霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート実施中! こちらからどうぞ。〆切りは7月17日です。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第八章 怪物(くわいぶつ)〔一六一五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第63巻 山河草木 寅の巻 篇:第2篇 日天子山 よみ:すーらやさん
章:第8章 第63巻 よみ:かいぶつ 通し章番号:1615
口述日:1923(大正12)年05月24日(旧04月9日) 口述場所:教主殿 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年2月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-06-05 20:33:20 OBC :rm6308
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 298頁 修補版: 校定版:105頁 普及版:64頁 初版: ページ備考:
001 紺青(こんじやう)(なみ)(たた)へたスーラヤの湖面(こめん)002(やや)(あたら)しき(ふね)真帆(まほ)(はら)ませ、0021晩夏(ばんか)(かぜ)()けて、003彼方(あなた)(かす)むスーラヤ(さん)目蒐(めが)けて徐々(しづしづ)(すす)()く。004アスマガルダは()(あやつ)りながら欵乃(ふなうた)(うた)ふ。
005『テルはよい(とこ)(みなみ)をうけて
006 スーラヤ(おろし)がそよそよと。
007(おき)(うか)べるスーラヤ(じま)
008 (よる)千里(せんり)(なみ)てらす。
009(ひる)日輪(にちりん)()竜王(りうわう)
010 (たま)(ひかり)()(わた)る。
011(この)(うみ)(つき)(くに)でも名高(なだか)(うみ)
012 (なみ)のまにまに(つき)()く。
013三五(あななひ)(かみ)(つかさ)伊太彦(いたひこ)さまが
014 今日(けふ)門出(かどで)のお目出度(めでた)さ。
015(そら)(たか)(かぜ)()(わた)(この)湖面(うなばら)
016 (そこ)(わか)らぬテルの(うみ)
017 伊太彦(いたひこ)(うた)()した。018一同(いちどう)船端(ふなばた)(たた)いて拍子(ひやうし)をとる。
019伊太(いた)三五教(あななひけう)神柱(かむばしら)
020神素盞嗚(かむすさのを)大神(おほかみ)
021(みづ)御言(みこと)(かしこ)みて
022玉国別(たまくにわけ)()(きみ)
023山野(やまの)()()(うみ)(わた)
024千々(ちぢ)(こころ)(くだ)きつつ
025(かみ)()さしのメッセージ
026(つく)さむ(ため)遙々(はるばる)
027テルの(さと)まで()()れば
028(おも)ひがけなきブラヷーダ
029(ひめ)(みこと)()れまして
030(かみ)(むす)びし赤縄(えにし)をば
031(ここ)(さと)らせたまひけり
032吾等(われら)(かみ)御言(みこと)もて
033大黒主(おほくろぬし)(わだか)まる
034ハルナの(みやこ)言霊(ことたま)
035(いくさ)(すす)()にしあれば
036途中(とちう)(おい)(つま)()
037夫婦(ふうふ)気取(きどり)征討(せいたう)
038(のぼ)るも如何(いかが)(おも)へども
039三千彦(みちひこ)(つかさ)もデビス(ひめ)
040(つま)()たせる(ためし)あり
041(わが)()(きみ)(この)(たび)
042赤縄(えにし)をいなませ(たま)ふまじ
043(ただ)何事(なにごと)(ひと)()
044(かみ)のまにまに(すす)むより
045(ほか)(みち)なし伊太彦(いたひこ)
046(ここ)夫婦(ふうふ)(いき)(あは)
047スーラヤ(さん)()(のぼ)
