霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第六章 テルの(さと)〔一六一三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第63巻 山河草木 寅の巻 篇:第1篇 妙法山月 よみ:すだるまさんげつ
章:第6章 第63巻 よみ:てるのさと 通し章番号:1613
口述日:1923(大正12)年05月18日(旧04月3日) 口述場所:教主殿 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年2月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-06-04 21:01:30 OBC :rm6306
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 290頁 修補版: 校定版:79頁 普及版:64頁 初版: ページ備考:
001 ()(からす)(こゑ)にカラリと()(はな)れた。002老人(らうじん)夫婦(ふうふ)(はじ)め、003美人(びじん)のブラヷーダは早朝(さうてう)より花園(はなぞの)手入(てい)れをし、004(かど)()きなどして、005アスマガルダの(ふね)をもつて(かへ)つて()るのを()つて()る。006伊太彦(いたひこ)(かみ)(つげ)によつてブラヷーダの(をつと)とした(こと)(よろこ)びを(はや)(あに)()げて(よろこ)ばせたいと007一時(いつとき)千秋(せんしう)(おも)ひであつた。008伊太彦(いたひこ)肝腎(かんじん)(ふね)がないので、009(こころ)ならずも()つより仕方(しかた)がなかつた。010(すず)しい森林(しんりん)(なか)()てられた新宅(しんたく)主客(しゆきやく)六人(ろくにん)車座(くるまざ)となり、011果実(くだもの)(さけ)()みながら、012嬉々(きき)として(うた)()ひなどして、013(あに)(かへ)るを()つて()る。014(ぢい)さまのルーブヤは()第一(だいいち)(かみ)感謝(かんしや)()(うた)(はじ)めた。
015(そら)()(わた)(つき)(くに)
016スダルマ(さん)南麓(なんろく)
017伊都(いづ)(かがみ)をのべしごと
018(ひろ)(うか)べるスーラヤの(うみ)
019(その)(あた)りなるテルの(さと)
020ルーブヤの(いへ)にも
021常世(とこよ)(はる)(きた)りけり
022(われ)(もと)より三五(あななひ)
023(かみ)(をしへ)朝夕(あさゆふ)
024つかへ(まも)りし信徒(まめひと)
025此処(ここ)()()ふバラモンの
026(かみ)(をしへ)(しげ)(くに)
027三五教(あななひけう)名乗(なの)りなば
028(たちま)(しこ)(つかさ)()
029(やいば)(さび)となり()てむ
030卑怯(ひけふ)未練(みれん)()(なが)
031三五教(あななひけう)信徒(まめひと)
032名乗(なの)りも()せずバラモンの
033(しこ)(をしへ)信従(しんじゆう)
034(とき)()()たる(くる)しさよ
035(この)里人(さとびと)(いにしへ)
036三五教(あななひけう)()(ほう)
037(つか)へまつりしものなれど
038(しこ)(たけ)びの(つよ)ければ
039()むを()ずして醜道(しこみち)
040(つか)へまつりし(あは)れさよ
041それゆゑ(あに)のアスマガルダにも
042年頃(としごろ)なれど若草(わかぐさ)
043(つま)さへ()たさず三五(あななひ)
044(かみ)御前(みまへ)朝夕(あさゆふ)
045(こゑ)をひそめて(いの)りつつ
046イドムの(かみ)御計(みはか)らひ
047()(をり)もあれ三五(あななひ)
048(かみ)(つかさ)伊太彦(いたひこ)
049(うれ)しく此処(ここ)()れまして
050(わが)()(むすめ)のブラヷーダ
051(つま)といたはり(いつくし)
052(たま)はむ(こと)御誓(おんちか)
053()くにつけても有難(ありがた)
054枯木(かれき)(はな)()心地(ここち)
055(おい)(なみだ)(やうや)くに
056歓喜(くわんき)(なみだ)(かは)りけり
057あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
058(かみ)(めぐみ)のいや(ふか)
059大御稜威(おほみみいづ)弥高(いやたか)
