霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一章 (たま)(つゆ)〔一六〇八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第63巻 山河草木 寅の巻 篇:第1篇 妙法山月 よみ:すだるまさんげつ
章:第1章 第63巻 よみ:たまのつゆ 通し章番号:1608
口述日:1923(大正12)年05月18日(旧04月3日) 口述場所:竜宮館 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年2月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6301
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 265頁 修補版: 校定版:7頁 普及版: 初版: ページ備考:
派生[?]この文献を底本として書かれたと思われる文献です。[×閉じる]出口王仁三郎全集 > 第一巻 皇道編 > 第七篇 高天原 > 第一章 玉の露
001天地万有(てんちばんいう)(ことごと)
002霊力体(れいりよくたい)三元(さんげん)
003(あた)へて創造(さうざう)なし(たま)
004(おのおの)(その)(しよ)()せしめし
005(くに)御祖(みおや)大御神(おほみかみ)
006国常立(くにとこたち)大神(おほかみ)
007大国治立大神(おほくにはるたちおほかみ)
008(うづ)御言(みこと)(かしこ)みて
009大海原(おほうなばら)中心地(ちうしんち)
010黄金山下(わうごんさんか)にあれまして
011天地(あめつち)(もも)生物(いきもの)
012いと(やす)らけく(たひら)けく
013(まも)らせ(たま)(おごそ)かに
014(うづ)(おきて)(さだ)めまし
015(かみ)(ひと)との()みて()
016(みち)()てさせ(たま)ひしが
017()()(つき)たち(ほし)(うつ)
018()はくれ(たけ)のおひおひに
019天足(あだる)(ひこ)胞場姫(えばひめ)
020(しこ)身霊(みたま)ゆなり()でし
021八岐大蛇(やまたをろち)醜神(しこがみ)
022いやなき(わざ)(かしこ)くも
023(うづ)聖地(せいち)(あと)にして
024(かみ)仕組(しぐみ)()(なが)
025大海中(おほわだなか)(うか)びたる
026自転倒島(おのころじま)にかくれまし
027国武彦(くにたけひこ)()()へて
028(この)()(しの)(あけぼの)
029()()御代(みよ)()(たま)
030女神(めがみ)とあれし瑞御霊(みづみたま)
031豊国姫(とよくにひめ)大神(おほかみ)
032夫神(つま)(みこと)のなやみをば
033()ながら()るに(しの)びずと
034豊葦原(とよあしはら)中津国(なかつくに)
035メソポタミヤの山奥(やまおく)
036(なが)御身(おんみ)(しの)びまし
037五六七(みろく)御代(みよ)()(たま)
038大国常立大神(おほくにとこたちおほかみ)
039(いづ)御霊(みたま)(あら)はれて
040四方(よも)久方(ひさかた)天盛留向津媛(あまさかるむかつひめ)
041御稜威(みいづ)(こと)大日婁女貴(おほひるめむち)
042女神(めがみ)となりて諾冊(なぎなみ)
043二神(にしん)(あひだ)(うま)れまし
044豊国姫(とよくにひめ)大神(おほかみ)
045神素盞嗚(かむすさのを)大神(おほかみ)
046(あら)はれ(たま)天地(あめつち)
047おのもおのもに()()けて
048(まも)らせ(たま)(をり)もあれ
049魔神(まがみ)(たけ)(つよ)くして
050(いは)()木根立(きねたち)百草(ももくさ)
051片葉(かきは)言向(ことと)(さわ)()
052豊葦原(とよあしはら)瑞穂国(みづほくに)
053(ふたた)常世(とこよ)(やみ)となり
054神素盞嗚(かむすさのを)大神(おほかみ)
055この惨状(さんじやう)如何(いか)にして
056(しづ)めむものと村肝(むらきも)
057御心(みこころ)千々(ちぢ)(くだ)かせつ
058(あさ)(ゆふ)なに(うれ)ひまし
059山河草木(やまかはくさき)()()てて
060修羅(しゆら)(ちまた)となりにけり
061(ちち)とあれます伊邪那岐(いざなぎ)
062皇大神(すめおほかみ)大空(おほぞら)
063(くだ)らせ(たま)ひて素盞嗚(すさのを)
064(うづ)御子(おんこ)(うち)(むか)