048(たつ)(あぎと)宝玉(はうぎよく)
049(かみ)(たす)けに()()れて
050ミロク神政(しんせい)成就(じやうじゆ)
051(うづ)神器(しんき)(たてまつ)
052(かみ)御稜威(みいづ)四方八方(よもやも)
053完全(うまら)委曲(つばら)()らすべし
054あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
055スーラヤ(さん)(たか)くとも
056ナーガラシャーは(たけ)くとも
057(かみ)(めぐみ)(かさ)()
058(まこと)(みち)(つゑ)となし
059(すす)まむ()には(なん)として
060(しこ)曲津(まがつ)(さや)らむや
061あゝ(いさ)ましし(いさ)ましし
062一度(いちど)(ひら)()花姫(はなひめ)
063(かみ)(みこと)御守(おんまも)
064ブラヷーダ(ひめ)諸共(もろとも)
065(うづ)神業(みわざ)(つか)へむと
066(すす)()くこそ(たの)しけれ
067あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
068御霊(みたま)幸倍(さちはへ)ましませよ』
069 ブラヷーダは(また)(うた)ふ。
070(ちち)(はは)とに(はぐ)くまれ
071十六才(とをまりむつ)年月(としつき)
072(てふ)(はな)よと(めで)られつ
073(おく)(きた)りし()果報(くわほう)
074(おも)へば(おも)へば有難(ありがた)
075これも(まつた)三五(あななひ)
076皇大神(すめおほかみ)御恵(みめぐみ)
077(あさ)(ゆふ)なに感謝(かんしや)しつ
078大御恵(おほみめぐみ)万分一(まんぶいち)
079(むく)はむものと朝夕(あさゆふ)
080(いの)りし甲斐(かい)やあら(たふと)
081天津国(あまつくに)より(くだ)らしし
082御使人(みつかひびと)伊太彦(いたひこ)
083(とつ)ぎの(ちぎり)(むす)びつつ
084言霊軍(ことたまいくさ)門出(かどいで)
085()白浪(しらなみ)諸共(もろとも)
086彼方(あなた)(うか)ぶスーラヤの
087御山(みやま)(すす)(うれ)しさよ
088ナーガラシャーは(たけ)くとも
089スーラヤ(さん)(たか)くとも
090(かみ)(めぐみ)(いだ)かれし
091吾等(われら)如何(いか)(たゆ)まむや
092救世(ぐせい)(ふね)()(まか)
093(あに)(みこと)(おく)られて
094千尋(ちひろ)(うみ)(すす)()
095今日(けふ)旅路(たびぢ)(いさ)ましさ
096あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
097御霊(みたま)幸倍(さちはへ)ましまして
098(わが)()(きみ)使命(しめい)をば
099()げさせたまへ大御神(おほみかみ)
100(うづ)御前(みまへ)()ぎまつる
101朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
102(つき)()つとも()くるとも
103(ほし)(そら)より()つるとも
104スーラヤの(うみ)()るるとも
105(かみ)(ちか)ひし赤心(まごころ)
106いや永久(とこしへ)(うご)かまじ
107(わが)()(きみ)兄君(あにぎみ)
108カークス、ベース両人(りやうにん)
109(いさ)ませたまへ惟神(かむながら)
110(かみ)(なんぢ)(とも)にあり
111(かみ)吾等(われら)(まも)ります
112(かみ)(かみ)とに(いだ)かれし
113(ひと)(かみ)()(かみ)(みや)
114天地(てんち)(うち)(おそ)るべき
115ものは微塵(みじん)(あら)ざらむ
116(すす)めよ(すす)(この)御船(みふね)
117()けよふけふけ(きた)(かぜ)
118あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