060(かぎ)()られぬ(よろこ)びの
061(こころ)(いさ)みて大前(おほまへ)
062感謝(かんしや)(つか)(たてまつ)
063朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
064(つき)()つとも()くるとも
065(ほし)()(うみ)()るるとも
066三五教(あななひけう)御教(みをしへ)
067孫子(まごこ)(つた)へて(はな)れじと
068(しの)びし(こと)甲斐(かひ)ありて
069一度(いちど)(ひら)(うめ)(はな)
070いと(かん)ばしく(かを)()
071今日(けふ)生日(いくひ)目出(めで)たけれ
072あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
073御霊(みたま)幸倍(さちはへ)ましませよ』
074 伊太彦(いたひこ)(また)(うた)ふ。
075(われ)伊太彦(いたひこ)宣伝使(せんでんし)
076玉国別(たまくにわけ)()(きみ)
077(ほこら)(もり)より(つか)()
078(もも)(いさを)(あら)はしつ
079スダルマ(さん)(ふもと)(まで)
080(きた)りて()れば(わが)(からだ)
081(その)面影(おもかげ)若々(わかわか)
082(みどり)(いろ)(かがや)きぬ
083はて(いぶ)かしやと(おも)()
084カークス、ベースの両人(りやうにん)
085夏木(なつき)(しげ)れる(みち)()
086(めぐ)()ひてゆスーラヤの
087(やま)にかくれしウバナンダ
088ナーガラシャーのかくしたる
089夜光(やくわう)(たま)のありと()
090伊都(いづ)言霊(ことたま)()()だし
091竜神(りうじん)(たち)言向(ことむ)けて
092夜光(やくわう)(たま)(さづ)かりつ
093(うづ)聖地(せいち)のエルサレム
094黄金山(わうごんさん)神館(みやかた)
095(たてまつ)らむと(いさ)()
096二人(ふたり)間道(かんだう)(をし)へられ
097(みどり)(したた)るテルの(さと)
098スーラヤ湖水(こすい)磯端(いそばた)
099(きた)りて()れば摩訶(まか)不思議(ふしぎ)
100木花姫(このはなひめ)再来(さいらい)
101(ただ)しは神代(かみよ)松代姫(まつよひめ)
102容貌(みめ)(うるは)しきブラヷーダ
103姿(すがた)やさしき姫君(ひめぎみ)
104(たま)御声(みこゑ)をかけられて
105(むね)(とどろ)きし(おろ)かさよ
106かくなる(うへ)伊太彦(いたひこ)
107(ただ)惟神(かむながら)々々(かむながら)
108(かみ)経綸(しぐみ)(かしこ)みて
109ブラヷーダ(ひめ)(めと)りつつ
110千代(ちよ)八千代(やちよ)玉椿(たまつばき)
111(あか)(えにし)(むす)びつつ
112(かみ)大道(おほぢ)(つか)ふべし
113玉国別(たまくにわけ)()(きみ)
114(この)消息(せうそく)()りまさば
115(かなら)(よろこ)びたまふべし
116あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
117(かみ)(ちか)ひて伊太彦(いたひこ)
118(こころ)岩戸(いはと)()(ひら)
119(おも)ひの(たけ)()べまつる
120朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
121(つき)()つとも()くるとも
122仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
123(まこと)(ひと)つを()(とほ)
124ルーブヤ父上(ちちうへ)母上(ははうへ)
125バヅマラーカによく(つか)
126ブラヷーダをいつくしみ
127三五教(あななひけう)御教(みをしへ)
128(つき)御国(みくに)()ふも(さら)
129四方(よも)国々(くにぐに)(くま)もなく
130(つた)へまつりて大神(おほかみ)
131御前(みまへ)(かちどき)(まを)すべし
132あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
133(まも)らせたまへ三五(あななひ)
134皇大神(すめおほかみ)御前(おんまへ)
135(かしこ)(かしこ)()ぎまつる』
136 バヅマラーカは(また)(うた)ふ。
137()ちに()ちたる文月(ふみづき)
138今日(けふ)(とを)まり(ふた)つの()
