霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一二章 五託宣(ごたくせん)〔一六一九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第63巻 山河草木 寅の巻 篇:第3篇 幽迷怪道 よみ:ゆうめいかいどう
章:第12章 五託宣 よみ:ごたくせん 通し章番号:1619
口述日:1923(大正12)年05月24日(旧04月9日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年2月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 321頁 修補版: 校定版:168頁 普及版:64頁 初版: ページ備考:
001 カークス、002ベース両人(りやうにん)不審(ふしん)(むね)(いだ)(なが)ら、003路傍(ろばう)直立(ちよくりつ)せる立岩(たちいは)(そば)(たたず)んで、004宣伝歌(せんでんか)(こゑ)近寄(ちかよ)るのを(みみ)をすませて()いて()る。
005伊太彦(いたひこ)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
006(われ)伊太彦(いたひこ)(つかさ)なり
007玉国別(たまくにわけ)(したが)ひて
008スダルマ(さん)(ふもと)(まで)
009(すす)(きた)れる(をり)もあれ
010木蔭(こかげ)(やす)両人(りやうにん)
011不図(ふと)出会(でつくは)してスーラヤの
012(やま)夜光(やくわう)(たま)ありと
013()くより(こころ)(いさ)()
014(わが)()(きみ)(ゆる)されて
015カークス、ベース両人(りやうにん)
016(したが)間道(かんだう)(くぐ)()
017スーラヤ湖辺(こへん)のテルの(さと)
018ルーブヤ(やかた)(たち)()りて
019(かみ)仕組(しぐみ)のブラヷーダ
020(ひめ)(みこと)赤縄(えにし)をば
021(むす)(をは)りて(あに)とます
022アスマガルダの(ふね)()
023(なみ)(ただよ)(やうや)くに
024スーラヤ(さん)()ぎつけて
025一夜(いちや)()かす(をり)もあれ
026得体(えたい)()れぬ怪物(くわいぶつ)
027(たちま)ちここに(あら)はれて
028いろはにほへとちりぬるを
029わかよたれそつねならむ
030うゐのおくやまけふこえて
031あさきゆめみしゑひもせす
032京味(きやうみ)(ふか)問答(もんだふ)
033()けず(おと)らず開始(かいし)して
034火花(ひばな)()らせば怪物(くわいぶつ)
035(けぶり)となりて()()せぬ
036()(やうや)くに()(はな)
037一行(いつかう)五人(ごにん)はスーラヤの
038(あやふ)死線(しせん)突破(とつぱ)して
039(あし)(いた)めつ頂上(ちやうじやう)
040(のぼ)(おう)せてウバナンダ
041ナーガラシャーの(ひそ)みたる
042(しこ)岩窟(いはや)(たち)(むか)
043(やま)()()(しげ)()
044藤蔓(ふぢつる)()りて縄梯子(なははしご)
045やつと(こしら)()()ろし
046五人(ごにん)一度(いちど)にスルスルと
047(くだ)りて()れば(おも)ひきや
048()てしも()らぬ(ひろ)(あな)
049際限(さいげん)もなく展開(てんかい)
050山河草木(さんかさうもく)(たち)(なら)
051(ひろ)原野(げんや)となりにけり
052あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
053(かみ)仕組(しぐみ)玉糸(たまいと)
054()かれて(きた)吾々(われわれ)
055何処(いづこ)をあてと白雲(しらくも)
056()ける(とこ)(まで)(すす)まむと
057ここ(まで)(きた)(いき)(やす)
058(あと)()(かへ)(なが)むれば
059如何(いか)になしけむカークスや
060ベースの二人(ふたり)落伍(らくご)して
061姿(すがた)()えずなりにけり
062あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
063御霊(みたま)(さち)はひましまして