119御霊(みたま)幸倍(さちはへ)ましませよ』
120 今日(けふ)一入(ひとしほ)天気(てんき)がよいので漁船(ぎよせん)(かげ)殊更(ことさら)(おほ)く、121彼方(あなた)此方(こなた)真帆(まほ)片帆(かたほ)(なみ)のまにまに(うか)んで、122春野(はるの)(はな)(てふ)(くる)ふが(ごと)(はね)(やう)()(またた)いて()る。123(すこ)しく(なみ)北風(きたかぜ)(あふ)られて(たか)けれど、124(なん)とも()へぬ爽快(さうくわい)気分(きぶん)である。125アスマガルダ、126カークス、127ベースが(あせ)をたらたら(なが)して()()(ふね)128(その)()黄昏時(たそがれどき)(やうや)く、1281スーラヤ(さん)一角(いつかく)についた。129磯端(いそばた)白布(しろぬの)(さら)した(ごと)く、130()()する(なみ)()(あが)つて(いは)にぶつつかり、131(くだ)けては()(その)光景(くわうけい)()なり物凄(ものすさま)じかつた。132(ゆき)のやうな(しろ)水煙(みづけぶり)一丈(いちぢやう)(ばか)りも()(なか)(ふね)()()せ、133(やうや)くにして陸地(りくち)についた。134さうして(ふね)(たか)磯端(いそばた)()げて(つな)いで(しま)つた。135()(やうや)くに()れて()る。136(にはか)暴風(ばうふう)()(すさ)び、137湖面(こめん)荒浪(あらなみ)()(くる)ひ、138ザアザアと物騒(ものさわ)がしき(おと)(きこ)えて()()した。139一行(いつかう)五人(ごにん)上陸(じやうりく)地点(ちてん)より一二町(いちにちやう)(ばか)(のぼ)つた(ところ)大岩石(だいがんせき)(かげ)()(ひそ)めて140湖上(こじやう)(つか)れを(やす)める(こと)とした。141さうして明日(あす)払暁(ふつげう)()つて登山(とざん)する(こと)()めて仕舞(しま)つた。142(みの)()(かさ)(かほ)(うへ)()せて143岩蔭(いはかげ)一同(いちどう)(よこ)たはつた。144()はおひおひと(ふけ)わたり暴風(ばうふう)()み、145(うみ)(うな)りも(しづ)まり、146四辺(あたり)深閑(しんかん)として()た。147十四日(じふよつか)(つき)(くも)(はい)して皎々(かうかう)(かがや)(はじ)めた。148伊太彦(いたひこ)149ブラヷーダ、150アスマガルダの三人(さんにん)他愛(たあい)もなく(ねむ)つて(しま)つた。151カークス、152ベースの両人(りやうにん)(なん)だか()()つて()られぬので、153まぢまぢして()ると、154()正刻(しやうこく)(おぼ)しき(ころ)155四辺(あたり)密林(みつりん)(えだ)をガサガサと(ゆす)つて(あや)しき物影(ものかげ)(ちか)よつて()る。156カークスは(ふる)(なが)ら、157(ぬす)むやうにして(その)姿(すがた)行方(ゆくへ)見詰(みつめ)()る。158(あや)しの姿(すがた)五人(ごにん)(まへ)(すつく)()()のやうな(あか)(かほ)(さら)し、159(あを)(した)五六寸(ごろくすん)(ばか)(まへ)()らして錫杖(しやくぢやう)をついて()る。160(たちま)怪物(くわいぶつ)(らい)(ごと)(こゑ)()()げ、
161怪物(くわいぶつ)『イーイーイー、162伊太彦(いたひこ)神司(かむづかさ)とやら、163(その)(はう)はスーラヤ(さん)に、164ウバナンダ竜王(りうわう)(たま)()らむとして(うせ)(こころ)(にく)曲者(くせもの)165これより一足(ひとあし)でも(のぼ)れるなら(のぼ)つて()よ』
166呶鳴(どな)りつけた。167(この)(こゑ)伊太彦(いたひこ)兄妹(きやうだい)()()まし、168きつと(こゑ)する(はう)()れば以前(いぜん)怪物(くわいぶつ)()つて()る。169伊太彦(いたひこ)(とどろ)(むね)をグツと(おさ)へ、170惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)」を高唱(かうしやう)(をは)り、
