霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

余白歌

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第61巻 山河草木 子の巻 篇:余白歌 よみ:
章:第61巻 よみ:よはくか 通し章番号:
口述日: 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年10月16日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm618801
愛善世界社版: 八幡書店版: 修補版: 校定版: 普及版: 初版: ページ備考:
  北丹分所発会式
大神(おほかみ)御教(みのり)(には)もいや(ひろ)
(さか)えて(あま)岩戸開(いはとひら)けぬ
          (大正十四年六月)〈扉裏(初)〉

何事(なにごと)(かみ)御教(みのり)(まか)すこそ
(つみ)(きよ)むる便(たよ)りなりけり〈第5章(四)〉
ヒマラヤの(やま)より(たか)御教(みをしヘ)
高天原(たかあまはら)にのぼるかけはし〈第5章(四)〉
(こころ)より(かみ)(をしへ)(さと)らずば
(まこと)(みち)のいかでひらけむ〈第5章(四)〉
いす(くは)(かみ)御教(みのり)伊照(いて)らして
暗世(やみよ)()かす瑞御霊(みづみたま)かも〈第7章(四)〉
同胞(はらから)(もも)のなやみを(すく)はむと
()(くだ)りたるひとり(かみ)かも〈第7章(四)〉
西東(にしひがし)もろもろこしのはてまでも
道開(みちひら)きたるひとり神子(みこ)かな〈第7章(四)〉
有難(ありがた)くすがしくおもふ(われ)こそは
()事知(ことし)れる(ひと)()なれば〈第8章(王仁校正)〉
()きにつけ()しきにつけて(うれ)しきは
(かみ)(まか)せし(こころ)なりけり〈第9章(四)〉
(てん)()(きよ)()まして大本(おほもと)
(かみ)(をしへ)()かむとぞ(おも)〈第9章(四)〉
(いそ)(かみ)古事記(ふることぶみ)をまつぶさに
()(さと)したる(ひと)目出度(めでた)〈第10章(四)〉
ほまれあるわが()(もと)国体(くにがら)
()(あか)したる(ひと)(かみ)()〈第10章(四)〉
(へだ)てなき(かみ)仁慈(めぐみ)遠近(をちこち)
宣伝(のべつた)へたる人世(ひとよ)()ちぬ〈第12章(四)〉
奴婆玉(ぬばたま)(やみ)()らして(ひむがし)
(やま)()(のぼ)朝日子(あさひこ)(かみ)〈第22章(四)〉
ます(かがみ)みがきあげたる(ひと)()
(やみ)をてらさむ(とき)(ちか)めり〈第22章(四)〉
類例(るいれい)のなき神教(しんけう)(こま)やかに
()(ひろ)()三五(あななひ)(みち)〈第23章(四)〉
惟神(かむながら)(のり)道芝(みちしば)(さは)あれど
(ひと)()くべき(みち)斯道(このみち)〈第23章(四)〉
[この余白歌は八幡書店版霊界物語収録の余白歌を参考に作成しました]