139神素盞嗚(かむすさのを)大神(おほかみ)
140(みづ)御霊(みたま)(さち)はひて
141千代(ちよ)(よろこ)(きた)りけり
142三五教(あななひけう)伊太彦(いたひこ)
143(おろか)なれども(わが)(むすめ)
144ブラヷーダ(ひめ)(あはれ)みて
145千代(ちよ)もかはらぬ宿(やど)(つま)
146(めと)らせたまへ相共(あひとも)
147鴛鴦(をし)(ふすま)(むつま)じく
148(かみ)にならひて岩窟(いはやど)
149()して(ひら)くてふ神業(かむわざ)
150(きよ)けく(つか)へさせたまへ
151(われ)老木(おいき)()なれども
152(なれ)(みこと)(きた)りしゆ
153(こころ)(いさ)みて(なん)となく
154(うれ)しく(たの)しくなりにけり
155(なれ)(みこと)天津(あまつ)()
156元津国(もとつくに)より(くだ)ります
157()()(かみ)によく()たり
158テルの(さと)にも(はる)()
159永久(とは)(はな)さく()となりぬ
160あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
161三五教(あななひけう)皇神(すめかみ)
162(ふか)(めぐみ)今更(いまさら)
163(よろこ)感謝(かんしや)(たてまつ)
164朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
165(つき)()つとも()くるとも
166仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
167これの赤縄(えにし)(かは)らまじ
168あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
169御霊(みたま)恩頼(ふゆ)()ぎまつる』
170 ブラヷーダは(また)(うた)ふ。
171()有難(ありがた)今日(けふ)()
172(あま)岩戸(いはと)(ひら)けたる
173常世(とこよ)(はる)心地(ここち)なり
174(あま)河原(かはら)(さを)さして
175天降(あも)りましたる彦星(ひこぼし)
176(いづ)御顔(おんかほ)()(をが)
177(つぼみ)(はな)(つゆ)()
178(いま)(ひら)かむ(とき)()
179(わが)父母(ちちはは)()(きみ)
180(わが)赤心(まごころ)(あはれ)みて
181常磐(ときは)堅磐(かきは)(めぐ)みませ
182二人(ふたり)(おや)によく(つか)
183(あに)言葉(ことば)(そむ)かずに
184(わが)()(きみ)諸共(もろとも)
185スーラヤ(さん)()(むか)
186八大竜王(はちだいりうわう)随一(ずいいち)
187()(きこ)えたるウバナンダ
188ナーガラシャーを言向(ことむ)けて
189皇大神(すめおほかみ)御前(おんまへ)
190(かちどき)あげて功勲(いさをし)
191千代(ちよ)八千代(やちよ)(つた)へなむ
192(めぐ)ませたまへ惟神(かむながら)
193神素盞嗚(かむすさのを)大神(おほかみ)
194御前(みまへ)感謝(かんしや)(たてまつ)
195(この)()(つく)りし神直日(かむなほひ)
196(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
197(ただ)何事(なにごと)(ひと)()
198直日(なほひ)()なほし聞直(ききなお)
199三五教(あななひけう)御教(みをしへ)
200伊太彦(いたひこ)(つかさ)()(きみ)
201(こころ)(あは)(ちから)をば
202(ひと)つに(かた)めて八十(やそ)(くに)
203八十(やそ)島々(しまじま)(くま)もなく
204(ひら)(つた)へむ門出(かどいで)
205(まも)らせたまへ惟神(かむながら)
206(かしこ)(かしこ)()ぎまつる』
207 カークスは(また)(うた)ふ。
208『スダルマ(さん)森林(しんりん)
209(ほとり)()めるカークスは
210(かみ)(めぐみ)(まも)られて
211伊太彦(いたひこ)(つかさ)諸共(もろとも)
212常世(とこよ)(はな)()くテルの(さと)
213ルーブヤ(やかた)()(むか)
214(おも)ひも()らぬ待遇(もてな)しに
215(あづか)りました有難(ありがた)
216(それ)のみならず伊太彦(いたひこ)
217(かみ)(つかさ)はブラヷーダ
218(ひめ)(みこと)()となりて
219いとも(たふと)御教(みをしへ)