171伊太(いた)『アハヽヽヽ。172スーラヤ(さん)年古(としふる)()(その)(はう)古狸(ふるだぬき)であらうがな。173吾々(われわれ)(なん)心得(こころえ)()る。174勿体(もつたい)なくも大神(おほかみ)使命(しめい)をうけて大蛇(をろち)退治(たいぢ)(すす)(かみ)使(つかひ)だ。175汝等(なんぢら)(ごと)きものの容喙(ようかい)()べき(かぎ)りのものでない。176(ひか)()らう』
177 アスマガルダ兄妹(きやうだい)(はじ)め、178カークス、179ベースは一所(いつしよ)(あつ)まり、180顔色(かほいろ)まで真青(まつさを)にして(ふる)つて()る。181伊太彦(いたひこ)痩我慢(やせがまん)()して一人(ひとり)空気焔(からきえん)()いてゐる。182怪物(くわいぶつ)には此方(こちら)から()(まけ)たら敗北(やられ)ると()(こと)(かね)()いて()たので、183此方(こちら)から()かしてやらうと(おも)つて、184(すつく)()(あが)怪物(くわいぶつ)(むか)つて、
185伊太(いた)『イーイーイー、186斎苑(いそ)(やかた)宣伝使(せんでんし)187天下無双(てんかむそう)勇士(ゆうし)188伊太彦(いたひこ)とは(おれ)(こと)だ。189種々(いろいろ)(こと)(いた)して吾々(われわれ)邪魔(じやま)(いた)すと了見(れうけん)(いた)さぬぞ』
190怪物(くわいぶつ)『ロ、191ロー、192(ろく)でもない(をんな)()れて193神聖(しんせい)無比(むひ)なるスーラヤ(さん)(のぼ)るとは(なん)(こと)だ。194(なんぢ)聖場(せいぢやう)(けが)痴漢(しれもの)195(いま)(この)(はう)神力(しんりき)によつて(その)(はう)(からだ)ビクとも(うご)かぬ(やう)にして()れる。196覚悟(かくご)(いた)せ。197ワハヽヽヽ、198ても()ても可憐(かはい)さうなものだわい』
199伊太(いた)『ロヽヽヽ(ろく)でもない、200(たふ)(もの)()201ナヽ(なに)(ぬか)すのだ。202妖怪変化(えうくわいへんげ)容喙(ようかい)すべき(かぎ)りでない。203(はや)くすつ()()らう。204ぐづぐづすると言霊(ことたま)発射(はつしや)()かけようか』
205怪物(くわいぶつ)『ハヽヽヽヽ、206(はら)()つか、207(はぢ)()つたか、208薄志弱行(はくしじやくかう)腰抜(こしぬけ)宣伝使(せんでんし)()209(たか)()れたウバナンダ竜王(りうわう)(たま)()るに加勢(かせい)(たの)み、210(をんな)()れて()るとは、211(じつ)見下(みさ)()てたる腰抜野郎(こしぬけやらう)()
212伊太(いた)『ハヽヽ張子(はりこ)(とら)のやうに(くび)ばかりふりやがつて(なん)(ざま)だ。213サア(はや)退散(たいさん)(いた)すか、214正体(しやうたい)(あら)はすか、215何神(なにがみ)化身(けしん)だと()(こと)白状(はくじやう)(いた)すか、216返答(へんたふ)次第(しだい)によつては此方(こちら)にも(かんが)へがあるのだ』
217怪物(くわいぶつ)『ニヽヽ(にく)いか、218いや(にく)らしいと(おも)ふか、219(その)(にが)(かほ)(なん)だ。
220 ホヽヽ(はう)野郎(やらう)()221()(ほど)()らずも(ほど)があるわい。
222 ヘヽヽヽ下手(へた)(こと)(いた)して、223(あと)でベースをカークスな。
224 トヽヽヽ途方(とはう)途轍(とてつ)もない(だい)それた欲望(よくばう)(おこ)し、225栃麺棒(とちめんばう)()つてトンボ(がへ)りを(いた)し、226岩窟(がんくつ)のドン(ぞこ)(まで)おとされて頓死(とんし)すると()災厄(さいやく)227()(まへ)(ちか)づいて()()るのを()らないのか。228イイ馬鹿(ばか)だなア』