064一時(いちじ)(はや)両人(りやうにん)
065吾等(われら)(あと)(おつ)かけて
066(たがひ)無事(ぶじ)(しゆく)()
067(よろこ)(あた)(たま)へかし
068(しこ)岩窟(いはや)入口(いりぐち)
069いとも(せま)けく(おぼ)ゆれど
070(この)岩窟(がんくつ)広々(ひろびろ)
071展開(てんかい)したる不思議(ふしぎ)さよ
072(そら)岩窟(いはや)(つつ)まれて
073月日(つきひ)(かげ)()えねども
074(なん)とはなしに心地(ここち)よし
075あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
076(かみ)のまにまに(すす)()く』
077()ひつつ両人(りやうにん)(そば)近寄(ちかよ)つて()た。078カークスは三人(さんにん)姿(すがた)()るより()()つやうに(よろこ)んで、
079カークス『あゝ先生(せんせい)(ござ)りましたか。080ブラヷーダさまに、081アスマガルダさま、082どれだけ(たづ)ねて()つた(こと)()れませぬよ。083どうして()られましたか』
084伊太(いた)『いや有難(ありがた)う。085(じつ)(ところ)はお(まへ)(たち)二人(ふたり)姿(すがた)()えぬので086(また)(あし)(いた)めて(おく)れて()るのではあるまいかと、087幾度(いくど)幾度(いくど)路傍(ろばう)(たたず)見合(みあは)見合(みあは)せやつて()たものだから、088()(おく)れて(しま)つたのだ。089随分(ずいぶん)()たしただらうな』
090カークス『随分(ずいぶん)()ちましたよ。091(しか)しここは(めう)(ところ)ですな。092只今(たつたいま)濁流(だくりう)(みなぎ)大川(おほかは)(よこた)はり、093(きたな)(ばば)(あら)はれて色々(いろいろ)雑多(ざつた)(おど)文句(もんく)(なら)べやがるものだから、094ベースと二人(ふたり)一生懸命(いつしやうけんめい)掛合(かけあ)つてゐましたが095(その)(ばば)(いは)()けて(しま)ひ、096(かは)薄原(すすきはら)となりました。097一体(いつたい)ここは冥途(めいど)ぢやありますまいかな』
098伊太(いた)()んだ(おぼ)えもないのに、099どうして冥途(めいど)()るものか。100ここはスーラヤ(さん)岩窟(がんくつ)から(この)(とほ)展開(てんかい)してゐる(おほ)きな広場(ひろば)だ。101あまり(ひろ)(あな)だから102(この)(とほ)()(とど)かぬ(ほど)草原(さうげん)展開(てんかい)してゐるのだ。103(なん)不思議(ふしぎ)(こと)ぢやないか』
104カークス『いや、105それ()いて安心(あんしん)しました。106(わたし)(また)ベースと両人(りやうにん)冥途(めいど)(たび)ぢやないかと、107どれだけ()()んだか()れませぬよ。108なア、109ベース、110随分(ずいぶん)いやらしかつたな』
111ベース『(ばば)()(とき)本当(ほんたう)(きも)(つぶ)しましたよ。112そして(ばば)113貴方(あなた)(がた)三人(さんにん)(この)(かは)(わた)つて(むか)ふへ()つたと(うそ)ばかり()きやがるものだから、114(はや)追付(おつつ)かうと(おも)つて、115どれ()()をもんだか()れませぬわ』
116伊太(いた)『ア、1161さうだつたか、117ここは岩窟内(がんくつない)(こと)だから四辺(あたり)光景(くわうけい)(ちが)ふて()るなり、118(いづ)妖怪(えうくわい)()るだらうよ。119さア(これ)から(おく)()かう。120屹度(きつと)ウバナンダ竜王(りうわう)(たま)(かざ)して()つて()るだらう』
121カークス『そんならお(とも)(いた)しませう。122おいベース、123どうやら此方(こつち)のものらしいぞ。124まア(よろこ)んだり(よろこ)んだり。125(ひと)宣伝歌(せんでんか)でも(うた)つて(いさぎよ)()きませう。
126カークス『不思議(ふしぎ)(こと)があるものだ
127スーラヤ(さん)岩窟(がんくつ)
128(ふぢ)(つく)つた縄梯子(なははしご)
129()らしてスルスルスルと()
130()れば四辺(あたり)(おも)うたより
131(ひろ)山川草木(さんせんそうもく)
132縦横無尽(じうわうむじん)展開(てんかい)
