霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第七章 湖上(こじやう)(かげ)〔一六一四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第63巻 山河草木 寅の巻 篇:第2篇 日天子山 よみ:すーらやさん
章:第7章 湖上の影 よみ:こじょうのかげ 通し章番号:1614
口述日:1923(大正12)年05月24日(旧04月9日) 口述場所:竜宮館 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年2月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 295頁 修補版: 校定版:95頁 普及版:64頁 初版: ページ備考:
001 大空(おほぞら)一点(いつてん)雲翳(うんえい)もなくスーラヤの(うみ)(おも)紺碧(こんぺき)(なみ)をたたへた小波(さざなみ)(しづ)かに磯端(いそばた)(あら)つて()る。002ルーブヤ親子(おやこ)はアスマガルダの(かへ)りの(おそ)きを()(わび)磯端(いそばた)(たたず)み、003西南(せいなん)海辺(うみべ)(なが)めて、004一刻(いつこく)(はや)(せがれ)(かへ)れかしと、0041(こころ)ひそかに祈願(きぐわん)をこらしつつあつた。
005 太陽(たいやう)(すこ)しく西(にし)(そら)(かたむ)いた(とき)006此方(こなた)(むか)つて艫櫂(ろかい)()()(きた)一隻(いつせき)小舟(こぶね)見付(みつ)けた。007(はた)してアスマガルダの(ふね)であらうか。008(ただ)しは()村人(むらびと)(ふね)であらうかと一時(いつとき)千秋(せんしう)(おも)ひにて(むね)(をど)らせ(なが)()つめて()ると、009(ふね)次第(しだい)々々(しだい)(おほ)きく()()010船中(せんちう)には三人(さんにん)(をとこ)()つて()(こと)(まで)(わか)つて()た。
011 ルーブヤは確信(かくしん)あるものの(ごと)く、
012『これ、013バヅマラーカよ、014ブラヷーダよ、015どうやら(あに)(かへ)つて()たやうだ』
016ブラヷーダ『お(とう)さま、017あの(ふね)がもしも(にい)さまのでなかつたら、018どうしませうかな』
019ルーブヤ『いやいや心配(しんぱい)するには(およ)ぶまい。020屹度(きつと)あれはアスマガルダの(ふね)(ちが)ひない。021あの(とほ)三人(さんにん)姿(すがた)()えて()る。022二人(ふたり)下男(げなん)のバルにサクだらう。023(この)(むら)三人(さんにん)()つて()(ふね)(ほか)にはないからな』
024バヅマラーカ『成程(なるほど)025親爺(おやぢ)殿(どの)仰有(おつしや)(とほ)り、026あれは(あに)(ふね)(ちが)ひない。027ブラヷーダよ、028安心(あんしん)したがよからう』
029 ()くとりどりの(うはさ)をして()つて()(ところ)へ、030(ふね)はおひおひと(ちか)づいて、031船中(せんちう)(ひと)(たしか)にアスマガルダなる(こと)(わか)つて()た。032ブラヷーダは(いさ)()ち、033()()つて磯端(いそばた)(みぎ)(ひだり)(をど)(まは)(なが)(うた)ふ。
034(いま)()(ふね)(あに)(ふね)
035いとしいなつかしい兄上(あにうへ)
036無事(ぶじ)にお(かへ)(あそ)ばした
037磐楠船(いはくすぶね)(ちが)ひない
038あゝ有難(ありがた)有難(ありがた)
039三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
040伊太彦(いたひこ)(つかさ)(あら)はれて
041(かみ)(をしへ)()(たま)
042(ちち)(はは)との(ゆる)()
043妹背(いもせ)(ちぎり)(むす)びつつ
044(かみ)(おん)(ため)()(ため)
045(まこと)(みち)(つく)さむと
046親子(おやこ)夫婦(ふうふ)(いさ)()
047(あに)帰宅(かへり)()(くら)
048その()(なが)一日(いちにち)
049百年(ももとせ)千年(ちとせ)(おも)ひなり
050(あに)(みこと)(つつが)なく
051(わが)()(かへ)()ますなら
052(この)有様(ありさま)(きこ)()