220世界(せかい)(ひら)きたまはむと
221スーラヤ(さん)()(むか)
222(いさを)()てむとなしたまふ
223神力(しんりき)無限(むげん)宣伝使(せんでんし)
224伊都(いづ)(つかさ)御伴(おんとも)
225(つか)(まつ)りし吾々(われわれ)
226(てん)にも(のぼ)心地(ここち)して
227(かみ)御稜威(みいづ)感謝(かんしや)しつ
228(こころ)(かぎ)()(かぎ)
229(この)()(ため)(つく)すべき
230(うれ)しき()とはなりにけり
231三五教(あななひけう)大御神(おほみかみ)
232(つみ)(けが)れし()なれども
233大御心(おほみこころ)見直(みなほ)して
234(ゆる)させたまひ吾々(われわれ)
235空前(くうぜん)絶後(ぜつご)神業(しんげふ)
236使(つか)はせたまへ惟神(かむながら)
237御前(みまへ)感謝(かんしや)(たてまつ)
238ルーブヤ(やかた)(よろこ)びを
239言祝(ことほ)ぎまつり()ぎまつる
240あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
241御霊(みたま)幸倍(さちはへ)ましませよ』
242 ベースは(また)(うた)ふ。
243目出度(めでた)目出度(めでた)いお目出度(めでた)
244枯木(かれき)(はな)()()でぬ
245(こずゑ)(ふか)(つつ)まれし
246無花果(いちじゆく)さへも(いま)(はや)
247(ひら)()めたる優曇華(うどんげ)
248目出度(めでた)(はる)となりにけり
249スーラヤ(さん)宝玉(はうぎよく)
250(かみ)(まも)りに()()れて
251(わが)一生(いつしやう)安楽(あんらく)
252(くら)さむものと(おも)ひしは
253(いま)(いた)りてつくづくと
254(かへり)みすれば(はづ)かしや
255いざこれよりは伊太彦(いたひこ)
256(うづ)(つかさ)(したが)ひて
257(あか)(まこと)(こころ)もて
258大神業(だいしんげふ)(つか)ふべし
259(かみ)(おん)()()()めに
260ナーガラシャーの宝玉(はうぎよく)
261請取(うけと)るならば(なん)はなし
262(わが)()(よく)(から)まれて
263(その)宝玉(はうぎよく)()むとして
264(たふと)(いのち)()されたる
265(ひと)(いま)(まで)(かず)()れず
266()にもうたてき次第(しだい)なり
267あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
268(かみ)大道(おほぢ)生々(なまなま)
269(さと)りそめたる吾々(われわれ)
270最早(もはや)昨日(きのふ)(ひと)ならず
271(かみ)(めぐみ)(つつ)まれし
272(たふと)(かみ)御子(みこ)ぞかし
273あゝ有難(ありがた)有難(ありがた)
274ルーブヤさまやバヅマラーカ
275ブラヷーダーのお(ひめ)さま
276何卒(なにとぞ)宜敷(よろし)(ねが)ひます
277一時(いちじ)(はや)くアスマガルダ
278(あに)(みこと)(かへ)りまし
279(この)有様(ありさま)(みそな)はし
280(とも)(よろこ)()()いて
281(たま)御船(みふね)をかざしつつ
282伊太彦(いたひこ)(つかさ)(したが)ひて
283スーラヤ(さん)(のぼ)()
284(ゆび)()(たの)しみ()ちまする
285あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
286御霊(みたま)幸倍(さちはへ)ましませよ』
287ルーブヤ『とざされし(あま)岩戸(いはと)(ひら)くてふ
288(たの)しき(はる)(わが)()(きた)りぬ』
289バヅマラーカ『()(わび)(みち)文月(ふみづき)今日(けふ)こそは
290(みづ)御霊(みたま)(めぐみ)あまねし』
291伊太彦(いたひこ)皇神(すめかみ)経綸(しぐみ)(つな)(あやつ)られ
292(えにし)(いと)(むす)びけるかな』
293ブラヷーダ『()(わび)(かみ)(つかさ)()(きみ)
294(あた)へられたる(われ)ぞうれしき』
295カークス『かかる()(うま)()()(うれ)しさは
296常世(とこよ)(はる)心地(ここち)するかな』
297ベース『如何(いか)にして(たた)へむよしも()きほどに
298(かみ)(めぐみ)(たふと)くなりぬ』
299大正一二・五・一八 旧四・三 於教主殿 加藤明子録)