133岩窟(いはや)(なか)とは(おも)へない
134(こころ)(まよ)ひか()らねども
135三途(せうづ)(かは)(わた)()
136(いは)幽霊(いうれい)醜婆(しこばば)
137(かや)(なか)から(あら)はれて
138(すご)文句(もんく)(なら)()
139二人(ふたり)肝玉(きもだま)とり(ひし)
140(たちま)(いは)()けよつた
141いざ(これ)よりは伊太彦(いたひこ)
142(つかさ)(とも)にある(かぎ)
143如何(いか)なる(まが)(きた)るとも
144如何(いか)(おそ)れむ惟神(かむながら)
145(かみ)(ひかり)()らされて
146曲津(まがつ)(ひそ)岩窟(いはやど)
147(なん)()もなく(すす)()
148(わが)()(うへ)(たの)しけれ
149朝日(あさひ)(てら)(つき)はなく
150(かぜ)さへ(ろく)()かねども
151皇大神(すめおほかみ)(おん)(ため)
152(すす)(わが)()有難(ありがた)
153八大竜王(はちだいりうわう)(その)(ひと)
154歓喜竜王(くわんきりうわう)(きこ)えたる
155ナーガラシャーの(たから)をば
156伊太彦(いたひこ)さまが()()れて
157(うづ)(みやこ)のエルサレム
158黄金山(わうごんざん)(たてまつ)
159五六七(みろく)神政(しんせい)完成(くわんせい)
160(はか)らせ(たま)神業(しんげふ)
161その一端(いつたん)(つか)ふるは
162神代(かみよ)()かぬ功績(いさをし)
163あゝ(いさ)ましや(いさ)ましや
164如何(いか)なる(まが)のさやるとも
165(かみ)(まか)せし(わが)身魂(みたま)
166(なに)(おそ)れむ敷島(しきしま)
167神国魂(みくにだましひ)()(おこ)
168地獄(ぢごく)(そこ)(まで)(すす)()
169あゝ面白(おもしろ)(いさ)ましや
170(かみ)吾等(われら)(とも)にあり
171(かみ)(まも)られ(すす)()
172如何(いか)なる(けは)しき山阪(やまさか)
173濁流(だくりう)(みなぎ)大川(おほかは)
174いと安々(やすやす)(すす)むべし
175(きた)れよ(きた)れいざ(きた)
176勝利(しようり)(みやこ)(ちか)づきぬ
177朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
178(つき)()つとも()くるとも
179仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
180(わが)()(いのち)(ほろ)ぶとも
181(この)神業(しんげふ)(はた)さねば
182(けつ)して(あと)には()きはせぬ
183(まも)らせ(たま)大御神(おほみかみ)
184御霊(みたま)恩頼(ふゆ)()(まつ)る』
185 ()(うた)ひつつ(すす)んで()くと186禿山(はげやま)(ふもと)草葺(くさふき)屋根(やね)一軒(いつけん)()つてゐる。187そして屋根(やね)所々(ところどころ)()188幾条(いくすぢ)幾条(いくすぢ)(たに)出来(でき)(あを)(くさ)()え、189下地(したぢ)(たけ)(ほね)()して()る。190「ハテ不思議(ふしぎ)(いへ)があるものだな」と一同(いちどう)(たたず)んで(くび)(かたむ)けて(かんが)へて()る。
191 そこへ一人(ひとり)(ばば)(やぶ)()を、192ガタつかせ(なが)らニユツと(あら)はれ(きた)り、193アトラスのやうな(まんだら)(かほ)をして、
194(ばば)『これこれ(たび)のお(かた)195一寸(ちよつと)()つて(くだ)さい。196渋茶(しぶちや)でも(しん)()いから……随分(ずいぶん)(まへ)さまも草臥(くたびれ)ただらう。197(まへ)草鞋(わらぢ)には泥埃(どろぼこり)寄生虫(きせいちう)()いてるやうだ。198さぞ(あし)(おも)たい(こと)だらう』
199伊太(いた)『ハイ、200有難(ありがた)う。201(しか)(なが)御親切(ごしんせつ)()にするは(まこと)()みませぬが、202(すこ)()(たび)ですから(また)(かへ)りがけにお世話(せわ)(あづか)りませう』