065(うれ)(なげ)かすその理由(わけ)
066(たづ)(たま)へば瑞御霊(みづみたま)
067完全(うまら)詳細(つばら)()(さま)
068(かた)らせ(たま)(われ)(いま)
069(はは)のまします(つき)(くに)
070(まか)らむものと(おも)()
071この()名残(なごり)()くなりと
072(こた)(たま)へば(ちち)(かみ)
073いたく(いか)らせ(たま)ひつつ
074(むね)(なみだ)(たた)へまし
075大海原(おほうなばら)知食(しろしめ)
076権威(ちから)なければ()(みこと)
077根底(ねそこ)(くに)(いた)れよと
078いと(おごそ)かに()(たま)
079千万無量(せんまんむりやう)(かな)しみを
080(むね)(たた)へて父神(ちちがみ)
081()若宮(わかみや)にかへりまし
082神素盞嗚(かむすさのを)大神(おほかみ)
083姉大神(あねおほかみ)とあれませる
084(いづ)御霊(みたま)大日婁女(おほひるめ)
085天照神(あまてるかみ)御前(おんまへ)
086()()名残(なごり)()げむとて
087(のぼ)らせ(たま)へば山河(やまかは)
088一度(いちど)(どよ)(つち)()
089八十(やそ)枉津(まがつ)(さけ)(こゑ)
090(てん)にまします大神(おほかみ)
091御許(みもと)(たか)(ひび)きけり
092天照(あまてら)します大神(おほかみ)
093(この)有様(ありさま)をみそなはし
094弟神(おとうとがみ)()ませるは
095(かなら)(きたな)(こころ)もて
096(わが)神国(かみくに)(うば)はむと
097()()せたるに間違(まちが)ひなし
098(そな)へせよやと八百万(やほよろづ)
099(かみ)(つど)へて(つるぎ)太刀(たち)
100弓矢(ゆみや)(かざ)堅庭(かたには)
101弓腹(ゆはら)()()雄猛(をたけ)びし
102()()(たま)へば素盞嗚(すさのを)
103(みづ)御霊(みたま)大神(おほかみ)
104言葉(ことば)(しづか)(こた)へらく
105(われ)(きたな)(こころ)なし
106父大神(ちちおほかみ)御言(みこと)()
107(はは)御国(みくに)()かむとす
108いとも(した)しき(わが)(あね)
109(ただ)一言(ひとこと)(いとま)()
110()げむが(ため)(のぼ)りしと
111()はせも()てず姉神(あねがみ)
112いと(おごそ)かに()らすやう
113(なれ)(こころ)(きよ)きこと
114(いま)この()にて(あかし)せむ
115()ひつつ(おとうと)素盞嗚(すさのを)
116(かみ)()かせる御剣(みつるぎ)
117御手(みて)()らせつ安河(やすかは)
118(なか)(へだ)てて誓約(うけひ)ます
119この神業(かむわざ)素盞嗚(すさのを)
120(かみ)(みこと)瑞御霊(みづみたま)
121清明(せいめい)無垢(むく)御精神(ごせいしん)
122いと(あきら)かになりにけり
123神素盞嗚(かむすさのを)大神(おほかみ)
124(あね)のまかせる美須麻琉(みすまる)
125(たま)御手(おんて)受取(うけと)りて
126(あめ)真名井(まなゐ)()(そそ)
127奴那止母母由良(ぬなとももゆら)取由良(とりゆら)
128狭嚼(さが)みに(かみ)()()つる
129伊吹(いぶき)狭霧(さぎり)五御魂(いつみたま)
130(あら)はれませしぞ(かしこ)けれ
131姉大神(あねおほかみ)御心(みこころ)
132(はじ)めて(うたが)()れぬれど
133天津神(あまつかみ)(たち)国津神(くにつかみ)
134容易(ようい)(こころ)(をさ)まらず
135高天原(たかあまはら)(たちま)ちに
136いと(さわ)がしくなりければ
137姉大神(あねおほかみ)(おどろ)きて
138(あま)岩戸(いはと)(おく)(ふか)
139御姿(みすがた)かくし(たま)ひけり
140六合(りくがふ)(たちま)暗黒(あんこく)
141なりて悪神(あくがみ)横行(わうかう)
142大蛇(をろち)曲霊(まがひ)のおとなひは
143狭蠅(さばへ)(ごと)()()きぬ
144ここに神々(かみがみ)()(つど)
145岩戸(いはと)(まへ)音楽(おんがく)
146(かな)でまつりて太祝詞(ふとのりと)
147()らせ(たま)へば大神(おほかみ)
148(ふたた)(この)()にあれまして
149六合(りくがふ)ここに()(わた)
150栄光(さかえ)御代(みよ)となり()めぬ
151()くもかしこき(さわ)ぎをば
152(はじ)めし(かみ)罪科(つみとが)
