと)はチツトも(もち)ゐられんぞよと、353度々(たびたび)()()けてあるのに、354()かずに(われ)()()りたら、355彼方(あちら)(はづ)れ、356此方(こちら)(はづ)れて、357(ひと)つも(おも)(やう)には()かんぞよ。358素直(すなほ)にさへ(いた)せば359何事(なにごと)(おも)ふやうに(はこ)()した(やう)()くのが神代(かみよ)であるぞよ。360(いま)人民(じんみん)(あま)()(つよ)いから、361(これ)(まで)(かみ)(まを)(こと)()かずに、362守護神(しゆごじん)自由(じいう)一力(いちりき)思惑(おもわく)()けたのは、363()(うへ)(まこと)(まを)すものが()かりたから、364()()()(はう)守護神(しゆごじん)が、365悪神(あくがみ)大将(たいしやう)()()(やう)()(ぢから)がありたなら、366何処(どこ)までも()げて(もら)へる()()りて()りたから、367(わる)(こと)仕放題(しはうだい)368悪神(あくがみ)自由(じいう)()りたなれど、369モウ時節(じせつ)(まは)りて()たから、370(その)時節(じせつ)(こと)(いた)さな()()ちては()かんぞよ。371(いま)(まで)物質(ぶつしつ)()でありたから、372(がく)(ここ)まで(はびこ)りて、373学力(がくりき)でドンナ(こと)でも九分九厘(くぶくりん)までは成就(じやうじゆ)いたしたなれど、374モウ往生(わうじやう)いたさなならん()うに()りて()たぞよ。375(ここ)()るまでに(あく)守護神(しゆごじん)改信(かいしん)さして、376(たす)けて()りたいと(おも)ふて、377明治(めいぢ)廿五年(にじふごねん)から(ふか)因縁(いんねん)のある出口(でぐち)(なほ)身魂(みたま)()らさしたのであるなれど、378(われ)(ほど)(えら)いものは()きやうに(おも)ふて、379チツトも改信(かいしん)出来(でき)罪人(ざいにん)ばかり、380(かみ)(これ)には往生(わうじやう)いたさな仕様(しやう)がないぞよ。381現世(このよ)(おに)(たひら)げて、382世界(せかい)のものに安心(あんしん)(いた)さすぞよと()(こと)383初発(しよつぱつ)筆先(ふでさき)にかかしてあるが、384世界(せかい)大洗濯(おほせんだく)(いた)して、385(もと)水晶(すいしやう)身魂(みたま)やら386天地(てんち)大神(おほかみ)(をしへ)どほりの()(いた)して、387(てん)()ます御三体(ごさんたい)大神様(おほかみさま)に、388御目(おんめ)()けねば()らぬ御役(おやく)であるぞよ。389()いで()いでと(まつ)()()ちて()りたら、390(まつ)()(はじ)まりの時節(じせつ)(まゐ)りて()たなれど、391肝腎(かんじん)(あく)性来(しやうらい)改信(かいしん)をいたして(もら)はんと、392何時(いつ)までも頑張(がんば)るやうな(こと)では、393(この)()水晶(すいしやう)にならんから、394ドウシテも()かねば()くやうに(いた)すより仕様(しやう)()いぞよ。395世界(せかい)には()へられんから、396(この)(さき)規則(きそく)(どほ)りに制配(せいばい)(いた)さねば397御三体(ごさんたい)大神様(おほかみさま)申訳(まをしわけ)がないから、398二度目(にどめ)(あま)岩戸(いはと)(びらき)をいたしたら、399(あく)性来(しやうらい)微塵(みぢん)()()うに(あら)(かへ)をして、400(いは)(まつ)(うご)かぬ()にいたす401世界(せかい)大橋(おほはし)()(たふと)(ところ)であるから、402(あま)何時(いつ)(まで)(うたが)ふて()ると、403天地(てんち)大神様(おほかみさま)(おほ)きな御無礼(ごぶれい)になるから、404(いま)一度(いちど)()()けておくから405素直(すなほ)(いた)すが(とく)であるぞよ。
406大正一二・四・二七 旧三・一二 北村隆光再録)
407(昭和一〇・六・一五 王仁校正)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)