203(ばば)『これこれ、204(まへ)心得(こころえ)(わる)いぞや。205(この)(ばば)親切(しんせつ)(ちや)(あた)へようと()ふのに、206(なに)辞退(じたい)をなさるのか。207()(たび)ぢやと()つても一日(いちにち)(ある)(わけ)にも()くまい。208此処(ここ)(やす)んで()かつしやい。209結構(けつこう)結構(けつこう)三五教(あななひけう)(はなし)()かして()げませうぞや』
210伊太(いた)貴女(あなた)三五教(あななひけう)のお(かた)ですか。211(じつ)(わたし)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)(ござ)います』
212(ばば)『お(まへ)(なん)()(わる)(こと)だな。213(わし)相貌(そつぽ)()ても神司(かむづかさ)であるか、214神司(かむづかさ)でないか(わか)らなならぬ(はず)だ。215(じつ)(ところ)三五教(あななひけう)高姫(たかひめ)()変性男子(へんじやうなんし)系統(ひつぽう)216日出神(ひのでのかみ)生宮(いきみや)だが、217言依別(ことよりわけ)東助(とうすけ)没分暁漢(わからずや)愛憎(あいそ)をつかし、218(また)(もと)のウラナイ(けう)(ひら)いて此処(ここ)でお(みち)()いて()るのだ。219まアまア()いて()かつしやい。220(けつ)して(わる)いことは()はぬぞや』
221伊太(いた)『あゝ貴女(あなた)(うはさ)(たか)高姫(たかひめ)さまで(ござ)いましたか。222いや(はじ)めてお()にかかります。223さうして(また)三五教(あななひけう)()てウラナイ(けう)へお這入(はい)りになるとは、224どう()ふお(かんが)へですか、225如何(いか)言依別(ことよりわけ)東助(とうすけ)さまと御意見(ごいけん)()はぬと()つても神様(かみさま)(ふた)つはありますまい。226貴女(あなた)人間(にんげん)信用(しんよう)なさるから、227そんな間違(まちがひ)出来(でき)るのでせう』
228高姫(たかひめ)『まアまア道端(みちばた)()つて(はな)しても仕方(しかた)がない。229一厘(いちりん)仕組(しぐみ)(をし)へて()げますから、230とつととお這入(はい)りなさい。231まア綺麗(きれい)なお(ひめ)(さま)だこと、232三五教(あななひけう)夫婦(ふうふ)ありては御用(ごよう)出来(でき)ないと神様(かみさま)仰有(おつしや)るのだが、233(いま)言依別(ことよりわけ)のド灰殻(はひから)東助(とうすけ)幹部(かんぶ)()めて()るものだから、234(なに)もかも規律(きりつ)(みだ)れて……アタ阿呆(あはう)らしい。235宣伝使(せんでんし)女房(にようばう)()れて……(なん)(こと)ぢやいな。236それだから三五教(あななひけう)駄目(だめ)だと()ふのだよ』
237伊太(いた)『まア()(かく)一服(いつぷく)さして(もら)はう。238なア ブラヷーダさま、239アスマガルダさま』
240ブラヷーダ『はい、241そんならお世話(せわ)になりませうかな』
242高姫(たかひめ)『サアサアお世話(せわ)になりなさい。243(なん)()ふても日出神(ひのでのかみ)生宮(いきみや)だから、244三千世界(さんぜんせかい)(こと)(この)生宮(いきみや)()かねば(わか)りはせぬぞや』
245カークス『もし先生(せんせい)246こんな()(つよ)()アさまの(ところ)(やす)むのは(むね)(わる)いぢやありませぬか。247なア、248ベース、249(ひと)先生(せんせい)歎願(たんぐわん)してここへ這入(はい)るのは()めて(もら)はうぢやないか』
250ベース『ウン、251あまり(えら)さうに()ふぢやないか。252渋茶(しぶちや)()ますと()つて(うま)小便(せうべん)でも()ますか()れないぞ。253こりやうつかり這入(はい)れまい』
254高姫(たかひめ)『こりや瓢六玉(へうろくだま)255(なん)()(こと)()ふのだい。256(いや)なら這入(はい)らいでも()いわい。257(なん)だ、258泥坊(どろばう)(やう)(つら)して、259(そば)から(なに)横槍(よこやり)()れるのだ。260さアさア三人(さんにん)のお(かた)261貴方(あなた)はどうも利口(りこう)さうなお(かた)だ。262屹度(きつと)身魂(みたま)()いのでせう。263サア遠慮(ゑんりよ)()らぬ、264(はや)うお這入(はい)(くだ)さい』