229伊太(いた)『チヽヽちやァちやァ(ぬか)すな、230(ちつと)貴様(きさま)()のお世話(せわ)(あづか)()くてもよいのだ。231智謀(ちぼう)絶倫(ぜつりん)伊太彦(いたひこ)
232 リヽヽ凛々(りんりん)たる勇気(ゆうき)()して、233ウバナンダ竜王(りうわう)(やかた)(すす)神軍(しんぐん)勇士(ゆうし)だ。
234 ヌヽヽぬかりのない(この)(はう)235(みづ)(もら)さぬ仕組(しぐみ)(いた)して(ここ)に、236いづ御魂(みたま)登山(とざん)探検(たんけん)()かけたのだ。237すつ()んでおらう。238(その)(はう)()()てゴテゴテ(まを)(まく)ぢやないのだ』
239怪物(くわいぶつ)『ルヽヽ累卵(るゐらん)(あやふ)きを()らぬ痴呆者(うつけもの)()240(るゐ)(とも)()ぶと()馬鹿者(ばかもの)()(そろ)つたものだ。
241 オヽ大馬鹿者(おほばかもの)()242大泥坊(おほどろばう)()243大戯気者(おほたはけもの)244(かみ)(みち)(ある)きながら、245(おに)大蛇(をろち)のやうになつて竜神(りうじん)(たま)を、246ぼつたくらうとは(この)(はう)おとましうなつて()たわい。247()(ほど)()らずの横道者(わうだうもの)だな』
248伊太(いた)『ワハヽヽヽ、249(わら)はしやがるない。250没分暁漢(わからずや)()251吾輩(わがはい)のすることに容喙(ようかい)する権利(けんり)がどこにあるか。252(わる)(こと)(すこ)しも(いた)さぬ善一筋(ぜんひとすぢ)宣伝使(せんでんし)ぢや。253(わか)らぬ(こと)(まを)さずに、254(おのれ)住所(すみか)にトツトと引込(ひつこ)んだがよからうぞ』
255怪物(くわいぶつ)『カヽヽ(かま)ふな(かま)ふな、256惟神(かむながら)だとか(かみ)(みち)だとか(なん)とか、257かとか(まをし)て、258其処辺(そこら)(かた)(ある)我羅苦多(がらくた)宣伝使(せんでんし)だらうがな。259第一(だいいち)(をんな)をイヤ(かかあ)()れて(のぼ)つて()るとは(もつ)ての(ほか)だ。260当山(たうざん)規則(きそく)(やぶ)つた大罪人(だいざいにん)()261サア覚悟(かくご)(いた)せ、262(あたま)からこの(おほ)きな(くち)()ぶつて()仕舞(しま)つてやらう』
263伊太(いた)『ヨヽヽ妖怪変化(ようくわいへんげ)分際(ぶんざい)として264(この)(はう)指一本(ゆびいつぽん)でも()へられるのなら()へて()よ。265(くだ)らぬ世迷(よま)(ごと)(まを)さずに、266もはや夜明(よあけ)()もあるまいから、267()()いた化物(ばけもの)(あし)(あら)うて(とつく)引込(ひつこ)時間(じかん)だ。268与太(よた)リスクを(なら)べずに、269よい加減(かげん)(どぶ)さつたらどうだ』
270怪物(くわいぶつ)『タヽヽ痴呆者(たわけもの)()271()らざる頬桁(ほほげた)(たた)くと(たた)きつぶしてやるぞ。272(たか)()れた人間(にんげん)三匹(さんびき)五匹(ごひき)一口(ひとくち)にも()らぬわい。273(よく)熊鷹(くまたか)(また)()けると()(こと)貴様(きさま)()らぬのか痴呆者(たわけもの)()
274 レヽヽ、275恋愛(れんあい)至上(しじやう)主義(しゆぎ)発揮(はつき)して神聖(しんせい)なる当山(たうざん)(まで)276(はじ)めて(かか)をもつた(うれ)しさにトチ(まよ)(のぼ)つて()ると()ふデレ(すけ)だから、277吾々(われわれ)仲間(なかま)のよい(なぐさ)(もの)だ』
278伊太(いた)『ソヽヽ、279そうかいやい、280そらさうだらう。281(けな)りいなつたか。282一寸(ちよつと)(ぐらゐ)()(にぎ)らしてやり()いが、283矢張(やつばり)それも()めて()こうかい、284(なん)だ、285その六ケ敷(むつかし)(つら)つきは。286貧相(ひんさう)なものだのう』