053さぞや(よろこ)(たま)ふらむ
054(わたし)はこれより三五(あななひ)
055(かみ)(つかさ)諸共(もろとも)
056スーラヤ(さん)にかけ(のぼ)
057八大竜王(はちだいりうわう)(その)(なか)
058福徳(ふくとく)(まも)善歓喜(ぜんくわんき)
059ナーガラシャーの宝玉(ほうぎよく)
060(かみ)(ちから)(さづ)かりつ
061(こひ)にこがれしエルサレム
062(うづ)(みやこ)参向(さんかう)
063(かみ)(つかさ)(ゆる)されて
064百八十国(ももやそくに)()(まで)
065(をしへ)(つた)(たてまつ)
066大御恵(おほみめぐみ)万分一(まんぶいち)
067(むく)はむ(こと)(うれ)しさよ
068あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
069御霊(みたま)(さちは)ひましませよ』
070ルーブヤ『(はるか)にかすむ(うみ)(うへ)
071小波(さざなみ)()けて(かへ)()
072磐楠船(いはくすぶね)(あに)(ふね)
073()ちに()つたる常磐木(ときはぎ)
074(まつ)(みどり)(うる)はしさ
075()西空(にしぞら)(かたむ)きて
076(そら)()(とり)各々(めいめい)
077(おの)(ねぐら)(はね)(いそ)
078(わが)()如何(いか)にと()(ほど)
079(かみ)(めぐみ)(まも)られて
080千尋(ちひろ)海原(うなばら)()()へつ
081(かへ)(きた)りし(うれ)しさよ
082(さぞ)(せがれ)(かへ)()
083(この)有様(ありさま)()くならば
084(よろこ)(いさ)(こと)ならむ
085(おも)へば(おも)へば三五(あななひ)
086(かみ)(めぐみ)有難(ありがた)
087(つつし)感謝(かんしや)(たてまつ)る』
088バヅマラーカ『(なみ)(うへ)いと(やす)らかに(すべ)りつつ
089アスマガルダの(かへ)()るかも。
090()()てし(おい)()なれど今日(けふ)はしも
091若葉(わかば)(みどり)()ゆる心地(ここち)なり。
092(やま)(あを)(うみ)(また)(あを)群鳥(むらどり)
093姿(すがた)(あを)()えにけるかな。
094()(やま)()()てたりし心地(ここち)して
095なげき(くら)せし今日(けふ)(うれ)しさ』
096伊太彦(いたひこ)足曳(あしびき)(やま)(かは)(うみ)(そこ)ひにも
097(かみ)(めぐみ)()(あふ)れけり。
098(おや)()(むつ)(した)しみ皇神(すめかみ)
099(みち)()()(こと)(たの)しき。
100ウバナンダ・ナーガラシャーの(しづ)まれる
101スーラヤ(さん)(くも)(かす)める。
102明日(あす)()はスーラヤ(さん)()(のぼ)
103(たつ)(あぎと)(たま)にまみえむ』
104 ()(うた)(をり)しも、105(あに)のアスマガルダの(ふね)(やうや)磯端(いそばた)(よこ)たへる(こと)となつた。
106ルーブヤ『いや、107アスマガルダよ、108昨日(きのふ)(かへ)つて()ると(おも)つて()つて()たのに、109随分(ずいぶん)(おそ)(こと)だつたな。110(また)湖上(こじやう)変事(へんじ)でも出来(でき)たのではないかと、111どれ()心配(しんぱい)したか(わか)らなかつた。112ようまア無事(ぶじ)(かへ)つて()()れた』
113アスマガルダ『ハイ、114(まこと)(おそ)くなつて心配(しんぱい)をさせました。115どうしたものか、116昨日(きのふ)一日(いちにち)(れふ)がなく、117もう仕方(しかた)がないので(かへ)らうかと磯端(いそばた)のパインの木蔭(こかげ)(ふね)(とど)めて(やす)んでゐる(ところ)へ、118天女(てんによ)(やう)なお(ひめ)(さま)(いぬ)をつれておいでになり、119是非々々(ぜひぜひ)スーラヤの(しま)(わた)して()れと仰有(おつしや)るので、120(とも)をしてお(おく)りをして()ました。121随分(ずいぶん)綺麗(きれい)(かた)神様(かみさま)かと(おも)ひましたよ』
122 伊太彦(いたひこ)合点(がつてん)ゆかず「()ては初稚姫(はつわかひめ)(さま)(われ)先立(さきだ)つて竜王(りうわう)(たま)をとりにおいでになつたのではあるまいかな。123(また)自分(じぶん)手柄(てがら)(ひと)にしてやられたか」とやや心配相(しんぱいさう)(かほ)をして俯向(うつむ)いて()る。