265伊太(いた)『さアさア、266カークス、267ベースの両人(りやうにん)さま、268(まへ)もそんな理窟(りくつ)()はずに這入(はい)つたらどうだ』
269高姫(たかひめ)『これ伊太彦(いたひこ)さま、270あんな瓢六玉(へうろくだま)日出神(ひのでのかみ)(やかた)()資格(しかく)はありませぬわい。271(また)這入(はい)つて(もら)ふと(いへ)(けが)れるから、272山門(さんもん)仁王(にわう)(やう)門番(もんばん)をさして()けば、273それで結構(けつこう)だ』
274ブラヷーダ『もし伊太彦(いたひこ)さま、275(わらは)()うして五人(ごにん)生死(せいし)(とも)にして御用(ごよう)()たので(ござ)いますから、276カークス、277ベースさまが這入(はい)れぬ(うち)へはお世話(せわ)になる(こと)はやめませうか』
278伊太(いた)『ウン、279それもさうだ』
280高姫(たかひめ)(さて)(さて)(わか)らぬ(ひめ)(さま)だな。281(まへ)身魂(みたま)善悪正邪(ぜんあくせいじや)()らないから、282そんな小理窟(こりくつ)()ふのだよ。283(この)高姫(たかひめ)()一寸(ちよつと)(にら)んだら金輪奈落(こんりんならく)284(ちが)ひはせぬぞや。285オツホヽヽヽ286何分(なにぶん)立派(りつぱ)(をとこ)(なか)(まじ)つて宣伝(せんでん)(ある)くと()ふやうな(あたら)しい(をんな)(こと)だから、287どうで(この)(ばば)()(こと)()()ひますまい。288(しか)し、289そこは(ひと)(むね)()()てて(かんが)へたが(よろ)しからうぞや』
290ブラヷーダ『お言葉(ことば)(ござ)いますが、291(わらは)はカークス、292ベースさまに同情(どうじやう)して一緒(いつしよ)立番(たちばん)(いた)しませう。293伊太彦(いたひこ)(さま)294兄様(あにさま)295どうぞ(なか)(はい)つて高姫(たかひめ)さまのお(はなし)()いて(くだ)さい』
296伊太(いた)『いやお(まへ)(そと)()るのに(わし)(なか)(はい)(こと)出来(でき)ない。297そんなら(わし)(ことわ)らうかな』
298アスマガルダ『そんなら(わし)(ことわ)らう。299高姫(たかひめ)さまとやら、300(おほ)きに有難(ありがた)う、301(また)御縁(ごえん)があつたらお()にかかりませう』
302高姫(たかひめ)『オホヽヽヽ流石(さすが)伊太彦(いたひこ)宣伝使(せんでんし)(をんな)()けたら(よわ)いものだな。303(よだれ)をくつたり(めじり)()げたり……そんな(こと)でお(みち)が、304どうして(ひら)けますか』
305伊太(いた)高姫(たかひめ)さま、306そんなら貴女(あなた)もドツと譲歩(じやうほ)して307五人(ごにん)ともお世話(せわ)になる(わけ)には()きませぬか』
308高姫(たかひめ)『エー、309仕方(しかた)()い。310そんならお(まへ)さまに(めん)じて()れて()げませう。311(けつ)して座敷(ざしき)なぞへ(あが)つてはなりませぬぞ。312(には)(すみ)になつと蹲踞(ちやうつくば)つて()なさいや』
313カークス『それ(ほど)むつかしいお屋敷(やしき)へは這入(はい)りませぬわい。314なア、315ベース、316馬鹿(ばか)にしてるわ』
317ベース『ウン、318さうだ。319絶対(ぜつたい)(おれ)這入(はい)らぬ(つも)りだ。320それより高姫(たかひめ)(ほか)()(もら)つて、321(ちや)はどうでもいいから結構(けつこう)なお(はなし)()かして(もら)はうかい』
322高姫(たかひめ)『オホヽヽヽ、323それはよい思案(しあん)だ。324さうすれば(わし)(うち)(けが)さんで都合(つがふ)()い。325(わし)此処(ここ)(すわ)つてお(はなし)するから326五人(ごにん)(そと)蹲踞(ちやうつくば)つて()きなさい。327それが身魂相応(みたまさうおう)だらう。328どれ 329平易(やす)(ところ)から(はな)して()げようから、330よく(みみ)をすまして()きなさいや』
331伊太(いた)『アツハヽヽヽ』
332アスマガルダ『ウツフヽヽヽ』
333ブラヷーダ『オツホヽヽヽ』
334カークス『エツヘヽヽヽ』
335ベース『イツヒヽヽヽ』
336大正一二・五・二四 旧四・九 北村隆光録)