287怪物(くわいぶつ)『ツヽヽ(つき)(そら)から貴様(きさま)脱線振(だつせんぶり)()(わら)つて(ござ)るのも()らぬのか。288(こころ)(めくら)289(こころ)(つんぼ)仕方(しかた)がないものだなア。290(つか)まへ(どころ)のない屁理屈(へりくつ)(なら)べて其処辺(そこら)遍歴(へんれき)(いた)すと()強者(つわもの)291おつとドツコイ、292つまらぬ代物(しろもの)だからなア。
293 ネヽ猫撫声(ねこなでごゑ)()しやがつて、294夫婦(ふうふ)がいちやづいて(この)(しま)(うち)(わた)り、295グウースケ八兵衛(はちべゑ)(ねむ)つて()るとは(ねん)()つた痴呆者(たわけもの)だ』
296『ナヽヽ、297(なに)(ぬか)しやがるんだい。298(なさけ)ない(こと)()ふて()れない。299何程(なにほど)(うらや)ましうても貴様(きさま)女房(にようばう)にしてやる(わけ)には()かず、300あゝ難儀(なんぎ)のものが()()たものだ。301(おれ)同情(どうじやう)(なみだ)()れぬ(こと)もないのう怪物(くわいぶつ)
302怪物(くわいぶつ)『ラヽヽ、303らつちも()(こと)(ほざ)くもんぢやないわい。
304 ムヽヽ(むかし)から誰一人(たれひとり)目的(もくてき)(たつ)した(こと)のない竜王(りうわう)(たま)()らうとは無法(むはふ)にも(ほど)がある。305ほんに(いのち)()らずの無鉄砲者(むてつぱうもの)だのう。306こりや無茶彦(むちやひこ)307(むか)(ぱら)()つか、308ムツとするか、309(むし)()かぬか、310()れや無理(むり)もない。311(しか)(なが)(たま)()りたけれや明朝(あすあさ)とつとと(のぼ)つたらよからう。312(この)(やま)中腹(ちうふく)には死線(しせん)といつて人間(にんげん)(とほ)れぬ(ところ)があるのだ。313其処(そこ)()くと邪気(じやき)充満(じゆうまん)し、314(その)(はう)(ごと)きものが(その)(どく)にあたると心臓(しんざう)痳痺(まひ)(おこ)し、315水脹(みづぶく)れになつて()ぬるのだから、316さうすれば(おれ)(たち)()つて(たか)つて(みな)()つて仕舞(しま)つてやるのだ。317ても()ても不愍(いぢらしい)ものだなア』
318伊太(いた)『ウフヽヽヽ、319五月蠅(うるさい)(やつ)だなア、320そんな(こと)(まをし)(おれ)(たち)荒肝(あらぎも)()らうと(おも)ふても駄目(だめ)だぞ。321(うし)丸焼(まるやき)でも二匹(にひき)三匹(さんびき)一遍(いつぺん)(たひら)げる(この)伊太彦(いたひこ)さまだ。322ウゴウゴ(いた)して()るともう堪忍袋(かんにんぶくろ)()()れるぞよ。
323 イヽヽ何時(いつ)(まで)何時(いつ)(まで)(うらや)ましさうに夫婦(ふうふ)(むつ)まじい姿(すがた)()(ゆび)(くわ)へて()()るより、324いい加減(かげん)幻滅(げんめつ)(いた)したらどうだい。325悪戯(いたづら)(ほど)があるぞよ』
326怪物(くわいぶつ)『ノヽヽ、327野太(のぶと)代物(しろもの)だなア。328()()たり、329(やま)()たりして露命(ろめい)(つな)いで()て、330(やうや)くテルの(さと)満足(まんぞく)(いへ)()めて(もら)つたと(おも)つて得意(とくい)になり、331ブラヷーダを女房(にようばう)()つたと(おも)ふて(その)はしやぎ(かた)(なん)だ。332天下(てんか)馬鹿者(ばかもの)333(いのち)()らずとは貴様(きさま)(こと)だ。334イタイタしい伊太彦(いたひこ)我羅苦多(がらくた)()335イヒヽヽヽ』
336伊太(いた)『オヽヽお(かま)ひだ、337(おれ)のする(こと)をゴテゴテ(かま)ふて()れない。
338 クヽヽ苦労(くらう)(かたまり)(はな)()いたのだ。339貴様(きさま)もこんなナイスが()しけりや、340ちつと(まこと)(みち)苦労(くらう)(いた)せ』