153神素盞嗚(かむすさのを)大神(おほかみ)
154千座(ちくら)置戸(おきど)()はせつつ
155高天原(たかあまはら)より神退(かむやら)
156退(やら)(たま)ひし(うた)てさよ
157天地(あめつち)一時(いちじ)(あきら)けく
158いと(おだや)かに(をさ)まりし
159(ごと)表面(おもて)()えつれど
160豊葦原(とよあしはら)国々(くにぐに)
161魔神(まがみ)(たけ)(たけ)くして
162(ふたた)修羅(しゆら)八巷(やちまた)
163なり(かは)りたる惨状(さんじやう)
164()るに(しの)びず瑞御霊(みづみたま)
165国武彦(くにたけひこ)相共(あひとも)
166三五教(あななひけう)(ひら)きまし
167深山(みやま)(おく)時鳥(ほととぎす)
168八千八声(はつせんやこゑ)()(しぼ)
169この()(うへ)(やす)らけき
170五六七(みろく)御代(みよ)建設(けんせつ)
171八岐大蛇(やまたをろち)醜神(しこがみ)
172生言霊(いくことたま)言向(ことむ)けて
173(あね)御神(みかみ)(たてまつ)
174()(わざはひ)(のぞ)かむと
175コーカス(ざん)やウブスナの
176(やま)()()神館(かむやかた)
177見立(みた)(たま)ひて御教(みをしへ)
178(ひら)(たま)ひし(たふと)さよ
179八岐大蛇(やまたをろち)分霊(わけみたま)
180かかりて(この)()(みだ)()
181ハルナの(みやこ)悪神(あくがみ)
182()第一(だいいち)言向(ことむ)けて
183(この)()(まが)(はら)はむと
184(こころ)(きよ)宣伝使(せんでんし)
185数多(あまた)派遣(はけん)(たま)ひしが
186(みづ)御霊(みたま)御娘(おんむすめ)
187五十子(いそこ)(ひめ)(つま)とます
188玉国別(たまくにわけ)音彦(おとひこ)
189(こころ)(そら)真純彦(ますみひこ)
190(のり)(つた)ふる三千彦(みちひこ)
191伊太彦(いたひこ)(つかさ)()(たま)
192ハルナの(みやこ)(つか)はして
193(かみ)(めぐみ)人草(ひとぐさ)
194身魂(みたま)()らし(たま)はむと
195()(たま)ひしぞ(たふと)けれ。
196
197玉国別(たまくにわけ)宣伝使(せんでんし)
198三人(みたり)(つかさ)諸共(もろとも)
199河鹿峠(かじかたうげ)(うち)(わた)
200懐谷(ふところだに)山猿(やまざる)
201(くる)しみ(なが)神力(しんりき)
202(まも)られ(ほこら)(かみ)(もり)
203とどまり(やまひ)(やしな)ひつ
204(うづ)宮居(みやゐ)()(をは)
205祝詞(のりと)(こゑ)(いさ)ましく
206御前(みまへ)()ちて山河(やまかは)
207(わた)(やうや)くテルモンの
208(やかた)()りてデビス(ひめ)
209(おや)(いも)との危難(きなん)をば
210(すく)ひて(かみ)御名(みな)()
211デビスの(ひめ)三千彦(みちひこ)
212(つま)(さだ)めてテルモンの
213湖水(こすい)(わた)種々(いろいろ)
214(うづ)神業(しんげふ)なし()げて
215アヅモス(ざん)のバーチルが
216(やかた)()()りアヅモスの
217(やま)(かく)れしタクシャカの
218竜王(りうわう)(はじ)妻神(つまがみ)
219サーガラ竜王(りうわう)(すく)ひつつ
220夜光(やくわう)(たま)如意宝珠(によいほつしゆ)
221竜王(りうわう)()より受取(うけと)りて
222真澄(ますみ)(そら)(なつ)(みち)
223草鞋(わらぢ)(あし)をすり(なが)
224伊太彦(いたひこ)デビス四柱(よはしら)
225御供(みとも)(とも)にエルサレム
226聖地(せいち)()して(すす)()
227()黄昏(たそが)れて(みち)()
228(ほこら)(まへ)(たち)()れば
229(おも)ひも()らぬ法螺(ほら)(かひ)
230鬼春別(おにはるわけ)治道居士(ちだうこじ)
231比丘(びく)(つかさ)(めぐ)()
232ここに一行(いつかう)六人(ろくにん)
233スダルマ(ざん)山麓(さんろく)
234(みぎ)(なが)めて辿(たど)りつつ
235(こゑ)(すず)しき宣伝歌(せんでんか)
236四辺(あたり)山河(さんか)(とどろ)かし
237空気(くうき)(きよ)めて(すす)()く。
238大正一二・五・一八 旧四・三 於竜宮館 北村隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)