124ルーブヤ『それは、125(あに)126いい(こと)をして()た。127屹度(きつと)神様(かみさま)(なに)かのお仕組(しぐみ)だらうよ。128(つい)ては(よろこ)んで()れ、129ここに(ござ)宣伝使(せんでんし)三五教(あななひけう)伊太彦(いたひこ)(さま)()つて、130斎苑(いそ)(やかた)からお(くだ)りになつた御神徳(ごしんとく)(たか)きお(かた)131(いもうと)婿(むこ)になつて(くだ)さる契約(けいやく)出来(でき)たので一時(いちじ)(はや)くお(まへ)(かへ)つて(もら)ひ、132(とも)(よろこ)んで祝言(しうげん)(さかづき)取交(とりかは)したいと133親子(おやこ)三人(さんにん)がどれ()()つたか()れないのだ』
134(はや)くも両眼(りやうがん)より(なみだ)(おと)して()る。135アスマガルダは元来(ぐわんらい)孝行者(かうかうもの)136両親(りやうしん)言葉(ことば)には一度(いちど)(そむ)いた(こと)はない。137(また)(いもうと)一生(いつしやう)一大事(いちだいじ)自分(じぶん)不在中(ふざいちう)親子(おやこ)がきめた(こと)も、138普通(ふつう)人間(にんげん)のやうに一言(ひとこと)故障(こしやう)()はず、139(また)不服(ふふく)にも(おも)つて()なかつた。140何事(なにごと)(みな)神様(かみさま)御恵(みめぐみ)感謝(かんしや)するより(ほか)(かんが)へはなかつた。
141アスマガルダ『それは御両親(ごりやうしん)(さま)142いい(こと)をなさいました。143これも(まつた)三五(あななひ)神様(かみさま)御神徳(おかげ)(ござ)いませう。144いや(いもうと)145(まへ)安心(あんしん)だらう。146(わし)(うれ)しい』
147()(なが)(ふね)をかたづけ、148磯端(いそばた)(つた)ふて伊太彦(いたひこ)目礼(もくれい)(なが)(さき)()つて(わが)()(かへ)つて()く。
149 主客(しゆきやく)九人(きうにん)(いへ)(かへ)休息(きうそく)する(こと)となつた。150()第一(だいいち)伊太彦(いたひこ)はアスマガルダに(むか)(うた)(もつ)て、151挨拶(あいさつ)()へた。
152伊太彦(いたひこ)『アスマガルダ(あに)(みこと)(うれ)しくも
153(かみ)(めぐみ)()ひにけるかな。
154(いま)よりは(なれ)(いもうと)ブラヷーダ
155(ひめ)(みこと)千代(ちよ)(ちぎ)らむ』
156アスマガルダ『三五(あななひ)(うづ)(をしへ)神司(かむつかさ)
157(わが)(いもうと)(いつくし)みませ。
158惟神(かむながら)(かみ)(めぐみ)(さち)はひて
159今日(けふ)(うれ)しき消息(たより)()くかな』
160ブラヷーダ『(わが)(あに)(うづ)言霊(ことたま)()くにつけ
161()(さか)えけり(わらは)(こころ)も。
162朝夕(あさゆふ)(つか)(はべ)りし父母(ちちはは)
163御許(みもと)(はな)れて(みやこ)(のぼ)る』
164ルーブヤ『ブラヷーダ(こころ)なやます(こと)なかれ
165(かみ)(まか)せし二人(ふたり)(おや)を。
166(なれ)(いま)伊太彦(いたひこ)(つかさ)諸共(もろとも)
167(かみ)大道(おほぢ)(やす)(すす)めよ』
168ブラヷーダ『有難(ありがた)(わが)足乳根(たらちね)(こと)()
169(めぐみ)(つゆ)(したた)りにけり』
170バヅマラーカ『()(わび)()()()(とき)(めぐ)()
171一度(いちど)(ひら)蓮花(はちすばな)かな』
172伊太彦(いたひこ)『アスマガルダ(あに)(みこと)(おん)(ため)
173(いも)(みこと)媒介(すす)めまつらむ。
174さり(なが)(うづ)(みやこ)のエルサレム
175(まう)でし(のち)思召(おぼ)(たま)はれ』
176 ()くの(ごと)(たがひ)(こころ)のたけを()(をは)晩餐(ばんさん)()ませ、177(かたち)ばかりの婚礼(こんれい)(しき)(おこな)178(その)()はルーブヤの(いへ)伊太彦(いたひこ)1781(ほか)二人(ふたり)(あし)()ばして休息(きうそく)し、179(よく)早朝(さうてう)よりアスマガルダに(おく)られてスーラヤの(しま)(わた)(こと)となつた。
180大正一二・五・二四 旧四・九 於竜宮館 北村隆光録)