341怪物(くわいぶつ)『ヤヽヽ矢釜敷(やかまし)いわい、342夜分(やぶん)(やま)(なか)(つゆ)宿(やど)()厄雑(やくざ)宣伝使(せんでんし)()343八岐大蛇(やまたをろち)(いち)乾児(こぶん)此方様(このはうさま)344(いま)(いのち)()られるのを御存(ごぞん)じがないのか。
345 マヽヽ、346負惜(まけをし)みのつよい、347真面目(まじめ)(くさ)つた(その)面付(つらつき)表面(うはべ)をかざつて()るが、348貴様(きさま)(こころ)(なか)地異(ちい)天変(てんぺん)大地震(おほぢしん)()つて()らうがな。349どうだ(おそ)()つたか』
350伊太(いた)『ケヽヽ怪体(けたい)(わる)()しからぬ(やつ)だ。351怪我(けが)()(うち)(はや)(かへ)れといつたら(かへ)らぬか。
352 フヽヽ、353不都合(ふつがふ)な、354フザケた(こと)(いた)すと、355捕縛(ふんじば)つて仕舞(しま)ふぞ。356いや()(つぶ)してやらうか、357(なに)不足(ふそく)夜夜中(よるよなか)358安眠妨害(あんみんばうがい)()()せたのだ。359不都合(ふつがふ)不届(ふとど)きな(やつ)
360 コヽヽ(こら)(ぶくろ)()れるぞよ。361こん畜生(ちくしやう)362八岐大蛇(やまたをろち)眷族(けんぞく)なぞは真赤(まつか)(いつは)り、363(その)(はう)数千年(すうせんまんねん)(ごふ)()た、364(こけ)()えた小狸(こだぬき)であらうがな。
365 エヽヽ、366邪魔(じやま)(くさ)ひ、367この金剛杖(こんがうづゑ)をもつて(たた)きつけてやらう。368最愛(さいあい)のブラヷーダが安眠(あんみん)妨害(ばうがい)になる』
369怪物(くわいぶつ)『テヽヽ、370てんごう(いた)すな、371(この)(はう)神力(しんりき)貴様(きさま)(ちから)とは天地(てんち)相違(さうゐ)だ。372デンデン(むし)(つの)()()てて気張(きば)つて()たとて373岩石(がんせき)()襲来(しふらい)するやうなものだ。
374 アヽヽ阿呆(あはう)(かぎ)りを(つく)さずと、375(はや)此処(ここ)()()れ。376グヅグヅして()るとアフンと(いた)して(あわ)()くぞよ。377それでも()かねば、378アンポンタンの黒焼(くろやき)にして(くつ)てやらうか、379サヽヽサア、380どうだ早速(さつそく)(くち)()くまいがな。381()ても()ても見下(みさ)()てたる腰抜(こしぬけ)(ばか)りだな。
382 キヽヽ()()はぬ怪物(くわいぶつ)だと(おも)ふであらうが、383この(はう)一体(いつたい)(たれ)だと心得(こころえ)()る。384鬼神(きじん)もひしぐ(ゆう)ある結構(けつこう)五大力様(ごだいりきさま)だぞ。
385 ユヽヽ、386夢々(ゆめゆめ)(うたが)(こと)(なか)れ。387只今(ただいま)幽界(いうかい)より(その)(はう)(いのち)()()りに()たのだ。388ても()ても愉快(ゆくわい)(こと)だなア。
389 メヽヽヽ迷惑(めいわく)さうな(その)面付(つらつき)390薩張(さつぱり)面目玉(めんぼくだま)()(つぶ)され、391折角(せつかく)(もら)ふた(かか)には愛想(あいさう)()かされ、392メソメソ吠面(ほえづら)かはくのが、393可憐(かわい)さうだわい。394サア冥途(めいど)(たび)にやつてやらう』
395伊太(いた)『ミヽヽ、396()()れ。397(この)伊太彦(いたひこ)神力(しんりき)を、398何程(なにほど)貴様(きさま)威張(ゐば)つた(ところ)駄目(だめ)だ。399死線(しせん)だらうが、400五線(ごせん)だらうが神力(しんりき)をもつて突破(とつぱ)し、401一戦(いつせん)勝鬨(かちどき)をあぐる三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)(さま)だ。402(たい)()れぬ汝等(なんぢら)(ごと)怪物(くわいぶつ)辟易(へきえき)するやうで、403どうしてハルナの(みやこ)(すす)(こと)出来(でき)ようか。404タクシャカ竜王(りうわう)でさへも屁込(へこ)ました(この)(はう)だ』
405怪物(くわいぶつ)『ヒヽヽ仰有(おつしや)りますわい。406日向(ひなた)にあてたらハシャぐやうな(うで)()りまはし、407何程(なにほど)威張(ゐば)つて()(ところ)で、
408 モヽヽもう駄目(だめ)だ。409耄碌(まうろく)宣伝使(せんでんし)伊太彦(いたひこ)(つかさ)
410 セヽヽ雪隠(せつちん)饅頭(まんぢう)()ふやうな(うま)(こと)(かんが)へても薩張(さつぱり)駄目(だめ)だ。411(をは)りの(はて)には(ばば)()れるぞよ』
412伊太(いた)『スヽヽ、413()かんたらしい屁理屈(へりくつ)()れな。414()でも蒟蒻(こんにやく)でもいかぬ妖怪(えうくわい)だな。415(ひと)(ふた)()()(いつ)(むゆ)(なな)()(ここの)(たり)(もも)()(よろづ)
416 惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
417怪物(くわいぶつ)『キヨキヨキヨ(きやう)(うと)(こと)(いた)伊太彦(いたひこ)(つかさ)418また幽冥界(いうめいかい)でお()にかからう。419エヘヽヽヽ』
420(からだ)(ゆす)りながら何処(いづく)ともなく()えて仕舞(しま)つた。
421伊太(いた)『アハヽヽ、422仕様(しやう)()古狸(ふるだぬき)がやつて()やがつて、423(おど)文句(もんく)(なら)()面白(おもしろ)(こと)だつた。424アハヽヽヽ』
425 アスマガルダは(やうや)(むね)をなでおろし、426四辺(あたり)をキヨロキヨロ見廻(みまは)(なが)ら、
427『アヽ先生(せんせい)428随分(ずいぶん)(えら)(やつ)がやつて()たぢやありませぬか。429どうなる(こと)かと(おも)つて大変(たいへん)心配(しんぱい)しましたよ。430(しか)貴方(あなた)()(つよ)いのにも(あき)れましたよ』
431伊太(いた)『アハヽヽヽ、432(じつ)(ところ)(わたし)一寸(ちよつと)面喰(めんくら)つたのだが、433こんな(こと)(まけ)てはならないと空元気(からげんき)()して()(ところ)434キヤツキヤツと()つて()げた(とき)のおかしさ、435いや心地(ここち)よさ。436斎苑(いそ)(やかた)出立(しゆつたつ)以来(いらい)のよい経験(けいけん)だよ』
437ブラヷーダ『神様(かみさま)(おほせ)(とほ)438(わらは)(をつと)伊太彦(いたひこ)さまは本当(ほんたう)勇壮活溌(ゆうさうくわつぱつ)神使(かむつかひ)です。439(わらは)はもうこんな(つよ)(かた)(をつと)にもつならば()(おそ)るべきものは(ござ)いませぬわ』
440カークス『アハヽヽヽ、441(えら)いお(のろ)けで(ござ)いますこと。442なあベース、443浦山吹(うらやまぶき)(いた)りぢやないか』
444ベース『ウフツ』
445伊太(いた)古狸(ふるだぬき)(わが)枕辺(まくらべ)(あら)はれて
446フルナの(べん)をふるふをかしさ。
447ブルブルと(ふる)(なが)らに(ふる)さまの
448世迷(よま)(ごと)をば()(ひと)もあり』
449カークス『(おそ)ろしさカークスと(おも)へど(なん)となく
450(はら)(そこ)から(ふる)ひけるかな』
451ベース『(おそ)ろしさにベースをカークス吾々(われわれ)
452地獄(ぢごく)におちし心地(ここち)なりけり』
453 (その)()何事(なにごと)もなく()はカラリと()けた。454(これ)より一行(いつかう)五人(ごにん)死線(しせん)()へてウバナンダ竜王(りうわう)(かく)るる岩窟(がんくつ)(たま)()らむと(すす)()(こと)となつた。
455大正一二・五・二四 旧四・九 於教主殿 加藤明子録)